Sexy Zone 関連記事

  • 4月28日放送の『アオハルTV』で菊池風磨が素肌をさらし悶絶

    今夜『アオハルTV』、セクゾ菊池風磨が素肌をさらし悶絶!

    エンタメ

     ヒロミがMCを務め、Sexy Zoneの菊池風磨と佐藤勝利らがレギュラー出演するバラエティ番組『アオハルTV』(フジテレビ系/毎週日曜21時)。今夜28日放送では、「ガスマスク姿で、あるお宝を探す写真家」が登場。菊池がお宝を探す為、栃木県にある“思わず声が出てしまう場所”に向かう場面が公開される。@@cutter 本番組は、いくつになっても何かに夢中になっている“アオハルさん”を発掘して背中を押す、青春応援バラエティー。28日の放送で登場する54歳の写真家・大原さんはもともと政治、芸能などのジャンルの写真を撮っていたが、現在は、本物のガスマスクや無線機、地形図などを持って“あるモノ”を探しているという。彼が熱中するお宝探しの魅力を体験するため、菊池とフルーツポンチ村上健志が、栃木県にある“思わず声が出てしまう場所”に向かう。  山奥の道なき道を進むこと2時間。ゴール間近と思いきや、「あと2時間くらい!」と言われた村上は「ちょっと勘弁してよ~!」、菊池は「もうちょっと早く着く方法ないですか?」とギブアップ寸前。崖を渡り、急斜面を登るなど、数々の難所を乗り越え、出発からおよそ4時間かけてたどり着いたのは…。  さらに、探していた物を目にした菊池は「マジっすか!」と急に笑顔になり、服を脱ぎ、肉体美を披露したまではよかったが、その後、声を上げ悶絶することになる。菊池の身に起こったこととは…。  『アオハルTV』は、フジテレビ系にて毎週日曜21時放送中。

  • 「anan」No.2135(1月16日発売)の表紙に登場したSexy Zone

    Sexy Zoneが 甘く、苦く、艶っぽく… 「anan」チョコ特集に登場

    エンタメ

     Sexy Zoneが、発売中の女性グラビア誌「anan」2135号(マガジンハウス)に登場。メンバーの中島健人が「チョコレートは媚薬のようなもの」と語るなど、バレンタインに向けたチョコレート特集で、表紙とグラビアを彩っている。@@cutter 今回の撮影で使われたチョコレートは、なんとすべてオリジナルで製作された。机いっぱいに並ぶ山盛りのチョコレートを前に、メンバーも「すごい!」「なにこれ!」と大興奮。表紙カットでは、その場でチョコレートを溶かし、ケーキやフルーツなどにメンバーがチョコをかけたり、食べたりして、スタジオ中がチョコレートの甘い香りに包まれた撮影となった。  グラビアでは、「Sexy Zone×Love×Chocolate 禁断のチョコレートトラップ」をテーマに、メンバーとチョコレートの魅力を掛けあわせた撮影を展開。昨年9月にデビュー7周年を迎えた彼らが、最近感じた「愛」についてや、特集にちなんだチョコレートに関した質問に答えるインタビューも掲載されている。  菊池風磨は「甘い言葉をあまり言わない自分は、チョコでいうならビターチョコ」と自身を例え、「見た目から味わいを想像しても実際には違って驚いたりと、チョコレートにはだまされがち」な佐藤勝利や、「毎年バレンタインにはメンバーに手作りのお菓子を贈っていて、今年はチョコレートを使って作ろうかなぁ」というマリウス葉など、メンバーそれぞれの思いを語っている。さらに、「メンバーをチョコレートに例えるとカカオ何パーセント?」という質問で、メンバーがお互いをどう思っているかが垣間見える回答にも注目だ。  Sexy Zoneが表紙を飾る「anan」2135号は、マガジンハウスより発売中。

  • 1月27日スタートの『アオハル(青春)TV』にSexy Zone菊池風磨&佐藤勝利がレギュラー出演!

    セクゾ菊池風磨&佐藤勝利、『アオハルTV』レギュラー出演決定

    エンタメ

     Sexy Zoneの菊池風磨と佐藤勝利が、1月27日スタートのバラエティ番組『アオハル(青春)TV』(フジテレビ系/毎週日曜21時)にレギュラー出演することが決定した。今回の出演に菊池は「僕らの熱が伝わればいいな」、佐藤は「ワクワクする気持ちでいっぱい」とコメントを寄せている。@@cutter ヒロミがMCを務め、菊地、佐藤のほかDAIGO、ビビる大木もレギュラー出演する同番組は、「何かに一生懸命な人」を「アオハル(青春)な人」とし、全国のそんな人たちを紹介。また、菊池と佐藤が地上波のバラエティ番組にレギュラー出演するのは、2010年から15年に放送された同局の『超潜入!リアルスコープHYPER』以来となる。  菊池は、当時を振り返り「10代の頃は、未熟すぎて周りの方にすごく迷惑をかけてきてしまったと思います。そんな自分たちを最初に起用してくださったフジテレビさんには大変ご恩がありますので、成長した姿で恩返しすると同時に視聴者の方にそういった僕らの熱が伝わればいいなと思っています」と気合いを見せる。  レギュラー出演を聞いた佐藤は、「“まさか”と思いました。と同時に、“日曜よる9時?朝じゃなくて?”」と驚いたことを告白。菊池とふたりでの初レギュラーについては、「本当に心強いですね。よくライブのMCで場をつながなくてはいけないときに風磨くんと、自然と2人でまわしたりするときもあるので、そういった意味では勝手が分かっています。僕たち2人でしか出せないコンビネーションを見せていきたいと思っています」と日頃から息のあった様子を見せる一幕も。「この番組を見て、“やりたいことを思う存分やりたい”という気持ちになるきっかけになってほしい」とアピールしている。  『アオハル(青春)TV』は、フジテレビ系にて1月27日より毎週日曜21時放送(初回は2時間スペシャルで20時より放送)。

  • 日本テレビ『24時間テレビ41』制作発表会見にて(手前一番右がSexy Zoneの松島聡)

    セクゾ松島聡、アイドルでいるべき理由を教えてくれたのは「熊本県の皆さん」

    エンタメ

     アイドルグループのSexy Zoneが9日、メインパーソナリティーを務めるチャリティー特番『24時間テレビ41 愛は地球を救う』(日本テレビ系)の制作発表会見に出席。同番組の今年のテーマにちなんで人生を変えてくれた人を問われ、松島聡は「熊本県の皆さん」と回答。交流を通じて「僕がアイドルとしているべき理由を感じ取った」と明かした。@@cutter 同番組は、毎年夏に生放送されるチャリティー番組。41回目を迎える今年は「人生を変えてくれた人」がテーマ。会見に先立って行われた『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)の生中継では、『24時間テレビ』内のスペシャルドラマにて、中島健人が主人公の漫画家・石ノ森章太郎を演じることが発表された。  会見にはメインパーソナリティーを務めるSexy Zoneの中島、菊池風磨、佐藤勝利、松島、マリウス葉の5名のほか、木村佳乃や南原清隆、出川哲朗、みやぞん、徳光和夫、アナウンサーの羽鳥慎一と水卜麻美が出席。会見前に行われた『ヒルナンデス!』の生中継にはブルゾンちえみも参加した。  番組テーマにちなんで、人生を変えてくれた人を問われた中島は「二人のJ」と答え、「一人目はジャニーさん。僕がジャニーズに入れて、こうしてSexy Zoneとして活躍できるのはジャニーさんのおかげ。もう一人のJは僕のじいちゃん。僕はもともと漫画が大好き。うちの祖父が漫画を貸し出してくれて、ちょっと試しに漫画を描いたりしていた。昔から石ノ森さんの役作りをしていたのかな」と語った。  同じ質問を受けた松島は、「熊本県の皆さん」と回答。「以前、取材で被災地の益城町に伺った際、『Sexy Zoneが大好きです。いつもSexy Zoneの音楽を聞いて元気をもらっています』とおっしゃってくれた。その言葉と表情が、僕がアイドルとしているべき理由を感じ取った瞬間だった」と告白。「今、この瞬間もさまざまな困難に向かって頑張っている方がいる。僕らの言葉や音楽の力を届けられれば」と話した。  スペシャルサポーターの南原は、映画学校時代の講師だった「内海好江師匠」と答え、「学生で2、3年ブラブラして田舎に帰ろうと思っていたら、好江師匠が『あなたたち、もうちょっとやりなさい。オーディションを受けなさい』と言われて受けたのが、ここ日本テレビの『お笑いスター誕生!!』だった」と述懐した。  『24時間テレビ41 愛は地球を救う』は、日本テレビ系にて8月25~26日放送。

  • ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』で主演をつとめる菜々緒

    『Missデビル』初回、菜々緒の真骨頂・悪魔役に絶賛の声!

    エンタメ

     女優の菜々緒が初主演のドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の第1話が14日に放送された。菜々緒が真骨頂とも言えるダーク・ヒロインを演じ、「私の見たい菜々緒が詰まってた最高」「菜々緒かっこよすぎ。もはやほんまに生きてんの?て感じ」と大きな反響を呼んだ。@@cutter 老舗の損害保険会社「共亜火災」に入社することになった博史(佐藤勝利)は、就職活動中に仲良くなった真冬(白石聖)や南雲(前田航基)、関内(山本直寛)とともに、入社式の日を迎えた。共亜火災で待ち受けるのは、「社員は家族」をモットーする会長の喜多村(西田敏行)と何を考えているかわからない社長の大沢(船越英一郎)、心優しい人事部長の千紘(木村佳乃)、そして大沢の抜擢でやって来た人事コンサルタントの椿眞子(菜々緒)。博史たちは、入社翌日から眞子による2週間の新人研修を受けることになったが、最初から「退職願い」を書くよう要求されたり、ランニングや穴掘りなど一見無意味な研修ばかりをやらされ…。  菜々緒が演じる眞子は、「人事の悪魔」と呼ばれる豪腕コンサルタント。ミニスカートに赤いヒールで惜しげもなく美脚を見せつけ、鋭い視線で会社の問題を解決していく。さらに、その美脚でドSなキックを食らわすなどアクションにも挑戦している。そんな眞子の姿を視聴者が絶賛。放送終了後には、「菜々緒って悪役よくやるけどなんか嫌いになれないむしろ好きだわ」「菜々緒さんが美し過ぎの御御足が長くて素敵過ぎました・・・ 最後の方はスカっとした!」「かっこよかったー菜々緒の体と変わりたい」といったコメントが多数寄せられた。  また一方で、初めて社会人役を演じるSexy Zone・佐藤の自然な新入社員っぷりも高い評価を集めた。ネットには「勝利さんに、ピッタリな、お役だね~」「勝利くんめっちゃかわいいから、次も楽しみ!」「勝利くんが完全にヒロイン。追い詰められると美しさが増す。サラリーマン役の勝利くん学生役よりかわいさが増してる気がする」「本気で椿眞子にぶつかるろしひくん、ほんとにかっこよかった!!」という声が集まり、次週に期待が寄せられている。

  • 藤田ニコル、「新成人が選ぶ一緒にドライブに行きたい新成人」ランキング総合第1位に。第2位に桜井日奈子、第3位に杉咲花がランクイン

    藤田ニコル、一緒にドライブに行きたい新成人第1位に 桜井日奈子&杉咲花もランクイン

    エンタメ

     モデルでタレントの藤田ニコルが、「新成人が選ぶ一緒にドライブに行きたい新成人」ランキングで総合第1位に選ばれた。トップ3には、映画『ママレード・ボーイ』の公開を控える女優の桜井日奈子と、昨年公開された映画『メアリと魔女の花』などで知られる女優の杉咲花がランクイン。上位を女性タレントが占める結果となった。@@cutter 今回の結果は、ソニー損害保険株式会社が、今年の新成人(同じ学齢:1997年4月2日~1998年4月1日生まれ)に、一緒にドライブに行きたい新成人となる有名人を複数回答で聞いた、1000名の有効サンプルに基づくもの。総合1位は、バラエティ番組などで活躍する藤田(21.7%)。総合2位には多数のCMや映画に出演している桜井(21.1%)がランクイン。以下、杉咲(3位:12.2%)、モデルの玉城ティナ(4位:10.0%)、HKT48・AKB48の宮脇咲良(5位:9.3%)が続いた。  男女別に見ると、男性が一緒にドライブに行きたい相手のトップ3は、1位が桜井(30.8%)、2位が藤田(14.6%)、3位がモデルで女優の武田玲奈(13.6%)となった。そのほか、宮脇(4位:12.6%)や、昨年に『インフルエンサー』でレコード大賞に輝いた乃木坂46の星野みなみ(5位:10.8%)、『君の名は。』などで知られる女優で歌手の上白石萌音(6位:8.2%)が上位に名を連ねている。  一方、女性が一緒にドライブに行きたい相手のトップ3は、1位が藤田(28.8%)、2位が杉咲(16.8%)、3位が玉城(12.4%)という結果に。そのほか、Sexy Zoneの松島聡(4位:11.8%)や、シンガーソングライターの井上苑子(6位:9.2%)、ジャニーズJr.の森本慎太郎(7位:8.8%)が選ばれている。

  • 『未成年だけどコドモじゃない』初日舞台挨拶に登壇した平祐奈

    中島健人、幼少期から王子! 秘蔵写真公開にファン絶叫

    映画

     Sexy Zoneの中島健人と平祐奈が、英勉監督と共に、23日に都内で開催された映画『未成年だけどコドモじゃない』の初日舞台挨拶に登壇。中島は、“ぎこちない笑い”を浮かべた幼少期のクリスマスの写真を披露したほか、プレゼントとして修二と彰の『青春アミーゴ』のCDをお願いした過去を明かした。@@cutter 水波風南による同名漫画を基にする本作は、世間知らずなお嬢様・折山香琳(平)が、一目ぼれした成績優秀・スポーツ万能な学校一のイケメン・鶴木尚(中島)や、幼なじみの海老名五十鈴(知念侑李:Hey! Say! JUMP)と織りなす恋模様を描く。  中島は初日を迎えた心境を「この作品を作っている期間から、みせコドのキャスト、そしてみせコドのスタッフさん、オールみせコドキャストで、ずっとこの日まで走ってきたので、この愛のバトンが皆様に渡ったということがとても幸せです」とスピーチ。  一方の平は「うれしいと同時に、すごく緊張していて。昨日は電車を乗り間違えちゃうし、シャンプー2回しちゃうし、歯磨き粉で顔を洗おうとしちゃったし、ずっとあたふたして大変でした」と照れ笑い。舞台挨拶でも緊張は拭えなかったと明かし、これを受けた中島は「緊張しているの? 愛梨ちゃん!?」と投げかけ、平は「祐奈だよ!」とお決まりの姉妹ネタを見せて会場を沸かせた。  中島と平が小さいころのクリスマスの写真を披露する一幕も。中島は雪だるまの隣で足を組んで微笑む姿を収めた、王子感あふれる写真を披露し、「ぎこちない笑い方」と自嘲。幼いころに頼んだプレゼントの思い出を聞かれると、「もうジャニーズを志していたので、修二と彰さんの『青春アミーゴ』(のCD)をくださいって手紙に書いて。そしたら翌日に来たんですよ」と回答。「24日の夜10時くらいに書いたものですから、サンタさんも焦ったでしょうね。それも青春でした」と話して、平や英監督を笑わせていた。

  • 『未成年だけどコドモじゃない』完成披露試写会にて

    中島健人、王子節で観客を魅了! 顔に蚊が止まるハプニングも告白

    映画

     中島健人(Sexy Zone)、知念侑李(Hey! Say! JUMP)、平祐奈、山本舞香、英勉監督が、29日に都内で実施された映画『未成年だけどコドモじゃない』の完成披露試写会に登壇した。中島は撮影での印象的な出来事として、あるシーンで自身の顔に蚊が止まったまま撮影したことを挙げた。@@cutter 世間知らずなお嬢様・折山香琳(平)が、一目ぼれした成績優秀・スポーツ万能な学校一のイケメン・鶴木尚(中島)と、自身に想いをよせる幼なじみの海老名五十鈴(知念)と織りなす恋模様を描く本作。中島は作品の感想を聞かれると、「本当に面白くて、思いっきり笑えて、すごくキュンと来た」と絶賛。1度目を見た後すぐに2度目を見たくなったそうで「何度も見たくなる作品だったので、早くここにいる花嫁たちにプレゼントしたいです」と、会場に詰めかけたファンに向かって“王子”節を炸裂させた。  撮影中の印象的な出来事を問われると、勉強をしているシーンを挙げ「顔に蚊が止まっているんですよ。蚊が止まっていて、カットされて、もう一回撮り直すのかなと思っていたんですね。そしたら監督が『OK!』って仰ったんです」と述懐。そのシーンでは平が蚊を取ってくれたことも明かし、「これきっと使われないだろうなと思ったら、英監督が『OK!』っていう風に仰って、『大丈夫かな?』と思ったんですけど、仕上がり見たら、すごく自然で素敵なシーンになっている」と感心していた。  「トキメキがたくさん詰まっていて、お尻が浮いていく感覚でした」と独特な表現をした平は、中島に「無重力の状態ですか?」と聞かれると、「胸が弾みすぎて、お尻が上がってきちゃって(笑)。皆さん気を付けて。お隣の人と腕を組んで見てください!」とニッコリ。一方の知念は、中島と平の共演シーンについて「映画が完成して見た時に、『うわ、なんだこの2人の雰囲気は』と。ちょっと僕が嫉妬しちゃうくらい、すごい素敵な雰囲気で。ちょっと嫉妬。本当に嫉妬ですよ」と語って会場を沸かせていた。  映画『未成年だけどコドモじゃない』は12月23日全国公開。

  • 中島健人×知念侑李×平祐奈、映画『未成年だけどコドモじゃない』

    中島健人&知念侑李『未成年だけどコドモじゃない』予告編、主題歌はHey! Say! JUMP

    映画

     Sexy Zoneの中島健人とHey! Say! JUMPの知念侑李、平祐奈による映画『未成年だけどコドモじゃない』の“胸キュン”な予告編映像が解禁。併せて、本作の主題歌がHey! Say! JUMPによる「White Love」に決まったことが発表された。@@cutter 本作は、結婚から恋愛をスタートさせるという、これまでの少女漫画とは異なる展開が人気の水波風南原作による青春恋愛ストーリー。何不自由なく育てられたお嬢様・香琳(平)は、16歳の誕生日に両親から初恋の相手で学校イチのモテ男・尚(中島)との結婚をプレゼントされる。しかしその後、幼なじみの五十鈴(知念)から“離婚”するように迫られ、尚の元カノ(山本舞香)も登場し…?  待望の予告編は、教会で“誓いのキス”を迫られる香琳と尚の結婚式から展開。しかし、尚から「オレたち結婚したけど、夫婦じゃないから」と衝撃的な一言を告げられてあたふたする香琳や、「ずっとずっと好きだった」と五十鈴が彼女へ告白するシーンなどが描かれ、3人を中心とした“波乱万丈”な恋愛模様が垣間見える。  また、予告編の後半からはこのたび発表された主題歌「White Love」も流れ、たった一人に向けた誓いを歌ったという楽曲が、本作への期待をさらに高める。  映画『未成年だけどコドモじゃない』は、12月23日より公開。

  • 芳根京子、『心が叫びたがってるんだ。』完成記念プレミアイベントに浴衣で出席

    Sexy Zone中島健人、芳根京子からの質問に“王子な”回答「俺に最後の日はない」

    映画

     Sexy Zoneの中島健人が、5日に都内で実施された映画『心が叫びたかってるんだ。』の完成記念プレミアイベントに、共演の芳根京子、石井杏奈、寛一郎、熊澤尚人監督らと出席。芳根は中島に「最後の晩餐に何を食べますか?」と質問したところ、「俺に最後の日はない」と言われたことを明かした。@@cutter 本作は、2015年に公開した同名アニメ作品の実写版。劇中では、過去の経験によって言葉を発することができなくなった女子高校生の成瀬順(芳根)が、クラスメイトの坂上拓実(中島)らと織りなす恋模様が描かれる。  この日、あいにくの雨模様を受けた中島は「空が感動の涙に包まれています」とキメ顔でジョークを飛ばし、「今観客に伝えたいことは?」と聞かれると、「(芳根ら)皆さんの浴衣がキレイすぎて何も言えませんね」と語って会場を沸かせた。  そんな中島と共演して、印象的だったことを聞かれた芳根は「常に王子様なので、ほんまもんやなあって思いました」とニッコリ。また思い出を聞かれると、秩父でのロケが雨だったことを述懐。「どうなるんだろうなと思ったら、中島さんが秩父に入った瞬間に、晴れたんですよ。みんなで『うわー来たー! 晴れ男が来たぞー!』って言ってたんですけど、今日は…あれ?」と愛のあるイジリをみせた。  一方の石井は、疲れた表情を見せない中島に「辛い事とかあるんですか?」と聞いたことを振り返り、「『俺の人生はすべてハッピーエンドだからそんなことないよ』って。すばらしいなと思いました」とコメント。続けて芳根は、もう一つのエピソードを披露。「最後の晩餐に何を食べますかって質問したら、『俺に最後の日はない』って。で、私が『ごめんなさい。質問を間違えました。好きな食べ物は何ですか?』って聞いたら、『お米』って言われました」と明かし、これを聞いた中島は「やめろよ~。なんでだよ急に」と照れ笑いを見せていた。  映画『心が叫びたかってるんだ。』は7月22日より全国公開。

  • 佐藤勝利×橋本環奈、『ハルチカ』予告編&ポスタービジュアル解禁

    佐藤勝利×橋本環奈、『ハルチカ』予告編&ポスタービジュアル解禁

    映画

     佐藤勝利(Sexy Zone)と橋本環奈がW主演する映画『ハルチカ』の予告編&ポスタービジュアルが完成し、公式サイトで公開された。予告編では気が弱くて泣き虫なハルタ(佐藤)と、気が強くて負けず嫌いなチカ(橋本)の2人が廃部寸前の吹奏楽部を立て直そうと奔走する姿を映し出している。ポスタービジュアルでは、ハルタとチカがバスの車中でキス寸前まで顔が近づく“窓ドン”が描かれている。@@cutter 本作は、初野晴による青春小説シリーズが原作。高校の入学式で運命的な再会を果たしたハルタとチカが、吹奏楽部に入り音楽を通して気持ちをつなげてゆく姿を描く。メガホンをとるのは、『箱入り息子の恋』(13)で繊細かつ温かい人間ドラマを描き、『僕らのごはんは明日で待ってる』の公開も来年1月に控える市井昌秀。映画オリジナルストーリーとして、幼なじみであるハルタとチカのキャラクターと関係性を軸に、音楽が恋愛や友情をつなぐ『ハルチカ』ワールドを作り上げる。  小学校3年生の時にハルタが引っ越してしまうまで幼なじみだった2人だが、高校入学式の日に運命的な再会を果たす。チカは吹奏楽部に入ろうとしたが、廃部寸前の危機。それでもチカは、大好きなフルートをあきらめきれずにホルン経験者のハルタを巻き込んで部員集めに走り回る。なんとか部の復活に漕ぎ着け、かつては将来を嘱望される指揮者だった顧問の草壁(小出恵介)による指導のもと、コンクール出場という一つの目標に向かってひたむきに突き進むが、様々な悩みから部員たちの心はすれ違っていく…。  映画『ハルチカ』は2017年3月4日より全国ロードショー。

  • 橋本環奈、フルートを吹く映画『ハルチカ』メイキングカット

    橋本環奈、フルートを吹く姿解禁! セクゾ佐藤はホルン初挑戦で「感動しています」

    映画

     大ヒット青春小説「ハルチカ」シリーズを、佐藤勝利(Sexy Zone)×橋本環奈W主演で実写映画化する『ハルチカ』にて、橋本がフルートを吹く美しい劇中写真&メイキングカットが解禁。また上白石萌歌、前田航基、清水尋也らの新キャストも発表された。@@cutter 作家・初野晴によるシリーズ累計56万部を超え、アニメ化もされた大人気青春小説シリーズ「ハルチカ」を映画化した本作。頭脳明晰にしてホルン奏者というモテ系美男子・ハルタ(佐藤)と、少し気は強いがまっすぐで明るい女子高生・チカ(橋本)が吹奏楽を通して気持ちをつなげてゆく純愛ストーリーが描かれる。  W主演の二人はそれぞれホルンとフルート初挑戦。佐藤は「本当に吹けるのかすごく心配でしたが、最初の練習で早速音を出すことができた時はとても嬉しかったのを覚えています」と撮影時の苦労を明かしながらも、「そして何より、清水北高吹奏楽部として一つの音楽を奏で、一つの映画を作ることができることにとても感動しています」と手応えを感じている様子。  また橋本も「私自身負けず嫌いなので、やっているうちに『もっともっと上手くなりたい』という思いが強くなり、とにかく一生懸命練習しました」と振り返っている。  また追加キャストも一挙に発表され、『奇跡』『セーラー服と機関銃 –卒業-』に続き橋本と3度目の共演となる前田航基、『5→9~私に恋したお坊さん~』の恒松祐里、『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』の清水尋也、ミュージカル『赤毛のアン』の上白石萌歌、『おおかみこどの雨と雪』『トイレのピエタ』などに出演した平岡拓真、今回オーディションで抜擢された若手・二階堂姫瑠らが名を連ねている。

  • 黒島結菜、ドラマ『時をかける少女』完成披露試写会に出席

    菊池風磨、“時かけ”能力で「高校時代に恋をしたい」 黒島結菜は「撮影前に戻りたい」

    エンタメ

     7月9日スタートの日本テレビ系ドラマ『時をかける少女』の“学生服限定”完成披露試写会「真夏の文化祭」が3日、都内体育館にて行われ、キャストの黒島結菜、菊池風磨(Sexy Zone)、竹内涼真が登壇。冒頭、黒島がドラマさながら(!?)に、テレビモニターの中から“瞬間移動”でステージに現れるというマジックを披露、つめかけた観衆を湧かせた。@@cutter 幾度となく実写映画化、アニメ化、舞台化されてきた青春SFファンタジー小説の名作が、発表から50年の時を経て、新たに連続ドラマ化。本作では、主人公の少女「未羽」(黒島)の目線に加えて、未来から来た少年「ケン・ソゴル」(菊池)の目線から見た物語も同時に進んでいく。  3人は今回が初共演だが、この日の舞台挨拶でも序盤からクロストークが展開するなど、すっかり息の合った様子。竹内は「3人が幼馴染の役ということで、その雰囲気を出すにはどうしたらいいかと考えていたところ、風磨くんが『敬語はやめよう』と言ってくれたので…」と明かし、それ以来気兼ねなく話せるようになったという。  それぞれの高校時代を振り返ったトークでは「高校生活は意外と地味でした」という黒島。一番の思い出は「毎週金曜日に必ず友達とアイスを食べたこと」と明かした。  もしタイムリープができる能力を身につけらたらと問われると、「今、本当に心からクランクイン前に戻りたいです!」と黒島。撮影はすでに折り返しを過ぎているというが、「現場が楽しすぎて、あと半分もないと思うとさみしくて…」とその理由を明かした。その楽しい雰囲気を作ってるのは菊池か竹内かと場内が興味津々の中、黒島が「私です!」と一言。それに「間違いない」と同意する二人。ここでも息の合ったところが垣間見えた。  一方菊池は、「自分の高校時代に戻りたい」と話す。「中高6年間男子校だったので、このドラマのような男女間のやりとりがなくて…。共学を経験したい、そして恋をしたいな」と。どんな恋か気になるところだったが「ただ片思いをしたいです」と話した。  最初に本作のアニメ版から入り、その後原作を読んだり映画も観たという菊池。「時代時代によって違う『時をかける少女』が生まれているんだなと思いました」という。それを踏まえ「僕たちらしさ、この時代ならではの『時をかける少女』を作れたらいいなと思います。今日一話を観てなんだかじーんと来たというか、俺らの『時をかける少女』になってるなと思いました」と感慨深げに話した。  ドラマ『時をかける少女』(全5話/毎週土曜21時)は、日本テレビ系にて7月9日より放送スタート(初回は20分拡大)。

  • 加藤シゲアキ、『時かけ』先生役・EDテーマ・小説執筆でトリプルオファー!「ご期待ください」

    NEWS加藤シゲアキ、『時かけ』先生役・EDテーマ・小説執筆でトリプルオファー!

    エンタメ

     NEWSの加藤シゲアキが、黒島結菜、菊池風磨(Sexy Zone)らが出演する筒井康隆原作のドラマ『時をかける少女』に、出演することが決定した。また、同作のエンディングテーマをNEWSが担当することに加え、「タイムリープという設定を絡めたもの」というテーマのもとに短編小説を発表することも明らかになった。@@cutter 原作発表から半世紀を経て、再びドラマ化される筒井康隆原作のドラマ『時をかける少女』。既に発表されている、黒島結菜、菊池風磨(Sexy Zone)、竹内涼真、吉本実憂というキャスト陣に、NEWSの加藤シゲアキが加わることが決定した。さらにエンディングテーマをNEWSが担当することに加え、加藤の短編小説が発表されることも明らかとなった。 【関連】『時をかける少女』黒島結菜フォトギャラリー  加藤が演じるのは、高校の数学教師・矢野和孝役。黒島演じる主人公の芳山未羽や菊池演じる深町翔平たちのクラス担任という設定で出演する。また、加藤が所属するグループNEWSが歌う本作のエンディングテーマは、NEWSのニューシングルとなる「恋を知らない君へ」。“ひと夏の究極にせつない恋” を歌ったラブ・バラードとなっている。  さらに作家としての活動する加藤は、本作の出演に合わせてKADOKAWAのエンターテインメント小説誌『小説 野性時代』にて『時をかける少女』へのオマージュ作品として「タイムリープという設定を絡めたもの」というテーマのもと短編小説『おれさまのいうとおり』を執筆することが決定。加藤のSF作品は、自身の短編集『傘をもたない蟻たちは』に収録されている短編『イガヌの雨』に続き2作目となる。  今回演じる矢野という人物を、加藤は「実は芯に熱い部分があって、内に秘めた複雑な思いが回を重ねるごとに見えてくる人物です」と分析。さらに「偉大な原作の持つ“青春の甘酸っぱさと切なさ”に、現代ならではの新しさを加えた、今年の夏にぴったりの作品です。原作を知っている方も知らない方も楽しんでいただける、そんなドラマになると思います。是非、ご期待ください」とドラマをアピールしている。    『時をかける少女』は、日本テレビ系列にて7月より土曜21時より放送。

  • 日本テレビドラマ『時をかける少女』主演の黒島結菜

    黒島結菜『時をかける少女』連ドラで初主演! 未来人ケン・ソゴル役はセクゾ菊池風磨

    エンタメ

     1965年の原作発表以来、幾度となく実写映像化・アニメ化・舞台化されてきた筒井康隆作『時をかける少女』が、日本テレビ7月クールの連続ドラマとして実写化されることが分かった。連続ドラマ初主演となる黒島結菜が時を自在に行き来する能力を身につけた少女・芳山未羽(よしやま・みはね)、その芳山と恋模様を展開する2122年から来た未来人・深町翔平役に菊池風磨(Sexy Zone)が扮する。@@cutter “青春小説の金字塔”と評される原作は、これまで物語の舞台が変わったり、原作主人公の姪がメインになったり、映像化されるたびに違った切り口で描かれてきたが、今回のドラマ化では少女だけではなく、未来人ケン・ソゴル側から見たストーリーも丁寧に描く新しい試みに挑戦。彼はなぜ未来から2016年に来たのか?現代での生活をどう感じているのか?少女のどこに恋をしたのか?といった今まで描かれてこなかった“丁寧な心理描写”を打ち出している。    理科実験室でラベンダーの香りをかいでから手に入れた“時を自由に超える能力”にはじめは戸惑うも、能力を使って起こる様々な出来事を通して自分を見つめなおしていく少女を演じる黒島。何度も映像化された本作への主演に「皆さんが知っている作品に出演できるのが有難く、プレッシャーよりも頑張ろうという気持ちが大きい」と前向きな姿勢を見せている。  未来から来た優秀な研究者で、皆に催眠をかけ、かりそめの家族・友人の中に入り込んで生活している未羽のクラスメイト・深町という難役を演じる菊池は、「今の自分にできることを全て出し切れるよう努めたいと強く思っています」と気合十分。「日本の四季の美しさや、淡い恋物語、人の温もり等、今の我々が忘れかけている幸せをお伝えできるように頑張ります」と作品の魅力を語った。  土曜ドラマ『時をかける少女』は日本テレビ系にて7月放送。

  • 『ハルチカ』実写映画に佐藤勝利&橋本環奈W主演決定。

    セクゾ佐藤勝利&橋本環奈W主演! 大ヒット青春小説『ハルチカ』シリーズ実写化決定

    映画

     Sexy Zoneの佐藤勝利と橋本環奈が、初野晴による大ヒット青春小説『ハルチカ』シリーズの実写映画『ハルチカ』でW主演を務めることがわかった。佐藤にとって本作は、映画初出演にして初主演作品となる。@@cutter 本作は、幼馴染のハルタとチカが、高校内で起こる様々な事件を解決しながら、弱小吹奏楽部のメンバーを集め、コンクール出場を目指す、大人気シリーズ初の実写映画化作品。2016年1月からはTVアニメ化もされており、原作はシリーズ累計55万部を超えるヒットを記録している。   頭脳明晰にして、ホルン奏者というモテ系美男子高校生・ハルタを演じる佐藤は、「主演が決定した時は、とても嬉しくて胸が踊りました。その日の夜には近くの本屋に息を上げながら走っていき、原作の『ハルチカ』シリーズを購入したくらいです」と初主演を喜ぶと、「金管楽器が奏でる音楽。キャスト。青春ストーリー。この全てがキラキラしています。観て頂いた後、きっと皆様がキラキラに輝きます!」と作品をアピールした。  一方、ハルタの幼馴染で、まっすぐで明るい、フルート初心者の女子高生・チカを演じる橋本は、「私も現役の高校生として、過剰な作り込みはせずに等身大の自分が持っている感性や想いを率直に表現し、自然体で臨みたいと思います」と役柄について話すと、「より自然体の橋本環奈を演じますチカを楽しみにしていて下さい!」とコメントを寄せた。  4月中旬からのクランクインに向けて、現在、佐藤と橋本は担当楽器の猛練習中という。現役10代の二人が見せる、等身大の高校生に期待が高まる。  映画『ハルチカ』は2017年、全国ロードショー。

  • 『黒崎くんの言いなりになんてならない』完成披露舞台挨拶に登壇した千葉雄大

    セクゾ中島健人&千葉雄大、シャワーシーンでのドS指令に「あんなキワキワまで…」

    映画

     中島健人(Sexy Zone)が1日、都内で開催された映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』の完成披露舞台挨拶に、共演の小松菜奈、千葉雄大、高月彩良、岸優太らと出席。映画にまつわるトークを繰り広げ、ドキリとする発言で女性ファンが多く詰めかけた会場を盛り上げた。@@cutter 本作は、累計120万部を超える同名少女漫画を原作としたラブストーリー。“悪魔級ドS男子”、「黒悪魔」こと黒崎晴人と、黒崎に「絶対服従」を命じられて翻弄されるヒロイン赤羽由宇を中心に、“エロキュン”な学園ドラマが展開される。  黒崎を演じる中島は、「(舞台挨拶の間)僕らの言いなりになってください」と挨拶。「ラブストーリーは初めて」ということだが、「自分が出ている映画にもかかわらず、すごい胸キュンしちゃいました。一つひとつのシーンにしっかりエロキュンシーンがあるので興奮する」と感想を述べた。  ヒロイン・赤羽役の小松菜奈は、中島と千葉が顔を近づける“千葉ドンシーン”に「すごい衝撃を受けた。そういう映画だったかな…」とアタフタしたことを明かしてニコリ。二人のイケメンに挟まれる役どころについて、「“翻弄される側”を楽しく演じさせて頂きました」と満足気な様子を見せた。  また、中島は劇中のシャワーシーンについて「あんな風に上から喉元に当てて“アチー!”とシャワーを浴びるのは初めて。しかもあんなキワキワまで…」と監督やプロデューサーから、バスタオルをギリギリまで下げるドS指令が下ったことを告白。千葉も監督から「“エロく浴びてください”と指示された」と語り、ボディーソープのCMをイメージして艶やかに演じたという。  舞台挨拶終盤には、中島が黒崎になりきって、渋い声で「お前はおれの奴隷だ。この映画を観たら、お前は俺の彼女だ」とドSな挨拶で締めくくり、来場した女性ファンから黄色い悲鳴を浴びた。  映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』は、2月27日より全国ロードショー。

  • 『黒崎くんの言いなりになんてならない』クランクアップ時の様子

    セクゾ中島健人、映画『黒崎くん』で「いい青春を作れた」 千葉雄大も撮影終了に涙

    映画

     Sexy Zone・中島健人が“悪魔級ドS”男子に扮する主演映画&スペシャルドラマ『黒崎くんの言いなりになんてならない』がクランクアップを迎えた。人気同名コミックの実写化となる本作で、「いい青春を作れた!」と語る“黒悪魔”こと黒崎晴人役の中島のほか、ヒロイン赤羽由宇役の小松菜奈、黒崎くんの親友である“白王子”白河タクミ役の千葉雄大らが、全撮影を終了した心境を語った。@@cutter 本作は、数ある人気少女漫画の中でも「映像化が困難」と言われた過激なシーンを映し出し、恋のもどかしさを描いた“エロキュン”ラブストーリー。映画と2夜連続スペシャルドラマでの展開が決定しており、10月から約1ヵ月に渡りオールロケで撮影を実施。クランクアップを迎えた瞬間、現場には歓声と笑顔が溢れ、最後の挨拶では千葉が感極まって思わず涙する場面もあったという。  撮影を終え、中島は「みんな仲が良くて、それぞれ本当に素晴らしい個性をもったキャストの皆さん、素晴らしいスタッフさん、そして監督、最高の力が結集して、いい青春をつくれたと思います。終わってしまうのがすごく寂しいです」と現場を振り返り、「この現場での楽しかった日々、みんなが頑張る姿や表情、スタッフさんの仕事に取り組む姿勢や監督の熱意を忘れずに、全部吸収して次の未来に繋げていこうと思います」と、意気込みを語った。  小松も「現場は、和気あいあいとしていて、毎日楽しく行かせてもらいました。もう終わってしまうんだな、と思うと寂しいですが、みんな揃ってクランクアップできると思うと、とても嬉しいです」とコメント。そして千葉は「完成を早くみたいシーンもたくさんあるので、公開が楽しみな映画だなと思いました」と述べつつ「やばい…どうしよう…。すごく楽しかったです。ありがとうございました!」と涙を浮かべて挨拶した。  映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』は2016年2月27日公開。スペシャルドラマは映画公開に先駆け、日本テレビ系にて12月22日24時19分・23日23時59分スタートの2夜連続放送。

  • 映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』 2016年2月27日全国ロードショー

    セクゾ中島健人、“悪魔級ドS”に 小松菜奈&千葉雄大と人気漫画『黒崎くん』実写化

    映画

     「別冊フレンド」(講談社)にて大人気連載中の少女コミック『黒崎くんの言いなりになんてならない』の実写映画化が、決定した。主人公の悪魔級ドS男子・黒崎晴人役として中島健人(Sexy Zone)がラブストーリー映画に初挑戦するほか、ヒロイン・赤羽由宇役に小松菜奈、学園のスター・白河タクミ役に千葉雄大と、注目の若手俳優が顔を揃える。@@cutter 女子高生の由宇は、突然の親の転勤で寮生活をすることとなり、同じく寮で暮らす学園のスター“白王子”こと白河との生活に浮かれるも、そこには“黒悪魔”と恐れられるドS男子・黒崎も住んでいた。副寮長を務める黒崎に逆らってしまった由宇は“罰”としていきなりファーストキスを奪われ、以後“絶対服従”する羽目となり…。  今回の映画化に際し、「誰からも愛されるキャラクターの彼が、実際の性格とは真逆の“ドSキャラ”を演じたらどうなるのか?」と、製作陣から白羽の矢が立ったのが中島。“中島健人×悪魔級ドS男子”という未知の化学反応に早くも期待が高まる。  その“ドSキャラ”を演じる中島は「映画のお話を頂いて、“恋愛劇”ができることがすごく嬉しかったです。映画に出演して、ご覧になる皆さんの胸をときめかせたい!という気持ちが強かったので、ご覧になるチャンスを頂けて感動しました」と喜びの声を上げる。  また、本作への意気込みを「映画でのラブストーリーは初めてなので全力で挑みたいです。“黒”要素というのが実際の自分にはないと思っていますが、もし少しでもあるとしたら、この役を通して見つけていくしかないなと。この映画で初めて“ブラックな中島”を見て頂けるんじゃないかなと思っています」と語っている。  映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』は2016年2月27日全国ロードショー。

  • 『アルジャーノンに花束を』 ヒロイン役の栗山千明を始め、豪華共演陣が発表

    栗山千明、山下智久主演ドラマのヒロインに! 窪田正孝、菊池風磨ら新キャスト発表

    エンタメ

     主演・山下智久、脚本監修・野島伸司のタッグで感動のベストセラー小説をTVドラマ化する『アルジャーノンに花束を』。今回、栗山千明、窪田正孝、工藤阿須加、菊池風磨(Sexy Zone)ら豪華キャスト陣の出演が決定し、久々にいしだ壱成(『ひとつ屋根の下』)、河相我聞(『未成年』)が野島作品に登場することもわかった。@@cutter 本作で山下は、28歳ながら知能は幼児並みの知的障害者であり、手術により天才的な知能を手に入れた青年・白鳥咲人に扮する。そんな咲人が恋心を抱く、“脳生理科学研究センター”勤務の女性・望月遥香には栗山千明。障害を抱える純粋な青年との出会いにより徐々に変わっていくヒロインを演じる。  今回、野島作品への参加する栗山は「私も野島さんの作品を見て育った一人です。特に子供の頃の私にとって野島さんの作品は刺激的でした。優しさ、切なさ、葛藤、怖さ…たくさんの感情を突き動かせてくれるドラマに心が震えました」と心境を吐露。  また、共演する山下については「リードしてもらっています。咲人さんは、どう思って、どんな反応をするか…特に最初の頃は現場に入るまで分からなかったのですが、遥香が優しくなれたり切なくなれる咲人さんでいてくれます。とても真面目に役と向かい合っている方なんだと思いました」と信頼を寄せている様子。  そのほかに、谷村美月、大政絢、草刈民代、中原丈雄(特別出演)、萩原聖人、石丸幹二らの出演も決定。数々のヒット作で主演を果たしてきた山下智久が不朽の名作に挑む新ドラマ『アルジャーノンに花束を』はTBSにて4月より、金曜22時枠で放送。

  • 『新ナニワ金融道』ヒット祈願イベントに出席した蓮佛美沙子

    中居正広、セクゾメンバーにお年玉 自身も「V6の坂本君と長野君に貰いました」

    エンタメ

     SMAPの中居正広とSexy Zoneの菊池風磨が13日、東京・赤坂の豊川稲荷で行われた人気ドラマ『新ナニワ金融道』ヒット祈願イベントに出席。蓮佛美沙子、綿引勝彦、桜庭ななみ、梶原善ら共演者と共に、ドラマの内容にちなんだトーク等が繰り広げられ、中居の懐にまで話は及んだ。@@cutter 中居は「お金を使う方ではないし、ダマされたこともない。お金がない事で揺れ動く経験もない」とカネにまつわるイザコザとは無縁であることをアピールしながら「でも比較的持っていますね。なんかスイマセン」とホクホクのお財布事情にニンマリしていた。  また、昨年末の紅白時にSexy Zoneメンバーにお年玉をあげたそうで、菊池が「当たりが一人だけ引けるようになっていて、松島が当たりました」と報告。中居は「メンバーに一人だけお金が少ない子がいて、皆10枚だけど、一人だけ違う10枚が入っている。その金額はヤラしいので言いません」とカラクリの説明をする。  そして、「V6の坂本君と長野君にお年玉を貰いました」と自身も貰っていたことを明かす中居。「(2人にお年玉を)あげたら、入れ替えただけと思うくらい、そのまま返って来た。でも凄く嬉しかったですね」と正月ならではの風物詩を楽しんだようだった。  漫画家・青木雄二さんの人気金融コミックを中居主演でドラマ化した、10年ぶりのシリーズ第7弾。帝国金融の灰原達之(中居)が、借金に苦しむ洋子(蓮佛美沙子)を助けるためにライバル会社・土壺金融の社長(ユースケ・サンタマリア)に立ち向かう様を描く。  中居の部下役で新加入した現在19歳の菊池は「まさか出られるとは思っていなくて、大先輩ばかりで緊張した」と喜びの声。パート1が19年前であることもあり、中居からは「まだ生まれてなかったもんね。でも生まれた時に始まってないのに“出られると思わなかった”って、あんまりピンと来ないね」と細かいツッコミが。先輩からの指摘に菊池は「シリーズって事なので……」と小さく答えていた。  フジテレビ系SPドラマ「新ナニワ金融道」は、1月24日21時放送。

  • 10年ぶりの新作『新ナニワ金融道』 お馴染みメンバーに加え、蓮佛美沙子ら新たな顔ぶれも

    中居正広主演『ナニ金』10年ぶりに復活 蓮佛美沙子、セクゾ・菊池風磨らも出演

    エンタメ

     中居正広主演で19年前に初めてドラマ化された人気シリーズ『ナニワ金融道』。その7作目となる10年ぶりの新作『新ナニワ金融道』が2015年に放送される。主演の中居をはじめとするお馴染みのキャスト陣に加え、今作では蓮佛美沙子、桜庭ななみ、菊池風磨(Sexy Zone)、小池栄子、ユースケ・サンタマリアといった新たな顔ぶれも登場する。@@cutter 10年間で、世の中の仕組みや債権回収についての法律は大きく変わり、お金を貸す側も借りる側もより厳しいご時世になったものの、具体的に何が変わったのか世間一般レベルでは意外に知られていない。だからこそ、久しぶりに『ナニワ金融道』が復活したという。  中居は10年ぶりの新作について「ドラマ中の社長(緒形拳)が亡くなられるなど、新作の実現は難しかったのですが、“いつもと同じ”と思える作品にするよういろいろな問題をクリアし、ついに10年ぶりにドラマができることとなったこと、非常にうれしく思います」と喜びを口にする。「おかげさまでスタッフも出演者も昔のままできました。感謝しています」と、他界した緒形拳氏は写真での登場ということではあるが、同じメンバーでの『ナニ金』復活の強い想いを覗かせる。  また、初出演にしてヒロインに抜擢された蓮佛は「親に言ったら喜んでくれたのが印象的です」と、自身も嬉しそうにコメント。中居演じる灰原が借金の取り立て先で出会う美女・孫野手洋子を演じる蓮佛だが、「お金を通して人間の奥底の愚かさみたいなところがわかってきて“怖っ!お金って!”と思いました(笑)」と、台本を読んだ時点で怖さが身に染みているようだ。  その他、実際の先輩後輩である菊池演じる最年少社員・大平隼人や、ユースケ・サンタマリア演じるライバル会社社長・土壺京一などの新キャラクターたちにも期待だ。

  • Sexy Zone中島健人、『さまぁ~ずの世界のすげぇにツイテッタ~』単独レギュラー出演!

    Sexy Zone中島健人、さまぁ~ず新バラエティに単独レギュラー出演!

    エンタメ

     男性ボーカルユニットSexy Zoneの中島健人が、12日より放送スタートとなるさまぁ~ずのドキュメント・バラエティー番組『さまぁ~ずの世界のすげぇにツイテッタ~』に単独レギュラー出演することがわかった。@@cutter 日本、そして世界のさまざまな分野で活躍する仕事人や人気者、あるいは知る人ぞ知る偉人たちに、タレント、俳優、アスリートなど今が旬の人気者たちが、“ツイテ”行き、その仕事ぶりや生き様を伝えるドキュメント・バラエティー。  12日の初回放送で中島は、スズメバチ駆除を行う千葉県にいる美しすぎる姉妹につい行く。24歳と22歳のうら若き姉妹のスズメバチハンターのポリシーは、「愛のある害虫(害獣)駆除」。大の昆虫好きの姉妹は、スズメバチを駆除するときも、蜂の苦しみが最小限になるように努めているとか。ちょっと変わった虫好き姉妹の駆除現場にお邪魔した中島が見たものは!?  ほかにも人気俳優・鈴木亮平が、ネパールの断崖絶壁で超貴重な蜂蜜を求めるハニーハンターへついて行き、その“すげぇ”仕事ぶりを目の当たりにするなど、初回からハラハラ、ドキドキの内容となっている。    Sexy Zone中島健人がレギュラー出演する『さまぁ~ずの世界のすげぇにツイテッタ~』はMBS・TBS系にて10月12日より毎週日曜22時放送。初回は22時15分よりスタート。

  • 『GTO』新シリーズの新ヒロインは、16年ぶりに髪を30センチも切って挑む比嘉愛未

    『GTO』新ヒロインは比嘉愛未!松岡茉優、菊池風磨ら全生徒役も解禁!

    エンタメ

     7月より放送開始する、EXILE・AKIRAが主演する連続ドラマ『GTO』新シリーズのヒロイン役と生徒役ら新キャストが発表された。@@cutter ヒロインの藤川ほなみ役に抜擢されたのは比嘉愛未。鬼塚が副担任として赴任することになった明修湘南高校・2年A組の担任役で、鬼塚の教師としての本質を目の当たりにし、徐々に惹かれていくが、鬼塚に関わる“ある事実”を知る事により、気持ちが揺れ動くという役どころ。  今回、役のために16年ぶりにトレードマークのロングヘアを30センチもバッサリと切り、気合十分の比嘉だが、初めてヒロイン役の話を聞いたときは「まさか自分に!?」と驚いたという。しかし、学生のころから毎週見ていて思い出のある作品ということもあり、「新シリーズという事でプレッシャーもありますが、参加させていただきとても嬉しいです」と喜びをかみしめた。  また、前作に引き続き、不良刑事・冴島俊行役の山本裕典と鬼塚との“絡み”も楽しみの一つ。さらに、生徒役も一新し、今最も注目されている男女24名を起用。『あまちゃん』での活躍が記憶に新しい松岡茉優、人気アイドルグループSexy Zoneの菊池風磨、モデル・女優として人気の三吉彩花、『獣電戦隊キョウリュウジャー』のキョウリュウレッド役で人気スターの仲間入りを果たした竜星涼、映画『魔女の宅急便』で主人公・キキを演じて話題を集めた小芝風花ほか、片寄涼太、堀井新太、木崎ゆりあ、新里宏太、岡本夏美、荒井敦史、佐野玲於、松浦雅、岡本カウアン、宮武美桜、松井愛莉らが出演する。  そのほか、小野武彦、風見しんご、丸山智己、田山涼成、城田優、黒木瞳の出演も決定している。  新キャストを迎えたドラマ『GTO』(毎週火曜22時)は、関西テレビ・フジテレビ系にて7月より放送開始。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access