岡田健史 関連記事

  • 『中学聖日記』で黒岩晶を演じた岡田健史

    『中学聖日記』岡田健史の真剣な姿を公開 “晶ロス”のファンが歓喜

    エンタメ

     ドラマ『中学聖日記』(TBS系)公式インスタグラムが25日、俳優の岡田健史の写真を公開。最終回を終えた後、“晶ロス”が続いているファンから歓喜の声が寄せられている。@@cutter 女優の有村架純が演じた教師・聖と、岡田が演じた教え子・晶の禁断の愛を描いた本作。18日に感動の最終回を迎えたが、同インスタグラムは「声録りしている晶 最終回のあの部分の声でした(左の画面に答えが) 最終回から、早いもので明日で1週間ですね」とのコメントで、岡田がブースに入っている様子を投稿した。  「左の画面に答えが」とあり、写真の中の岡田が真剣なまなざしを向けるモニターには「聖ちゃんが笑っていられますように 黒岩晶」とあるのが確認できる。最終回では、晶から届いた手紙を、聖が読み上げて涙する場面が描かれる。この手紙のシーンで放送された岡田の声を録音している際の様子とみられる。  ファンからはドラマに対するさまざまな感想が殺到。特に、最終回を迎えたこともあり「黒岩くんロスです」「まだまだ晶くんロス、中学聖日記ロスです。。」といった声が多く、それだけに「ロスになっているのでインスタUPされるのが嬉しいです」「ロス過ぎます インスタが救いです」といった感謝も寄せられていた。 引用:https://www.instagram.com/chugakuseinikki_tbs/ @@insert1

  • 有村架純、岡田健史

    有村架純&岡田健史ら『中学聖日記』最終回の観覧車前でオフショット

    エンタメ

     18日の放送で最終回を迎えたドラマ『中学聖日記』(TBS系)の公式インスタグラムが、本作に出演した女優の有村架純、俳優の岡田健史らのオフショットを公開。最終回の重要なシーンで撮影された姿にファンから反響が寄せられた。@@cutter 投稿された写真は、最終回のクライマックスに登場した観覧車を背景にした、岡田の後ろ姿を捉えたショット、有村と町田啓太の2ショット、さらに有村、岡田、町田、吉田羊の4人がそろった1枚だ。  最終回では、一切の接触・連絡を禁止された聖(有村)と晶(岡田)を会わせるために、勝太郎(町田)と律(吉田)が奔走。聖を観覧車に乗せ、律のスマートフォンを使い、地上にいる晶と2人で話をさせるというシーンが描かれ、視聴者の深い感動を誘った。  最終回の感動が冷めやらぬうちに投稿されたこの写真にファンからは「めっちゃ良い終わり方やった」「もう中学聖日記ロスです」「続編待ってます」などのコメントが殺到した。 引用:https://www.instagram.com/chugakuseinikki_tbs/ @@insert1

  • (左から)岡田健史、町田啓太

    岡田健史&町田啓太の熱いハグにファン感動『中学聖日記』オフショット

    エンタメ

     俳優の町田啓太が19日、自身のインスタグラムにドラマ『中学聖日記』(TBS系)のオフショットを投稿。俳優・岡田健史と熱いハグをする姿が、ファンの間で話題になっている。@@cutter 18日に感動の最終回を迎えた同作。女優の有村架純が演じる教師・末永聖と、岡田が演じる生徒・黒岩晶の“禁断の恋”を描いたラブストーリーの中で、町田は聖の婚約者・川合勝太郎を演じていた。  放送終了後の19日に「『中学聖日記』全11話 本当にありがとうございました」という言葉とともに町田が投稿したのは、同作のオフショット。1枚目はヒロインを演じた有村、そして勝太郎の上司を演じた吉田羊との4ショットで、2枚目には岡田とのハグの写真を投稿している。同作デビューの岡田は、町田とは初共演だが、2人のリラックスした表情からは撮影を通じて仲良くなれた様子がうかがえる。  ファンからは「毎週火曜日が楽しみでした~勝太郎サイコーです」「素敵なドラマをありがとう。 勝太郎さん役が町くんでよかったです」といったドラマはへの反響のほか、「晶くんと勝太郎さんのハグ~」「黒岩くんとのツーショットは想いが募りますね1番素敵なドラマでした」「勝太郎さんと黒岩君のハグ~ ヤバ」といった声が集まっている。 引用:https://www.instagram.com/keita_machida_official/ @@insert1

  • 『中学聖日記』に出演する岡田健史

    岡田健史の涙に視聴者もらい泣き! 『中学聖日記』最終話

    エンタメ

     女優の有村架純主演のドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)の最終話が18日に放送され、晶(岡田健史)が聖(有村)を思って涙を流すシーンに、視聴者から「こっちの涙止まらん」「普通につられた」「滝のような涙が出ました」など、感動の声が多数ネット上に寄せられた。@@cutter※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。  「未成年者誘拐罪の疑い」で警察署に連行されてしまう聖。一緒にいた晶は取調べで、聖をかばう主張を続けるが、未成年ゆえに相手にされない。ようやく解放された後も、晶は愛子(夏川結衣)に携帯を取り上げられ、聖の連絡先を消されてしまう。後日、愛子から“会って話がしたい”と告げられた聖。しかし、当日待ち合わせ場所で聖を待っていたのは愛子の代理人弁護士。弁護士は聖に対して、晶への接触や連絡を禁止する誓約書を突きつける…。  晶は聖への思いを認めさせるため、国立大学への進学と受験に専念することを宣言。晶が「先生のこともいつかは…」と話し出すと、愛子はそれをさえぎるように「すべて終わってから。とにかく今は受験に集中して」と取り合わない。後日、愛子が自宅で弁護士と話をしているところに晶が帰宅。弁護士の存在や誓約書について何も聞かされていなかった晶は「どういうことだよ!」と激高する。このシーンに対してネット上には「弁護士と晶ママ邪魔すぎる!」「晶くんキレたぞ」「晶くん本気なのはわかるけど、弁護士に怒るなよ」などの反響が。  愛子から聖が誓約書にサインしたことを知らされた晶は、ショックを抑えきれず、一人で夜の街をさまよい歩く。ふと立ち止まると、彼の目からは大粒の涙が。晶はあふれる涙を拭おうともせずに、街角で一人、静かに泣き続ける。そんな晶の涙に対して視聴者からは「晶の涙綺麗すぎんか」「切ない」「本当に素敵な涙」といったツイートと共に「晶が泣いたらこっちの涙止まらんって」「普通につられた」「晶の涙を見た瞬間に滝のような涙が出ました」など“もらい泣き”を告白する投稿が殺到した。  さらに、晶を演じる岡田が、本作で初めて見せた泣きの演技に「すごい熱演!」「素晴らしい役者さんになってね」などの声も寄せられた。 @@insert1

  • 『中学聖日記』に出演する岡田健史

    『中学聖日記』ファン歓喜! 岡田健史がついに公式インスタグラム開設

    エンタメ

     俳優の岡田健史の公式インスタグラムが、18日に開設された。ファンからは待望の公式アカウントに歓喜の声が集まっている。@@cutter 同日夜、岡田が出演したドラマ『中学聖日記』(TBS系)が最終回を迎えた。本作で女優の有村架純演じる教師との“禁断の恋”に落ちる10代を堂々と演じきり、大ブレークを果たした岡田。最終回の放送が終了した直後に所属事務所の公式ツイッターが告知したのが、岡田のインスタグラムだった。  初投稿は「はじめまして、公式です。本人です。 これからもよろしくお願いします。 おやすみ」というシンプルなもの。写真では、岡田がりりしい眼差しで前方を見つめている。  ファンからは待望のインスタグラム開設に対しての歓喜の声のほか、ドラマを見たばかりと見られる視聴者からの絶賛の声も殺到。「今後の活躍楽しみにしてます」といった、岡田の今後の活躍に対する期待の声も集まっていた。 引用:https://twitter.com/spicepowerstaff    https://www.instagram.com/kenshi_okada_official/

  • 『中学聖日記』最終話場面写真

    有村架純&岡田健史のラストシーンに大反響 『中学聖日記』最終話(ネタバレあり)

    エンタメ

     女優の有村架純主演のドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)最終回が18日に放送され、聖(有村)が夕日の見える海岸で晶(岡田健史)と抱き合うラストシーンに、視聴者から「号泣」「いや〜泣いた!」「やっと結ばれた」などの声がネット上に多数寄せられた。最終話の平均視聴率は自己最高の9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。@@cutter※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。  「未成年者誘拐罪の疑い」で警察署に連行されてしまう聖。一緒にいた晶は取調べで、聖をかばう主張を続けるが、未成年ゆえに相手にされない。ようやく解放された後も、晶は愛子(夏川結衣)に携帯を取り上げられ、聖の連絡先を消されてしまう。後日、愛子から“会って話がしたい”と告げられた聖。しかし、当日待ち合わせ場所で聖を待っていたのは愛子の代理人弁護士。弁護士は聖に対して、晶への接触や連絡を禁止する誓約書を突きつける…。  愛子の代理人弁護士から提示された誓約書にサインをした聖は、日本を離れて海外で日本語教師として働くことを決意。晶は、原口(吉田羊)や勝太郎(町田啓太)の協力を得て、観覧車に乗った聖と電話で言葉を交わすことに。地上の晶は「聖ちゃんに幸せになってほしい。だからもう会わない」と決意を語ると、観覧車の中の聖は「私、日本を離れるの…黒岩くんが力をくれたの…会えて良かった」と思いを伝える。このシーンに対してネット上には「サイコーの演出」「ロマンチックすぎる」「最高に切ない」などの反響が寄せられた。  2人の別れから5年後。タイで子どもたちに日本語を教える聖。仕事が終わり、海岸に一人で立っていた聖は、海に沈んでいく夕日をスマートフォンで撮影しようとシャッターを押すと、彼女の背後からもシャッター音が。聖が後ろを振り返ると、そこにはスーツを着た晶の姿。この展開についてSNS上には「黒岩君きた!!」「鳥肌立った…」「まさか!?」などの声が上がった。  晶は聖に封筒を差し出す。それは5年前に聖が弁護士へ渡した誓約書だった。聖と晶は明るい表情で笑い合い、夕日をバックに熱い抱擁を交わす。このラストシーンに対して視聴者からは「号泣」「いや〜泣いた!」「やっと結ばれた」「ハッピーエンドで嬉しい」などのツイートが殺到。さらに「聖ちゃん良かった」「迎えにいった晶かっこいい」「二人の表情が本当に綺麗」などの声も寄せられていた。 @@insert1

  • 『中学聖日記』に出演する有村架純、岡田健史

    有村架純が満面の笑み! 『中学聖日記』キャスト陣の撮影終了の瞬間

    エンタメ

     18日に最終回を迎えたドラマ『中学聖日記』(TBS系)。最終回を前に、同作の公式ツイッター、インスタグラムが、ヒロインを演じた有村架純、岡田健史らのクランクアップショットを続々と公開。最終回を惜しむファンからのさまざまな反響が寄せられている。@@cutter 主役の末永聖を演じた有村架純は劇中に登場した花屋の前で、大きな花束を手に抱えたクランクアップショット。さらに黒岩晶を演じた岡田建史が花束を手にほほ笑む姿もアップされた。  晶(岡田)の同級生役の若林時英、小野莉奈&西本まりんは、それぞれ花束を抱えて、岡田と共ににっこり写真に映っている。  岡田扮する晶の母親を演じた夏川結衣のクランクアップショットは、岡田との役柄そのままの“親子”ショット。その友人を演じたマキタスポーツの姿も投稿されている。  さらに、吉田羊と町田啓太のクランクアップショットも。有村、岡田と共に写る4ショットは、スタッフによる「では、最後に弾けた感じで!飛び出せ青春!!」という謎の掛け声とともに撮られたものだそうで、吉田が岡田の胸ぐらをつかめば、町田がにっこりサムズアップするユニークなものに。  最終回を見終えたファンからは、一連のクランクアップショットに対して、思い思いの投稿が届いている。 引用:https://www.instagram.com/chugakuseinikki_tbs/    https://twitter.com/chugakusei_tbs

  • 『中学聖日記』に出演する有村架純、岡田健史

    今夜最終回『中学聖日記』有村架純、岡田健史ら“奇跡の4ショット”

    エンタメ

     今夜最終回を迎えるドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)の公式インスタグラムが、ヒロインを演じた女優の有村架純、俳優の岡田健史、吉田羊、町田啓太の4ショットを公開。運命の最終回を前に、ファンは「4人とも、幸せになってほしいです」「どうか、どうか、ハッピーエンドでお願いします」などと思い思いの反応を寄せている。@@cutter 本作は、かわかみじゅんこの同名コミックを実写化。女教師の末永聖(有村)が、勤務先の学校で出会った不思議な魅力を持つ10歳年下の学生・晶(岡田)らと織りなす人間模様を描いている。町田は聖の元恋人である川合勝太郎、吉田は勝太郎の会社の先輩・原口律を演じている。  「奇跡の4ショット」「ただし、4人のシーンがあるのかどうかは、まだ秘密です。答えは最終回にあります」というキャプションとともに投稿された写真には、有村、岡田、吉田、町田が揃って佇む様子が収められている。また「#最終回 #今夜 #まさかの #展開」というハッシュタグも添えられる。ドロドロの恋愛劇を演じてきた4人が、最終回にて相まみえることはあるのだろうか。  写真を見たファンは「まさかの展開・・・やめてぇぇぇ ドキドキするよーーっ!」「まさに奇跡のショット」「4人とも、幸せになってほしいです」「聖ちゃんと黒岩くんの身長差がたまらん」「どうか、どうか、ハッピーエンドでお願いします」「最終回…晶と聖のシーンがたくさん見たいです。終わって欲しくない…」など、これまで追いかけてきたドラマに対するさまざまな反応を寄せている。 引用:https://www.instagram.com/chugakuseinikki_tbs/ @@insert1

  • 『中学聖日記』最終話場面写真

    今夜『中学聖日記』最終回、有村架純と岡田健史の恋の行方は…

    エンタメ

     女優の有村架純が主演を務めるドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)の最終回が今夜放送される。最終回では、聖(有村)と晶(岡田健史)の禁断の恋の行方が描かれる。@@cutter 本作は、かわかみじゅんこが「FEEL YOUNG」(祥伝社)に連載中の同名コミックを原作にしたヒューマンラブストーリー。年上の婚約者がいながらも、勤務先の中学校で出会った10歳年下の中学生に心惹かれる女性教師の“禁断の恋”を儚くも美しく描いていく。  「未成年者誘拐罪の疑い」で警察署に連行されてしまう聖。一緒にいた晶は取調べで、聖をかばう主張を続けるが、未成年ゆえに相手にされない。  ようやく解放された後も、晶は愛子(夏川結衣)に携帯を取り上げられ、聖の連絡先を消されてしまう。後日、愛子から会って話がしたいと告げられた聖。しかし、当日待ち合わせ場所で聖を待っていたのは意外な人物だった。  全てを失い、厳しい現実を突きつけられた聖。募る晶への想いを胸に秘め、彼女が選ぶ道とは…。  ドラマ『中学聖日記』最終回は、TBS系にて今夜12月18日22時放送。 @@insert1

  • 「2018年大活躍した俳優」

    田中圭、平野紫耀、中村倫也、志尊淳、岡田健史…2018年大活躍した俳優たち

    エンタメ

     2018年も、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』や社会的ブームを巻き起こした『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)など、多くの話題作が生まれた。今回は、それらヒット作で存在感を発揮し、大ブレイクを果たした、注目の俳優6人を紹介しよう。@@cutter まずは、『半分、青い。』で、永野芽郁が演じたヒロイン鈴愛の良き理解者であるボクテを演じ、注目を集めた志尊淳を挙げたい。志尊といえば、『烈車戦隊トッキュウジャー』(テレビ朝日系)の主演・ライト(鈴樹来斗)役で知られる俳優だ。以降、多数のドラマ、映画に出演。着実に実力をつけ、今年はドラマ10『女子的生活』(NHK総合)でのトランスジェンダーの主人公役や、ドラマ『トドメの接吻』(日本テレビ系)で山崎賢人演じる主人公に恋するホスト役という、難しい役どころをたしかな演技力で演じきって話題を呼んだ。『女子的生活』では、雑誌「コンフィデンス」が主催する第11回コンフィデンスアワード・ドラマ賞主演男優賞を受賞。  さらに、弱小バスケチームの成長と奇跡を描いた青春映画『走れ!T校バスケット部』で主演を務めるなど、映画作品での活躍も目覚ましい。来年2019年には、ドラマ『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)、作家の百田尚樹の小説を原作とした映画『フォルトゥナの瞳』の公開も控えており、さらなる活躍が期待される。  次に挙げたいブレイク俳優は、5月にシングル『シンデレラガール』で鮮烈なデビューを果たしたアイドルユニットKing & Princeの平野紫耀。同曲は、CDの売れないこの時代に初週売り上げで57万枚超を記録し、続く2ndシングル『Memorial』も40万枚超と大ヒット。デビュー1年目にして紅白歌合戦出場も決定している。そんな平野だが、CDデビュー前に映画『honey』で主演を務め、4月期のドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(TBS系)でも主人公の相手役・神楽木晴役を印象深く演じ、俳優としての顔も確立している。一方で、バラエティー番組に出演すれば、「イケメンなのに天然な発言」が女子のハートをつかんでいる。アイドルとしての活動はもとより、俳優、さらにはバラエティー番組での活躍も楽しみな1人である。  ドS夫からマシュマロ男子、競艇好きのシェフ、ヤクザとまさに変幻自在な演技で、“カメレオン俳優”とも呼ばれついに大ブレイクを果たしたのが中村倫也だ。中村は、2005年に映画『七人の弔』で俳優デビューした、芸歴13年を数える中堅どころでもある。これまでも数々の映画、ドラマ、舞台に出演していたが、今年になって同時期にドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)、志尊と同じく『半分、青い。』、ドラマ『崖っぷちホテル!』(日本テレビ系)、映画『孤狼の血』と立て続けに出演し、そのあまりの変貌ぶりが話題に。自然体で人懐っこい素顔も相まって、一躍時の人となった。2019年も映画・ドラマ・舞台と、出演作が目白押し。破竹の勢いはまだまだ止まりそうもない。@@separator すでに数年前より俳優として高い評価を得ていたものの、今年、さらにファン層を拡大した俳優もいる。まずは、ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で社会現象を巻き起こした田中圭だ。同作ではダメダメなのにかわいらしくて愛しい、愛されキャラ春田を演じ、大ブームを巻き起こした。そんな田中は、今年度は計4作のドラマにレギュラー出演。出演映画も『スマホを落としただけなのに』など3作が公開されている。  さらにもう1人、石原さとみが主演したドラマ『アンナチュラル』(TBS系)の中堂系役で再注目された井浦新も忘れてはならない。その後もドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)、映画『菊とギロチン』『止められるか、俺たちを』など引っ張りだこの様子。2019年も映画・ドラマに欠かせない俳優となりそうだ。  最後に、平野と同じ「2018年デビュー」で忘れてはいけないのが岡田健史だ。今年デビューした現在19歳。その後、初めて演技をしたドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)で現在大ブレイク中だ。本作は、有村架純が主演を務める教師と教え子の中学生男子の切ない恋を描いた物語だが、岡田はこの作品で純粋で、まっすぐで熱い10代の男子を熱演。世の女性の心を鷲づかみにした。2019年の活躍が最も期待される俳優の1人といえよう。

  • 『中学聖日記』に出演する岡田健史、有村架純

    岡田健史、有村架純の電話に笑顔「かわいすぎ」と反響 『中学聖日記』第10話

    エンタメ

     女優の有村架純主演のドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)の第10話が11日に放送され、聖(有村)からの初めての電話を喜ぶ晶(岡田健史)の表情に視聴者から「ベストオブ可愛い」「かわいすぎる」「ご馳走様です」などの声がネット上に殺到した。@@cutter キャンプ場で一晩2人きりの時間を過ごし、ついに思いが通じ合った聖と晶。島を出る日、晶は愛子(夏川結衣)に連絡を取るが、メッセージを受け取った愛子の表情は何かを感じたのか曇ったままだった。  東京へ戻った聖を迎えたのは母・里美(中嶋朋子)。里美は聖と晶を再び引き離してしまう。翌日、改めて2人は愛子を訪ね、里美は娘のしたことについて謝ろうとするが、意を決した聖は晶に対する思いを愛子に正直に告げ…。  島を離れるフェリーの中で、晶は「今度こそ、かけてくれますか?」と自分の携帯番号を記したメモを聖に手渡す。東京へ戻り、晶は学校へ、聖は愛子に晶への思いを告げ、勤めていた小学校を退職する。  小学校を後にした聖は、携帯が壊れていたため、公衆電話から初めて晶に電話をかける。着信に気づき電話に出た晶は弾けるような笑顔で「先生…?本当に先生?」と一言。ここで晶が見せた喜びの表情に、視聴者から「ベストオブ可愛い」「メッチャかわいすぎる」「ご馳走様です」などの声が殺到した。  さらに愛子から、聖が自宅に訪問したことを聞かされていた晶は続けて「一緒にいられなくてごめん」と語り彼女を気遣う。このセリフに対してSNS上には「キュンキュンきたわ」「この言葉にはやられてしまいました」などの称賛が寄せられた。  その後、追ってきた愛子に気づき電話を切った晶。彼は少し不思議そうな顔で母を見つめる。聖との電話で見せた明るい表情から、一気にトーンが変わった岡田の演技に「とってもリアル」「上手くなったなぁ」「晶の心情を表情だけで物語ってて本当に凄い」などの投稿が集まっていた。 @@insert1

  • 『中学聖日記』に出演する有村架純

    有村架純、吉田羊に抱かれて涙…視聴者「切ない」の声 『中学聖日記』第10話

    エンタメ

     女優の有村架純主演のドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)の第10話が11日に放送され、傷心の聖(有村)が律(吉田羊)に肩を抱かれて涙を見せるシーンに視聴者から「切ないけれど美しい」「もらい泣き」「尊い」などの声がに多数寄せられた。@@cutter※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。  キャンプ場で一晩2人きりの時間を過ごし、ついに思いが通じ合った聖と晶(岡田健史)。島を出る日、晶は愛子(夏川結衣)に連絡を取るが、メッセージを受け取った愛子の表情は何かを感じたのか曇ったままだった。  東京へ戻った聖を迎えたのは母・里美(中嶋朋子)。里美は聖と晶を再び引き離してしまう。翌日、改めて2人は愛子を訪ね、里美は娘のしたことについて謝ろうとするが、意を決した聖は晶に対する思いを愛子に正直に告げ…。  教師を辞めて新たな人生を歩み出そうとする聖。両親の元を離れるため新居探しをしていた彼女は律と再会する。聖は律に、晶への思いを貫くことと両親にこれ以上の心配をかけたくないと吐露。そんな聖を律は「聖ちゃん強くなった」と笑顔で励ますと、胸に手を置き「私は勇者の味方」と一言。この言葉に対してSNS上には「律さんやっぱりカッコいい」「これは惚れる」などの反響があった。  後日、新居のアパートを内見する聖。同行した律に対して聖は「おかげさまでここでやっていけそうです…何にもないけど…」と語り、前夜に晶から突然「もう冷めた、こういうのは止めよう」と告げられたことを明かすと、律は聖のそばに歩み寄り、彼女の肩をそっと抱いて「いいよ、泣いて」と語りかける。律が「これからは泣くのも笑うのも自由」と続けると、聖の目からは堰(せき)を切ったように涙がこぼれる。このシーンに視聴者からは「切ないけれど美しい」「綺麗な涙にもらい泣き」「涙を流す架純ちゃんが尊い」などのツイートが殺到した。  さらに聖を支える律に対して「大人の女性って感じがダダ漏れで素敵」「一番イケメン」などの称賛もネット上に寄せられた。 @@insert1

  • 『中学聖日記』のクランクアップを迎えた有村架純と岡田健史

    有村架純&岡田健史『中学聖日記』クランクアップ 最終話への思いを語る

    エンタメ

     女優の有村架純と俳優の岡田健史が、出演するドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)のクランクアップを迎え取材に応じ、18日放送の最終話に向けた思いを明かした。@@cutter かわかみじゅんこが「FEEL YOUNG」(祥伝社)に連載中の同名コミックを基に、女性教師と元教え子の“禁断の恋”を儚くも美しく描く本作。終盤に向け視聴者の熱い注目を集め、11日放送の第10話のラストでは衝撃の展開を見せ、最終話への期待も高まっている。  クランクアップを迎え有村は「まだ実感がない」と語るが、「毎話毎話、1シーン1シーン、大事にしてきたことが、ラストを迎えた時に、この4ヵ月、聖としてもがいたり苦しんだりしてきてよかったなぁと思える時間で、すごく幸せでした」と心境を吐露。一方、本作がデビュー作で、人生初のクランクアップを迎えた岡田は「自分のデビュー作が、『中学聖日記』で、黒岩晶でよかったなと心の底から思える現場でした」としみじみと語った。  印象に残っているシーン、難しかったシーンについて話が及ぶと、有村は「選ぶの難しい~」と悩みながらも、「6話~8話はどのシーンも難しかったです。自分の気持ちを隠して、ごまかして、嘘をついて生きなきゃいけないのが難しかったです。裏腹な気持ちを抱え、晶くんに対しても、千鶴さん(友近)に対しても、いろんな人に嘘をつき続けなければならないというのが本当に苦しかったです」と振り返る。「どのシーンも、ちゃんと本当は晶くんを想っているよということが、見ている方に伝わるか、ちゃんとできているか分からないとプロデューサーにいつも言っていた気がします」とも明かす。  一方の岡田は、全部が大切なシーンだというが、第9話で聖と自転車に2人乗りするシーンを挙げ、「真っすぐ走らなきゃいけないのに、風が強くて、後ろに聖ちゃんを乗せているし、プロデューサーに『絶対転ぶなよ!』と言われ、体幹を使って走りました」と笑う。また最終話のシーンで「久しぶりに感情が激高するシーンがあり、ただ暴言を吐いて、声を大きくするのだと、中学生時代の子どもっぽさが出てしまうので、3年を経た晶の成長をどうしたら見せられるか、難しかったです」とも。  デビューから岡田の成長を見続けた有村は「衣装合わせで初めてお会いした時から、顔つきが全く変わった。撮影で会う度に、また目つきが変わっているとお芝居をしながらも感じていました」と成長ぶりを実感した様子。「ただ真っすぐさは変わっていなくて、晶くんからもらうエネルギーの真っすぐさは、1話から11話まで同じ熱量を感じていました」とも語り、「最初は自分が引っ張っていかなきゃと思っていましたが、途中からそんなことを思う必要がなくなるほど背中が大きくなっていくのをずっと見ていたので、すごいなと思っていました」と絶賛する。  最終話にむけては、「見てくださる方が、聖と晶を応援してくれているのがうれしい。この2人の行く先を、もどかしいし苦しいと思うけど、一緒に乗り越えていってほしいなって思います」(有村)、「デビュー作ということもあり思い入れが強いです。人を好きになるということがどういうことか、改めて考えてもらえるきっかけとなる作品だと思うので、ぜひ最後まで見てほしいです」(岡田)とメッセージを寄せた。  『中学聖日記』最終話は、TBS系にて12月18日22時放送。 @@insert1

  • 『中学聖日記』に出演する有村架純、岡田健史

    有村架純&岡田健史 『中学聖日記』オフショット 早くも“ロス”の声集まる

    エンタメ

     ドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)の公式インスタグラムが11日、ヒロインを演じる女優の有村架純と俳優の岡田健史の2ショットを公開した。最終回の放送が近づく中、ファンは「嫌だな。最終回。。ロス決定だゎ。でも楽しみだよ!」「どうかどうかハッピーエンドでお願いします」などの反応を見せている。@@cutter かわかみじゅんこによる同名コミックを実写化する本作は、女教師・末永聖(有村)が、勤務先の学校で出会った不思議な魅力を持つ10歳年下の学生・晶(岡田)らと織りなす人間模様を描いてきた。物語は来週18日に最終回を迎える。  公式インスタグラムに「今夜は第10話。いよいよ最終回前となりました。やっと想いを打ち明けあった二人ですが…続きは今夜10時をお楽しみに」という意味深なキャプションとともに投稿された写真には、神社の絵馬を背に、笑顔で佇む有村と岡田の姿が収められている。  この投稿を受けたファンは「これは国宝級のツーショットです!」「嫌だな。最終回。。ロス決定だゎ。でも楽しみだよ!」「二人とも本当にお似合いです!」「楽しみやけど、見るのがしんどい」「どうかどうかハッピーエンドでお願いします」「寂しいけど、聖ちゃんと晶くんの二人を最後まで見守ろうと思います」などの反応を見せている。 引用:https://www.instagram.com/chugakuseinikki_tbs/ @@insert1

  • 『中学聖日記』第10話場面写真

    今夜『中学聖日記』、思いが通じ合った有村架純&岡田健史は新たな決断を

    エンタメ

     女優の有村架純が主演を務めるドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)の第10話が今夜放送される。第10話では、ついに思いが通じ合った聖(有村)と晶(岡田健史)が、新たな決断に迫られる姿が描かれる。@@cutter 本作は、かわかみじゅんこが「FEEL YOUNG」(祥伝社)に連載中の同名コミックを原作にしたヒューマンラブストーリー。年上の婚約者がいながらも、勤務先の中学校で出会った10歳年下の中学生に心惹かれる女性教師の“禁断の恋”を儚くも美しく描いていく。  キャンプ場で一晩二人きりの時間を過ごし、ついに想いが通じ合った聖と晶。島を出る日、晶は愛子(夏川結衣)に連絡を取るが、メッセージを受け取った愛子の表情は何かを感じたのか曇ったままだった。  東京の港へ戻ると、聖を迎えたのはなんと聖の母・里美(中嶋朋子)だった。里美は聖の言葉に耳を傾けることなく、聖と晶は再び引き離されてしまう。翌日、改めて二人は愛子を訪ね、里美は娘のしたことについて謝ろうとするが、意を決した聖は晶に対する想いを愛子に正直に告げるも、愛子から思わぬ言葉が投げかけられる…。  一方、晶は将来的に自立し聖との関係を認めてもらうため、進学することを決める。そんな中、晶の元にある人物が訪ねてくる。  ドラマ『中学聖日記』第10話は、TBS系にて今夜12月11日22時放送。 @@insert1

  • 『中学聖日記』に出演する岡田健史、有村架純

    岡田健史、有村架純を抱き締め「守ります」に反響 『中学聖日記』第9話

    エンタメ

     4日に放送されたドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)第9話で、岡田健史演じる晶が、有村架純扮するヒロイン聖を抱き締め、「守ります」と誓うシーンが描かれ、「キュンとした」「破壊力やばい」とトキメキを隠せない視聴者が続出した。@@cutter 父・康介(岸谷五朗)からの手紙に書かれた「山江島」という言葉を頼りに、一人フェリーに乗り込んだ晶(岡田)。聖(有村)はそんな晶の言動を放っておけずフェリーに飛び乗る。一方で、息子を失う不安に駆られた愛子(夏川結衣)は、思い余って勝太郎(町田啓太)の会社を訪ねていた。周囲を顧みない、2人の行動にいら立ち、勝太郎は何度も聖に電話するのだが…。  ひょんなことから康介の自宅に泊めてもらうことになった聖は、島の商店に買い物に出かけることに。康介から「付いて行ってやれ」と促された晶は、近隣住民から自転車を借りて、商店へ向かう。借りた自転車で海岸沿いを走る2人。後ろに乗った聖が運転する晶の腰をギュッと抱きしめると、彼は一層力を入れてペダルをこぎ続ける。このシーンに対して、ネット上には「晶の横顔が綺麗すぎる」「これはドキドキですわ」「晶に捕まる聖ちゃんカワイイ」などの反響が。  2人はたどり着いた砂浜で一休みすることに。夕日が2人を照らす中、聖は勤めている小学校の保護者たちの前で、過去の晶との関係を話したことを明かす。「なんで?」と戸惑う晶に対して、聖は「なんでだろう…」とつぶやくと「隠しきれないと思ったし、このままじゃ先生でいられないと思ったし…」と吐露。さらに晶は副担任を外されたことも明かし「逃げないで自分なりの思いを伝えるつもり…」と続けると、隣にいた晶は思わず聖を強く抱きしめる。  一瞬の沈黙の後、晶は聖に「守ります…この先ずっと」と誓う。晶の行動と言葉に視聴者からは「かっこいい、黒岩くん...」「キュンとした」「破壊力やばい」などのツイートが殺到。さらに「黒岩くんは必死に強くなろうとしてる...成長を感じるなあ」などの声も寄せられていた。 @@insert1

  • 『中学聖日記』に出演する有村架純、岡田健史

    有村架純&岡田健史、本気のキスシーンに大反響 『中学聖日記』第9話(ネタバレあり)

    エンタメ

     4日に放送されたドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)第9話で、女優の有村架純演じるヒロイン聖が、岡田健史演じる晶に告白してキスをするシーンが描かれ、「綺麗」「色気ありすぎ」と大きな反響を呼んでいる。@@cutter※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。  父・康介(岸谷五朗)からの手紙に書かれた「山江島」という言葉を頼りに、フェリーに乗り込んだ晶(岡田)。聖(有村)はそんな晶の言動を放っておけずフェリーに飛び乗る。一方で、息子を失う不安に駆られた愛子(夏川結衣)は、思い余って勝太郎(町田啓太)の会社を訪ねていた。周囲を顧みない、2人の行動にいら立ち、勝太郎は何度も聖に電話するのだが…。  勝太郎との電話で、晶が愛子に告げずに父・康介に会いに来たことを知った聖は、宿泊していた康介の家を飛び出し、単身バンガローのあるキャンプ場へ。しかし彼女は突然の豪雨に襲われ、キャンプ場の坂道を転げ落ちケガをしてしまう。そこへ駆けつけた晶は「なんで連絡しないんだよ!」「心配させんなよ…」と聖に言い放つと、彼女は「ごめんなさい…」とポツリ。この2人のやりとりに対して、「タメ口の黒岩くん、男だね」「黒岩くん、このタイミングでタメ口はずるい」などの反響がSNS上に寄せられた。  ケガをした聖をおぶった晶は、彼女の濡れた服を乾かし、休憩させるために小屋の中へ。晶が「こうなったのは、全部オレのせいだし…」とつぶやくと、聖は彼に近づき「そうよ、黒岩くんのせいよ」と一言。続けて「もし黒岩くんに会わなければ、学校を辞めることもなかった…どうしたら忘れられるの…」と語ると、決意の表情で「黒岩君が好き」と思いを告白。2人は抱き締め合い、唇を重ねる。  このキスシーンに視聴者からは「綺麗すぎて...」「色気ありすぎ」「こんな幸せなキスシーンなかなかない」などのツイートが殺到。さらに、聖の告白からキスまでの流れについて「しぬほどときめいた」「『好き』と言ってからキスシーンまでの流れは芸術的」「こんなに心揺さぶられたの久しぶり」などの声が投稿された。 @@insert1

  • 『中学聖日記』に出演する岡田健史

    『中学聖日記』岡田健史のイケメン“横顔シリーズ”が人気

    エンタメ

     ドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)公式ツイッター&インスタグラムが投稿している、俳優の岡田健史の“横顔晶”シリーズが人気だ。最近では先月29日にツイッターで、真剣な表情で海の向こうを見つめる岡田の横顔をアップし、ファンからは「超絶イケメン」「本当カッコいい」などのコメントが殺到した。@@cutter「せっかくなので、ツイッターでも横顔晶シリーズ。海の向こうに、何を見つめる...」のコメントと共に岡田の写真を投稿した公式ツイッター。“”ツイッターでも”の言葉通り、これまで本作で高校生の晶を演じる岡田の横顔をインスタグラムでたびたび披露していた。  インスタグラムでは、中学生時代の半袖シャツの姿や学ラン姿の岡田の姿を見ることができる。最近ではツイッターの投稿と同じ29日に、海沿いに佇む岡田の横顔を公開。ファンの間では「かっこいい」「癒され男子です」「いつまでも見つめていたい」などのコメントと共に好評を集めていた。  昨日4日には第9話が放送され、いよいよクライマックスが近づく『中学聖日記』。“横顔晶”シリーズの更新は、またあるのか? 楽しみに待とう。 引用:https://www.instagram.com/chugakuseinikki_tbs/

  • ドラマ『中学聖日記』に出演する有村架純

    有村架純『中学聖日記』 熱いファンが支え、批判から高評価へ

    エンタメ

     女優の有村架純主演のドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)が佳境を迎え、がぜん注目を集めている。婚約者のいる中学校教師と教え子の禁断の恋を描くとあって、当初は批判の声も目立った。批判の対象としては、物語の設定のほかに、有村演じる末永聖の相手役・黒岩晶に抜てきされた新人の岡田健史が「中3には見えない」との声があった。だが、回を重ねるにつれ、その状況に徐々に変化が見られてきたのだ。@@cutter 大きなターニングポイントとなったのは、第6話で舞台が一気に3年後に進み、展開もよりスリリングに変化したことだろう。晶とも、婚約者の川合勝太郎(町田啓太)とも別れ、小学校の講師としてひっそりと人生をやり直している聖。しかし運命のいたずらか、聖と晶は街中で偶然出会ってしまう。その後、物語は再び惹(ひ)かれ合う2人の恋を中心に、晶の母親・愛子(夏川結衣)が乗り込んでくるなど、物語のラストへ向けて、怒とうの展開を見せた。11月27日放送の第8話では、平均視聴率7.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と前回より1.2ポイント増をマーク。2人の恋はついに聖の方から晶に会いに行くという新たな局面を迎え、クライマックスに突入していく。  また、晶が18歳の高校3年生となって、実年齢19歳の岡田が演じるにあたり、ほぼ同年齢になったのもプラス要素だ。晶に思いを寄せる同級生・岩崎るな役の小野莉奈も現在18歳。当初、批判されたキャスティングに関する年齢的な違和感も全て解消されている。  力強いのは、視聴率が上向きになってきただけではなく、ネットでの人気も高いことだ。  YouTubeのTBS公式チャンネルで公開されている次回予告の動画再生回数を見ると、運命の花火大会のエピソードが描かれた第4話の予告から100万回を超え、今のところ(12月4日現在)第8話の約99万回を除いては順調に100万回超で推移している。特に第5話のラストで舞台が2018年となり、期待感の高まった第6話の予告は200万回を超えた。次回への期待が次第に高まってきて、視聴率もその期待に伴ってきたといえるのではないだろうか。@@separator 今期は『大恋愛〜僕を忘れる君と』(TBS系/毎週金曜22時)や、新垣結衣と松田龍平が共演する『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)と、恋愛ドラマが好調だ。近年、恋愛ドラマ不調がささやかれてきたが、『中学聖日記』もツイッターなどネット上で、毎週リアルタイムでの話題で盛り上がる。内容も、長文でドラマへの思いや感想をつづったものや、恋愛についての持論、あるいは作品の分析的なツイートだったりと、ファンの熱量がすごい。「やっと放送日。この日が待ち遠しい」といった投稿を見るからに、熱いドラマファンの琴線に触れ、強い支持を受けているのだろう。  4日放送の第9話では、晶が父・康介(岸谷五朗)を探すため、家を出てフェリーに乗り込む。二度と晶とは会わないと決めた聖も、晶を放っておくことができずフェリーに乗船し、2人は山江島に到着する。逃避行にも似た晶と聖の恋は、果たしてどこに終着点を見い出すのか。最後まで見届けたい。(文:志和浩司) @@insert1

  • 『中学聖日記』第9話場面写真

    今夜『中学聖日記』、岡田健史は有村架純への思いが再び込み上げ…

    エンタメ

     女優の有村架純が主演を務めるドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)の第9話が今夜放送される。第9話では、晶(岡田健史)の中で聖(有村)を想う気持ちが再燃する姿が描かれる。@@cutter 本作は、かわかみじゅんこが「FEEL YOUNG」(祥伝社)に連載中の同名コミックを原作にしたヒューマンラブストーリー。年上の婚約者がいながらも、勤務先の中学校で出会った10歳年下の中学生に心惹(ひ)かれる女性教師の“禁断の恋”を儚(はかな)くも美しく描いていく。  父・康介(岸谷五朗)からの手紙に書かれた「山江島」という言葉を頼りに、父を探すため家を出て一人フェリーに乗り込んだ晶。二度と晶とは会わないと決めていた聖だったが、晶の言動を放っておけずフェリーに飛び乗る。そして、翌日2人は山江島に到着する。  一方で、息子を失う不安に駆られた愛子(夏川結衣)は、思い余って勝太郎(町田啓太)の会社を訪ねていた。周囲を顧みない、まるで逃避行のような2人の行動に苛立ち、聖に何度も電話をかける勝太郎。そんな彼の様子を心配して見守る原口(吉田羊)。  そんな中、聖と晶は山江島で非日常なひとときを過ごし、気持ちの変化を感じていた。今までの自分に起きたこと、そして胸の内を話す聖を見て、晶の中に聖を思う気持ちが再び込み上げてくるが…。  ドラマ『中学聖日記』第9話は、TBS系にて今夜12月4日22時放送。 @@insert1

  • 『中学聖日記』に出演する有村架純、岡田健史

    有村架純&岡田健史『中学聖日記』自撮りショットに「カップル感」と反響

    エンタメ

     ドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)の公式インスタグラムが1日、女優の有村架純と俳優の岡田健史の自撮り2ショットを投稿。ほほ笑ましさと、まるで本当にカップルのような雰囲気がファンの間で話題となっている。@@cutter 本日放送の第9話。父・康介(岸谷五朗)からの手紙に書かれた「山江島」という言葉を頼りに、父を探すため家を出て1人フェリーに乗り込んだ晶(岡田)。二度と晶とは会わないと決めていた聖(有村)だったが、晶の言動を放っておけずフェリーに飛び乗る。そして、翌日2人は山江島に到着するというストーリー。  「第9話の山江島ロケでは、色んなところに行きまして、スタッフここぞとばかりに写真を撮りまくりましたが、自撮りから伝わる高揚感には勝てない…」と、自撮りショットを掲載した経緯が明かされ、「きっと9話からもバンバン滲み出ているかと」と、残り3話となったドラマ本編もアピールしている。  コメント欄には、「カップル感ハンパなーい」「もう現実でもカップルになってほしい」「なんだこの画面の破壊力」「最高のツーショットです」と爽やか2人に対する応援の声が殺到。「ハッピーエンド期待してます」と、ラストスパートを迎えたドラマに対する期待のコメントも多数寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/chugakuseinikki_tbs/ @@insert1

  • 『中学聖日記』に出演する岡田健史

    『中学聖日記』岡田健史は年上女性を惑わす“小悪魔男子”か?

    エンタメ

     女優の有村架純主演のドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)の第8話が11月27日に放送された。晶(岡田健史)からのアプローチを拒んでいた聖(有村)が、その愛に引きずられ始めた。そこには、魔性の高校生とも言うべきか、晶の小悪魔テクニックが隠されていた。@@cutter 第8話。野上(渡辺大)との交際を決めた聖の前に、突然現れた愛子(夏川結衣)。動揺を隠せない聖に、「晶と会いましたか?」と突きつける。  そんな聖の勤める小学校では学習発表会が近づいていた。聖は野上と共に準備を進めていたが、ある朝教室の扉を開けると、子どもたちの姿はなく…。聖と晶の3年前の事件を知った保護者が、わが子の登校をボイコットしていたのだ。  一方の晶は学校にもアルバイトにも全く行かなくなっていた。由々しき状況を見かねた上布(マキタスポーツ)との口論の末、晶は思わぬ行動に出る…。  そんな聖への晶の陽動作戦は見事というしかなかった。彼女に会いに来ると開口一番、「探してたんです。そしたら溝にハマッて…」とドジな素顔を見せて母性本能をくすぐったかと思えば、聖の自転車を両手で止めて通行を阻止。  聖に「私に関わらないで。来ないで」と拒絶されると晶は「分かりました」とすんなり了承したかと思いきや、「切り捨てたいんですよね?」と切り出し、「過去を捨てて、全部切り捨てて、新しい場所で新しい自分になれると思って。でもそれって幻想ですよね? 僕なら、過去をなかったことにはしない。できない。起きたこと全部大切だから、忘れません」と、正論でありながら、歯の浮くセリフを次々と吐く。    このように心を散々揺さぶったあと、「先生は気にしないで良い先生になってください」と、気にせずにはいられない意味深な言葉を残し、その場を去る。  そしてフェリーに乗船するや、行き先を告げるアナウンスを、何気なく電話口で聞かせて居場所をそっと知らせるあたりもさすがである。小悪魔は得てして純粋で、だからこそ人を惑わせる。来週が待ち遠しくて仕方がない。(文:塚田均)

  • 『中学聖日記』に出演する岡田健史

    岡田健史の演技に称賛の声! 『中学聖日記』第8話

    エンタメ

     女優の有村架純主演のドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)に出演中の俳優・岡田健史。27日には第8話が放送され、岡田演じる晶が、有村扮するヒロイン・聖に気持ちをぶつけるシーンに、視聴者から「素晴らしい俳優」「岡田くんの演技が本当に良い」など称賛の声が殺到した。@@cutter 野上(渡辺大)との交際を決めた聖(有村)の前に愛子(夏川結衣)が現れる。その様子を見ていた美和(村川絵梨)は聖の過去を探ろうと愛子に接近を試みる。そして聖と晶(岡田)の3年前の事件が小学校の保護者に知れ渡り、ある朝、母親たちが学校へ乗り込んでくる…。  聖は夜の街角で、晶と出くわしてしまう。彼女は晶に対して「今、問題が起きてるの。3年前の黒岩くんとのことが原因で…だから私に関わらないで」と冷たく言い放つ。この言葉に対して晶は「分かりました」と一言。そして「切り捨てたいんですよね。過去を捨てて、全部切り捨てて。新しい場所で、新しい自分になれると思って。でもそれって幻想ですよね」と言う。続けて晶は聖に向けて「僕なら、過去をなかったことにしない」と思いをぶつける。  この晶のセリフ対して、ネット上には「心にグサッと刺さった」「晶めっちゃ大人」「結構響くぜ この言葉」などの反響が寄せられた。  さらに視聴者からは、晶役で芸能界デビューを果たした岡田の演技力について絶賛する声が殺到。SNSには「黒岩くんの切ない表情、リアルな高校生を感じさせる演技、素晴らしい俳優だと思う」「岡田健史くん新人なのに演技力が有村架純さんや他の役者さんに負けてない」「岡田くんの演技が本当に良い」などの言葉が寄せられ、第8話での熱演について「岡田健史くん急に演技上手くなった感あった」などの評価も投稿されていた。

  • 『中学聖日記』に新たに出演する岸谷五朗

    『中学聖日記』岡田健史の父親役に岸谷五朗 “運命的な”出演決定

    エンタメ

     俳優の岸谷五朗が、女優の有村架純が主演を務めるドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)の12月4日放送の第9話から出演することが決定。俳優の岡田健史が演じる晶の父・康介を演じる岸谷は「この作品は神様がやれって言っている出会いだなと思いました」と語り、今作と自身との運命的な縁を明かしてキャストやスタッフを驚かせている。@@cutter 本作は、かわかみじゅんこが「FEEL YOUNG」(祥伝社)に連載中の同名コミックを原作にしたヒューマンラブストーリー。年上の婚約者がいながらも、勤務先の中学校で出会った10歳年下の中学生・晶(岡田)に心惹かれる女性教師(有村)の“禁断の恋”を儚くも美しく描いていく。  岸谷が演じる晶の父・島崎康介は、家具職人で、妻の愛子(夏川結衣)とは晶が5歳の時に離婚。その後バリ島で暮らしていたが帰国し、とある島で家具を作っている。晶に対しては離れてから13年の間会いたい気持ちは変わらず、愛子に手紙を送り続けていた。そして今回、手紙の内容を頼りに島へやってきた晶と再会する。  岸谷は「職人であること、愛子と別れてしまった理由、そして島の男らしいおおらかで大きい人間であるということ。晶は少し現実逃避をして島にやってくるので“そんなの気にしなくていいよ”と言えるような、久しぶりに会う子どもの背中を押す存在になれば」という点を意識しながら康介を演じたとコメント。  さらに今回、康介役のオファーを引き受けた不思議な経緯について語る。10月にやるはずだった仕事が1月に変更になったことで「初めてバリ島に行って、家具が面白いものが多いので見てたんです。そしたら事務所から『こういう役のお話がきています』と連絡があって。それが『バリ島で家具を作っている男』という康介の役」。その数日後、岸谷はバリの食堂で『中学聖日記』にバリの家具を提供していると語る日本人と出会ったという。  続いて岸谷は「康介の元妻役が夏川結衣さんだと聞いてさらに驚きました。夏川さんには僕が企画した『私たちが好きだったこと』(1997年)という映画でヒロインをやってもらったんです。僕と夏川さんが演じる2人のラブストーリーで、その2人の恋がうまくいっていて子どもが生まれていたらちょうど晶くらいの歳なんですよ。そのうえこの作品での夏川さんの役名を聞いたら『愛子』。映画の役と同じ名前(笑)」とニヤリ。そして「きっと神様がやれって言ってるんだなと思って『(康介役を)お引き受けします』とお返事しました」と語った。  ドラマ『中学聖日記』第9話は、TBS系にて12月4日22時放送。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access