トニー・ジャー 関連記事

  • 『イップ・マン外伝 マスターZ』ティザービジュアル

    『イップ・マン外伝 マスターZ』ディザービジュアル解禁&公開日決定

    映画

     香港アクション俳優のマックス・チャンが主演する『イップ・マン外伝 マスターZ』が、3月9日より全国公開されることが決定し、ディザービジュアルも解禁となった。ビジュアルには、凛々しい表情で前を向き、武術の構えをとるマックスの姿が描かれている。@@cutter 本作は、中国語圏をはじめ世界中でヒットした『イップ・マン』シリーズから誕生した新ヒーロー、チョン・ティンチの物語。主演を務めるマックスは、『イップ・マン 継承』で強烈な印象を残し、『パシフィック・リム:アップライジング』などでハリウッド進出も果たしており、「香港アクションの最終兵器」ともいわれる存在だ。共演にミシェル・ヨ―、トニー・ジャー、デイヴ・バウティスタを迎える。  監督は、ジャッキー・チェンの『ドランクモンキー/酔拳』から『マトリックス』などのハリウッド大作まで手がけるアクション界の巨匠、ユエン・ウーピン。愛弟子であるマックスのために直々にメガホンを取り、「自らのベストの1本」と語る作品に仕上げた。  詠春拳の正統争いでイップ・マンに敗れたティンチは武術界を去り、小さな食料店を営みながら息子フォンと暮らしていた。ある日、ティンチは街を仕切る長楽グループの反逆児キットに追われていたジュリアとナナの窮地を救う。だが、そのことでティンチはキットの恨みを買い、住居兼食料品店に放火され、店も住む場所も失ってしまう。ジュリアは、バーを経営している兄フーにティンチを紹介し、仕事と住居の世話をする。一方、長楽グループの女ボス・クワンに対して反旗を翻す弟のキットは、組織を乗っ取ろうと画策していた。そんな中、キットたちの卑劣な策略によって、ナナやフーが命を落としてしまう…。ティンチは封印していた武術を正義の為につかうべく、単身、悪の巣窟へと乗り込んで行く。  解禁されたビジュアルは、武術の構えをとるティンチが中心に大きく描かれたもの。決意に満ちた表情で前を見据えるティンチの下には、「男は、もう一度立ち上がる」とのチャッチコピーが添えられている。一度は捨てた武術を使い、悪に立ち向かうティンチの覚悟が感じられるビジュアルとなっている。  映画『イップ・マン外伝 マスターZ』は3月9日より全国公開。

  •  

  • チャウ・シンチー、トニー・ジャー、スー・チー、豪華アジア映画3作同時公開!

    チャウ・シンチー、トニー・ジャー、スー・チー、豪華アジア映画3作同時公開!

    映画

     近年急速な拡大・発展を見せている中国映画界から、チャウ・シンチー、トニー・ジャー、スー・チーらの映画スターを擁したスペシャルな3作品が、1月7日より『2017冬の香港・中国エンターテイメント映画まつり』として公開される。@@cutter 1作目はアジアで歴代興行成績No.1を記録したシンチーの監督最新作『人魚姫』。『少林サッカー』などで日本で大旋風を巻き起こした天才シンチーによる、人間の世界と人魚の世界に住む男女のロマンシング・アドベンチャー。社会批判を織り込みながら随所に大笑いを起こすネタを仕込み、誰もが満足できるファンタジーに仕上げており、中国のみならずアジアで歴代興行成績No.1を記録する超特大ヒットとなった。  2作目は『マッハ!』シリーズで人気を博したトニー・ジャーとウー・ジンのアジア最強格闘技の競演『ドラゴン×マッハ!』。難病と闘う愛娘を男手ひとつで育てる真面目な看守で、実はムエタイの達人という正義感の強い看守チャイ(ジャー)は、作戦の失敗で組織に捕らわれ、孤立無援のタイで人質として刑務所に投獄される。  しかし、潜入捜査官チーキット(ジン)が娘の適合ドナーだと知り、殺される運命にいるチーキットの命を救うことを決意。する。臓器売買ビジネスに手を染めるホンをルイス・クー、男気溢れるチャン刑事をサイモン・ヤム、悪の刑務所長役にマックス・チャンなど豪華な面子が出揃う。  3作目は中華圏を代表するトップ女優スー・チーを主演に迎え、世界最高峰のVFXを駆使して贈るミステリー・アドベンチャー大作『ロスト・レジェンド 失われた棺の謎』。三国武将・曹操が創設したとされるトレジャーハンターが、呪われた迷宮の謎に挑む。  東洋と西洋が融合した世界観を構築したのは『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』を手がけたダグラス・ハン・スミス。その他マーシャルアーツの達人にチェン・クン、『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』で堂々のハリウッド・デビューを果たしたアンジェラベイビーなどが出演している。  『2017冬の香港・中国エンターテイメント映画まつり』は1月7日よりシネマート新宿ほかにて全国順次ロードショー開催。

  • トニー・ジャー主演『ドラゴン×マッハ!』公開決定!

    トニー・ジャー主演『ドラゴン×マッハ!』公開決定! 熱いムエタイアクション健在

    映画

     『マッハ!』シリーズで一躍世界にその名を知らしめたトニー・ジャー主演の映画『ドラゴン×マッハ!』が、2017年1月7日より公開されることが決定し、ポスタービジュアルが解禁となった。@@cutter 本作は、表向きは男手ひとつで難病と闘う愛娘を育てる真面目な看守だが、実はムエタイの達人という正義心の強いチャイ(トニー)が主人公。ある時、作戦の失敗で組織に捕らわれ、孤立無援のタイで人質として刑務所に投獄された潜入捜査官チーキット(ウー・ジン)が、娘の適合ドナーだと知り、チーキットの命を救う決意を固めたチャイの過酷な死闘を描く。    トニーのほか、『SPL/狼よ静かに死ね』で凶暴な殺し屋を熱演したウー・ジンと、男気あふれる刑事を演じたサイモン・ヤムが、メインキャストとして名を連ねるほか、ヒール役にイケメンを封印し冷徹な姿で新境地を開いたルイス・クーが出演する。    また、監督は大ヒットを記録した超娯楽作『モンキー・マジック 孫悟空誕生』『西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人』などで注目を浴びる若き偉才ソイ・チェンが務め、アクション監督には、『レクイエム 最後の銃弾』『ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black & White Episode 1』『新少林寺 SHAOLIN』のベテラン、ニッキー・リーが参戦。囚人200人を相手にした長回しの大乱闘や、変化に富んだワイヤーワークなどの印象的なシーンをはじめ、接近戦、銃撃戦、カーチェイスに至るまで超人的なバトルアクションが次から次へとダイナミックに放たれる。    『ドラゴン×マッハ!』は、2017年1月7日より、「2017冬の香港・中国エンターテイメント映画まつり」としてシネマート新宿ほか全国順次公開。

  • アジアの2大アクションスターが『トリプルX』続編に出演か

    ジェット・リー&トニー・ジャー『トリプルX』続編に出演

    映画

     ヴィン・ディーゼルが主演し大ヒットしたアクション映画『トリプルX』(02)の続編に、中国人俳優のジェット・リーと、タイ人アクションスターのトニー・ジャーが出演するという。@@cutter 続編『xXx:The Return Of Xander Cage(原題)』は2014年にヴィンによって映画制作が発表され、ヴィンの主演はもちろん、サミュエル・L・ジャクソンの続投、監督には『イーグル・アイ』(08)などのD・J・カルーソーが決定していた。  米情報サイトTwitchによれば、ジェット・リーとトニー・ジャー以外に、『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』(13)などに出演するインド人女優ディーピカー・パードゥコーンも参加決定。国内だけでなく世界興行を狙っての起用とみられる。  『トリプルX』は、エクストリーム・スポーツ“Xゲーム”で若者たちのカリスマ的存在として慕われる主人公・ザンダー(ヴィン)が、国家の要請で犯罪組織を相手に戦うアクションで、興行収入2億7000万ドルを記録。その後2005年に続編が発表されたが、ヴィンの降板などの理由からヒットに至らず、日本では劇場未公開となった。

  • 『バトルヒート』 7月25日公開

    『スポーン』マイケル・J・ホワイトVS.『マッハ!』トニー・ジャーの対決映像解禁

    映画

     アクション映画界の2大核弾頭、『エクスペンダブルズ』などで知られるドルフ・ラングレンと、『マッハ!』シリーズのトニー・ジャーが激突する話題作『バトルヒート』(7月25日公開)に、第三の刺客として『スポーン』のマイケル・ジェイ・ホワイトが参戦。その迫力ある映像が解禁となった。格闘家として7種の黒帯を持つホワイトが、トニーを相手に凄技を繰り出すファイトシーンは必見だ。@@cutter 本作は、米・ニュージャージー、タイ・バンコクを舞台に、闇の巨大シンジケートを巡る容赦なき抗争を描くバイオレンス・アクション。マフィアのボスに家族を殺害され復讐鬼と化した刑事ニック(ドルフ)と、彼の暴走を阻止しようとする刑事トニー(トニー)…同じ麻薬組織を追っていた2人の魂が激しくぶつかり合うさまを描く。なお、ニックの上司コステロ役に『ロボコップ』のピーター・ウェラー、マフィアのボス・ドラゴビッチ役に『ヘルボーイ』のロン・パールマンなど名優たちが脇を固める。  コステロと共に捜査を進め、ニックの暴走を食い止めようとするFBI捜査官リード役で登場するホワイトは、実は知る人ぞ知る格闘マニア。7歳から空手を始めて12歳で黒帯となり、全米オープン選手権、北米オープン選手権などのタイトルを獲得。さらに、様々な流派を極め、現在は松濤館空手、テコンドー、剛柔流空手、武術太極拳、タンスドー、極真空手の計7つの黒帯を持っている。  今回、公開された映像では、トニーの得意技“跳びヒザ蹴り”を足のリーチを活かしたハイキックで一蹴。数々の技を仕掛けられるも、柳に風と受け流し、超速ファイターでも歯が立たない熟練の身のこなしを披露している。トニーだけでなく、ラングレンとも拳を交えるということで、期待は高まるばかりだ。

  • ドルフ・ラングレン×トニー・ジャー『バトルヒート』公開決定! ポスタービジュアル解禁

    ドルフ・ラングレン×トニー・ジャー、限界超速アクション『バトルヒート』公開決定!

    映画

     アクション映画界の2大スター、『エクスペンダブルズ』シリーズのドルフ・ラングレと『マッハ!』のトニー・ジャーが対決する映画『バトルヒート』が7月25日より日本公開が決定し、ポスタービジュアルが解禁となった。元祖殺人パンチマシン(=ラングレン)×次世代超速ファイター(=ジャー)がスクリーンの大画面で激突する。@@cutter 本作は、世界を舞台に闇の巨大シンジケートをめぐる容赦なき闘争を描くアクション大作。アメリカ・ニュージャージーとバンコク。お互いの存在を知らないまま、地球の反対側で共通のマフィアを追っていた2人の刑事ニック(ラングレン)とトニー(ジャー)。だが、ニックはマフィアのボスであるドラゴビッチの恨みを買い家族を惨殺されてしまう。復讐に燃えるニックは処刑人と化し、逃亡するドラゴビッチを追ってタイに潜入するが、現地で待ち構えていたのは、凄腕刑事トニーだった。  衰えを感じさせないラングレンのパワフルなアクションは、御年57歳でも健在。正義の塊から復讐の鬼と化す変貌ぶりは、『96時間』のリーアム・ニーソンや『狼の死刑宣告』のケヴィン・ベーコンを凌駕し、観客の魂を奮い立たせる。対するジャーの超速アクションは、今まで以上に磨きがかかり、『ワイルド・スピード SKY MISSION』に続き、本国タイを飛び出し世界で大暴れする。  また、脇を固める面々もクセ者揃い。ラングレン演じるニックの上司コステロ役を『ロボコップ』のピーター・ウェラーが務め、マフィアのボス・ドラゴビッチを『ヘルボーイ』のロン・パールマンが怪演。それぞれに強烈な存在感を放っている。  映画『バトルヒート』は、7月25日より丸の内TOEIほか全国順次公開。

  • 僕は元気だから、落ち着いて!(※『マッハ!無限大』場面写真)

    『マッハ』主演トニー・ジャー死亡!? 「ネットを信じないで」公式に否定

    映画

     世界中にムエタイ旋風を巻き起こした『マッハ!』『トム・ヤム・クン!』の“闘神”トニー・ジャーが、これまでの「CGなし、ワイヤーなし、スタントマンなし、早回しなし」という制限を取り払って挑んだ“ガチ・アクション”最新作『マッハ!無限大』の公開が2月に控えている。そんな中、フェイスブックで突如、トニーの死亡説が浮上した。@@cutter フェイスブックにアップされたのは「今週13日11時に、私たちが愛するトニー・ジャーが亡くなりました。皆さん、哀悼の意をみせるために“いいね!”をしてください」という内容のニュース。これを見たファンは、彼の死を悲しみ、お悔やみのメッセージを寄せるなど、SNS上で大きな騒ぎとなった。  しかし、この情報はまったくのデマ。トニーの担当者も公式にこれを否定し、「彼は元気です」「ネット上で見るものを信じないでほしい」とコメントを発表した。近年、ハリウッドスターなどを中心に訃報デマを流されるケースが多発しており、ファンにとっては悪い冗談だが、死亡説が流される程、世界で愛されているスターの証かもしれない。  最新作『マッハ!無限大』では、電流デスマッチ、橋から宙吊り、300台のバイク軍団との壮絶チェイスなどに挑んだトニー・ジャー。さらに、『チョコレート・ファイター』の本格アクション女優・ジージャーとの初共演で、超絶・超速バトルを繰り広げるのも注目だ。  『マッハ!無限大』は2月14日より、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー。

  • 『マッハ!無限大』 2015年2月14日より、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

    トニー・ジャー主演『マッハ!』新作、制約なしのガチ・アクション映像ついに解禁!

    映画

     トニー・ジャーが主演を務めるアクションシリーズの最新作『マッハ!無限大』(2月14日公開)の予告編映像が解禁された。目にもとまらぬ速さの格闘シーン、バイク軍団との壮絶チェイスなど、怒涛のアクション満載の約1分間だ。@@cutter CG、ワイヤー、スタントマン、早回しを一切使わない超人的な神業アクションで、世界の度胆を抜いた映画『マッハ!』、『トム・ヤム・クン!』の主演・監督・アクション監督のトリオが再タッグを組み、最新作ではこれまでの制限を取り払い何でもアリのスタイルで挑む。  予告では、主演のトニー・ジャーはもちろん、可愛さと強さを兼ね揃えた『チョコレート・ファイター』(09)の本格アクション女優ジージャー・ヤーニンのWジャーによる超人的なムエタイ技がさく裂するほか、巨大な橋からの宙吊り、電流デスマッチなど度肝を抜く映像の一部を公開。  また、映画『オンリー・ゴッド』(14)でライアン・ゴズリングの相手役を務めその美貌が世界で話題を呼んだヤーヤー・インも参戦。さらに、『アイアンフィスト』で原案・脚本・音楽・出演・監督を務めたヒップ・ホップ・アーティスト、RZAが巨大な敵として立ちはだかる。   タイの村で、象と共に生活を送る古式ムエタイ兵士の末裔カーム(トニー)。ある日、突如現れた動物密輸組織のボス、スチャートにより象のコーンがさらわれてしまう。すぐさまコーンを取り戻す為にスチャートのもとへ向かうが、スチャートは何者かによって殺されていた。警察、スチャートの姪・ピンピン(ジージャー)は、現場に居合わせたカームを犯人と断定し追跡を開始。複数の追っ手が迫る中コーンの居場所を見つけ出すが、そこは国際的な犯罪王LC(RZA)が運営する世界中の一流格闘家「ナンバーズ」を集めた地下格闘リングだった…。  映画『マッハ!無限大』は2月14日、全国ロードショー。

  • 『マッハ!無限大』 2015年2月14日より、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

    『マッハ!』最新作、驚きのポスター解禁 「CG、ワイヤー、スタント使います」

    映画

     トニー・ジャーの代表作のひとつであり、彼の名を世に知らしめたアクション映画『マッハ!』シリーズの最新作『マッハ!無限大』が2015年2月に公開される。それに先駆け、ポスタービジュアルが解禁。本作で夢の初共演&バトルを繰り広げる、『チョコレート・ファイター』のジージャー・ヤーニンと、闘神トニーの姿と共に「CG使います」という言葉が描かれている。@@cutter CGなし、ワイヤーなし、スタントマンなし、早回しなしの超人的な神業アクションで、世界の度胆を抜いた『マッハ!』。その最新作では、これまでの制限を取り払い何でもアリのスタイルで300台のバイク軍団との壮絶チェイスや橋から宙吊り、地下格闘バトル、電流デスマッチなどに挑み、トニー史上“究極”と呼べるガチ・アクションを作り上げた。  今作では『チョコレート・ファイター』で知られる本格アクション女優ジージャーと夢の初共演を果たし激しいバトルを展開。ポスターでは、たくましさと可愛らしさを感じさせる構え姿のジージャー、そして鬼の形相のトニーがこちらを睨みつけており、本作の激しさを感じさせる。また、これまでと真逆な「CG使います」「ワイヤー使います」「スタント使います」というコピーも印象的だ。  主人公は、タイのとある村で像と共に生活を送る古式ムエタイ兵士の末裔カーム(トニー)。ある日突如現れ、像のコーンをさらっていった動物密輸組織のボス、スチャートのもとへ向かうも、辿りついたときにはすでに何者かに殺害されたあとだった。その場に居合わせたカームは犯行を疑われ、警察とスチャートの姪ピンピン(ジージャー)に追われる羽目に…。  『マッハ!無限大』は2015年2月14日より、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー。

  • ドルフ・ラングレンとトニー・ジャー共演のアクション『Skin Trade(原題)』の予告編が解禁(※『Skin Trade』予告編のスクリーンショット)

    ドルフ・ラングレンとトニー・ジャー、アクション映画で夢の競演!予告編公開 

    映画

     映画『ロッキー4/炎の友情』(86)で注目を浴びて以来、アクション俳優として活躍を続けるドルフ・ラングレンが、タイのアクション映画『マッハ!』シリーズで知られるトニー・ジャーとタッグを組んだアクション最新作『Skin Trade(原題)』の海外版予告が公開された。@@cutter 本作はドルフが主演と共に脚本と製作を務める力作。脚本には映画『ユニバーサル・ソルジャー』シリーズの監督ジョン・ハイアムズがリライトで参加している。監督を務めたのは、映画『ビューティフル・ボーイ』(05)のエカチャイ・ウアクロンタム。  ドルフが演じるのは、人身売買の捜査を担当するニューヨーク市警のニック・キャシディー。国際的な人身売買組織に家族を殺され、逃亡した組織のボス=ドラゴヴィッチが潜伏しているタイに単身乗り込み、地元警察のトニー(トニー・ジャー)と組んで人身売買組織に立ち向かう。  最初の公式予告編として公開された約1分半の映像は、ドラゴヴィッチ率いる人身売買組織の凶悪さが分かるオープニングから始まり、国内の港で繰り広げられる組織との一戦やタイに入ってからの激しい追跡劇まで、アクション満載の場面が展開する。  本作には他にも、ドラゴヴィッチ役で映画『パシフィック・リム』(13)のロン・パールマン、キャシディの上司コステロ役で映画『ロボコップ』シリーズや『裸のランチ』(92)のピーター・ウェラーなどが出演。2015年の公開を目指しているとのことだ。日本公開は未定。

  • 肉体派アクション「マッハ!」ゲーム化が進行中

    肉体派アクション「マッハ!」シリーズが本格アクションゲームに

    映画

     CGを一切使わず、己の肉体のみで勝負するトニー・ジャーの超絶・生身アクション「マッハ!」シリーズがゲーム化されることがわかった。 @@cutter   エンタメサイトCinema Blendによれば、タイのスタジオHIVE、映画製作会社Sahamongkol Film Internationalは「マッハ!」のゲーム化を企画中とのこと。ゲームの主人公はジャーをモデルとし、ユーザーはそのキャラクターを動かしていく。ジャーのスタントチームがアクションシーンの監修を務めているという。  ゲームのストーリーについてはまだ明らかにされておらず、デモ画面の公開なども行われていない。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access