島﨑信長 関連記事

  • 『移動都市/モータル・エンジン』日本語吹き替えキャスト(上段左から)石川由依、島﨑信長、大塚芳忠、大塚明夫(下段左から)嶋村侑、朴ろ美、下野紘

    石川由依、島崎信長ら『移動都市/モータル・エンジン』吹き替え版キャストに

    映画

     『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』のピーター・ジャクソン監督が映画化した『移動都市/モータル・エンジン』の日本語吹き替え版キャストが発表され、声優の石川由依、島崎信長、嶋村侑、下野紘らが出演することが分かった。@@cutter 本作はたった60分で文明を荒廃させた最終戦争後、残された人類が移動型の都市を作り出し、他の小さな都市を駆逐し、捕食しながら生き続けるという“都市が都市を喰う”弱肉強食の世界を描いた冒険ファンタジー。  主人公のへスター役を、アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』で主人公ヴァイオレット・エヴァーガーデンや、アニメ『進撃の巨人』でヒロインのミカサ・アッカーマンを演じた石川が務める。  鬼才ピーター・ジャクソンが新たに描き出す壮大な世界の一員になることについて、石川は「どんなに過酷な状況でも目的を遂行するために熱く立ち向かうヘスターの強さや怒りを、しっかりと演じていきたいです」と意気込みを語る。  何者かによってロンドンから放り出されヘスターとともに冒険の旅に出る青年トム役には、アニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション』でユージオや、アニメ『Free!』で主人公の七瀬遙を演じた島崎。島崎は「子供の頃からロード・オブ・ザ・リングが大好きで吹替え版を家族でよく見ていたので、まさか大人になって自分が声優として参加させていただけるなんて、とても光栄に思います」とコメントを寄せている。  また、聡明で探究心に溢れたヴァレンタインの娘キャサリン役に嶋村、キャサリンと共にロンドンの秘密を暴こうと奮闘するベヴィス役に下野が決定した。  そのほかにも、巨大移動都市ロンドンで圧倒的な権力を持つ男ヴァレンタイン役に大塚芳忠、へスターやトムをサポートする反移動都市同盟リーダーのアナ役には、アニメ『鋼の錬金術師』で主人公エドワード・エルリックを演じた朴ろ美、へスターの命を狙う謎の追跡者シュライク役には、『攻殻機動隊S.A.C』シリーズのアニメや実写映画版でバトーを演じた大塚明夫らベテラン声優陣が決定している。  『移動都市/モータル・エンジン』は3月1日全国公開。

  • テレビアニメ『斉木楠雄のΨ難』完結編ティザービジュアル第2弾

    アニメ『斉木楠雄のΨ難』完結編、第2弾ティザービジュアル解禁

    アニメ・コミック

     アニメ『斉木楠雄のΨ難』の新作アニメ『斉木楠雄のΨ難』完結編より、ティザービジュアルの第2弾が公開された。@@cutter 『斉木楠雄のΨ難』の原作は「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された、麻生周一による累計発行部数600万部超えのコミック。テレビアニメ第1期、第2期の放送に加え、山崎賢人主演で実写映画も製作されている。  公開されたティザービジュアルは、原作漫画のラストエピソードである「忍舞(おしまい)市」の旅行へ向かう楠雄達の姿が描かれている。そこで斉木楠雄たちにさらなる災難が降りかかるのだが、そのような描写は一切なく、各々旅行を楽しんでいる様子。しかし、原作漫画のラストエピソードで活躍した霊能力者・鳥束の姿が今回のキービジュアルに描かれていないのが、気になるところだ。  詳細は「週刊少年ジャンプ」ほかにて11月に公開される予定とのことだ。

  • テレビアニメ『斉木楠雄のΨ難』完結編ティザービジュアル

    『斉木楠雄のΨ難』新作アニメ制作決定&ティザービジュアル公開

    アニメ・コミック

     2度のTVアニメ化と実写映画も公開された『斉木楠雄のΨ難』の新作アニメが制作決定。併せて、主人公・斉木楠雄が描かれたビジュアルも公開された。@@cutter 『斉木楠雄のΨ難』の原作は「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された、麻生周一による発行部数累計600万部超えのコミック。テレビアニメ第1期、第2期の放送に加え、山崎賢人主演で実写映画も公開された。  本作は、6月26日に放送されたテレビアニメ第2期の「最終χ(かい)」にて、主人公であり超能力者・斉木楠雄(CV:神谷浩史)が、「まだ誰も見たことが無い新作アニメだと?『斉木楠雄のΨ難』次回でまた会おう」と新作アニメを予知しており、今回それが実現。最新作の発表とともに、いよいよ完結を迎えることも明らかになった。  公開されたティザービジュアルには、楠雄のトレードマークであり、超能力をコントロールするための頭の制御装置、さらに「直接目で見たものを石化してしまう」能力を防止する緑色メガネが描かれておらず、「ついに完結か…」という楠雄のセリフが示す「完結編」に謎が深まる一枚となった。続報は10月に発売される「週刊少年ジャンプ」ほかで公開予定だ。  また、12月1日にテレビアニメ第2期のスペシャルイベントが開催されることも明らかになった。斉木楠雄役の神谷をはじめ、燃堂力役・小野大輔、海藤瞬役・島崎信長らメインキャスト、新キャラクターとして登場した明智透真役・梶裕貴ほか、豪華キャストが一挙集結する。

  • (後列左から)沢城千春、河西健吾、西山宏太朗、江口拓也、濱野大輝、青柳尊哉 (前列左から)前田玲奈、羽多野渉、森川智之、島崎信長、八代拓

    アニメ『トネガワ』に羽多野渉、島崎信長、江口拓也ら 黒服で意気込み

    アニメ・コミック

     7月より日本テレビ「AnichU」枠で放送される、TVアニメ『中間管理録トネガワ』の追加キャストが16日発表された。同日、都内で記者会見が行われ、主人公である利根川幸雄役の森川智之をはじめ、解禁となった声優陣が意気込みや見どころを語った。@@cutter 同作は、福本伸行による人気マンガ『賭博黙示録カイジ』のスピンオフで、カイジの宿敵である帝愛グループのナンバー2・利根川幸雄を主人公とした物語。債務者たちによる「死のゲーム」の企画を命じられた利根川が、会長と黒服の間で苦悩する姿を描く。  解禁となったのは、利根川の部下の黒服たち。山崎健二役を羽多野渉、左衛門三郎二郎役を島崎信長、海老谷役を八代拓、川崎敏政役を西山宏太朗、中田役を濱野大輝、堂下浩次役を江口拓也、萩尾純一役を河西健吾、菊地役を青柳尊哉、長田役を沢城千春、西口冴子役を前田玲奈が演じる。そして、帝愛グループの会長・兵藤和尊役を津嘉山正種、伊藤開司(カイジ)を萩原聖人がシリーズに続き続投する。  この日はキャスト全員、作品になぞらえ黒スーツ姿で登壇。森川は「アフレコはこの恰好です。みんなスタジオに来てから着替える」と冗談で笑わせつつ、「とってもインパクトのある人気がある作品でキャスティングされて光栄。責任重大なので頑張って演じていく」と意気込みを語った。また「利根川は、日本語吹き替えを担当しているトム・クルーズと全然違う雰囲気。だけどある意味では利根川もかっこいいところもある。利根川のかっこよさを垣間見てくれたら」と話した。  既にスタートした収録の雰囲気は「めちゃくちゃ明るくて楽しい。みんな原作ファンなので、あのシーンこのシーンを演じられるのでテストの時はずっと笑っている」と森川。これまでアニメでカイジを演じた萩原が出演しているとあって、島崎は「ちょっとカイジが出てくるのですが、生カイジが聞けてざわざわしました」と感激した様子で振り返った。  黒服は全員サングラスに黒スーツで見分けがつきにくいが、各声優にディレクションがあり、江口は「僕は“熱血”というキーワードをいただいた。見て感じ取っていただければ」といい、沢城は「カイジで登場するセリフ『キンキンに冷えてやがるっ…!』を言わせてもらった時、ディレクションで『(実写版カイジを演じた)藤原竜也さんのように』と言われた。沢城なりの藤原竜也さんを感じていただければ」と見どころをアピール。島崎は「利根川は理想の上司。仕事に疲れたサラリーマンの方が見て明日頑張るためのエネルギーになってほしいですね」と語った。  TVアニメ『中間管理録トネガワ』は日本テレビ「AnichU」枠にて7月より放送。

  • アニメ『VANISHING LINE』ソード役の関智一

    アニメ『VANISHING LINE』キャラクターデザイン発表! 声優陣のコメントも

    アニメ・コミック

     10月より放送がスタートする新アニメ『VANISHING LINE』のキャラクターデザインが発表となった。主人公ソードは鋼の肉体を持つタフガイ。ヒロインのソフィはボーイッシュな風貌のどこにでもいそうな少女。ほか、ソードの相棒・ルークや謎が多い美女のジーナなど個性あふれるキャラクターたちが作品を彩る。@@cutter 本作は高度に発展した都市・ラッセルシティを舞台に、巨大な陰謀を防ぐために戦う男・ソードの活躍を描くアニメオリジナル作品。主人公ソードは闘いのさなか、ソードはソフィという少女と出会う。二人は互いに見えない絆を感じ、行動を共にするように。そして、それぞれの想いが交錯する旅が始まった。  ソード役の関智一は「物語の世界観に胸踊りました。アクションシーンの演出にも期待が膨らんでいます。良い意味で期待を裏切る仕上がりになると思いますよ」とアピール。行方不明の兄を探すソフィー役の釘宮理恵は「ソフィはボーイッシュな風貌ですが、内面はどこにでもいるような普通の女の子。心情を丁寧に追ってお芝居していきたいと思っています。和やかな雰囲気の収録現場で、周りの方にいろいろお話を伺いながら臨んでいます。みなさまに楽しんでいただけるよう、精一杯頑張ろうと思っています」と意気込む。  常に沈着冷静で言葉数が少ないルーク役の島崎信長は「ルークは、出だしはとにかくクールなんですが、なかなか人間味のある男なので、彼がどんな人間になっていくのかも楽しんでほしいと思います」と明かし、その美貌で世の男どもをたぶらかすジーナ役の小清水亜美は「ジーナは、クール&セクシー&ミステリアスな大人の女性、私にとってチャレンジな部分もありますが、演じていて新鮮で楽しく、とてもやりがいを感じています」ともらしている。  アニメ『VANISHING LINE』は10月よりテレビ東京ほかにて放送スタート。

  • テレビアニメ『斉木楠雄のΨ難』第2期、制作決定

    テレビアニメ『斉木楠雄のΨ難』、2018年初頭に第2期放送決定

    アニメ・コミック

     「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載中の同名人気漫画を原作としたテレビアニメ『斉木楠雄のΨ難』の第2期放送が決定した。23日に行われたイベント『テレビアニメ「斉木楠雄のΨ難」スペシャルイベント~さわげ!真夏のPK学園文化Ψ~』にて発表された。@@cutter 本作は、今夏連載5周年を迎え、コミックスの累計発行部数も500万部を突破し、10月には山崎賢人主演で実写映画の公開が予定している同名コミックが原作のテレビアニメ。主人公の高校生・斉木楠雄はテレパシー、サイコキネシス、透視、予知、瞬間移動、千里眼など、何でもかんでも自由自在に操る超能力者。誰もがうらやむその最強の能力は、実は本人にとっては災難を呼ぶ不幸の元凶。それ故、人前では超能力を封印。目立たず人と関わらず、をモットーにひっそり暮らしていた。しかし何故だか彼の周りには、いつも不思議な人間(生き物)が集まって、次から次へと嵐のように災難が降りかかる…。  アニメ第1期は、2016年7月から12月まで放送されており、朝は人気番組『おはスタ』(テレビ東京系列にて月~金)内での放送、深夜は朝の放送をまとめた30分番組として放送し、朝晩のW放送として話題となった。  そしてこのたび、主人公・斉木楠雄役の神谷浩史や、小野大輔、島崎信長、日野聡、花江夏樹、岩田光央ら、豪華声優陣が大集結して行われた一大イベント『テレビアニメ「斉木楠雄のΨ難」スペシャルイベント~さわげ!真夏のPK学園文化Ψ~』が開催され、同イベント内でのサプライズとして新たに第2期の放送が発表された。  神谷、小野、島崎ら超豪華なキャストの続投はもちろん、新キャラクターも登場する、テレビアニメ『斉木楠雄のΨ難』第2期は2018年初頭放送予定。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access