イ・ソンギュン 関連記事

  • 映画『PARASITE(英題)』場面写真

    ポン・ジュノ監督最新作、韓国映画初パルムドール受賞

    映画

     ポン・ジュノ監督の最新作『PARASITE(英題)』が、第72回カンヌ国際映画祭で審査員の満場一致により、韓国映画初となる最高賞パルムドールを受賞した。@@cutter 本作は、『殺人の追憶』『母なる証明』『グエムル ‐漢江の怪物‐』などを手掛け、鋭い視点で社会を切り取り、ときに独自のユーモアを交えながら人間の内面をあぶり出してきたポン監督の最新作。物語は、全員失業中の一家の長男が家族の期待を一身に背負い、IT企業を経営する裕福な一家で家庭教師の面接を受けるところから始まる。この相反する2つの家族の出会いは、想像を超える悲喜劇へと加速していく。  主演を務めるのは名優ソン・ガンホ。同監督とは『スノーピアサー』『グエムル ‐漢江の怪物‐』『殺人の追憶』に続く4度目のタッグとなる。共演には『最後まで行く』『ソニはご機嫌ななめ』のイ・ソンギュン、『後宮の秘密』のチョ・ヨジョン、『オクジャ/okja』『新感染 ファイナル・エクスプレス』のチェ・ウシクら実力派の面々が脇を固める。  受賞にあたりポン監督は「本当に光栄です。私はフランス映画から多くの影響を受けて来ました。特に2人の監督、アンリ=ジョルジュ・クルーゾーとクロード・シャブロルに感謝したいと思います。この作品はとても特別な冒険でした。全てのアーティストに感謝したいと思います。そして何よりもこの作品は素晴らしい俳優がいなかったら取れなかったと思います。彼らに感謝します。私は映画が本当に好きで、12歳の頃から映画狂の青年でした。そしてまさか監督になるなんて…! 本当に何にせよ、今夜この手で、私にとって大きな賞を頂けるなんて思っていませんでした」とコメント。  『レヴェナント:蘇えりし者』の監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ審査員長は、授賞理由について、「この映画で、私たちは予想のつかない展開を体験しました。『PARASITE(英題)』は、ユーモラスで優しく、何かを決めつけることなく現実の問題に直結していました。ローカルな映画でありながら、非常に国際的であり、“映画とは何か”という本質の理解によって、素晴らしく効果的に生み出されていました。私たちは観た瞬間からこの映画に魅了され、観た後も自分たちの中でどんどんと育っていきました。これが、私たちが満場一致でこの映画を選んだ理由です」と話した。  映画『PARASITE(英題)』は日本でも公開予定。

  • 韓国版「火車」2月6日(水)DVDリリース

    韓国版映画「火車」に宮部みゆきがコメント&日本版予告編が解禁

    映画

     ベストセラー作家・宮部みゆきの代表作で、韓国で映画化された「火車」のDVDがここ日本で、2月6日から発売される。@@cutter 「火車」は、1992年に発行された大ベストセラー小説。社会問題としての消費者金融のありかたをテーマに、サラリーマン金融やカード破産などの借財に翻弄される女性の生き様を、彼女を追いつめる刑事の視点から描き、第6回山本周五郎賞を受賞した。2008年には「このミステリーがすごい!」ベスト・オブ・ベスト第1位に輝き、創設から20年間の1位を獲得している。  日本では、三田村邦彦と財前直見が主演し、1994年に「火車 カード破産の女!」としてテレビドラマ化。また、2011年には、上川隆也と佐々木希が主演して「宮部みゆき原作 ドラマスペシャル『火車』」として再び映像化されて話題となった。  今作は、韓国を代表するキャスト陣を迎えて韓国で映画化されたもので、公開時には2週連続1位を獲得、210万人以上を動員するほどの大ヒットを記録した。  内容は原作とは若干異なり、ヒロインの婚約者を主人公として、彼がヒロインの行方を追い続けるストーリーとなっている。結末が原作とは別ものとなっているので、原作を読んだ人も、テレビドラマを見た人も楽しめるだろう。  ヒロインの婚約者・ムンホには、「パスタ~恋が出来るまで~」や「コーヒープリンス1号店」のイ・ソンギュン、ヒロインのソニョンには「恋愛結婚」のキム・ミニが抜擢され、それぞれ熱のこもった演技を見せている。また、真相に迫る刑事チョ・ソンハ役は「悲しき獣」のチョ・ヨンハが演じている。  宮部みゆきは、斬新な解釈ながら原作の世界観を再現した今作に感激し、「ただの映像化ではありません。まったく新しい視点から『火車』という映画を創造したこの傑作が生む感動を、一人でも多くの方と分かち合いたい」とコメントを寄せている。原作者からもお墨付きがついた映画化だけに期待が高まる。  「火車」は2月6日よりセルDVD発売&レンタル開始

  • 韓国映画セレクション 2013春

    「僕の妻のすべて」「恋は命がけ」「ヨンガン」、大ヒット韓流映画が一挙公開

    映画

     2011年~2012年に韓国で公開された選りすぐりの大ヒット作品を一挙に上映する「韓国映画セレクション2013春」が3月2日から開催される。「僕の妻のすべて」「恋は命がけ」「ヨンガン 変種増殖」の3作品が上映される。@@cutter 「僕の妻のすべて」は、ドラマ「パスタ~恋が出来るまで~」のイ・ソンギュンと「あなたの初恋探します」のイム・スギュンが大恋愛の末に結婚したものの、いつしかぶつかり合うようになってしまった夫婦を演じる。監督は「アンティーク~西洋骨董洋菓子店~」のミン・ギュドン。  滞在していた名古屋で出会い、電撃的に恋に落ちたドゥヒョン(イ・ソンギュン)とジョンイン(イム・スジョン)だが、結婚後7年経った頃にはドゥヒョンは離婚したいと願うようになっていた。そんなある日、あらゆる女性を惹きつけてしまうという“伝説のカサノバ”と呼ばれるソンギ(リュ・スンリョン)と出会ったドゥヒョンは、ジョンインを誘惑して欲しいと頼む。  「完璧な離婚は可能か?」という斬新なテーマと夫婦の本音が詰まった会話が話題を呼び、韓国では2012年上半期の動員ナンバー1を記録。同作の演技で、イム・スンジョンは青龍賞の主演女優賞、リュ・スンリョンは同助演男優賞にも輝いている。  「恋は命がけ」は、「私の頭の中の消しゴム」で多くの日本のファンを虜にしたソン・イェジンが主演するホラーテイストのラブコメディだ。  ストリートでマジックを披露して暮らしていたマジシャンのジョグ(イ・ミンギ)は、観客の中に不気味な雰囲気を持つヨリ(ソン・イェジン)を見つける。彼女にインスピレーションを受けてホラー・マジックショーを行ったところ、ジョグは大成功をおさめた。一緒に仕事をするようになったジョグとヨリだが、1年経ってもヨリは仲間たちに心を開かず、正体は謎のまま。ある時、彼女の家を訪れたジョグは彼女が高校時代に遭遇した悲劇を知ることとなる。  明るく可憐なイメージの強いソン・イェジンが、激しく暗い顔を見せたり、泥酔した姿をさらすなど、これまでとは全く違う魅力を十二分に発揮。ヒロインが友人たちと電話で繰り広げるガールズトークも話題になり、韓国では277万人を動員するヒットを記録した。  「ヨンガン 変種増殖」は、「私の愛、私のそばに」のキム・ミョンミンが主人公を演じたパニック・ムービー。  ある日、全国の川辺で死因不明の遺体が次々と発見される。国中がパニックに陥る中、原因を探っていた研究者が「突然変異したヨンガン(ハリガネムシ)が人間に寄生して、死に至らしめている」と発表した。製薬会社の営業社員として働くジェヒョク(キム・ミョンミン)は、妻ギョンスン(ムン・ジョンヒ)と子どもたちが異常にたくさんの水を飲むようになったのを見て彼らの感染を確信する。  韓国では初となる感染パニック映画は、リアルなストーリーとスピーディーな展開が話題を集め、大ヒットを記録。妻・ギョンスンを演じたムン・ジョンヒは青龍賞で助演女優賞にも選ばれている。  韓国で話題となった珠玉の作品が並ぶ「韓国映画セレクション2013春」。韓流ファンならずとも、見逃せない。 「韓国映画セレクション2013春」は3月2日(土)からシネマート六本木にて公開

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access