ソン・ガンホ 関連記事

  • 映画『PARASITE(英題)』場面写真

    ポン・ジュノ監督最新作、韓国映画初パルムドール受賞

    映画

     ポン・ジュノ監督の最新作『PARASITE(英題)』が、第72回カンヌ国際映画祭で審査員の満場一致により、韓国映画初となる最高賞パルムドールを受賞した。@@cutter 本作は、『殺人の追憶』『母なる証明』『グエムル ‐漢江の怪物‐』などを手掛け、鋭い視点で社会を切り取り、ときに独自のユーモアを交えながら人間の内面をあぶり出してきたポン監督の最新作。物語は、全員失業中の一家の長男が家族の期待を一身に背負い、IT企業を経営する裕福な一家で家庭教師の面接を受けるところから始まる。この相反する2つの家族の出会いは、想像を超える悲喜劇へと加速していく。  主演を務めるのは名優ソン・ガンホ。同監督とは『スノーピアサー』『グエムル ‐漢江の怪物‐』『殺人の追憶』に続く4度目のタッグとなる。共演には『最後まで行く』『ソニはご機嫌ななめ』のイ・ソンギュン、『後宮の秘密』のチョ・ヨジョン、『オクジャ/okja』『新感染 ファイナル・エクスプレス』のチェ・ウシクら実力派の面々が脇を固める。  受賞にあたりポン監督は「本当に光栄です。私はフランス映画から多くの影響を受けて来ました。特に2人の監督、アンリ=ジョルジュ・クルーゾーとクロード・シャブロルに感謝したいと思います。この作品はとても特別な冒険でした。全てのアーティストに感謝したいと思います。そして何よりもこの作品は素晴らしい俳優がいなかったら取れなかったと思います。彼らに感謝します。私は映画が本当に好きで、12歳の頃から映画狂の青年でした。そしてまさか監督になるなんて…! 本当に何にせよ、今夜この手で、私にとって大きな賞を頂けるなんて思っていませんでした」とコメント。  『レヴェナント:蘇えりし者』の監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ審査員長は、授賞理由について、「この映画で、私たちは予想のつかない展開を体験しました。『PARASITE(英題)』は、ユーモラスで優しく、何かを決めつけることなく現実の問題に直結していました。ローカルな映画でありながら、非常に国際的であり、“映画とは何か”という本質の理解によって、素晴らしく効果的に生み出されていました。私たちは観た瞬間からこの映画に魅了され、観た後も自分たちの中でどんどんと育っていきました。これが、私たちが満場一致でこの映画を選んだ理由です」と話した。  映画『PARASITE(英題)』は日本でも公開予定。

  • ソン・ガンホ主演最新作『密偵(原題)』が2017年に日本公開決定

    ソン・ガンホ主演『密偵』に出演の鶴見辰吾、「日本での公開が本当に嬉しい」

    映画

     数々のヒット作に出演する名優ソン・ガンホと、韓国初のゾンビ映画『釜山行き(原題)』が大ヒットを記録したコン・ユが主演する映画『密偵(原題)』が2017年に日本公開されることがわかった。本作には、日本人キャストとして鶴見辰吾も出演しており、鶴見は「私にとっては1995年『GONIN』以来のリマーカブルで誇れるべき作品だ」と本作への思いを語っている。@@cutter 本作は、日本による植民地時代の1920年代を背景に、抗日武装独立運動団体「義烈団(ウィヨルダン)」と彼らを追う日本警察との攻防をスリル満点に描いたサスペンス・アクション映画。『悪魔を見た』で知られる、キム・ジウンがメガホンを取り、ソン・ガンホ、コン・ユのほか、『イ・サン』『屋根裏部屋のプリンス』に主演したハン・ジミン、オム・テグ、シン・ソンロクらが脇を固める。また、義烈団長役で、イ・ビョンホンが特別出演。圧倒的な存在感を放っている。  日本警察の組織ナンバー2である総督府刑務局部長役で出演する鶴見は、「『密偵』の現場は最高の作品を作ろうとする意欲とともに、常に緊張感に包まれていた」と撮影を振り返る。そして、「ソン・ガンホ、コン・ユ、ハン・ジミン、オン・テグ、イ・ビョンホン、多くの韓国の名優たちの中で、私は演技を激突させた。早くも日本での公開となったのが本当に嬉しい」と語った。  第89回アカデミー賞外国語映画賞の韓国代表に選ばれ、韓国内の映画祭でも賞レースを賑わすことが予想されている本作。本国韓国のみならず、日本でも高い注目を集めそうだ。  映画『密偵(原題)』は、2017年公開。

  • 『王の運命』、衝撃の本編映像公開!

    ソン・ガンホ×ユ・アイン『王の運命』本編映像解禁! 運命を分かつ衝撃シーン公開

    映画

     韓国実力派俳優No.1のソン・ガンホとユ・アインが共演する映画『王の運命(さだめ)―歴史を変えた八日間―』の本編映像が解禁された。公開された映像は、ソン・ガンホがユ・アインを米びつに閉じ込める衝撃シーンだ。@@cutter 本作は朝鮮王朝における王権争いが激化した時代を舞台に、朝鮮第21代目の王・英祖(ヨンジョ)と、息子・思悼(サド)、そして思悼の子として朝鮮後期最高の聖君となる第22代正祖(イ・サン)の誕生まで、56年間の歴史に存在した人々の心情を丁寧にひもとき、1762年の「米びつ事件(壬午士禍)」を中心とした史実を映画化。  メガホンを取ったのは、『王の男』で1200万人の観客動員を記録した実績を持つ実力派監督イ・ジュニク。キャストもソン・ガンホ、ユ・アインの他、思悼世子の息子・正祖役でソ・ジソプが3年ぶりにスクリーンに復帰している。    公開された映像は、まさに親子の運命を分かつ衝撃の“米びつ”シーン。王の命を奪おうとした罪で息子・思悼に激しい罵声浴びせる父・英祖の映像から始まり、家臣たちの激しい抵抗もむなしく、英祖の指示で“米びつ”が運び込まれる。そして、生きる気力も正気も失った思悼は自ら狭い箱の中に入り、幼い孫・正祖の願いも届かず、英祖が閉じられた蓋にくぎを打ちつけていく…という内容だ。  朝鮮王朝最大の父子の確執として記録され、家族である以前に王族であらねばならなかった苦悩、男たちを囲む女たちの生き方、明日の命も知れぬ党争など、単なる歴史の再現ではない、歴史を超越した緊迫のヒューマンドラマに仕上がっている。国民的俳優ソン・ガンホ×次世代トップ俳優ユ・アインのぶつかりあう激情の対決に期待がかかる。  映画『王の運命―歴史を変えた八日間―』は6月4日よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー。

  • 話題作が目白押し!「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016」開催決定

    「カリコレ2016」今年も開催! 新作・旧作・未公開48タイトル決定

    映画

     ミニシアター“新宿シネマカリテ”が贈る映画祭「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016」が7月16日~8月19日に開催されることがわかった。また、オープニング作品には、『6才のボクが、大人になるまで』のリチャード・リンクレーター監督の最新作『Everybody Wants Some!!(原題)』が決定している。@@cutter 本映画祭は、2014年から始まり、今年で3回目の開催。ジャンルや国境を越えた選りすぐりの新作・旧作・未公開作全48タイトルがラインナップされた。オープニング作品の『Everybody Wants Some!!(原題)』は、『バット・チューニング』『6才のボクが、大人になるまで』の精神的続編と位置づけられた作品で、SXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)映画祭ワールド・プレミア・オープニング作品となった話題作だ。  先行プレミア作品は、天才医師とクセ者神父の交流を笑いと涙で描いた感動コメディ『神様の思し召し(仮題)』、本年度アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた感動の戦争巨編『A WAR(原題)』、ソン・ガンホ主演の社会派ヒューマンドラマ『弁護人』の3本となる。  また、新作上映ではサイモン・ペッグが製作総指揮と主演を務めたロマコメ『マン・アップ!(仮題)』や若手実力派No.1の呼び名も高いグザヴィエ・ドラン監督が出演を熱望したサスペンスタッチのヒューマンドラマ『神のゆらぎ』など、注目作が目白押しだ。  イラストレーターの田中梓によるメインビジュアルも公開され、開催へ向けて盛り上がりを見せる本映画祭。話題作が多数上映されるこの機会をお見逃しなく。  「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016」は7月16日~8月19日に新宿シネマカリテで開催。

  •  『王の運命―歴史を変えた八日間―』ポスター

    アカデミー賞韓国代表『王の運命』公開! ソン・ガンホ×ユ・アイン、悲劇の親子役

    映画

     “韓国実力派俳優No.1”と定評のあるソン・ガンホ と、大ヒット映画『ベテラン』に出演したユ・アインの共演で話題となり、18世紀の朝鮮王朝時代を舞台に王と実の息子との確執を描いた映画 『王の運命―歴史を変えた八日間―』が、6月より全国公開されることが決定。ポスタービジュアルも解禁となった。@@cutter 本作は朝鮮王朝における王権争いが激化した時代を舞台に、朝鮮第21代目の王・英祖(ヨンジョ)と、実の息子・思悼(サド)、そして思悼の子として朝鮮後期最高の聖君となる第22代イ・サンの誕生まで、56年間にわたる歴史に存在した人々の心情を丁寧にひもとき、韓流時代劇ファンには広く知られている1762年の“米びつ事件(壬午士禍)”を中心とした史実を忠実に映画化。  朝鮮王朝最大の父子の確執として記録され、家族である以前に王族であらねばならなかった苦悩、男たちを囲む女たちの生き方、明日の命も知れぬ党争など、歴史を超越した緊迫のヒューマンドラマに仕上がっている。  ポスタービジュアルは、ソン・ガンホ演じる非情な王であり父である英祖と、ユ・アイン演じる思悼世子を捉える。王の風格を漂わせるソン・ガンホとうなだれているようなユ・アインだが、正面を見据える二人の表情には全くと言っていいほど感情が感じられない。さらに“李朝最大の謎”の文字も相まって、ただならぬ雰囲気が伝わってくるビジュアルとなっている。  監督は『王の男』で1200万人の観客動員を記録した実績を持つ実力派監督、イ・ジュニク。他のキャストには、英祖の妻であり思悼世子の母・暎嬪をチョン・ヘジン、思悼世子の息子・正祖には映画『会社員』以来3年ぶりにスクリーンに戻ってきたソ・ジソプが出演する。  本国韓国では公開初日に26万人を動員したほか、青龍映画賞や、韓国映画評論家協会賞作品賞など数多くの栄冠を獲得。そして韓国映画記者協会主催の2015年度「今年の映画賞」で栄えある作品賞に選ばれ、ユ・アインは主演男優賞、チョン・ヘジンが助演女優賞を獲得。そして「2016年アカデミー賞外国語映画賞 韓国代表作品」に選ばれた。  映画『王の運命―歴史を変えた八日間―』は6月、シネマート新宿ほか全国順次ロードショー。

  • いまだかつてない未体験の近未来SFエンターテインメント

    『スノーピアサー』予告編解禁!最後の人類を乗せて走る“ノアの方舟”内部が明らかに

    映画

     韓国の若き鬼才ポン・ジュノ監督が初めてインターナショナル・キャストを迎え、英語作品として世界に発信する『スノーピアサー』。2014年2月7日の日本公開に先駆けて本作の予告編が解禁された。@@cutter 2014年7月1日、地球温暖化を防ぐため化学薬品が撒かれた結果、地球は新たな氷河期に突入。それから17年が経った2031年。地球上を走る列車「スノーピアサー」だけが、生き残った人類にとって唯一の生存場所となる。最後の人類を乗せたこの「ノアの箱舟」は先頭車両に乗る上流階級が、後方車両の乗客を支配していた。フランスのコミック「LE TRANSPERCENEIGE」を原作にした本作は、アクション、ドラマ、サスペンス、哲学などあらゆる要素が絶妙なバランスで盛り込まれた超級の近未来SFエンターテインメントだ。  解禁された予告編では、氷に覆われた地上をひた走る列車「スノーピアサー」の内部と、緊迫感に満ちた乗客たちの姿が90秒に渡って公開されている。上流階級が暮らす「先頭車両」には、魚たちが泳ぐ巨大水槽やレストラン、教室などの充実した施設がある。一方、窓さえもない「後方車両」では、最下層の人々が奴隷のように扱われ、武装した兵士たちによって支配されている。  そんな中、列車最後尾から先頭車両を目指し、革命を試みようとする男カーティスは、仲間たちと共に「その時」を待っていた。列車の走る先にあるのは、希望か、絶望か。今、未来を賭けた革命が始まろうとしていた…。  主人公カーティス演じるクリス・エヴァンス、支配層の代弁者となる女性総理メイソン役のティルダ・スウィントンを始め、オクタヴィア・スペンサー、ジョン・ハート、エド・ハリス、ソン・ガンホらの姿が垣間見られ、実力派俳優たちがどんな役を演じきっているのか、期待は高まるばかりだ。  『スノーピアサー』は2014年2月7日より全国公開。

  • 『スノーピアサー』日本オリジナル第1弾ビジュアル

    ポン・ジュノが放つSF大作『スノーピアサー』公開日決定&第1弾ビジュアル解禁

    映画

     韓国の若き鬼才ポン・ジュノ監督が初めてインターナショナル・キャストを迎え、英語作品として世界に発信する『スノーピアサー』の公開日と日本オリジナル第1弾ビジュアルが解禁された。@@cutter すでに公開された韓国では900万を超える大ヒットを記録した本作は、10月30日のフランス公開を皮切りに、全米公開を含め167ヵ国での公開が決定。待望の日本公開日は2014年2月7日に決定した。  2014年7月1日、地球温暖化を防ぐため化学薬品が撒かれ、その結果、地球は新たな氷河期に突入。それから17年が経った2031年。地球上を走る列車「スノーピアサー」だけが、生き残った人類にとって残された唯一の生存場所となる。最後の人類を乗せたこの「ノアの箱舟」は先頭車両に乗る上流階級によって支配され、後方車両の乗客は奴隷のような扱いを受けていた。フランスのコミック「LE TRANSPERCENEIGE」を原作にした本作は、アクション、ドラマ、サスペンス、哲学などあらゆる要素が絶妙なバランスで盛り込まれた超級の近未来SFエンタテインメントだ。  そして、日本公開日決定を受けて、第1弾ビジュアルが完成。解禁されたビジュアルでは、猛烈なスピードで傾きながらトンネルに向かって疾走する「スノーピアサー」の外観が採用された。人類がかつて暮らした地上を氷が覆い尽くし、氷河期の絶望的な世界をひた走る列車の中で、かつてない映画体験が待っていることを期待させる、日本オリジナルの大胆な構図になっている。  ポン・ジュノによる国際的なキャスティングにも期待は高まる。後方車両から先頭車両へと進むべく、革命を起こす主人公カーティスに、『アベンジャーズ』のクリス・エヴァンス。共演には、アカデミー賞女優ティルダ・スウィントン、オクタヴィア・スペンサーを始め、ジョン・ハート、エド・ハリス、ソン・ガンホら実力派俳優が勢揃いしている。

  • 奴隷の扱いを受ける乗客たちが上流階級に立ち向かう!

    韓国の鬼才ポン・ジュノ×C・エヴァンス、SF大作『スノーピアサー』日本公開決定!

    映画

     『グエムル‐漢江の怪物‐』『母なる証明』など、その完璧な構成力と斬新な映像で観る者を圧倒し、アジアのみならず世界中で注目を集める監督ポン・ジュノ。初めてインターナショナル・キャストを迎え、英語作品として世界に発信する近未来SFエンターテインメント大作『スノーピアサー』の日本公開が決定した。@@cutter 原作はフランスのコミック「LE TRANSPERCENEIGE」。舞台は、化学薬品によって地球温暖化を防ごうとした結果、新たな氷河期に突入し、すべてが雪で覆われた2031年の地球。生き残った人間は全員1台の列車に乗って生活している、現代版“ノアの方舟”のような設定だ。そして、先頭車両で人々を支配する上流階級と、奴隷のような扱いを受ける後方車両の乗客たちの壮絶な戦いを描いている。  革命に燃える若きリーダーとなる主人公カーティスを演じるのは、『アベンジャーズ』の大ヒットも記憶に新しいクリス・エヴァンス。共演には、アカデミー賞女優ティルダ・スウィントン、オクタヴィア・スペンサーを始め、ジョン・ハート、エド・ハリスら実力派俳優が勢揃い。また、ポン・ジュノ作品の常連でもあるアジア映画界きっての名優ソン・ガンホが、物語の鍵を握る謎の男として登場する。  本作はグローバルプロジェクトとして、プロデューサーには『イノセント・ガーデン』のパク・チャヌクらが名を連ね、約400億ウォン(約35億円)もの製作費が投じられた。世界に先駆け、『雪国列車』のタイトルで公開された韓国では異例の大ヒットを記録し、10月のフランス公開を皮切りに全米ほか世界中での公開が決定している。  2014年7月1日。地球温暖化を阻止するために78ヵ国でCW‐7と呼ばれる薬品が散布され、地球は氷河期のように深い雪で覆われた。かろうじて生き残った人類は、1台の列車に乗って地球上を移動し始める。17年後の2031年。列車では多くの人間が後方車両に押し込められ、奴隷のような生活を強いられる一方、一部の上流階級は前方車両で贅沢な生活をしている。そんな中、自由を求めるカーティス(クリス・エヴァンス)は、仲間を引き連れて反乱を試みて先頭車両を目指すのだが…。  全世界に一大センセーションを巻き起こす『スノーピアサー』は、2014年2月全国公開。

  • 乃南アサ「凍える牙」をソン・ガンホ、イ・ナヨンで映画化!韓国で初登場第一位の大ヒットに

    映画

     直木賞を受賞した乃南アサによる同名小説「凍える牙」(新潮文庫刊)。このシリーズ累計230万部を超えるベストセラーを韓国映画界が総力を結集して映像化。結果、「オールド・ボーイ」に続く、大胆かつ、骨太な映画が完成した。本国、韓国では初登場第一位を獲得して大ヒットを記録した本作が9月8日(土)、いよいよ日本公開される。@@cutter  監督、脚本は「マルチュク青春通り」のユ・ハ。主演には「復讐者に憐れみを」「殺人の追憶」のソン・ガンホと、キム・ギドク監督「悲夢」のイ・ナヨンという実力派俳優の競演が実現。謎の人体発火事件、続くウルフドッグによる連続殺人というショッキングな展開から、一転、その裏にある、時代に、社会に、そして家族から取り残された者たちの悲哀に焦点を当てたクライム・サスペンスに本国、韓国では初登場第一位を獲得して大ヒットを記録した。  そして今回、そのポスタービジュアルが遂に解禁。悲しさと怒りがひしひしと胸を打つ「孤独の欠片を拾い集め、声なき叫びを追え―。」のキャッチコピーとともに、主演ソン・ガンホと、イ・ナヨンの緊迫感が伝わってくると同時に、物語の鍵を握るウルフドックの表情が、連続殺人事件の謎・闇をより一層引き立たせる仕上がりとなっている。  突如、男の身体が発火、炎上する事件が発生。しかもその遺体には獣の咬傷が残されていた…。この捜査に、昇進を逃し続けてきた殺人課の刑事サンギルと新米女性刑事ウニョンが当たる。やがて、同じ獣による咬殺事件が続発する。この異常な事件の裏には何があるのか?手掛かりを追う毎に、哀しみの 連鎖が謎に包まれた連続殺人事件の闇を深めていく―。  「凍える牙」は9月8日(土)丸の内TOEI他全国ロードショー

  • クリス・エヴァンスが最新作でソン・ガンホと共演?

    「グエムル」ポン・ジュノ最新作に「キャプテン・アメリカ」クリス・エヴァンス出演か

    映画

     「殺人の追憶」(04)、「グエムル-漢江の怪物-」(06)、「母なる証明」(09)などで知られ、ハリウッドでも高い人気を誇るポン・ジュノ監督の最新作「Snow Piercer(原題)」にクリス・エヴァンスが出演交渉中だという。 @@cutter   ホラー系エンタメサイトBLOODY DISGUSTINGによれば、同作でジュノ監督は「オールド・ボーイ」(04)のパク・チャヌク監督と共同で脚本も手がけ、チャヌク監督はプロデュースも務める。共演はソン・ガンホ。撮影は3月よりスタート予定となっている。  「Snow Piercer」はフランスのコミック「Le Transperceneige(原題)」が原作で、雪と氷に覆われた世界を舞台に、過酷な状況から逃れようと列車に乗り込んだ人々が描かれる。ジュノ監督はこれが英語作品デビューとなる。

  • ガン様主演「青い塩」予告編解禁!カリスマ俳優ソン・ガンホが元ヤクザを演じる愛の物語

    映画

      主人公ドゥホンを演じるのは「反則王」(00)「殺人の追憶」(03)「グエムル-漢江の怪物-」(06)「グッド・バッド・ウィア―ド」(08)「渇き」(09)「義兄弟 SECRET REUNION」(10)に至るまで、ジャンルやテーマを問わず圧倒的な印象を残すソン・ガンホ。セビン役は今最も注目されている次世代女優シン・セギョン。あのガンホが選んだ作品ということで気になっているファンも多いだろうが、スタイリッシュな音楽をバックに骨太なアクションが炸裂、果てに描かれる二人の愛の結末は?…とおおいに期待が高まる予告編に仕上がっている。   「青い塩」は2012年3月17日(土)、丸の内TOEI、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access