クリス・ヘムズワース 関連記事

  • 『メン・イン・ブラック:インターナショナル』場面写真

    ストーリーの全貌が明らかに!『メン・イン・ブラック:インターナショナル』最新予告

    映画

     6月14日に公開される『メン・イン・ブラック:インターナショナル』より、ストーリーの全貌が明かされる最新予告が世界一斉解禁。併せて最新海外版ポスターと新場面写真も到着した。@@cutter 本作は、地球上に潜伏するエイリアンの監視・取り締まりを任務とする秘密組織MIBエージェントの活躍を描く『メン・イン・ブラック』シリーズの最新作。  本作でチームを組むのは、映画『マイティ・ソー』のソー役で人気を博したクリス・ヘムズワースが演じるエージェントHと、テッサ・トンプソン演じる新人エージェントMで、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)の2人が再共演。また、MIBのロンドンオフィスの大物エージェント、ハイTをリーアム・ニーソン、エージェントOを『メン・イン・ブラック3』に続いてエマ・トンプソンが演じるほか、『M:I』シリーズの女性スパイ役で見事なアクションを披露した女優レベッカ・ファーガソンが新キャラクターで登場する。監督は映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』のF・ゲイリー・グレイ。  最新予告では、ついに物語の全貌が明かされる。エリート新人女性エージェントMは、20年前にエイリアンと遭遇するもMIBのニューラライザーによる記憶消去を偶然にも逃れ、その日からMIBに憧れ続けていた。ついに自らの力でスカウトを勝ち取り、上司エージェントOに対しても「“メン(男)”・イン・ブラック?」と言い放ち、タジタジにさせる大物ぶりを見せつける。  彼女の初ミッションは、イケメンだけどチャラ男風の先輩エージェントHとコンビを組み、MIBロンドンオフィスの大物エージェントであるハイT、シリーズ屈指の人気キャラでもあるパグ犬らと共にMIB内部に潜入したスパイを探し出すこと。何にでも変身する厄介な進化を遂げたエイリアンや、誰が敵か味方かも分からない何十人ものエージェント、3本目の腕を持つクレオパトラのような美女(レベッカ)などに立ち向かう性格大違いの男女チームが、この重要任務をどんな形で解決していくのか、気になる映像となっている。  さらに、仲間とおぼしき肩乗りサイズのキュートで憎めないエイリアンや、宇宙最強の武器まで登場する多彩なガジェットの数々など、盛りだくさんの予告映像となっている。  最新海外版ポスターでは、ブラック・スーツ&サングラスのクールでスタイリッシュなエージェントのM、Hに加え、ハイT、Oが勢ぞろい。さらにバグ犬や多彩な魅力を放つエイリアンも姿を見せ、下方には凱旋門やエッフェル塔などパリの街並みが写し出されている。  映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』は6月14日より全国公開。

  • 『メン・イン・ブラック:インターナショナル』の日本語吹替版主題歌は吉本坂46が担当

    『メン・イン・ブラック』新作、吉本坂46の日本語吹替版主題歌MVが解禁

    映画

     スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務め、新たにクリス・ヘムズワースが秘密組織MIBエージェントを演じる人気シリーズ最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』。MIB日本支部エージェントに任命された吉本坂46が、日本語吹替版の主題歌を担当することが分かった。@@cutter 先日、芸能界随一のM(マジで)I(イケてる)B(ビッグ・グループ)としてMIB日本支部エージェントに任命された吉本坂46。公開までさまざまな任務を果たすことが明かされていたが、そのミッション第1弾として、セカンドシングル「今夜はええやん」が日本語吹替版主題歌に決定。作詞はもちろん秋元康が担当し、MVにはWセンターの斎藤司(トレンディエンジェル)、小川暖奈(スパイク)をはじめとして、遠藤章造(ココリコ)、河本準一(次長課長)、ゆりやんレトリィバァ、村上ショージといった豪華な選抜メンバー16人が出演する。  公開された映像は夜の繁華街の路地の奥にある一軒のバーから始まる。エイリアンが人間と同化している世界で、誰が味方かスパイが分からないという今回のMIBの世界観さながらのカオスの中、濃いメンバーたちが繰り広げる異様なパフォーマンスは必見だ。繰り返されるフレーズ「今夜はええやん」が、次第に「今夜はエイリアン」に聞こえてくるかも!?  Wセンターの1人を務める斎藤は「クリス・ヘムズワース演じるエージェントHより、今回僕がMVで演じたオトコの方がイケメンに仕上がっているのではないかと心配です…。ペッペッペー」と自信に満ちたコメントを寄せている。  映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』は6月14日より全国公開。

  • 『メン・イン・ブラック:インターナショナル』場面写真

    『メン・イン・ブラック』6.14日米同時公開決定 新写真&コンセプトアート到着

    映画

     スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務める人気シリーズの最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』が、6月14日に日米同時公開されることが決定。併せて、本作から新たに登場するエージェントH&エージェントMコンビの躍動や、再登場するエージェントOの貫禄を捉えた場面写真、ますます洗練されたMIBの設備を写し出したコンセプトアートが到着した。@@cutter 本作は、地球上に潜伏するエイリアンの監視・取り締まりを任務とする、黒のサングラスとスーツがトレードマークの秘密組織MIBエージェントの活躍を描く『メン・イン・ブラック』シリーズの最新作。  新たなコンビを結成し、MIB内部のスパイ摘発ミッションに挑むのは、MIBニューヨーク本部のエリート新人女性エージェントM(テッサ・トンプソン)と、イケメンだけどチャラ男風の先輩エージェントH(クリス・ヘムズワース)。さらに『メン・イン・ブラック3』に続き再登場となるエージェントO(エマ・トンプソン)、MIBロンドンオフィスの大物エージェント(リーアム・ニーソン)の動向も気になるところ。『M:I』シリーズの女性スパイ役でアクションを披露した女優レベッカ・ファーガソンも驚きの役で出演するという。監督は映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』のF・ゲイリー・グレイ。  MIBニューヨーク本部の上司エージェントO(エマ)にロンドン行きを命じられた新人エージェントM(テッサ)は、そこで先輩エージェントH(クリス)とチームを組み、MIB内部に潜入したスパイについて捜査を開始する。だが、真相に近づくにつれ、地球の存亡をかけた大事件に発展していく―。  公開された場面写真では、どこか外国と思われる市場の雑踏の中を『ローマの休日』の一場面のようにエージェントMとエージェントHの男女コンビが飛行型バイクで駆け抜けるシーンや、貫禄たっぷりにデスクでモニターを眺めるエージェントOの姿などを捉えている。またコンセプトアートでは、MIBオフィスの近未来的な流線型の乗り物が写し出されている。  映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』は、6月14日より全国公開。

  • プロレスラー、ハルク・ホーガンを演じるというクリス・ヘムズワース

    クリス・ヘムズワース、ハルク・ホーガン伝記映画で主演か

    映画

     映画『マイティ・ソー』シリーズの俳優クリス・ヘムズワースが、再び鍛え上げた肉体を披露することになりそうだ。アメリカの伝説のプロレスラー、ハルク・ホーガンの半生を描く伝記映画で主演を務めるという。@@cutter The Hollywood Reporterによると、ホーガンの伝記映画はNetflixで製作されるという。映画『ハングオーバー!』シリーズや、俳優ホアキン・フェニックス主演のジョーカー映画『The Joker(原題)』のトッド・フィリップス監督がメガホンを取る。脚本は映画『ザ・ファイター』のスコット・シルヴァーが、映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』のジョン・ポローノと執筆する。  アメリカのプロレス界の顔として時代を築いたホーガンは、米プロレス団体WWEの前身WWFでプロデビュー。新日本プロレスでも活躍し、日本のプロレスファンの間でもおなじみの顔となった。  情報筋の話では、映画はホーガンの生涯を描くのではなく、ホーガンの初期を中心にして、プロレスラーとしてスターダムに駆け上がるさまを描くオリジナルストーリーになるという。  製作には、フィリップス監督と映画製作会社を立ち上げた俳優のブラッドリー・クーパーやクリスも名を連ねる。また、ハルク・ホーガンことテリー・ジーン・ボレア(本名)が、コンサルタント兼製作総指揮として参加するとのことだ。

  • 『メン・イン・ブラック:インターナショナル』場面写真

    『メン・イン・ブラック:インターナショナル』小ネタも登場の新予告&場面写真

    映画

     スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務める人気シリーズの最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』から、新予告編と場面写真が解禁。新予告編は、俳優のクリス・ヘムズワースと女優のテッサ・トンプソン演じるエージェントの2人が、同シリーズでおなじみのガジェットを使ってコミカルに任務をこなす姿を映し出したものとなっている。@@cutter 本作は地球上に潜伏するエイリアンの監視・取り締まりを任務とする、黒のサングラスとスーツがトレードマークの秘密組織MIBエージェントの活躍を描く『メン・イン・ブラック』シリーズの最新作。  今作ではクリスとテッサのほか、俳優リーアム・ニーソンがMIBロンドン支部のエージェント、女優のエマ・トンプソンが『メン・イン・ブラック3』に続いてエージェントOを演じる。また、『M:I』シリーズの女性スパイ役でアクションを披露した女優レベッカ・ファーガソンも驚きの役で登場するという。監督は映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』のF・ゲイリー・グレイ。  ニューヨーク本部のエリート新人女性エージェントM(テッサ)は、上司のエージェントO(エマ)にロンドン行きを命じられる。そこでチームを組むことになったのは、イケメンだけどチャラ男風の先輩エージェントH(クリス)。新チームの2人は、MIB内部に潜入したスパイについて捜査を開始していくが、真相に近づくにつれ、地球の存亡をかけた大事件に発展していく。  新予告編には、エイリアンに遭遇した人間の記憶を消すニューラライザーやスペースガンなど、『MIB』シリーズでおなじみの道具がよりパワーアップして登場。また、クリスが『アベンジャーズ』シリーズをはじめとするマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)で雷神ソー役を演じていることにちなみ、敵に投げつけたナイフが見事キャッチされたHが、「ソーくるか」と漏らす遊び心のある字幕も。  予告編と併せて解禁された2枚の場面写真は、武器を手に勇ましい表情を見せるMとHの姿、砂漠で不時着したバイクの横に佇むMとHの姿を捉えたもの。  また、日本版ポスターは、武器を手に並んで腰掛けるクリスとテッサ、その後ろにリーアムが立っているもの。その下には「何でもアリで地球を守れ!」というキャッチコピーが添えられている。  映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』は今夏全国公開。

  • 映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』海外版ポスター

    『メン・イン・ブラック』新作、2019年夏公開 クリス・ヘムズワースがエージェントに

    映画

     スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務め、秘密組織MIBエージェントの活躍を描く人気シリーズの最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』が2019年夏に公開されることが発表され、併せて予告編と海外版ポスターも解禁。今作では俳優のクリス・ヘムズワースがエージェントを演じる。@@cutter 地球上に潜伏するエイリアンの監視・取り締まりを任務とする、黒のサングラスとスーツがトレードマークの秘密組織MIBエージェントの活躍を描く『メン・イン・ブラック』シリーズ。1997年から2012年までウイル・スミスとトミー・リー・ジョーンズのタッグで3作品が製作され、いずれも30億を超える大ヒットを記録している。最新作では多種多様な新しいキャラクターが登場するほか、舞台がニューヨークから世界各地に広がり、地球規模で任務が展開する。  今作ではクリスと、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』でクリスと共演した女優テッサ・トンプソンがロンドン支部のエージェントを演じる。優等生で真面目な新人エージェントM(テッサ)と、敏腕イケメンだがちゃらんぽらんな先輩エージェントH(クリス)がチームを組んで地球を守る。  そのほか、俳優リーアム・ニーソンがMIBロンドン支部のエージェント、女優のエマ・トンプソンが『メン・イン・ブラック3』に続いてエージェントOを演じる。また、『M:I』シリーズの女性スパイ役でアクションを披露した女優レベッカ・ファーガソンも驚きの役で登場するという。監督は映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』のF・ゲイリー・グレイ。  解禁された予告編は、おなじみの黒いスーツに身を包んだH(クリス)とM(テッサ)がさっそうと登場する場面からスタート。華麗なアクションが展開する中、リーアム・ニーソンやエマ・トンプソンらも登場する。Hが軽い調子で「行くぞ。地球を救うぞ」と語りかけると「私が必要なんでしょ?」と笑顔で応じるM。2人が軽妙なやりとりをしながら、これまでよりパワーアップした車やバイク、武器、通信機器を駆使しながら任務を遂行していく姿が描かれていく。最後はHがエイリアンとコミカルに戦う場面で締めくくられる。  海外版ポスターは、武器を手に並んで腰掛けるクリスとテッサ、その後ろにリーアムが立っているもの。過去のシリーズと同様に、クールかつユーモラスな雰囲気を漂わせており、新たなキャラクターたちの活躍に期待が高まるポスターとなっている。  映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』は2019年夏全国公開。

  • 米フォーブス誌発表「世界で最も稼いだ男優」1位:ジョージ・クルーニー

    ジョージ・クルーニー、「世界で最も稼いだ男優」トップに君臨

    セレブ&ゴシップ

     米経済誌「Forbes」が現地時間22日、毎年恒例の「世界で最も稼いだ男優」ランキングを発表。今年の「世界で最も稼いだセレブ100」で2位になったジョージ・クルーニーが、当然のごとく俳優ランキングの1位を制した。@@cutter ジョージの推定年収は2億3900万ドル(約264億7600万円)。俳優としての稼ぎよりも、2017年に他の2人と共同経営するテキーラ会社カーサミーゴスを売却したことが、今回の1位に大きく貢献したという。売却額は7億ドル(約775億3900万円)と報じられており、その3分の1がジョージに入った場合、単純計算で2億3300万ドル(約258億900万円)。今回の推定年収の大半を占めることになる。  2位は推定1億2400万ドル(約137億3500万円)で、ドウェイン・ジョンソン。映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』のギャラとボーナスが大きいという。またドウェインはSNSでの人気も高く、映画のプロモーション関連のギャラも7ケタをいくという。  3位はアイアンマン役でお馴染みのロバート・ダウニー・Jr.。推定年収は8100万ドル(約89億7500万円)。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のギャラの他、『スパイダーマン:ホームカミング』では数分のカメオ出演で、推定1500万ドル(約16億6200万円)のギャラを手にしたとのことだ。  同ランキングは2017年6月1日から2018年6月1日までを対象期間とし、税抜き前の概算収入に基づいて計算されている。  米「Forbes」誌発表、「世界で最も稼いだ男優」トップ10は以下の通り。 1位 ジョージ・クルーニー/2億3900万ドル(約264億7600万円) 2位 ドウェイン・ジョンソン/1億2400万ドル(約137億3500万円) 3位 ロバート・ダウニー・Jr./8100万ドル(約89億7500万円) 4位 クリス・ヘムズワース/6450万ドル(約71億4700万円) 5位 ジャッキー・チェン/4550万ドル(約50億4200万円) 6位 ウィル・スミス/4200万ドル(約46億5400万円) 7位 アクシャイ・クマール/4050万ドル(約44億8800万円) 8位 アダム・サンドラー/3950万ドル(約43億7700万円) 9位 サルマーン・カーン/3850万ドル(約42億6600万円) 10位 クリス・エヴァンス/3400万ドル(約37億6700万円)

  • 筋肉映画クイズ:このマッチョは誰でしょう?

    <フォト特集>筋肉映画クイズ:このマッチョは誰でしょう?

    映画

    いつの時代も俳優たちは映画でまばゆい肉体美を披露してきた。今回は、筋肉映画の代表シーンを集めてクイズを出題。あなたは何人わかる?

  • 仲睦まじいクリス・ヘムズワース&エルサ・パタキー夫妻

    クリス・ヘムズワースが妻の誕生日に贈った“ダンスレッスン”に反響

    セレブ&ゴシップ

     俳優のクリス・ヘムズワースが、妻で女優のエルサ・パタキーの誕生日を祝福し、“ダンスレッスン”をプレゼントしたそう。自身のインスタグラムに屋外で楽しそうにダンスに興じるミニ動画を投稿した。@@cutter 18日に42歳の誕生日を迎えたエルサ。クリスはのどかな田園風景が広がる屋外で音楽に合わせ、エルサとダンスするミニ動画を投稿。「妻の誕生日のお祝いにダンスレッスンをしてあげた。自分もダンスレッスンするべきだな。誕生日おめでとう、愛しい人」とコメントしている。  サルサの音楽に合わせて、真顔で踊っているクリス。一方、エルサはクリスのおふざけにケラケラ笑いながらクリスのリードに合わせてクルクル回転している。二人の睦まじさがうかがえる動画だ。  動画を見たファンからは「なんて楽しいの! 何とも幸せそうな愛情あふれるカップルね! お誕生日おめでとう!」「この動画のお陰で私の1年が最高になった」「とても愛らしい」「あなたたちって最高ね」「ナイス・ダンシング」といった反響が寄せられている。  二人はエルサの誕生日を彼女の故郷であるスペインで祝ったようだ。エルサは同じ日に撮影したクリスとのツーショットを自身のインスタグラムに投稿。「スペイン」のハッシュタグと共に、「最高に楽しい誕生日だった。愛する人がみんないて。そして特にこの人。いつも私を笑わせてくれる」と幸せそうにコメントしていた。 引用:https://www.instagram.com/chrishemsworth/    https://www.instagram.com/elsapatakyconfidential/

  • 英ロンドンで『メン・イン・ブラック』スピンオフの撮影に入ったクリス・ヘムズワース

    『メン・イン・ブラック』、クリス・ヘムズワースがスーツ姿で撮影開始

    映画

     スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務める人気シリーズ『メン・イン・ブラック』シリーズのスピンオフ。地球にいる悪の異星人を取り締まる政府秘密機関「MIB」のエージェントを演じる俳優クリス・ヘムズワースが、イギリスのロンドンで始まった撮影に参加したという。@@cutter MIBエージェントのお決まりの姿といえば黒いスーツだが、JustJaredに掲載された写真には、ジャケットを脱いで白いワイシャツと黒のネクタイ、黒のパンツ姿のクリスがサングラスをかけている姿や、シャツの腕をまくって歩いている姿などが収められている。  スピンオフのあらすじについては不明。俳優のウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズが主演したオリジナル版はニューヨークが舞台だったが、スピンオフはよりグローバルな舞台で悪の異星人を取り締まる様子を描くと伝えられていた。CBR.comによると、クリスと、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』でも彼と共演した女優テッサ・トンプソンは、ロンドン支部のエージェントとのことだ。  共演はほかに、映画『96時間』シリーズの俳優リーアム・ニーソンや、映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の俳優レイフ・スポールなど。脚本は映画『アイアンマン』や『トランスフォーマー/最後の騎士王』のマット・ハロウェイとアート・マーカムが執筆。『ワイルド・スピード ICE BREAK』のF・ゲイリー・グレイ監督がメガホンを取る。  現地時間2019年6月14日により全米公開予定とのことだ。

  • クリス・ヘムズワース

    海辺で楽しむクリス・ヘムズワース一家の写真が詩的でかわいい

    セレブ&ゴシップ

     映画『アベンジャーズ』『マイティ・ソー』シリーズの俳優クリス・ヘムズワースが6月30日、自身のインスタグラムで家族と海辺で楽しむ様子を公開。「lovely photo(かわいい写真)」「Beautiful family!(すてきな家族!)」と反響を呼んでいる。@@cutter 2015年にハリウッドの喧騒を避けて生活の拠点を故郷オーストラリアに戻し、充実した時間を過ごしているクリス。6歳の娘インディア・ローズちゃんと、5歳になる双子の息子トリスタンくんとサーシャくんの父親でもある彼は、イクメンセクシーパパとしてもたびたび注目されている。  俳優としては、今年公開の主演映画『Bad Times at the El Royale(原題)』と来年公開の『アベンジャーズ』シリーズ新作が控え、来年公開の『メン・イン・ブラック』スピンオフ、『スター・トレック』シリーズ続編にも出演が決定しているクリス。  「Incredible couple days camping with the family before heading overseas(海外に向かう前に、家族とキャンプした信じられない2、3日)」というキャプションで、子どもと海辺で釣りを楽しむ写真や、妻で女優のエルサ・パタキーとの2ショットをアップしたクリス。夕日が効果的で美しく、小さな子どものかわいらしさも強調された詩的な写真になっている。  これに対し世界中のファンから「Very nice!」「Sweet kid」「Cute photo」といったコメントが殺到。しばらく離れ離れになるようだが、家族の愛と幸せそうな家族写真に癒やされながら頑張れそうなクリスだ。 引用:https://www.instagram.com/chrishemsworth/

  • 『アベンジャーズ』キャストとおそろいのタトゥーを入れたロバート・ダウニー・Jr.

    ロバート・ダウニー・Jrら『アベンジャーズ』出演者がおそろいタトゥー

    セレブ&ゴシップ

     マーベル映画の『アベンジャーズ』シリーズにアイアンマン役で出演する俳優ロバート・ダウニー・Jr。最新作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の公開記念に、大の仲良しのキャストとおそろいのタトゥーを入れたそうだ。@@cutter タトゥーはずばり、チーム「アベンジャーズ」のロゴ。ロバートはEntertainment Weeklyのインタビューで、「アベンジャーズのオリジナルメンバー6人のうち、5人がタトゥーを入れたんだ」と明かしている。おそろいのタトゥーを入れたのは、「(スカーレット・)ヨハンソンのアイデアだった」とロバート。「彼女と(クリス・)エヴァンスはニューヨークで入れた」という。  その後、彼らのタトゥーアーティスト、ジョシュ・ロードがロサンゼルスに飛んで、「僕と(ジェレミー・)レナーにタトゥーを施した。それから(クリス・)ヘムズワースを脅して、入れさせたよ」と、冗談交じりに説明した。入れなかったのは、ハルク役のマーク・ラファロだそう。  ロバートのインスタグラムには、タトゥーを入れているミニ動画がアップされており、その場にはスカーレットとジェレミー、クリス(・ヘムズワース)の姿があった。  Entertainment Weeklyには、ロバートの妻で映画プロデューサーのスーザン・ダウニーが提供したというタトゥーの写真が掲載されている。タトゥーはアベンジャーズのロゴと、オリジナルメンバーの数である「6」が合わさったクールなデザインだ。  ロバートたちはタトゥーアーティストのジョシュに、6番目のアベンジャーズ・タトゥーを入れてあげたそうだが、ラインが曲がったりするなどして、当然のごとく同じような出来にはならなかったようだ。

  • エマ・ワトソン、背中に「Girls just wanna have fundamental human rights(女子は基本的な人権を求めているだけ)」のメッセージ ※「エマ・ワトソン」インスタグラム

    E・ワトソン、G・ブンチェンら、SNSで祝うセレブたちの国際女性デー

    セレブ&ゴシップ

     国連が制定した3月8日の国際女性デーに、女優のエマ・ワトソンやスーパーモデルのジゼル・ブンチェン、俳優のクリス・ヘムズーワースなど多くのセレブたちが、インスタグラムなどのSNSを通じて女性のエンパワーメントの推進を唱え、前進を祝した。@@cutter アカデミー賞のアフターパーティーで「Time’s Up」運動に賛同するフェイクタトゥーを披露したエマ。自身のインスタグラムに「Girls just wanna have fundamental human rights(女子は基本的な人権を求めているだけ)」と刺繍された赤いジャケットを着た後ろ姿の写真を投稿し、“過小評価されて十分に称えられていない”女性の写真家が多いとして、ナショナルジオグラフィック誌の女性写真家のイメージフィードを収集・共有すると宣言した。  クリスは妻で女優のエルサ・パタキーとのツーショットを自身のインスタグラムに投稿。「世界をより良き場所にするために惜しみない強さと慈悲心、勇気を注いでくれる僕の美しい妻、娘、母、そして素晴らしい女性たちに、国際女性デーおめでとう」との言葉を贈っている。  愛娘ヴィヴィアンちゃんと手でハートを作っているツーショットを投稿したのはジゼル。「もっと多くの愛、慈悲、敬意、平等、そして支援。もっと見たいと思うものをお互いや世界に与えましょう」とメッセージを送り、国際女性デーを祝した。  ほかにも女優のリース・ウィザースプーン、メリッサ・ブノワ、プリヤンカー・チョープラー、元スパイス・ガールズのヴィクトリア・ベッカム、歌手のマイリー・サイラス、リアリティースターのカイリー・ジェンナーら、多くのセレブが思い思いの写真とコメントで、躍進を続ける女性たちを称えた。  セレブたちに共感する人々からは、「誇りよ」「そのとおり!」「よくまとまっている言葉。ありがとう」「あなたに刺激を受ける。これからもやり続けて。応援する」といった賛同と称賛が相次いだ。 引用:https://www.instagram.com/emmawatson/    https://www.instagram.com/gisele/    https://www.instagram.com/chrishemsworth/

  • ビーチで楽しむクリス・ヘムズワース一家 ※「クリス・ヘムズワース」インスタグラム

    クリス・ヘムズワース、愛娘とのほのぼのサーフィン2ショット披露

    セレブ&ゴシップ

     ハリウッドの喧騒を避け、2015年に生活の拠点を故郷オーストラリアに戻した俳優クリス・ヘムズワース。リラックスムードのイクメン・セクシーパパぶりがたびたび話題になっているが、背中に抱きついている愛娘と一緒にサーフィンの波を待つ凛々しい姿もまた評判を呼びそうだ。@@cutter オーストラリアで家族と過ごす休日の様子を自身のインスタグラムに投稿しているクリス。彼と一緒に波を待つのは、5歳になる長女のインディア・ローズちゃんだ。「僕の小さなサーフィンのコーチと、バレル(チューブ波)を狙っているところだ」とコメントし、写真を撮った知人に感謝した。  この写真は知人家族と一緒に出かけたキャンプ旅行の一コマだった模様。BBQを楽しむ姿や、別のサーフボードに乗って一緒に波を待つ妻で女優のエルサ・パタキーの姿もある。  クリスとエルサには、双子の息子トリスタンくんとサーシャくんもいるが、ミニ動画では波打ち際で双子の一人にサーフィンを教えるクリスの姿も。別の動画でも、背中にインディアちゃんを抱きつかせた状態で軽やかにサーフィンする姿など、親子水入らずの様子を披露している。  クリスはインディアちゃんについて、「僕の肩にいる小さな天使のようだ。僕に絶え間なく知識とインスピレーションを与えてくれる。時には残酷で強烈な批判をしてくることもあるけど、それも僕のためだと分かっているよ(冗談)」と、愛娘についてコメントしている。  家族と一緒に過ごすクリスの写真や動画を見たファンからは、「最高にキュート!!」「ますますセクシー!」「あなたのお姫様との素敵な波乗りは、千金の値打ちがあるわね」といった称賛コメントが寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/chrishemsworth/

  • 『ホースソルジャー』場面写真

    K・ヘムズワース主演、米兵12人VS敵勢5万人の実話『ホース・ソルジャー』公開

    映画

     クリス・ヘムズワース主演の映画『12Strong(原題)』が、『ホース・ソルジャー』の邦題で5月4日に公開されることが決定。併せて、クリスら演じる米兵が馬に乗って戦場を駆け回る迫力満点の場面写真も解禁された。@@cutter 本作は、9.11(アメリカ同時多発テロ)の翌日、たった12人で反撃を挑んだアメリカ陸軍特殊部隊(グリーン・ベレー)の実話を基にしたアクションドラマ。対テロ戦争の最前線に志願した彼らは、最新兵器で武装した5万人の敵勢と戦いながら、テロ集団の拠点をわずか3週間で制圧するミッションを与えられていた。険しい山岳地帯を移動するため、ほとんどの隊員が一度も乗ったことのない馬に騎乗して戦う必要に迫られる。  ハリウッド随一のヒットメイカーであるジェリー・ブラッカイマーが、コソボ紛争を追う報道写真家の顔も持つデンマークCM界の鬼才ニコライ・フルシーを監督に抜てきして製作。  部隊を率いるミッチ・ネルソン大尉(クリス)の腹心の部下を、『シェイプ・オブ・ウォーター』のマイケル・シャノンが演じるほか、マイケル・ペーニャ、トレバンテ・ローズら実力派が脇を固める。  解禁された場面写真では、最新装備で馬にまたがりアフガニスタンの危険な戦場を駆け回るクリスの鬼気迫る表情や、米兵に扮した俳優たちが白煙が立ち上る荒涼とした戦場を勢いよく駆け抜ける、本物の“米軍騎馬隊”さながらの姿が確認できる。  映画『ホース・ソルジャー』は5月4日より全国公開。

  • 『メン・イン・ブラック』スピンオフに出演する可能性のあるクリス・ヘムズワース

    クリス・ヘムズワース、『メン・イン・ブラック』スピンオフで主演か

    映画

     スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めるSFアクション『メン・イン・ブラック』シリーズのスピンオフ作品で、俳優クリス・ヘムズワースが出演交渉に入ったという。The Hollywood ReporterやVarietyなどの海外メディアが伝えた。@@cutter クリスはマーベルヒーロー映画『マイティ・ソー』シリーズで知られる。出演交渉はまだ初期段階とのことだが、脚本は映画『アイアンマン』や『トランスフォーマー/最後の騎士王』のマット・ハロウェイとアート・マーカムが執筆。黒いスーツ姿の政府秘密機関「MIB」のエージェントが、よりグローバルな舞台で悪の異星人を取り締まる様子を描くと伝えられている。  クリスはオリジナルシリーズで、ウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズが演じた「K」や「J」に代わる、別のエージェントの一人を演じることになるという。  スピンオフは人気カーアクションシリーズ最新作『ワイルド・スピード ICE BREAK』のF・ゲイリー・グレイがメガホンを取る予定。米ソニー・ピクチャーズは当初、2019年5月17日(現地時間)全米公開を予定していたが、今年に入り1ヵ月先送りになる6月14日(現地時間)に変更した。

  • クリス・ヘムズワース、コアラを抱っこするショット披露 マッチョな釣り姿も話題に ※「クリス・ヘムズワース」インスタグラム

    クリス・ヘムズワース、コアラを抱っこするショット披露 マッチョな釣り姿も話題に

    セレブ&ゴシップ

     映画『マイティ・ソー』シリーズの雷神ソー役で人気を博す俳優クリス・ヘムズワースが、母国オーストラリアに降臨。コアラやヘビを抱き締め、肉体美をさらけ出して海で釣りをする姿を披露し話題になっている。@@cutter 現地時間5日に開催されたスーパーボウル放送時には、オーストラリア観光PR用CMに登場したクリス。今回、オーストラリアのカンガルー島で家族と休暇を過ごし、存分にバカンスを楽しむ様子を収めた写真を自身のインスタグラムに投稿している。  クリスはキャプションに「コアラ、ヘビ、アシカ、イルカ」と綴り、「カンガルー島をチェックしてくれ。(オーストラリアで)訪問すべき素晴らしい場所だよ」と紹介。一連の写真では、キャップをかぶりサングラスをかけたクリスが、コアラを子どものように腕に抱いたり、ヘビを愛おしそうに見つめる姿が見られる。また、我が子を片腕に抱き海を眺める様子や、上半身裸でマッチョなボディをさらし、海釣りに興じている姿を写した写真を投稿している。  クリスはその他の投稿で、ワイン畑を訪れたり、大好きなサーフィンを楽しむショットや、海中でイルカが泳ぐ姿を動画でアップしたりと、休暇を満喫している様子だ。写真を見たファンは、「とてもキュート。コアラもね」「“ワオ”のひと言に尽きる」「あまりにもスイートね」「あなたが私のツアーガイドだったらよかったのに」とメッセージを寄せ、クリスに魅了されている。 引用:https://www.instagram.com/chrishemsworth/

  • 弟リアム・ヘムズワースとマイリー・サイラスの結婚のウワサについてコメントしたクリス・ヘムズワース

    クリス・ヘムズワース、弟L・ヘムズワース&M・サイラス結婚のうわさを否定

    セレブ&ゴシップ

     破局・婚約解消を経て2015年に復活愛を果たした人気歌手マイリー・サイラスと人気俳優リアム・ヘムズワース。以来、仲睦まじい様子の二人には再婚約説や結婚間近説が絶えないが、二人が年末に結婚したという報道についてリアムの兄で人気俳優のクリス・ヘムズワースが否定したという。@@cutter リアムとマイリーが結婚したと伝えたのは、オーストラリアのゴシップ誌「Now to Love」。情報筋の話として、二人が豪ニュー・サウス・ウェールズ州のバイロン・ベイで極秘結婚したと伝えていた。バイロン・ベイはリアムとマイリーが復縁後、2016年の新年を迎えた思い出の地である。  クリスは現地時間16日、ラジオ番組に出演した際に真相について尋ねられると、マイリーは家族の一員であるものの、「二人は正式に結婚していない」と結婚報道を否定したという。家族としてマイリーを受け入れているというクリスは、マイリーがいると歌を披露するようおねだりしているようだ。「何曲か披露してくれることを期待しているのに、一度もやらないんだ」とクリス。「“パフォーマンスはいつ?”と、いつも言ってるよ。彼女は楽しい子だよ」と、マイリーを気に入っている様子だ。  マイリーとリアムが本当に結婚していたら大スクープだったが、今回のクリスの話を聞く限り、二人はまだゴールインしていないようだ。

  • Forbes誌発表「2017年に最も興行収入を稼いだ俳優」1位:ヴィン・ディーゼル

    「最も興行収入を稼いだ俳優」『ワイスピ』V・ディーゼル&D・ジョンソンがワンツー

    映画

     米経済誌「Forbes」が毎年恒例の「最も興行収入を稼いだ俳優」を発表。2017年度はメガヒットシリーズ『ワイルド・スピード』の俳優ヴィン・ディーゼルが、16億ドル(約1760億円)の世界興行収入を稼いで1位に輝いた。@@cutter 同ランキングはギャラの高い主役級の俳優陣が対象で、2017年に公開された出演映画の世界興行収入を合わせたもの。現地時間12月26日付けBox Office Mojoの数字を参照しているという。声だけの出演となるアニメ作品は除外されている。  1位のヴィンは人気シリーズ8作目『ワイルド・スピード ICE BREAK』が、シリーズ史上2番目に大きいヒットとなる世界興行収入12億ドル(約1320億円)をマーク。また12年ぶりに復活したスパイアクション・シリーズの第3弾『トリプルX:再起動』のヒットも合計額のアップに貢献したという。  僅差で2位に就いたのは、『ワイルド・スピード ICE BREAK』でヴィンと共演する俳優ドウェイン・ジョンソン。世界興行収入総額は15億ドル(約1650億円)。今回の功績の大半は同作になり、日本では劇場未公開だった『ベイウォッチ』は、世界興行収1億7800万ドル(約195億8000万円)と不発に終わっている。  ランキングに最初に登場する女優は、14億ドル(約1540億円)で3位のガル・ガドット。主人公を演じたDCヒーロー映画『ワンダーウーマン』は、世界興行収8億2200万ドル(約904億2000万円)の大ヒットとなり、ガルをスターダムに押し上げた。続く4位も女優で、主演を務めたミュージカル映画『美女と野獣』が12億6000万ドル(約1386億円)の世界興行収入をあげたエマ・ワトソンだ。  今回のランキングで興味深いのは6位のデイジー・リドリーと10位のジョン・ボイエガ。両者ともにSFヒットシリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に出演するが、同作は12月15日に封切られてから2週間足らずでの数字だ。シリーズの並外れた人気を物語っている。 「Forbes」誌発表、「2017年に最も興行収入を稼いだ俳優」トップ10は以下の通り。 1位 ヴィン・ディーゼル/16億ドル 2位 ドウェイン・ジョンソン/15億ドル 3位 ガル・ガドット/14億ドル 4位 エマ・ワトソン/13億ドル 5位 ジョニー・デップ/11億ドル 6位 デイジー・リドリー/10億8000万ドル 7位 トム・ホランド/8億8800万ドル 8位 クリス・プラット/8億6400万ドル 9位 クリス・ヘムズワース/8億4500万ドル 10位 ジョン・ボイエガ/8億1500万ドル

  • 第75回ゴールデン・グローブ賞

    一致団結! “黒”をまとったスターたち 第75回ゴールデングローブ賞<フォト集>

    映画

    現地時間1月7日、アメリカ・ロサンゼルスにて「第75回ゴールデングローブ賞授賞式」が開催された。昨年ハリウッドに激震が走ったセクハラ騒動から、ハリウッドの男女格差や権力の濫用など、システムそのものへ目を向け、声を上げようというムーブメントが拡大。今年のレッドカーペットでは女優・俳優陣が一致団結し、抗議の意を示す「黒」をまとって登場した。

  • 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』2018年4月27日より全国公開

    『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』予告編解禁

    映画

     これまで情報が一切明かされず、謎に包まれたままだったマーベル・スタジオ最大のプロジェクト、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』から、ついに予告編が解禁。映像には、「アベンジャーズ」をはじめとするマーベル・シネマティック・ユニバースのヒーローたちが、力を合わせて最凶の敵に立ち向かう模様が収められている。@@cutter 今回解禁された映像では、最凶の敵サノスの侵攻に気付いた「アベンジャーズ」のメンバーに加えて、ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)、ブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)、そして『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の面々が登場。さらに、ニューヨークのスクールバスに乗っていたスパイダーマンことピーター・パーカー(トム・ホランド)も異変に気付いて動き出す。  自ら開発したスーツに身を包んで戦う億万長者の起業家アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr.)、70年の眠りから覚めた英雄キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)、怒りの力で緑のモンスターと化すハルク(マーク・ラファロ)、そして雷を自在に操る神様ソー(クリス・ヘムズワース)など、様々なヒーローが集結したドリームチーム「アベンジャーズ」の活躍を描く本作。製作を手掛けたマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギは「生い立ちから住む世界まで、全くといっていいほど異なるキャラクターたちが、そうした違いを乗り越えチームとして一致団結できるか?というのが、今作に限らずこれまでも『アベンジャーズ』シリーズの核となるテーマだったわけだけど、今回はサノスという強大な敵を前に、これまで以上に多くのキャラクターが力を合わせなきゃならなくなるんだ」とコメント。  また、作品の魅力については「なんと言ってもキャラクターじゃないかな。キャスト陣の中には、最近MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に加わった人もいれば、10年近く我々と一緒にやってきたベテランもいるけど、その誰もが観客の期待をはるかに超える見事な演技で、それぞれのキャラクターを完璧に体現しているというだけでなく、キャラクター同士の絡みや掛け合いも、観客を魅了して止まない要素の1つだと思うよ」と答えている。  映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、2018年4月27日より全国公開。

  • クリス・ヘムズワース、キュートな“ソー”姿の子どもとツーショット! ※「クリス・ヘムズワース」インスタグラム

    クリス・ヘムズワース、キュートな“ソー”姿の子どもとツーショット公開

    セレブ&ゴシップ

     現在、日本で大ヒット公開中のシリーズ最新作『マイティ・ソー バトルロイヤル』で、主人公の雷神ソーを演じる俳優クリス・ヘムズワースが、同作の特殊効果撮影用セットに幼い双子の息子を連れていった時の写真を自身のインスタグラムに投稿し、反響を呼んでいる。@@cutter 妻で女優のエルサ・パタキとの間に、3人の子どもがいるクリス。2012年に生まれた娘インディア・ローズちゃん、2014年生まれの双子の息子トリスタン君とサーシャ君だ。写真に写っているのはおそらく息子のうちの1人のよう。ソーのコスチュームを身に着けたクリスと、彼と同じような長めのブロンドヘアにマント姿の小さな子が手をつないで歩く後ろ姿は、まさに胸キュンものだ。  クリスは写真に映画のタイトルのハッシュタグを付けると共に、「バトンタッチ」というキャプションを添えている。写真を見たファンからは「すごくかわいい」「ミニ・ソーだね」など、絵になる親子にメロメロになっているコメントが多数寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/chrishemsworth/

  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』ロサンゼルスでワールドプレミア開催!

    『マイティ・ソー』最新作、ワールドプレミアがLAで開催! 本編映像も到着

    映画

     シリーズ累計興行収入全世界NO.1の「アベンジャーズ」シリーズ最新作『マイティ・ソー バトルロイヤル』のワールドプレミアが10日、米・ロサンゼルスで行われた。会見には、ソー役のクリス・ヘムズワース、ロキ役のトム・ヒドルストン、ハルクを演じるマーク・ラファロ、ヘラ役のケイト・ブランシェットら、豪華キャスト陣が集結。さらに、アベンジャーズ最強コンビ、ソーとハルクが再会するシーンを収めた本編クリップ映像が初解禁となった。@@cutter 映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は、アベンジャーズの一員・ソーを中心に新たな戦いを描くSFアクション。死の女神・ヘラにより、故郷を奪われたソー。最強の敵を倒すべく、盟友ハルク、宿敵ロキらと型破りのチーム“リベンジャーズ”を組み、極限のバトルへと挑むことになる。  記者会見でハルクについて尋ねられた主演のクリスは「最高だよ。今回のハルクが僕の一番のお気に入りだね」と太鼓判。これまでの作品よりもソーとハルクの“共闘”シーンがみられる本作。「即興で演技しながら、今までになかった化学反応を生み出していくのは楽しかったよ。本作のハルクは、すこしだけ会話ができるようになったから、今までよりもユーモアがあって、魅力的なんだ」とみどころを解説する。  一方、ハルク役のマークは「ハルク単独映画をやりたい」とコメントし、マーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギから「やるなら、どんなことをしたい?」と聞かれたと裏話を明かす。  そして、記者会見でも話題となったソーとハルクの再会のシーンを収めた本編クリップ映像が初解禁。『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の2年後、消息を絶ったハルクとひょんなことから闘技場で再会を果たしたソー、戦友との思いがけない出会いに興奮した様子を見せるが…この後の展開が気になるユニークなシーンが映し出されている。  映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は、11月3日から全国公開。

  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』でマーベル映画に初参加する天海祐希

    天海祐希、『マイティ・ソー』新作で最強の“悪役”吹き替えに挑戦! 沢城みゆきも参加

    映画

     『アベンジャーズ』シリーズで知られるマーベル・スタジオの最新作『マイティ・ソー バトルロイヤル』日本語吹き替え版で、天海祐希が女性ヴィラン(悪役)役としてマーベル映画に初挑戦することがわかった。天海は「ケイト・ブランシェットさんの声を演じるということで、お仕事をいただきとても光栄でした」とコメント。併せて、人気声優の沢城みゆきもマーベル映画に初参加することが発表された。@@cutter 天海が吹き替えを務めるのは、マーベル映画史上初めての女性ヴィランである、死の女神・ヘラ(ケイト)。ケイトの声質にふさわしいと本国からも判断されたというが、アフレコでは「ケイト・ブランシェットさんがすごく素敵な低音の声で演じられていたので、低音の声で、英語の流れるような印象がでるように意識」したと振り返っている。  自身の演じるヘラについて「1人で1000人に立ち向かうほど最強」と話す天海は、劇中の「なぜ復讐をするのか?がわかる重要なシーン」が好きな場面だと告白。「完成前のものを役得で先に拝見させてもらいましたが、とってもおもしろいです。期待していてください」とファンへのメッセージを伝えている。  また、沢城は本作で初登場となる、ソーたちと共にヘラに立ち向かう女戦士・ヴァルキリー役を担当。「ヴァルキリーの、戦士としてのカッコ良さだけではなく、彼女のチャーミングなキャラクターを出せるように、工夫しながら担当させて頂きました。皆様、どうぞご期待ください!」とコメントを寄せた。  そのほか、『アベンジャーズ』シリーズを通じて声優を担当している三宅健太(ソー役)、平川大輔(ロキ役)、宮内敦士(ハルク/ブルース・バナー役)が本作でも同キャラクターの声を担当している。新キャラとなるコーグ役には、金谷ヒデユキが起用された。    映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は、アベンジャーズの一員・ソー(クリス・ヘムズワース)を中心に新たな戦いを描くマーベル最新作。死の女神・ヘラにより、故郷を奪われたソー。最強の敵を倒すべく、盟友ハルク(マーク・ラファロ)、宿敵ロキ(トム・ヒドルストン)らと型破りのチーム“リベンジャーズ”を組み、極限のバトルへと挑むことになる。  映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は、11月3日より全国ロードショー。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access