水石亜飛夢 関連記事

  • 『牙狼〈GARO〉−月虹ノ旅人−』場面写真

    牙狼最新作『牙狼〈GARO〉−月虹ノ旅人−』公開決定! 主演は中山麻聖

    映画

     この世の闇に棲みつく魔獣ホラーと戦う、魔戒騎士たちの姿を描く牙狼〈GARO〉シリーズの最新作『牙狼〈GARO〉−月虹ノ旅人−』が2019年秋に公開されることがわかった。主演は中山麻聖が務め、石橋菜津美、水石亜飛夢、螢雪次朗が脇を固める。また、合わせて劇中カットも公開された。@@cutter 本作は、牙狼〈GARO〉シリーズの中でも、黄金騎士の家系に生まれた、冴島雷牙を主人公に迎えた「冴島雷牙シリーズ」の最新作。原作・脚本・監督は、牙狼〈GARO〉シリーズの生みの親であり、特撮界のトップクリエーターである雨宮慶太が務める。  冴島雷牙役の中山は「牙狼を応援してくださっている皆さん『ただいま』です。またみんなとご一緒出来る事が本当に嬉しいです。公開まで、もう少しだけお待ちください」とコメントを寄せる。マユリ役の石橋は「魔戒ノ花からその後、マユリはどう変化し成長したのか。私個人としても、とても気になっていましたので、今回、月虹ノ旅人でまたマユリとして雷牙の横に居て、マユリとしての景色を見れる時間が嬉しく、幸せな時間でした。月虹ノ旅人は牙狼ファンの方々には、もう、とんでもなく熱い内容になっていると思います」とアピールした。  前作の石板に封じ込められた滅びの花「エイリス」との闘いを経て、どのような物語が展開されるのか。歴代最強の冴島雷牙のさらに成長した姿を楽しみにしてもらいたい。  なお、4月25日〜5月7日には、中野ブロードウェイにある「Animaga Zingaro」にて、“牙狼〈GARO〉原画展”の開催も決定。雨宮監督が描き下した原画やデザイン画の展示に加え、ガロの鎧や衣装も展示される。 『牙狼〈GARO〉−月虹ノ旅人−』は2019年秋に新宿バルト9ほかで全国公開。

  • ドラマ『I’’s』に出演する白石聖

    白石聖、桂正和原作『I’’s』で絶対的美少女ヒロイン・伊織に

    エンタメ

     女優の白石聖が12月スタートのドラマ『I’’s』でヒロイン・葦月伊織役を務めることが発表された。白石は「伊織として生きられた撮影期間は、私にとって宝物です」と語っている。@@cutter 本作は、『電影少女』などの作品で知られる桂正和の「週刊少年ジャンプ」で連載された同名コミックを実写化した青春ラブストーリー。自分のことを平凡だと思い込んでいる高校2年生・瀬戸一貴(岡山天音)を主人公に、彼が、入学時に一目惚れしたクラスメイト・葦月伊織(白石)を想い続ける姿を描いていく。  この物語のヒロインを決めるために、原作者の桂も参加したオーディションを開催。白石は約700名の応募の中から、歴代漫画史に残る絶対的美少女であるヒロイン・伊織役を射止めた。  多くのファンを持つ『I’’s』でヒロインを演じることについて白石は「漫画史に残る桂先生の作品でヒロインを務めることの責任感は、1年前の撮影からこの日まで、忘れたことがありませんでした」とコメント。さらに撮影中については「今、実写化する意味を考えながら、どんな時代も変わらない様々な愛のカタチを丁寧に表現することに努めました」と振り返る。そして「原作が大好きな方は是非、漫画を読み返しながら観て頂きたいです」とメッセージを寄せた。  連続ドラマ『I’’s』はBSスカパー!にて12月21日21時放送。

  • 映画『青夏 きみに恋した30日』前日祭舞台挨拶にて

    葵わかな、今年の“青夏体験”は「おじいちゃんと山登りしたい」

    映画

     映画『青夏 きみに恋した30日』の前日祭舞台挨拶が31日都内で開催され、ダブル主演を務めた葵わかなと佐野勇斗をはじめ、古畑星夏、岐洲匠、久間田琳加、水石亜飛夢、秋田汐梨、志村玲於らキャストと、古澤健監督が登壇。映画にちなみ「今年の夏の“青夏体験”は?」という質問に葵は「おじいちゃんと“青夏”したい」と答え、会場を沸かせた。@@cutter 南波あつこによる同名コミックの映画化作品である本作。夏休みを田舎で過ごすことになった都会の女子高生・理緒と、そこで出会う地元の男子高校生・吟蔵との“期間限定の恋”を描いた青春ラブストーリーだ。  この日は公開前日を記念した“祭”ということで、キャスト全員が華やかな浴衣姿で登場。タイトルの「青夏」という言葉は「青春よりも青い夏」という意味が込められていることにちなみ、司会者から「今年、青夏体験した人は?」という質問が出ると、佐野は「夏といえば海じゃないですか。海といえば海水パンツになるじゃないですか。なのでO脚を直したい」と回答。隣りにいた葵から「青夏だよ?」とツッコミを受けることに。  そういう葵はしばし考え込んだあと「おじいちゃんと山登りに行きます」と答え、周りの反応に「え、青夏じゃない!?」とちょっと焦った模様。OKとのことで「じゃあ私、おじいちゃんと“青夏”します」と答えていた。  イベントでは箱の中身当てゲームなどで盛り上がったあと、ダブル主演を務めた2人がそれぞれにねぎらいの言葉を贈り合うことに。葵と佐野は共演が2回目ということもあり、信頼関係も厚かったようで「しっかりしてるねと言われることは多いんですが、一人では不安な部分がある中、私ができないことを佐野くんができる。そこはすごく佐野くんに助けられた」と葵が答えれば、「葵さんとは出会って4年以上。僕はこんな感じで頼りない男で、申し訳ないなと思うことが多いんですが、葵さんに助けられた」とエールを贈り合った。  その後サプライズでキャスト全員から葵へメッセージが贈られることに。古畑からは「わかなちゃんからは、本読みのときからこの作品を良くしようという気持ちが凄く伝わってきた。年下なのにそれができるのがすごいなと思った」という言葉が贈られ、葵は「え、何!? なんで私だけ!?」と恥ずかしがりながらも、終始うれしそうな様子を見せていた。  映画『青夏 きみに恋した30日』は、8月1日より全国公開。

  • (左から)葵わかな、佐野勇斗

    佐野勇斗、水鉄砲の集中砲火浴びて夏満喫「スゴい気持ち良かった」

    映画

     俳優の佐野勇斗が、2日都内で、葵わかなとダブル主演を果たした映画『青夏 きみに恋した30日』の完成記念イベントに出席。キャストから水鉄砲の集中砲火を浴びてずぶ濡れになり、「スゴい気持ち良かった」と一足早い夏を満喫した。@@cutter 同作は、南波あつこの人気少女コミック『青夏 Ao‐Natsu』を原作とする青春映画。夏休みの間、大自然に囲まれた祖母の家で過ごすことになった都会育ちの女子高生・船見理緒(葵)は、地元の高校生・泉吟蔵(佐野)と出会い、互いに魅かれていく。  夏休みという映画のテーマにちなみ、波打つプールで開催された本イベントには葵や佐野の他、古畑星夏、岐洲匠、久間田琳加、水石亜飛夢、秋田汐梨、志村玲於が出席した。  理緒役の葵は「(一般向けの完成披露試写会が行われる)今日は初めて作った人以外の方に(本作を)観てもらう日。ドキドキする」と心境を吐露。吟蔵の幼なじみで婚約者の大鳥万里香役で、連続テレビ小説『半分、青い。』の清役でも話題を集めた古畑は「こういうプールでのイベントは初めて」と白い歯をこぼした。  イベントではワールドカップにちなんで、男子4人でサッカー対決を実施。ボールが前に飛ばず最下位になった吟蔵役の佐野は、罰ゲームとして“どうしても好きな人と離れたくないときに言う胸キュンワード”を発表することに。詰めかけた大勢の水着女子たちに向かって「なぁ…帰したくねぇ!」と言ってまばらな歓声が起きると、失敗を悟って「ちょっと待って! 正解が分からねぇ!」と恥ずかしそうに笑っていた。  イベント終盤、佐野はさらにキャスト全員から水鉄砲の集中砲火を浴びてビショビショに。「何してんの皆!? なんでオレ(水が)こんなにかかってるの!?」と驚くと、葵が「サプライズだよね。夏をひと足早くプレゼント!みたいな」とニコリ。佐野はたまらず「罰ゲームでしょ、こんなの!」と訴えつつ、「スゴい気持ち良かった」と前髪をかき上げていた。  映画『青夏 きみに恋した30日』は、8月1日より全国ロードショー。

  • 葵わかなと佐野勇斗が映画『青夏 Ao-Natsu』でW主演

    葵わかな&佐野勇斗がダブル主演 『青夏 Ao-Natsu』映画化決定

    映画

     葵わかなと佐野勇斗のダブル主演で、南波あつこの人気コミック『青夏 Ao-Natsu』の映画化が決定。併せて古畑星夏、岐洲匠、久間田琳加、水石亜飛夢、秋田汐梨、志村玲於らの出演も発表された。劇中で制服姿を披露する葵は「今までで一番、『楽しい』をえらぶ夏にしたい!」とコメントしている。@@cutter 本作は、夏休みを田舎で過ごすことになった都会育ちのイマドキ女子高生・理緒(葵)と、そこで出会った地元のクール系イケメン男子高生・吟蔵(佐野)が織りなす夏限定の恋を描くラブストーリー。  佐野との共演が映画『くちびるに歌を』以来3年ぶり2度目となる葵は「佐野さんとは3年ぶりくらいの共演ですが、原作の吟蔵と佐野さんがそっくり!と思っているので、ご一緒するのがたのしみです」とコメント。また、「原作を読ませていただいて、みんなが一生懸命なお話だと感じました。周りの人からみたら小さな事でも、全力で悩んで全力で走っている、そんな理緒や吟蔵がもどかしいけどかわいらしいと思って頂けるように、演じていきたいです」とも話している。  一方の佐野は、「とにかく、吟蔵がかっこいい! 僕がそんなかっこいい役を頂けて、恐れ多い気持ちでいっぱいですが、任せて頂いたからには全力で演じたいと思います!」と意気込む。葵について「2度目の共演となるのですが、当時からすごく仲良くさせて頂いているのでとても心強いです」と信頼を寄せ、「撮影は自然豊かなところで行われるということで、美味しい空気をたくさん吸って、吟蔵として青夏の世界に入り込めるように挑んでいきたいと思います」と意気込みを表明。「観てくださるみなさんを、今までで1番『キュン』とさせる夏にしてみせます!」と宣言している。  古畑が演じるのは、吟蔵の幼馴染みで理緒の恋のライバル・万里香。岐洲は理緒に恋する東京の男子高生・祐真、久間田は理緒と同級生の東京の女子高生・あや、水石は吟蔵の同級生・ナミオ、秋田は吟蔵の同級生・さつき、志村は祐真と同級生で東京の男子高生・タカヤに扮する。久間田は「登場人物みんながとっても純粋で、お互いがお互いを思いやる、じれったくちょっぴり切ないお話です。みなさんに『友だちっていいなぁ』と思っていただけるように、頑張って演じたいと思います」とコメントを寄せている。  今回解禁されたビジュアルは、爽やかな制服姿で微笑む葵、そして対照的にクールな表情を見せる佐野の姿が印象的なものとなっている。  映画『青夏 Ao-Natsu』は8月1日より全国公開。

  • 本郷奏多、“山田きゅん命”をアピール

    山田涼介、『ハガレン』公開にワクワクドキドキ! 本郷奏多は“山田きゅん命”を告白

    映画

     Hey! Say! JUMPの山田涼介が2日、都内で行われた『鋼の錬金術師』公開記念舞台挨拶に出席した。山田は、原作者の荒川弘から、サプライズで、原作にはない自身が演じたシーンが描かれた生原稿を贈られると「これはヤバイ!」と歓喜していた。舞台挨拶には山田のほか、本田翼、ディーン・フジオカ、蓮佛美沙子、本郷奏多、内山信二、佐藤隆太、小日向文世、松雪泰子、水石亜飛夢、曽利文彦監督も出席した。@@cutter 本作は、全世界で7000万部以上を発行する荒川弘の大人気コミックを、曽利文彦監督で実写映画化。1日より全国342館、441スクリーンで公開されたが、山田は「撮影は1年半ぐらいに終わっていたのですが、いよいよ公開になりました。とてもドキドキワクワクしています」と、ようやくファンにお披露目できたことへの感想を述べると、本田も客席に書かれた「この冬はハガレン」というプラカードに「嬉しい! インスタ映えするところで広めてほしい」と興奮気味に語っていた。  さらにマスタング大佐役のディーンは「僕は、完成した映画を観たとき、現場で演技をしていたときに想像していたものをはるかに超える完成度でした。きっと皆さんも想像以上の世界観が広がっていたと思っています」と客席に向かって作品の出来に自信をのぞかせると、メガホンをとった曽利監督も「派手で豪華な映画ではありますが、作品のテーマである“命”をしっかりと描いたつもりです」と胸を張った。  そんなスタッフ、キャストたちの真摯な取り組みに原作者の荒川は「メディアミックスをいろいろ経験してきた『ハガレン』ですが、実写映画というまた新しい世界で表現されることが単純に嬉しいです」とコメントを寄せると「物語のターニングポイントとなるエピソードをこれでもかというぐらい濃縮して詰め込んだ脚本。そしてそれをすごい役者さんに演じてもらうことができました」と賞賛していた。  イベント後半には、曽利監督がテーマにあげた“命”にちなんで「○○命」というお題が出されると、エンヴィー役の本郷は「“山田きゅん命”です。もともとお顔がきれいで好きだったのですが、演技を見てさらに惚れ直しましたし、ジャパンプレミアのとき、僕は誕生日だったのですが、プレゼントのくれ方がスマートすぎて……」と、山田へのあふれ出る愛を訴えていた。  『鋼の錬金術師』は絶賛公開中。

  • 「『終わりのセラフ』The Musical」公開ゲネプロ

    佐野岳、舞台で圧巻の殺陣を披露! 『終わりのセラフ』ミュージカル開幕

    アニメ・コミック

     佐野岳が主演する「『終わりのセラフ』The Musical」の公開ゲネプロが4日に都内・アイア 2.5 シアタートーキョーで行われた。物語の持つ壮大な世界観が広がる舞台で、吸血鬼と戦う若者という難しい役どころを佐野が熱演する。@@cutter 本作は、2012年10月号より「ジャンプスクエア」(集英社刊)にて連載中の同名コミックスを原作に、人間と吸血鬼の戦いを描いたダークファンタジー。吸血鬼に支配された世界で、運命にあらがう少年たちの織りなすストーリーが絶大な人気を集め、2013年2月にはVOMIC化、2015年4月にはTVアニメ化、2015年12月にはゲーム化されるなど、大々的なメディアミックスを展開している。  舞台化は本作が初の挑戦で、新進気鋭の元吉庸泰が演出を務める。主演となる百夜優一郎役を佐野が務めるほか、百夜ミカエラ役を鈴木勝大、一瀬グレン役を小野健斗、三宮三葉役を美山加恋、君月士方役を水石亜飛夢ら、注目の若手俳優たちが顔を揃える。  人間と吸血鬼の戦いを物語の主軸としつつも、友情、笑い、ちょっとの恋愛と、学園ドラマ的要素も存分に盛り込み、物語に深みを見せる。また、優一郎とミカエラの互いを思うがあまりに気持ちがすれ違っていく様が切なく描かれ、観客を引き込み、そして、怒濤のラストへと繋がっていく。物語はまだ始まったばかり。続編についての発表などはないが、終演後、優一郎とミカエラの続きを観たいと強く願う気持ちにさせる作品に仕上がっている。  さらに、高い運動能力を誇ることでも知られる佐野が、本作で見せる見事な殺陣も見どころの一つといえよう。流れるように戦う姿は、美しくも力強く、圧巻の1シーンとなっている。  「『終わりのセラフ』The Musical」はアイア 2.5 シアタートーキョーにて、2月4日から11日まで上演。

  • 『人狼ゲーム クレイジーフォックス』で主演を務める高月彩良

    高月彩良、『人狼ゲーム』で映画初主演!桜庭ななみ&土屋太鳳に続く第3弾、12月公開

    映画

     映画、ドラマ、舞台と出演作が続く今注目の女優・高月彩良が、「人狼ゲーム」をモチーフとした劇場シリーズ第3弾『人狼ゲーム クレイジーフォックス』で映画初主演を務めることが決定。桜庭ななみ主演の第1弾、土屋太鳳主演の第2弾に続く今作では、園子温作品の助監督として活躍する綾部真弥監督がメガホンを取り、新カード“狐”側の視点を描く。@@cutter 「人狼ゲーム」とは、ヨーロッパの伝統的ゲームを発展させた心理ゲーム。少人数の“人狼”と、多くの“村人”たちが命をかけて騙し合う究極の頭脳ゲームであり、人狼と村人のほか、選んだ人物が人狼か村人かを判断することができる“予言者”、人狼から村人を守る“用心棒”、処刑された者が人狼か村人か分かる“霊媒師”のカードがあり、そして今回、新カードとして予言者の占い対象になると死亡する“狐”が加わる。高月演じる今作の主人公は、“狐”としてゲームに参加する。  主演として「人狼ゲーム」シリーズに出演することについて、高月は「第1弾の桜庭さんも、第2弾の土屋さんも憧れの方たちなので第3弾を私にと言われたときは、とても驚きましたが名誉なことで嬉しかったです。この作品で私もステップアップできたらいいなと思っています」と、前作の主演を務めた女優らに続くブレイクを期待する。  また、高月にとって本作が映画初主演となるため「不安な気持ち8割、楽しみな気持ち2割で挑みました」とのことだが、「未熟な私に主役が務まるのかと不安な気持ちでいっぱいでしたが、8割の不安はあやかのリアルな心情に役に立ったと思っています」と役作りにいい影響を与えたようだ。  そのほか本作では、園子温監督作品の常連である冨手麻妙、話題作に次々と出演して注目を集める柾木玲弥を始め、斎藤嘉樹、藤井武美、萩原みのり、冨田佳輔、水石亜飛夢ら次世代を代表する若手キャストが顔を揃えている。  『人狼ゲーム クレイジーフォックス』は、12月5日より新宿武蔵野館ほか公開決定。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access