キャサリン・メーニッヒ 関連記事

  • 手前の3人(左から)キャサリン・メーニッヒ、ジェニファー・ビールス、レイシャ・ヘイリーが中心となって『Lの世界』新シーズンが始動

    女性たちの世界を描く『Lの世界』、8話構成の新シリーズが始動!

    海外ドラマ

     2004年から2009年にわたり、6シーズン放送された米Showtime局の海外ドラマ『Lの世界』。2017年にオリジナルキャストも参加する続編ドラマ企画が伝えられていたが、ついに8話構成で始動するという。TV Lineが報じた。@@cutter レズビアンやバイセクシュアルの女性たちの世界を描く『Lの世界』。ベット・ポーター役のジェニファー・ビールス、シェーン・マッカチョン役のキャサリン・メーニッヒ、アリス・ピエゼッキー役のレイシャ・ヘイリーが復帰し、製作総指揮も務める。  新シリーズにゴーサインが出たことを受け、ジェニファーは「さあ行くわよ。がっちり確定」、キャサリンも「さあ、行くわよ。みんな、すぐに会いましょう」、レイシャは「待つのは終わり! みんなともうすぐ会えるわ」とそれぞれツイートして、喜んでいる。  3人のキャラクターは自分の分身のような友人やパートナーを得ると共に、ロサンゼルスで愛や失恋、セックス、成功と挫折を経験する新しい性的マイノリティーのLGBTQIAキャラクターたちと交流するという。  8話構成の新シリーズは2019年後半の放送を目指しているそうだ。

  • 『Lの世界』オリジナルキャストで続編制作へ

    女性たちの世界を描く『Lの世界』、オリジナルキャストで続編制作へ

    海外ドラマ

     2004年から2009年の6シーズン続いたレズビアンやバイセクシュアルの女性たちの世界を描く人気海外ドラマ『Lの世界』。米ケーブルテレビ局のShowtimeでオリジナルキャスト&新キャストによる続編ドラマ企画が進行しているという。Entertainment WeeklyやThe Hollywood Reporterなどが伝えた。@@cutter オリジナルシリーズの共同企画・製作総指揮を務めたアイリーン・チェイケンが新シーズンの製作総指揮を務め、現在、新たな製作総指揮兼脚本家と共に続編企画を進めているという。  情報筋の話では、ベット・ポーター役のジェニファー・ビールス、シェーン・マッカチョン役のキャサリーン・メーニッヒ、アリス・ピエゼッキー役のレイシャ・ヘイリーが製作総指揮に名を連ねるとのこと。新シリーズにゴーサインが出れば、もちろん出演するという。オリジナルシリーズからは他のキャストも参加する可能性があるが、現時点では決まっていない。  『Lの世界』のキャストとチェイケンは5月にEntertainment Weeklyの企画で顔を合わせたが、その時にシリーズへの復帰に意欲を見せていたという。2009年にシリーズ終了後、予想に反してレズビアン女性の人生を描く他のドラマが大して制作されなかったことを受け、『Lの世界』を復活させるべきかもしれないと感じていたとのことだ。

  • あの人たちも親戚!? 意外な血縁セレブが大集合

    あの人たちも親戚!? 意外な血縁セレブが大集合<フォト集>

    セレブ&ゴシップ

    家系を辿っていくと、全く無関係に思えるセレブ同士が遠縁だったことが明らかに。今回はそんな意外な繋がりが判明したセレブ達を紹介します。

  • キャサリン・メーニッヒが、エヴァン・レイチェル・ウッドと交際?

    『Lの世界』キャサリン・メーニッヒ、エヴァン・レイチェル・ウッドと交際か

    セレブ&ゴシップ

     海外ドラマ『Lの世界』で日本でも大人気となったキャサリン・メーニッヒが、映画『レスラー』でミッキー・ロークの娘役を演じたエヴァン・レイチェル・ウッドと「まるで恋人のように」振舞っていたと報じられた。@@cutter 今年5月に夫ジェイミー・ベルと破局したエヴァンは、先週末、ロサンゼルスでのハマー美術館イベントの際、庭でキャサリンと一緒にいるところを目撃されており、二人が友達以上の関係ではないかと噂が飛び交っている。  ある関係者は、New York Post紙に「エヴァン・レイチェル・ウッドはキャサリン・メーニッヒと一緒に来ました。そして2人は手をつないでいたりしてまるで恋人同士のようでしたね」と当時の状況を話しており、さらに2人が「一晩中寄り添っていた」と付け加えた。  ジェイミーとの間に1歳2ヵ月の息子を授かり、マリリン・マンソンとも婚約していた過去を持つエヴァンは、以前キャサリンを見たとき、「頭が動かなくなった」とツイートしていたことがある。「たった今、蚤の市でキャサリンを見たわ。私は頭が動かなくなって、その後走り去ってしまったの。彼女が大好き!!」とツイート。エヴァンに対しキャサリンは「挨拶してくれればよかったのに」と返信していた。  さらにエヴァンは当時「ニューヨークでプライド(同性愛者の地位向上を目指したイベント)が行われている間、キャサリンと私がタクシーの中で何時間も動けなくなる夢を見たわ。私達はただ眠りこけてしまったんだけどね」とツイートしている。  エヴァンは以前、「バイセクシャルであることは私の大きな一部でもあるし、長いことそうなの。女性だけとか、男性だけとかは言えないのよ。だって私は今までに男性に恋に落ちたことだってあるし、女性にだって恋に落ちたことがあるわ」と、自身がバイセクシャルであることをオープンに話していた。

  • キャサリン・メーニッヒ、『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』でクールなレズビアンを好演!

    キャサリン・メーニッヒ、『Lの世界』がお泊り会なら『レイ・ドノヴァン』は射撃場?

    海外ドラマ

     現在、海外ドラマ専門チャンネル「スーパー!ドラマTV」にて放送中の、スキャンダラスなハリウッドの裏側をハードボイルドに描いた海外ドラマ『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』。本作に出演中のキャサリン・メーニッヒが、アメリカで放送中のShowtime局で実施された、ファンからの質問に答える形で、作品の魅力や役柄について語った。@@cutter ハリウッドセレブたちのトラブルを、あらゆる手段を使って手際よく解決していく凄腕フィクサー、レイ・ドノヴァンの部下ニーナ役を演じているキャサリン。「とにかく脚本が素晴らしい」と絶賛し、「自分に誇れる仕事がしたくて、自分が見たいと思えるような作品に出たいと思った」とオファーを受けた理由を語る。また、ハリウッドのビッグネーム揃いのキャスティングに「夢見てたことが現実になった感じ。演技を見てるだけでレベルの高い授業を受けてるみたいだよ」と才能豊かなキャスト陣との共演を喜ぶ場面も。  キャサリンは、ゴージャスでセクシーな“彼女たち”のLAセレブライフを描いた大ヒット海外ドラマ『Lの世界』でクールなレズビアンのシェーンを演じて以降、世界中の“女性”を虜に。同性からの人気を獲得し“カリスマ的存在”となった。本作でもレズビアンという役柄であることから、シェーンを演じたことはリーナの役作りに役に立ったか? と質問されると「(シェーンもリーナも)2人とも強い女性だから役に立ったのかも」としながらも「でも、きっとリーナはシェーンのことを2秒で殺せると思うよ(笑)」と二人は全くの別人であると強調した。  また、女性だらけのドラマから、男性だらけのドラマになったことについては、「『Lの世界』がお泊り会なら、『レイ・ドノヴァン』はデートでLAの射撃場に行くような感じ」と表現し、エキサイティングな撮影現場を楽しんでいるようだ。  今後、演じたい役としてキャサリンが挙げたのは、ロックミュージシャンのパティ・スミス。「凄い量のリサーチが必要だろうけど、その時はコンピューターにかじりついて、図書館で関連資料をできるだけ沢山読むよ」と気合を見せた。  最後に「みんなが支えてくれるから光栄だし凄く嬉しい。『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』は、みんな頭がいいから楽しめると思うよ。いつも本当にありがとう。心の底からすごく感謝している」とありったけの感謝の気持ちをファンに投げかけた。  『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』は、海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTVにて毎週金曜22時ほか放送中。

  • 米エンターテインメント界が大注目の話題作!

    L・シュレイバー&J・ヴォイト競演!『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』放送決定

    海外ドラマ

     リーヴ・シュレイバー&ジョン・ヴォイトの2大俳優競演の海外ドラマ『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』が、海外ドラマ専門チャンネル「スーパー!ドラマTV」にて2014年3月に独占日本初放送することが決定した。@@cutter 本作は、ハリウッドの闇世界のトラブルを解決する“敏腕フィクサー”レイ・ドノヴァン(リーヴ・シュレイバー)と、父ミッキー(ジョン・ヴォイト)との確執を軸に展開するスリリングな最新大型エンターテインメント作品。また、第71回ゴールデングローブ賞(テレビ部門)において主演男優&助演男優賞のWノミネートを獲得している。  過激さやエッジの効いた娯楽性の高さに、批評家好みの芸術性を兼ね備えた作風で、既に全米ではシーズン2の放送も決定。クオリティの高さはキャストからもにじみ出ており、トニー賞受賞のリーヴ・シュレイバーと、アカデミー賞俳優ジョン・ヴォイトが共演。リーヴが作り上げた寡黙でクールなレイは、ハードボイルド小説の主役のように渋く魅力的。一方ミッキー役のジョンは狂気と冷血を表現。ほか、レイの妻アビーを演じるポーラ・マルコムソン、パーキンソン病を患うレイの兄テリーをエディ・マーサン、レイの部下でレズビアンのリーナを演じるキャサリン・メーニッヒら、実力派が顔をそろえた。  親子の壮絶な確執を軸に、過去に起きた出来事や家族が抱える問題の数々がサスペンスフルかつ重厚に描かれる一方で、華やかなハリウッドのセレブたちの深刻なトラブルと、それらを解決する過程がスリリングに展開する本作。この独創的なビジョンを作り上げたのは『サウスランド』『パブリック・エネミーズ』(脚本)を手掛けたアン・ビダーマン。ハードボイルド調の重厚な映像世界を演出しているスタッフには、ハリウッド大作やTVで活躍する才人達が集結。『ザ・ソプラノズ』のアレン・コールターを筆頭に、そうそうたる顔ぶれがエピソード監督を手掛けている。  レイ・ドノヴァンは、ハリウッドセレブたちのトラブルを解決する名うてのフィクサー。今日も朝から、バスケットのスター選手デオンテから女がドラッグの過剰摂取で死んでいるとの連絡が。映画プロデューサーのフェルドマンからは愛人の監視をするよう依頼される。そんなレイにとって今一番の問題は20年ぶりに仮釈放で出所した父ミッキーだ。レイとの再会を喜ぶミッキーだが、本心が見えない彼の存在が、周囲に不気味な影を落としていく…。  『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』は、スーパー!ドラマTVにて、2014年3月独占日本初放送。

  • どっちがどっち?双子同然のそっくりセレブ

    どっちがどっち?双子同然のそっくりセレブ フォト特集

    セレブ&ゴシップ

    顔が似ているセレブがいてもなんら不思議はない。なかでも双子級にそっくりな彼らを集めてみました!

  • アマンダ・セイフライド主演最新作「ファインド・アウト」公開決定

    「レ・ミゼラブル」「TIME」人気女優主演のスリラー映画、邦題&公開決定

    映画

     日本で大ヒットした「TIME/タイム」「レ・ミゼラブル」に出演し、人気急上昇中の女優アマンダ・セイフライド主演最新作「GONE(原題)」の邦題が「ファインド・アウト」に決定、2013年6月15日(土)より全国公開される。また、ポスタービジュアルも併せて解禁になった。@@cutter 「ファインド・アウト」は、全米であまりにも多発しているゆえに深刻な社会問題になっているミッシング・パーソン、すなわち“人が消える”という不条理な現象を題材にしたミッシングスリラー。  セイフライド演じるのは、かつて何者かに拉致されたと訴える若く美しい女性ジル。拉致されたと言うものの、証拠は何ひとつ見つからず、警察は彼女の妄想からくる虚言症と断定、事件の幕を閉じる。だがある朝、妹のモリー(エミリー・ウィッカーシャム)が失踪し、彼女は戦慄する。妹が拉致されたと確信する彼女だが、警察は信じてくれない。孤立無援の状況下、決死の覚悟で妹捜索へと乗り出す彼女は事件の恐るべき真相に迫っていく…。  今回、解禁されたポスタービジュアルでは、ジル(セイフライド)の不安げな表情に「すべて彼女の嘘なのか。」というキャッチコピーがあしらわれている。彼女が訴える事件は嘘なのか本当なのか、そして犯人は存在するのか否かの疑問を残すものとなっている。  その他のキャストは、ジェニファー・カーペンター(「エミリー・ローズ」)、ダニエル・サンジャタ(「ダークナイト ライジング」)、セバスチャン・スタン(「ブラック・スワン」)、ウェス・ベントリー(「ハンガー・ゲーム」)、キャサリン・メーニッヒ(「Lの世界」)。  「ファインド・アウト」は2013年6月15日(土)より新宿武蔵野館ほか他、全国ロードショー。

  • ヘイデン・パネッティーア

    ハリウッドの年おとこ&年おんなが大集合!へび年セレブフォト特集

    セレブ&ゴシップ

    新年あけましておめでとうございます。今年はへび年ということで、ハリウッドの年おとこ&年おんなセレブを集めてみました☆

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access