岡田健史 関連記事

  • 『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』に出演する福田愛依、岡田健史

    岡田健史&福田愛依、デビュー同期の2人が熱く語る「地元愛」

    エンタメ

     『中学聖日記』の黒岩晶役で大ブレイクを果たした俳優の岡田健史。「女子高生ミスコン2017‐2018」でグランプリを獲得し、“日本一かわいい女子高生”の称号を持つ女優の福田愛依。共に福岡県出身で2018年にデビューした2人が、地元ゆかりのスペシャルドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』(FBS福岡放送/7月19日19時)に出演する。主演とヒロインという初の大役に挑む岡田と福田に作品や故郷への思いを聞いた。@@cutter 本作は、秋田書店のWebマンガ雑誌「マンガクロス」で連載され、単行本が累計15万部を突破した新島秋一による同名の4コマ漫画をドラマ化。東京で暮らす男子高校生・東京(あずま・みやこ/岡田)が、博多から転校してきた幼なじみ・博多乃どん子(福田)と再会し、博多弁&博多愛で遠慮なしに自分を巻き込むどん子に戸惑いながらも、遅咲きの初恋をこじらせていく“上京ラブ・コメディ”。  野間口徹、森口博子、原沙知絵、光石研と同郷の先輩がずらりと顔をそろえる撮影現場は、2人にとっても居心地のいい空間だったよう。岡田が「福岡出身の方とお仕事するのはほぼ初めて。僕が演じる京は博多弁のシーンはあまりなかったのですが、周りで博多弁を話しているのを聞いて身近に感じるのも久しぶりで、懐かしい思いがしました。セットにも博多のものが多くて地元にいた頃を思い出しました」と語ると、福田も「どん子ちゃんはバリバリの博多弁の女の子なので、福岡にいた頃の自分と違和感なく、素のままのイントネーションでできました」と笑う。  今回が初共演となった岡田と福田だが、お互いの印象を聞いてみると、「どん子のイメージぴったり」と岡田は断言。「天真らんまんで、ハキハキしていて。最初にお会いしたときも元気よくあいさつしてくれて、もうそこで“どん子”というキャラクターが見えた感じがして、福田愛依さんがどん子でよかったなと思いました」。@@separator 一方の福田は「私は『中学聖日記』を見ていたので、最初に共演のお話を聞いたときは『は!』『え!』って(笑)。実際にお会いしてみると、黒岩君のイメージとは違って、ラフというか、好青年…」と明かすと、岡田は「どんなイメージだったんだ」と笑う。福田は「(岡田は)お茶目というか、いろんな表情を見せてくださる。礼儀とかもそうなんですが、対応が素敵なんです。いろいろ気にかけて、優しく声をかけてくださいますし、そんなに年齢が違わないのにとても大人に感じました」と絶賛は止まらず、岡田が「恥ずかしい…」と照れる一幕も。そんな岡田も福田について「博多弁は早口になりがちな方言なのですが、自分だったら噛んじゃいそうなせりふも気持ちを込めてちゃんと言えていてすごいなと思いました」とお互いリスペクトし合いながらの共演だった様子だ。  上京してからそんなに経っていない2人だが東京と福岡の違いを聞くと…。「ごみを出す時間が違う。福岡では夜に出すのですが、東京では朝なのでびっくりしました。空港が遠いのもびっくり。日照時間も違いますよね」とどん子さながら話の止まらない福田に、岡田も笑いながら「冬は全然違うよね」とうなずき、劇中の京とどん子のようなほほえましい関係性を見せる。  「こんなに早く自分の故郷である福岡を舞台にした作品に出られることはうれしい」(岡田)、「こんなにせりふがたくさんあるのは初めてなので新しい挑戦になりました」(福田)と意気込みを語る本作。福岡愛あふれるキャスト&スタッフの思いの詰まった中で、若き2人が見せる初々しい魅力に注目だ。(取材・文:編集部 写真:ナカムラヨシノーブ)  FBS開局50周年スペシャルドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』は、FBS福岡放送にて7月19日19時放送。放送終了後から動画配信サービスHuluにて配信。 @@insert1

  •  雑誌「CM NOW BOYS VOL.9」に登場の吉沢亮

    吉沢亮、伊藤健太郎のまなざしにドキっ! 話題のイケメン7人が集結

    エンタメ

     俳優の吉沢亮が、7月1日発売の「CM NOW BOYS VOL.9」(玄光社)の表紙を飾る。ピアノを奏でる吉沢がカメラをまっすぐ見つめる表紙となっている。ほかにも、清原翔、岡田健史、伊藤健太郎ら総勢7人のイケメンがそろい踏みした。@@cutter 旬のCM俳優にスポットを当てたグラフィック&インタビューマガジン第9弾となる本号。  NHK連続テレビ小説『なつぞら』(NHK)への出演など活躍めざましい吉沢を、表紙に加え巻頭35ページにわたり特集。ピアノを奏でる艶感たっぷりなカットとハワイテイストのグラビアページやインタビュー、全CM紹介や58問58答なども掲載され、吉沢の魅力に迫る。  同じく『なつぞら』での出演で注目を集める清原翔は未公開ショットを大放出。NONIOの最新CMのことや、『なつぞら』についてのコメントを収録し、素顔に迫る35問35答も必読だ。  ドラマ『中学聖日記』(TBS)で話題となった岡田健史は、雨上がりの散歩シーンやおうちでの寝ころびショットなどを掲載。CMやドラマ、プライベートについても語っている。さらに35問35答も。  映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』アンバサダーに就任した伊藤健太郎は、18ページにわたり、ピンクのセットアップでさまざまなポーズを繰り出したカットやライブラリーでたたずむ憂いカットなどを掲載。CM紹介や51問51答も収録される。  そのほか、小関裕太、鈴木仁、バンダリ亜砂也のグラビアやインタビューも掲載される。  雑誌「CM NOW BOYS VOL.9」は玄光社より7月1日発売。926円(税別)。

  • 『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』に主演する岡田健史

    岡田健史、『中学聖日記』黒岩くんから環境激変 今も野球時代の学びが支えに

    エンタメ

     昨年『中学聖日記』(TBS系)にて有村架純と恋に落ちる少年・黒岩晶役で鮮烈なデビューを飾った俳優の岡田健史。5月に20歳を迎え、2本目の出演ドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』が7月に放送される。地元・福岡ゆかりの新作で早くも主演という大役に挑む岡田に、大ブレイクを果たした現在の心境を聞いた。@@cutter 本作は、秋田書店のWebマンガ雑誌「マンガクロス」で連載され、単行本が累計15万部を突破した新島秋一による同名の4コマ漫画をドラマ化。東京で暮らす男子高校生・東京(あずま・みやこ)が、博多から転校してきた幼なじみ・博多乃どん子と再会し、博多弁&博多愛で遠慮なしに自分を巻き込むどん子に戸惑いながらも、遅咲きの初恋をこじらせていく“上京ラブ・コメディ”。岡田はシリアスな前作とは異なった、コメディ作品に初挑戦する。  主人公・京を演じる岡田をはじめ、どん子役の福田愛依、光石研、野間口徹、原沙知絵、森口博子、今田美桜と福岡出身のキャストが勢ぞろいする本作。“福岡色”“福岡愛”あふれる現場は雰囲気も良く、岡田は撮影を満喫しているようで、「(担任教師役の)光石研さんはお父さんみたいな感じです」と語る。光石とのシーンで、印象に残っているシーンがあるという。「光石さんがおっしゃったセリフがかんでしまったように、スタッフさんに取られてしまったことがあって。自分はそれがかんだのではなく博多弁でそういう言い方もあるとすぐに分かったので、福岡県人同士通じ合えたようでうれしかったです」と笑顔を見せる。 @@insert1  そんな“福岡尽くし”の本作だが「劇中に、山笠やどんたくなどが出てきますが、自分は野球ばかりしてきたのであまり詳しくなくて。この作品を通して、福岡の発見が多くあるので、地元についてもっといろいろ知っていきたいと改めて思いました」という岡田。@@separator そう語るように、岡田にとって“野球”は今でも大きな存在だ。「自分にはそれしかないというか。11年ですから、人生の半分以上やってきました。うれしかったことやつらかったこともありましたが、今となっては多くのことを学んでいたんだなと感じています」。野球の恩師に言われた『気づきの多さが勝敗を分ける』という言葉を大事にしているとも明かす。「(野球だけでなく)いろいろなことに気づくことが人間力を鍛えることになる。日ごろの視野の広さを大事にしたいと思っています」。  『中学聖日記』の放送終了後、インスタグラムのフォロワーは72万人を超え、6月にはファースト写真集『鼓動』(講談社)も発売、CMにも出演するなど、この1年足らずで周囲を取り巻く環境は大いに変化した。街で声を掛けられることも増えたそうだが、そんな現状について岡田は「生活環境も変わり、(野球も辞めたので)体も体質も変わった」と明かす。しかし、そんな変化にも動じることはなく、「変化していくのは当然のこと。現状維持のほうが怖いです」と話す。「今回主演という立場に立たせていただきましたが、主演ということは意識せず、挑戦だと思っています。いい意味でも悪い意味でも反応を恐れずにやっていきたいと思っています」とまっすぐな瞳で力強く語った。20歳を迎えた岡田のさらなる挑戦から目が離せない。(取材・文:編集部 写真:ナカムラヨシノーブ) @@insert2  FBS開局50周年スぺシャルドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』は、FBS福岡放送にて7月19日19時放送。放送終了後から動画配信サービスHuluにて配信。

  • 『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』メインビジュアル

    こんな岡田健史、見たことない!? 『博多弁』ドラマPR映像解禁

    エンタメ

     俳優の岡田健史が主演するFBS開局50周年スペシャルドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』より、メインビジュアルとPR映像が解禁となった。@@cutter 本作は、秋田書店のWEBマンガ雑誌「マンガクロス」で連載され、単行本が累計15万部を突破した新島秋一による同名の4コマ漫画をドラマ化。東京で暮らす男子高校生・東京が、博多から転校してきた幼なじみ・博多乃どん子と再会し、戸惑いながらも遅咲きの初恋をこじらせていく“上京ラブ・コメディ”。主人公の京を岡田、ヒロイン・どん子を女優の福田愛依と、共に福岡出身のキャストが演じる。  解禁されたビジュアルは、岡田演じる京の後ろから、福田演じるどん子が元気いっぱいの笑顔で飛び出ているデザイン。「ふくおか!バリよか!」のキャッチコピーとともに、全体に福岡弁が散りばめられており、福岡愛を感じるビジュアルとなっている。  あわせて公式サイトで解禁となったPR映像は、京の通う学校にどん子が転校してきて2人が再会するシーンからスタート。最初は福岡出身であることを隠し、どん子のことも遠ざけようとする京だが、どん子がおかまいなしに京と距離を詰めていく様子が捉えられている。映像は、京が真剣な表情で「バリ好いとうよ」と告白するシーンで締められる。果たして、その告白は誰に向けられたものなのか、ドラマの展開に期待が高まる映像となっている。  また、メインビジュアルとPR動画の解禁と同時に、本作のウェブサイトが本オープン。相関図やキャスト紹介のほかに、場面写真や動画が随時配信される。  FBS開局50周年スペシャルドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』は、FBS福岡放送にて7月19日19時放送。放送終了後Huluで配信。

  • 1st写真集『鼓動』発売記念取材会を行った岡田健史

    20歳になった岡田健史、お酒を酌み交わしたい芸能人は「タモリさん」

    エンタメ

     ドラマ『中学聖日記』(TBS系)で注目を集めた俳優・岡田健史が15日、都内で、1st写真集『鼓動』(講談社)の発売を記念した囲み取材に出席。本作にまつわる思いや、20歳になった現在の心境、願望などを語った。@@cutter 同写真集は、今年の3月頃にロサンゼルスで2日間、国内で2日間かけて撮影。岡田が17歳・21歳・29歳と三つの年齢の演じ分けにチャレンジした。  真っ白なジャケットで登場した岡田は「今回は19歳のうちに撮れた。心身ともに成長が著しい時に撮れたことは、スゴく貴重なのではないか」と評価。点数を問われて、写真集は「90点」、本作の中で披露する上半身の肉体美は「75点」だと照れ笑いを浮かべた。  お気に入りのカットは、撮影の最終日、日本国内の橋で撮影した最後の一枚。「最初に比べたら、最後のほうが『こういう風にやってみたらいいんじゃないか』というのが明確化していた。自分が表現しようと思った部分が上手く出ていた。カメラマンさんと話したこととかも含めて、二人で納得のいく一枚が撮れた」とコメント。  また、自身のインスタに寄せられる女性ファンのコメントは「全部見ている」という岡田。自身の体の好きなパーツを問われて「鼻は父親ゆずりで…」と照れながら、「『鷲鼻がいい』ってインスタのコメントもある。DNAと言いますか、親に感謝です」と白い歯をこぼした。  岡田は、5月12日に20歳になったばかり。誕生日に父親と焼酎を飲み交わしたと明かし、一緒に飲んでみたい芸能人を質問されて「タモリさん。同郷の大先輩なので。『芸能界ってどんなところですか?』って聞いてみたい」とほほ笑んだ。  さらに、今年は「ピアノを習いたい、ピアノを弾けるようになりたいという欲が出てきた。今年中に取り組んで習得したい」と宣言。今後は「見てくださる方々の感動の鈴を鳴らせるような俳優になるために、自分自身が楽しみながら演技をできる俳優になりたい」と意欲を示した。

  • ドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』に出演する今田美桜

    今田美桜、岡田健史主演『博多弁』ドラマに本人役で出演 Hulu配信も決定

    エンタメ

     俳優の岡田健史が初主演を務め、FBS福岡放送にて7月19日に放送されるFBS開局50周年スペシャルドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』のスペシャルキャストとして、福岡出身の女優・今田美桜が本人役で出演することが発表された。また、本作が全国の視聴者向けに動画配信サービスHuluにて配信されることも決まった。@@cutter 本作は、秋田書店のWEBマンガ雑誌「マンガクロス」で連載され、単行本が累計15万部を突破した新島秋一による同名の4コマ漫画をドラマ化したラブコメディー。東京で暮らす男子高校生・東京(あずま・みやこ)が、博多から転校してきた幼なじみ・博多乃(はかたの)どん子と再会し、博多弁&博多愛で遠慮なしに自分を巻き込むどん子に戸惑いながらも、遅咲きの初恋をこじらせていく姿を描く。主人公の京を岡田、ヒロイン・どん子を女優の福田愛依が演じるのをはじめ、福岡出身のキャストが集結している。  小学生の時に博多から東京に引っ越してきた東京(岡田)は、博多弁を笑われて以来、人と距離を置いて過ごしていた。そんな彼の高校に、幼なじみの博多乃どん子(福田)が転校してくる。目立たず平穏無事に過ごしたいのに、博多弁&博多愛で遠慮なしに自分を巻き込むどん子に、ペースを乱されまくる京。気付けばクラスは博多グッズにまみれ、担任の内藤先生(光石研)も容認する始末。クラスメイトも親も、皆がどん子の味方。どん子のやりたい放題に、ついに爆発する京だったが、実はどん子はある思いを抱えており…。  今田がどんな登場の仕方をするかは、まだ明かされていない。今田は「すごくなじみのある放送局なので、関わることができてうれしいです。岡田健史さんをはじめ福岡出身の出演者の方々がたくさん出ているこの作品に出演させて頂ける事がとても光栄です。今回、本人役という初めての経験をさせて頂けて嬉しかったです。福岡の事がたくさん詰まったお話です」とコメントを寄せている。  ドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』は、FBS福岡放送にて7月19日19時放送。放送終了後から動画配信サービスHuluにて配信。

  • ドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』キャスト陣

    『博多弁』ドラマ、ヒロイン・福田愛依のビジュアル解禁 追加キャストも“チーム福岡”

    エンタメ

     俳優・岡田健史が主演を務め、FBS福岡放送にて7月19日に放送されるFBS開局50周年スペシャルドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』より、タレント・女優の福田愛依が演じるヒロイン・博多乃どん子の制服姿のビジュアルが解禁。また追加キャストとして、俳優の光石研、野間口徹、女優の原沙知絵、森口博子の出演が発表された。いずれも福岡出身。@@cutter 本作は、秋田書店のWEBマンガ雑誌「マンガクロス」で連載され、単行本が累計15万部を突破した新島秋一による同名の4コマ漫画をドラマ化。東京で暮らす男子高校生・東京が、博多から転校してきた幼なじみ・博多乃どん子の博多弁&博多愛に振り回されながらも、遅咲きの初恋をこじらせていく“上京ラブ・コメディー”だ。  解禁されたビジュアルのどん子は制服姿で校舎の前に立ち、腰に手を当て快活そうな笑顔。演じる福田は「撮影が進む中でキャストさんやスタッフさんから『どん子ちゃんだ!』というお声を沢山頂き…演じている私自身、とても嬉しかったです!! ヒロインという大役を頂いて、初めての事だらけで、本当に新しい挑戦でした。ワクワクもあり不安もありましたが、岡田さんや塚本監督、そして多くのスタッフさんに助けられ、少しずつ自信を持てるようになりました」とこれまでの撮影を振り返る。  光石が演じるのは、京たちのクラス担任・内藤先生。博多グッズで教室が埋め尽くされるのを容認する大らかな男だ。光石は「年々望郷の念が増し、福岡のドラマに出れて光栄の極みです。若いキャストの皆さんにパワーを頂き、最高のグルーヴ! 岡田君の真っ直ぐな眼差し、福田さんの明るさ、最高です」と話している。  原は、京の母で明るく元気な博多女・東雛子役。「故郷の言葉を台詞として話せる事がとにかく光栄な役でした。その反面、難しさにも直面しました。福岡っぽさが伝わるといいなという思いで福岡のお母さんを演じましたので暖かい目で見ていただけたら光栄です!」としている。  森口はどん子の母・博多乃もつ美役。「温かくて快活な博多弁で、家族の愛や友情、地元での出来事を思い出しグッときていました。監督に“コテコテ”のキャラクターで、とリクエストがありましたが、主演の岡田健史君をはじめ、キャストのみなさんほとんど福岡出演だったので安心して、さらけ出せました」と笑顔を見せる。  野間口はラーメン店の店主役。「微力ながら、福岡県を盛り上げる手助けになれることを、とても嬉しく感じています。そして福岡発というだけで、テンションが数段上がることを実感しました」と語る。  ドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』は、FBS福岡放送にて7月19日19時放送。

  • FBS開局50周年スペシャルドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』に出演する岡田健史

    岡田健史主演『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』、制服姿のビジュアル解禁

    エンタメ

     FBS福岡放送にて7月19日に放送されるFBS開局50周年スペシャルドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』より、主演の俳優・岡田健史が演じる主人公・東京(あずまみやこ)の制服姿のビジュアルが初解禁された。@@cutter 本作は、秋田書店のWEBマンガ雑誌「マンガクロス」で連載され、単行本が累計15万部を突破した新島秋一による同名の4コマ漫画をドラマ化。東京で暮らす男子高校生・東京が、博多から転校してきた幼なじみ・博多乃(はかたの)どん子と再会し、博多弁&博多愛で遠慮なしに自分を巻き込むどん子に戸惑いながらも、遅咲きの初恋をこじらせていく“上京ラブ・コメディ”。主人公の京を岡田、ヒロイン・どん子を女優の福田愛依と、共に福岡出身のキャストが演じる。  解禁された京のビジュアルは、ワイシャツにネクタイの制服姿。演じる岡田は「今作品は多面的に原作の良いところは取り入れながら、とらわれないようにスタッフの方々が熟孝して作り上げています」とした上で、「今回はビジュアル解禁ということですが、これも原作に沿ったワイシャツにネクタイとシンプルで締まった衣装となっており、他にも劇中に登場してくる衣装もあります。その中で、京の福岡に対する思い、葛藤、心情を見て頂けたらと思っています」とコメントしている。  また、物語の鍵を握る京のクラスメート・下町子役で、女優の長見玲亜が出演することも発表された。町子は東京生まれの下町っ子で、京とは小学生時代からの腐れ縁。何でもずばずば言うので、クラスメイトからは「姉さん」と慕われている。  長見は「京やみんなに向かって直球をどんどん投げる町子ちゃんを精一杯演じます! 『博多弁って可愛すぎる!!』と私自身も思っていたので、現場ではたくさん博多弁が聞けることにうきうきしています」と話している。  ドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』は、FBS福岡放送にて7月19日19時放送。

  • 「ファンミーティング」記者会見に登場した岡田健史

    20歳になった岡田健史、『中学聖日記』に感謝 目指すは「唯一無二の役者」

    エンタメ

     俳優の岡田健史が12日、都内で開催された自身初となるファンミーティングを前に、記者会見に出席。ドラマ『中学聖日記』でブレイクした岡田は、同作へ出演した経験を「本当に大きなことだった」と振り返り、俳優としての目標を問われると「唯一無二の役者」と答えた。@@cutter 当日が20歳の誕生日となった岡田は、初めて公の場でファンと触れ合うことについて「まだ一作品しか出ていない自分が、こんなに大きな会場で、初めてファンの方々と出会うというか…初めての接触、すごく楽しみですし、それを二十歳の最初の日に実現できたことが、本当に光栄に思います」とコメント。  6月12日に発売となるファースト写真集に話が及ぶと「心身ともに成長が著しかった十代の中で、その最後の19歳の時に、こうして写真として残せたことは、すごく価値があるんじゃないかなと思います」と誇らしげ。写真集では、17歳、19歳、23歳を演じ分けていると言い「写真集自体には、この時は何歳ですという風には書かれてはいないんですけど、見てくださる方々が、この時は何歳のつもりで岡田健史は写真集を撮られていたんだろうとか、そういうことをイメージしながら読んでいただけたら、また楽しみ方が増えるんじゃないかなと思っています」と白い歯を見せた。  また、ブレイクのきっかけとなった『中学聖日記』に関しては「自分自身の人生としても、役者としての人生でも、どちらの道においても、すっごく大きな時間だったなと思います」としみじみ。「あの4ヵ月間は、本当に素敵なスタッフさん、素敵なキャストの皆さんのもとで、黒岩晶という男の子の人生を生きる機会をいただけたっていうことは、本当に大きなことだったかなと思います」とも。  その後、俳優としての目標を聞かれると「唯一無二の役者になりたくて。自分にしか表現できない、表情だったり声の出し方だったり仕草だったりっていうものを、どんどんどんどん増やしていって。おじいちゃんになっても、どんな役になっても、岡田健史の作品は見たいよねって言ってもらえるような、そんな俳優になりたいなと思っています」と明かしていた。

  • 岡田健史1st写真集『鼓動』は6月12日発売(発行:講談社)

    『中学聖日記』岡田健史がみせる“少年と大人の顔” 10代最後の姿を収めた写真集発売

    エンタメ

     2018年10月期放送のドラマ『中学聖日記』(TBS系)で、有村架純扮するヒロインの相手役に抜擢された俳優の岡田健史の1st写真集『鼓動』が6月12日に発売されることがわかった。@@cutter 写真集の撮影は、ドラマ後に渡米したロサンゼルスと日本で行われた。岡田は今年の5月で20歳になるため、10代の彼の姿を収めた写真集はこの1冊だけとなる。  写真集は、“パラレルワールド”をコンセプトに、少年のようなあどけなさと大人の顔を併せ持つ彼の様々な表情が収められている。撮影が行われたロサンゼルスでは、岡田自らがカメラを片手に街を散策。そこで彼自身が撮影したものを写真と文章で紹介し、これまで明かされることがなかった彼の素顔にも触れることができる構成になっている。  岡田健史1st写真集『鼓動』(講談社)は6月12日発売。

  • 高校生が選んだ「制服が似合う男性有名人」にランクインした(左から)菅田将暉、山崎賢人

    菅田将暉、山崎賢人がランクイン! 高校生が選ぶ「制服が似合う男性有名人」

    エンタメ

     俳優の菅田将暉が、高校生が選ぶ「制服が似合う男性有名人」の1位に輝いた。2位には山崎賢人、3位にはKing & Prince平野紫耀、伊藤健太郎が選ばれている。また、男子高校生が選ぶ同ランキングでは菅田、女子高校生では山崎がトップとなった。@@cutter 今回の結果は、「株式会社トンボ」が2019年1月17日~1月21日の期間、インターネット調査を実施、15歳以上の高校生500名の有効回答を集計したもの。  全国の高校生に「制服が似合う男性有名人」を聞いたところ、人気俳優・菅田、山崎が3年連続でTOP3入りを果たした。3位には高校生に人気の映画『ういらぶ。』に出演する平野と伊藤が同率でランクイン。  続く5位は竹内涼真、6位は中川大志、7位は片寄涼太、岡田健史、9位は福士蒼汰、10位は千葉雄大が食い込んだ。本結果では、昨年度1位だった福士が9位となり、学園を舞台にした作品に出演する新たな顔ぶれが続々名を連ねた。  また男女別での集計では、男子高校生の選んだ1位が菅田、2位に竹内、3位に福士。そして女子高校生では、1位に山崎が選ばれ、2位にやはり平野、伊藤が並んだ。

  • 『中学聖日記』で黒岩晶を演じた岡田健史

    『中学聖日記』岡田健史の真剣な姿を公開 “晶ロス”のファンが歓喜

    エンタメ

     ドラマ『中学聖日記』(TBS系)公式インスタグラムが25日、俳優の岡田健史の写真を公開。最終回を終えた後、“晶ロス”が続いているファンから歓喜の声が寄せられている。@@cutter 女優の有村架純が演じた教師・聖と、岡田が演じた教え子・晶の禁断の愛を描いた本作。18日に感動の最終回を迎えたが、同インスタグラムは「声録りしている晶 最終回のあの部分の声でした(左の画面に答えが) 最終回から、早いもので明日で1週間ですね」とのコメントで、岡田がブースに入っている様子を投稿した。  「左の画面に答えが」とあり、写真の中の岡田が真剣なまなざしを向けるモニターには「聖ちゃんが笑っていられますように 黒岩晶」とあるのが確認できる。最終回では、晶から届いた手紙を、聖が読み上げて涙する場面が描かれる。この手紙のシーンで放送された岡田の声を録音している際の様子とみられる。  ファンからはドラマに対するさまざまな感想が殺到。特に、最終回を迎えたこともあり「黒岩くんロスです」「まだまだ晶くんロス、中学聖日記ロスです。。」といった声が多く、それだけに「ロスになっているのでインスタUPされるのが嬉しいです」「ロス過ぎます インスタが救いです」といった感謝も寄せられていた。 引用:https://www.instagram.com/chugakuseinikki_tbs/ @@insert1

  • 有村架純、岡田健史

    有村架純&岡田健史ら『中学聖日記』最終回の観覧車前でオフショット

    エンタメ

     18日の放送で最終回を迎えたドラマ『中学聖日記』(TBS系)の公式インスタグラムが、本作に出演した女優の有村架純、俳優の岡田健史らのオフショットを公開。最終回の重要なシーンで撮影された姿にファンから反響が寄せられた。@@cutter 投稿された写真は、最終回のクライマックスに登場した観覧車を背景にした、岡田の後ろ姿を捉えたショット、有村と町田啓太の2ショット、さらに有村、岡田、町田、吉田羊の4人がそろった1枚だ。  最終回では、一切の接触・連絡を禁止された聖(有村)と晶(岡田)を会わせるために、勝太郎(町田)と律(吉田)が奔走。聖を観覧車に乗せ、律のスマートフォンを使い、地上にいる晶と2人で話をさせるというシーンが描かれ、視聴者の深い感動を誘った。  最終回の感動が冷めやらぬうちに投稿されたこの写真にファンからは「めっちゃ良い終わり方やった」「もう中学聖日記ロスです」「続編待ってます」などのコメントが殺到した。 引用:https://www.instagram.com/chugakuseinikki_tbs/ @@insert1

  • (左から)岡田健史、町田啓太

    岡田健史&町田啓太の熱いハグにファン感動『中学聖日記』オフショット

    エンタメ

     俳優の町田啓太が19日、自身のインスタグラムにドラマ『中学聖日記』(TBS系)のオフショットを投稿。俳優・岡田健史と熱いハグをする姿が、ファンの間で話題になっている。@@cutter 18日に感動の最終回を迎えた同作。女優の有村架純が演じる教師・末永聖と、岡田が演じる生徒・黒岩晶の“禁断の恋”を描いたラブストーリーの中で、町田は聖の婚約者・川合勝太郎を演じていた。  放送終了後の19日に「『中学聖日記』全11話 本当にありがとうございました」という言葉とともに町田が投稿したのは、同作のオフショット。1枚目はヒロインを演じた有村、そして勝太郎の上司を演じた吉田羊との4ショットで、2枚目には岡田とのハグの写真を投稿している。同作デビューの岡田は、町田とは初共演だが、2人のリラックスした表情からは撮影を通じて仲良くなれた様子がうかがえる。  ファンからは「毎週火曜日が楽しみでした~勝太郎サイコーです」「素敵なドラマをありがとう。 勝太郎さん役が町くんでよかったです」といったドラマはへの反響のほか、「晶くんと勝太郎さんのハグ~」「黒岩くんとのツーショットは想いが募りますね1番素敵なドラマでした」「勝太郎さんと黒岩君のハグ~ ヤバ」といった声が集まっている。 引用:https://www.instagram.com/keita_machida_official/ @@insert1

  • 『中学聖日記』に出演する岡田健史

    岡田健史の涙に視聴者もらい泣き! 『中学聖日記』最終話

    エンタメ

     女優の有村架純主演のドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)の最終話が18日に放送され、晶(岡田健史)が聖(有村)を思って涙を流すシーンに、視聴者から「こっちの涙止まらん」「普通につられた」「滝のような涙が出ました」など、感動の声が多数ネット上に寄せられた。@@cutter※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。  「未成年者誘拐罪の疑い」で警察署に連行されてしまう聖。一緒にいた晶は取調べで、聖をかばう主張を続けるが、未成年ゆえに相手にされない。ようやく解放された後も、晶は愛子(夏川結衣)に携帯を取り上げられ、聖の連絡先を消されてしまう。後日、愛子から“会って話がしたい”と告げられた聖。しかし、当日待ち合わせ場所で聖を待っていたのは愛子の代理人弁護士。弁護士は聖に対して、晶への接触や連絡を禁止する誓約書を突きつける…。  晶は聖への思いを認めさせるため、国立大学への進学と受験に専念することを宣言。晶が「先生のこともいつかは…」と話し出すと、愛子はそれをさえぎるように「すべて終わってから。とにかく今は受験に集中して」と取り合わない。後日、愛子が自宅で弁護士と話をしているところに晶が帰宅。弁護士の存在や誓約書について何も聞かされていなかった晶は「どういうことだよ!」と激高する。このシーンに対してネット上には「弁護士と晶ママ邪魔すぎる!」「晶くんキレたぞ」「晶くん本気なのはわかるけど、弁護士に怒るなよ」などの反響が。  愛子から聖が誓約書にサインしたことを知らされた晶は、ショックを抑えきれず、一人で夜の街をさまよい歩く。ふと立ち止まると、彼の目からは大粒の涙が。晶はあふれる涙を拭おうともせずに、街角で一人、静かに泣き続ける。そんな晶の涙に対して視聴者からは「晶の涙綺麗すぎんか」「切ない」「本当に素敵な涙」といったツイートと共に「晶が泣いたらこっちの涙止まらんって」「普通につられた」「晶の涙を見た瞬間に滝のような涙が出ました」など“もらい泣き”を告白する投稿が殺到した。  さらに、晶を演じる岡田が、本作で初めて見せた泣きの演技に「すごい熱演!」「素晴らしい役者さんになってね」などの声も寄せられた。 @@insert1

  • 『中学聖日記』に出演する岡田健史

    『中学聖日記』ファン歓喜! 岡田健史がついに公式インスタグラム開設

    エンタメ

     俳優の岡田健史の公式インスタグラムが、18日に開設された。ファンからは待望の公式アカウントに歓喜の声が集まっている。@@cutter 同日夜、岡田が出演したドラマ『中学聖日記』(TBS系)が最終回を迎えた。本作で女優の有村架純演じる教師との“禁断の恋”に落ちる10代を堂々と演じきり、大ブレークを果たした岡田。最終回の放送が終了した直後に所属事務所の公式ツイッターが告知したのが、岡田のインスタグラムだった。  初投稿は「はじめまして、公式です。本人です。 これからもよろしくお願いします。 おやすみ」というシンプルなもの。写真では、岡田がりりしい眼差しで前方を見つめている。  ファンからは待望のインスタグラム開設に対しての歓喜の声のほか、ドラマを見たばかりと見られる視聴者からの絶賛の声も殺到。「今後の活躍楽しみにしてます」といった、岡田の今後の活躍に対する期待の声も集まっていた。 引用:https://twitter.com/spicepowerstaff    https://www.instagram.com/kenshi_okada_official/

  • 『中学聖日記』最終話場面写真

    有村架純&岡田健史のラストシーンに大反響 『中学聖日記』最終話(ネタバレあり)

    エンタメ

     女優の有村架純主演のドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)最終回が18日に放送され、聖(有村)が夕日の見える海岸で晶(岡田健史)と抱き合うラストシーンに、視聴者から「号泣」「いや〜泣いた!」「やっと結ばれた」などの声がネット上に多数寄せられた。最終話の平均視聴率は自己最高の9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。@@cutter※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。  「未成年者誘拐罪の疑い」で警察署に連行されてしまう聖。一緒にいた晶は取調べで、聖をかばう主張を続けるが、未成年ゆえに相手にされない。ようやく解放された後も、晶は愛子(夏川結衣)に携帯を取り上げられ、聖の連絡先を消されてしまう。後日、愛子から“会って話がしたい”と告げられた聖。しかし、当日待ち合わせ場所で聖を待っていたのは愛子の代理人弁護士。弁護士は聖に対して、晶への接触や連絡を禁止する誓約書を突きつける…。  愛子の代理人弁護士から提示された誓約書にサインをした聖は、日本を離れて海外で日本語教師として働くことを決意。晶は、原口(吉田羊)や勝太郎(町田啓太)の協力を得て、観覧車に乗った聖と電話で言葉を交わすことに。地上の晶は「聖ちゃんに幸せになってほしい。だからもう会わない」と決意を語ると、観覧車の中の聖は「私、日本を離れるの…黒岩くんが力をくれたの…会えて良かった」と思いを伝える。このシーンに対してネット上には「サイコーの演出」「ロマンチックすぎる」「最高に切ない」などの反響が寄せられた。  2人の別れから5年後。タイで子どもたちに日本語を教える聖。仕事が終わり、海岸に一人で立っていた聖は、海に沈んでいく夕日をスマートフォンで撮影しようとシャッターを押すと、彼女の背後からもシャッター音が。聖が後ろを振り返ると、そこにはスーツを着た晶の姿。この展開についてSNS上には「黒岩君きた!!」「鳥肌立った…」「まさか!?」などの声が上がった。  晶は聖に封筒を差し出す。それは5年前に聖が弁護士へ渡した誓約書だった。聖と晶は明るい表情で笑い合い、夕日をバックに熱い抱擁を交わす。このラストシーンに対して視聴者からは「号泣」「いや〜泣いた!」「やっと結ばれた」「ハッピーエンドで嬉しい」などのツイートが殺到。さらに「聖ちゃん良かった」「迎えにいった晶かっこいい」「二人の表情が本当に綺麗」などの声も寄せられていた。 @@insert1

  • 『中学聖日記』に出演する有村架純、岡田健史

    有村架純が満面の笑み! 『中学聖日記』キャスト陣の撮影終了の瞬間

    エンタメ

     18日に最終回を迎えたドラマ『中学聖日記』(TBS系)。最終回を前に、同作の公式ツイッター、インスタグラムが、ヒロインを演じた有村架純、岡田健史らのクランクアップショットを続々と公開。最終回を惜しむファンからのさまざまな反響が寄せられている。@@cutter 主役の末永聖を演じた有村架純は劇中に登場した花屋の前で、大きな花束を手に抱えたクランクアップショット。さらに黒岩晶を演じた岡田建史が花束を手にほほ笑む姿もアップされた。  晶(岡田)の同級生役の若林時英、小野莉奈&西本まりんは、それぞれ花束を抱えて、岡田と共ににっこり写真に映っている。  岡田扮する晶の母親を演じた夏川結衣のクランクアップショットは、岡田との役柄そのままの“親子”ショット。その友人を演じたマキタスポーツの姿も投稿されている。  さらに、吉田羊と町田啓太のクランクアップショットも。有村、岡田と共に写る4ショットは、スタッフによる「では、最後に弾けた感じで!飛び出せ青春!!」という謎の掛け声とともに撮られたものだそうで、吉田が岡田の胸ぐらをつかめば、町田がにっこりサムズアップするユニークなものに。  最終回を見終えたファンからは、一連のクランクアップショットに対して、思い思いの投稿が届いている。 引用:https://www.instagram.com/chugakuseinikki_tbs/    https://twitter.com/chugakusei_tbs

  • 『中学聖日記』に出演する有村架純、岡田健史

    今夜最終回『中学聖日記』有村架純、岡田健史ら“奇跡の4ショット”

    エンタメ

     今夜最終回を迎えるドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)の公式インスタグラムが、ヒロインを演じた女優の有村架純、俳優の岡田健史、吉田羊、町田啓太の4ショットを公開。運命の最終回を前に、ファンは「4人とも、幸せになってほしいです」「どうか、どうか、ハッピーエンドでお願いします」などと思い思いの反応を寄せている。@@cutter 本作は、かわかみじゅんこの同名コミックを実写化。女教師の末永聖(有村)が、勤務先の学校で出会った不思議な魅力を持つ10歳年下の学生・晶(岡田)らと織りなす人間模様を描いている。町田は聖の元恋人である川合勝太郎、吉田は勝太郎の会社の先輩・原口律を演じている。  「奇跡の4ショット」「ただし、4人のシーンがあるのかどうかは、まだ秘密です。答えは最終回にあります」というキャプションとともに投稿された写真には、有村、岡田、吉田、町田が揃って佇む様子が収められている。また「#最終回 #今夜 #まさかの #展開」というハッシュタグも添えられる。ドロドロの恋愛劇を演じてきた4人が、最終回にて相まみえることはあるのだろうか。  写真を見たファンは「まさかの展開・・・やめてぇぇぇ ドキドキするよーーっ!」「まさに奇跡のショット」「4人とも、幸せになってほしいです」「聖ちゃんと黒岩くんの身長差がたまらん」「どうか、どうか、ハッピーエンドでお願いします」「最終回…晶と聖のシーンがたくさん見たいです。終わって欲しくない…」など、これまで追いかけてきたドラマに対するさまざまな反応を寄せている。 引用:https://www.instagram.com/chugakuseinikki_tbs/ @@insert1

  • 『中学聖日記』最終話場面写真

    今夜『中学聖日記』最終回、有村架純と岡田健史の恋の行方は…

    エンタメ

     女優の有村架純が主演を務めるドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)の最終回が今夜放送される。最終回では、聖(有村)と晶(岡田健史)の禁断の恋の行方が描かれる。@@cutter 本作は、かわかみじゅんこが「FEEL YOUNG」(祥伝社)に連載中の同名コミックを原作にしたヒューマンラブストーリー。年上の婚約者がいながらも、勤務先の中学校で出会った10歳年下の中学生に心惹かれる女性教師の“禁断の恋”を儚くも美しく描いていく。  「未成年者誘拐罪の疑い」で警察署に連行されてしまう聖。一緒にいた晶は取調べで、聖をかばう主張を続けるが、未成年ゆえに相手にされない。  ようやく解放された後も、晶は愛子(夏川結衣)に携帯を取り上げられ、聖の連絡先を消されてしまう。後日、愛子から会って話がしたいと告げられた聖。しかし、当日待ち合わせ場所で聖を待っていたのは意外な人物だった。  全てを失い、厳しい現実を突きつけられた聖。募る晶への想いを胸に秘め、彼女が選ぶ道とは…。  ドラマ『中学聖日記』最終回は、TBS系にて今夜12月18日22時放送。 @@insert1

  • 「2018年大活躍した俳優」

    田中圭、平野紫耀、中村倫也、志尊淳、岡田健史…2018年大活躍した俳優たち

    エンタメ

     2018年も、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』や社会的ブームを巻き起こした『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)など、多くの話題作が生まれた。今回は、それらヒット作で存在感を発揮し、大ブレイクを果たした、注目の俳優6人を紹介しよう。@@cutter まずは、『半分、青い。』で、永野芽郁が演じたヒロイン鈴愛の良き理解者であるボクテを演じ、注目を集めた志尊淳を挙げたい。志尊といえば、『烈車戦隊トッキュウジャー』(テレビ朝日系)の主演・ライト(鈴樹来斗)役で知られる俳優だ。以降、多数のドラマ、映画に出演。着実に実力をつけ、今年はドラマ10『女子的生活』(NHK総合)でのトランスジェンダーの主人公役や、ドラマ『トドメの接吻』(日本テレビ系)で山崎賢人演じる主人公に恋するホスト役という、難しい役どころをたしかな演技力で演じきって話題を呼んだ。『女子的生活』では、雑誌「コンフィデンス」が主催する第11回コンフィデンスアワード・ドラマ賞主演男優賞を受賞。  さらに、弱小バスケチームの成長と奇跡を描いた青春映画『走れ!T校バスケット部』で主演を務めるなど、映画作品での活躍も目覚ましい。来年2019年には、ドラマ『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)、作家の百田尚樹の小説を原作とした映画『フォルトゥナの瞳』の公開も控えており、さらなる活躍が期待される。  次に挙げたいブレイク俳優は、5月にシングル『シンデレラガール』で鮮烈なデビューを果たしたアイドルユニットKing & Princeの平野紫耀。同曲は、CDの売れないこの時代に初週売り上げで57万枚超を記録し、続く2ndシングル『Memorial』も40万枚超と大ヒット。デビュー1年目にして紅白歌合戦出場も決定している。そんな平野だが、CDデビュー前に映画『honey』で主演を務め、4月期のドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(TBS系)でも主人公の相手役・神楽木晴役を印象深く演じ、俳優としての顔も確立している。一方で、バラエティー番組に出演すれば、「イケメンなのに天然な発言」が女子のハートをつかんでいる。アイドルとしての活動はもとより、俳優、さらにはバラエティー番組での活躍も楽しみな1人である。  ドS夫からマシュマロ男子、競艇好きのシェフ、ヤクザとまさに変幻自在な演技で、“カメレオン俳優”とも呼ばれついに大ブレイクを果たしたのが中村倫也だ。中村は、2005年に映画『七人の弔』で俳優デビューした、芸歴13年を数える中堅どころでもある。これまでも数々の映画、ドラマ、舞台に出演していたが、今年になって同時期にドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)、志尊と同じく『半分、青い。』、ドラマ『崖っぷちホテル!』(日本テレビ系)、映画『孤狼の血』と立て続けに出演し、そのあまりの変貌ぶりが話題に。自然体で人懐っこい素顔も相まって、一躍時の人となった。2019年も映画・ドラマ・舞台と、出演作が目白押し。破竹の勢いはまだまだ止まりそうもない。@@separator すでに数年前より俳優として高い評価を得ていたものの、今年、さらにファン層を拡大した俳優もいる。まずは、ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で社会現象を巻き起こした田中圭だ。同作ではダメダメなのにかわいらしくて愛しい、愛されキャラ春田を演じ、大ブームを巻き起こした。そんな田中は、今年度は計4作のドラマにレギュラー出演。出演映画も『スマホを落としただけなのに』など3作が公開されている。  さらにもう1人、石原さとみが主演したドラマ『アンナチュラル』(TBS系)の中堂系役で再注目された井浦新も忘れてはならない。その後もドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)、映画『菊とギロチン』『止められるか、俺たちを』など引っ張りだこの様子。2019年も映画・ドラマに欠かせない俳優となりそうだ。  最後に、平野と同じ「2018年デビュー」で忘れてはいけないのが岡田健史だ。今年デビューした現在19歳。その後、初めて演技をしたドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)で現在大ブレイク中だ。本作は、有村架純が主演を務める教師と教え子の中学生男子の切ない恋を描いた物語だが、岡田はこの作品で純粋で、まっすぐで熱い10代の男子を熱演。世の女性の心を鷲づかみにした。2019年の活躍が最も期待される俳優の1人といえよう。

  • 『中学聖日記』に出演する岡田健史、有村架純

    岡田健史、有村架純の電話に笑顔「かわいすぎ」と反響 『中学聖日記』第10話

    エンタメ

     女優の有村架純主演のドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)の第10話が11日に放送され、聖(有村)からの初めての電話を喜ぶ晶(岡田健史)の表情に視聴者から「ベストオブ可愛い」「かわいすぎる」「ご馳走様です」などの声がネット上に殺到した。@@cutter キャンプ場で一晩2人きりの時間を過ごし、ついに思いが通じ合った聖と晶。島を出る日、晶は愛子(夏川結衣)に連絡を取るが、メッセージを受け取った愛子の表情は何かを感じたのか曇ったままだった。  東京へ戻った聖を迎えたのは母・里美(中嶋朋子)。里美は聖と晶を再び引き離してしまう。翌日、改めて2人は愛子を訪ね、里美は娘のしたことについて謝ろうとするが、意を決した聖は晶に対する思いを愛子に正直に告げ…。  島を離れるフェリーの中で、晶は「今度こそ、かけてくれますか?」と自分の携帯番号を記したメモを聖に手渡す。東京へ戻り、晶は学校へ、聖は愛子に晶への思いを告げ、勤めていた小学校を退職する。  小学校を後にした聖は、携帯が壊れていたため、公衆電話から初めて晶に電話をかける。着信に気づき電話に出た晶は弾けるような笑顔で「先生…?本当に先生?」と一言。ここで晶が見せた喜びの表情に、視聴者から「ベストオブ可愛い」「メッチャかわいすぎる」「ご馳走様です」などの声が殺到した。  さらに愛子から、聖が自宅に訪問したことを聞かされていた晶は続けて「一緒にいられなくてごめん」と語り彼女を気遣う。このセリフに対してSNS上には「キュンキュンきたわ」「この言葉にはやられてしまいました」などの称賛が寄せられた。  その後、追ってきた愛子に気づき電話を切った晶。彼は少し不思議そうな顔で母を見つめる。聖との電話で見せた明るい表情から、一気にトーンが変わった岡田の演技に「とってもリアル」「上手くなったなぁ」「晶の心情を表情だけで物語ってて本当に凄い」などの投稿が集まっていた。 @@insert1

  • 『中学聖日記』に出演する有村架純

    有村架純、吉田羊に抱かれて涙…視聴者「切ない」の声 『中学聖日記』第10話

    エンタメ

     女優の有村架純主演のドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)の第10話が11日に放送され、傷心の聖(有村)が律(吉田羊)に肩を抱かれて涙を見せるシーンに視聴者から「切ないけれど美しい」「もらい泣き」「尊い」などの声がに多数寄せられた。@@cutter※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。  キャンプ場で一晩2人きりの時間を過ごし、ついに思いが通じ合った聖と晶(岡田健史)。島を出る日、晶は愛子(夏川結衣)に連絡を取るが、メッセージを受け取った愛子の表情は何かを感じたのか曇ったままだった。  東京へ戻った聖を迎えたのは母・里美(中嶋朋子)。里美は聖と晶を再び引き離してしまう。翌日、改めて2人は愛子を訪ね、里美は娘のしたことについて謝ろうとするが、意を決した聖は晶に対する思いを愛子に正直に告げ…。  教師を辞めて新たな人生を歩み出そうとする聖。両親の元を離れるため新居探しをしていた彼女は律と再会する。聖は律に、晶への思いを貫くことと両親にこれ以上の心配をかけたくないと吐露。そんな聖を律は「聖ちゃん強くなった」と笑顔で励ますと、胸に手を置き「私は勇者の味方」と一言。この言葉に対してSNS上には「律さんやっぱりカッコいい」「これは惚れる」などの反響があった。  後日、新居のアパートを内見する聖。同行した律に対して聖は「おかげさまでここでやっていけそうです…何にもないけど…」と語り、前夜に晶から突然「もう冷めた、こういうのは止めよう」と告げられたことを明かすと、律は聖のそばに歩み寄り、彼女の肩をそっと抱いて「いいよ、泣いて」と語りかける。律が「これからは泣くのも笑うのも自由」と続けると、聖の目からは堰(せき)を切ったように涙がこぼれる。このシーンに視聴者からは「切ないけれど美しい」「綺麗な涙にもらい泣き」「涙を流す架純ちゃんが尊い」などのツイートが殺到した。  さらに聖を支える律に対して「大人の女性って感じがダダ漏れで素敵」「一番イケメン」などの称賛もネット上に寄せられた。 @@insert1

  • 『中学聖日記』のクランクアップを迎えた有村架純と岡田健史

    有村架純&岡田健史『中学聖日記』クランクアップ 最終話への思いを語る

    エンタメ

     女優の有村架純と俳優の岡田健史が、出演するドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)のクランクアップを迎え取材に応じ、18日放送の最終話に向けた思いを明かした。@@cutter かわかみじゅんこが「FEEL YOUNG」(祥伝社)に連載中の同名コミックを基に、女性教師と元教え子の“禁断の恋”を儚くも美しく描く本作。終盤に向け視聴者の熱い注目を集め、11日放送の第10話のラストでは衝撃の展開を見せ、最終話への期待も高まっている。  クランクアップを迎え有村は「まだ実感がない」と語るが、「毎話毎話、1シーン1シーン、大事にしてきたことが、ラストを迎えた時に、この4ヵ月、聖としてもがいたり苦しんだりしてきてよかったなぁと思える時間で、すごく幸せでした」と心境を吐露。一方、本作がデビュー作で、人生初のクランクアップを迎えた岡田は「自分のデビュー作が、『中学聖日記』で、黒岩晶でよかったなと心の底から思える現場でした」としみじみと語った。  印象に残っているシーン、難しかったシーンについて話が及ぶと、有村は「選ぶの難しい~」と悩みながらも、「6話~8話はどのシーンも難しかったです。自分の気持ちを隠して、ごまかして、嘘をついて生きなきゃいけないのが難しかったです。裏腹な気持ちを抱え、晶くんに対しても、千鶴さん(友近)に対しても、いろんな人に嘘をつき続けなければならないというのが本当に苦しかったです」と振り返る。「どのシーンも、ちゃんと本当は晶くんを想っているよということが、見ている方に伝わるか、ちゃんとできているか分からないとプロデューサーにいつも言っていた気がします」とも明かす。  一方の岡田は、全部が大切なシーンだというが、第9話で聖と自転車に2人乗りするシーンを挙げ、「真っすぐ走らなきゃいけないのに、風が強くて、後ろに聖ちゃんを乗せているし、プロデューサーに『絶対転ぶなよ!』と言われ、体幹を使って走りました」と笑う。また最終話のシーンで「久しぶりに感情が激高するシーンがあり、ただ暴言を吐いて、声を大きくするのだと、中学生時代の子どもっぽさが出てしまうので、3年を経た晶の成長をどうしたら見せられるか、難しかったです」とも。  デビューから岡田の成長を見続けた有村は「衣装合わせで初めてお会いした時から、顔つきが全く変わった。撮影で会う度に、また目つきが変わっているとお芝居をしながらも感じていました」と成長ぶりを実感した様子。「ただ真っすぐさは変わっていなくて、晶くんからもらうエネルギーの真っすぐさは、1話から11話まで同じ熱量を感じていました」とも語り、「最初は自分が引っ張っていかなきゃと思っていましたが、途中からそんなことを思う必要がなくなるほど背中が大きくなっていくのをずっと見ていたので、すごいなと思っていました」と絶賛する。  最終話にむけては、「見てくださる方が、聖と晶を応援してくれているのがうれしい。この2人の行く先を、もどかしいし苦しいと思うけど、一緒に乗り越えていってほしいなって思います」(有村)、「デビュー作ということもあり思い入れが強いです。人を好きになるということがどういうことか、改めて考えてもらえるきっかけとなる作品だと思うので、ぜひ最後まで見てほしいです」(岡田)とメッセージを寄せた。  『中学聖日記』最終話は、TBS系にて12月18日22時放送。 @@insert1

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access