ジョン・C・ライリー 関連記事

  • 『僕たちのラストステージ』メインカット

    ホテルにチェックインするはずがコント開始 『僕たちのラストステージ』本編映像

    映画

     ハリウッドでサイレントからトーキー期に活躍した伝説のお笑いコンビ「ローレル&ハーディ(極楽コンビ)」の晩年の実話を描く映画『僕たちのラストステージ』より、本編映像が解禁。ローレルとハーディの2人が、ホテルの受付で息の合ったコントを繰り広げる場面が収められている。@@cutter 本作は、共に人生を歩んできたローレルとハーディの2人が、人生の晩年に差し掛かり、改めて友情、舞台の大切さに気付いていく姿を描く感動作。細身で皮肉屋のスタン・ローレルをイギリス出身の俳優スティーヴ・クーガンが演じ、ふくよかで陽気なオリバー・ハーディをアメリカ出身のジョン・C・ライリーが務める。メガホンをとるのは、映画『フィルス』のジョン・S・ベアード。  この度公開された本編映像は、再起をかけたホールツアーのため、1953年に雨降るイギリスにやってきたローレルとハーディが、最初に宿泊するホテルに到着したシーン。小さく薄汚れたベルボーイすらいないホテルで、オリバーは小さなかばんを持って笑顔で受付にやってくる。その後ろから、スタンが大きな音を立てて、息も絶え絶えに2人分の大荷物を引きずりながら登場。  やっと受付に2人がそろったものの、若い女性スタッフが前にいるにもかかわらず、わざとベルを鳴らすスタン。オリバーが「目の前の彼女が見えないのか? ベルは鳴らさなくていい」と注意するも、スタンはお構いなしにベルをまた鳴らし、見かねたオリバーがスタンの手をはたいてベルを自分のほうに引き寄せる。2人のベルの取り合いが繰り広げられ、最後は呆れたオリバーが、音を立てないようにそっと自分のほうに引き寄せるも、自分の帽子でベルを鳴らしてしまうというお茶目なオチを見せる。さらに、若い女性スタッフから「お2人はもう引退されたかと」と言われ、戸惑いながらも「いや、まだだ。年は食ったがまだ終わってないよ」とジョークを交えながら答える姿も収められている。  このシーンのパフォーマンスは、主演の2人が、演技と振り付けを担当したトビー・セジウィックとゼロから作り上げた完全なオリジナル。映画用に新たなギャグも開発し、息の合った掛け合いを見せている。製作のフェイ・ウォードは、クーガンとライリーについて「2人が主演に決まってとても興奮した。実際、世界を探してもローレル&ハーディになれる俳優は多くない。彼らは本物のコメディアンのように、コメディとしての間合いを完璧に取れるセンスを持っているの。演技を見ていると、本人をそのまま再現しているかのように錯覚する」と絶賛している。  映画『僕たちのラストステージ』は4月19日より全国順次公開。

  • 第39回ゴールデンラズベリー賞の最低主演男優賞に輝いたドナルド・トランプ米大統領(※『華氏119』の場面写真)

    ラジー賞、トランプ米大統領が最低主演男優賞 シャーロック・ホームズ映画が最多受賞

    映画

     毎年、映画の都ハリウッドでアカデミー賞が開催される前に発表になる最低映画の祭典ゴールデンラズベリー賞。現地時間22日に39回目の受賞者や受賞作品が発表になり、コメディ版シャーロック・ホームズ映画『Holmes & Watson(原題)』が最低映画賞、最低監督賞、最低助演男優賞、最低スクリーン・コンボ賞の最多4部門に輝いた。@@cutter 注目の最低男優賞はジョニー・デップやブルース・ウィルスなど、そうそうたる候補を抑え、ドキュメンタリー2作に登場した現役の米大統領ドナルド・トランプが受賞した。  最低女優賞は『パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)』&『ライフ・オブ・ザ・パーティー』のメリッサ・マッカーシーが受賞。しかしメリッサは実話ベースの映画『ある女流作家の罪と罰』でアカデミー賞の主演女優賞候補に挙がっていることもあり、名誉挽回賞に輝いている。  第39回ゴールデンラズベリー賞の受賞者・受賞作品は以下の通り。 ■最低映画賞 『Holmes & Watson(原題)』 ■最低主演女優賞 メリッサ・マッカーシー『パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)』&『ライフ・オブ・ザ・パーティー』 ■最低主演男優賞 ドナルド・トランプ(本人/米大統領)『Death of a Nation(原題)』&『華氏119』 ■最低助演男優賞 ジョン・C・ライリー『Holmes & Watson(原題)』 ■最低助演女優賞 ケリーアン・コンウェイ(本人/米大統領顧問)『華氏119』 ■最低スクリーン・コンボ賞 『Death of a Nation(原題)』&『華氏119』 ドナルド・トランプと彼の尽きることのないみみっちさ ■最低リメイク、パクリ、続編賞 『Holmes & Watson(原題)』 ■最低監督賞 イータン・コーエン『Holmes & Watson(原題)』 ■最低脚本賞 『フィフティ・シェイズ・フリード』

  • 『僕たちのラストステージ』メインカット

    ハリウッド伝説のお笑いコンビを名優2人が熱演『僕たちのラストステージ』公開

    映画

     ハリウッドでサイレントからトーキー期に活躍した伝説のお笑いコンビ「ローレル&ハーディ(極楽コンビ)」の晩年の実話を描く映画『Stan&Ollie(原題)』が、邦題を『僕たちのラストステージ』として4月19日に公開されることが決定。併せて場面写真も解禁となった。@@cutter 共に人生を歩んできたローレルとハーディの2人が、人生の晩年に差し掛かり、改めて友情、舞台の大切さに気付いていく姿を描く本作。細身で皮肉屋のスタン・ローレルを演じるのは、映画『あなたを抱きしめる日まで』(2013)のイギリス出身の俳優スティーヴ・クーガン。ふくよかで陽気なオリバー・ハーディを演じるのは、映画『シカゴ』(2002)でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされた経験を持つアメリカ出身のジョン・C・ライリー。ジョンは今作での演技で、第39回ボストン映画批評家協会賞の主演男優賞を受賞している。  1953年。かつて一世を風靡したお笑いコンビ「ローレル&ハーディ」がイギリスにやって来る。全盛期が去って久しい2人のホールツアーはガラガラの状態だったが、お互いを笑わせながら、やがてファンを取り戻していく。そんな中、ある日の口論をきっかけに、ハーディはコンビ解散を心に決める…。  今回解禁となった4点の場面写真では、コンビを演じるスティーヴとジョンの2人が、本物のローレル&ハーディと見紛うばかりの姿を披露。スタジオでポーズをとる全盛期の2人や、再起をかけたイギリスツアーに、長年夫を支える妻たちを招待した際の微笑ましい2組の夫婦ショットに加え、かつての人気を取り戻した2人が市民の歓迎を受ける場面、ステージ上で息の合ったダンスを披露する姿が捉えられている。  映画『僕たちのラストステージ』は4月19日より全国順次公開。

  • MIYAVI、『キングコング』出演決定!『不屈の男』に続きハリウッド映画2作目

    MIYAVI、『キングコング』出演決定!『不屈の男』に続きハリウッド映画2作目

    映画

     ミュージシャンのMIYAVIが、3月25日に日本公開を迎える映画『キングコング:髑髏島の巨神』に出演していることが明らかになった。MIYAVIは『不屈の男 アンブロークン』に続き、ハリウッド映画2作目の出演となる。@@cutter 映画『キングコング:髑髏島の巨神』は、『GODZILLA ゴジラ』の制作チームが贈るアドベンチャー・アトラクション超大作。未知の生物を求め、謎の島・髑髏島に調査に向かった遠征隊リーダーのコンラッド(トム・ヒドルストン)や、戦争写真家ウィバー(ブリー・ラーソン)が、島を支配するキングコングから逃げるために繰り広げるサバイバルを描く。  MIYAVIが演じるのは、第二次世界大戦の日本人戦闘機パイロット、グンペイ・イカリ。米軍機との激しい空中戦の末、髑髏島にパラシュート降下したグンペイは、米戦闘機のパイロット、マーロウと死闘を繰り広げることになる。しかし、これまで誰も目にしたことのない偉大な力が彼らの前に現れたとき、それぞれの運命は永遠に変わってしまう…。  今回の出演についてMIYAVIは「今回、アクションを含めたカメオ出演をさせて頂きました。サミュエル・L・ジャクソンやジョン・C・ライリーのような素晴らしい俳優と一緒に仕事ができ、大変光栄でした」とコメント。そして、「また監督のジョーダンとは年も近く、彼にとって大事な作品に関わることができ、嬉しく思っています。ファンの方には歴史あるエンターテイメント作品の進化版として楽しんでもらえればと思います」とも語っている。  映画『キングコング:髑髏島の巨神』は2017年3月25日より公開。

  • 映画『コング:スカル・アイランド(原題)』

    「キング・コング」誕生の起源を描く『コング:スカル・アイランド』公開決定

    映画

     パニック映画の金字塔『キング・コング』誕生の起源を描くアドベンチャー超大作『コング:スカル・アイランド』が、2017年3月25日に日本で全国公開されることが決定。大人の2倍以上の巨大なスカル(髑髏)の前を探索する4人の遠征隊の姿をとらえた意味深な場面写真も解禁となった。@@cutter “コング”がいかにしてキングとなったのか――その起源を描く『コング:スカル・アイランド』は、大自然の真の“キング”を新たな視点で描くファン必見のスペクタクル超大作。神話の存在と思われていた島の存在が確認され、遠征隊が派遣。その地図に載っていない“楽園”で人間と自然との間で壮絶な闘いが展開する中、“コング”の驚くべき真実が明らかになっていく。  “コング”は、1933年に美女を片手にエンパイア・ステート・ビルで大暴れした『キング・コング』以来、1976年(86年には2も公開)のジョン・ギラーミン版、2005年のピーター・ジャクソン版と3度映画化されており、日本の『ゴジラ』シリーズにも2度登場している。  キング“コング”誕生を描いた本作の監督は『The Kings of Summer(原題)』を手掛け、映画界で今最も注目されるジョーダン・ヴォート=ロバーツ。出演は『マイティ・ソー』シリーズのロキ役で知られるトム・ヒドルストン、『ルーム』でアカデミー賞主演女優賞に輝いたブリー・ラーソン、ジョン・グッドマン、サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・C・ライリーら豪華キャストが顔を揃えている。  今回解禁された場面写真では、トム・ヒドルストンはライフルを手にして緊張した表情を浮かべている。隣りには、カメラを携えたブリー・ラーソン、ジョン・グッドマンとアーミースタイルのジョン・C・ライリーの4人が、“スカル・アイランド”を調査している緊張の一瞬をとらえたシーンだ。  現地時間7月24日、サンディエゴのコミコンにてプレゼンテーションされ、同時に配信されたコミコン・トレーラーは、ユーチューブを経由し、瞬く間に延べ1900万を超える視聴回数を記録している。さらに既にハリウッド版『ゴジラ』との対決『ゴジラVSキングコング』も予定されており、”コング”にさらなる注目が集まりそうだ。

  • 第68回カンヌ国際映画祭

    「第68回カンヌ国際映画祭」フォト特集

    映画

    現地時間5月13日からフランスで開催中の「第68回カンヌ国際映画祭」。注目作品が集結し、豪華キャスト陣らが登場したフォトコール・レッドカーペットの様子をお届けします!(随時更新)

  • ヘイリー・スタインフェルド

    『思い出のマーニー』英語吹き替え版、豪華キャスト発表! 若き演技派女優を起用

    アニメ・コミック

     スタジオジブリ作品『思い出のマーニー』(米林宏昌監督)の英語吹き替え版のキャストが発表され、 映画『トゥルー・グリット』『エンダーのゲーム』で知られる若き演技派女優ヘイリー・スタインフェルドの起用が発表された。@@cutter ヘイリーのほかに、『シカゴ』のジョン・C・ライリー、歌手で女優のヴァネッサ・ウィリアムズを始め、ジーナ・デイヴィス、キャシー・ベイツ、エレン・バースティン、キャサリン・オハラ、グレイ・デリスルなどの顔ぶれが揃う。  米国での配給は、2015年アカデミー賞ノミネート作品の『Song of the Sea(原題)』や、ジブリ作品の『かぐや姫の物語』を配給したGKIDSが行なう。5月22日のニューヨークとロサンゼルスを皮切りに全米で公開される予定だ。  オリジナル版『思い出のマーニー』には高月彩良、有村架純、松嶋菜々子、寺島進らが声優として出演していた。

  • 男の友情花盛り! ブロマンス・セレブ特集

    男の友情花盛り! ブロマンス・セレブ特集

    セレブ&ゴシップ

     ブロマンスとは、英語のブラザー(Brother)とロマンス(Romance)から成る造語で、男性同士の親しい友情の意。今回はプラトニックな間柄だけど、気が付くとじゃれていたり、イチャイチャ(!?)している男性セレブのブロマンスをご紹介!

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access