大堀こういち 関連記事

  • 『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』ポスタービジュアル

    大原櫻子主演『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』、矢本悠馬ら追加キャスト発表

    エンタメ

     女優・歌手の大原櫻子主演で7月にスタートするドラマ『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』(テレビ東京/毎週水曜25時35分)の追加キャストとして、俳優の矢本悠馬、俳優で演出家の大堀こういち、台湾の女優・ヤオアイニンの出演が決まった。@@cutter 本作は、水に濡れるとタイムリープできるという特殊な能力を持つ主人公が、その能力を生かし「びしょ濡れ探偵」として毎話事件を解決へと導く異色の探偵ドラマ。大原はドラマ初主演、テレビ東京のドラマ初出演となるほか、初めてのドラマ主題歌も担当する。  実家であるラブホテル内で兄が営む探偵事務所の手伝いをする女子大生・羽衣は、またの名を「びしょ濡れ探偵」。誰かの手によりびしょ濡れになることで過去へ、そして自らびしょ濡れになることで現在へ、タイムリープできる不思議な能力を持っている。事件の真相を突き止めるため、水をかけられタイムリープする羽衣。過去で真実を目撃した羽衣は、びしょ濡れのままこう告げる。「水を差すようですが、彼は犯人ではありません! とんだ濡れ衣です!」。  矢本は水野探偵社を営む羽衣の兄・水野淳之介役。「淳之介は、他のレギュラーキャラやゲストキャラに比べて圧倒的にアホ。リアルバカ。なので、台詞や感情を真面目に捉えて素直に放出しています。そして探偵でもありますから、これまでの探偵像に無いものにしたい欲求と、逆に今まで観てきた探偵感を+(プラス)したり-(マイナス)したり×(かけ)たり÷(割った)り、悩みながら楽しんでいます」と話す。  大堀はラブホテルを経営する羽衣の父・水野進吾役。「役作りという作業は一切してないです」とした上、「水野進吾は可笑しな言動は多いですが、とにかく、純粋に一生懸命生きている、と思いました。そこを表現できればいいなと思いながら演じさせていただきました」とコメント。  ヤオは羽衣の大学の友人の台湾人留学生・ヤン役を演じる。「初めての日本のドラマの出演で、ちょっと面白くて変な日本語を話すのですが、とっても楽しい撮影でした」としている。  併せて公開されたポスタービジュアルでは、主人公・羽衣(大原)がバスタブに漬かり、ドラマの見どころであるびしょぬれシーンを表現。手に持つ時計がタイムリープの力を感じさせる構図となっている。  また、本作はテレビ東京版と動画配信サービスParavi版で異なったエンディングになることも発表された。各話で起こる二つの事件(問題)の発生まではテレビ東京版とParavi版の両方で放送・配信。その後、テレビ東京版では一つ目の事件を、Paravi版では二つ目の事件を解決する。どちらか片方だけでも十分楽しめるが、両方観るとすべての事件の真相を知ることができるという構成になっている。  ドラマ『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』は、テレビ東京にて7月より毎週水曜25時35分放送。

  • 舞台『ぶっせん』での見どころは仏教ミュージカル!

    吉沢亮、桐山漣らイケメン俳優が挑む舞台『ぶっせん』は“仏教ミュージカル”

    エンタメ

     舞台『ぶっせん』の舞台公演初日囲み取材が6日に行われ、吉沢亮と桐山漣、Leadの鍵本輝ら出演者が出席した。@@cutter 本作は、若手イケメンたちが坊主姿でコメディを演じて話題となったドラマ『ぶっせん』の舞台版。ドラマ版のキャスト陣が総出演するほか、舞台版では土屋シオンら新たなキャストも登場する。  主人公の田村正助を演じる吉沢は、舞台の見どころを「クライマックスで、坊主頭で歌って踊る8分間の仏教ミュージカル」と説明。桐山も「お芝居だけでなく、歌やダンスをみんな一生懸命やっている姿が、見ている人に響くといいなと思いながらやっています。盛りだくさんな舞台」と話すように、ミュージカルテイストもふんだんに取り入れたドラマ以上に楽しめる作品となっている。  舞台のために、般若心経も全員が覚えたという出演者たち。ドラマでは山寺での撮影も経験したりとすっかり“仏教づいている”ことから「霊体験はなにかしたか?」という質問があがると、桐山は「メイクさんがカツラをつけるための小屋の前でタバコを吸っている時に、女の人がガケに落ちていった姿を見た」と衝撃のエピソードを披露。とはいえ、出演者たちは「そうなんだ~!?」とのんきな返事をするばかりで、桐山は「この中に霊感が強い人はいないんで、その辺は(みんな)鈍感」と話して会場を笑わせた。  また、この日、ドラマ主題歌だった「ぶっせんサンバ」、そして舞台劇中歌「はらがへった」「ディスカウント、プリーズ! 」で、ドラマと舞台から派生したスピンオフユニット「極楽ボーイズ」もデビュー。メンバーの一人である吉沢は、「歌がうまい、美声」と出演者たちから褒められ、「今日から僕ら、アーティストですから! 頑張ります!! 」と歌手活動にも意欲を見せた。そして、「終わった後に心の中に何か残る作品になっていると思います」と舞台についてもアピールした。  この日の会見には、平間壮一、佐々木喜英、諏訪雅、中別府葵、森康、大堀こういち、袴田吉彦も出席した。  舞台『ぶっせん』は11月6日~11月17日に赤坂ACTシアター(全15公演)、12月6日に梅田芸術劇場メインホール(全2公演)で上演。

  • TBSドラマ&舞台『ぶっせん』記者会見で“坊主姿”を披露!

    吉沢亮、桐山漣らが『ぶっせん』会見で坊主頭を初披露!「全て捨てて全力で挑む」

    エンタメ

     TBSドラマ&舞台『ぶっせん』記者会見が8日、東京都・増上寺 総本山で行われ、主演の吉沢亮、桐山漣、Leadの鍵本輝、平間壮一、佐々木喜英らが出席し、成功を祈願した。@@cutter 今作がドラマ、舞台ともに初主演となる吉沢は、「嬉しい気持ちももちろんありましたけど、不安も大きかったですね。自分にそんな器があるんだろうかと…」とプレッシャーを感じて撮影に入ったという。しかし、「山梨の山奥に泊まり込みでほとんど合宿生活みたいな撮影。速い段階で、共演者の方ともスタッフの方とも仲良くさせていただいてます」と話し、順調な撮影を重ねている様子だ。  さらに吉沢は、撮影中の苦労を聞かれると、「虫が凄いんですよ。虫が大嫌いなんで、虫がいると撮影どころじゃなくなる」と苦笑。桐山から「女の子よりも騒いでいる」と突っ込まれる場面もあった。  イケメン若手俳優たちが、ドラマの役柄の衣装で、そして坊主頭で居並んだこの日の会見。メディアの前に初めての坊主頭をさらした出演者の面々はまさに壮観。桐山は、「今までイケメンを求められることが多かったんですけど、坊主とともに全て捨てて、全力でコメディに挑んでます」と語る。  また、ドラマと舞台を同じ出演者が行うという試みは、なかなか見られない貴重な機会だけに、吉沢が「僕たちが本気でアホやってる姿を見てもらいたいと思います」と話すように、高い意気込みを持って臨んでいることがうかがえた。  さらにこの日、今作から誕生したスピン・オフユニット「極楽ボーイズ」が結成されることが発表された。「極楽ボーイズ」は、諏訪雅、中別府葵、吉沢、本間壮一、森康の5人のユニットで、今作の主題歌である「ぶっせんサンバ」を担当する。  本作は、仏教専門学校、通称“ぶっせん”を舞台にした奇想天外で抱腹絶倒の青春学園ライフドラマ。貧乏寺再建資金を集めるために開校されたぼったくり学校に入学した、強烈な個性を持つ男子が、学校生活に修行に奮闘する。原作は、三宅乱丈の同名漫画。  ドラマ『ぶっせん』は、TBS系にて7月16より毎週火曜深夜26時29分放送。舞台は、11月6日(水)から17日(日)まで赤坂ACTシアターで全15公演予定。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access