クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

岸谷五朗 関連記事

  • TMR・西川貴教、岸谷五朗の舞台でカッパに 「キュウリをたくさん食べて頑張る」

    エンタメ

     岸谷五朗と寺脇康文による演技ユニット・地球ゴージャスのプロデュース公演Vol.15『ZEROTOPIA』の製作発表会見が、5日都内で行われ、出演者の柚希礼音、西川貴教、新田真剣佑、宮澤佐江、花澤香菜、岸谷五朗、寺脇康文、水田航生、植原卓也が出席した。

  • 岸谷五朗、寺脇康文、三浦春馬、ピコ太郎姿でコント披露 西川貴教は“扇風機”で熱唱

    エンタメ

     俳優の岸谷五朗、寺脇康文、三浦春馬が、1日に都内で行われたAct Against AIDS 2017「THE VARIETY 25」に出演。岸谷・寺脇・三浦は、ピコ太郎とのコラボレーションでコントを交えた『PPAP』を披露したほか、花澤香菜や柚希礼音と名曲を熱唱して会場を盛り上げた。

  • 織田裕二、人気経済マンガの実写ドラマ化で主演 大手銀行の監査役で“悪”を暴く

    エンタメ

     大手銀行の監査役が活躍する経済マンガ『監査役野崎修平』(集英社刊)が、主演に織田裕二を迎え、2018年1月にWOWOWで『連続ドラマW 監査役 野崎修平』としてドラマ化されることがわかった。特報映像で熱く訴えかける姿も解禁された織田は、本作について「僕も覚悟して演じています。ぜひ楽しみにしてもらえればと思います」とコメントを寄せている。

  • 石原さとみ、“地味じゃない”ファッションや表情豊かな『校閲ガール』に大反響

    エンタメ

     石原さとみ主演の新ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』が、5日より放送がスタートした。ヒロインが出版社の校閲部という希望外の部署に配属されながら、ポジティブに奮闘する姿に「面白いじゃないか」という声とともに、石原のファッションに「服といい顔といい可愛いすぎる」との声が続出している。

  • 城田優、「大好きなお二人」岸谷五朗&寺脇康文と3ショット

    エンタメ

     俳優の城田優が2日、自身のインスタグラムアカウントにて、俳優の岸谷五朗と寺脇康文とのスリーショットを公開。今年1月から3月にかけて各地で上演された舞台『The Love Bugs』以来の対面に喜び、仲睦まじい姿を披露している。

  • 小池徹平、岸谷五朗に褒められるも「引き締まる思い」

    エンタメ

     俳優の小池徹平が7日、岸谷五朗と肩を組んだツーショットを自身のインスタグラムに公開した。今月4日にミュージカル『キンキーブーツ』東京凱旋公演の千秋楽を迎えた小池。同舞台には、日本版演出協力・上演台本として岸谷も参加していたことから、打ち上げの席での1枚だ。

  • 大原櫻子、初舞台へ気合十分! 「すごい吸収力」岸谷五朗も絶賛

    エンタメ

     女優・歌手の大原櫻子が8日、城田優、蘭寿とむ、平間壮一、マルシア、岸谷五朗、寺脇康文ら共に舞台『The Love Bugs』の囲み取材に応じ、初挑戦の舞台や本作にかける意気込みを語った。

  • 小西真奈美、「愛情のある脚本」宮部みゆき時代劇は“温かみのある”ドラマ

    エンタメ

     NHK木曜時代劇『ぼんくら2』の第1話試写会が、2日、同局にて行われ、その後の記者会見に、岸谷五朗、風間俊介、小西真奈美らが登場した。衣装も、セットも、スタッフも前作から何も変わらないことに安心したという岸谷だが、唯一変わっていたことに驚いたという。

  • マルシア、北斗晶からメール「頑張れるところまで頑張る」

    エンタメ

     24日、都内にて舞台「地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.14 『The Love Bugs』」の製作発表会見が行われ、キャストの城田優、大原櫻子、蘭寿とむ、平間壮一、寺脇康文、演出を務めた岸谷五朗が登壇した。先日乳がんのため右乳房の摘出手術を受けることを発表した北斗晶について、番組で共演経験のあるマルシアは、「メールを送ったら、『頑張れるところまで頑張る』と返事がありました。お大事にしてほしい」とエールを送った。

  • 黒木啓司『EXILEの中では一番残念なやつ』 自虐的に出演ドラマをPR

    エンタメ

     ドラマ『残念な夫。』の制作発表が11日、都内で行われ、出演者の玉木宏、倉科カナ、黒木啓司(EXILE)、大塚寧々、岸谷五朗が参加した。本作は、子どもの誕生をきっかけに妻からの家庭内評価が下がり、夫婦の危機を迎えてしまった父親が「最高のパパ」に成長することができるかを描いていく、社会派ライトコメディ。

  • 乃木坂46・生田絵梨花、連ドラ初レギュラー「心情をメロディーに」ピアノ演奏も披露

    エンタメ

     乃木坂46のメンバーであり、10thシングル「何度目の青空か?」ではセンターも務めた生田絵梨花が、フジテレビ1月期水10ドラマ『残念な夫。』(1月14日22時スタート)で連続ドラマ初レギュラーが決定。ピアニストに憧れる女子高生という役柄を演じ、バラエティー番組でその技量の高さが話題となったピアノ演奏も披露する。

  • 『ジャングルの王者ターちゃん』DVD‐BOX発売!高画質デジタルリマスター版で復活

    ゲーム・アニメ

     「週刊少年ジャンプ」“黄金期”の人気コミックを、俳優・岸谷五朗主演でアニメ化した『ジャングルの王者ターちゃん』。このたび、全話画質修正を行ったデジタルリマスター版としてDVD‐BOXリリース決定。放送当時の93~94年、裏番組に長寿番組『クイズ!年の差なんて』や、人気アニメ『クッキングパパ』がある中、引けを取らない視聴率をキープした伝説の作品が遂に復活する。

  • 宮澤佐江、カーテンコールで号泣! 地球ゴージャス公演『クザリアーナの翼』DVD発売

    エンタメ

     岸谷五朗・寺脇康文による演劇ユニット・地球ゴージャスがプロデュースする公演の第13弾『クザリアーナの翼』のDVDが12月3日に発売された。中村雅俊、風間俊介、山本裕典、宮澤佐江、佐藤江梨子、湖月わたるといった豪華キャストが共演した舞台のDVDには、大阪・梅田芸術劇場の千秋楽の模様と、舞台裏を収めた特典映像「the last flight of “kuzaliana”」が収録されている。

  • 玉木宏「僕にとって人生のバイブル」 “残念な夫”で現代劇の父親役に初挑戦

    エンタメ

     玉木宏が、妻に失望されてしまった“残念な夫”に扮する、“産後危機”問題をテーマにした社会派ライトコメディ『残念な夫。』が、連続ドラマとして2015年1月放送されることが決定した。“残念な夫”玉木に失望してしまう妻には倉科カナが扮する。玉木は、現代劇で父親を演じるのは本作が初めて。

  • 風間俊介、岸谷五朗にラブコール「10年後の誕生日も一緒にいたい」!?

    エンタメ

     16日より放送のNHK木曜時代劇『ぼんくら』の記者会見が2日に都内で行われ、岸谷五朗、奥貫薫、風間俊介、加部亜門、松坂慶子が出席した。本作は、人気作家・宮部みゆきの同名小説を原作に、同心が不可解な事件を解決していく人情時代劇ミステリードラマ。根っからの無精者で、捕物などの面倒ごとは大嫌いな主人公・井筒平四郎を、NHK時代劇では11年ぶりに主演を務める岸谷が演じる。

  • 「メンディーの良さはピュアで素直なところ」 関口メンディーの初舞台にUSAも期待

    エンタメ

     EXILEに加入した関口メンディーが2日、都内で行われたグローバル ダンス エンターテインメント『Changes』囲み取材に脚本の岸谷五朗、共演の水野絵梨奈(元E‐girls)、NAOKI(EXILE)、Shizuka、Aya、Ami、Erie(Dream/E‐girls)、TETSUYA(EXILE)、USA(EXILE)らとともに出席し、意気込みを語った。

  • 初舞台の宮澤佐江、卒業発表の大島優子に「背中を押してあげたい」と意気込み

    エンタメ

     今年、結成20周年を迎える岸谷五朗と寺脇康文主宰の演劇ユニット「地球ゴージャス」。彼らが放つ13弾にして、記念すべき年を飾る最新作『クザリアーナの翼』が8日から上演開始。前日に、公開舞台稽古が行われ、岸谷、寺脇のほか、中村雅俊、風間俊介、山本裕典、宮澤佐江(SNH48)、佐藤江梨子、湖月わたるのゲスト出演陣が囲み取材に参加した。

  • 『黒執事』ポスタービジュアル解禁!怪事件の幕開けを匂わすミステリアスなデザイン

    映画

     水嶋ヒロが3年ぶりに映画主演を務めることで話題の『黒執事』。2014年1月18日の公開に先駆け、本ポスタービジュアルが完成した。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access