伊武雅刀 関連記事

  • 映画『二ノ国』で声を担当する(左から)伊武雅刀、ムロツヨシ

    山崎賢人『ニノ国』、8月23日公開決定 ムロツヨシ&伊武雅刀も参戦

    アニメ・コミック

     俳優の山崎賢人が主人公の声を演じるアニメーション映画『二ノ国』の公開日が8月23日に決定。また声優陣の追加キャストとして、俳優のムロツヨシと伊武雅刀の参加が発表された。@@cutter 本作は、同名の人気ゲームをオリジナルストーリーによりアニメ化。現実世界と並行する魔法世界に迷い込んだ少年たちの冒険を描く。山崎が高校トップクラスの秀才で車いす生活を送る主人公ユウ役で声優に初挑戦するほか、宮野真守、津田健次郎、坂本真綾、梶裕貴、山寺宏一ら豪華声優陣が集結。製作総指揮/原案・脚本を『レイトン』シリーズの日野晃博、監督を『おもひでぽろぽろ』の原画を担当した百瀬義行、音楽を久石譲が務める。  ムロが演じるのは、幼少期のユウと同じ病院に入院し、ユウをいつも元気づけていた不思議な老人。ただのお騒がせなおじいさんかと思いきや、実は物語に大きな影響を及ぼす秘密を抱えている重要なキャラクターだ。  ムロは役柄について「『ボスベイビー』以来の声のお仕事です。どうして私には年相応の実年齢の役が来ないのかと思いましたが、実はちょっとおかしな謎めいたお爺さんで、やりがいがありました! 普通のお芝居とちがって、とても楽しく演じさせて頂きました!」と語る。  そして伊武が演じるのは、ユウとハルが迷い込んでしまう二ノ国のエスタバニア王国を治めるフランダー王。常に厳格で臣下たちや国民からの人望が厚く、ユウの幼なじみ・コトナと強い結びつきがあるアーシャ姫の父親でもある。王国に不穏な空気が流れ、娘であるアーシャ姫の危機を前にしても、民を混乱させぬように威厳を保ち続けなければいけない難しい役柄だ。  伊武は「数年ぶりのアニメの声の仕事。完璧な体調で臨もうと、前日は酒を一滴も飲まずに早寝をし、当日は朝日を浴びながら新緑の中を散歩してスタジオ入りしました」と意気込みを明かした。さらに「今回の役は二ノ国の国王であり、愛する娘の行く末を心配する父親でもあります。王としての威厳、国の危機に対する苦悩、そしてひとり娘への慈愛に満ちた父親としての存在感。それらを画面から感じ取って頂ければ幸いです」と役柄のポイントを語った。  映画『二ノ国』は8月23日より全国公開。

  • 『デジタル・タトゥー』第1回場面写真

    高橋克実&瀬戸康史がバディ結成 『デジタル・タトゥー』今夜スタート

    エンタメ

     俳優の高橋克実と瀬戸康史がダブル主演を務めるドラマ『デジタル・タトゥー』(NHK総合/毎週土曜21時)が今夜スタートする。第1回では、弁護士の岩井(高橋)の元を人気ユーチューバーのタイガ(瀬戸)が訪れ、自分に殺害予告を出した者を特定してほしいと依頼する。@@cutter 本作は、インターネットには全く疎い50代のヤメ検弁護士・岩井(高橋)と、動画サイトで荒稼ぎする20代ユーチューバーのタイガ(瀬戸)がバディを組んで、ネット上の中傷や個人情報の拡散に苦しむ人々と向き合い、救いだす姿を描くサスペンスドラマ。  岩井堅太郎は特捜検事時代、追いかけていた大物政治家・伊藤秀光(伊武雅刀)の疑獄事件が、伊藤の秘書の自殺によって幕を引かれ、失意の検察を去り、弁護士となった。  ある日、タイガという若者が岩井の元を訪れる。タイガは年に数千万円を稼ぐ人気ユーチューバーだが、ある動画をきっかけに炎上、何者かに駅のホームで突き飛ばされ殺されかけたという。  殺害予告を出した者の特定を依頼された岩井が調査を始めると、タイガは伊藤秀光の次男と判明する。かつて疑獄事件の首謀者として捜査した政治家の息子がなぜ? 疑念を抱えながら、アナログ人間・岩井のネットとの格闘が始まる…。  土曜ドラマ『デジタル・タトゥー』第1回は、NHK総合にて今夜5月18日21時放送。

  • 『ストロベリーナイト・サーガ』に出演する(上段左から)今野浩喜、葉山奨之、菊池桃子、(下段左から)伊武雅刀、山口馬木也、岡田浩暉

    『ストロベリーナイト・サーガ』、葉山奨之&菊池桃子ら追加キャスト発表

    エンタメ

     女優の二階堂ふみとKAT‐TUNの亀梨和也がダブル主演を務める4月スタートのドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系/毎週木曜22時)に、俳優の葉山奨之、菊池桃子、今野浩喜、伊武雅刀、山口馬木也、岡田浩暉、坂東龍汰、猪征大が共演することが発表された。@@cutter 本作は、累計400万部を突破する誉田哲也のベストセラー小説『姫川玲子シリーズ』を原作にした刑事ドラマ。2010年には竹内結子主演のスペシャルドラマ『ストロベリーナイト』として映像化され、2012年には連続ドラマ化、さらに2013年公開の映画では興行収入21.5億円のヒットを記録した。前シリーズから6年を経てキャスト、スタッフを一新し、まだ映像化されていない最新エピソードを加えて再構成する。  二階堂演じる主人公の姫川玲子は、ノンキャリアながら27歳という若さで警部補に昇任した女性刑事。直感と飛躍した思考、行動力を武器に“姫川班”を率いて、数々の難事件の真相に迫っていく。  葉山が演じるのは、蒲田西署刑事課に勤務する若手巡査・葉山則之。過去のある事件によりトラウマを抱え、心の弱さを克服しようと自分を追い込む傾向があるキャラクターだ。周囲から距離を置き、共に捜査する刑事たちとも深く関わろうとしないが、蒲田で起きた殺人事件をきっかけに、玲子たちと捜査に当たる。名前の漢字が一文字違いの役を演じる葉山は「すごく運命を感じています。今回、初の刑事役ということで緊張もしていますが、この運命的な出会いを信じて、全力でお芝居をしたいと思います」と意気込みを語っている。  菊池が演じるのは、玲子の母親・姫川瑞江。事件現場や捜査一課でシリアスなシーンが続く中、玲子が刑事から娘に戻れる姫川家で登場する。今野が担当する井岡博満は、玲子にほれ込み冷たくあしらわれる一方、仕事に関しては独特の嗅覚を発揮し、窮地に立たされた玲子をさりげなく助けることもある神出鬼没な中年巡査だ。  伊武が扮するのは、東京都監察医務院の監察医・國奥定之助。“不自然死”のエキスパートであり、鋭い観察眼と長年の経験で監察医の第一人者として医務院に君臨し、玲子とは年の離れた友達のような関係性を築いている。山口が演じる、玲子が所属する殺人犯捜査第十係係長(警部)・今泉春男は、玲子の捜査能力を高く評価し、捜査を援護する良き理解者。岡田が担当する警視庁捜査一課管理官(警視)の橋爪俊介は、直感に頼った捜査を繰り返す玲子のことを面白く思わず馬鹿にしており、玲子にとって“目の上のたんこぶ”のような存在の上官だ。  木曜劇場『ストロベリーナイト・サーガ』は、フジテレビ系にて4月11日より毎週木曜22時放送(初回21時より2時間スペシャル)。

  • 土曜ドラマ『デジタル・タトゥー』に出演する(左から)高橋克実、瀬戸康史

    高橋克実&瀬戸康史がネットの悪意と戦う 『デジタル・タトゥー』放送決定

    エンタメ

     俳優の高橋克実と瀬戸康史がコンビを組んで、インターネット上に残されてしまった悪意ある記録に立ち向かうドラマ『デジタル・タトゥー』(NHK総合/毎週土曜21時)が、5月にスタートすることが発表された。@@cutter 「デジタル・タトゥー」とは、一度ネット上で公開された書き込みや画像は、消せずに半永久的に残ることから、それを「刺青(タトゥー)」に例えた意味を持つ。本作は、そんなネット上の傷で苦しむ人々を救うべく、高橋演じる元東京地検特捜部検事の岩井と、瀬戸扮する人気ユーチューバー・タイガの活躍を描く。  岩井堅太郎(高橋)は、追いかけていた疑獄事件が政治家秘書の自殺によって幕を引かれ、失意の中で検事を退職し、弁護士となっていた。そこに、動画で年に数千万稼ぐという人気ユーチューバーのタイガ(瀬戸)がやって来る。タイガは、ある動画をきっかけに炎上し、何者かに駅のホームで突き飛ばされたといい、殺害予告を出した人物の特定を岩井に依頼する。やがて岩井は、捜査を進めていくうち、タイガが疑獄事件の首謀者として追いかけていた政治家、伊藤秀光の息子だと分かる。疑念を抱えながらも、ネットに疎い岩井は、ネットの悪意と戦っていくことになる…。  共演には唐田えりか、伊武雅刀が顔をそろえ、脚本は『純情きらり』『黄昏流星群』の浅野妙子が担当する。  土曜ドラマ『デジタル・タトゥー』は、NHK総合にて5月18日より毎週土曜21時放送。

  • 主演する『モンテ・クリスト伯』が最終回を迎えたディーン・フジオカ

    『モンテ・クリスト伯』最終回 ディーン・フジオカらからコメント続々

    エンタメ

     俳優のディーン・フジオカが主演するドラマ『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―』(フジテレビ系/毎週木曜22時)が、14日に最終回を迎えた。同作の公式インスタグラムには、ディーンをはじめとする出演者らのクランクアップコメント、クランクアップショットが続々と届いている。@@cutter アレクサンドル・デュマの小説をドラマ化した本作。同アカウントは「3ヶ月間お疲れ様でした クランクアップコメント」と記し、各出演者のクランクアップ時の動画や写真をアップした。    主人公の柴門暖を演じたディーンは、定点カメラの前に花束を持って登場。「なんでこのドラマを引き受けたんだろうというシーンはありましたか?」という質問を読み上げると、「いろいろあったけど、記憶喪失で全部忘れちゃいました!」と元気よく答え、「とてもやりがいのある作品でした!」と満足げに振り返った。  守尾信一朗を演じた高杉真宙は、「長いようで本当にあっという間の撮影でしたね」「信ちゃん頑張りました。それでは、映像で!」といい、スタッフから贈呈された花束を抱えてにっこり。    さらに入間公平を演じた高橋克典は、原作小説にも思い入れがあったようで、「その時からの思いを大人になってから叶えられる。うれしいという個人的な意見もありまして」と述懐。「悪役って楽しいんですね。やりたい放題で。すごく楽しかったです」と満足げに今回の撮影を振り返った。    そのほかにも山本美月、新井浩文、稲森いずみ、三浦誠己、桜井ユキ、伊武雅刀らのクランクアップ後の様子が寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/monte_cristo_cx/

  • 幽霊になって登場した斉彬を演じる渡辺謙

    『西郷どん』渡辺謙の“幽霊出演” にネット驚き「ゴースト斉彬…」

    エンタメ

     NHK大河ドラマ『西郷どん』第16話が29日に放送され、先週突然の死を遂げたはずの島津斉彬(渡辺謙)が幽霊として再び現れたことにネット上は騒然となった。@@cutter 薩摩藩の挙兵に備えて京で奔走する吉之助(鈴木亮平)。そんな彼のもとに斉彬の死を告げる書状が届く。師の悲報に吉之助は、雨の中、一人号泣する。  失意の中、吉之助は水戸藩の力を借りるべく徳川斉昭(伊武雅刀)に働きかける。だが、その動きを先に察知した大老・井伊直弼(佐野史郎)によって、斉昭はすでに謹慎に追い込まれていた。さらに一橋慶喜(松田翔太)からも拒絶されてしまう吉之助。打つ手のなくなった彼は自死しようとするが、僧侶・月照(尾上菊之助)からいさめられ、思いとどまる。  折しも世は「安政の大獄」。幕府に歯向かう者が次々と粛清される中、月照もその中に入っていた。吉之助は、その影響が及ばないであろう薩摩に月照を連れていく。  だが月照との逃避行のさなか、自分まで追われている身であることを知り絶望した吉之助は、斉彬から譲り受けた短刀で自害を図ろうとする。その時、背後から聞き覚えのある声が。それは斉彬。黒マントを羽織った彼は、吉之助に「何を学んできたのだ」と叱責。吉之助は幻覚を前に、再び彼の遺志を継いで生きる決意をする。  先週「斉彬ロス」の悲しみに暮れた視聴者は、彼のまさかの再登場に「ゴースト斉彬…」「斉彬さまの亡霊キター!」とびっくり。さらに「たびたび、現れて欲しい!」「これからもちょくちょく出てきそうだね」と、幽霊出演を引き続き希望する意見も多かった。  薩摩藩の定宿「鍵屋」の女中・お虎を演じるのはハリセンボン・近藤春菜。「不気味なくらい違和感がない」「めっちゃかわいい」など好意的な意見が占めた。  来週のサブタイトルは「西郷入水」。月照の最期が描かれる回になると予感したネツトユーザーからは、「斉彬さまに続いて、来週がツラすぎる…」「あーーーー月照さまぁ」と名残惜しむ声が寄せられていた。

  • 満島真之介と勝地涼が木曜ドラマ『BG~身辺警護人~』に出演 

    木村拓哉新ドラマ『BG』、満島真之介がキーマンに 第1話ゲストで勝地涼も出演

    エンタメ

     木村拓哉が主演を務める2018年1月18日スタートの木曜ドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)で、満島真之介が物語のキーマンを演じることが明らかになった。併せて、木村演じる主人公を取り巻く共演者と、第1話のゲストとして勝地涼が出演することも発表された。@@cutter 本作は、主人公の島崎章(木村)をはじめとする民間警備会社のボディーガードチームが、武器を持たずに丸腰で警護対象者を徹底的に護る、熱く泥臭い戦いの日々をリアルに描く人間ドラマ。  満島が演じるのは、章が6年前まで警護に付いていたプロサッカー選手の河野純也。6年前、純也と章の間にどんな出来事が起きたのかも、物語の大きな鍵となってくるようだ。一方、第1話のゲストとして、章たち身辺警護課の最初の依頼主=警護対象者となるサスケフーズ会長・大久保佐助役を伊武雅刀が、厚生労働大臣・立原愛子(石田ゆり子)と懇意にしている雑誌記者・犬飼悟を勝地が演じる。  また、章が勤める日ノ出警備保障の社長・今関重信役を担当するのは永島敏行。自身も以前は身辺警護の職に就き、章を会社に引き入れた張本人でもあるという役どころだ。そして、章の息子・瞬役には、『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~』(フジテレビ)でも木村と共演した田中奏生が抜擢された。思春期を迎えた中学生で、父である章との間には若干の距離があるという関係を演じる。  章たち民間の“身辺警護課=ボディーガード”と対極にいるのが、公的組織である警視庁警備部警護課の“SP”。武器を持たず丸腰で警護対象者を護るボディーガードに対し、拳銃なども装備して任務につくSPたちはどこか冷ややかな目を向けている。そんなSPたちをまとめる警視庁警備部警護課の係長・氷川修に宇梶剛士、その部下・清田春孝には阿部進之介がふんする。  木曜ドラマ『BG~身辺警護人~』は、テレビ朝日系にて2018年1月18日より毎週木曜21時放送。

  • 中村蒼、結婚後はさらに芝居に意欲「きっとパワーは増してると思う」

    中村蒼、結婚後はさらに芝居に意欲「きっとパワーは増してると思う」

    エンタメ

     俳優の中村蒼が1日、都内にて行われたドラマ『真昼の悪魔』(2月4日スタート)の制作発表会見に、主演の田中麗奈、伊武雅刀とともに登壇した。先月一般女性との結婚を発表した中村は、演技への取り組みの変化について問われると、「ただただ目の前の役に取り組むということは変わらずに、でもきっとパワーみたいなものは増してると思います」と意欲を表した。@@cutter 原作は昭和55年に発表された遠藤周作氏の同名医療ミステリー。美人で仕事も完璧、患者からの信頼も厚い女医。しかしその心の中は悪に対するブレーキがなく、非道な悪を遂行する。その悪を暴こうと思い立つ患者の青年。本作では主人公の女医の恐ろしさだけではなく、登場人物それぞれが抱える“心の中の闇”にもスポットを当てる。  物語は小説家志望の青年・難波聖人(中村)が腹痛で病院に運ばれたところか始まる。医師の大河内葉子(田中)にすぐに急性虫垂炎と診断されるが、聖人は痛みの中、美しい女神のような葉子に心が和らぐ。だがその出会いが絶望と破滅への入口だった…。  田中は悪魔の部分を持つ女性役を演じることについて、「自分自身の中にも悪の要素はあるのかなと思っています。人間ってそうやって光と陰を持ち合わせることによってバランスをとってるのかなと。真っ白な部分だけで生きていくと、違うところにたどり着いちゃうような…。そのバランスの黒い部分に特にスポットを当ててるのが葉子という存在だと思います」と語った。  また会見中、本作に坂上忍が出演することも発表された。原作小説を、共演した女優の岩下志麻に勧められて夢中になって読んだということで、出演の喜びのコメントを寄せた坂上に、田中は「お芝居をご一緒できるのが楽しみ。患者役だったらいじめちゃう(笑)。いじめるどころかちょっと悪魔の世界に引き込むかも」と話し笑いを誘った。中村は「辛口なイメージがあるので、演技で絡まず、そっと見てたいなと思います」と、やや恐れを見せていた。坂上の役柄や何話に出演するかは未定だという  オトナの土ドラ『真昼の悪魔』は、東海テレビ/フジテレビ系にて2月4日より毎週土曜23時40分放送。

  • 中村蒼、『真昼の悪魔』出演決定

    中村蒼、医療ミステリー『真昼の悪魔』に出演決定 物語のキーパーソン役に

    エンタメ

     2月から放送される田中麗奈主演の医療ミステリードラマ『真昼の悪魔』(東海テレビ・フジテレビ系)にて、俳優の中村蒼が出演することが分かった。中村は、田中演じる外科医・大河内葉子の悪事を暴こうとする青年を演じる。中村のほか、共演には伊武雅刀、大倉孝二、篠原篤、鈴木省吾、福田ゆみ、瑛蓮らが名を連ねる。@@cutter 本作は「オトナの土ドラ」シリーズで話題を呼んだサスペンス・スリラー第1弾作品『火の粉』のスタッフが再集結して制作される新ドラマ。「病院」を舞台に、美人外科医・大河内葉子(田中)の心の奥に潜む“闇”や、彼女を取り巻く不審な医療事故や様々な出来事が発声する様を描く。  またドラマでは、外科医・大河内の恐ろしさだけでなく、登場人物それぞれの「心の闇」にもスポットを当て、誰もが経験する日常的なストレスや隠し事、後悔、そして欲望など、“悪魔”と対峙した時、人は自身の闇の部分とどう向き合うのかを、心理サスペンスを通して描かれる。  中村が演じるのは、小説家を目指しながら、芽が出ない塾講師のバイトを漫然と続けている男で、物語のキーパーソンとなる難波聖人役。ある日、緊急入院した病院で担当医となった葉子に好意を持つが、やがてその存在に疑問を持ち始め、葉子の悪事を暴こうとする。  台本を読んだ中村は、「今まで僕が想像していた『悪』というものの イメージが変わったような気がしました 」と感想を話すと、田中との共演については「僕の中では田中麗奈さんのイメージは『悪』とは正反対なので、そんな方がどの様に変貌を遂げるのかが楽しみです」と語っている。  新ドラマ『真昼の悪魔』は、東海テレビ・フジテレビ系全国ネットにて2月4日より毎週土曜23時40分から放送。

  • 『べっぴんさん』第10週「商いの聖地へ」

    『べっぴんさん』、大急百貨店への出店を断ったすみれに社長の大島が出した提案とは…

    エンタメ

     NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』。先週放送分では、キアリスに新聞の取材の申し込みが舞い込むが、発売された新聞の「お母さんがお母さんのために」と書かれた記事には、独身の明美(谷村美月)の名前だけが載っていなかった。4人の店であることを知ってもらいたいと考えたすみれ(芳根京子)は、一度は断ろうと思った大急百貨店への出店話を決めた。だが、担当者からキアリスのタグをすべて外すように言われたり、量産のために工程を省略するようにと言われ、すみれはこれまでの話はなかったことにしてくださいと声をあげた。@@cutter 大急百貨店への出店を断ったすみれは、社長の大島(伊武雅刀)に理由を求められる。製品作りの工程を減らすよう求められたことや、売り残り品が処分されることは受け入れられないと説明したすみれに、大島は試しに10日間だけ大急百貨店で委託販売をすることを提案。夫の紀夫(永山絢斗)たちに引き止められるものの、キアリスを広めるチャンスだと引き受けたすみれたちは、百貨店への出店準備を始める。  すみれたちは、友人や知り合いに縫製や接客の手伝いを頼みつつ、百貨店でしか買えない目玉商品を考えていた。そんな中、良子(百田夏菜子)の息子・龍一が、お店の情報を手書きしたカードをめちゃくちゃにしてしまう。息子をしっかり叱らない良子を注意する明美だったが、良子はその言葉に反発し、店内には気まずい空気が…。  NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』は総合テレビにて月曜~土曜あさ8時放送。

  • 広末涼子、沢村一樹の元妻役に!

    広末涼子、沢村一樹の元妻役に 『ダメ父ちゃん、ヒーローになる!』キャスト発表

    エンタメ

     沢村一樹がテレビ東京のドラマ初主演を果たす『ダメ父ちゃん、ヒーローになる!崖っぷち!人情広告マン奮闘記』の放送が12月29日に決定し、さらに、広末涼子、鈴木梨央、小堺一機ら豪華共演者たちが発表された。@@cutter 本作は、直木賞作家・萩原浩の超人気「ユニバーサル広告社シリーズ」の『なかよし小鳩組』が原作、『いま、会いにゆきます』『世界から猫が消えたなら』岡田惠和の脚本で贈るヒューマンドラマ。倒産寸前の広告会社で働く杉山の元に、社長の石井が “ヤクザの小鳩組”のイメージアップを考えるという仕事を持ってきた。そして、お目付役として、広告社に強面のヤクザ・河田が常駐することに…。そんな中、杉本の元に、離婚後、別居中の娘まで転がり込んでくる。  仕事に、そして「家族の再生」に奮闘する杉山利史を、テレビ東京初主演となる沢村が演じるほか、杉山と離婚した元妻・幸子役を広末、愛娘・早苗役を鈴木、杉山が勤務する広告会社の社長・石井役を小堺が務める。さらに、臼田あさ美、柄本時生、伊武雅刀、杉本哲太、上杉柊平の出演も決定している。  沢村と十数年振りに共演するという広末は「ご一緒できて現場もとても楽しかったです」と喜びをコメント。「沢村さんと小鳩組組員河田役の哲太さんの掛け合いを一度も見られていないのですが、それがとても楽しみでとても期待しています」と自身も楽しみにしているというドラマの見所を明かす。  また杉山の愛娘役を演じる鈴木は沢村との共演について「撮影の待ち時間の間にいっぱいお話ししてくださったので、コミュニケーションはばっちりでした」と振り返り「撮影が終わったときは、本当のお父さんとお別れするみたいな気持ちになりました」とすっかり打ち明けた様子。「皆さんにぜひ見ていただいて、温かい気持ちになっていただけたら嬉しいです」とドラマをアピールしている。  テレビ東京 六本木3丁目移転プロジェクト ヒューマンドラマスペシャル『ダメ父ちゃん、ヒーローになる! 崖っぷち! 人情広告マン奮闘記』は、12月29日21時よりテレビ東京系で放送。

  • 『火の粉』制作発表に出席したユースケ・サンタマリア

    ユースケ・サンタマリア、狂気の主人公に自信 世間のセンス問う「僕らの挑戦状」

    エンタメ

     東海テレビ・フジテレビ系の新ドラマ『火の粉』の制作発表会見が31日、都内にて行われユースケ・サンタマリア、優香、伊武雅刀が登壇。ユースケは「台本が面白く、5話まで読んだ時、バケモノのような作品になると思った」と大いに自信を見せた。@@cutter 52年の歴史に幕をおろした“昼ドラ”に代わり、4月からスタートする“オトナの土ドラ”。その第1作『火の粉』で描かれるのは、人間の心の中に潜む狂気の種だ。主人公・武内真伍は、人に認められたいという切ない寂しさを抱え、かつて「自分がこれだけの好意を与えているのに裏切られたから」という理由で一家殺人を犯した。死刑を求刑された自分を無罪放免した元裁判官の梶間勲に恩を感じ、溢れんばかりの善意で梶間家の人々に接するが、次第に不可解な事件が起こり始め…。  狂気を秘めた武内を演じるユースケは、役作りに関して「怖い役だけど、“怖くやろう”“変なヤツを演じよう”とは一切考えていない。本当におかしいヤツは自分をおかしいとは思っていないから。普通だと思って演じるので僕は楽で、それを受ける梶間家の人たちのほうが大変だと思います」とコメント。また、「我ながら僕にぴったりの役。他の人がやっても上手くやると思います。でも一番いい味を出せるのは僕。バラエティとかいろいろやってる僕がやると面白さが出る」と自信を見せる。  内容については「最初キャスティングが決まってなかったけど、ドラマの内容の面白さでいい人が集まってくれて、最後のピースまでピシッとはまった。それくらい面白いドラマ。これで話題にならなかったら、世間のほうがセンスない」と断言。だが直後に「ただ僕はビョーキかもしれない」と笑いつつ、「これは僕らやスタッフからの挑戦状のような作品」ときっぱり語った。  共演の優香は、「土曜日の夜に観て楽しい気持ちにはならないと思いますが、そういうことも楽しんでもらえるドラマだと思います」と話すと、ユースケは「観ると俺が出てくる悪夢を見るよ」と乗っかり笑いを誘った。  また、同日結婚会見を開いた藤原紀香と片岡愛之助へのコメントを求められたユースケは「とてもお似合いの二人だと思います」と祝福。そして「あんなに濃ゆいお二人はなかなかいない」とつぶやいていた。  オトナの土ドラ『火の粉』は、東海テレビ・フジテレビ系にて4月2日より毎週土曜23時40分放送。

  • 映画『ミュージアム』 新キャスト画像

    小栗旬&野村周平、バディ結成!尾野真千子は妻に 『ミュージアム』新キャスト発表

    映画

     小栗旬と『るろうに剣心』の大友啓史監督が初タッグで贈る映画『ミュージアム』の新たなキャストが発表された。小栗演じる沢村刑事と共に、連続猟奇殺人事件に巻き込まれる妻役として尾野真千子、捜査一課の相棒役として野村周平。さらに丸山智己、伊武雅刀、田畑智子、市川実日子、大森南朋らが名を連ねた。@@cutter 原作は、連載されるや否や、その想像を絶する過激描写と緻密に練られたストーリー構成、裁判員制度の問題という奥深いテーマも盛り込み人気を博した同名コミック。雨の日に連続猟奇殺人を起こす犯人“カエル男”を追う刑事が、逆に絶望的な状況に追い詰められて行く姿を描いており、連載終了後も“ヤバすぎる!”とSNS上で拡散されて、今もなお熱狂的ファンは増え続けるばかりだ。  夫である沢村刑事が追う一連の殺人事件に巻き込まれてしまう妻・沢村遥には、国民的演技派女優の尾野。沢村を慕い、コンビを組んで事件を追う新米刑事・西野純一役には、人気急上昇の野村。また、警視庁捜査一課の菅原剛役を丸山、岡部利夫役を伊武。沢村遥の親友・秋山佳代役を田畑、橘幹絵役を市川。そして沢村の父役を大森が演じる。  尾野は本作について「精神的に辛い物語でした」と語りつつも、「でも家族という温かいものを見直す深い映画でもありました。母という目線から愛と恐怖が伝わればいいなと思います」と見どころをアピール。野村は「初めての大友組でしたが、撮影方法など初めての事が多くて大変勉強になりました。そしてワンシーンワンシーンの熱量が素晴らしいので手応えはバッチリです」と手応えを明かし、「小栗さんとも初共演させていただきましたが、すごくストイックで勉強させられる事が沢山ありました」と語った。  映画『ミュージアム』は、今秋全国ロードショー。

  • 多部未華子、人生初のドSキャラを、人生初の前髪パッツンで熱演!

    多部未華子、「レオン」マチルダ風のボブヘア披露!『ドS刑事』で鮮烈なイメチェン

    エンタメ

     多部未華子が初の“ドS”役を演じるということで話題の日本テレビ系連続ドラマ『ドS刑事』(4月11日スタート)。今回、多部が役作りのため「生まれて初めて」というパッツン前髪のボブヘアにも挑戦していることが判明。さらに、吉田羊、 勝村政信、八乙女光ほか豪華俳優陣の出演も決定した。@@cutter 本作は、「悪人をいたぶりたい」という理由だけで刑事になったドS女・黒井マヤ(多部)と、それに振り回される巡査・代官山修介(関ジャニ∞・大倉忠義)の姿を描く異色ポリスコメディ。今回公開された画像では、ボブヘアのほか、黒いパーカーに黒いコートという、これまでの多部とは違うハードな印象を与えるルックスになっている。  このビジュアルについて監督は「スーパーキャラクター『デカワンコ』から4年ぶりの作品。多部さんのコスチュームは更に“超ド級”が求められました」と説明。シルエットは『スターウォーズ』のダース・ベイダー、髪型は『レオン』のマチルダをイメージしたと明かし、「悪者を公然と“S”れるヒロイン・黒井マヤがほぼ完成です。またまた多部未華子が変身します」と自信満々な様子。  そして、こんな濃いキャラクターを囲む共演陣も発表。黒井と代官山の上司である川﨑青空署の刑事課一課長・白銀不二子役に吉田羊、器は小さいが憎めない強硬犯罪捜査係の係長・有栖川恒夫役に勝村政信、代官山を見て自らのドM気質に目覚める若き刑事・浜田宗一郎役に早乙女光(Hey!Say!JUMP)が名を連ねる。  また、岸本加世子、伊武雅刀、ミッツ・マングローブ、石井正則、中村靖日、瀬戸さおり、菅裕輔など、個性豊かな面々も物語を盛り上げていく。『ドS刑事』は日本テレビ系にて、4月11日より毎週土曜21時放送。

  • 中谷美紀がショートヘアに!主演作『繕い裁つ人』公開決定

    中谷美紀主演で人気漫画『繕い裁つ人』実写映画化&豪華キャスト発表

    映画

     2009年11月号より「Kiss PLUS」(講談社)にて連載中の人気漫画『繕い裁つ人』が中谷美紀主演で映画化されることがわかった。さらに、豪華共演者も発表された。@@cutter 本作は、どこか懐かしい昔ながらの小さな洋裁店を舞台に服によって繋がる人々を優しく描いた感動作。  主人公となる、祖母が始めたこだわりの洋裁店を受け継いだ2代目の店主・市江役を演じるのは、『嫌われ松子の一生』で日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞など映画各賞を総ナメにし、『ゼロの焦点』『阪急電車〜片道15分の奇跡〜』などで高い演技力を示した中谷美紀。監督は『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』で優しい雰囲気の中に、スピリッツの効いた作品を手掛けるとして定評がある三島有紀子が務める。  その他のキャストは、『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、数々の映画・ドラマで活躍する三浦貴大、映画・ドラマで圧倒的な存在感を放つ個性的女優・片桐はいり、『小さいおうち』でベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞したばかりの注目女優・黒木華、連続ドラマ『夜行観覧車』での演技力が話題になった杉咲花、また、中尾ミエ、伊武雅刀、余貴美子などが名を連ねる。  中谷美紀は、「過去の遺物となりつつあるかもしれませんが、ものづくり大国日本の誇るべき職人の一人を演じられることに魅力を感じました」と出演を決意。「おしゃれでエレガントな背景が取り巻く中、たった一人のために作られた『夢を見るための洋服』を大切に真摯に繕う市江の姿に惹かれました」と原作を読んだ感想を語り、「老若男女を問わず肝心な人生を置きざりにして仕事に励む方や、単調な日常にわずかな豊かさを求める全ての方にご覧頂きたいです」とコメントした。    さらに中谷は本作のために、肩までかかる髪をばっさりと切ってショートへアに! 「しつけの行き届いた野犬という市江の人物評に相応しい髪型だと自負しております」と、気合十分で撮影に挑む。  『繕い裁つ人』は2015年1月より全国公開。

  • 『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』公開直前記者会見に出席した西島秀俊

    西島秀俊、記憶を上書きされたいのはタモリさん 『笑っていいとも!』出演で感化

    映画

     西島秀俊と真木よう子が20日、東京都内で映画『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』公開直前記者会見を行った。@@cutter 本作で記憶を上書きされる男を演じた西島は「誰の記憶を上書きされたい?」と聞かれると「タモリさん。ちょうど数時間前にお会いしたので」と、この日『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングで共演したタモリの名を挙げて「素敵で底の知れない方という印象。ぜひ記憶を上書きさせてもらえるなら、タモリさんで」と感化された様子だった。  作家・司城志朗による第15回サントリー・ミステリー大賞読者賞受賞小説の日韓合作映画化。何者かに記憶を“上書き”された科学者(西島)が、すべての記憶が消えてしまうまでの5日間の奮闘を描く。  劇中でハードなアクションに挑戦した西島は「ある程度、危ないアクションシーンを自分でやらないと、観ているお客様たちがドキドキしないのではないか。できる事ならば自分でやりたいと言ったら、やらせてもらった」とスタントに頼らず自らの肉体で表現。会見が行われた六本木でもロケが行われたそうで「ガラスでできた屋根から落っこちかけるシーンでは、下が墓地で本当に怖かった。カーアクションも自分で運転させてもらったし、怖かったけど結果的に凄いカットが撮れて満足しています」と完成に自信を覗かせた。  さらに同席したキム・ソンス監督から「次は西島さんをトム・クルーズばりに六本木の高層ビルに登らせたい」とリクエストを受けると、西島は「列車の上に乗ってトンネルをよけながら走るようなやつをやりたい。日本だと難しいかもしれないけれど、企画を持っている方がいればぜひ」とアクション大作への出演にも乗り気。一方の真木も「女武士をやってみたい。刀で人殺しをする役で」と危険な役を妄想していた。  映画『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』は1月24日から全国公開。

  • 雑誌「ぴあ」の表紙でお馴染みのイラストレーター・及川正通氏が映画ビジュアルに初挑戦!

    『幕末高校生』“ぴあ”風ポスター初解禁!佐藤浩市&川口春奈ら共演者も発表!

    映画

     玉木宏と石原さとみを主演に迎え、この度7月26日に全国公開が決定した映画『幕末高校生』のポスタービジュアルが解禁された。手掛けたのは、雑誌「ぴあ」の表紙でお馴染みのイラストレーター・及川正通氏。さらに、歩作の豪華共演者も発表となった。@@cutter 本作は、幕末の混乱の世を生きる玉木宏演じる勝海舟と、そこへ現代からタイムスリップしてきた石原さとみ演じる高校教師・美香子やその教え子たちの出会いから始まる物語。江戸と未香子たちの“未来”を守ろうとする勝の時間を超えた静かな戦いを描いた新感覚時代劇エンターテイメント。  今回はじめて映画ビジュアルに挑戦したのは、雑誌「ぴあ」で36年もの間、数多くのエンターテイメント作品に携わってきたイラストレーター・及川正通氏。『自由に及川ワールドを表現してください』という東映の依頼を快諾したという。こだわりは「現代から江戸時代へのタイムトリップ感」と「キャストの生き生きした表情」だそう。また、「遊びやイタズラっぽい部分が無いと僕の絵にならない。僕が画の中で楽しんだ分だけ皆さんも楽しんでもらえるといいな。注意深く見ると思わぬところにイタズラが隠れているからご用心! 」と、発想から仕上げまで5ヵ月もかかったという。遊び心満載の渾身作をアピールした。  さらに、既報の玉木&石原に加えて、この度、佐藤浩市、柄本時生、川口春奈、千葉雄大、柄本明、隆大介、山崎銀之丞、伊武雅刀、石橋蓮司等の豪華共演者も決定した。佐藤は、玉木演じる勝海舟との和平交渉相手に立ちはだかる西郷隆盛役。柄本時生、川口、千葉は、石原演じる現代の高校教師の教え子役として登場する。経験豊富な佐藤らベテラン勢と川口ら期待の若手俳優、柄本親子の共演も見どころとなりそうだ。  豪華キャストで贈る『幕末高校生』は、7月26日は全国公開。

  • 『黒執事』で感極まり、声を詰まらせた水嶋ヒロ

    水嶋ヒロ、復帰作『黒執事』プレミアで感極まる「間違いなく一番思い入れの深い作品」

    映画

     水嶋ヒロが、18日、東京・渋谷公会堂でに行われた映画『黒執事』ジャパンプレミアに、共演の剛力彩芽、優香、山本美月、丸山智己、大野拓朗、栗原類、伊武雅刀、大谷健太郎監督、主題歌を担当するガブリエル・アプリンとともに出席した。@@cutter 3年ぶりのスクリーン復帰作となる水嶋は「間違いなく今まで関わってきた中で一番思い入れの深い作品になりました。最初、お話をいただいていたときはお断りをしていましたが、今考えるとお断りしていた自分がバカだったと思う」と振り返った。  さらに、水嶋は「企画の立ち上げから2年半、約半年の役づくりと、多くの時間、『黒執事』に関わりました。評価されるかどうか、これは僕の勝負でもあります。どうぞこの世界をご堪能ください」と感極まり、声を詰まらせながら語っていた。  優香も「見どころ満載です。水嶋さんの思いがこもっています」とにっこり。剛力は「水嶋さんを待っていたファンも多いと思います。水嶋さんは現場を引っ張って支えてくれていました。皆さんに自信を持ってお見せできると思います」とアピールした。  本作について伊武は「たぶん間違いなく続編が作られるでしょう。それほどの傑作に仕上がりました。しかし、私は続編に出る資格がないんです」と匂わせると、大谷監督も「ぶっちゃけ、続編撮りたいです」とやる気を見せていた。  ステージには、イギリスのシンガーソングライター、ガブリエル・アプリンが登場し、「日本の文化含めて大好きです。実は映画の仕事はこれが初めてなのですが、とても光栄です」とコメント。映画主題歌『Through the ages』を披露し、圧倒的なパフォーマンスで観客を魅了した。  本作は、シリーズ累計発行部数1800万部(海外分含む)を突破し、世界42の国と地域で翻訳されている人気コミックが原作のダーク・ファンタジーアクション作品。主人公の黒執事セバスチャンは、女子が選ぶマンガ“イケメン”キャラの第1位選ばれた。  映画『黒執事』は1月18日から全国ロードショー。

  • 『黒執事』本ポスタービジュアル完成!

    『黒執事』ポスタービジュアル解禁!怪事件の幕開けを匂わすミステリアスなデザイン

    映画

     水嶋ヒロが3年ぶりに映画主演を務めることで話題の『黒執事』。2014年1月18日の公開に先駆け、本ポスタービジュアルが完成した。@@cutter 7月に解禁済のポスターは、水嶋ヒロ演じるセバスチャンと剛力彩芽演じる清玄(汐璃)の全身像が描かれたものだったが、今回はより大きく二人の姿が映し出されている。セバスチャンと清玄、命と引き換えの絶対的な主従関係で結ばれた二人の関係性がより強調され、壮絶な過去を背負った清玄の厳しくも哀しげな瞳と、前回のトーション(白布)からテーブルナイフへとアイテムを持ち替えたセバスチャンの涼しげな表情の対比が印象的な仕上がりとなった。このテーブルナイフは、アクションシーンに用いられ、今まで見たことのない執事アクションが展開される。  さらに、背景の月には絡み合う二匹の蛇の絵がハッキリと見て取れる。その月明かりの中に散りばめられたタロットカードの中には、優香演じる若槻華恵や山本美月演じるメイド・リンなど主要キャラクターがそれぞれ描かれており、動きのある、事件性をにおわせたデザインとなった。  本ポスタービジュアルは、11月16日から全国の劇場で掲出予定。水嶋ヒロがスーパー執事を演じる『黒執事』は2014年1月18日より全国公開。

  • 魅力的なキャラクター画像公開!

    女優・優香が新境地!『黒執事』主要キャラクター設定&画像が明らかに!

    映画

     3年ぶりの銀幕復帰となる水嶋ヒロを主演に迎え、2014年1月18日より全国ロードショーとなる『黒執事』。既に予告動画の再生回数は200万回を超え、期待値が最高潮に達している本作の主要キャラクターの設定と写真が明らかとなった。@@cutter 水嶋ヒロが演じるのは、知識、教養、立ち居振る舞い、料理の腕前から戦闘能力に至るまで、すべて完璧な冷酷で美しい執事・セバスチャン。名門貴族・幻蜂家の“完璧な執事”になるためのあらゆる努力を重ねて撮影に挑み、ことに4ヵ月にも及んだ訓練により激しくも美しい、まるで舞踏のような、観る者を釘付けにする圧巻のアクションシーンを生み出した。  セバスチャンが仕える、巨大企業ファントム社の経営と共に、「女王の番犬」として一族に伝わる密命を引き継いだ幻蜂伯爵家4代目当主・幻蜂清玄(汐璃)を演じるのは、初の男装の麗人役に挑戦となる剛力彩芽。ファントム社の共同経営者で、殺された姉の復讐を誓う清玄の叔母・華恵を演じる優香は格段の演技で新境地を見せつける。そして、幻蜂家の使用人リンを演じる山本美月はメイド服にメガネのドジっ子キャラでアクションを披露し、事件の鍵を握る死体を運ぶミステリアスな遺体運搬人・葬儀屋ジェイには栗原類がキャスティングされている。  そのほか、華恵の執事・明石に丸山智己、幻蜂家老執事で、いつものどかにお茶を飲んでいる田中に志垣太郎、女王からの密命を清玄に運ぶメッセンジャーのチャールズ・ベネット・サトウに城田優、巨大製薬会社の社長・九条新兵に伊武雅刀が顔をそろえる。  さらに、「連続ミイラ化怪死事件」の解決を指示する警察保安省 外事局局長・猫磨実篤に岸谷五朗、その部下・鴇沢一三に安田顕、鴇沢と事件の捜査にあたる若手刑事・松宮高明に大野拓朗など、芸達者な顔ぶれが脇を固め、一筋縄ではいかないドラマチックな展開を予感させる。  『黒執事』は、2014年1月18日より全国公開。 

  • 日米キャストが勢揃いした『終戦のエンペラー』ジャパンプレミア

    初音映莉子、「受験よりも頑張った」英語の台詞に苦戦

    映画

     終戦直後の日本を舞台にした歴史サスペンス大作『終戦のエンペラー』のジャパン・プレミアが東京・丸の内ピカデリーで行われ、主演を務めたトミー・リー・ジョーンズはじめ日米の豪華俳優陣が登壇し、会場を盛り立てた。@@cutter 『終戦のエンペラー』は、第二次世界大戦直後の日本を統治するためにやって来た、GHQ元帥・マッカーサーと親日派の青年将校の姿を通して、その後の日本の運命を決定づけたある極秘調査の顛末を描いた、衝撃の歴史サスペンス。  プレミア会場にはマッカーサー元帥役のトミー・リー・ジョーンズのほか、青年将校を演じたTVドラマ『LOST』のマシュー・フォックス、監督のピーター・ウェーバー、そして日本勢からはヒロインの日本人留学生を演じた初音映莉子、西田敏行、桃井かおりらが来場。舞台挨拶に立ったジョーンズは「この作品がきっかけで、皆さんの国と私たちの国がどういった経緯で現在のような友情関係を築くに至ったかを知ってくれることを願っている」とコメント。そして「実は今日、皆さんと一緒に鑑賞するのが本作を観る最初の機会」だというフォックスは「本作を通して皆さんの心の中に何か意義深いものが残ってくれると嬉しい」と挨拶。両者とも本作が日本の観客にとって単なる映画鑑賞を超えた体験になってほしいと強調した。  日本人キャストとして物語の鍵を握る将校・鹿島大将を演じた西田は「本当にこの作品に出演できたことを誇りに思っている」と感無量の表情でコメント。鹿島大将の姪・アヤ役の初音は、「この映画は心の繊細な部分に響いてくる作品なので、皆様に愛してもらえたら嬉しいです」とアピールした。  そして本作が遺作となった故・夏八木勲にも触れ「夏八木さんが演じられた役が、本作のプロデューサーである奈良橋陽子さんのお爺さんなんだそうです」と、本作に込められた裏話を披露し「その話を聞いた時、この作品に込められた深い意味を理解したような気がしました。焼け野原となった戦後の東京を見ながら『戦争とは何だろう』と哲学的な思いに耽るジョーンズさんの見事な演技も見て頂けたら」と、作品の魅力を真摯にアピールした。  「実は私、この映画にはそんなに出番がないんですよ! 」と開口一番におどけて見せた桃井は「映画が作られるという話を聞いて、とにかく出たいんです!とアピールしたんだけど、もうその時点では役が無かったんです(笑)でも、役が無いならスタッフとしてでも関わらせて!って言って強引に参加したんですけど、本当に素敵な撮影現場を見られて楽しかったです。太っ腹なプロデューサーたちに感謝です」とユーモアを交えてコメントした。  また、初音が「言葉の壁が一番苦労しました。台詞を覚えるのに受験よりも頑張ったぐらい勉強しました」とこぼしたように、日本人キャストが一様に「英語の台詞を覚えるのに本当に苦労した」としながらも、言葉の壁を超えた俳優同士の固い絆が生まれたことを感じさせた本作のジャパンプレミア。日米のスタッフとキャストを繋ぐ架け橋の役割を果たしたプロデューサーの奈良橋が「亡くなられた夏八木さんも、きっと今日、この会場にいて見守ってくれているはず」と声を震わせながら挨拶をする姿が、印象的であった。  『終戦のエンペラー』は7月27日より公開。

  • 『藁の楯 わらのたて』プレミア試写会に登場した(左から)三池祟史監督、伊武雅刀、藤原竜也、大沢たかお、松嶋菜々子、岸谷五朗、永山絢斗

    大沢たかおら『藁の楯』キャスト勢揃い!カンヌ出品に“カンヌ無量”とダジャレで喜ぶ

    映画

     22日、三池祟史監督最新作『藁の楯 わらのたて』のプレミア試写会が新宿ピカデリーで行われ、大沢たかお、松嶋菜々子、藤原竜也、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗、三池祟史監督が出席。本作にかける思いや撮影秘話などを語った。@@cutter 今年のゴールデンウィーク、最大の注目を集める『藁の楯 わらのたて』は、10億円の懸賞金がかけられた凶悪犯《クズ》を、48時以内に福岡から警視庁に移送する、5人のSPと刑事の葛藤を描いたスリル&サスペンス超大作。三池監督自身も「日本映画の限界に挑戦した」と話すほどの意欲作で、来月開催される世界三大映画祭のひとつ、第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門へ公式に選出されることが決定しており、公開前から大きな話題を呼んでいる。  新宿ピカデリーのエントランスに特設されたレッドカーペットにキャノン砲が鳴り響き、金の紙吹雪が舞うなか、幕が落とされると大沢ら7人が登場。このド派手な演出に三池監督は「幕が落とされたらキャノン砲が鳴るからビビるなって言われてたんですけど、思い切りビクッとしてしまいました。そんな小さい男です」と強面の監督らしからぬ挨拶。カンヌ国際映画祭コンペティション部門への公式選出の喜びを聞かれたSP銘苅一基を演じた主演の大沢は「正直言ってこういったエンターテインメント作品が選出されるということは今まであまりなかったことだと思うので驚いています。カンヌで、どのようにこの作品を観ていただけるか楽しみです」と語り、神箸正貴を演じた永山は一言「やばたんですね」と若者言葉で回答。さらにSP関谷賢示を演じた伊武は「カンヌ無量(感無量)です!」とダジャレで喜びを表現し、会場は笑いに包まれた。  その後、場所を観客で埋め尽くされた劇場に移して舞台挨拶が行われ、SP白岩篤子を演じた松嶋は「現場は緊迫していましたが、穏やかに撮影が進んだのは監督の人間の大きさだと思います」と三池監督を持ち上げると、監督は「いや、松嶋さんが穏やかだっただけです。他のみんなは大変でしたよ」と語る。移送される凶悪犯、清丸国秀を演じた藤原は「ずっと手錠をかけられて暑い一夏を過ごしましたが楽しかったですよ」話し、SP奥村武を演じた岸谷は「撮影は本当に大変でした。新幹線を貸し切って終電から始発までの時間の制約があるなかでの撮影でした」とそれぞれ撮影を振り返った。  最後に、大沢は「この映画に登場する人物たちと一緒に日本を旅して楽しんでもらえたら嬉しく思います。この作品は漢字が難しいので、よく人から『なんとかのなんとか』って言われます。もしこの映画を気に入ってもらえたら、まず職場や学校で『藁の楯』って言ってから話し始めるとか、もう少し広めてもらいたいです」とファンへメッセージを贈った。会場をあとにする登壇者たちに対し、会場のファンは「カンヌ国際映画祭おめでとう!」の声で見送り、大沢らも大きく手を振って応えていた。  映画『藁の楯 わらのたて』は4月26日(金)より、新宿ピカデリー他 全国ロードショー

  • 「藁の楯」衝撃のポスター解禁へ 

    大沢たかお×松嶋菜々子×藤原竜也、豪華競演サスペンス「藁の楯 わらのたて」、衝撃のポスター解禁!

    映画

     国民的人気と知名度、更には実力を兼ね備えた大沢たかお、松嶋菜々子、藤原竜也の豪華競演が話題の、人間の欲望と理性が交差するアクションサスペンス大作「藁の楯 わらのたて」。2013年の超話題作である本作ポスターが解禁となった。@@cutter 主演の大沢たかおが演じるのは、殺人犯・清丸を護送する警視庁警備部SP・銘苅一基役。そのパートナーである白岩篤子役を松嶋菜々子が演じ、任務遂行のため“人間のクズ”を護衛するその心の葛藤を描く。二人が護送する、出所直後にまたも惨殺事件を起こす凶悪殺人犯・清丸国秀役を、「デスノート」「カイジ」「インシテミル」と数々の大ヒット映画の主演を務める藤原竜也が演じる。  今回ポスター解禁と同時に、豪華競演陣も発表となった。SPと共に護送する警察に岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗。そして、孫娘を殺された大富豪には山﨑努が決定し、脇を固める。  世の中に衝撃を与える本作のメガホンをとるのは、2年連続カンヌ国際映画祭出品(「一命」「愛と誠」)となった奇才・三池崇史監督。全国民を巻き込む壮大なスケールのアクションサスペンス大作がいよいよ始動する。  「この男を殺してください。御礼に10億円差し上げます。」-前代未聞の新聞広告に、日本中が揺れた。広告主は、巨額の資産を持つ財界の大物・蜷川。“この男”とは、蜷川の孫娘を殺して逃走中の清丸。命の危険を感じた清丸は、潜伏先の福岡で出頭する。清丸を警視庁に移送するため、5人の精鋭が選ばれた。だが、一歩進むごとに、ごく普通の一般市民、警護に当たる警察官や機動隊員までもが清丸の命を狙う。世は深刻な不景気、ターゲットは人間のクズ-。次々と移動手段を変えても、すぐにネット上に作られた通称キヨマルサイトに清丸の現在地がアップされてしまう。5人の中に裏切り者がいるのか? タイムリミットは48時間、5人対1億2,000万人の頭脳と肉体、そして命を賭けた一発触発の緊張感の中、衝撃のクライマックスを迎える。  「藁の楯」は、2013年4月26日(金)新宿ピカデリー他全国ロードショー

  • 昭和天皇を演じる片岡孝太郎

    初音映莉子ハリウッド進出の話題作「Emperor」に、西田敏行、桃井かおり、片岡孝太郎らの出演決定

    映画

      ニュージーランドで撮影が行われていた太平洋戦争終結後の日本を舞台にしたアメリカ映画「Emperor(原題)」。「ノルェイの森」(10)、「ミツコ感覚」(11)で注目の若手女優・初音映莉子のハリウッド進出作でもある本作に、西田敏行、桃井かおり、片岡孝太郎らの出演が発表された。片岡は昭和天皇を演じる。 @@cutter   日本人留学生・島田あやを演じる初音の叔父である鹿島大将役に西田敏行、日本側の運転手兼通訳として物語のキーマンとなる人物・高橋を演じるのは、「ラストサムライ」(03)はじめ現在製作中のハリウッド映画「47RONIN」等にも出演、精力的に海外で活躍している羽田昌義の起用が決定。アメリカ政府によって戦争責任を追及される木戸幸一内大臣役に伊武雅刀、関屋貞三郎宮内次官役には夏八木勲、近衛文麿元首相には中村雅俊、東條英機役には火野正平など、日本を代表するベテラン俳優達が脇を固めている。なお、西田敏行演じる鹿島大将の妻を桃井かおりが演じることも発表された。   そして、トミー・リー・ジョーンズ演じるマッカーサー元元帥に相対する昭和天皇役には、歌舞伎界から“新世代の女形”として活躍している片岡孝太郎が抜擢。過去にはスティーヴン・スピルバーグ監督作「太陽の帝国」(87)等のハリウッド映画出演経験もあり、演技力は既に国内外からも定評がある。   製作発表が世界解禁になった今年1月中旬より、随時俳優陣がニュージーランドの撮影現場に参加。先月行われた皇居前での撮影も日本政府の特別な許可のもと極秘裏に敢行され、現在急ピッチで製作が進んでいる本作。5月16日から開催されるカンヌフィルムマーケットでは世界初の映像解禁となる。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access