レナ・ダナム 関連記事

  • 『エイリアス』以来の本格テレビドラマに出演するジェニファー・ガーナー

    ジェニファー・ガーナー、『GIRLS』レナ・ダナムの新コメディでテレビ界に復帰

    海外ドラマ

     海外ドラマ『エイリアス』のシドニー役でブレイクした女優ジェニファー・ガーナーが、テレビドラマに復帰する見通しだ。米HBO局の海外ドラマ『GIRLS/ガールズ』の女優レナ・ダナムが手がける新コメディ『Camping(原題)』にレギュラー出演するという。DeadlineやE!Newsなどの海外メディアが伝えた。@@cutter HBO局からすでにゴーサインが出ているという『Camping(原題)』は、30分枠のコメディ。8話構成のミニシリーズで、同名タイトルの英ドラマのリメイクとなる。レナと『GIRLS/ガールズ』で製作総指揮を務めたジェニー・コナーが脚本を共同執筆し、ショーランナーを兼務する。  ストーリーは45歳の誕生日を迎えるウォルトと、彼の仕切り屋の妻キャサリンを中心に展開。ウォルトの誕生日を野外キャンプで有意義に過ごすはずのキャサリンだったが、彼女のおっとりした姉妹や、聖人ぶった元親友などが加わったことで、ウォルトとキャサリンの結婚生活が試されるような騒動に発展するという。ジェニファー演じるキャサリンは、レナとジェニーいわく「面倒でタフで、刺激的でとっても楽しい」役とのこと。  ジェニファーにとっては、『エイリアス』が2006年にシーズン5をもって終了して以来、約12年ぶりの本格的なテレビドラマ出演となる。撮影は今春にロサンゼルスで行われる予定。

  • 『SEX AND THE CITY』のように『GIRLS/ガールズ』もドラマ終了後に映画化?(※『GIRLS/ガールズ』シーズン1の場面写真)

    人気海外ドラマ『GIRLS/ガールズ』、主演レナ・ダナムが映画版企画に意欲

    海外ドラマ

     ニューヨークに住む悩める今どき20代女子4人組の青春を描く人気海外ドラマ『GIRLS/ガールズ』。日本ではシーズン5の日本を舞台にしたエピソードで水嶋ヒロがゲスト出演したことでも話題になったが、同ドラマの企画・製作総指揮を務め主人公のハンナを演じるレナ・ダナムが長編映画化を狙っていることをThe Hollywood Reporterとのインタビューで明かした。@@cutter 本国アメリカではHBO局でこの2月よりシーズン6が放送予定の『GIRLS/ガールズ』。今のアメリカの若い世代を代表するドラマとして人気が衰えない中、このシーズン6をもって終了することが決まっている。  マーニー役のアリソン・ウィリアムズやジェッサ役のジェマイマ・カーク、ショシャナ役のゾーシャ・マメット、アダム役のアダム・ドライヴァーなど、主要キャストとプロデューサーのジャド・アパトー&ジェニー・コナーが集結したインタビュー。今後の予定を尋ねられ、コナーが「誰かが『GIRLS/ガールズ』の映画をやりたいというなら、やるわ」と答えると、レナが「もちろんやるわよ。彼女達が(ドラマの)終わりとは全く違う世界にいるだけの十分な余地を残しておきたい感じね。HBOは『SEX AND THE CITY』で映画版2作の製作費を出したんだから、私達のためにせめて1作分は出してほしいわ」と、映画化への意欲を見せた。  コナーが映画版の製作費は映画会社が出したとツッコむと、「あら、それだとハードルが上がるわね…」と強気のトーンを弱めたレナだが、ほぼ無名の時にHBO局へ『GIRLS/ガールズ』の企画を売り込み、センセーションを起こした実力の持ち主だ。時機を見て映画化のために邁進するに違いない。

  • 東京でのロケもあった『GIRLS/ガールズ』シーズン5の予告編が解禁!水嶋ヒロらしき人物の姿も(下)

    水嶋ヒロ出演の米ドラマ『ガールズ 5』、東京の街並みも登場する予告編が初解禁

    海外ドラマ

     米HBO局で放送され、日本でもファンを集めている人気海外ドラマ『GIRLS/ガールズ』。2016年2月に全米放送が始まるシーズン5には水嶋ヒロが出演し、今年の夏には東京でロケが行われたが、その様子が垣間見られるシーズン5の初予告編が公開された。<ネタバレあり>@@cutter 『GIRLS/ガールズ』はニューヨークを舞台に、20代のイマドキ女子4人組(ハンナ、マーニー、ジェッサ、ショシャンナ)の人生を赤裸々に描く。日本ではスターチャンネルでシーズン3までの放送が終わっており、来年以降にシーズン4が放送されるとのことだが、そんなシーズン4は主要キャラクターのひとりショシャンナ(ゾーシャ・マメット)が、東京での就職をオファーされるストーリーで幕を閉じた。  今回、公開された予告編では数秒ではあるが、金髪のショートヘアにピンクのメッシュを入れヘッドフォンをしたショシャンナが、渋谷らしき東京の町を歩いている姿が映し出されている。ショシャンナは「みんな、問題からは逃れられないと言うけど、私の場合、遠くに離れたら解決しちゃったわ。みんな、すごい間違ってるよね」と、東京行きが正解だったことをチャットで誰かに話している。そのあと、ショシャンナが踊っている背後に、水嶋らしき男性が一瞬登場する。  ガールズはそれぞれの道を歩いている。大学時代の元恋人でゲイのイライジャ(アンドリュー・ラネルズ)と同居するハンナ(レナ・ダナム)は、ジェッサと揉めている様子。マーニーはどうやら結婚式の日を迎えるようだが、メイクが大失敗して気が立っているようだ。  何があっても4人の友情は変わらないというが、シーズン5ではどんな騒動が待っているのか。水嶋の役どころも気になる『GIRLS/ガールズ』シーズン5の全米初放送は、現地時間2016年2月21日に予定されている。

  • 水嶋ヒロ、『GIRLS/ガールズ』で海外ドラマデビュー

    水嶋ヒロ、海外ドラマ初出演決定! 「コメディの才能もある」監督絶賛

    海外ドラマ

     水嶋ヒロが、スターチャンネルで独占放送中の海外ドラマ『GIRLS/ガールズ』の最新シーズンに出演することが決定した。水嶋は、本作が初の海外ドラマ出演であり、今回撮影の為に来日した監督・脚本・製作総指揮・主演を務めるレナ・ダナムが、水嶋の起用理由についても明かした。@@cutter 『GIRLS/ガールズ』は、20代女子の赤裸々な体験を“これまでの女子ドラマとは一線を画す”ほどリアルに描き、エミー賞をはじめ数々の賞にノミネートし注目を集める人気作。主要キャラクターのひとりショシャンナが就職のため東京に向かうというストーリーで幕を閉じたシーズン4だったが、先日シーズン5の東京ロケが行われ、幼少期を海外で過ごした水嶋がメインキャストとして抜擢となった。  本作で監督・脚本・製作総指揮・主演を務めるレナは、水嶋の起用について「ヒロは主役としてだけでなく、コメディ俳優の才能もあると感じる」と説明。また「スタッフに対してとても明るく親切。彼ほどの有名人では珍しいと思うほど、とても謙虚な姿勢が印象的だった。彼には人を引き付ける魅力があり、これからも日本国内にとどまらず、アメリカやイギリスの映画やドラマにも出演して欲しい。また一緒に仕事ができることを願っている」と水嶋を絶賛している。  『GIRLS/ガールズ』シーズン5はスターチャンネルにて来年放送予定。なお、11月よりシーズン1~3の全話一挙放送も予定している。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access