菅田将暉 関連記事

  • 「JUNON」9月号表紙

    菅田将暉は“理系脳”or“文系脳”? 「数学ってロマンチックな感じ」

    エンタメ

     俳優の菅田将暉が、22日発売の女性誌「JUNON」9月号(主婦と生活社)で巻頭を飾ることが分かった。7月26日より公開される映画『アルキメデスの大戦』で若き天才数学者を演じた菅田は、数学の魅力のほか、役者に求められる資質などについて語っている。@@cutter 菅田は「僕からしたら正解が必ずある数学の問題は、どこかゲームのような感覚なんです。例えるならRPGのような(笑)。自分が今まで積んできた経験値が武器としてあって、それが知識としての方程式だとする。そこに敵みたいな問題が現れて、それを自分の知識と発想力で解いていく=倒していくっていうのがおもしろい。でも数学苦手な人とは、この感覚は絶対にわかりあえない(笑)。男性は数字や数学が好きな人って多いと思うし、僕はどこかロマンチックな感じさえするんです」と数学の魅力について熱弁。  そんな菅田は、理系の頭脳で芝居をしているのか尋ねられると「いやいや、それほど理系脳ではないと思います」と答え、「基本的に台本というものを読み解くには読解力がいちばん必要なので、国語ですよね。感受性ももちろん必要だし。ただ物理的なことで言うと、場合によってはラストシーンから撮らなきゃいけないこともあるから、そこは逆算する計算力も必要だし、役を組み立てていく能力もいる。理系脳も文系脳も両方必要ってことかな」と自身が考える、役者に必要な資質を明かしている。  また、同じく9月号に登場する草なぎ剛は「夏はあったかくてケガもしにくいんで好きですね。夏生まれのせいか、体が軽い気がするし。夏に体を動かしておけば一年無事に過ごせる、みたいな気持ちもあります(笑)」と夏の生活について語るほか、「夏はブーツだけじゃなく、今日みたいに革ジャンも着てるからね。おかしいでしょ?(笑) ブーツも革ジャンも味が出るのが好きで、この革ジャンもまだ新しいから味を出したくて着てるわけ」と夏でも革ジャンを着る理由も明かしている。  そのほか、特集「推し美男子のセクシー解禁」では、超特急、塩野瑛久、飯島寬騎、高野洸、三浦涼介、みやかわくん、財木琢磨、COLOR CREATIONが登場。さらに、BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE、DISH//、Da‐iCE(大野雄大、花村想太、和田颯)や、内田雄馬も登場している。  「JUNON」9月号は、主婦と生活社より7月22日発売。

  • 『タロウのバカ』メインビジュアル

    菅田将暉×仲野太賀×YOSHIが疾走! 『タロウのバカ』本予告解禁

    映画

     モデルのYOSHIが映画初主演を務める大森立嗣監督の最新作『タロウのバカ』より、YOSHI、菅田将暉、仲野太賀の演じる3人の少年が暴走していく衝撃的なカットが連なる本予告が解禁された。@@cutter 本予告には、YOSHI、菅田、仲野が演じる、タロウ、エージ、スギオの3人の少年が、10代という一瞬にも永遠にも感じる特殊な時間をもがきながら疾走する姿が映し出されている。タロウ(YOSHI)は生まれてから一度も学校に通ったことがない。母親の恵子(豊田エリー)は滅多に自宅のマンションに帰ってこなく、いつもひとりぼっちのタロウは都心と郊外の中間にぽっかりと空いたような川沿いの町を野生動物のようにうろついている。  そんなタロウに高校生のエージ(菅田)とスギオ(仲野)という仲間ができ、タロウの人生が動き始める。エージは柔道のスポーツ推薦で今の高校に進学したが、膝を壊して周囲の期待を裏切り、柔道部の顧問の教師から「社会のすみっこで生きてけ!」と罵られている。将来のことがどうでもよくなり自暴自棄になっていくエージ。ごく普通の中流家庭で育ったスギオは、同級生の洋子(植田紗々)に一方的に思いを寄せている。ただ、彼女から相手にされず、自身のふがいなさにもいら立ち、もがいている。ネットで出会った男たちに体を売っている洋子に対して「売りなんか やめろよ!」と怒声を浴びせる場面も。  そんな、社会からはじきだされた3人の少年は、偶然にも一丁の拳銃を手に入れたことをきっかけに、それまで目を背けていた厳しい現実と向き合うことに。予告編の終盤、「生と死の狭間を駆け抜ける 純粋で過激な問題作」のテロップとともに、3人が暴走していく衝撃的なカットが連なっていく。タロウは女性に拳銃をつかませ、「撃てよ!撃てよ!」とわめきちらし、エージは金属棒で何者かを思い切り、殴りつけている。しかし、どんなに過酷な試練が待ち受けても、3人でいる時だけは笑顔でいられ、心が解放され、自由でいることができた。  予告編に流れるパワフルで異様な楽曲は、インドの弦楽器シタールで演奏された、音楽家・大友良英による劇伴。  メインビジュアルには、第1弾ティザービジュアルの覆面を外した3人の姿が写し出されている。タロウの手には拳銃、エージは金属棒を振り上げていて、ただならぬ緊張感と何かが起こりそうな空気感をまとうビジュアルとなっている。  映画『タロウのバカ』は9月6日より全国公開。

  • 映画『アルキメデスの大戦』完成披露試写会にて

    菅田将暉に舘ひろしら共演者から絶賛の嵐「天才」「声がいい」

    映画

     俳優の菅田将暉が26日、都内で行われた映画『アルキメデスの大戦』完成披露試写会に出席。共演者の舘ひろしらから演技や歌を絶賛され、「今日すごい」とはにかむ様子をみせた。@@cutter 三田紀房の同名漫画を実写映画化した本作。第二次世界大戦を数学者の視点で描いた歴史エンターテインメントだ。イベントには主演の菅田をはじめ、柄本佑、浜辺美波、笑福亭鶴瓶、小林克也、橋爪功、田中混、舘ひろし、山崎貴監督の9名が出席した。  撮影の感想を聞かれた菅田は「山崎監督がずっとニヤニヤしてるんですよ。監督がいろんなことを想像して、楽しそうなことって、俳優として一番のびのびできることですので楽しかったですね」とコメント。  ただ、酷暑のなかでの撮影だったそうで、鶴瓶が「暑すぎて関西弁忘れる」とボヤくと、菅田も「ほんま鶴瓶さん死んだらどうしようって、心配したんですよ」と振り返った。  一方、舘は菅田について「天才ですよ。本当にすばらしい。この顔でスタイルで演技がうまかったら、女にモテないわけがない。初めて男に嫉妬を感じましたね」と絶賛。小林も「菅田くんの(楽曲)『まちがいさがし』が大ヒットしていますが、声がいい」と菅田の楽曲を褒めちぎると、菅田は「今日すごい。舘さんにはスタイル褒められて、克也さんには声がいいと言われ」とはにかんだ。  最後に舘は「最後の大会議のシーンの、菅田さんの芝居は圧巻です。菅田さんは天才です」と重ねて称賛し、菅田は「ごらんの通り、重厚な映画ができました。どなたでも楽しめる映画だと思います。ありがとうございました」とメッセージを贈り、会場を後にした。  映画『アルキメデスの大戦』は7月26日より全国公開。

  • 『パーフェクトワールド』最終回で共演する(左から)松坂桃李、菅田将暉

    菅田将暉、『パーフェクトワールド』最終回に出演 主題歌にかけた役とは…?

    エンタメ

     俳優の菅田将暉が、松坂桃李が主演を務めるドラマ『パーフェクトワールド』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の最終回に出演することが分かった。菅田が歌うドラマの主題歌「まちがいさがし」にかけた役を演じる。@@cutter 本作は、不慮の事故により車いす生活を送ることになり、生涯一人で生きていくと決めていた建築士・鮎川樹(松坂)が、高校の同級生・川奈つぐみ(山本美月)と再会し、心を通わせていくことで2人の生き方が変化していくさまを描くラブストーリー。  菅田がどんな役を演じるかは具体的に明かされていないが、主演の松坂と共演し重要なシーンに登場するという。菅田との共演直後、松坂は「映画『キセキ‐あの日のソビト‐』(2017)以来だなと思いました。純粋にうれしかったですね。主題歌を歌ってくれる方に出演していただくのは、俳優側からしたらすごくうれしいし、応援をもらった感じがしました」と喜びのコメント。  続けて「菅田に関しては、兄弟的な家族的な、ちょっとアットホーム感がありましたね。撮影の合間は互いにリラックスして、たわいもない話をしていました」と明かし、「(菅田が歌う)主題歌も終盤に向けて、だんだん歌詞とより濃くリンクしてきますし、ぜひ楽しみにしてください」とメッセージを寄せた。  一方、菅田は共演のオファーを初めて聞いた時を振り返り「ビックリしました!(演じるうえでの)関わり方が大事だなと思っていたんですけど、主題歌の“まちがいさがし”に、かけた役だったので“なるほど! それはぜひ参加したいな”と思いました」と明かし、「共演は一瞬でしたが“これが桃李くんの座長の組か”という感じで。いい顔をされていましたね」と笑顔で感想を語った。  本作を欠かさず見ているという菅田は「ラブストーリーを軸にしながら、その中で人間関係の“まちがいさがし”をしていく。それをすごくストレートに描いていて、視聴者としては、本当にまぶしいくらいピュアで、素直に感じます。すでに自分の経験と重なって共感してくださる方もいるだろうし、こうなれたらいいなという方もたくさんいるだろうし。きっと、みんなも、こういうぶつかり方をしたいんですよね」とドラマの魅力を分析。  そして自身が出演する最終回については「どんな形であれ、皆が幸せになってほしいです。これだけ大変なことがあるからこそ、最後くらい笑顔で終わってほしいなというのは、いち視聴者として思っています。で、チャコが“ワンッ!”と鳴いて終わるというね(笑)」とちゃめっ気たっぷりに語っている。  ドラマ『パーフェクトワールド』最終回は、カンテレ・フジテレビ系にて6月25日21時放送。

  • (左から)田中圭、西島秀俊

    渋谷の女子高生が選ぶ! 「お父さんにしたい俳優」ランキング

    エンタメ

     俳優の田中圭が「渋谷JKが選ぶお父さんにしたい芸能人TOP10」で1位に輝いた。2位には西島秀俊、3位には木村拓哉がランクインしている。@@cutter 今回のランキングは(株)アイ・エヌ・ジーが渋谷に訪れた女子高校生130名を対象に実施した調査にもとづくもの。  第1位は2018年放送のドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で大ブレイクした田中圭。プライベートでは2011年に結婚し、現在放送中のドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)では、原田知世と夫婦役を務めている。近年、バラエティ番組でも活躍する彼について、アンケートでは「かっこよくて優しそう」という意見も上がっていた。  第2位はドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)や、公開中の映画『空母いぶき』など主演作が相次ぐ西島秀俊。ラブストーリーから時代劇、刑事ドラマなど確かな演技力で多彩なジャンルの作品に出演する彼も、私生活では2014年に結婚。今では2人の子どもの父親だ。  第3位は2020年放送予定のドラマ『教場』(フジテレビ系)での主演が決定した俳優の木村拓哉。2018年に彼の次女Koki,がモデルとしてデビューしたことから、父親としての好印象が高まったと言える。  以下は同率4位に小栗旬とムロツヨシ、同率で6位で内村光良、菅田将暉、藤本敏史(FUJIWARA)、賀来賢人、そして同率10位で反町隆史と向井理という順位になっている。

  • 映画『糸』ダブル主演の菅田将暉と小松菜奈

    中島みゆきの名曲『糸』映画化 菅田将暉&小松菜奈がダブル主演

    映画

     中島みゆきの名曲「糸」をモチーフとした映画『糸』の製作が発表され、ダブル主演として、俳優の菅田将暉と女優の小松菜奈が出演することが決まった。名曲「糸」が、出逢いの奇跡が織りなす壮大な愛の物語『糸』となり、感動を紡ぎだす。@@cutter 本作は、男女が出逢い、別れ、そして再びめぐり逢うまでを、“生活者の視点から見た平成史の変遷”とともに描きだす愛の物語。平成元年に生まれた男女2人の、平成から令和を迎えるまでの31年間を、中島みゆきの名曲「糸」に乗せ、雄大な北海道をはじめ、東京・沖縄・シンガポールを舞台に描かれる。  物語のモチーフとなる楽曲「糸」は、糸を人に見立て、男女の出逢いの奇跡と、絆の大切さを歌った曲。ドラマや数多くのCMに起用され、森山直太朗、JUJU、福山雅治など数々のアーティストがカバーバージョンを発表している。カバーしたアーティストの数は120組にも上り、発表後30年近く経っても輝きを増し続ける、日本を代表する名曲だ。  主人公の男女を演じるのは、2009年俳優デビュー以降、さまざまな作品で幅広い役柄を演じ、『あゝ、荒野』では第41回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞他、数々の映画賞にも輝いた菅田と、『渇き。』で鮮烈なデビューを飾り、数々の話題作に出演し続け、『沈黙 ‐サイレンス‐』では、ハリウッドデビューも飾った小松の2人。『64‐ロクヨン‐ 前編/後編』『8年越しの花嫁 奇跡の実話』など、骨太な社会派ドラマから感動の恋愛物語まで、数々の作品を成功に導いてきた瀬々敬久監督がメガホンを握る。  高橋漣役の菅田は「原曲へのリスペクトを忘れずに、仕合わせを掴み取る気持ちで挑んでいきたいなと思います。初めましての瀬々監督と、何度も共に闘ってきた小松菜奈というカップリングも純粋に楽しみです」と意気込みを語る。  園田葵を演じる小松は「2人はそれぞれの人生を歩みながら、出逢いと別れを繰り返します。流れゆく時間の中で、仕合わせとは何か。その瞬間をしっかりと感じて、私らしい園田葵を演じられたらいいなと思います」と役柄について語り、「今回の作品で私たちが、どんな糸で、どんな布を織りなすことができるのか、とても楽しみです」とコメントした。  また中島みゆきもコメントを寄せ、「『糸』は、とても素朴な曲ですから、いろいろな方々に歌っていただく度に、さまざまな色があらわれて、いつも驚かされています。この度は映像の世界に用いていただくこととなり、ありがとうございます。また新たな『糸』に出会えるのを、楽しみにしています」とメッセージを贈った。  映画『糸』は2020年全国公開。

  • (左から)松坂桃李、田中圭

    松坂桃李1位、田中圭が2位「結婚したい男性俳優」トップ10!

    エンタメ

     7日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系/毎週月曜~金曜11時55分)内のコーナー「超限定マーケティング」で、「20~30代女性に聞いた 結婚したい男性俳優 トップ10」が発表された。@@cutter 第1位は現在放送中のドラマ『パーフェクトワールド』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)で主演を務めている松坂桃李。松坂は現在公開中の時代劇映画『居眠り磐音』のほか、さらに6月28日公開の映画『新聞記者』など主演作の公開ラッシュで、まさに絶好調。    第2位は2018年放送のドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で大ブレイクを果たした田中圭。田中も現在放送中のドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)で主演を務めるほか、夏には主演を務める『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』の公開が待機中。また9月には三谷幸喜が監督・脚本を務めるコメディ映画『記憶にございません!』への出演も決定している。    第3位には連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK総合)やドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)でブレイクした竹内涼真がランクイン。2019年9月には映画『初恋ロスタイム』、2020年には『太陽は動かない』の公開が予定されている。  続く第4位は連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合/月曜〜土曜8時ほか)の天陽役で注目を集める吉沢亮。2020年には『一度死んでみた(仮)』、『さくら』の2本の映画への出演がすでに決定。第5位には、ドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)での内田聖陽との共演も話題の西島秀俊。現在公開中の映画『空母いぶき』で主演を務めているほか、9月公開予定の『任侠学園』でも主役を務める。  以下第6位は高橋一生、第7位には中村倫也の名前が。第8位〜第10位には菅田将暉、窪田正孝、竹野内豊がランクインしている。

  • 俳優の菅田将暉

    菅田将暉を好きすぎる月収100万円ホストの生活…中居正広驚き

    エンタメ

     中居正広が7日放送の『新・日本男児と中居』(日本テレビ/毎週金曜24時30分)に出演。俳優の菅田将暉に憧れる通称“スダラー”で月収100万円を稼ぎ出すというホストの男性に中居が驚いた。@@cutter 今回は、俳優の菅田将暉に憧れ続け、服装も話し方も似てきたというホストの将暉(以下、菅田将暉を菅田、将暉を将暉と表記)がスタジオに登場。大きなサングラスに個性的なファッションの将暉がMCの中居やゲストの吉田鋼太郎の前に座ると、中居は「菅田くんみたいだね」と一言。これに将暉は「たまに言われます、似てるって」と答えると、菅田と共演多数の吉田も思わず「似てる」と関心しきり。中居は続けて「すっげーファンなの?」と聞くと、将暉は「デビュー当時からファンなんで…大好きです!」と返答。これに中居が「そんくらい好きな人がいるってうらやましくないですか?」と吉田に話を振ると、吉田は「いや…そうでもない…」と返し、スタジオの爆笑を誘った。  そんな将暉は現在24歳でホスト店に勤務しているとのこと。菅田将暉に憧れて5年前に上京。2年前から“将暉”と名乗り始め、現在は店でも指名数No.1を誇り月収100万円以上を稼ぎ出している。将暉は菅田と同じものを身に付けたいという気持ちから、彼がテレビや雑誌の撮影で身につけていた服や帽子を購入。果ては主演映画『帝一の國』の衣装まで購入し、これまで洋服に100万円以上をつぎ込んでいるそう。  菅田に憧れる将暉は“布教活動”にも熱心に取り組んでおり、5000円の菅田の写真集を50冊購入。自分用の2冊以外をすべて自分を指名する客に無料で配布したとのこと。このエピソードを聞いた中居は「広めたいのもあるの? 菅田くんの魅力キャンペーンもあるの?」と質問すると、将暉は真剣な口調で「僕が好きなものを指名の子にも知ってもらいたいんで」と回答。この謎のストイックさに中居は思わず「やっべぇな…」とポツリ。中居が隣にいた吉田に「そんくらい言われる人います?」と聞くと、吉田は「いや、いないいない!」と言いながらも苦笑いしつつ「ちょっと迷惑…」と返答。これに将暉本人も笑って応じていた。

  • 映画『アルキメデスの大戦』本ポスタービジュアル

    菅田将暉×舘ひろし『アルキメデスの大戦』、予告&ポスター解禁

    映画

     俳優の菅田将暉が主演を務め、『永遠の0』の山崎貴監督と初タッグを組む映画『アルキメデスの大戦』より、迫力の予告映像とポスタービジュアルが解禁された。@@cutter 『ドラゴン桜』などで知られる三田紀房の同名コミックを基にする本作は、日米開戦前夜の日本を舞台に、“世界最大の戦艦”と呼ばれた「大和」の建造計画と、それを阻止すべく山本五十六(舘ひろし)に引き入れられた天才数学者・櫂直(菅田)の活躍を描く歴史エンターテインメント。  第二次世界大戦前の1933(昭和8)年。大日本帝国海軍の上層部は超巨大戦艦“大和”の建造計画に大きな期待を寄せていた。海軍少将・山本五十六はこれからの戦況を考え代替案を提案するが、上層部は、「戦艦大和」の建造を支持。山本は、天才数学者・櫂直を海軍に招き入れ、櫂の数学的能力で「戦艦大和」建設にかかる莫大な費用を試算し、計画を阻止しようとする。櫂は持ち前の度胸と頭脳、数学的能力を活かし、前途多難な試算を行っていくが、帝国海軍内の大きな壁が立ちはだかる…。  公開された予告映像は、最初に、空を舞う戦闘機の姿が映し出される。砲弾が飛び交い、爆撃によって上がる炎や水柱、戦艦から鈍く響く轟音など、山崎監督がリサーチを重ね、最新技術を駆使し、完全再現を目指して描いた大和と、息をのむ戦闘シーンを多数披露。その中に、菅田演じる主人公・櫂直の天才かつ変人ぶりが垣間見られる場面や、浜辺美波、柄本佑、笑福亭鶴瓶ら豪華キャストの出演シーンなどが映し出され、ラストでは、沈没寸前の戦艦大和の姿を捉えている。  併せて公開されたポスタービジュアルは、「これは、数学で戦争を止めようとした男の物語。」というコピーが上段に配置され、メジャーを手に、鋭く、真っ直ぐな眼差しで見つめる菅田将暉と、堂々たる敬礼を見せる舘ひろしの姿、そして海上に浮かぶ戦艦大和の姿が描かれている。  映画『アルキメデスの大戦』は7月26日より全国公開。

  • 第27回橋田賞授賞式に出席した永野芽郁

    永野芽郁、橋田賞新人賞に涙 目を潤ませて意気込み

    エンタメ

     女優の永野芽郁が10日都内で、「第27回橋田賞授賞式」に出席。連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK)の撮影を振り返り、目を潤ませながら「これからも(世間の)皆さんの目にとまるように、一生懸命お芝居をしていきたい」と女優業をまい進する決意を示した。@@cutter 橋田賞は、優れたテレビ番組や人物に贈られる。脚本家の橋田壽賀子が理事をつとめる橋田文化財団や各テレビ局やモニターなどが中心になって審査を行なう。  今回の授賞式には、橋田賞に選出された山田洋次監督、松坂慶子、内藤剛志、大泉洋、宮崎あおい、菅田将暉、安住紳一郎、橋田新人賞に選出された永野らが出席した(橋田賞受賞の岡田将生は欠席)。  ドラマ『トドメの接吻』(日本テレビ系)や『dele』(テレビ朝日系)における「才気にあふれた演技」が支持された菅田は、欠席した岡田のことを「名前も知らなかった」とあけすけに言い放った橋田に、恐る恐る「ちなみに僕のことは…ご存知でしょうか? 菅田将暉と申します」と自己紹介。橋田が「ごめんなさい…! 拝見したことはあります」と答えると、会場に笑いが起きた。  続けて菅田は「今年で、お芝居を始めて10年になった。自分なりには忙(せわ)しく過ごしてきたつもり」と自負しつつ、「ちょっと『疲れたな〜』と腑抜けたことを思っていたけど、今日、僕のことを知らなかったけど、橋田先生の元気な姿を見て、まだ自分は生まれたて。これから人生が長く続くんだなと実感した。一からお芝居に励みたい」と意気込んだ。  永野も、橋田に「私のことは知らないですよね…」と質問。橋田が「(『半分、青い。』は)北川悦吏子さんの脚本なので拝見している」と返答すると、永野は「ありがとうございます…! 菅田さん、やりました!」と片腕でガッツポーズを見せた。  永野は選考対象になった『半分、青い。』を振り返り、「自分が生きたことのない時代から、年齢まで演じさせてもらった。悩むこともたくさんあったけど、(スタッフなど)数えきれないほどの大人の方たちに支えていただいた。絶対ご一緒できないだろうと思っていた先輩方の姿も見せていただいた。これからも皆さんの目にとまるように、一生懸命お芝居をしていきたい」と目にうっすら涙を浮かべていた。  最後のフォトセッションでは、ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)で共演した菅田と肩を並べる場面もあった。  連続テレビ小説『まんぷく』(NHK)にてヒロインの母親・今井鈴を好演し、“ぶしむす”(武士の娘)として話題になった松坂は、「圧倒的な存在感と魅力的なキャラクター」が視聴者から支持を受けて受賞。「本当に光栄。ドキドキする」と言い、「橋田先生を見習って、私も20年、30年と頑張りたい」と述べた。 【受賞者一覧】 ■橋田賞大賞 ・該当なし ■橋田賞 ・山田洋次 ・松坂慶子 ・内藤剛志 ・大泉洋 ・宮崎あおい ・岡田将生 ・菅田将暉 ・安住紳一郎 ■橋田賞新人賞 ・永野芽郁 ■橋田賞新人脚本賞 ・入選作:『蜘蛛の糸』(いとう菜のは) ・佳作:『52歳のエレジー』(三谷武史)

  • 菅田将暉

    菅田将暉、米津玄師との2ショット披露 楽曲“初”フル解禁に「ドキドキ」

    エンタメ

     俳優の菅田将暉が22日、自身のツイッターに歌手の米津玄師との2ショットを投稿。2人の姿にファンからは「ステキな写真」「めっちゃかっこいい」「ナイスコンビ」などのコメントが殺到した。@@cutter 投稿されたのは真剣な様子で話す米津をまっすぐに見つめる菅田の姿を収めた2ショット。22日には菅田がパーソナリティーを務めるラジオ『菅田将暉のオールナイトニッポン』(ニッポン放送/毎週月曜25時)で米津が作詞・作曲・プロデュースを手掛けた新曲「まちがいさがし」がフルで初解禁されるということで、番組に米津がゲスト出演。菅田は楽曲の解禁を前にツイッターで「非常にドキドキしています」と明かしている。  菅田と米津が真剣に語らう姿を収めた写真に、ファンからは「ステキな写真ありがとうございます」「画像up、ありがたし」「写真めっちゃかっこいいですね!」などのコメントが殺到。さらに「やっぱりナイスコンビだな」「米津さん&菅田くんコンビすごい」などの声も寄せられている。 引用:https://twitter.com/sudaofficial

  • 映画『タロウのバカ』追加キャスト

    『タロウのバカ』豊田エリー、國村隼ら追加キャスト&菅田将暉、太賀の劇中姿公開

    映画

     モデルのYOSHIが映画初主演を務める大森立嗣監督の最新作『タロウのバカ』より、追加キャストとして奥野瑛太、植田紗々、豊田エリー、國村隼が出演することが発表された。併せて、これまで役柄が明かされていなかった菅田将暉と太賀のキャラクター写真も解禁となった。@@cutter 本作は、映画『日日是好日』『セトウツミ』『さよなら渓谷』の大森監督が、15年余り温めてきたオリジナル脚本による最新作。  主人公の少年タロウ(YOSHI)は生まれてから一度も学校に行ったことがない。自分の年齢すら知らない。母親、家族、社会、誰からも振り向かれない。それでも自由に生きている。そんなタロウは年上の少年エージ(菅田)、スギオ(太賀)と出会い、初めて「世界」を知ることになるが…。  今回新たに4人の追加キャストが発表された。  タロウたちと対峙する半グレ集団のリーダー吉岡役には、映画『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』の奥野。エージ、スギオと同じ高校に通う、援助交際を繰り返す洋子役には、映画『日日是好日』の植田がオーディションで選ばれた。タロウを育児放棄している母親・恵子を演じるのは映画や舞台で幅広く活躍する豊田。元ヤクザで吉岡と共に裏ビジネスを生業とする小田を、映画『地獄でなぜ悪い』『哭声/コクソン』の國村が扮する。  さらに、これまで発表されていなかった菅田と太賀の役柄も明らかに。菅田は、やるせない悩みを抱え暴力に走ってしまう高校生のエージを、太賀はエージの親友で、理性的で臆病な高校生のスギオを演じる。  解禁となった菅田と太賀のキャラクター写真には、金髪に白Tシャツとカジュアルな格好で、はしゃぐような表情を見せる菅田と、制服姿で呆然と立ちつくしている太賀を写したものとなっている  映画『タロウのバカ』は今秋全国公開。

  • 菅田将暉、『シャザム!』吹替版完成披露試写会に出席

    菅田将暉、将来の夢は『3年A組』の美術教師ならぬ“数学教師”だった

    映画

     俳優の菅田将暉が16日、都内で行われたDC映画『シャザム!』の日本語吹き替え版完成披露試写会に、共演声優の緒方恵美、阪口大助、平野綾と出席した。@@cutter 「子供の頃になりたかった職業」or「大人になってやりたかったこと」を聞かれた菅田は、共演陣が「ビールを飲む」(平野)、「某アニメの某ロボットのパイロット」(坂口)、「数学教師」(緒方)とそれぞれが答える中で「え!?一緒!僕も数学教師!」と緒方の子供時代の夢に反応。すると緒方から「先生になったじゃないですか、美術だけど」と、日本テレビ系連続ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』で演じた美術教師の話題を振られ、照れていた。  また子供時代に大人になってやってみたかったことについて「おもちゃ屋さんでおもちゃをいっぱい買う。携帯のアプリとか、たくさん課金する」と無邪気な菅田。吹き替えを担当した“見た目は大人、中身は子供”のヒーロー=シャザムぶりについて緒方から「まんま。近い」と太鼓判を押されると「よく言われるけれど…そんなことありますぅ?」と首をかしげていた。  スーパーマンにも負けない怪力を持つヒーロー、シャザム(ザッカリー・リーヴァイ)となった悪ガキのバットソン(アッシャー・エンジェル)が、最凶激ヤバの敵とバトルを繰り広げる。日本語吹き替え版監修と演出を『銀魂』『今日から俺は!!』で知られる福田雄一監督が手掛けた。盟友・福田監督による演出に菅田は「福田さんのワードセンスとギャグが本国版よりもわかりやすくなって笑えるし、感動もできる。そこが吹替版のいい点」と胸を張っていた。  DC映画『シャザム!』は4月19日より全国公開。

  • 佐藤健

    佐藤健の主演作が1位! 「好きな平成仮面ライダー」ランキング

    エンタメ

     平成も残り1ヵ月を切ったが、「あなたが好きな『平成仮面ライダー』ランキング」において、『仮面ライダー電王』が1位に輝いた。2位には『仮面ライダークウガ』、3位には『仮面ライダーアギト』が続いている。@@cutter 今回の結果は、ランキングサイト「ランキングー」が、「あなたが好きな『平成仮面ライダー』」というテーマのもと、10代~60代の男女8048人に対して実施した調査に基づくもの。  見事1位に選ばれた作品は、佐藤健が主演を務める『仮面ライダー電王』。佐藤が映画『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』に出演したことでも話題になった本作。豪華な声優陣がイマジン(怪人の総称)を演じたことにより、女性からの支持も圧倒的に多く、関連商品や映像作品も数多く作られている。  第2位はオダギリジョー主演の平成ライダー第1作『仮面ライダークウガ』。約10年の休止期間を経てテレビシリーズが制作された背景もあり、子どもだけでなく特撮好きの大人も魅了した。男性からの支持が最も高かった作品だ。  第3位は、賀集利樹、要潤らがライダーを演じた平成ライダー2作目の『仮面ライダーアギト』。「すでに仮面ライダーである男」であるアギト、「仮面ライダーになろうとする男」G3、「仮面ライダーになってしまった男」ギルス、3人の仮面ライダーの群像劇。G3役の要潤の初々しい熱演も見どころだ。  第4位には平成ライダー第3作目、『仮面ライダー龍騎』。「戦わなければ生き残れない!」という、ライダー同士の戦いを描いた作品。第5位には水嶋ヒロ主演の『仮面ライダーカブト』、第6位はアニメ『新世紀ヱヴァンゲリオン』の監督である庵野秀明も大ファンだという『仮面ライダー555』。  第7位は福士蒼汰主演の『仮面ライダーフォーゼ』、第8位は菅田将暉と桐山漣がダブル主演を務めた『仮面ライダーW』、第9位は竹内涼真主演の『仮面ライダードライブ』、第10位は初変身時の見た目が「2頭身」と衝撃的だった『仮面ライダーエグゼイド』がランクインしている。

  • (左から)花王「アタックZERO 新CM発表会」に登場した松坂桃李、菅田将暉

    菅田将暉の自室は物置状態!? 間宮祥太朗「真冬に浮き輪があった」と暴露

    エンタメ

     俳優の松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人、間宮祥太朗、杉野遥亮が1日、都内で開催された「アタックZERO 新CM発表会」に登壇。松坂や菅田らが、この春始めたいことを明かした。@@cutter 新洗濯用洗剤・ゼロ洗浄の「アタック ZERO」のCMキャラクターを務めることになった5人。全4篇にわたる新CMでは、洗濯好きな社会人サークル“#洗濯愛してる会”を発足し、5人が戯れながら洗濯をする姿が描かれる。  ドラマや映画などで共演経験のある5人は、気心知れている様子。全員と共演経験がある松坂は、今回のCMメンバーを聞いたとき「すごくうれしかった。早くやってみたかった」と明かし、菅田も「笑っちゃった。普通に楽しそうだなと思った」とニッコリ。  松坂はCMでリーダー役を演じたが、「個性豊かな皆さんが集まって、若干圧が強いかなと思って。まとめられたのかなと一抹の不安がありました」と苦笑いし、菅田も「まとめる気のないみんなだったので(笑)」としみじみ。それに対して、賀来が「まとまる気がないわけじゃない」と返すと、すかさず間宮が「まとまる気ないでしょ!?」と突っ込んだり、菅田が「一番ない人がよく言うな!」と続けたりするなど、息の合ったトークを繰り広げた。  イベントでは、この春“ZERO”から始めたいことを発表。菅田は「インテリア」と挙げ、「部屋におざなり感があって」と理由を説明。菅田の部屋を訪れたことがあるという間宮が「真冬に浮き輪があった」と明かすなど物置になっているそうで、菅田は「整理したい。DIYとかオーダーメイドとかもやってみたいですね」と宣言した。  一方、松坂が始めたいことは「体力作り」。手書きのフィリップを掲げた際、菅田に「体力なさそうな字ですね」と突っ込まれ苦笑いしながらも、「この前舞台をしたとき、セリフや立ち回りのときに体力がなくて、袖で死にそうになってた。自分が情けないので、ゼロから筋トレを始めたい」と決意を明かした。  また、杉野は「親との関係性」といい、「業務連絡しかしてなくて、ありがとうとか言えてない。これからはやりたい」と意気込みを。間宮は趣味でやっているバレーで、「レフト」のポジションに挑むこと、賀来は家族で「キャンプ」をすると明かしていた。  「アタックZERO」新CM全4篇は1日より順次全国で放送。

  • 菅田将暉、広瀬アリス、武井咲、剛力彩芽・・・『大切なことはすべて君が教えてくれた』の同級生がすごい!

    菅田将暉、中島健人、広瀬アリスが同級生…主演クラスが勢ぞろいした学園ドラマとは?

    エンタメ

     2019年1月期ドラマの中でもとりわけ注目を集めた『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)。生徒役の中からは、今田美桜や森七菜といった今後の活躍が期待される俳優が一躍ブレイクを果たした。そんな本作で念願の教師役に初挑戦した菅田将暉が、生徒役で出演していたドラマをご存じだろうか? 実はそのドラマで菅田の同級生役を務めた俳優陣が、今や堂々たる主演クラスぞろいなのだ。@@cutter その作品とは、2011年1月期に放送された月9ドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』(フジテレビ系)。同じ私立高校で教鞭をとる教師の夏実(戸田恵梨香)と修二(三浦春馬)は結婚を控えたカップル。しかし修二がある生徒と“過ち”を犯したことから、夏実と修二は苦悩を抱えながらも新たな関係を模索していく…。  本作で三浦春馬演じる修二と一夜を共にする女子生徒のひかりを演じたのは、800名にも及ぶオーディションから選ばれた武井咲。まだ10代だった彼女は本作で、複雑な家庭環境で育った女子生徒を好演。このドラマでの演技をきっかけに2012年には映画『愛と誠』で妻夫木聡とダブル主演を果たし、さらに『るろうに剣心』ではヒロイン役に抜てき。スター女優への階段を見事に駆け上がっていく。  またクラスの中心的存在の女子生徒・涼子役は、2018年に『探偵が早すぎる』で滝藤賢一とダブル主演を務めた広瀬アリスが演じた。広瀬は、4月スタートのドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)で、本作以来8年ぶりとなる月9出演を果たす。  ほかにも、ひかりの親友・望未役には剛力彩芽が出演。剛力は2年後の2013年1月期の月9『ビブリア古書堂の事件手帖』で早くも主演を務めた。さらにクラスで人気の美少女・優奈役には『きみが心に棲みついた』での熱演が光った石橋杏奈、そして今年『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』で主演を飾った石橋菜津美が学級委員的存在の真面目な女子生徒・万里を演じた。さらに『ひよっこ』や『獣になれない私たち』などで名バイプレイヤーぶりを発揮している伊藤沙莉や、映画『この世界の片隅に』ののんも女子生徒役で出演している。@@separator 一方、男子生徒役の方でもブレイク前の人気俳優が多数登場。『3年A組』で主演を務めた菅田は、本作で男子バスケットボール部に所属する直輝役で出演。戸田恵梨香扮する夏実を慕い、癒しを与えていくという重要なキャラクターを見事に体現した。  さらに引っ込み思案な時刻表オタクの賢太郎を、『ニセコイ』『砂の器』のSexy Zone(出演当時はB.I.Shadow)中島健人が演じ、『ゆうべはお楽しみでしたね』で本田翼とダブル主演を務めた岡山天音も生徒役で登場している。  今や押しも押されもせぬ人気俳優に成長したスターたちが、ブレイク前に生徒役として出演していた『大切なことはすべて君が教えてくれた』。本作に限らず“学園ドラマの生徒役には出世魚が多い”と言われているので、過去の学園ドラマの名作を見返してみてはいかがだろうか?(文:スズキヒロシ)

  • 映画『シャザム!』日本語吹き替え版キャスト

    『シャザム!』子安武人&杉田智和&平野綾ら豪華声優陣発表 吹き替え予告解禁

    映画

     俳優の菅田将暉が主人公の声優を務めるDC映画最新作『シャザム!』より、新たに子安武人、杉田智和、緒方恵美、阪口大助、平野綾の豪華声優陣の参加が発表された。併せて佐藤二朗がナレーションを務める30秒吹き替え版予告と15秒CMも解禁された。@@cutter 主人公ビリー・バッドソン(アッシャー・エンジェル)はある日、謎の魔術師からスーパーパワーをゲットし、見た目は筋肉ムキムキのおじさん、中身は子どものままのシャザム(ザッカリー・リーヴァイ)に変身。悪ガキ仲間のフレディ(ジャック・ディラン・グレイザー)と一緒に、スーパーパワーを無駄遣いしまくる。そんなビリーの前に、謎の科学者Dr.シヴァナが現れ魔法の力が狙われることに。さらに、“7つの大罪”と称するクリーチャーたちが召喚され、相棒のフレディもさらわれてしまう。  本作では、映画監督の福田雄一が日本語吹き替え監修と演出を担当。すでに菅田が主人公シャザムの声を務めること、福田組常連の佐藤も参加することが発表されている。福田監督は映画の鑑賞後に日本語吹き替え版のキャストを考え始め、メインキャストを誰にするか悩みつつも「割と直感で決めた」と明かしている。  シャザムたちに立ちはだかる最強の敵、Dr.シヴァナ役には、アニメ『ジョジョの奇妙な冒険』でDIOの声を担当した子安、少年ビリーにシャザムの力を与える魔術師シャザム役を、アニメ版『銀魂』の坂田銀時役で知られる杉田が務める。  主人公ビリーの声を担当するのは、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の碇シンジの声で知られる緒方。アニメ『機動戦士Vガンダム』のウッソ・エヴィンの声を担当した阪口は、ビリーの相棒フレディ役に。阪口はアニメ版『銀魂』で志村新八役を務めており、同役を福田監督による実写映画で演じた菅田と、今回声で共演する。そして、ビリーとフレディに関わっていくメアリー役を、アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』で涼宮ハルヒを担当した平野が務める。  公開された2種類の映像は、佐藤の個性的な語り口が笑いを誘うものとなっており、菅田演じるシャザムの声も初披露されている。  映画『シャザム!』は4月19日より全国公開。

  • 映画『シャザム!』“爆笑”緊急会見風!? イベントにて

    『シャザム!』菅田将暉が主人公・シャザムの吹き替えに決定

    映画

     俳優の菅田将暉が、DC映画最新作『シャザム!』で主人公・シャザムの吹き替えを担当することが決定。26日に都内で行われたイベントで発表された。@@cutter 本作の日本語吹き替え監修と演出を担当するのは、アメコミファンとして知られる映画監督の福田雄一。イベントには福田監督と、本作で声優を務める俳優の佐藤二朗が登壇した。福田監督が、菅田を起用した理由のほか、佐藤が担当する役について「めっちゃチョイ役なんですけど、絶対に二朗さんにやってほしい役なんですよ」と語ると佐藤が「僕にお願いしたい理由がわかる」と応じるなど、さまざまなトークを繰り広げた。  イベントでは、菅田のビデオメッセージも流された。菅田は「『なんかえらいドでかい仕事来たな!』という事ですごいびっくりしました。自分がヒーローの声を出来るんだ、というのはすごい高揚しました」とオファーを受けた時の心境をコメント。  そして、アフレコを振り返り「本当に贅沢でしたね。楽しかったです。やっぱり、ヒーローは気持ちいいですね。映像の規模感もなんですけど、手からビーム出たりして。内容的にもすごく少年の日常感がある中でのヒーローだから、現実味もあって、ワクワクしながらずっとやっていました。そして福田さんの趣味がバリバリに出てる声優陣が本当に豪華で非常に楽しい収録でした」と充実感をにじませた。  福田監督は、菅田を起用した理由について「菅田くんと付き合ってきた中で、シャザムと菅田くんのイメージがあまりにも近いんですよ。普段の菅田くん、こんな感じっていう」と明かし、「僕の思っていた通り。アフレコを始めてからも『完全に菅田くんだった』というくらい、本当に素に近い感じでやってもらったらガチハマりだった」とその出来映えに太鼓判を押していた。  映画『シャザム!』は4月19日より全国公開。

  • 綾野剛、菅田将暉とのツーショットを披露

    綾野剛、菅田将暉との6年ぶり“オフツーショット”披露に反響殺到

    エンタメ

     俳優の綾野剛が22日、自身のインスタグラムに俳優の菅田将暉との2ショットを公開。映画での共演以来約6年ぶりだというオフツーショットに、ファンからは「素敵すぎる」「神々しい」「2人の共演、また見たい」などのコメントが殺到した。@@cutter 「でいと。」というコメントと共に、綾野は菅田とのツーショット写真を投稿。ハッシュタグで「#オフツーショット6年ぶりだってよ #そこのみにて光輝く以来だってよ」と明かしている。2014年公開の映画『そこのみにて光り輝く』で、綾野は、爆破事故のトラウマを抱えながら無為な時間を送る主人公・達夫を演じ、菅田はそんな達夫を慕う日雇い労働者の拓児を演じていた。  菅田は今月10日に最終回を迎えたドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)に主演し、担任の柊一颯役を熱演していたが、綾野はハッシュタグに「#先生お疲れ様」とつづり、ねぎらいの言葉をかけている。  2人のツーショットに、ファンからは「菅田くんとのツーショット素敵すぎる」「うぅぅぅぅ 素敵です」「かっこよすぎる2人」などのコメントが殺到。さらに映画を観たファンからは「達夫と拓児!」「あの映画大好きです泣きました!」「2人の共演、また見たいです」などの投稿も多数寄せられていた。 引用:https://www.instagram.com/go_ayano_official/

  • (左から)ムロツヨシ、新垣結衣

    新垣結衣、ムロツヨシが1位! 「2人きりでデート飲みしたい有名人」

    エンタメ

     女優の新垣結衣、俳優のムロツヨシが「2人きりでデート飲みしたい有名人ランキング」の1位に選ばれた。男性部門の2位には菅田将暉、女性部門の2位には日本テレビアナウンサーの水卜麻美が続いている。@@cutter 今回の結果は、株式会社リクルートライフスタイルが企画編集するクーポンマガジン『HOT PEPPER』が2019年1月30日と31日の2日間、「飲みたい有名人ランキング 2019」をインターネットリサーチにより実施し、全国20~30代男女の2027人の回答を集計した結果に基づくもの。  「2人キリでデート飲みしたい有名人」の女性部門1位を獲得したのは新垣。昨年末のドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)ではアラサーOLを演じ、仕事終わりに行きつけのクラフトビールバーで披露する飲みっぷりもかわいらしかった。2位には元気で明るいイメージが強いアナウンサー・水卜、3位には数々のバラエティー番組で活躍する小島瑠璃子が続く。4位には同性からの支持も厚いフリーアナウンサーの田中みな実、5位にはドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)で崖っぷち女子を熱演した深田恭子が選ばれる結果となっている。  一方の男性部門1位はドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)で繊細な演技を見せたムロツヨシとなった。2位は、1月クールのドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)で見せるその壮絶な演技が毎週のように話題になった菅田、同率の3位には松坂桃李、中村倫也がランクインしている。続く同率5位には大泉洋、竹内涼真と、爽やかで優しいイメージのある俳優が名を連ねた。

  • 高校生が選んだ「制服が似合う男性有名人」にランクインした(左から)菅田将暉、山崎賢人

    菅田将暉、山崎賢人がランクイン! 高校生が選ぶ「制服が似合う男性有名人」

    エンタメ

     俳優の菅田将暉が、高校生が選ぶ「制服が似合う男性有名人」の1位に輝いた。2位には山崎賢人、3位にはKing & Prince平野紫耀、伊藤健太郎が選ばれている。また、男子高校生が選ぶ同ランキングでは菅田、女子高校生では山崎がトップとなった。@@cutter 今回の結果は、「株式会社トンボ」が2019年1月17日~1月21日の期間、インターネット調査を実施、15歳以上の高校生500名の有効回答を集計したもの。  全国の高校生に「制服が似合う男性有名人」を聞いたところ、人気俳優・菅田、山崎が3年連続でTOP3入りを果たした。3位には高校生に人気の映画『ういらぶ。』に出演する平野と伊藤が同率でランクイン。  続く5位は竹内涼真、6位は中川大志、7位は片寄涼太、岡田健史、9位は福士蒼汰、10位は千葉雄大が食い込んだ。本結果では、昨年度1位だった福士が9位となり、学園を舞台にした作品に出演する新たな顔ぶれが続々名を連ねた。  また男女別での集計では、男子高校生の選んだ1位が菅田、2位に竹内、3位に福士。そして女子高校生では、1位に山崎が選ばれ、2位にやはり平野、伊藤が並んだ。

  • 菅田将暉

    『3年A組』社会現象的ヒットへ導いた3つの理由

    エンタメ

     最終回の平均視聴率が番組最高となる15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)。俳優陣のエモーショナルな演技と巧みなシナリオが話題となり、初回から高視聴率をキープした本作。このドラマが社会現象ともいえる大ヒットを記録した要因を3つのキーワードから分析したい。@@cutter■若手実力派オールキャストが集結  本作が放送前から高い関心を寄せられていたのは、間違いなく若手実力派俳優が大挙出演するという“オールスターキャスト”に由来するだろう。主演の菅田将暉がゴールデン・プライム帯の連続ドラマで初の単独主演を務めたのをはじめ、永野芽郁が朝の連続テレビ小説『半分、青い。』終了から半年も空けずにヒロイン役に抜てきされたのも話題となった。さらに生徒役には川栄李奈、今田美桜、福原遥、堀田真由、片寄涼太らを招集。さらに放送中には富田望生や森七菜といったネクストブレイク女優にも脚光が当たり、視聴者がスター誕生の醍醐味(だいごみ)を味わったことも見逃せない。 ■武藤将吾による巧みな脚本、名ゼリフの数々  豪華なキャスティングによって集まったドラマへの注目を、継続的な高視聴率へ結びつけたのは武藤将吾による“見事な脚本”だ。武藤は、2013年の櫻井翔主演ドラマ『家族ゲーム』のシナリオを担当し、2017年には『仮面ライダービルド』も手がけた人気脚本家。武藤は『3年A組』のエピソード全10話を事件発生から終結までの10日間として構成し、ストーリーが進行するごとに新たな謎が提示される、巧みなストーリーテリングで視聴者の興味を高め続けた。  また主人公・柊一颯(菅田)が各エピソードで生徒たちにおくった名言の数々も見る者にインパクトを与え、最終回では動画の生配信というシチュエーションを使って視聴者に直接「もっと人に優しくなろうぜ! もっと自分を大事にしようぜ!」と語りかけるなど野心的な表現にも挑戦。武藤によるシナリオが、ドラマの大ヒットに寄与したことは否定しようがない。 ■SNSを最大限に活用、作品のテーマにも  本作を語る上で“SNSの活用”にも触れないわけにはいかない。ドラマの公式ツイッターアカウントのフォロワーは28万3000人(3月12日時点)を超え、日本テレビのプライム帯のドラマで歴代1位のフォロワー数を記録。さらにフォロワー数48万人を突破した公式インスタグラムでは、撮影中のオフショットを随時投稿して注目を集めた。また劇中には「マインドボイス」と呼ばれる架空のSNSも登場。その中で現実のSNSの問題点を描いたり、菅田の過去作を連想させる小ネタを盛り込んだりとさまざまな仕掛けも施された。  オールスターキャストの熱演と脚本がかみ合い、SNSでその拡散力を発揮した『3年A組』。2019年は始まったばかりだが、この作品が今年を代表するドラマになったことは間違いない。(文:スズキヒロシ)

  • ※『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』インスタグラム

    『3年A組』最終回 菅田将暉、最後の授業の“真相”に反響が殺到(ネタバレあり)

    エンタメ

     俳優の菅田将暉が主演を務めるドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)の最終回が10日に放送され、柊(菅田)が生徒を人質に取り事件を起こした動機を語るシーンに視聴者からは「柊先生に激しく同意」「本当に今、考える時だよ」「学校の授業で見た方がいい」など共感のツイートが殺到した。@@cutter※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。  柊一颯(菅田)が郡司(椎名桔平)を人質に取り、マシンガンを突き付けて校舎の屋上に現れた。世間の人々はこの柊の凶行に注目する。そして柊が“明日の8時に…”と語った瞬間、彼の胸に銃弾が突き刺さる…。  冒頭、警察による発砲で胸を打たれた柊はその場に倒れこんでしまう。これを機に警察の特殊部隊SITが突入しようとするが校舎の入り口が爆発。辺りが騒然とする中、柊はその場に立ち上がり「残念でしたねぇ」と防弾チョッキを着ていたことを明かす。このシーンにSNS上には「不死身だ…」「生きてた!」などの反響が。  起き上がった柊は、改めて明日の朝8時にSNSのライブ中継ですべての真相を話すと予告。そして翌朝。柊は屋上に上がりカメラとパソコンを前に「すべてを打ち明けます」と宣言する。  柊は、景山澪奈(上白石萌歌)が命を落とした当日の映像は彼自身が作った“フェイク動画”であることを告白。すると柊はSNSユーザーから罵詈雑言を浴びる。この状況に柊は「混乱しているねぇ! なのにけなすことは忘れない。コレだよコレ! コレが俺が立てこもった最大の理由だよ!」と言い放つ。続けて彼はSNSユーザーによる根拠なき憶測や誹謗(ひぼう)中傷が景山を追い詰め自殺へと導いたことを主張。「俺はそんなお前らの愚かな行動をあぶり出すために、この事件を引き起こしたんだよ!」とSNSユーザーに突きつける。  柊の行動がSNSによる暴力を告発するためだったと明かされると、ネット上には「本当に今の日本って感じ」「柊先生に激しく同意」「本当に今、考える時だよ」「学校の授業で見た方がいい」などの声が殺到した。  放送終了後も本作のメッセージに共感した視聴者から「すっごい現代向けのドラマだった」「柊先生の言葉、届くべき人に届いて欲しいな」などのツイートが多数寄せられた。

  • ヒロイン・茅野さくらを演じる永野芽郁

    『3年A組』最終回 永野芽郁ら生徒、菅田将暉を救う姿にネット涙(ネタバレあり)

    エンタメ

     俳優の菅田将暉が主演を務めるドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)の最終回が10日に放送され、校舎の屋上から飛び降りた柊(菅田)を茅野さくら(永野芽郁)と甲斐隼人(片寄涼太)が助けるシーンに対してネット上には「涙した」と感動の声が寄せられた。@@cutter※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。  柊一颯(菅田)が郡司(椎名桔平)を人質に取り、マシンガンを突き付けて校舎の屋上に現れた。そして柊が“明日の8時に…”と語った瞬間、彼の胸に銃弾が突き刺さる。一方、教室ではさくらがクラスメートに対して、景山澪奈(上白石萌歌)に関する“ある事実”を打ち明けようとしていた…。  柊は胸を打たれたものの、防弾チョッキを着ていたことによって一命を取り留める。一方、3年A組の教室では、さくらがクラスメートに対して「澪奈が自殺した日、会っていたのは私なの」と打ち明ける。続けて、澪奈がさくらの目の前でビルから飛び降りたこと、さらに、さくらは澪奈の腕をつかんだが、その手を離してしまったことを説明する。  一夜明けて柊は、学校の屋上からSNS「マインドボイス」のライブ中継で事件の動機を告白。彼はSNSユーザーによる根拠なき憶測や誹謗(ひぼう)中傷が景山を追い詰め自殺へと追い込んだことを主張し、彼の行動のすべてはSNSによる暴力を告発するためだったと明かす。すべてを話した彼は、屋上へ駆けつけたさくらの目の前で身を投げようとするが、さくらは澪奈のときと同じように柊の腕を取る。  柊は「茅野、その手を離せ」とつぶやくが、彼女は涙ながらに「離しません!」と絶叫。「お願いだから生きてください」と精一杯の声を絞り出す。しかし、さくらの力が持たず、柊の腕から手が離れようとした瞬間、屋上に駆けつけた甲斐が柊の腕を取り「死なせてたまるかよぉ!」と一言。そこへ続々と生徒が駆けつけて全員で柊を救出する。このシーンに視聴者からは「泣くわ、こんなん…」「めっちゃ感動」「これは名シーン」などのツイートが殺到した。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access