波瑠 関連記事

  • (左から)安藤サクラ、のん、波瑠

    人気女優の登竜門! 「朝ドラ」ヒロインランキングTOP10

    エンタメ

     女優の安藤サクラが、「演技力に魅せられた!朝ドラヒロインランキング」で1位に輝いた。2位にのん、3位には波瑠がランクインした。@@cutter 今回のランキングは、株式会社CMサイトが、10~60代の男女1万1490名を対象に、2000年以降のNHK連続テレビ小説(通称“朝ドラ”)において「演技力に魅せられたヒロイン」をインターネットリサーチ結果を集計したもの。  第1位は“インスタントラーメン”を生み出した夫婦の知られざる物語を描いた『まんぷく』より、ヒロイン福子を演じた安藤が選ばれた。「演技力の高さという点ではズバ抜けている」「『次も観たいな』と思わせる女優さんです」「何者にでもなれる演技力の持ち主。さすが日本アカデミー賞に選ばれた女優」といった声が挙がり、ストーリーの面白さはもちろん、安藤の高い演技力が今回の結果につながったようだ。  第2位は脚本家・宮藤官九郎が故郷の東北を舞台に描いた人情喜劇『あまちゃん』からのんがランクイン。「役柄がぴったりで、このドラマを社会現象にした立役者」「一生懸命な演技が良かった!まだまだ活躍してほしい」「兵庫県民とは思えないほど、東北弁のが上手だった」と、かわいらしく一生懸命なキャラクター性が、高い評価を受けている。  第3位は幕末から明治を生き抜いた女性実業家を描いた『あさが来た』から波瑠。「もっとおっとりしたイメージだったが、保険会社の女社長としてしっかりした女性を上手に演じていた」「若い時から高齢までしっかり演技ができていた」「朝から笑えるドラマで次の日が待ち遠しく、放送が終わったときはロスになりました」といった意見が集まった。  以下、4位は尾野真千子(『カーネーション』)、5位は有村架純(『ひよっこ』)、6位は高畑充希(『とと姉ちゃん』)、7位は松下奈緒(『ゲゲゲの女房』)、8位は杏(『ごちそうさん』)、9位は広瀬すず(『なつぞら』)、10位は国仲涼子(『ちゅらさん』)という結果になった。

  • (左から)新垣結衣、有村架純

    新垣結衣1位、有村架純が2位「ウエディングドレスが似合う女優ランキング」

    エンタメ

     女優の新垣結衣が、「ウエディングドレスが似合うと思う女優」で1位に輝いた。2位に有村架純、3位には広瀬すずがランクインした。@@cutter 今回のランキングは、10~60代の男女1万2020名を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計したもの。  TBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で、とびきりキュートなウエディングドレス姿を見せたことが記憶に新しい新垣が1位に選ばれた。「30代とは思えない美しさ。純白のドレスを着たら無敵」「背が高くスタイルが良いし、顔も美しい。これ以上ない」「文句なしでナンバーワンだと思います」と、老若男女問わず多くの声が挙がった。  第2位の有村については「涼しげで清楚な顔だちだし、似合いそう」「一途なイメージがあるので、ウエディングドレスがぴったり」「架純ちゃんの花嫁姿は見たくないけど、きっと純白が似合うと思う」と、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』の続編である『ひよっこ2』でのウエディングドレス姿が印象深いようだ。  第3位の広瀬は「可愛いし、とにかく清潔感があります」「綺麗な女優さんはたくさんいるけど、一番清純な感じがする」「若くてお肌もきれいなので間違いない!」といった意見が寄せられた。映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』では、広瀬の若々しさとあどけなさの残るウエディングドレス姿が披露されている。  そのほか、4位は桐谷美玲、5位は山本美月、6位は土屋太鳳、7位は広瀬アリス、8位は武井咲、9位は波瑠、10位は吉岡里帆という結果になった。

  • 映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』佐藤健演じるリュカ場面写真

    5.27は<ドラゴンクエストの日>映画最新場面カット&佐藤健らコメント到着

    アニメ・コミック

     フル3DCGアニメ映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』より、1986年にゲーム1作目『ドラゴンクエスト』が発売されたきょう5月27日が<ドラゴンクエストの日>であることを記念して、映画最新場面カットや本作のボイスキャストを務める佐藤健、有村架純、波瑠、山田孝之のコメントが到着した。@@cutter 本作は、日本を代表するロールプレイングゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズのうち『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』(1992年発売)のストーリーを原案に、VFXの第一人者である山崎貴の総監督・脚本により初映画化。『ドラクエ』生みの親であるゲームデザイナー堀井雄二が原作・監修を手掛けるほか、音楽も『ドラクエ』でおなじみのすぎやまこういちが担当する。監督は八木竜一と花房真。  本作では全キャストがプレスコ形式(先に台詞を収録しておいて、その声に併せて口の形やキャラクターの表情などを作画する方法)での録音となっており、2年前に全くアニメーションができていない状態で声を当てた。そして今回、できあがってきたアニメーションに合わせて追加のアフレコを敢行。初めて3DCGのキャラクターの映像を観た、アフレコ直後のキャストそれぞれのコメントが到着した。  リュカ役の佐藤は「(原案となった『ドラゴンクエストV』は)リュカの人生を長い時間をかけて描いている作品なので、リュカの成長がこの映画の中で見せられたらいいなという思いがありました」と演じる際に込めた思いをコメント。そして映像について「ゲームの醍醐味の一つである、どちらを花嫁に選ぶのかという部分を、『こう来たか!』という描き方をしているので是非注目して観て頂きたいです。映画を観て、また“花嫁論争”が繰り広げられる予感がしています」とメッセージを寄せている。  ビアンカ役の有村は「ビアンカは、リュカの一歩先に行って手を引っ張っているような印象を受けたので、そこを意識して演じました」とコメント。映像については「実際に出来上がった絵を観ると、物凄く迫力があって、壮大なアニメーションになっているので、アフレコしている時にモニターを観ているだけでこちらも息が上がるような感覚がありました」と感想を語っている。  フローラ役の波瑠は「フローラは可憐な女性で、その中で溌剌(はつらつ)とした部分と品の良い部分の両立が改めて難しいなと思いました。キャラクターの表情や感情に出来る限り沿いたいと思いましたが、やはり難しかったですね」とアフレコを振り返った。  パパス役の山田は「自分が子供の頃に実際にゲームをプレイしていた時、パパスのラストシーンが凄く悲しかったです。なので、最初にパパス役と聞いた時は嬉しかったのですが、偉大で、強くて、とても頼りがいのあるお父さんが自分の目の前でいなくなってしまう、その感動を与えなくてはいけないということと、ここから物語が一気に加速していくのでプレッシャーが大きかったです」と同役が自身にとって思い入れのあるキャラクターであることを明かしている。  公開された場面写真には、リュカと久々に再開するビアンカとフローラ、小さなリュカを抱きしめるパパスなどが収められている。  なお、本作はワールドプレミアが7月16日にTOHOシネマズ六本木にて行われることが決定している。  映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は8月2日より全国公開。

  • 『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』ボイスキャスト配役発表

    映画『ドラクエ』ボイスキャスト、ケンコバ&山寺宏一らの配役発表

    アニメ・コミック

     俳優の佐藤健が主人公を、女優の有村架純がヒロインの声を演じるフル3DCGアニメ映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』から、ケンドー・コバヤシ、山寺宏一らボイスキャストの役名が解禁された。@@cutter 本作は、日本を代表するロールプレイングゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズのうち『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』(1992年発売)のストーリーを原案に、VFXの第一人者である山崎貴の総監督・脚本により初映画化したもの。『ドラクエ』生みの親であるゲームデザイナー・堀井雄二が原作・監修を手掛けるほか、音楽も『ドラクエ』でおなじみのすぎやまこういちが担当する。監督は八木竜一と花房真。  この度、ケンドーコバヤシ、安田顕、松尾スズキ、山寺宏一、賀来千香子の5名のボイスキャストの配役が発表された。  コバヤシは主人公リュカ(佐藤)の父親・パパスに仕え、リュカと共に旅に出るサンチョ役を、安田は魔物の元から逃げ出したリュカと、王子・ヘンリー(坂口健太郎)を助ける謎の老人・プサン役を担当する。そして、フローラ(波瑠)の父であり、サラボナの大富豪のルドマンを松尾が、リュカと共に数々の冒険に挑んでいくスラりんを山寺が、リュカの母で魔物に囚われているマーサを賀来がそれぞれ演じる。  出演決定に際し、“ドラゴンクエスト大好き芸人”でも知られるコバヤシは「私生活では人の言うことを聞かない僕ですが、サンチョを演じている間は、主人の為ならなんでもする所存です」と意気込みを伝え、安田は「時代を超えた伝説に参加できることに心より御礼申し上げます」と喜びをコメント。  「若い頃、会社を辞めてプータローを決め込んでいた頃、3畳の部屋でずっぷりファミコンのドラクエにはまっておりました」と明かす松尾は「キャラを演じる気恥ずかしさを瞬時に体から追い払うのに力が必要でしたが、楽しかったです」と話し、山寺は「映像を観てそのクオリティに驚きました、そして、スラりんも、シンプルなフォルムなのにとても表情が豊かなので色々な声で演じました」と振り返っている。  賀来は「マーサは“正しい人”という印象です。慈愛に満ち溢れ、ゆるぎない強さを秘め、不思議な能力を持った選ばれた存在―。そういう雰囲気が出せたら…、と思いました」と役への思いを語った。  フル3DCGアニメ映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は8月2日より全国公開。

  • 『もみ消して冬 2019夏~夏でも寒くて死にそうです~』に出演する(左から)波瑠、山田涼介、小澤征悦

    山田涼介主演『もみ消して冬』SPドラマで復活 今夏放送

    エンタメ

     Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演を務めた2018年1月期ドラマ『もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~』(日本テレビ系)が、スペシャルドラマとして復活することが発表された。タイトルは『もみ消して冬 2019夏~夏でも寒くて死にそうです~』で今夏放送される。@@cutter 本作は、山田、波瑠、小澤征悦が演じるエリート3兄弟が、家族にふりかかるトラブルのみを全力で解決するという「どコメディ」ホームドラマ。主人公の秀作(山田)が、父親や兄姉からの無茶ぶりに答え、苦しみながらも全力で奮闘する姿に放送当時は笑いと共感の声があがり、度々大きな話題を呼んでいた。  今夏放送されるスペシャル版のテーマは、「AIが北沢家にやってくる!」。2019年夏、秀作の家族内の地位はますます下落していた。ほかの家族たちはそれぞれの逆境を跳ね返し、昔に勝るとも劣らない社会的地位と経済的安定を手に入れているというのに、あこがれていたパティシエへの面接も落ち続けている。そんな苦しい日々を送っている最中、ロスに医者として武者修業に出ていた博文が帰ってくる。  ロスで「AIを駆使した医療技術」という新たなスキルを身につけ「AI天才外科医」として日本に凱旋した博文は「これから人類の未来はAIが担う!もちろん北沢家の未来も!」と高らかに宣言、北沢家に「AIケンジ」そして、その妹の「AIサユリ」を持ち込むのだが…。  引き続き主演を務める山田は「『もみ消して冬』の続編をやるなら「もみ消して夏」になるんじゃないかと思っていたら、メインタイトルは変わっていなくて、そこが面白いですね(笑)」とコメント。「北沢家のシーンは、連ドラの時から、みんなで考えて話し合いながら作り上げる大切なシーンで、早くその空気感に戻りたいです」と気合を見せている。さらに「今回はAIがキーアイテムになっていて、秀作とAIとのやりとりも見どころになると思いますし、演じる僕も楽しみにしています」とアピールした。  また共演の波瑠も「知晶を演じることは楽しいので、また演じられるのは、とてもうれしいです」とコメント。小澤も「連ドラの時から『続編をやりたいね』という話はしていました。このメンバーでスペシャルができるのはうれしいし、力を合わせて頑張っていきたいです」と意気込んでいる。  本作には、3人のほか、父親役の中村梅雀をはじめ、連ドラ時のレギュラーメンバーの小瀧望(ジャニーズWEST)、千葉雄大、浅野和之、恒松祐里、児嶋一哉らも出演。撮影は5月から6月にかけて行われる予定だ。

  • 『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』出演キャスト

    フル3DCGアニメ『ドラクエ』主人公の声に佐藤健 有村架純&山田孝之ら豪華俳優陣集結

    アニメ・コミック

     フル3DCGアニメ映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』(8月2日公開)のボイスキャストとして、俳優の佐藤健、山田孝之、女優の有村架純らの出演が決まった。佐藤は主人公リュカ、山田はリュカの父パパス、有村はリュカと共に冒険の旅をするビアンカの声をそれぞれ担当する。@@cutter 本作は、日本を代表するロールプレイングゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズのうち『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』(1992年発売)のストーリーを原案に、VFXの第一人者である山崎貴の総監督・脚本により初映画化。『ドラクエ』生みの親であるゲームデザイナー堀井雄二が原作・監修を手掛けるほか、音楽も『ドラクエ』でおなじみのすぎやまこういちが担当する。監督は八木竜一と花房真。  佐藤が演じる主人公リュカは、行方不明の母を探すため父パパスと共に冒険へ出るが、そこで出会った王子ヘンリーと共に魔物たちに捕まり、奴隷として捕らわれてしまう。10年後、再び母を探す冒険へと出発し、幼い頃に共に冒険をしたビアンカや、同じく幼なじみで大富豪の娘であるフローラと出会う。  佐藤は「主人公の声を務めさせて頂くということで責任重大なわけですが、どうなのでしょう、不安です」としつつも、「しかし佐藤なんかに任せてらんねえよという方にも是非この映画を観に来て頂きたいのです。何故ならこの物語の主人公は僕が演じた“リュカ”ではなく、紛れもなく今の時代を生きる“あなた”なのですから」と呼びかける。  リュカの父パパスを演じる山田は、以前にもゲーム『ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり』に声で参加しており、「今回の『ユア・ストーリー』でも同様、声だけでの表現は難しいなぁと思いました。大好きなパパスのプレッシャーは半端ではなかったです。しかし、もし私が主人公の声を演じるとなった場合、演技プランが1つしか思い浮かばないのでパパス役で助かりました」と話す。  有村が演じるビアンカは、幼い頃リュカと共に幽霊城での冒険を体験。成長して再びリュカと出会い、サラボナの平和を脅かす魔物を倒すため共闘することになる。役どころについて有村は「ビアンカは、気が強くはすっぱな部分もあるけれど、心の隅でリュカを想う乙女な心も持った魅力的な女性です。寛容で肝っ玉だからこそどんなことも受け止め、立ち向かう芯の強さを大切に、ブレることのないよう演じました」としている。  さらに、ヘンリーを坂口健太郎、フローラを波瑠が演じるほか、ケンドーコバヤシ、安田顕、古田新太、松尾スズキ、山寺宏一、井浦新、賀来千香子、吉田鋼太郎ら豪華俳優陣が集結している。  映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は8月2日より全国公開。

  • (左から)永野芽郁、田中圭

    永野芽郁と田中圭が1位! 今年ぐんぐん成長した“出世魚女優・俳優”

    エンタメ

     女優の永野芽郁と俳優の田中圭が「今年一番の出世魚女優・俳優」ランキングで1位に輝いた。2位には竹内涼真、新垣結衣らが名を連ねている。@@cutter 今回の結果は、マルハニチロ株式会社が2018年10月25日~10月27日の3日間で、全国の15歳~59歳の男女に対し、「今年の食生活に関する調査」をインターネットリサーチを実施。その中でも「魚」に紐づけ、「ぐんぐんと成長し、飛躍を遂げる『出世魚』のイメージに合う芸能人は誰か」という質問に対し1000名の回答を集計した結果に基づくもの。  回答者1000名に聞いたところ、「今年一番の出世魚女優」の1位は、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』でヒロイン鈴愛を演じ、一躍その名を轟かした永野となった。2位は新垣、3位は浜辺美波、4位は吉岡里穂、5位には波留がランクインしている。  また、「今年一番の出世魚俳優」の1位は『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)での熱演が話題となった田中だった。2位は竹内、3位は菅田将暉という結果に。また、4位に高橋一生、5位には吉沢亮と、ドラマ、映画ともに活躍を見せる俳優がランクインする結果となっている。

  • 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』公開記念舞台挨拶に登場した(左から)波瑠、西島秀俊

    西島秀俊公認!濱田マリは「前腕がスゴい。メチャクチャカッコいい」

    映画

     俳優の西島秀俊が27日都内で、波瑠主演の映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』の公開記念舞台挨拶に登壇。本作で共演した濱田マリに関して「前腕がスゴい。本当にビックリした。メチャクチャカッコいい」と驚きの声を上げた。@@cutter 本作は、作家・小森陽一の小説『オズの世界』を原作とする遊園地を舞台にしたお仕事エンターテインメント。地方の遊園地・グリーンランドへ配属されて不満を抱く新入社員・波平久瑠美(波瑠)が、“魔法使い”と呼ばれる風変わりなカリスマ上司・小塚慶彦(西島秀俊)や個性的なスタッフたちとの交流を通じて、働くことの楽しさに気づく様を描く。  本舞台挨拶には波瑠や西島、濱田の他、岡山天音、深水元基、波多野貴文監督が出席した。  波瑠は、NHKの連続テレビ小説『あさが来た』でヒロインを演じて以来、長編映画初主演。本作に関して「これからお仕事をし始める新社会人の方も、何年も働いていて上司の立場の方も『楽しく仕事したいな』と思ってもらえたらうれしい」と述べた。  スプラッシュ系のアトラクションの撮影では、演出上、水に濡れる場面だったが「バシャーン!と水が来たけど、風に守られて全く濡れなかった。水の量を増やして、もう一回やった」と回想。園内で癒やされていた場所は「動物がいっぱいいるところ。ワンちゃんとかいた。(動物を)お世話をするシーンで、波平は嫌そうにやるけど、(波瑠自身は)全然嫌じゃなかった。ずっといたかった」と笑顔を見せた。  カリスマ上司に扮した西島は、ほほ笑みながら「仕事で疲れた方も恋愛と仕事のバランスで悩んでいる方もぜひ観に来てほしい」と本作をアピール。撮影期間中のエピソードを聞かれると、プライベートで濱田がボルダリングをしているのを見た時の感想を告白。アクション俳優として数々の壮絶シーンに取り組んできた西島が「(濱田の)前腕がスゴい。本当にビックリした。メチャクチャカッコいい」と感嘆の声を上げた。  一方、自身は現場で体を鍛えていなかったのかと問われて「全然してない」と発言。しかし濱田から「何言ってるの? 人の前腕のことを言っておいてさ。西島さん?」と鋭い目つきで追求され、「(トレーニングに)行った(笑)。行きました」と白状。「怖いですね、このメンバー。全部バラされる」と笑っていた。

  • 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』プレミア上映会にて

    波瑠、西島秀俊の笑顔を見て「不思議なものを見てる気になった」

    映画

     女優の波瑠が俳優の西島秀俊と共に4日、都内で開催された映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』のプレミア上映会に登壇した。熊本の遊園地を舞台にした作品ということで、熊本のご当地キャラクター・くまモンがお祝いに駆けつけ、波瑠と抱擁。また、先日、第2子の誕生を発表した西島は司会者からお祝いの言葉をかけられ、「ありがとうございます」と笑顔を見せた。@@cutter 人気作家・小森陽一の『オズの世界』(集英社文庫刊)を原作にした本作は、地方の遊園地への配属辞令を受けた新入社員の波平久瑠美(波瑠)が、カリスマ上司・小塚(西島)と一癖も二癖もある従業員たちに囲まれながら成長していく姿を描く。イベントには、岡山天音、深水元基、中村倫也、濱田マリ、柄本明、波多野貴文監督も出席した。  今作は、熊本県に実際にある遊園地、グリーンランドリゾートの全面協力のもと撮影。波瑠は「すごく大きな遊園地。アトラクションの数も多くて、空き時間に乗りに行ったけど、全然遊びきれなかったです」としみじみ。また、営業中に撮影していたこともあり、西島は「撮影終わって食事に行くと声をかけられることもあって。地元の人と一緒に映画を作れたのは本当に楽しかったです」とニッコリ。また岡山は「アトラクションの場所をよく聞かれて案内してました」と明かし、会場の笑いを誘っていた。  波瑠と西島は今作が初共演。“魔法使い”と呼ばれる風変わりな小塚を演じた西島は劇中で笑顔を披露することが多かったそうで、波瑠は「テレビに映る西島さんばかり見ていたので、(これまで演じた役で)すごい厳しい方というイメージがついてて。今回、笑っているのを見て、不思議なものを見てる気になりました(笑)」と打ち明けるも、「でも、口出しせず、大きく構えてくれるステキな上司の小塚さんそのもので。西島さん自身もそうなんじゃないかと思いました」と賛辞の言葉を。  西島は「笑った作品も出てるから」とけん制するも、「ぶっきらぼうな上司を演じていたつもりが、完成した作品を見たら、めちゃくちゃ笑っていて。チームが良かったので、よっぽど楽しかったんだと思います」と極上のスマイルを見せていた。  映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』は10月26日より全国公開。

  • 『コーヒーが冷めないうちに』完成披露試写会にて

    有村架純『ビリギャル』以来3年ぶりの吉田羊からの称賛に「幸せです」

    映画

     「4回泣ける!」と話題になったベストセラー小説を原作にした映画『コーヒーが冷めないうちに』の完成披露試写会が23日都内で行われ、主演の有村架純、伊藤健太郎、波瑠、薬師丸ひろ子、吉田羊、石田ゆり子、松重豊、塚原あゆ子監督が登場した。@@cutter 2017年の本屋大賞にノミネートされたベストセラー小説を実写映画化。とある街の喫茶店・フニクリフニクラを舞台に、望んだとおりの時間に戻ることのできる席に座った人々の奇跡を描く。  有村と吉田は、2015年の映画『ビリギャル』以来の再共演。吉田は「『ビリギャル』はたくさんの方に愛された作品だったので、架純ちゃんと次に共演するのは10年後かな?と勝手に思っていたけれど、これだけ早く叶ってうれしい」と再会を喜ぶ一方で、「その時から架純ちゃんは穏やかで、感情の浮き沈みがなく、本当にフラットな佇まいでいたのが印象的でした。今回3年ぶりにお会いして、この3年間で沢山のことを経験して、戦ってきたにも関わらず、その佇まいは変わらず、自分の居心地の良さをきちんと保ったまま現場にいらしたので、さらにどっしりとして強い女優さんになられた」と女優としての成長を称賛。それに当の有村は「うれしいです、幸せです」と大テレだった。  また映画の内容にちなんで「戻りたい過去」を聞かれた有村は「小学校3年、4年の9歳か10歳の頃」と返答。するとスクリーンには当時の有村の姿が映し出され「こんなにアップにしないで!」と照れつつも「この頃は野生児で、夏はキャンプに行って虫取りをして遊ぶような活発な女の子。自由奔放でした」と回想。なぜこの時期かというと「風邪をひいて病院に行ったら、なんだか安心してお腹が減った。その日の晩御飯がちらし寿司で、風邪をひいているのに食べたらすごく美味しかった。それが忘れられず、母親の作ったちらし寿司が食べたいから」と食いしん坊な一面を見せて笑わせた。  映画『コーヒーが冷めないうちに』は、9月21日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access