赤楚衛二 関連記事

  • 『思い、思われ、ふり、ふられ』に出演する(左から)赤楚衛二、浜辺美波、福本莉子、北村匠海

    浜辺美波&北村匠海“キミスイ”以来の共演 『思い、思われ、ふり、ふられ』実写&アニメ映画化

    映画

     咲坂伊緒の人気漫画『思い、思われ、ふり、ふられ』が、実写とアニメの両方で映画化されることが決まった。実写版では女優の浜辺美波がヒロインを務め、俳優の北村匠海が共演することも発表された。@@cutter 本作は、4人の高校生の男女の切なくすれ違う恋模様を描く青春ラブストーリー。原作漫画は集英社「別冊マーガレット」連載中で、次回6月号(5月13日発売)で完結予定。第63回小学館漫画賞少女向けマンガ部門を受賞し、単行本の電子版も含むシリーズ累計部数は、既刊11巻で450万部を突破している。  偶然出会ったタイプの全く違う山本朱里と市原由奈、朱里の義理の弟の山本理央と由奈の幼なじみの乾和臣は、同じマンションに住み、同じ学校に通う高校1年生。理央に憧れる由奈、朱里に言えない思いを抱える理央、秘密を抱える朱里、ある秘密を目撃してしまった和臣。それぞれの思いは複雑に絡み合い、相手を思えば思うほどすれ違っていくー。  実写版では、ヒロインの朱里役を浜辺が演じるほか、理央役を北村、由奈役を福本莉子、和臣役を赤楚衛二と、旬の若手実力派キャストが演じることで、登場人物たちの抱える葛藤や悩み、成長していく姿をよりリアルな物語として表現する。浜辺と北村の映画での共演は『君の膵臓をたべたい』(2017)以来。監督は『アオハライド』以来の咲坂作品のメガホンとなる三木孝浩が務める。  アニメ版は、『劇場版 ソードアート・オンライン‐オーディナル・スケール‐』のA‐1 Picturesが制作を担当。思春期の特別な時間にある4人の、ときめきや切なさといった細やかな感情、ささやかな成長を、アニメならではの表現で、よりドラマチックに描く。  以前から原作が大好きだという浜辺は、自ら演じる朱里の役柄について「朱里は人との距離のとりかたは器用ではありますが、傷つく怖さをちゃんと知っている女の子です」とした上、「朱里として、1度しかない青春を必死に、駆け抜けたいと思います」と意気込んでいる。  原作者の咲坂は「漫画でしかできない事、実写にしかできない事、アニメーションでしかできない事、この3つ全ての視点から楽しんでいただく事で、ふりふらという一つの作品を皆様の中で完結させていただければ幸せです」とコメントしている。  映画『思い、思われ、ふり、ふられ』は、アニメ版が2020年5月、実写版が同年8月、全国公開。

  • 『イノセンス 冤罪弁護士』に出演する(上段左より)趣里、杉本哲太、市川実日子、(下段左より)志賀廣太郎、小市慢太郎、正名僕蔵、赤楚衛二

    趣里&杉本哲太&市川実日子、『イノセンス 冤罪弁護士』出演決定

    エンタメ

     俳優の坂口健太郎が主演を務める2019年1月スタートのドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の追加キャストとして、女優の趣里、俳優の杉本哲太、女優の市川実日子の出演が発表された。そのほかに志賀廣太郎、小市慢太郎、正名僕蔵、赤楚衛二の出演も決定している。@@cutter 本作は、有罪率ほぼ100%といわれる日本の裁判で、冤罪を晴らすために執念と情熱、そして科学を武器に逆転劇に挑む弁護士の戦いを描くヒューマン・リーガルドラマ。主人公の弁護士、黒川拓を演じるのは、日本テレビのドラマ初主演となる坂口。拓に振り回される新米弁護士・和倉楓役に川口春奈、拓に力を貸す大学准教授・秋保恭一郎を藤木直人が演じる。  趣里が演じるのは、主人公・拓専属のパラリーガルで、一児の母でもある城崎穂香。数少ない拓の理解者を演じる趣里は「弁護士の方を補佐する役と真摯に向き合っていきたいと思います」とコメント。  杉本は、拓が所属する事務所の所長として、企業法務を請け負うエリート弁護士事務所を目指す別府長治を演じる。杉本は本作について「『冤罪』は重いテーマに聞こえますが、それを晴らす為のアプローチは見ていてスカッとするエンターテインメントになっていますので、是非楽しみにしていてください」と呼びかけた。  市川演じる有馬聡子は、冤罪事件の取材で拓に興味を持つテレビ局の報道ディレクター。市川は「ドキュメンタリー番組のディレクターの役としても私自身も、この作品が向かう先に、好奇心を持ってついて行きたいです」と意気込みを語った。  志賀は拓を後継者に考えている最年長弁護士・湯布院を演じ、拓と裁判で争う検察官・指宿役には小市、事務所の稼ぎ頭の弁護士・登別を正名、パラリーガルの石和役を赤楚が演じる。  ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』は、日本テレビ系にて2019年1月19日より毎週土曜22時放送(初回は15分拡大)。

  • 『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film』製作発表会見にて

    「過去一の変身」 仮面ライダービルド役の犬飼貴丈が自信たっぷり

    映画

     俳優の犬飼貴丈が12日、都内で開催された映画『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』製作発表会見に出席。北九州ロケでラーメンを堪能したと明かしたほか、「過去一の変身ができました」と作品の仕上がりに自信をのぞかせた。@@cutter ビルドせん滅計画が始動し、日本全国民がビルドの敵となる本作。主演の犬飼は、テレビシリーズの初期は変身ポーズがうまくできなかったと振り返り「悩んだ時期がものすごくあった」と告白。それでも「集大成といえるこの映画で、過去一の変身ができましたので、そこに関してはちょっと成長したのかなと思います」と自信をのぞかせた。  また、3000人のエキストラが参加した北九州での大規模ロケの合間には、大好物のラーメンを堪能したそうで「ラーメンの旅でした。北九州は」と笑顔を見せた。同作からは犬飼に加えて、赤楚衛二、高田夏帆、武田航平、越智友己、滝裕可里、水上剣星、上堀内佳寿也監督、劇場版ゲストの勝村政信、藤井隆が出席した。  当日は映画『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film』製作発表会見も併せて行われ、伊藤あさひ、結木滉星、濱正悟、横山涼、工藤遥、奥山かずさ、元木聖也、杉原輝昭監督、劇場版ゲストのココリコ・田中直樹が登場。  ルパンレッド役の伊藤は「歴史ある戦隊シリーズの映画で主役をやらせていただくということで、すごく大きな責任感を感じていました」とコメント。「ダブルレッドが中心のお話になっているので、快盗と警察という真逆の役割を超えた、二人の人間ドラマに注目していただけたら」と見どころをアピールした。一方、パトレン1号役の結木は「(撮影で)監督に半分殺されかけた」と言い、「本当に火薬を使ったりしていたので、そこは危なかったですけど、すごくいいシーンになっていると思います」と語った。  映画『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』、『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film』は、8月4日に同時公開。

  • 水上剣星の太ももをなでる赤楚衛二というカオス ※「武田航平」インスタグラム

    『仮面ライダービルド』出演者のセクシー“生足”コントに大反響

    エンタメ

     『仮面ライダービルド』(テレビ朝日系/毎週日曜9時)に出演中の俳優・武田航平が6日、共演者の水上剣星のセクシーな生足を活かした赤楚衛二のコント動画をインスタグラムに投稿。「めっちゃおもしろい笑」「本当に綺麗!! 女子かと思いました(笑)www」と多くの反響が寄せられている。@@cutter 作品の中では仮面ライダーグリスに変身する猿渡一海、仮面ライダーローグに変身する氷室幻徳、仮面ライダークローズに変身する万丈龍我と、それぞれかっこいいヒーローを演じている武田、水上、赤楚。だが、動画の中で、切りっぱなしのデニムからのぞく太ももをなで回しながら、「あぁ…いいですね~。気持ちいいですね~」とギリギリアウトなコメントをするのは赤楚の声。カメラマン担当の武田も「きれいですね~」と誘導するようなコメントをしている。  少しずつカメラが上に寄っていくと、されるがままだった水上が「やめて…」と色っぽく流し目を送る様子が映し出される。なでていた太ももの持ち主がヒゲを生やした34歳の男性・水上だと気付いた赤楚は、しばし呆然と見つめ合った後にカメラに向き直って「あ゛あ゛~!」と絶叫。気付いてなかった、という設定のコントのようだ。  これに対しファンは「剣星さんすべすべ…」「ひとりで爆笑してました笑 けんせいさんの『やめて…』がたまりません」「赤楚くんの絶叫に爆笑しましたw」「最後の航平くんの笑い声でつられて一人で笑っちゃいました」「なにこの楽しそうな現場wwwwサイッコーですねww」と大好評。「何やってんすか(笑)」と笑いながらツッコミを入れるファンも見られた。 引用:https://www.instagram.com/kouhei_takeda.official/

  • 犬飼貴丈、『仮面ライダービルド』制作発表に登壇

    新仮面ライダーの犬飼貴丈、憧れは水嶋ヒロ「天道さんになりたいと思っていた」

    エンタメ

     俳優の犬飼貴丈が、赤楚衛二、高田夏帆、越智友己 滝裕可里、水上剣星、前川泰之と共に2日、都内で行われた『仮面ライダービルド』の制作発表記者会見に出席。主演の犬飼は、お気に入りの歴代ライダーを聞かれると、水嶋ヒロが主人公の天道総司を演じた『仮面ライダーカブト』を挙げ、「小学生のときに天道さんになりたいと思っていたくらい憧れていました」と憧れの思いを語った。@@cutter 天才物理学者で驚異的な頭脳と身体能力を持つ桐生戦兎が、 仮面ライダービルドとして謎の怪人・スマッシュから人々を救おうと奮闘する姿を描く本作。主演の犬飼は、マネージャーとの食事中に出演を知らされたそうで、「今まで食べたごはんの中で一番おいしかったです」とニッコリ。「先輩方が築いた偉大な歴史を、そのバトンを繋いでいかなければいけない」と意気込みを語り、お気に入りの仮面ライダーについては『仮面ライダーカブト』を挙げ、「水嶋ヒロさん演じる天道さんがものすごくかっこよくて、小学生のときに天道さんになりたいと思っていたくらい憧れていました」と思い入れを明かした。  戦兎と運命を共にする万丈龍我にふんする赤楚は、出演が決まったことを最初に親に報告したそうで、「親孝行になったのかなって、少しは思います」と照れ笑い。「元格闘家の役なので、生身で戦うことが多いんですけど、そこを注目していただけたら」と見どころをアピールし、「自信とはまた別なんですけど、しっかり準備してきたというのはあります」とアクションに手ごたえを感じているようだった。  一方、ヒロインの石動美空を演じる高田は、いつもパジャマを着ている美空とは対照的に、自宅ではクラスTシャツを着ていることを告白し、「ずぼら女子なんです」と苦笑して会場を沸かせた。当日は、水上が東都政府首相補佐官兼、東都先端物質学研究所所長の氷室幻徳を、越智が氷室の秘書・内海成彰を、滝がフリージャーナリストの滝川紗羽を、前川が美空の父親・石動惣一を演じること、そして主題歌がPANDORA feat. Beverlyの『Be The One』であることも発表された。  『仮面ライダービルド』はテレビ朝日にて9月3日より毎週日曜9時放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access