ゲスの極み乙女。 関連記事

  • ドラマ『神ちゅーんず』メインカット

    私立恵比寿中学、新感覚音楽ドラマ主演 楽曲は川谷絵音プロデュース

    エンタメ

     アイドルグループ・私立恵比寿中学のメンバーが主演を務める音楽ドラマ『神ちゅーんず 』(仮)が4月からスタートすることが発表された。ゲスの極み乙女。の川谷絵音が音楽をプロデュースするほか劇中にも本人役で登場する。@@cutter 本作は、楽器ができない女子高生たちが、パソコンのデスクトップミュージック(DTM)で世界に通用する「神曲」作りに挑戦し、SNSを通じて世界に発信していく様を描く青春音楽群像劇。エビ中の柏木ひなたが主人公の十倉凛を演じるほか、仲間の女子高生役で安本彩花、小林歌穂、中山莉子、真山りか、星名美怜が共演する。  6人はそれぞれ、「ドラマを通じて音楽の深さを知ることができ、音楽の力を改めてたくさん感じています!」(柏木)、「それぞれいろいろな悩みを抱える女子高生が、DTMという音楽ツールを通じて、もがきながらも音楽を楽しむ姿が、あらゆる状況でみなさんの日常に重なるのでは」(安本)、「このドラマを観て気になった方がいたら、DTMや音楽に関わってほしい」(小林)、「音楽ドラマということでDTMを使い音楽を作ったり、思いっきり歌ったり踊ったりしています」(中山)、「個性の強いキャラクターたちが素敵な音楽と共にドキドキさせてくれると思うので、ぜひドキドキを楽しみながら見ていただけると嬉しいです」(真山)、「音楽に普段触れている方はもちろん、音楽をあまりご存じない方でも、共感できたり、音楽に興味を持っていただけると思います」(星名)と話している。  音楽プロデュース担当の川谷は、劇中で女子高生たちが生み出す楽曲のすべてを作曲したほか、エビ中によるドラマ主題歌『トレンディガール』と劇中歌『あなたのダンスで騒がしい』の2曲を作詞・作曲。「好きなように作らせて頂きましたが、すごくエビ中にとっても僕にとっても新しいものに挑戦できたかなと思います。川谷絵音本人役としてもドラマに少し出演させて頂いてますが、本人役の響きが新鮮過ぎて撮影の記憶があまりないです」とコメントしている。  ほかのキャストには、凜の母親役で阿佐ヶ谷姉妹・渡辺江里子、担任教師役で永野、喜多乃愛、工藤美桜、泉はる、デビット伊東らが顔をそろえる。  ドラマ『神ちゅーんず 』(仮)は、朝日放送にて4月7日より毎週日曜23時35分、テレビ朝日にて4月6日より毎週土曜26時30分放送。

  • 『TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS』に出演する休日課長(ゲスの極み乙女。)こと和田理生

    ゲスの極み乙女。の休日課長、『テラスハウス』新メンバーに

    エンタメ

     4人組バンド「ゲスの極み乙女。」のベーシスト・休日課長こと和田理生が、リアリティ番組『TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS』(フジテレビ系/毎週月曜24時25分)に新メンバーとして参加することが分かった。和田は「人生の流れを変えたいです!」と意気込みを見せる。@@cutter 同番組は、縁もゆかりもない男女6人が集まり、共同生活を送るシェアハウスの様子を四六時中カメラで追いかけるリアリティショー。和田は、2019年1月21日放送の第42話から登場する。  この「テラスハウス」に入居することになったきっかけを、和田は「6年間彼女がいないと川谷絵音(ゲスの極み乙女。Vo./Gt.)と話していて、2人共に見ていた、『テラスハウスに入ってみたらいいんじゃない?』って話になり、すごい思い切って応募しました」と振り返る。  実際に入居してみると、「料理を作って、食べてくれる人がいるっていう事の喜びを一番感じました。インスタグラムに手料理を載せてますが、年に1、2回友人とかに作る機会があるくらいで、いつも自分のためにしか作らないので、最初に料理を作って、皆が喜んでくれた時が正直一番印象的な出来事でした」といい、さらに「かわいい女の子が3人いるっていう喜び!」と笑う。  3人の女性について、それぞれ好印象を抱いている和田だが、「彼女がいない歴6年間…、もう7年目に突入してしまう勢いなので、絶対彼女をみつけて人生の流れを変えたいです!」と宣言している。  『TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS』は、フジテレビ系にて毎週月曜24時25分放送。和田理生登場回は、2019年1月21日24時25分放送。

  • 『7.2新しい別の窓』にゲスの極み乙女。が出演

    『SMAP×SMAP』以来3年ぶり ゲスの極み乙女。と新しい地図コラボに反響

    エンタメ

     稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が出演する月に1度の生放送番組『7.2 新しい別の窓(通称:ななにー)』(AbemaTV/毎月第1日曜17時)の第6回が2日に放送され、3人とゲスの極み乙女。のコラボライブに、「カッコイイ」「スマスマ見てるみたい」といった声が殺到した。 @@cutter ライブ前のトークでは、「お久しぶりですね。お元気でしたか? 僕らも、元気です!」と、約「3年ぶり」だという再会の喜びをかみしめた香取。ボーカルの川谷絵音は55枚目のシングル『愛が止まるまでは』などでSMAPに楽曲提供をしており、3人がゲスの極み乙女。とライブで共演するのは2015年の『SMAP×SMAP』以来、約3年ぶり。  ライブは、ゲスの極み乙女。の最新アルバム収録の『はしゃぎすぎた街の中で僕は一人遠回りした』でスタート。ゲスの極み乙女。らしい複雑だが心地よく流れ込むサウンドと3人の持つ空気感が絶妙にマッチし、SNSでは早速「サイコー!」「ゲス極さんの世界観やっぱり好きです」と感嘆の声が飛び交った。  2曲目に草なぎ&香取の曲『Kiss is my life.』を挟むと、3曲目は稲垣が『颯爽と走るトネガワくん』でコラボ。「川谷さんと吾郎さんの声すごく合ってる」「吾郎さんの声とゲス極の曲の相性良すぎてビックリ」と、絶賛の声が寄せられた。最後は再び3人がそろい、ゲスの極み乙女。の代表曲『ロマンスがありあまる』を、3人のダンス付きで披露した。  奇しくも2016年にワイドショーの俎上に上がり続けた2組のコラボに、視聴者からは「ゲス極さん、ありがとう!」「スマスマを思い出さずにはいられない」など感動の声が寄せられた。川谷も自身のSNSで「本当は色々思い出して泣きそうだった。凄いよ新しい地図。音楽があればいつかまた繋がれる」と興奮を伝えていた。  『7.2 新しい別の窓』第6回は、Abemaビデオで8日まで無料で見逃し配信中。次回の放送は10月7日。

  • ベッキー、謝罪会見の嘘認める「報道後も気持ちはありました」と告白

    ベッキー、1月の会見の嘘認める「報道後も気持ちはありました」と告白

    エンタメ

     ロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(えのん)との不倫騒動で芸能活動を休止中のベッキーが、13日放送のトークバラエティ番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS)に出演し、騒動の真相を語った。@@cutter 番組冒頭でベッキーは、中居と対面しながら川谷の元妻に謝罪した経緯を語り、合わせてテロップで5月2日に謝罪したことも明かされた。そして番組ロケシーンでは中盤に登場し、開口一番「このたびは私事でご迷惑をお掛けし申し訳ございませんでした」と、涙声で謝罪。  番組ラストで、再び中居と二人での会話となり、1月に行った会見に対して嘘があったと告白。「恋愛関係でした。そこは子供の言い訳みたいでした。そうですね。気持ちが通った時点で不倫だと思いました」と、その関係を認めながら「夫婦関係は破たんしていると思っていたので、これは間違った恋だという認識もあったけど、でもそのうちお別れをするかもしれない、順番も違うかもという思いもあって」と、当時の心境を吐露。  また、会見前日に川谷と交わされたLINEでのやりとりについても「そのころは感情におぼれて、まだお付き合いしたいと思っていた」と、報道内容を全面的に肯定。  中居から現在の現在の気持ちを聞かれると、ベッキーは「好きではない」とキッパリ。報道直後は「正直気持ちはあったし、落ち着いたらまたそこから恋が始まるという思いもあった」と当時の思いを告白したが、「奥様の気持ちを知り、自分の罪の重さも知り、頭で『好きじゃない、好きじゃない』と考えて、心が追い付いていった」と心境の変化を語った。  最後に改めて「人としても最低なことをしてしまいました。いろんな人を傷つけてしまったことを深く反省しています。お許しはいただけないと思いますが、またこのテレビのお仕事をマイナスから頑張らせていただきたいと思います」と、涙ながらに謝罪。中居も「(話すことは)覚悟があったと思うし、今後も覚悟を持って頑張ろうね!」と励ました。

  • 桐谷健太、Mステに出演!「海の声」をBEGINと披露

    桐谷健太、BEGINと「海の声」披露 ゲス川谷絵音は歌詞に心境乗せた!?

    エンタメ

     俳優・桐谷健太が22日、テレビ朝日の音楽番組『ミュージックステーション』に出演。auのCMで披露しているオリジナル楽曲「海の声」を、同曲を提供をしたアコースティックバンドBEGINとともに披露した。@@cutter BEGINのメンバーとは、初対面でいきなり朝まで呑み明かすほど意気投合したと話す桐谷。また、BEGINメンバーの出身地である沖縄には、中学生の頃に初めて行ったそうだが、当時なぜか「懐かしい」という思いにとらわれたとも。司会のタモリから「前世は(沖縄に)いたのかもしれないね」と言われると、桐谷は「そうですね、(どちらかというと)南の方から来ている顔ですからね」と同意。自身の目鼻立ちがしっかりした顔も、沖縄に対する感情を強くするようだ。    またこの日は、タレントのベッキーと騒動の渦中にいるミュージシャン、川谷絵音が、自身が所属するゲスの極み乙女。とindigo la Endという2バンドを率いて登場。ゲスの極み乙女。は15日の放送に続き連続出演となる。この日は両バンドともにトークはなく、2バンドによるメドレー演奏のみが披露された。   この放送に対しネットでは、先述の騒動による非難の声や2バンド登場の絶賛など、様々なコメントが飛び交っている。なかでも、indigo la Endの披露した「心雨」の「ごめんね あなただけ 一人にさせてしまうかもしれない」というフレーズに対して、「歌詞がすごい響くな」「なんか、意味深だなぁ」など“歌詞”にも注目が集まっていた。

  • 『ラブライブ!』μ’s、『NHK紅白歌合戦』出場決定!

    <紅白歌合戦>『ラブライブ!』μ’s「悔いのないパフォーマンスをしたい」 乃木坂46も念願の初出場

    エンタメ

    『第66回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が26日、NHK放送センターにて発表され、初出場者7組が会見に登場。紅組はμ’s(ミューズ)、乃木坂46、Superfly、大原櫻子の4組、白組は星野源、山内惠介、ゲスの極み乙女。の3組が出席し、出場への喜びと意気込みを語った。@@cutter μ’sは、人気アニメ『ラブライブ!』に登場するアイドルグループの声を担当する女性声優9人組で、会見には欠席した南条愛乃以外の8名が出席。会見でメンバーは「私たちは普段、声優として活動させていただいているんですが、こうして紅白に出場できるのはうれしくて、信じられない気持ちでいっぱいです。『ラブライブ!』という作品の素晴らしさがたくさんの方に伝わるように、悔いのないように精一杯パフォーマンスしたいです」と意気込みを語った。  昨年も出場が期待されていたが惜しくも選ばれなかった乃木坂46。念願の初出場について、メンバーの生駒里奈は「結成する前は普通の女の子だったのですが、こうやって大好きな紅白歌合戦に出場することができて素晴らしいなと思います」と言葉を詰まらせ、涙を見せた。そして、「こんなにうれしいことを皆で共有できて、ファンにも伝えることが出来てうれしいです。パフォーマンスも乃木坂らしいものを伝えられるようにがんばります」と抱負を述べた。  会見当日の朝に出場の連絡をもらったという大原は、「実感はまだないですが、こんなにたくさんの記者に囲まれたのが初めてなので会見だけで緊張します。本番はどうなるんだろう」と不安を見せるも、「毎年、家族とか友達とかと『どっちが勝つんだろう』と本気で見ていた番組。一生懸命歌いたいと思います」と想いを伝えた。  星野は「小さなころから音楽番組が好きだった僕が出場できてうれしい。一生懸命がんばりたい」と意気込む。大病を患ってから、復帰後のこれまでを振り返り、「休み明けの、初めの方の仕事がNHKドラマの『紅白が生まれた日』だった。紅白の成り立ちを知って、憧れていたこの場所に戻ってこれて本当にうれしいです」と感慨深げに語った。  そのほかの初出場アーティストは、レベッカ、BUMP OF CHICKEN、三山ひろし。『第66回NHK紅白歌合戦』は、12月31日19時15分~23時45分NHK総合、ラジオ第1で放送予定。

  • 『第66回NHK紅白歌合戦』紅組司会の綾瀬はるか

    『第66回NHK紅白歌合戦』司会者・初出場歌手 発表会<フォト集>

    エンタメ

    大みそかの恒例番組『第66回NHK紅白歌合戦』の司会者が11月26日、同局放送センターで発表。紅組は綾瀬はるか、白組はV6井ノ原快彦、総合司会はNHKアナウンサー有働由美子、黒柳徹子が務める。初出場アーティストは10組が発表された。

  • 『ストレイヤーズ・クロニクル』 6月27日全国ロードショー

    岡田将生&染谷将太、特殊能力でバトル 「ゲスの極み乙女。」主題歌初披露の予告公開

    映画

     岡田将生、染谷将太ら注目の若手俳優と、『GANTZ』製作チームが贈る新感覚アクション映画『ストレイヤーズ・クロニクル』のポスターと予告編が遂に公開された。予告動画では、人気バンド「ゲスの極み乙女。」による主題歌「ロマンスがありあまる」も初披露されている。@@cutter 本作は、ベストセラー作家・本多孝好による原作を元に、ベルリン映画祭受賞の瀬々敬久監督と日本アカデミー賞優秀脚本賞の喜安浩平、『デスノート』『GANTZ』製作チームが手掛けた次世代アクション超大作。さらに岡田将生、染谷将太、成海璃子、松岡茉優、白石隼也ら、新進気鋭の若手俳優が名を連ね話題を呼ぶ。  特殊能力を持つ若者たちが死闘を繰り広げる本作だが、予告編映像で怒涛のアクションシーンが遂に公開。悲しき宿命を背負いながらも未来の希望を信じる昴(岡田)率いるチームスバルと、未来に絶望し人類の破滅を企てる学(染谷)率いるアゲハチームによる苛烈な戦いと苦悩が映し出される。  また、映像内で注目したいのが、「ゲスの極み乙女。」による初披露の主題歌「ロマンスがありあまる」だ。特殊能力を駆使しての新感覚アクション、若さゆえの危うさと切なさを一層盛り立ている。望まぬ力を持たされた両チームが闘う先に待ち受けるのは一体…。  さらに、本作は映画史上初、本編を107日連続配信することも決定。“大人になろうとしています。”をコンセプトに「0107(オトナ)・クロニクル」と題し、毎日6秒間の本編映像配信を行う。詳細はキャンペーン特設サイトまで。  『ストレイヤーズ・クロニクル』は6月27日全国ロードショー。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access