フェデ・アルバレス 関連記事

  • 映画『蜘蛛の巣を払う女』場面写真

    『蜘蛛の巣を払う女』北欧イケメン俳優が語る「今の時代にふさわしい物語」

    映 画

     映画『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作『蜘蛛の巣を払う女』より、ジャーナリスト、ミカエルを演じる北欧イケメン俳優のスベリル・グドナソンのコメント映像が到着。本作を「今の時代にふさわしい物語」だと熱く語っている。@@cutter 本作は全世界で累計9000万部以上の売り上げを誇るスウェーデンのベストセラー・ミステリー『ミレニアム』シリーズを映像化。特殊な映像記憶能力を持つ天才ハッカー、リスベットが、犯罪組織の陰謀に迫る姿を描く。監督は映画『ドント・ブリーズ』の新鋭フェデ・アルバレス。ヒロインのリスベットをイギリスの実力派女優クレア・フォイ、リスベットの双子の姉妹カミラを映画『ブレードランナー 2049』のシルヴィア・フークスが演じる。  シリーズ前作でダニエル・クレイグが演じたミカエルを演じるスベリルは、1980年にテニス界で世界的な人気を誇ったビヨン・ボルグとジョン・マッケンローの世紀の対決を描いた映画『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』で、“氷の男”ビヨン・ボルグ役を好演し、一躍注目を集めたイケメン俳優。今作でミカエルはリスベットと数年ぶりに再会し、彼女を助けるべく事件の背後に潜む謎、黒幕を暴くため奮闘する。  コメント映像で、スベリルは本作について「今の時代にふさわしい物語だし、世の中の情勢に沿ってる」とコメント。続けてヒロインのリスベットについて「主人公は悪を懲らしめる女性ヒーローだ。彼女は時代を牽引している」と称賛している。  また、コメント映像と共に届いたメイキング写真では、クレアがさまざまな場面でリスベット役を凛々しくクールに演じる姿が捉えられている。  映画『蜘蛛の巣を払う女』は全国公開中。

  • 『ドラゴン・タトゥーの女』続編でリスベットを演じるクレア・フォイ

    『ドラゴン・タトゥーの女』続編、リスベット役は『ザ・クラウン』クレア・フォイ

    映 画

     長らく待たれていた映画『ドラゴン・タトゥーの女』の続編が遂に動き出す。海外ドラマ『ザ・クラウン』で注目を集めた女優クレア・フォイがリスベット役に決定したと、Varietyなどの海外メディアが伝えた。@@cutter スウェーデンの作家スティーグ・ラーソンの小説の映画化『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』シリーズを、ハリウッドでリメイクした『ドラゴン・タトゥーの女』。デヴィッド・フィンチャー監督メガホンで俳優ダニエル・クレイグがジャーナリストのミカエル・ブルムクヴィスト、女優ルーニー・マーラがリスベットを演じたが、続編はヒロイン交代となりクレアが引き継ぐことになるという。クレアは今年5月頃に主演最有力候補として名前が挙がっていた。  続編のタイトルは『The Girl in the Spider’s Web(原題)』。原作者ラーソンの死後、シリーズを後継した別の作家ダヴィド・ラーゲルクランツによるシリーズ4作目、日本では『ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女』のタイトルで刊行されている2015年の小説をベースにする。  Varietyによると、来年1月からドイツ・ベルリンとスウェーデン・ストックホルムで撮影が始まり、2018年10月19日(現地時間)に全米公開予定となっている。2016年のヒット・サスペンスホラー映画『ドント・ブリーズ』のフェデ・アルバレス監督がメガホンを取る。  アルバレス監督は「クレアがアイコン的なリスベット・サランデル役を演じることに、この上なく興奮している。クレアはまたといない素晴らしい才能の持ち主だ。リスベットというキャラクターに新たな息を吹き込んでくれる。クレア・フォイを中心に、この新たなストーリーを世界に向けて放つことを心待ちにしている」とコメントしている。

  • 『ラビリンス 魔王の迷宮』スピンオフはフェデ・アルバレス監督がメガホン(※『ラビリンス 魔王の迷宮』場面写真)

    『ラビリンス/魔王の迷宮』スピンオフ、『ドント・ブリーズ』監督がメガホンか

    映 画

     2016年にデヴィッド・ボウイ主演のSFファンタジー映画『ラビリンス/魔王の迷宮』(86)が再映画化されると報じられたが、2016年の話題のサスペンスホラー『ドント・プリーズ』を監督したフェデ・アルバレスがメガホンを取るという。@@cutter 大好きなおとぎ話に登場する魔王に弟を連れ去られてしまった15歳の少女サラが、弟を取り戻すため迷宮に迷い込むという『ラビリンス/魔王の迷宮』。魔王ジャレスを演じるボウイとジェニファー・コネリー演じるサラなどの主要キャラクター以外はマペットという作風も話題を呼んだ。    当初、同企画は再映画化として報じられたが、The Wrapによると、情報筋がリブート/リメイクではなく、同じ世界から派生する別のストーリーになると話しているということで、「スピンオフ」に近い形になるという。トライスター・ピクチャーズのもと、映画『ダイナソー・プロジェクト』(13)のジェイ・バスが、アルバレス監督と共に脚本を手がけるという。1990年に死去したオリジナル版の監督ジム・ヘンソンのエンターテインメント企業ジム・ヘンソン・カンパニーが共同製作として参加し、娘ヘザー・ヘンソンがプロデューサーに名を連ねる。  ボウイが演じたゴブリンの王ジャレスは登場しないとのこと。アルバレス監督とバス氏は現在、映画『ドラゴン・タトゥーの女』(12)の続編に取りかかっており、こちらの作品が終了してから『ラビリンス/魔王の迷宮』スピンオフの制作が始まるという。2018年の全米公開を視野に入れているとのことだ。

  • 『ドラゴン・タトゥーの女』続編が始動! 新リスベット役は誰に?

    『ドラゴン・タトゥーの女』続編、全米公開日が決定 新リスベット役の女優は誰に?

    映 画

     スティーグ・ラーソンの人気小説を映画化したスウェーデン発『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』をハリウッド・リメイクした『ドラゴン・タトゥーの女』。デヴィッド・フィンチャー監督、ダニエル・クレイグ&ルーニー・マーラ共演でリメイク版が2011年12月に全米公開されてから約5年、米ソニー・ピクチャーズが続編『The Girl in the Spider’s Web(原題)』の全米公開日を2018年10月5日(現地時間)に決めたという。@@cutter スティーグ・ラーソンの『ミレニアム』シリーズは、スウェーデンの社会派雑誌『ミレニアム』の記者ミカエル・ブルムクヴィストと、天才ハッカーの女性リスベット・サランデルが巨悪な事件の解明に挑むミステリー。『The Girl in the Spider’s Web(原題)』は日本で『ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女』として刊行された小説シリーズ4作目の映画化となる。ミカエルのもとに、リスベットが絡んでいると思われるスクープネタが持ち込まれ、米国家安全保障局も動き出す事件の真相が解明されることになる。  Entertainment Weeklyによると、2016年にスマッシュヒットを放ったサスペンスホラー『ドント・ブリーズ』の監督を務めたフェデ・アルバレスがメガホンを取ることが発表されたという。ミカエルを演じたダニエルとリスベットを演じたルーニーは続投せず、現在アルバレス監督が新リスベットを演じる女優を世界的に探しているとのこと。Entertainment Weeklyでは、候補に挙がっている女優の中に、ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、アリシア・ヴィキャンデルがいると伝えている。  アルバレス監督は映画『マリアンヌ』(16)のスティーヴン・ナイトと『ダイナソー・ナイト』(13 )のジェイ・バスと共に脚本を執筆。今年9月から撮影が始まる予定とのことだ。

  • 強盗団が味わう恐怖を描いた映画『DON’T BREATHE』

    音を立てたら“アウト”…盲目の老人が強盗団を監禁する異色スリラー、予告編解禁

    映 画

     映画『死霊のはらわた』の2013年リメイク版を監督したフェデ・アルバレスが放つ異色スリラー『DON’T BREATHE(原題)』の予告編が解禁になった。レッドバンド予告(米映画業協会の認定を受ける前の予告編)ということで、息をのむ不気味なシーンの連続だ。@@cutter アルバレス監督が『死霊のはらわた』の脚本パートナー、ロド・サヤゲスと再びペンをとった『DON’T BREATHE(原題)』。富裕層を狙った3人組の強盗団が次にターゲットにしたのは盲目の老人。しかし計算は狂い、格好の餌食と思っていた男は恐ろしく危険な人物だった。この男の聴覚が誰よりも優れていることを知らなかった強盗団。忍び込んだ屋敷で音を立てたら、それが“死”を意味することも…。  何も知らず痛い目に遭う3人組を演じるのは、『死霊のはらわた』でミアを演じた女優ジェーン・レヴィ、海外ドラマ『エージェント・オブ・シールド』の俳優ディラン・ミネット、そしてホラー『イット・フォローズ』(16)の俳優ダニエル・ゾヴァット。何かしらの秘密を持っていそうな盲目の元軍人は、映画『アバター』(09)のクオリッチ大佐役で知られる俳優スティーヴン・ラングが演じる。  予告編の冒頭では顔にケガをした1人の若者が、電話で「父さん、俺だけど、とんでもないヘマをした」と告げる。以後、この「とんでもないヘマをした」という言葉が幾度となく流れる。盲目の男に銃を向けると、逆に押さえ込まれてしまう若者。「お前らは何人いるんだ?」と尋ねる盲目の男はいたって冷静だ。  ナイフを研ぐような金属音が緊張感を高める中、男の家には忍び込んだ3人以外に女性がいることが判明する。家では一体何が起きているのか。男に捕まり、監禁される若者の1人ロッキー(ジェーン・レヴィ)の運命も気になるところだ。レッドバンド予告は過激なシーンがあるので、恐怖映画が苦手な人は視聴に注意が必要だ。  『DON’T BREATHE(原題)』は現地時間8月26日より全米公開。日本公開にも期待したい。

  • 続編はサム・ライミが監督!?(『キャプテン・スーパーマーケット』場面写真より)

    サム・ライミ、『キャプテン・スーパーマーケット』続編を監督か?

    映 画

     スプラッター・ホラー映画の金字塔『死霊のはらわた』(85)を世に送り出したサム・ライミ監督が、シリーズ第三弾『キャプテン・スーパーマーケット』の続編でメガホンを取るかもしれない。@@cutter そんな噂が出るきっかけとなったのは、2013年に製作された『死霊のはらわた』リブート版の監督フェデ・アルバレスのツイッター。アルバレス監督はツイッター上に寄せられた、『キャプテン・スーパーマーケット』続編の監督をするかとの問いに、「サム・ライミがするよ!」と返信した。正式な発表ではないものの、結構、断定的な発言と見られる。  Screen Rantによると、ライミ監督は現在、『キャプテン・スーパーマーケット』続編の脚本を執筆中とのことで、同シリーズでアッシュ役を演じてきたブルース・キャンベルも9月末に開催されたナッシュビル・コミコンで再出演が決定したことを認めている。  『キャプテン・スーパーマーケット』から20年、今年55歳になったブルースは、「アッシュは死霊を追うのを止めて、一息入れる必要があるだろうね。そういう演出もできるんじゃないかな。すごく楽しくなるだろうね。歩行器を使いながら戦うとか。それもいいだろう。杖で奴らを叩くとかね。フェイントをかけてやるんだ。心臓発作を起こした振りをしてゾンビの気を散らせる。いいと思うな」とジョークを飛ばした後、出演を認めたらしい。  『キャプテン・スーパーマーケット』は『死霊のはらわたII』(87)の最後に中世へタイムスリップしてしまったアッシュのその後を描いた作品。邪悪な力に支配され暗黒が訪れた中世を舞台に、剣ではなくチェーンソー、馬ではなく車に乗って死闘を繰り広げるアッシュの活躍を描き、『死霊のはらわた』シリーズをSFホラーに進化させている。

  • フェデ・アルバレス監督の新作は人気ゲーム映画化?(公式サイトスクリーンショット)

    『死霊のはらわた』監督、ゲーム『ダンテズ・インフェルノ』映画版に起用?

    映 画

     リメイク版『死霊のはらわた』で監督を務めたフェデ・アルバレスが、人気アクションゲーム『ダンテズ・インフェルノ ~神曲 地獄篇~』の映画化でメガホンを取るかもしれない。@@cutter ユニバーサル・ピクチャーズが製作を手掛ける本作は、14世紀イタリアの詩人ダンテ・アリギエーリによる古典長編叙事詩『神曲』を基にしたエレクトロニック・アーツ社のビデオゲームを映画化するもの。  14世紀の原作とは異なり、騎士の主人公が愛するベアトリーチェを助け出すために、詩人ウェルギリウスの助けを借りて9圏の地獄に乗り込んでいく姿が描かれることになる。しかし主人公は知らないうちに天国と地獄の間の戦争で人質となってしまう。2008年にもユニバーサルが他の3スタジオを退けてゲームの映画化権を獲得し、その2年後にとPS3とXbox用のゲームがリリースされている。  映画版では、エリック・ニューマンとマーク・アブラハムがEAエンターテインメント社の副社長であるパトリック・オブライエンと共にプロデューサーを務めている。エリックとマークは最近もMGMとソニー・ピクチャーズ共同製作で2014年公開予定のリメイク版『ロボコップ』のクランクアップを迎えたばかり。パトリックは現在、ドリームワークスと共に同じくエレクトロニック・アーツの人気レースゲームを映画化する『ニード・フォー・スピード』の製作に取り掛かっている段階だ。

  • ジェーン・レヴィ&フェデ・アルバレス監督 特別インタビュー

    復活した『死霊のはらわた』続編の可能性は? リメイク版監督が言及

    映 画

     サム・ライミ、ブルース・キャンベル、ロブ・タパートらオリジナル版製作スタッフ自らの手によって甦った、21 世紀“真”のスプラッター映画『死霊のはらわた』のブル-レイ&DVDが10月9日にリリースされる。それにあわせ、死霊にとり憑かれた主人公ミア役を演じたジェーン・レヴィと、サム・ライミ自らが抜擢したウルグアイの新人フェデ・アルバレス監督のインタビュー映像が届いた。@@cutter インタビュー映像では、ショッキングな映像が続く本作で死霊に憑依され、おぞましくグロテスクな役を演じたジェーン・レヴィが「DVDの特典映像で舞台裏を見れば分かるけど、撮影の合間には笑っているくらいよ。大変というより役柄を楽しんでいたわ」と、本作の出演を存分に楽しんだことを語っている。  さらに、映画にちなんで自身の実体験として、「誰かが憑依されたのを見たことはないけど、私自身が(子供の頃)黒魔術で遊んでた。降霊術もやったし、空中浮遊も挑戦したわ。コミュニケーションできたのは確かよ。霊とね」とコメントし、今回の出演はまさにハマり役であったことを告白。  一方、フェデ・アルバレス監督は続編について、「今、プロデューサーたちと相談しているんだと」と明かし、「完璧なストーリーであれば続編を作りたい」と言及している。  スプラッターホラーの金字塔『死霊のはらわた』のブルーレイには、恐怖映像を作り出すまでのメイキング映像のほか、オリジナル版主演を演じたブルース・キャンベルがリメイク化に反対していたエピソードなど、リメイクするまでに過程を語ったインタビュー映像も収録されており、死霊ファンには見逃せない1本となっている。  『死霊のはらわた』ブル-レイ&DVD(4980円/税込)、DVD(3990円/税込)は、10月9日より発売。同時レンタル、デジタル配信開始。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access