平祐奈 関連記事

  • 平祐奈

    平祐奈、20歳解禁の炭酸で喉ガラガラ お酒挑戦は「だいぶ先」  

    エンタメ

     女優でタレントの平祐奈が12日、都内で自身の新作カレンダー「平祐奈 CALENDAR 2019.04-2020.03」の発売記念握手会に出席し、振り袖姿を披露した。20歳になってからは、初解禁した炭酸飲料に苦戦して「まだコップに入った1杯を飲みきったことがない」と明かし、お酒にチャレンジするのは「だいぶ先だと思う」と話した。@@cutter 今回のカレンダーは、20歳の誕生日(11月20日)に発売した写真集『Comme le Soleil』の秘蔵カットを掲載。ベトナムでの撮影は「(写真集も含めて)素の、10代のはしゃいでいる普段の私がありつつ、20歳の記念なので大人っぽい表情もある。カレンダーは『10代から20歳だよ』っていうイメージで、未成年から成人へという意味合いを込めて(各カットを)選びました」と自ら解説した。  お気に入りは、色あざやかなワンピースを着たカット。「カラフルなお衣装を着て、ラフなリラックスした状態をカメラマンさんがパシャッと撮ってくれた。普段の感じが写っているなと思って」と笑顔を見せた。  今回披露した振り袖について尋ねられると「『私もこの日が来たんだなぁ』という身が引き締まる思い」と述べ、「(自身の現状などが)私が想像していた20歳よりも子どもでした。けれど今日着物をまとってみると『大人っていう自覚をもたなきゃ』とあらためて思わされました」とコメント。両親からは「『まだ赤ちゃんだね』と言われた。末っ子なので、一番子どもだと思われていて。それに学生なので、変わらない扱いを受けてます」と明かした。姉・愛梨に着物姿の写真を送ると「スゴい美しいね。ゆうちゃんにピッタシだね」と返事があったとのこと。  20歳になってから炭酸飲料を解禁したという平。炭酸を飲んでから「ずっと咳が止まらなかった。最初は風邪だと思っていたけど、どうやら炭酸の影響で喉をダメにしてしまい」と話し、「炭酸がお酒みたいな感じ。まだコップに入った1杯を飲みきったことがない」と告白した。お酒は「飲めないです」とキッパリ。「挑戦するのはだいぶ先だと思う」と話した。  今年は「1日1日を大切にしていきたい。書き初めでは、『極』と書きました。今やっていることや学問、趣味、日本文化を極めていきたいです」と意気込んだ。また、今年5月から新元号に変わることに関して「スゴい不思議な感覚。寂しいような、でもワクワクしている気持ちもある。どんな元号になるのか楽しみ」と白い歯をこぼした。  『平祐奈 CALENDAR 2019.04-2020.03』は、発売中。

  • (左から)橋本マナミ、のん、ブルゾンちえみ

    橋本マナミ、のん、ブルゾンちえみ…2019年芸能人の晴れ着姿を一挙紹介

    エンタメ

     新年を迎え、女優ののんや橋本マナミ、お笑い芸人のブルゾンちえみら数々の女性芸能人が、自身のインスタグラムで新年のあいさつと晴れ着ショットを投稿している。@@cutter 水色を基調とした、こちらも華やかな晴れ着ショットを披露したのんは「あけましておめでとうございます。年が明けました。2019年!すごい!はやい。今年は猪年。ますます楽しく突き進んでいける気がします」と、挨拶「2018年、みなさん沢山応援してくれてありがとう!2019年も、一緒に楽しみましょ~~。ことよろ!」と新年の抱負とファンへの感謝を語った。  現在放送中のNHKの連続テレビ小説『まんぷく』に出演中の橋本は「#2019年」「あけましておめでとうございます 今年も宜しくねん」「#謹賀新年」と絵文字をふんだんに使ったコメントを投稿。同時に白をベースとした華やかな晴れ着を着用したショットをアップし、気品漂う姿を披露している。  一方ブルゾンは、レトロな柄のシックな晴れ着を着用。新年の挨拶と共に、「めちゃカワイー着物を着せてもらいました!ありがたい」「柄も色もパキッとしててソーキュート。このままディズニーランドにも行けそうね」と、新年からハッピーな気分を報告している。  そのほかにも、『まんぷく』で主演を務める安藤サクラ、叶姉妹、黒柳徹子、熊田曜子、飯豊まりえ、鈴木紗理奈、平祐奈、橋本環奈、SKE48須田亜香里など、名だたる女性芸能人が続々と晴れ着ショットを投稿している。 引用:https://www.instagram.com/buruzon333/    https://www.instagram.com/non_kamo_ne/    https://www.instagram.com/manami84808/    https://www.instagram.com/kano_sisters007/    https://www.instagram.com/tetsukokuroyanagi/    https://www.instagram.com/kumadayoko/    https://www.instagram.com/munehirovoice/    https://www.instagram.com/yunataira_official/    https://www.instagram.com/akarisuda/

  • スペシャルドラマ『犬神家の一族』に出演する平祐奈

    平祐奈、“トップ女優への登竜門”お手伝いさん役で今夜『犬神家の一族』出演

    エンタメ

     女優の平祐奈が、NEWSの加藤シゲアキが主演を務めるスペシャルドラマ『犬神家の一族』(フジテレビ系/12月24日21時30分)に出演することが発表。1998年11月12日生まれで、20歳になってから初のドラマ出演となる平は「両親の世代から受け継がれている名作“犬神家の一族”に出演させて頂けること、とても光栄に思います。私にとっての最高の“クリスマスプレゼント”です」と出演の喜びを語っている。@@cutter 同名の原作は横溝正史のミステリー小説「金田一耕助」シリーズの中でも、登場人物たちの業に根ざした心情の描写や息をもつかせぬストーリー展開で知られ、今回で6度目のドラマ化。一代で犬神財閥を築いた犬神佐兵衛が残した財産をめぐって緊張感が漂う犬神家を舞台に、主人公の金田一耕助(加藤)が、相続に立ち会う姿をスリリングに描いていく。  平が演じる美代は、金田一が宿泊する那須ホテルの女中(お手伝いさん)。事件を解決すべく、ホテルと犬神家を行き来する金田一の身の回りのお世話係として奔走するという役どころだ。この役は過去に坂口良子や深田恭子らが演じてきたため、トップ女優になるための“登竜門”とされている。  金田一シリーズに出演するのは今回が初めてで、主演の加藤とも初共演となる平は「両親の世代から受け継がれている名作“犬神家の一族”に出演させて頂けること、とても光栄に思います。私にとっての最高の“クリスマスプレゼント”です」と喜びのコメント。  坂口や深田らが演じてきたキャラクターを演じることについては「大変、恐れ多いことと感じております。偉大な先輩方に少しでも近づけるよう、しっかり身を引き締めて頑張りました」と意気込みを示す。視聴者に向けては「寒いクリスマスの夜にご家族やお友達、パートナーと“犬神家の一族”でシリアスな雰囲気を感じて温まって下さい!」とメッセージを寄せている。  スペシャルドラマ『犬神家の一族』は、フジテレビ系にて今夜12月24日21時30分放送。

  • 平祐奈が20歳に

    平祐奈が本日20歳に! 姉・愛梨は祝福ムービー投稿「早く会いたい」

    エンタメ

     女優の平祐奈が、本日12日に20歳の誕生日を迎えた。姉・愛梨は自身のインスタグラムにお祝いの動画を投稿。「たくさんの人から愛を注いで頂けますように」「#早く会いたい」との言葉を寄せた。女優の飯豊まりえも平とのツーショットを投稿したほか、ファンからも祝福のコメントが届いている。@@cutter 平は自身のインスタグラムで12日、「わーい!ついに二十歳!!️ 日付け変わった瞬間から沢山のお祝いメッセージありがとうございます」と感謝を述べ、ハート型の巨大ケーキと写るショットを披露。前日にはスタッフから特製のバースデープレートを受け取り、こちらも喜びの笑顔をにじませた。  20歳という節目に、姉の平愛莉は自身のインスタグラムで、今まで妹の祐奈と撮ったさまざまな友人との写真や、姉妹のツーショットがメッセージと共に流れる祝福の動画を投稿。続いて「たくさんの人から愛を注いで頂けますように」「#早く会いたい」「#愛を込めて」と妹への愛を語った。  また、女優の飯豊まりえも「ハッピーバースデーたいちゃん20歳おめでとう。炭酸で乾杯しようね!!」と、平とのツーショットでお祝いしている。  コメント欄にはファンからの祝福の言葉が殺到。「ついに成人の仲間入りですね」「素敵な1年になりますように」といったエールが多数寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/yunataira_official/

  • 「ネイルクイーン 2018 授賞式」に出席した平祐奈、大地真央、ピーター

    平祐奈、10代最後の日のネイルは“羽”「20代に羽ばたけるように」

    エンタメ

     女優の平祐奈が11日、大地真央、ピーターと共に都内で開催された「ネイルクイーン 2018 授賞式」に出席した。イベント翌日が20歳の誕生日となる平は「10代最後の日に、こうして素晴らしい、女性ならだれもが憧れる素敵な賞をいただけて、本当に光栄に思います」と語った。@@cutter ネイルクイーンの発表は1996年に始まり、今年で23回目。手入れの行き届いた美しい指先を持つ著名人へ贈られる称号となっている。協会新人賞に輝き、イベント翌日の今日、20歳の誕生日を迎えた平。授賞式では「10代最後の日に、こうして素晴らしい、女性ならだれもが憧れる素敵な賞をいただけて、本当に光栄に思います。嬉しく思います。ありがとうございます」とコメントした。  当日のネイルについて説明を求められると「キラキラ感をたくさん出したのと、20代をちょっと意識して、スワロフスキーをこうして、真ん中につけていただいて。あと10代から20代へはばたけるようにという意味合いで、羽を付けました」と解説していた。  協会功労賞を獲得するとともに「ネイルクイーン」の殿堂入りを果たしたピーターは、「50周年の芸能生活の記念に、皆様方の温かいご声援で過ごすことができまして。ピーターという芸名を、今年いっぱいで封印しますので、最後、ピーターとしての素晴らしい賞をいただきまして、これを大事にします。来年1年は休みますけど、再来年からの、池畑慎之介としての役者・タレントとしての活動を応援するものだと思って、いただきに参りました」と破顔。  また自身が弁護士・中川京一役で出演しているドラマ『下町ロケット』(TBS系/毎週日曜21時)にも触れ「嫌な弁護士をやっておりますので(笑)、いま実際に爪は伸ばせないんですよ。本当におじさんの爪をしているんですけど、今日はキレイに裏でやっていただきました」と嬉しそうに話していた。当日は大地がグランプリを受賞。なお協会特別賞を与えられたロコ・ソラーレ(カーリングチーム)はスケジュールの都合で欠席した。

  • BS時代劇『立花登青春手控え3』試写会に登壇した溝端淳平

    溝端淳平、主演ドラマ最終章に「これで終わるんだ」と寂しさを告白

    エンタメ

     俳優の溝端淳平と女優の平祐奈が28日、都内で開催されたBS時代劇『立花登青春手控え3』試写会に出席した。本作がシリーズ最終章となることについて、溝端と平は「寂しいな、これで終わるんだっていう思いでクランクインしました」などと寂しさを募らせていた。@@cutter 藤沢周平による時代劇小説シリーズ『獄医立花登手控え』を映像化する本作は、正義感が強く柔術の腕も抜群の若き牢医者・立花登(溝端)が、医者としての経験を積みながらさまざまな事件を解決する姿を描く。第3シリーズでは、登の将来にかかわる出来事が…。この日は共演するマキタスポーツ、そして制作統括の後藤高久(NHKエンタープライズ)、原克子(松竹)も出席した。  溝端は本作がシリーズ最終章と位置づけられていることについて「3作目ともなると、スタッフさんとも本当に気心が知れて、『あぁ帰ってきたぞ』という雰囲気で京都の撮影が始まって…」と回想。寂しさを募らせたものの、それが吹き飛ぶほど暑かったと明かし、「汗だくになりながら(笑)。楽しい撮影現場でしたね」と振り返った。  一方、登のいとこ、ちえに扮する平は「最初17歳だったので、毎年(撮影に)行くたびに、京都の方々が『お帰り』って、実家のように温かく迎えてくださって」と述懐。「前回に比べてすごく撮影日数が少なくて、毎回行き来するたびに、これだけで終わっちゃうんだって…寂しかったです」と心境を明かした。  現在19歳の平は、11月12日に20歳の誕生日を迎えることについて「20歳になったら炭酸とコーヒーが解禁です」とニッコリ。これを受け、溝端はかつてマキタにカフェの利用券をプレゼントしたことを思い出して、トークのネタにした。実は当時、コーヒーが大嫌いだったというマキタは「ありがた迷惑でした」とジョークを飛ばしつつ「おかげで今、コーヒー大好きですよ」と、溝端のおかげでコーヒー好きになったことを明かしていた。  BS時代劇『立花登青春手控え3』は、BSプレミアムにて11月9日より毎週金曜20時放送。

  • (左から)映画『10万分の1』に出演する白濱亜嵐、平祐奈

    白濱亜嵐×平祐奈W主演、『10万分の1』実写映画化

    映 画

     難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)に冒された女子高生の恋と友情を描く宮坂香帆の人気漫画『10万分の1』が実写映画化されることになり、ダブル主演として、EXILEのパフォーマー、GENERATIONS from EXILE TRIBEのリーダーを務める白濱亜嵐と、『honey』『未成年だけどコドモじゃない』の平祐奈の起用が発表された。@@cutter 原作は『Cheese!』(小学館)に連載され、「このマンガがすごい!WEB」で紹介されると人気に火がつき、8巻までの累計120万部を記録した宮坂香帆の人気コミック。最終巻となる9巻は26日発売となる。映画版の監督は『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』の三木康一郎が務め、今月から撮影が始まった。  白濱が演じる高校生・桐谷蓮は剣道部所属のスポーツマンでイケメンのモテ男子。一方の平が演じる女子高生・桜木莉乃は剣道部マネジャー。互いに意識していたが、モテる蓮に、自分の性格も身体も好きになれない莉乃は気後れしてばかり。しかし蓮からの思いがけない告白を受け、ついに二人は付き合い始める。楽しい日々を過ごしているが、やがて莉乃の体に異変が。彼女の体はもうすぐ動かなくなる。病気が、恋も、友情も加速させていく…。  白濱は自身の役柄について「部活に仲間に恋にと、全ての学生生活に対して全力で真っすぐなキャラクターだと感じています。その中でも特に莉乃への愛情は強く、その莉乃への想いをしっかりとスクリーンを通しても伝えられるように努力していきたい」とコメント。  原作を愛読していたという平は「莉乃になれるという事はとても光栄に思います。難病という大きな悩みを抱え、いろんな感情との葛藤がありますが、17歳の女の子の真っすぐな思いを丁寧に伝えられるよう、全身全霊で頑張ります」と意気込む。  三木監督は「現在ALSという病気と闘っていらっしゃる方々に胸を張って見ていただける作品にしたい。そして、少しでも彼らのチカラになる作品にしたい」と話している。  映画『10万分の1』は2019年以降公開。

  • (左から)平愛梨、平祐奈

    平祐奈、義兄・長友佑都の勝利見届ける 姉・愛梨との2ショットも

    エンタメ

     女優の平祐奈が16日、サッカー日本対ウルグアイ戦を観戦したことを自身のインスタグラムで報告。平の義兄・長友佑都も出場した一戦は、日本が4‐3で勝利している。@@cutter 同日、FIFAランク5位(10月現在)の強豪ウルグアイを迎えた一戦で、森保ジャパン初出場を果たした長友。チーム最年長32歳はフル出場で攻守に渡って引っ張り、勝利に貢献した。  平は「日本勝利!!やったー!! 盛り上がって最高に楽しかったです 代表選手のみなさんお疲れ様でした!!おめでとうございます」と喜びをつづり、友人でお笑い芸人の三瓶との2ショットなどを投稿している。  また、長友の帰国に伴い姉の平愛梨とも再会を果たしたよう。2ショットを投稿し、「久々の愛ちゃん 髪型一緒やん オソロイコーデでオセロなの… 久々のバンビーノも大きくなっててかわいい ちょっとの時間だけど会えてうれしーさー」などとつづっている。 引用:https://www.instagram.com/yunataira_official/    https://www.instagram.com/harikiri_tairi/

  • 『凜』本ポスタービジュアル

    佐野勇斗&本郷奏多W主演『凜』公開日決定&ポスター解禁

    映 画

     俳優の佐野勇斗と本郷奏多がダブル主演を務める映画『凜‐りん‐』の公開日が2019年2月22日に決定。併せて、主演の2人の姿を配したポスタービジュアルも解禁された。@@cutter 本作は、芥川賞作家でお笑い芸人の又吉直樹が書き下ろした初の長編小説『凜』を実写化したミステリー映画。主演の佐野と本郷のほか、須賀健太や亀田侑樹、櫻井圭佑をはじめ、大沢ひかる、平祐奈、片桐仁、石田ひかり、山口紗弥加など豪華俳優陣がキャスティングされている。  高校2年生になる野田(佐野)が通う村の高校に、東京からの転校生・天童(本郷)がやってくる。天童は程なくクラスに溶け込み、野田とも楽しい日々を過ごしていた。ある日、野田の友達の1人が姿を消してしまう。村で語り継がれる「100年に一度、村から子どもが消える」という伝説が人々の脳裏をよぎる中、小さな村は混乱し、天童に疑いの目が向けられることに…。  先日開催された京都国際映画祭にて特別上映された本作。舞台挨拶に立った主演の佐野は「あまり主演をやらせたて頂いたことがなく立ち振る舞いが分からず困った時に、事務所の大先輩である本郷さんの背中を学ばせて頂きながらこの役をやり切れたという思いがあります」とコメント。さらに本郷は「フレッシュな若い子のお芝居が魅力的で最後まで見て頂けたらきっと心に響く映画になっていると思います」と語った。  公開日決定と併せて解禁されたポスタービジュアルは、野田を演じる佐野の力強い眼差しと、本郷扮する天童のクールな表情の対比が特徴的なデザインに仕上がっている。  映画『凜‐りん‐』は2019年2月22日より全国公開。

  • 『平祐奈写真集(仮)』より

    平祐奈、ちょっぴり大人&妖艶な姿も 20歳記念の写真集発売

    エンタメ

     モデルで女優の平祐奈が、20歳の誕生日を迎える11月12日に写真集を発売することが分かった。平は「最初で最後の20歳記念写真集なので、ぜひ見てください!」とアピールしている。@@cutter 10代最後の平を切り取った写真集のテーマは“ちょっぴり大人な平祐奈”。ベトナムの人気リゾート地ダナンや歴史情緒あふれる街ホイヤンを舞台に、夕暮れの海、風情ある旧市街地、ベトナムの雰囲気満載の市場や川や住居などで撮影が行われた。  現地で作ったアオザイを着用したり、厳かな衣装を着て遺跡を訪問したり、さまざまなロケーションとシチュエーションでたくさんの表情を見せた平。これまで見たことのないような美しく妖艶な姿や、のんびりリラックスした素顔、思い切り楽しみ弾けた笑顔を見せている。  平は、「20歳という記念すべき歳に写真集を出させていただくことになり、とってもうれしいです!!」とコメント。ロケ地となったベトナムについては「昔ながらの街並みと美しい風景が素敵で、どこで写真を撮ってもインスタ映えする場所」と話し、「心から楽しんで、リラックスして、リフレッシュしてきました。10代最後のありのままの私が存分に映し出されていると思います」と写真集の出来に自信をのぞかせた。  『平祐奈写真集(仮)』は、東京ニュース通信社より11月12日発売。価格は2500円(税抜)。

  • 平祐奈

    平祐奈がダウンタウン浜田、ココリコ田中、月亭方正との4ショット披露

    エンタメ

     女優の平祐奈が27日、自身のインスタグラムにダウンタウン浜田雅功、ココリコ田中直樹、月亭方正とのオフショット写真を公開した。これは、26日放送の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系/毎週日曜23時25分)に出演した際のもの。姉の平愛梨も「見たいよー」と反応した。@@cutter この日、番組では「天才・月亭方正映画業界に殴り込み!恋愛映画の監督に挑戦!」というテーマで方正が脚本・監督を務めた映画『一緒に帰ろう』を放送。平が演じたのはヒロインの女子高生・浜崎生(いく)。田中演じる美術教師に恋をしているという役どころだ。浜田が生の父・雅之、松本人志が教頭先生、体育教師にココリコ遠藤章造が扮した。  映画の内容は、平演じるヒロインが、学校の先生に恋をするも、実は出生の秘密があって…。というおふざけ一切なしの王道の恋愛映画。方正は自分の作品を見た後、ガチ泣き。「呼吸ができないくらい泣いてしまいました」と号泣しきりで、浜田ら共演者はあきれっぱなしだった。  平はインスタグラムで「ガキ使!ご覧下さりありがとうございました。まさかのまさかなお話でしたね 優しいみなさんと 方正監督の第2弾も楽しみです」とコメント。4ショット写真のほか、浜田との2ショットなどもアップ。放送前の投稿では、「みなさんとっても優しく、気さくにお話しくださって笑いが絶えませんでした」と女子高生の制服姿も披露していた。 引用:https://www.instagram.com/yunataira_official/

  • 『ほんとにあった怖い話 ―夏の特別編2018―』「果てからの念波」に出演する映画『カメラを止めるな!』の濱津隆之、しゅはまはるみ、真魚

    今夜放送『ほん怖』に話題の映画『カメラを止めるな!』監督役家族が出演

    エンタメ

     今夜放送の『ほんとにあった怖い話 ―夏の特別編2018―』(フジテレビ系/8月18日21時)に、今話題の映画『カメラを止めるな!』で、主人公の監督とその家族を演じた濱津隆之、しゅはまはるみ、真魚が、そのまま3人家族として出演する。@@cutter “ほん怖”は1999年から始まったオムニバス形式の実録心霊ドラマ。恐怖の再現ドラマを観たナビゲーターの稲垣吾郎と“ほん怖クラブ”の子どもたちが、怖さを吹き飛ばすおまじないを唱えるのが名物となっている。  『カメラを止めるな!』は、新人監督と無名の俳優たちがわずか300万円で撮った映画。6月に都内2館で上映されてから口コミで評判が広がり、全国150館以上での上映拡大が決まった。濱津、しゅはま、真魚は、映画の中で、ゾンビ映画を撮影中に本物のゾンビが出現してもカメラを回し続ける主人公の監督、その妻、娘役を演じている。  3人は今回の“ほん怖”に、映画と同じ父・母・娘という家族設定で、映画とのコラボ出演を果たす。3人が出演する「果てからの念波」は、北村一輝演じる会計士がリサイクルショップで購入した年代物の短波ラジオから、人のうめき声が聞こえてきて…というストーリーで、吉田羊が北村の妻を演じる。  「6月末に映画の上映が始まってから、舞台挨拶でほぼ毎日会っているので、“ずっと家族だね”、という感じ」「久しぶり! みたいなのは全然ないんです」としゅはまと濱津が語るように、本当の家族のように距離が縮まっているという3人の、“家族”演技に注目したい。  ほかに、菜々緒が看護師を演じる「毟り取られた居場所」、ガンバレルーヤよしこがドラマ初出演にして初主演を果たす「ナニワ心霊道」、平祐奈が女子高校生を演じる「迷い道に憑く女」、葵わかながレストランのアルバイト店員に扮する「姿見」、神木隆之介が14年ぶりに“ほん怖”に出演する「見えない澱」などもラインナップされている。  『ほんとにあった怖い話 ―夏の特別編2018―』は、フジテレビ系にて今夜8月18日21時放送。

  • (左から)平愛梨、平祐奈

    4姉妹!? 平愛梨&祐奈&蓮奈&三瓶の真顔写真に反響

    エンタメ

     タレントの平愛梨が、自身のインスタグラムで妹の祐奈、三瓶らとの“真顔”写真を投稿。「見てるこちらが笑っちゃう~」といったコメントが寄せられ、好評を博している。@@cutter 「誰も笑ってない 誰が撮ったんだ? なんかつまらないことでも言ったのか⁈ 一体何があったんだ…?」といったキャプションで愛梨が投稿したのは、自身と妹の平祐奈、姪の平蓮奈、そして友人でたびたびインスタグラムに登場しているお笑い芸人の三瓶の4ショット。キャプションのとおり、仲良く1枚に収まっている4人だがなぜか真顔なのがどこか面白さを漂わせている。  一方、祐奈は、自身のインスタグラムに「にんまりバージョン」と題して、同じ構図で4人が満面の笑みを浮かべているショットを投稿。言葉のとおり、「四姉妹」は満面の笑みを浮かべており、「やっぱりいつでも笑ってなくちゃパワー出ないわよね!!」とのこと。また三瓶も、「なんとなく、撮ってみた。 いい写真、撮れた」とこちらは祐奈との微笑ましい2ショットを投稿している。  この平“4姉妹”の真顔ショットはファンにも好評。「見てるこちらが笑っちゃう~」「いいですねーこういうのも。流行りそう笑笑」「逆に新鮮!」といった声が集まった。一方、祐奈が投稿した「にんまりバージョン」も、「かわいい」などと好評だ。 引用:https://www.instagram.com/harikiri_tairi/    https://www.instagram.com/yunataira_official/    https://www.instagram.com/sanpei1123/

  • 『未成年だけどコドモじゃない』BD&DVD 豪華版の特典映像として収録されているメイキング映像内容が明らかに!

    中島健人×平 祐奈×知念侑李『みせコド』BD&DVDメイキング映像内容が明らかに!

    映 画

     中島健人、平 祐奈、知念侑李の共演で贈るラブコメディ映画『未成年だけどコドモじゃない』のBlu‐ray&DVD発売を前に、豪華版に収録されているメイキング映像の内容が明らかになった。笑顔が絶えない撮影の裏側やインタビューなど約1時間収録されている。@@cutter 本作は、水波風南の同名コミックを原作に、世間知らずのお嬢様女子高生とお金目当ての王子様、強気で一途な幼なじみの三角関係を描いた作品。Sexy Zoneの中島とHey! Say! JUMPの知念がグループの枠を越えて恋愛バトルを繰り広げる。  Blu‐ray&DVD 豪華版には、中島、平、知念によるビジュアルコメンタリーやメイキング映像など、ここでしか見られない貴重な映像を収録した特典ディスクが付属されている。中でも、メイキング映像は、クランクインからクランクアップまで、撮影の裏側やインタビューなど余すところなく、約1時間も収録されている。 @@insert1  中島、平、知念の3人が揃うシーンはなかなかなかったというが、メイキングには珍しく3人が現場に集った際の和気あいあいとした仲の良さが伝わってくる映像が映されている。さらに、中島による映画冒頭のサッカーシーンの練習風景や、中島と知念がリラックした表情で談笑する姿、クランクアップを迎えたキャストの映像も収められた。  メイキング映像内に収録されているインタビューでは、3人がそれぞれの印象や今までの共演経験、そして今回の現場について話しており、中島は「天気は雨だけど、現場は晴れている」と語り、雰囲気の良い楽しい現場であったことを感じさせた。  また、映画本編ではBGMだけで描かれる尚(中島)と香琳(平)の新居での生活風景や江ノ島デートのシーンなどの撮影風景も収録されており、実際にはどんな会話がなされていたのかを確認することができる。  豪華版には、特典ディスク2枚のほかにも、貴重な写真や水波風南先生による撮影現場レポまんがなど、盛りだくさんのブックレットも封入される。  映画『未成年だけどコドモじゃない』Blu‐ray&DVDは7月4日(水)発売。 @@insert2

  • ※『ミューブ♪ ~秘密の歌園~』インスタグラム

    にんにん! 平祐奈、ド派手な“ピンク忍者”に変身 「かわいい」と反響

    エンタメ

     女優の平祐奈が主演を務めるドラマ『ミューブ♪ ~秘密の歌園~』(名古屋テレビほか)公式インスタグラムが18日、平がピンク色の忍者衣装を身にまとった姿を公開した。平のかわいらしい忍者姿に「にんにん祐奈ちゃん、かわいい」と反響が集まっている。@@cutter 『ミューブ♪ ~秘密の歌園~』は、とあるお嬢さま系女子高校の片隅にある弱小ミュージカル部、通称“ミュー部”の個性的なメンバーの姿を描く、シチュエーションコメディー。平のほかに、大友花恋、優希美青、高月彩良ら若手女優が出演しており、名古屋テレビでは18日深夜、テレビ神奈川では20日の放送で最終回を迎えた。    平が扮装したピンク忍者は最終話「ナ・ナ・ナンデ」で登場。劇中のミュージカルシーンで、ド派手な忍びに扮し、歌って踊っての大活躍を見せていた。また、平も自身のインスタグラムで「#忍びなのに目立ってどうすんねん」というハッシュタグをつけて、ハデハデな忍者姿のオフショットを披露している。  平の忍者姿には、「にんにん祐奈ちゃん、かわいい」「ピンク忍者の祐奈ちゃん可愛い」「ピンク忍者、可愛い」という反響があったほか、「毎回、後味の良い楽しいドラマをありがとう」「続編もしくはアナザーストーリー希望」といったドラマを楽しんだ視聴者からの感想も寄せられていた。 引用:https://www.instagram.com/myubu.koushiki/    https://www.instagram.com/yunataira_official/

  • (左から)帰国した姉の平愛梨と念願の再会を果たした平祐奈

    「やっと会えたよ」平祐奈と姉・愛梨の再会ショットに祝福の声

    エンタメ

     女優の平祐奈が23日、トルコから帰国した姉・愛莉との2ショット写真を投稿。ファンからは「おかえり」の声や、顔を寄せ合う姉妹の姿への「やっぱり仲良しですね!」といった声が届いている。@@cutter 愛梨は昨年、サッカー日本代表DFの長友佑都と結婚。夫が当時所属していたインテルのあるイタリアに移住し、第一子となる男児を出産していた。その後、長友の期限付き移籍とともにトルコに移住。リーグが終了した今月、夫婦は2月に生まれた愛息子とともに日本に帰国していた。  この日祐奈が投稿したのは、帰国した愛梨との2ショットだ。3月には、イタリアを訪れ姉に会っていた祐奈。念願の日本での再会に「愛ちゃーーん!! おかえり やっと会えたよ すぐ会いに行っちゃった」とコメントを綴り、姉に抱きつくように寄り添う姿を収めた写真を投稿。再会を心待ちにしていたことが伝わってくる1枚となっている。  ファンからは、帰国した愛梨に対して「おかえり」の声が殺到した。また、顔を寄せ合う姉妹の仲睦まじいショットに「やっぱり仲良しですね!」「やっぱりこの2人大好き」「祐ちゃん愛梨ちゃんに会えてよかったね」「やっぱり似てるなあ。素敵な姉妹!」といった称賛の声が相次いでいた。   引用:https://www.instagram.com/yunataira_official/

  • 映画『凜』ポスタービジュアル

    須賀健太、平祐奈、片桐仁ら、又吉原作『凜』追加キャストに

    映 画

     芥川賞作家・又吉直樹の原作を基に、俳優の佐野勇斗と本郷奏多がダブル主演を務める映画『凜』の追加キャストが発表され、須賀健太、平祐奈、片桐仁、大沢ひかるらの出演が明らかになった。@@cutter 又吉が書き下ろした初の長編で、2007年12月に神保町花月で公演した舞台を基にする本作。劇中では「100年に一度、村から子供が消える」という伝説がある村を舞台に、真面目でどこか達観している現代っ子の高校生・野田耕太(佐野)と、不思議な転校生・天童(本郷)が過ごす青春の日々、そして彼らの友達が消えていく様が描かれる青春群像サスペンス。  佐野、本郷と共に男子高校生役に扮するのは須田健太、亀田侑樹、櫻井圭佑。須賀は「又吉さんが描く登場人物達は個性的で愛らしい人物ばかりですが、その中でも演じさせていただいた大仏は、一際個性的だと思います」とコメント。「“笑顔が大仏みたい"だからあだ名が大仏。まぁ他にも諸説あるのですが…笑。自称チャームポイント、笑顔の須賀健太、全力でニコニコさせていただきました!お楽しみに!」とも話した。  一方、石田ひかりは佐野演じる耕太の母、山口紗弥加は耕太が憧れる保健の先生を演じる。他に発表となった平祐奈、片桐仁、堀部圭亮、勝村政信らの役どころは明らかになっていない。また、11年前の舞台『凜』に出演した金田哲(はんにゃ)のほか、椿鬼奴、ドラマ『火花』で役者デビューを飾った好井まさお(井下好井)ら、よしもと芸人も作品を盛り上げる。追加キャスト発表とともに、東京八王子ロックバンド、ハルカミライの楽曲『ヨーロービル、朝』が主題歌に、『俺達を待っている』が挿入歌に決定した。  映画『凜』は2018年度に全国公開予定。

  • 珍しい金髪姿にファンも「衝撃」 ※「平祐奈」インスタグラム

    平祐奈が“金髪姿”を披露 ファンからは「衝撃」の声も

    エンタメ

     女優の平祐奈が16日、大胆な金髪姿を自身のインスタグラムで公開した。珍しいショットにファンからは「衝撃」の声もこぼれている。@@cutter この日、自身が主演するテレビドラマ『ミューブ♪~秘密の歌園~』(メ~テレ/毎週月曜24時55分)初回の告知を行った平。「ついに…金髪に!!なんつってー」とのコメントともに披露したのは金髪姿だ。  地毛なのかつけ毛なのかは定かでないが、平としては珍しい金髪姿に驚いたファンも少なくなかった模様。「衝撃っちゃ衝撃だけど!笑」「金髪にしたのかと思った」といった投稿が見られた。一方で、髪色が変わっても変わらない表情には「可愛い」という声が相次いでいた。   引用:https://www.instagram.com/yunataira_official/

  • キンプリ平野紫耀、天然ボケ連発「僕、でら、平野紫耀です」

    キンプリ平野紫耀、天然ボケ連発「僕、でら、平野紫耀です」

    映 画

     King & Princeの平野紫耀が31日、主演映画『honey』の初日舞台挨拶に登壇。「僕、でら(編注:名古屋弁で「スゴい」などの意)、平野紫耀です」と挨拶するなど、屈託のない笑顔で天然ボケを連発して会場を笑わせた。@@cutter 同作は、人気同名コミックを原作とする青春恋愛映画。“超”不良と恐れられるも、思いやりあふれる好青年・鬼瀬大雅(平野)とヘタレでビビリな女子高生・小暮奈緒(平)の初恋模様を描く。  同舞台挨拶には平野のほかに平祐奈や横浜流星、水谷果穂、浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)、佐野岳、高橋優、神徳幸治監督が出席した。  今回、本イベントの様子は、劇中に登場する“108本のバラ”にちなんで、全国108館の劇場で生中継。そんな全国中継にちなんで、各キャストが出身地や憧れの方言で挨拶することになると、主人公・鬼瀬を演じた平野は開口一番、「僕、でら、平野紫耀です」と挨拶。「名古屋出身なんですけど、ふと、名古屋弁を忘れるというハプニングが自分の中で起きている」とのっけから天然ぶりを発揮した。  公開初日を迎えた心境を問われると「“やっとこの日が来たか”という気持ち。丸1年経って、ず~っと“まだか、まだか”と思っていた。初めての主演ということでスゴい緊張して、気合いも入れた作品。“早くに皆さんに見てもらえたらいいな”と思っていて、それが今日やっと来た。皆さんの反応を見るのが楽しみ」と話した。   奈緒役の平も「“やっと来たな~”という気持ちと同時に、“初日か~”とホッとしている自分もいます」と胸の内を吐露。自身の役どころについて「ビビリでヘタレな子。どちらかと言うと、(自分と)真逆のタイプ。まわりにいる内気な人を人間観察したり、奈緒が鬼瀬君に出会って、どう表情の変化をつけていくか意識したりしました」と述べた。  108本のバラと本作のテーマである初恋にかけて、“108のはじめて”にチャレンジしてきた平野はこの日、「平野紫耀はじめてのMC」と書かれた台本を渡されてMC初挑戦。  水谷は、“MC平野”から「クールビューティーな役でしたが、どんなところに気をつけて役作りをしたのでしょうか?」と問われて、「私もクールとは真逆で、すぐ笑っちゃうんです。祐奈ちゃん見てると“カワイイな”と思って笑顔になっちゃう。自分の気持ちを押し殺してました」と回答。すると平野が「あ~、男には全然分からない感情です」と一刀両断して会場を笑わせる一幕も。平野は、その後も天然ボケで周囲の笑いを誘いながら、全キャストとのトークを終えて「怖いな~、MCって」と漏らした。  また、大阪市で行った8日のイベントでは、関西弁でのプロポーズを実施した平野。今回は初日舞台挨拶を記念し、詰めかけた女性ファンを前に標準語で「おれと、結婚を前提に付き合ってください」と生告白。一瞬沈黙が流れ、平野が「ほら~!全然(ダメ)じゃん!」と照れ笑いを浮かべる中、拍手が巻き起こった。  映画『honey』は全国公開中。

  • 平野紫耀と平祐奈で実写映画化! 原作者・目黒あむが語る『honey』の作り方

    平野紫耀と平祐奈で実写映画化 原作・目黒あむが語る『honey』の作り方

    アニメ・コミック

     女子なら誰もが憧れる甘い初恋を描き、“全国書店員が選んだおすすめコミック2014”で第7位に輝いた大人気少女コミック『honey』が実写映画化。周りからは超不良と恐れられるも、実際は思いやりにあふれる料理上手な好青年・鬼瀬を平野紫耀(King & Prince)、ヘタレでビビりな女子高生・小暮奈緒を平祐奈が熱演、恋がしたくなるラブストーリーとなった。実写化に際し、原作者の目黒あむは、何を思い、どんな気持ちで本編を観たのだろうか。様々な角度から話を聞いた。@@cutter 「実写映画化の話を聞いた際、うれしい気持ちもありましたが、それよりは、自分の作品でいいのかなとか、読者の皆さんはどう思うかなとか、どんなふうになるんだろうとか、そういった不安のほうが大きかったです」と、目黒は振り返る。では、完成した作品を観た感想は?  「みんな一生懸命で、キャラクターたちそれぞれのピュアさがたくさんつまった映画だな、と思いました。また、思わずにやっとするシーンもたくさんで、挿入歌や主題歌も素敵。キャストさんも、みなさん素晴らしかったです。ただ、原作で出てきたセリフなんかは、ちょっと恥ずかしかったです(笑)」。  いつでも自分が道路側を歩く優しさを持ち、告白する時は花束を持参する鬼瀬、ヘタレでビビりな自分を克服しようと、はっきり意見を口にするところから始める奈緒など、どのキャラクターも応援したくなる要素がたくさん。こういった魅力的なキャラクターは、どう作られていくのだろうか。  「鬼瀬のキャラクターは、とにかくわかりやすいギャップ男子を描きたい! というところから始まって、気づいたら、自分が思っていた以上に優しくていい子に育っていました(笑)。奈緒は、びびりでへたれなんですけど、芯は強い子というイメージで。他のキャラクターも、大まかにこういう感じの性格というのは考えますが、それぞれみんな描いていくうちに、予想もしない方向に進んでいったり、成長していったりするので、最初に考えたキャラクターとはずれたりしています。あと、プロフィールは漫画の内容に関係なくても、かなり細かく作ります。好きな食べ物とか、結構どうでもいいようなことでも、すごくキャラクター性が出ると思っているので」。  そして、現在、目黒は「別冊マーガレット」で『手をつなごうよ』を連載中。こちらも、『honey』同様、とてもかわいい男女のキャラクターが登場する。そういった性別の違うキャラクターを作るのは、「どちらもすごく難しい」と明かす。@@separator 「キャラクターを考えるのはすごく好きなんですけど、自己満足ではだめ。読者さんが共感できたり、応援したくなるような、“かっこいいな”“かわいいな”と思えるようなキャラクター作りが常に課題です。また、『honey』では、最初2巻予定だったのが、ありがたいことに長く続けさせていただいた、という感じだったので、早々に奈緒と鬼瀬がくっついてしまって、そこからどう描いていくべきなのか…。そこが、すごく難しかったです」。  最後に、実写版『honey』の見どころを聞いた。    「どのキャラクターもみんな一生懸命でかわいいです。色々な笑顔であふれているので、その辺りに注目してみてください。あと、エンドロールがすごく楽しくてかわいいです。いつもはエンドロールを見ないよという方も、最後まで見ていただけたらと思います」。  原作者・目黒あむも絶賛の、一生懸命でかわいいキャラクターたちに会いに劇場へ急ごう!  映画『honey』は3月31日より全国公開。

  • 『未成年だけどコドモじゃない』のBlu‐ray&DVDは7月4日(水)発売&レンタル開始!

    中島健人×平祐奈×知念侑李『みせコド』7月BD&DVD発売! 豪華特典に注目

    映 画

     中島健人と知念侑李がグループの枠を越えて恋愛バトルを繰り広げる青春ラブコメディ『未成年だけどコドモじゃない』のBlu‐ray&DVDが7月4日より発売されることがわかった。豪華版には中島、平祐奈、知念による豪華ビジュアルコメンタリーをはじめ、メイキングやイベント映像など、貴重な特典映像が多数収録されている。@@cutter 映画『未成年だけどコドモじゃない』は、累計発行部数145万部(電子版含む)超えの水波風南原作の同名人気漫画を実写映画化した作品。成績優秀、スポーツ万能な学校一のイケメン・鶴木尚(中島)にひとめぼれした世間知らずなお嬢様・折山香琳(平)。16歳の誕生日、香琳が両親からプレゼントされたのは、片想いの尚との“結婚”だった。ある日、“絶対秘密の結婚”が、香琳に想いをよせる幼なじみの海老名五十鈴(知念)にばれてしまう。お金目当ての王子様か、強気で一途な幼なじみか、ヒミツの結婚から始まる三角関係を描く。  メガホンをとったのは、『ヒロイン失格』『トリガール!』『あさひなぐ』など少女漫画原作を数々大ヒットさせている英勉監督。本作でもその手腕がいかんなく発揮されている。  7月4日から発売となるBlu‐ray&DVD豪華版は、中島、平、知念による豪華ビジュアルコメンタリーをはじめ、メイキングやイベント映像など、ここでしか観られない貴重な特典映像が満載となっている。また、貴重な写真や水波風南先生の撮影現場レポまんがなど、内容盛りだくさんの豪華ブックレットも封入。さらに、豪華版を予約購入すると、先着で香琳、尚、五十鈴が描かれたオリジナルクリアポケットがプレゼントされる。  映画『未成年だけどコドモじゃない』のBlu‐ray&DVDは7月4日(水)より発売&レンタル開始。

  • 平祐奈、キュートなミッフィーに大変身! ※「平祐奈」インスタグラム

    平祐奈、キュートなミッフィーに大変身!「本物よりかわいい」

    エンタメ

     女優の平祐奈が24日、自身のインスタグラムに、ミッフィーに変身した可愛すぎる写真を投稿し、写真を見たファンからは「本物よりかわいい!」と反響を呼んでいる。@@cutter 「みなさんは去年の今日何されてましたか? わたくしはミッフィーになっていました」というコメントと共に投稿されたのは、ミッフィーでおなじみのオレンジ色のワンピースと、うさぎの耳をモチーフにした帽子を身に着けた平の姿。「#JAバンク兵庫 #中々出来ない体験」と付けられたタグから、JAバンク兵庫のCM撮影時に撮られたものだと思われる。  コメント欄には、「可愛いすぎか」「目の保養」「本物よりめっちゃかわいい」といった称賛の声や、「耳かわいすぎる!!」「可愛すぎて泣いた」「関東では見れないCMだから、オフショット嬉しい」など、興奮の声も寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/yunataira_official/

  • 平祐奈、キュートなネイル披露に反響 ※「平祐奈」インスタグラム

    平祐奈、キュートなネイル披露に反響「めっちゃかわいい」

    エンタメ

     女優の平祐奈が22日に自身のインスタグラムを更新し、主演映画『honey』に因んだネイルアートを披露。ファンからは「めっちゃかわいい」とメッセージが寄せられている。@@cutter 平はインスタグラムで「honeyネイル」「爪がhoneyの物語になってるの」と綴りながら、タイトルである「honey」の文字や、可愛らしいミツバチなどが描かれたネイルアートを披露している。  写真を見たファンからは、「ネイルめっちゃ可愛い!」「honey楽しみ」「可愛いとっても似合ってる」「映画楽しみにしてます」「そんなネイルもできるんだ」「落とすのもったいないくらい、めちゃめちゃ可愛い」といったコメントが続々と届いている。  映画『honey』は、目黒あむ原作の同名コミックの実写化作品。一見すると不良ながら、心はピュアな赤髪の高校生・鬼瀬大雅(平野紫耀)と、ビビりでヘタレの女子高生・小暮奈緒(平)が織りなす恋模様を描く。 引用:https://www.instagram.com/yunataira_official/

  • 平野紫耀、『honey』完成披露舞台挨拶に登壇

    キンプリ・平野紫耀、今年初挑戦したいことはまさかの「無人島暮らし!」

    映 画

     平野紫耀(King & Prince)、平祐奈、横浜流星、水谷果穂、浅川梨奈、佐野岳、高橋優、神徳幸治監督が、21日に都内で開催された映画『honey』の完成披露舞台挨拶に出席。身内に甘えている自覚があるという平野は、無人島暮らしに挑戦したいと明かし、「甘えていられない環境に、一回自分を置かれてみたいなっていうことです」と語った。@@cutter 映画『honey』は、目黒あむが「別冊マーガレット」(集英社)で連載した同名コミックの実写版。一見すると不良ながら心はピュアな赤髪の高校生・鬼瀬大雅(平野)が、ビビりでヘタレの女子高生・小暮奈緒(平)と織りなす恋模様を描く。平野は本作をお披露目する心境について「とても緊張しながらも、初主演の映画で、とても思い入れがあって気合を入れた作品なので、皆さんに見ていただいて、どういう反応が返ってくるのかが楽しみですね」とニッコリ。  一方、人生初の茶髪で奈緒を演じた平は、役柄について「ビビりでヘタレな女の子だったので、私とは正反対な女の子だったんです」と回想。続けて「純粋でまっすぐで内気な子なんですけど、鬼瀬君との出会いによって、どんどん前向きに変わっていく姿が、やっていて難しい面もあったんですけど、監督と話し合いながら、なんとかこのようになりました」と満足げな表情を見せた。  イベントでは、登壇者それぞれが今年初挑戦したいことを発表する一幕も。平野は「無人島暮らし。サバイバルですかね」とまさかの回答。平や横浜が驚く中、平野は「マネージャーさんとかも抜きで行きたいです。(メンバーも)抜きです。身内の方々に甘えている自分がいるなと思って。これはいかんと思って、甘えていられない環境に、一回自分を置かれてみたいなっていうことです」と理由を明かしていた。  また、劇中で108本のバラがキーアイテムになっていることに絡め、平野が本作の公開までに、108個の“はじめて”にチャレンジする企画も発表された。平野が挑戦していく108個の“はじめて”は、映画の公開初日舞台挨拶で発表されるという。  映画『honey』は3月31日全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access