ルピタ・ニョンゴ 関連記事

  • 映画『アス』メインビジュアル

    自分たちとそっくりな“わたしたち”が出現…『アス』予告&不気味なメイン写真解禁

    映画

     オスカー女優ルピタ・ニョンゴが主演を務める映画『アス』より、予告編とメイン写真が解禁された。予告編では、家族の楽しい夏休みが一転して、自分たちとそっくりな“わたしたち”の出現による恐怖へと塗り替えられていく様子が映し出される。@@cutter 本作は、映画『それでも夜は明ける』で第86回アカデミー賞助演女優賞を受賞したルピタが主演を務め、映画『ゲット・アウト』で第90回アカデミー賞脚本賞を受賞したジョーダン・ピール監督がメガホンを取るサプライズ・スリラー。ジョーダンが監督のほか脚本・製作を手掛け、アカデミー賞作品賞にノミネートされた『セッション』『ゲット・アウト』『ブラック・クランズマン』のジェイソン・ブラムが製作を務める。全米初登場1位を記録し、オリジナル・ホラー作品&オリジナルR指定作品のオープニング記録で歴代1位を更新した。  アデレード(ルピタ)は夫のゲイブ、娘のゾーラ、息子のジェイソンと共に夏休みを過ごすため、幼少期に住んでいたカリフォルニア州サンタクルーズの家を訪れる。早速、友人達と一緒にビーチへ行くが、不気味な偶然に見舞われた事で、過去の原因不明で未解決なトラウマがフラッシュバックする。やがて、家族の身に恐ろしい事が起こるという妄想を強めていくアデレード。その夜、家の前に自分たちとそっくりな“わたしたち”がやってくる…。  予告編は、アデレード(ルピタ)と家族たちが夏休みを過ごすため、幼少期に住んでいた家へ向かう楽しげな場面から始まる。その夜、家の前に自分たちとそっくりな“わたしたち”が出現し、「私たちと見た目も考え方も同じ。彼らは何者なの? 何が目的なの? 彼らを止めるには殺すしかない」という言葉とともに、アデレードが家族を守るため勇敢に彼らに立ち向かう姿が描かれている。  また、メイン写真には、無表情で座るルピタ、金属バットを持つウィンストン・デューク、不敵に笑うシャハディ・ライト・ジョセフ、マスクを被るエヴァン・アレックスという“わたしたち”の、そろいの赤いつなぎ服を着た不気味な姿が写し出されている。  映画『アス』は9月6日より全国公開。

  • 映画『アス』ポスタービジュアル

    全米初登場1位!『ゲット・アウト』監督最新作『アス』公開決定

    映画

     映画『ゲット・アウト』で第90回アカデミー賞脚本賞を受賞したジョーダン・ピール監督最新作『Us(原題)』が、邦題を『アス』として9月6日に公開されることが決定。併せて主人公を演じるオスカー女優ルピタ・ニョンゴを写したポスターも解禁された。@@cutter 本作は、映画『それでも夜は明ける』で第86回アカデミー賞助演女優賞を受賞したルピタが主演を務めるサプライズ・スリラー。ジョーダンが監督・脚本・製作を手掛け、アカデミー賞作品賞にノミネートされた『セッション』『ゲット・アウト』『ブラック・クランズマン』のジェイソン・ブラムが製作を務める。全米初登場1位を記録し、オリジナル・ホラー作品&オリジナルR指定作品のオープニング記録で歴代1位を更新した。  アデレード(ルピタ)は夫のゲイブ、娘のゾーラ、息子のジェイソンと共に夏休みを過ごすため、幼少期に住んでいたカリフォルニア州サンタクルーズの家を訪れる。早速、友人達と一緒にビーチへ行くが、不気味な偶然に見舞われた事で、過去の原因不明で未解決なトラウマがフラッシュバックする。やがて、家族の身に恐ろしい事が起こるという妄想を強めていくアデレード。その夜、家の前に自分達とそっくりな“わたしたち”がやってくる…。  ポスターは、自身の顔にそっくりな仮面を手に、目を見開き涙を流すルピタの姿を捉えたもの。その横には「“わたしたち”がやってくる」というキャッチコピーが添えられており、ヒロインを待ち受ける恐怖とその結末に興味がそそられるポスターとなっている。  映画『アス』は9月6日より全国公開。

  • 2017年「世界で最も美しい顔100人」<フォト集>

    2017年「世界で最も美しい顔100人」TOP50<フォト集>

    セレブ&ゴシップ

    海外サイトTC Candlerが毎年恒例の「世界で最も美しい顔100人」を発表。第28回となった2017年は、日本から石原さとみが、今回5度目のラインクインで34位に選出。日本人トップは初登場21位、韓国発の多国籍音楽グループ「TWICE」のサナこと湊崎紗夏。1位から50位までをお届けします。

  • 映画『ブラックパンサー』キャラクターポスター

    『ブラックパンサー』王とヒーロー、2つの顔を表現 漆黒のキャラクターポスター解禁

    映画

     マーベル・スタジオ最新作の映画『ブラックパンサー』から、主人公のティ・チャラ(ブラックパンサー)をはじめ、重要な役割を持つキャラクターの姿を収めたポスタービジュアル5種が解禁。テーマカラーであるブラックを基調としたスタイリッシュなビジュアルとなっている。@@cutter 超文明国ワカンダの若き国王にして、漆黒のスーツに身を包んだヒーロー“ブラックパンサー”として活躍するティ・チャラ(チャドウィック・ボーズマン)の活躍を描く本作。解禁されたポスターには、父を失い、王位とブラックパンサーの称号を継いだティ・チャラの2つの顔が表現されている。  ほかにも、王位を狙う謎めいた男・キルモンガー(マイケル・B・ジョーダン)、愛する国王を支える女スパイ・ナキア(ルピタ・ニョンゴ)、国王を守る誇り高き女戦士・オコエ(ダナイ・グリラ)のキャラクターポスターが発表された。  本作のプロデューサーを務めたネイト・ムーアは、「ブラックパンサーの面白いところは、彼は、ヒーローであるけれども、同時に、国王であるというところだと思う。つまり、彼の行動がもたらす影響は、個人的なものに留まらず、政治的なものにもなるということなんだ」とコメント。「例えば、キャプテン・アメリカは、自分の意思に従って行動することができ、その結果は彼だけに返ってくるが、ブラックパンサーは、自分自身に責任があるだけではなく、国民全員への責任を背負っている」と解説する。  ネイトによると、ヒーローであり政治家という重責を背負うキャラクターは、マーベル・シネマティック・ユニバースの中でブラックパンサーただひとりとのこと。「彼は、ヒーローとしてその時自分にとって正しいと思うことをやるのみならず、国民のために正しいと思うことをやらなくてはいけない」と、過去のヒーローにはない複雑さや葛藤が、本作品の魅力であるとアピールしている。  映画『ブラックパンサー』は2018年3月1日より全国公開。

  • マーベル最新作『ブラックパンサー』場面写真

    『ブラックパンサー』日本版予告編解禁 アクションシーン満載! 敵の姿も初登場

    映画

     マーベル・スタジオの最新作『ブラックパンサー』の予告編映像が解禁された。2016年公開の大ヒット作『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で鮮烈なデビューを飾り、多くのファンから単独での作品が待ち望まれていた本作。“国王”と“ヒーロー”、2つの顔を持つマーベル史上最もクールでミステリアスと称される新ヒーローのアクションがいよいよベールを脱ぐ。@@cutter 本作は、『アベンジャーズ』などのマーベル・シネマティック・ユニバース作品。超文明国ワカンダの若き王にして、鋭い爪と漆黒の戦闘スーツに身を包むヒーローという、“2つの顔”を持つ男、ブラックパンサーことティ・チャラ(チャドウィック・ボーズマン)。彼は、最新テクノロジーを持つアフリカの秘境であるワカンダの秘密を守るため、世界を股にかける戦いへ挑む。  解禁された予告編映像では、ワカンダ王国の危機に直面したティ・チャラの素顔と、鬼気迫るアクションシーンが満載。走りながら漆黒のスーツに身を包む“ブラックパンサー”への変身シーンや、ビルの壁を駆け抜け、車の上に跳び乗る場面が映される。敵からの攻撃を全て吸収し、攻撃に転換できるというスーツの特徴も描かれ、ミステリアスなヒーローの一面が明かされている。  物語の鍵を握るというワカンダ王国に眠る世界を崩壊させるパワーを秘めた鉱石“ヴィブラニウム”を狙う敵も初お目見え。また、人気ヒップホップアーティストによる楽曲が採用され、マーベル・スタジオ作品としては異例の音楽に注力した作品となっており、クールな音楽に乗せたスタイリッシュなアクションシーンに注目だ。  本作の監督は、ロッキー・シリーズとして歴代新記録を打ち立てた『クリード チャンプを継ぐ男』のライアン・クーグラー。同作で主人公・クリード役を務めたマイケル・B・ジョーダンがブラックパンサーの秘密を狙う敵として登場する。ヒロインを演じるのは、映画『それでも夜が明ける』でオスカーを獲得した女優のルピタ・ニョンゴ。  映画『ブラックパンサー』は、2018年3月1日から全国公開。

  • 映画『ブラックパンサー』日本版オリジナルポスター

    『ブラックパンサー』日本版オリジナルポスター解禁

    映画

     2018年3月1日より全国公開となる、マーベル・スタジオの最新作『ブラックパンサー』より、日本版オリジナルポスターが解禁となった。ポスターには、鋭い爪を突き立て、疾走する車の上に乗るブラックパンサーの姿が描かれている。@@cutter 本作は、超文明国ワカンダの若き国王にして、漆黒のスーツに身を包んだヒーロー“ブラックパンサー”として活躍するティ・チャラが主人公のアクション・エンターテイメント。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でもブラックパンサーを務めたチャドウィック・ボーズマンが主演し、ヒロインに『それでも夜が明ける』のルピタ・ニョンゴ、『クリード チャンプを継ぐ男』の新鋭ライアン・クーグラーが監督を務める。  ブラックパンサーことティ・チャラは、ワカンダが抱える大きな秘密を守るため、国王としてもヒーローとしても国民のために立ち上がることになる。チャドウィックは国王としてのティ・チャラについて「彼は、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』での出来事をまだ心に抱えている。彼は自分の父親を亡くしたんだ。新しい統治者に、どうやってなっていくべきか学んでいて、まだ父親の死から立ち直れていない」とコメント。そして「まだ、彼は半人前なんだけれど、そんな彼に様々な困難が降りかかるんだ」とも語っている。  今回解禁された日本版オリジナルポスターには、黒く鋭い爪を突き立て、疾走する車の上に乗るブラックパンサーの雄々しい姿が描かれている。クーグラー監督が「出会った瞬間に恋に落ちた」というクールなヒーローは、「アベンジャーズ」のメンバーであるキャプテン・アメリカの持つシールドと同様、特別な鉱石“ヴィブラニウム”によって作られた、すべての衝撃を吸収する無敵のスーツをまとう。黒豹のような俊敏な動きと跳躍力をもち、ビルの壁を駆けのぼるなど、縦横無尽のアクションを見せるブラックパンサーへの期待が高まるビジュアルとなっている。  日本版ポスターは、12月1日から3日までの3日間、幕張メッセにて開催する『東京コミックコンベンション 2017』のマーベルブースにて初掲出される。同イベントでは、映画の世界に入り込めるフォトブースのほか、ここでしか出会えない“ブラパンガールズ”が登場してオリジナルステッカーを配布(1日限定1万枚)するなど、いち早く映画の世界を楽しめるコンテンツが用意される。  映画『ブラックパンサー』は、2018年3月1日全国公開。

  • 『チャーリーズ・エンジェル』再映画化でK・スチュワート&L・ニョンゴらが出演か

    『チャーリーズ・エンジェル』再映画化、クリステン・スチュワートらが出演か

    映画

     映画『トワイライト』シリーズの女優クリステン・スチュワートと、映画『それでも夜は明ける』でアカデミー賞アカデミー賞助演女優賞に輝いたルピタ・ニョンゴが、人気女性アクションシリーズ『チャーリーズ・エンジェル』のリブート版に出演する可能性が出てきた。@@cutter チャーリーの探偵事務所で働く3人の美女探偵の活躍を描く『チャーリーズ・エンジェル』。1970年代のヒットドラマを2000年に映画化したマックG監督版では、キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューの人気女優がヒロインを演じた。  Deadlineによると、クリステンとルピタは初期段階の出演交渉に入っているという。2000年の『チャーリーズ・エンジェル』は約2億6400万ドル(約300億2700万円)の世界興行収入を上げ、2003年の続編『チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル』も世界興行収入2億5900万ドル(約294億6300万円)の大ヒットとなった。  製作・配給の米ソニー・ピクチャーズはリブート版のシリーズ化も視野に入れているとのこと。出演が決まれば、クリステンにとって『トワイライト』シリーズ、ルピタにとっては新『スター・ウォーズ』シリーズに続くヒットシリーズになる可能性がある。  リブート版の監督は映画『ハンガー・ゲーム』や『ピッチ・パーフェクト』シリーズの女優エリザベス・バンクスが務める予定。2019年6月7日(現地時間)より全米公開予定。

  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』、ライアン監督は前作の“謎”をどう描いた?

    『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』、ライアン監督は前作の“謎”をどう描いた?

    映画

     12月15日に公開される映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のメガホンを取ったライアン・ジョンソン監督から、シリーズに秘められている様々な謎についてのコメントが到着。ジョンソン監督は「謎や答えについて色々と考えることで、キャラクターたちに大きなインパクトを与えることができると思った」と語っている。@@cutter ヒロインであるレイ(デイジー・リドリー)の旅立ち、帝国軍の脱走兵・フィン(ジョン・ボイエガ)との出会い、そしてルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)との対面などを描いた前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。同作の劇中では様々な謎が残され、ファンの間では、レイが待ち続ける家族、 カイロ・レン(アダム・ドライバー)の過去、マズ・カナタ(ルピタ・ニョンゴ)がなぜルークのライトセーバーを持っていたのか、ダース・ベイダーのマスクをカイロ・レンが持っていた理由、カイロ・レンがダークサイドに陥ることになったスノークの正体などについて議論が交わされてきた。  『フォースの覚醒』で監督を務めたJ・J・エイブラムスからメガホンを受け継いだジョンソン監督は、そもそも本作の脚本を作る上では、何のヒントもなく、一から考えていったそう。「『フォースの覚醒』の脚本を J・Jから渡され、当時の撮影素材を見せてもらえただけだったんだ。『さあ、ここから君はどうしたいんだい?』と言われているような気分で最高だったよ」と振り返る。  残された謎をどう描いたのかについては、「レイの両親は誰なのか?についての答えを知り、『ああ、そうなんだ』となったとする。でもそれは本当に大切なことなのだろうか? それはただ興味深いだけのものなんだ」と前置きしたうえで、「だから僕は、レイの本当の居場所はどこなのか? レイはどこから来たのか? どこに属しているのか?という疑問であれば、僕にもその重みが理解できると思った。そういう謎や答えについて色々と考えることで、キャラクターたちに大きなインパクトを与えることができると思ったんだ」と明言は避けている。フォースが覚醒したレイやカイロ・レンには、何が起こるのか? 公開に向けて、ますます期待が高まる。  映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は12月15日より全国公開。

  • 映画『ブラックパンサー』より

    マーベル最新作『ブラックパンサー』、日本版特報映像が公開

    映画

     マーベル・スタジオの新作映画『ブラックパンサー』の日本版特報映像が解禁となった。冒頭の「マーベル・スタジオ」のロゴまでブラックに変身した映像は、漆黒のスーツをまとったブラックパンサーが繰り広げるアクションシーンなど、物語の壮大なスケール感が垣間見える内容となっている。@@cutter 『ブラックパンサー』は、2016年に公開された大ヒット作『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でデビューしたマーベル・スタジオの新ヒーロー。アベンジャーズのメンバーであるキャプテン・アメリカが持つシールドと同じ材質(ヴィブラニウム)からなる漆黒のスーツを身にまとい、鋭い爪と優れた戦闘能力で、世界中のファンが支持するキャラクターとして、マーベル・ヒーローの中でも単独作品が待ち望まれていた。  本作は、国王として統治する超文明国ワカンダの秘密を守るために世界中にスパイを放ち、国内外の敵と戦うという、これまでのマーベル・スタジオ映画にはなかったスパイ映画の要素を盛り込んだアクション・エンターテイメント作品に仕上がっている。  解禁された特報映像では、闇夜に紛れたブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)が犯罪者たちの頭上に現れ、アクロバチックな動作で敵を吹き飛ばしていく。敵は銃で攻撃するが、特殊な材質ヴィブラニウムで出来た漆黒のスーツは銃弾の衝撃を吸収し、すべて無効化。次々とシーンが切り替わっていくなか、スピード感あふれる生身のアクションが展開される。  さらに、美しく発展したワカンダ王国の自然あふれる平原や滝が映し出され、対照的な街中でのカーアクションシーンなど、めまぐるしく舞台が切り替わり、その後の展開に期待が膨らむ映像となっている。  監督は、ロッキー・シリーズとして歴代新記録を打ち立てた『クリード チャンプを継ぐ男』を手掛けたライアン・クーグラー。主演は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でもブラックパンサーを演じたチャドウィック・ボーズマン。ヒロインには『それでも夜が明ける』でオスカーをつかんだ女優のルピタ・ニョンゴ。さらに、『クリード チャンプを継ぐ男』に出演したマイケル・B・ジョーダンが、ブラックパンサーの秘密を狙う敵として登場する。  映画『ブラックパンサー』は2018年3月1日より全国公開。

  • マーベル最新作『ブラックパンサー』ティザービジュアル解禁

    マーベル最新作『ブラックパンサー』ビジュアル解禁に映画ファンから大反響

    映画

     マーベル・スタジオが放つアクションエンターテイメント最新作『ブラックパンサー』の日本版タイトルと公開日が決定。ティザービジュアルも公開され、SNS上では「公開が楽しみ」「ポスターかっこいい!」「ブラックパンサー楽しみすぎる!」など、情報解禁を待ちわびていたファンからさまざまな反響が寄せられている。@@cutter 映画『ブラックパンサー』は『アベンジャーズ』などで知られる、マーベル・シネマティック・ユニバース作品。超文明国の若き王。そして、鋭い爪と漆黒の戦闘スーツに身を包む“2つの顔”を持つ男であるブラックパンサーことティ・チャラが、国の有する秘密を守るため、世界をまたにかけた戦いへと挑む。  『クリード チャンプを継ぐ男』のライアン・クーグラーがメガホンを取り、主演は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でもブラックパンサーを務めたチャドウィック・ボーズマン、ヒロインにルピタ・ニョンゴ。マイケル・B・ジョーダンが、ブラックパンサーの秘密を狙う敵として登場する。  解禁されたティザービジュアルで描かれているのは、高台から国を見下ろすブラックパンサーの姿。そこに綴られているのは「国王とヒーロー…2つの顔を持つ男。」というキャッチコピーだ。  ビジュアル公開に伴いSNS上ではマーベルファンからの期待を込めた反響も続々。「ブラックパンサー超楽しみです」「めっちゃかっこいい!」「今から待ち遠しい」「ブラックパンサーはやく公開して」「かっこよくて惚れ惚れする」など、来年の公開を待ちわびる声が相次いでいる。  映画『ブラックパンサー』は、3月1日より全国公開。

  • 2015年「世界で最も美しい顔100人」の日本人トップの19位に選出された、石原さとみ

    「世界で最も美しい顔100人」1位はナナ! 石原さとみは19位で日本人トップ

    セレブ&ゴシップ

     映画情報サイトTC Candlerが毎年恒例の「世界で最も美しい顔100人」を発表。第26回となった2015年は、日本から石原さとみが日本人トップとなる19位に選出。ほか、桐谷美玲、AKB48の島崎遥香、佐々木希の3人が選出されている。1位は昨年に引き続き、2年連続でk-popガールズグループ「AFTERSCHOOL」のナナだった。@@cutter 石原は2013年に32位、2014年に25位と徐々に上昇していき、今年は3度目にして20位圏内にランクイン。昨年8位だった桐谷は今回4度目で31位、3度目の島崎は74位、6度目の佐々木は84位という結果になり、昨年と同じ4人が選出された形となった。  同ランキングは一般からの1000万件以上のサジェスチョンも考慮して、最終的に5万人のセレブに絞った後に上位100人を選出している。昨年も1位だったナナは2013年には2位にランクインしており、根強い高評価を得ている。2位に選出されたのは、女優のガル・ガドット。2014年は18位だったが、2016年公開予定の映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でワンダーウーマンを演じ、注目度が高まっている。  初エントリーでは、映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の女優マーゴット・ロビーが100位、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の新ヒロインに抜擢された女優デイジー・リドリーが93位にランクインした。  TC Candler発表、2015年「世界で最も美しい顔100人」トップ10は以下の通り。 1位 ナナ(韓国/「AFTERSCHOOL」歌手) 2位 ガル・ガドット(イスラエル/女優) 3位 ジョーダン・ダン(イギリス/モデル) 4位 エマ・ワトソン(イギリス/女優) 5位 ゴルシフテ・ファラハニ(イラン/女優) 6位 ライザ・ソベラノ(アメリカ・フィリピン/女優) 7位 クロエ・モレッツ(アメリカ/女優) 8位 カミーラ・ベル(アメリカ・ブラジル/女優) 9位 アナ・デ・アルマス(キューバ/女優) 10位 エミリア・クラーク(イギリス/女優)

  • 2015年「世界で最も美しい顔100人」

    2015年「世界で最も美しい顔100人」<フォト集>

    セレブ&ゴシップ

    映画情報サイトTC Candlerが毎年恒例の「世界で最も美しい顔100人」を発表。第26回となった2015年は、日本から石原さとみが日本人トップとなる19位に選出。1位から20位までをお届けします。

  • 現地時間15日に開催された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』イベントの様子

    『スター・ウォーズ』イベントにルピタ・ニョンゴ初登場 ハリソンも登壇で会場熱狂

    映画

     シリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開日に向け、世界中が盛り上がる中、米カリフォルニア州のアナハイム・コンベンションセンターにて開催されたディズニーファンイベント「D23EXPO 2015」に、監督のJ.J.エイブラムスをはじめ、本作の関連イベントに初登場となったルピタ・ニョンゴ含む新キャストたち、そしてサプライズゲストとしてハリソン・フォードが登場。会場は大きな歓声に包まれた。@@cutter イベント1日目にはディズニー社に多大な貢献をした人物に贈られる称号「ディズニー・レジェンド」の授賞式が行われ、ジョージ・ルーカスがR2‐D2、C‐3POと共に登壇し会場を盛り上げた。そして2日目は収容人員8000名を誇るホールでライブ・アクションの作品群のプレゼンテーションが行われ、『スター・ウォーズ』より、エイブラムス監督、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、ニョンゴらキャストに加え、ハリソンが登壇した。  エイブラムス監督は「『スター・ウォーズ』の世界で最も永続的な部分はストーリーの “ハート” の部分だと思う」と力説。その魅力について「とてもロマンチックで、そして愛らしく、でありながらミステリーや革新や深い意味合いがあり、フォースの力で全てがつながっている部分だね。ジョージ・ルーカスが作ったこの独特な世界観がものすごく素敵なんだ」とルーカス監督への賛辞を贈った。  ニョンゴは「私が『スター・ウォーズ』に関わることが出来ると聞いた時は唖然としたわ。だって、私自身作品を見て育ったんだもの。過去作の中ではケニヤ語が出て来て、身近に感じることができたので(出演を)すごく熱望していたの」と作品への熱い思いを明かした。  『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は12月18日全国ロードショー。

  • 第68回カンヌ国際映画祭

    「第68回カンヌ国際映画祭」フォト特集

    映画

    現地時間5月13日からフランスで開催中の「第68回カンヌ国際映画祭」。注目作品が集結し、豪華キャスト陣らが登場したフォトコール・レッドカーペットの様子をお届けします!(随時更新)

  • アカデミー賞に輝いた俳優たち

    シーンで振り返る…アカデミー賞に輝いた俳優たち<フォト特集>

    映画

     アカデミー賞授賞式まであとわずか。過去10年をさかのぼり、オスカーを獲得した俳優たちを映画のワンシーンと共に振り返ります。

  • 2014年「世界で最も美しい顔100人」

    2014年「世界で最も美しい顔100人」TOP50 フォト集

    セレブ&ゴシップ

    映画情報サイトTC Candlerが毎年恒例の「世界で最も美しい顔100人」2014年版を発表。今回、日本からAKB48島崎遥香、桐谷美玲、石原さとみ、佐々木希ら4人がランクイン!世界で美しい顔TOP50を写真と共にお届けします。

  • ルピタ・ニョンゴがエルモと一緒に“肌”の魅力を紹介

    オスカー女優ルピタ・ニョンゴがエルモと共演! セサミストリートで“肌”の魅力を紹介

    気になる

     オスカー女優ルピタ・ニョンゴがアメリカの子供向け番組『セサミストリート』に出演し、赤毛のモンスター・エルモと一緒に“肌の役割”や“肌の色”の魅力について紹介した。@@cutter 『それでも夜は明ける』(13)で第86回アカデミー賞助演女優賞を受賞したメキシコ出身の女優ルピタ。世界が認める実力に加え、美しいブラウンカラーの肌と洗練されたファッションでも多くの女性の支持を集めている。  そんな“肌”を個性とするルピタは、番組で「全ての動物は肌で覆われているのを知ってる?」と投げかける。「なぜ?」と質問するエルモに「皮膚は体を守るためにあるの。そして固い、柔らかい、熱い、冷たいなど、多くを感じとることができるのよ」と教える。エルモをくすぐり「くすぐったがることもできるわ!」と戯れる姿が微笑ましい。  そしてエルモが「ルピタの肌は美しいブラウンだね!」と感嘆すると「それが何よりも私が一番好きな肌の役割よ!肌は様々な色と影を生むの」と話し「I LOVE MY SKIN!!」と締めくくっている。  動画投稿サイト・ユーチューブでは、この動画を見た多くの女性から彼女への賛同と称賛のコメントが寄せられている。

  • 多彩な才能を持つファレル・ウィリアムスがアカデミー会員に! 

    ファレル・ウィリアムス、映画芸術科学アカデミーの会員に選ばれる

    映画

     音楽プロデューサーで歌手のファレル・ウィリアムスが、アカデミー賞の受賞者を選考する映画芸術科学アカデミーの会員になった。@@cutter アカデミーから、最新のメンバーとして認定を受けたファレルは、今年のアカデミー賞で『怪盗グルーのミニオン危機一発』の主題歌『ハッピー』が歌曲賞にノミネートされていた。  同アカデミーのシェリル・ブーン・アイザックス会長は「今年の新会員たちは最も才能があり、クリエイティブで、現在の映画業界で情熱を注ぐ製作者など逸材がそろっています。彼らの貢献によって、世界中の観客が映画を楽しみました。新会員をアカデミーに迎えられることを誇りに思います」と語っている。  また、ルピタ・ニョンゴとマイケル・ファスベンダーも同アカデミーからの会員への招待を受けている。ルピタは『それでも夜は明ける』での演技が評価され助演女優賞に輝き、マイケルも同じく『それでも夜は明ける』での助演男優賞へノミネートを果たしていた。

  • リーアム・ニーソン主演最新作『フライト・ゲーム』 場面写真

    リーアム・ニーソン主演『フライト・ゲーム』手に汗握る予告&場面写真解禁

    映画

     『96時間』シリーズなどで知られるリーアム・ニーソン主演最新作『フライト・ゲーム』。高度1万2000mの大西洋上空を飛行する旅客機を舞台にしたフライトサスペンスアクションの本作は全米初登場No.1を皮切りに、世界各国でオープニング興行収入No.1の大ヒットを記録している。そして9月6日の日本公開に先駆け、遂に予告編と場面写真が解禁となった。@@cutter 本作は、『シンドラーのリスト』でアカデミー賞ノミネートを受賞した演技力と、『96時間』で極めたリアルなアクションを兼ね備えたリーアムの他、同賞4度ノミネートのジュリアン・ムーアや、『それでも夜は明ける』で本年度アカデミー賞助演女優賞を受賞したルピタ・ニョンゴら実力派俳優陣が共演。監督は、リーアムと『アンノウン』でも組んだジャウマ・コレット=セラが務める。  解禁となった予告編は、警備の為に飛行機に乗り込んだ航空保安官ビル(リーアム・ニーソン)のもとに「これから20分に1人ずつ乗客を殺す」「1億5千万ドルを指定口座に送金しろ」という不審なメールが届くところから始まる。  そして予告通り1人目の犠牲者が出てしまい、守るべき146人の命が、146人の容疑者に変わってしまった飛行機内。追い込まれ、犯人と思しき乗客を次々と取り締まっていくビル。しかし、犯人が指定した口座の名義は、なんとビル自身のものだった…。すべてを疑わずにはいられないノンストップな展開に、手に汗握る予告編となっている。  『フライト・ゲーム』は9月6日、新宿ピカデリーほか全国ロードショー。

  • 『スター・ウォーズ』最新作への出演が正式発表されたルピタ・ニョンゴ

    『スター・ウォーズ7』にオスカー女優ルピタ・ニョンゴが出演

    映画

     既に撮影が始まっている『スター・ウォーズ』最新作『Star Wars:Episode VII(原題)』に、先に出演がウワサされていたオスカー女優ルピタ・ニョンゴがキャスト入りしたことが明らかになった。@@cutter Star Warsの公式サイトやツイッターで正式発表があり、今回、ルピタの他に人気海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のブライエニー役で知られるグウェンドリン・クリスティーの出演も明かされた。  ルーカス・フィルムのキャサリーン・ケネディ会長は「ルピタとグウェンドリンがEpisode VIIのキャストの仲間入りを果たすことに、この上なく興奮しています。この素晴らしい才能の共演が実現することに心が躍っています」と声明の中で伝えているが、ルピタとグウェンドリンの役柄については触れていない。  ルピタは去る3月、劇場長編デビュー作『それでも夜は明ける』(14)で第86回アカデミー賞助演女優賞に輝く前に、主要キャスト候補としてJ・J・エイブラムス監督と面談していたという話が関係筋から上がっていた。そしてメディアの問い合わせを受けたルピタの代理人からは、「口外できない」という返答があったとのことだった。これを受け、海外メディアやファンの間では、ルピタがオビ=ワン・ケノービの子孫やシスを演じる可能性があるとの憶測が出ていた。  一方、グウェンドリンは『ゲーム・オブ・スローンズ』のほか、ジェニファー・ローレンス主演の人気ヒット・シリーズ『ハンガー・ゲーム』の二部作最終章『The Hunger Games:Mockingjay』 Part 1とPart 2にも出演。『スター・ウォーズ』最新作では、190センチを超える長身を生かしキャスティングとなりそうだ。  『Star Wars:Episode VII(原題)』は全米公開と同じ2015年12月18日に日本公開予定。ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、マーク・ハミルなどのオリジナルキャストのほか、アダム・ドライバー、オスカー・アイザック、ジョン・ボイエガ、ドーナル・グリーソンなどの出演が決定している。

  • リーアム・ニーソン主演最新作『フライト・ゲーム』 9月6日、日本公開決定!

    リーアム・ニーソン、今度は空で奮闘!旅客機が舞台の『フライト・ゲーム』公開決定

    映画

     『96時間』シリーズのリーアム・ニーソン主演最新作『Non‐Stop(原題)』が、世界10ヵ国以上でオープニング興行収入の首位を獲得。その話題作が『フライト・ゲーム』という邦題で、9月6日からの日本公開が決定。そして、日本版ポスタービジュアルも解禁となった。@@cutter 本作は、高度1万2000メートルの大西洋上空を飛行する旅客機が舞台となるフライトサスペンスアクション。離陸した飛行機内で、航空保安官ビルの携帯に「1億5千万ドル送金しなければ、20分ごとに1人殺す」という匿名の脅迫メールが届いたところから、物語は始まる。  容疑者は乗客乗員146名。手がかりを探るほどに深まる謎、追う側と逃げる側の緊迫した頭脳戦が展開。やがて犯人の指定口座がビルの名義だと判明し、彼さえも容疑者リストに躍り出るという驚愕の展開に…。  『96時間』シリーズで極めたリアルなアクションと、『シンドラーのリスト』でのアカデミー賞ノミネートの演技力を兼ね備える名優リーアム・ニーソンが主演を務め、更に、同賞4度ノミネートのジュリアン・ムーア、『それでも夜はあける』で本年度アカデミー賞助演女優賞を受賞したルピタ・ニョンゴといった演技派俳優陣が脇を固める。  本作は全米で初登場No.1を記録し、その後世界各国でオープニング興収No.1が続出。9月6日の日本公開を前に、本日解禁となった日本版ポスタービジュアルでは、“全てを疑え。”というコピーや主人公のリーアムの鬼気迫る表情から、頭脳や肉体を駆使した壮絶な戦いが繰り広げられることを予感させる、スピード感溢れる仕上がりとなっており、映画本編への期待も高まる。

  • ルピタ・ニョンゴが「最も美しい人」に

    オスカー女優ルピタ・ニョンゴ、「People」誌が選ぶ「最も美しい人」に

    セレブ&ゴシップ

     米「People」誌が毎年恒例の「最も美しい人」を発表。映画『それでも夜は明ける』で第86回アカデミー賞助演女優賞に輝いた女優ルピタ・ニョンゴが、2014年の「最も美しい人」に選ばれた。@@cutter 「とても興奮することだった。本当に大きな賛辞だわ」と、ルピタは選ばれた喜びを表し、「People」誌の表紙を飾った自分を見て、マイノリティの少女たちに喜んで貰えたら嬉しいと語った。  ルピタは現在31歳。若い頃はテレビのイメージが与えた、明るい肌の色と風になびくような長い髪が美しいと思っていたそうだが、母親に「“あなたは美しいのよ”と言われ続け、あるとき遂に母親を信じるようになった」という。  今年も50名の「最も美しい人」が選ばれているが、ルピタに続くのは、スパイドラマ『The Americans(原題)』が好評なケリー・ラッセル。昨年に引き続きトップ10入りしているピンクとケリー・ワシントンはそれぞれ、昨年の10位から5位、2位から10位となっている。  「People」誌の「最も美しい人2014」トップ10は以下の通り。 1位 ルピタ・ニョンゴ 2位 ケリー・ラッセル 3位 ジェナ・ディーワン 4位 ミンディ・カリング 5位 Pink(ピンク) 6位 アンバー・ハード 7位 ガブリエル・ユニオン 8位 モリー・シムズ 9位 ステイシー・キーブラー 10位 ケリー・ワシントン

  • スティーヴ・マックィーン監督、木村佳乃、『それでも夜は明ける』舞台挨拶にて

    木村佳乃、同郷のスティーヴ・マックィーン監督と意気投合!次回作に出演決定!?

    映画

     アカデミー賞作品賞を受賞した『それでも夜は明ける』のスティーヴ・マックィーン監督が23日、都内にて行われた舞台挨拶に特別ゲスト・木村佳乃とともに登壇した。@@cutter 映画のプロモーションでは初の来日となったマックィーン監督は、アカデミー賞作品賞を受賞した感想を聞かれると、「疲れました(笑)本当に長い道のりだった。 賞とりレースからもう降りたいと思ったこともあった。でも皆さんがいかに奴隷制というテーマに関心を寄せているかを知った。このテーマを改めて活発に議論していく機会になったので報われたと思う」と手応えを語った。黒人監督として初の受賞については「嬉しいが、驚くことではない。黒人だろうが白人だろうがアジア人だろうが、機会があれば誰でも成し遂げられるはず。だから『それがどうしたの?』と言いたい」と力強く語った。  舞台挨拶には木村佳乃も登場。『ブラインドネス』など海外作品への出演経験もある木村に、マックィーン監督は「今、一瞬“ブラインドネス(盲目)”になって気づかなかったけど、言われてあの時の女優さんだとわかったよ!素晴らしい俳優、特に女優さんのことは覚えているものだね(笑)」と木村の登場を喜んだ。そして同じロンドン出身ということで意気投合。次回作のオーディションを受けたいという木村に、「オーディションなんか必要ないよ」と返す監督。二人のタッグが見られる日も近いかも!?  本作を鑑賞した木村は「いろいろ考えさせられる映画でした。冒頭で子供と引き離される女性が出てきましたが、私にも娘がいるので心が痛みました。現実に起こった出来事なんて信じられない。ルピタ・ニョンゴさんの演技も印象的。真に迫るもので素晴らしかったです」とコメント。監督も「ルピタやマイケル・ファスベンダーのように真実をダイレクトに表現できる役者はそうはいない」と絶賛した。

  • MTV Movie Awards 2014

    人気アーティスト&セレブが登場!「MTV Movie Awards 2014」フォト集

    セレブ&ゴシップ

    現地時間4月13日にMTV主催の映画賞授賞式「MTV Movie Awards 2014」が開催。会場に集まった、アーティストやセレブ達をご紹介いたします!

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access