浅香航大 関連記事

  • 土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』記者会見にて

    矢本悠馬、ドラマ会見で第1子誕生を突然発表 間宮祥太朗ら驚がく

    エンタメ

     俳優の間宮祥太朗と渡辺大知らが15日、都内でドラマ『べしゃり暮らし』の記者会見に出席。共演者の矢本悠馬から飛び出した突然の第1子誕生の報に驚きながらも祝福した。@@cutter 同作は、漫画家・森田まさのり氏の最新作を映像化したもの。間宮演じる人を笑わせることが大好きな“学園の爆笑王”こと上妻圭右と、渡辺演じる元プロ芸人の辻本潤の奮闘を描いた青春お笑いドラマとなっている。会見には間宮、渡辺のほか、共演の矢本、小芝風花、堀田真由、駿河太郎、尾上寛之、浅香航大、徳永えり、寺島進が出席した。  お笑い芸人・劇団ひとりが演出を手掛ける同作品。漫才について間宮は「一番最初に練習したときに、ひとりさんに『セリフ覚えてなくてもいいから適当に言い合って漫才楽しんでやってみてくれる?』って言われて」、渡辺は「適当にやったら『本番まで練習しないでくれ』って言われちゃって。本番まで一回も合わせなかったです」とそれぞれエピソードを披露した。  辻本の元相方役を演じる小芝は「(渡辺と)初めましてのときが漫才稽古の日で、どうしようと思ってたんですけど、よくツッコんでくださってありがとうございます(笑)」とコメント。渡辺は「そりゃツッコむよ、ボケんねんから(笑)」とツッコみ、笑顔を見せていた。  高校生役を演じることに不安があったと明かした矢本に、間宮が「生まれたてみたいな顔してるけど。昨日生まれた?」とボケてみせると、矢本は「最近娘が生まれまして」と突然発表。まさかの発表に間宮は「え!? ここで発表するの!? こんなサラッと!」と驚がく。矢本が「産婦人科で自分の娘が並んでいるのを見たら、まあどの親から生まれた子もみんな僕に似ていましたよ」と語り、会場は爆笑に包まれた。間宮は「おめでとう、最高だよ、パパだよ!」と祝福し、会場からも大きな拍手が起こった。  会見の終盤では間宮と渡辺が漫才を披露した。『ドラえもん』や『相棒』のネタを入れつつ、会場を大いに盛り上げた。  ドラマ『べしゃり暮らし』は、テレビ朝日系にて7月27日より毎週土曜23時15分放送。

  • 日曜ドラマ『あなたの番です‐反撃編‐』第13話場面写真

    今夜『あなたの番です』、新住人・田中哲司登場 西野七瀬への疑いも…

    エンタメ

     俳優の田中圭と女優の原田知世がダブル主演を務めるドラマ『あなたの番です‐反撃編‐』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第13話が今夜放送。第13話では、田中哲司扮する南が、赤池夫妻が殺された502号室に引っ越して事件を探りだす。@@cutter 袴田吉彦(袴田吉彦)殺害容疑で指名手配されているイクバル(バルビー)たちが翔太(田中圭)を襲ったことで、警察に捕まると悟ったシンイー(金澤美穂)は、不法滞在中の恋人・クオン(井阪郁巳)を逃がす。  一方、翔太と二階堂(横浜流星)は、臨時の住民会に出席。管理人の蓬田(前原滉)が502号室に引っ越してきた南(田中哲司)を紹介する。赤池夫妻が殺された部屋にわざわざ住もうとし、事件を探るように話を聞こうとする南を、住民たちは不審に思い、警戒を強める。  二階堂は翔太と推理を進めるうちに、黒島(西野七瀬)に気になる点があると言い出すが、翔太は鋭いようで大いに的外れな推理に、的確な回答を出す。  翔太が交換殺人ゲームの話を警察にしたことから、ブータン料理店店長・タナカマサオ殺害容疑をかけられた藤井(片桐仁)。刑事の神谷(浅香航大)と水城(皆川猿時)の取調べを受けるが、タナカ殺害とシンイーへの脅迫を否認。神谷は、早苗(木村多江)が住む402号室で見つかったバスタオルから検出されたDNAと照合するため、藤井にDNAの採取を求めると、藤井は観念して、すべてを告白しようとするが…。  『あなたの番です‐反撃編‐』第13話は、日本テレビ系にて今夜7月14日22時30分放送。

  • ドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』配信・放送記念トークイベントに登場した足立梨花

    足立梨花、男女の友情は「成立する!」 異性の“親友”の存在明かす

    エンタメ

     女優の足立梨花、白洲迅、浅香航大が、12日に都内で開催されたドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』配信・放送記念トークイベントに出席。華やかな浴衣姿で登場した足立は、自身の経験を踏まえたうえで、男女の友情について「成立する!」と断言した。@@cutter 台湾ドラマ『イタズラな恋愛白書』をリメイクする本作は、何事にも一生懸命なヒロイン・御手洗陽(足立)、陽に思いを寄せながらも親友として見守る気遣い上手な石田蓮(白洲)を中心に、恋人未満の関係にある男女の恋模様をリアルに描く。浅香は陽にとって最悪で忘れられない元カレ・水沢竜星を演じる。  足立は陽と蓮が織りなす男女の友情が成立するか聞かれると「成立する!」と即答し「男の人の親友と呼べるくらいの仲いい人がいるから、私は成立すると思っています」とも。「その人と付き合いたいとか、全然思わない。いろんな話もできますし、彼に彼女が出来たら、一緒にご飯したりとか、仲良くなるし。普通に『おめでとう』となる」と明かした。  白洲は「僕はないと思ってますね」と言い「男側からしたら、友情の先に恋心があるんじゃないかって思っちゃうんですよね」と主張。一方の浅香は「俺はね、分かんない。昨日の夜からずっと考えたんだけど、俺はね、答えが出なかった」と告白して会場を沸かせた。  当日は、本作で重要な鍵となる楽曲『結び様』と『小粋なバイバイ』を歌う川谷絵音もサプライズゲストで登場。川谷は脚本を読まずに「A4のペライチ」資料だけで楽曲を制作したとのこと。これを聞いた足立は「だとしたら、なぜこんなにもぴったりな曲ができたのかというのが、私は謎すぎて」と感心していた。  ドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』は、7月15日12時よりFODにて配信開始。同日深夜よりフジテレビにて15日26時40分スタート。

  • 映画『見えない目撃者』追加キャスト

    吉岡里帆『見えない目撃者』、國村隼&大倉孝二ら追加キャスト9名発表

    映画

     女優の吉岡里帆が視力を失った元女性警察官役で主演を務め、俳優の高杉真宙が共演する映画『見えない目撃者』より、國村隼、大倉孝二ら、9名の追加キャストが解禁された。@@cutter 本作は、2011年に韓国で230万人を動員するヒットを記録した韓国映画『ブラインド』を大胆に脚色したサスペンス・スリラー。事故で最愛の弟を亡くし、さらに視力を失い、警察官への道まで絶たれた主人公が、偶然に遭遇した誘拐事件を解決しようと奔走する姿を描く。映画『リトル・フォレスト』『重力ピエロ』の森淳一がメガホンをとり、脚本家の藤井清美と共に脚本も手掛けている。  國村が演じるのは、過去の事件との繋がりを持ち、事件の鍵を握る定年退職した元刑事・平山隆役。大倉は、なつめが目撃した少女誘拐事件を担当する、長者町警察署刑事一課・強行犯係の刑事・吉野直樹役を務める。そのほか、なつめの強い意志に突き動かされ共に事件を追うベテラン刑事・木村友一役で田口トモロヲ、主人公なつめの弟・浜中大樹役で松大航也、なつめの母親・浜中満代役で松田美由紀が出演。  さらに、怪しい名簿屋・横山司役を渡辺大知、風俗スカウトマン・桐野圭一役を柳俊太郎、生活安全課・少年係に所属する若手刑事・日下部翔役を浅香航大、刑事一課・強行犯係で田口扮する木村の上司・高橋修作役を酒向芳が貫録たっぷりに演じる。  國村は「台本を手にして先ず思った事と言えば、何だ? この矛盾に満ちたタイトルは」と語りつつ、「しかし読み進むうちになるほどと解ってくる。たとえ目は見えなくても、物事の本質は見える。物を見るのと物事を見て理解するのは別の事。そんなメッセージが伝わり、ミステリアスなストーリーと相まって、今までに無いエンターテイメント作品が出来上がるだろうと納得した」とコメント。  田口は「韓国、中国版とは異なる日本的リアリティを重視した、静謐さと大胆さを合わせ持つ骨太な映画になったと思います。吉岡里帆さん演じる主人公の健気で真摯な熱に背中を押され、登場人物達がそれぞれの事情を背負いながら、正義に関わっていく模様を是非“目撃”していただけたらと思います」とメッセージを寄せた。  映画『見えない目撃者』は9月20日より全国公開。

  • 土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』に出演する(左から)早乙女友貴、浅香航大

    『べしゃり暮らし』ライバルコンビ・るのあーるに浅香航大&早乙女友貴

    エンタメ

     俳優の間宮祥太朗が主演を務める7月27日スタートのドラマ『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)の追加キャストとして、俳優の浅香航大と早乙女友貴の出演が決まった。主人公コンビとお笑いの世界で激しく競い合う漫才コンビ・るのあーるを演じる。@@cutter 人気漫画家・森田まさのりによる同名漫画を初映像化する本作は、若き漫才コンビの成長を追いながら、さまざまな人間模様を描き出す青春群像劇で、劇団ひとりが演出を担当。人を笑わせるためなら命がけで何でもやる“学園の爆笑王”上妻圭右(間宮)が、高校生にしてプロの漫才コンビを組んでいた元芸人の辻本潤(渡辺大知)と出会うところから始まり、やがて圭右が辻本と「きそばオートマティック」という漫才コンビを結成、厳しい漫才の道へ踏み出していく姿を描く。  浅香と早乙女がそれぞれ演じるのは、るのあーるのボケ担当・梵健太とツッコミ担当・上原裕也。圭右と辻本コンビが後に所属するお笑い養成所の先輩コンビであり、2人の前に立ちはだかる強豪芸人の一組だ。お笑い養成所に所属しながらテレビ出演も果たし、人気を博している期待のホープというべき存在で、圭右とはステージ上で笑いのバトルを繰り広げながら、時には場外乱闘に発展することも。  梵役の浅香は「普段あまりお笑い番組などに触れておらず、まさか自分が芸人役を演じ、漫才を人前で披露するとは思いもしませんでした」と出演オファーに驚いたと明かしつつ、「劇団ひとりさんの力をお借りし、役者さんがそれぞれ生で漫才を披露しています。その様も是非ご期待ください!」とコメント。  上原役の早乙女は「オファー頂いたときはとても喜びました。プレッシャーもありましたが、最後まで楽しく上原を演じさせてもらいました」と、情熱を傾けて演じ切ったことを振り返っている。  土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』は、テレビ朝日系にて7月27日より毎週土曜23時15分放送。

  • 『あなたの番です‐反撃編‐』で共演する(左から)皆川猿時、横浜流星、浅香航大

    横浜流星、浅香航大&皆川猿時の『あな番』刑事コンビと“再会”にファン歓喜

    エンタメ

     俳優の横浜流星が22日、自身のインスタグラムを更新。来週30日からスタートするドラマ『あなたの番です‐反撃編‐』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)で共演する浅香航大、皆川猿時と撮影したスリーショットを掲載し、「素敵な3ショット」と大きな話題を呼んでいる。@@cutter 30日から新章がスタートする『あなたの番です』で、304号室に新たに引っ越してくる、AIを研究している頭脳明晰な大学院生・二階堂忍を演じる横浜。「『あなたの番です』順調に撮影進んでます。明日も二階堂として、しっかりと生きたいと思います」というポジティブなコメントと共に浅香、皆川とのスリーショットを投稿。三人で寄り添い、浅香が横浜の肩を抱くという仲睦まじい一枚だ。  横浜は過去に浅香と映画『チア男子!!』で、皆川とはドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS)で共演。そのため「#皆川さんと浅香さん」「#ゴリさんでも溝口でもないよ」と、ファンにはうれしいハッシュタグを添えている。  コメント欄には、「素晴らしい3ショット」「このスリーショットが見れるなんて」「共演×共演のお写真素敵です」など、興奮の声が続出しているほか、まもなく始まる『あなたの番です』の反撃編に対し「流星さんが演じる二階堂がどんな人物なのか楽しみです」「二階堂さんの推理に期待しております」といった期待が多数寄せられている。  引用:https://www.instagram.com/ryuseiyokohama_official/

  • 日曜ドラマ『あなたの番です』特別編場面写真

    今夜『あなたの番です』特別編、原田知世&田中圭の恋の軌跡を振り返る

    エンタメ

     原田知世と田中圭がダブル主演を務め、6月16日に第1章の最終回を迎えた日曜ドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の特別編が今夜放送。1年前に菜奈(原田)と翔太(田中)が出会い、結婚に至るまでの月日が描かれる。@@cutter 菜奈の葬儀を終えて茫然自失の翔太。そんな中、刑事の神谷(浅香航大)と水城(皆川猿時)がマンションを訪れる。2人と顔を合わせた翔太は、菜奈を殺した犯人を一刻も早く捕まえてほしいという強い思いを伝える。  水城は憔悴した翔太に同情するが、神谷は、翔太がマンションをめぐる一連の連続殺人の首謀者である可能性を探ると言う。一方、翔太は菜奈がパソコンに遺した日記を見つける。日記には、1年前に菜奈が翔太と出会った日のことから綴られていた――。  2018年6月。カフェで江戸川乱歩の推理小説を読んでいた菜奈は、見知らぬ青年から声を掛けられる。それが、翔太だった。その小説のオチをあっさり話してしまう翔太にあきれる菜奈。その後、2人は偶然の再会を果たし、ミステリー好きという共通の趣味で距離を縮めていく。菜奈の日記には、結婚に至るまでの2人だけの思い出が詰まっていた。翔太は時が経つのも忘れて、菜奈の日記を読み続ける。すると、パソコンに1通のメールが届き…。  並行して、第1章で起こった全事件を刑事たちの目線で振り返る。警察は今、どんな情報まで把握しているのか? 翔太は容疑者なのか?  日曜ドラマ『あなたの番です』特別編は、日本テレビ系にて今夜6月23日23時放送。

  • 『集団左遷!!』第5話場面写真

    『集団左遷!!』第5話ゲストに、宮川一朗太&浅香航大決定

    エンタメ

     俳優の福山雅治が主演を務める日曜劇場『集団左遷!!』(TBS系/毎週日曜21時)の第5話に、宮川一朗太と浅香航大がゲスト出演することが発表された。@@cutter 江波戸哲夫の小説『新装版 銀行支店長』『集団左遷』(講談社文庫)をドラマ化した本作。50歳を目前に廃店が決まっている銀行支店の支店長となった片岡洋(福山)と、リストラ寸前の行員たちが協力して大逆転に挑む、サラリーマンの悲哀と笑いが巻き起こす下克上を描く。    第5話で宮川が演じるのは、貸しビル業を営む太田ビルディング副社長・太田幸司。太田と出会ったことで三嶋(赤井英和)は、自社ビルを持つ夢に大きく前進。三嶋は20億円の融資を蒲田支店に打診しており、太田の決断が蒲田支店の命運を大きく左右することになる。  日曜劇場への出演は2013年の『半沢直樹』以来となる宮川は「『ただいま!』って気持ちでした(笑)。一方で衣裳はダブルのスーツでしたから、身の引き締まる思いもありました」とコメント。続けて「福山さんとは、以前からご一緒できる日を待ち望んでいました。素敵な役者さんなので、撮影はとても楽しく、幸せなひとときでした。願わくば…もっとガッツリ絡みたかったなぁ(笑)」と共演の感想を語り、「太田は不思議な男ですが…『集団左遷!!』の世界を壊さず、少しでも皆さんの心に残れば幸いです!」とメッセージを寄せている。  一方、今作が日曜劇場初出演となる浅香が演じるのは、蒲田支店のある行員と重要な接点を持ち、それがきっかけでとんでもない事件に発展する謎の人物・マコト。さらに第5話には、第2話に出演した小池庄一(三遊亭小遊三)も再び登場する。  日曜劇場『集団左遷!!』第5話は、TBS系にて5月19日21時放送。

  • 映画『チア男子!!』初日舞台挨拶にて

    横浜流星、「俺は流星」流ちょうなラップ披露に大盛り上がり

    映画

     俳優の横浜流星が10日、都内で開催された映画『チア男子!!』初日舞台挨拶に登壇。流ちょうなラップを披露し客席を沸かせていた。@@cutter 本作は直木賞作家・朝井リョウが、実在する男子チアチームをモデルに描いた小説を映画化。ケガをきっかけに幼少期から続けてきた柔道を断念した大学生の晴希(横浜)が、親友の一馬(中尾暢樹)の誘いで始めたチアリーディングを通じて、仲間の大切さや、前に進む勇気を得ていく姿を描いた青春物語。舞台挨拶には、横浜のほか、中尾暢樹、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智、浅香航大、主題歌を担当した阿部真央、風間太樹監督も出席した。    撮影に入る前の3ヵ月、チアリーディングの特訓を行った横浜らメンバーたち。登壇者は口々に、その濃密な時間を過ごしたからこそ、絆とチームワークが生まれたと語る。瀬戸は「みんなで寝て風呂も入った。本当に青春を味わうことができた」と懐かしそうに語ると「謎のラップが流行ったよね」と言及する。続けて瀬戸が「『俺、流星』みたいなのやっていたよね」とつぶやくと、中尾も「やってた」と追随する。    会場から「やって!」という声が上がると、横浜は照れくさそうに笑いながらも「俺は流星、彗星のごとく現れた流星、今日の空は快晴! みんなに『チア男子!!』見てもらいたいぜ!」と流ちょうなラップを披露。客席からは大歓声が上がった。    またイベント後半では、浅香が横浜に熱い思いを吐露するシーンも。メンバーのなかで年上の浅香は、これまでイベントでは横浜に対してイジるような対応が多かったが、この日は「彼は責任感が強くて熱い男。大きなケガをして撮影が一時中断したときは、悔し涙を溜めていた。それでもケガをしてパンパンの手をかばいながらもやり切った姿は本当に格好良かった」とメッセージを送る。    横浜は「大したケガじゃなかったんです。神様に感謝です」と語りつつも「みんなが一生懸命頑張ってきたことを無駄にしたくなかった。やり切れてよかった。浅香さんには本当に支えていただき、心強かったです」と熱い抱擁を交わしていた。

  • 映画『チア男子!!』公開直前イベントにて

    横浜流星、主演作『チア男子!!』は「身を削りながら全力で作った」

    映画

     俳優の横浜流星が7日、東京ドームシティ ラクーアガーデンステージにて行われた主演映画『チア男子!!』公開直前イベントに登場した。横浜は公開が3日前ということで「すごくワクワクしています。身を削りながらも全力で作った作品なので、1人でも多くの方に見てほしいです」とアピールした。@@cutter 本作は『桐島、部活やめるってよ』『何者』などの作品で知られる作家・朝井リョウが、実在する男子チアチーム「SHOCKERS」をモデルに執筆した同名小説を実写化。道場の長男として幼い頃から柔道を続けてきた大学1年の坂東晴希(横浜)が、負傷をきっかけに柔道をやめ、親友の一馬(中尾暢樹)と一緒に、大学チアリーディング界初となる男子チアチーム「BREAKERS」結成を目指す姿を描く。イベントには横浜のほか、中尾、瀬戸利樹、浅香航大、岩谷翔吾、菅原健、小平大智らキャストも登場した。  公開を控え瀬戸は「心と身体を全力でぶつけた作品なので、少しでもみんなの背中を押せる作品になればいいなと思います」、そして浅香は「3ヵ月の撮影期間、あのときの思いにうそはありません。自信をもってお届けできる作品です」と思いを語った。  この日は主題歌を担当したアーティストの阿部真央もステージに登場。本作のために書き下ろした主題歌『君の唄(キミノウタ)』を、感情たっぷりに生歌披露した。今回が公の場で初披露となった『君の唄(キミノウタ)』を聴き終えた横浜は、「本当に素敵でした。撮影のときのことを思い出したりして、感動しました」と感想を語った。  また、この日のイベントでは、ヒット祈願として、本作のキャッチコピ ーでもある“全員で、跳べ!”にちなみ、大型の樽を使った“黒ひげ危機一髪”ふうのゲームにチャレンジ。横浜を筆頭に順番に樽にナイフを刺しこんでいくが1巡目は誰も当たりを引けず。そして2巡目になり横浜がナイフを刺すと見事大当たり。横浜が“持ってる男”ぶりを示した。  最後に横浜は「本気でチアリーディングに挑戦して、一人一人が何かを抱えながら前に進んでいく姿に勇気を与えることができる作品なので、楽しみにしてくれたらうれしいです」とつめかけたファンに語りかけた。  映画『チア男子!!』は、5月10日公開。

  • (左から)映画『チア男子!!』完成披露試写会に登場した横浜流星、中尾暢樹、瀬戸利樹

    横浜流星、クライマックス撮影前に大ケガ 痛み止め「めちゃくちゃ飲んだ」

    映画

     映画『チア男子!!』(5月10日公開)完成披露試写会が15日、都内で行われ、ダブル主演を務めた横浜流星、中尾暢樹をはじめ、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智、浅香航大、風間太樹監督が出席。同作撮影中、主演を務めた横浜が大ケガを負ったことが共演者から明かされた。@@cutter クライマックスのチアシーン撮影の話題におよぶと、浅香が「言おうか迷ったけど、流星が最後のチア撮影の前、大ケガをしてしまって」と告白。横浜は笑いながら「たいしたことじゃない」としたが、共演者は「いや、たいしたことあったから」「マジで焦った」と口々に振り返った。浅香も「映画、とんだなって思った。お蔵入りだなと」と大惨事だったことを示唆した。  大ケガを負った横浜だが、「みんなの頑張りはムダにしたくなかったので痛み止めをめちゃくちゃ飲んで頑張った」と体にムチを打って撮影を続行したという。浅香は「そういうのがあって撮影日はちょっと長くなったけど、そのチアのシーンは見どころ。最後のチアの発表するところは観てほしい」とファンに呼びかけた。  まもなく令和時代ということで、「新しく始めたいこと」を聞かれた一同。横浜は「健康的な生活を始めたい。作品に入ってしまうとのめり込み過ぎて食を忘れる。激辛が好きで食べ過ぎたり、炭酸を飲み過ぎたり。仕事柄、体が資本なので、いまは激辛を食べるのを止めている。今何を食べているか? サラダチキン!」と回答した。  横浜とダブル主演を務めた中尾は「ずっとマネージャーに言っているんですが、車の免許が取りたくて。22歳なんですけど、そろそろ持っておかないとダメな年齢かなと。今年無理やりにでもやりたい」と意気込み。続く浅香は「令和になって初めて映画館で観る映画は『チア男子!!』です!」と高らかに宣言し、拍手を浴びた。  本作は直木賞作家の朝井リョウによる小説を原作に、実在する男子チアチーム「SHOCKERS」をモデルに、男子チアリーディングチームの発足から成長を描く。この日、イベントには作品のモデルとなった早稲田大学男子チアリーディングチーム「SHOCKERS」のメンバーも登場し、ファンの前でパフォーマンスを披露した。  映画『チア男子!!』は、5月10日公開。

  • 『激アツ!! ヤンキーサッカー部』キャストビジュアル

    『激レアさん』発ドラマ、主人公の“野人・岡野”役に竜星涼

    エンタメ

     バラエティ番組『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系/毎週月曜23時15分)で披露された、サッカー元日本代表・岡野雅行の感動エピソードをドラマ化する『激レアさんを連れてきた。ドラマシアター 激アツ!! ヤンキーサッカー部』が、9月21日と28日に放送される。主人公・岡野役は俳優の竜星涼が務める。@@cutter 本作は、2017年12月に放送された『激レアさんを連れてきた。』の中で披露された、“野人”の愛称で知られる岡野が体験した激レアエピソードを実写ドラマ化。島根県にある全寮制の高校を舞台に、サッカー部を設立した岡野が、ヤンキーだらけの部を強豪チームへ成長させるという『ROOKIES』ばりの実話を描いていく。  入学した全寮制高校にサッカー部がないことを知った岡野(竜星涼)は、ヤンキーだらけの学校内にサッカー部を作ろうと決意。部員はなんとか11人揃ったものの、チームメートのほとんどが、サッカーをやったこともないヤンキーばかり。彼らは、ルールはおろかボールの蹴り方すら知らなかった。初歩的なことから教えなくてはならない現実にも、サッカーができる喜びでいっぱいの岡野。しかし初めての対外試合で、彼を思いがけない出来事が襲う…。  主人公の岡野を演じる竜星は「岡野さんの役を演じられることがすごく嬉しいです!」と一言。そして自身の役柄について「台本を読んで得た人物像を大事にしながらキャラクターを作っていきました」と語り、続けて「僕自身も大好きなサッカーができて、久々にずっとボールを蹴っていられることがとても嬉しかったです」と撮影を振り返った。  一方の岡野は「最初にドラマ化のお話を聞いた際は、冗談かと思いましたし、脚本が鈴木おさむさん、私の役が竜星涼さんと聞いたときは話が大きくなりすぎて、心配になりました」と笑う。さらに「このドラマを見た方が、野人みたいに諦めずに頑張ればその先に良いことがあるのかもしれないな、と思ってくださったら嬉しいです」とコメントを寄せている。  そのほかのキャストでは、チームメート役で浅香航大、矢野聖人、稲葉友、山本涼介、平埜生成、堀家一希が顔をそろえるほか、勝村政信、小野武彦の出演が発表されている  激レアさんを連れてきた。ドラマシアター『激アツ!! ヤンキーサッカー部』は、テレビ朝日系にて9月21日・28日23時15分より放送。

  • 『劇場版 ドルメンX』公開記念舞台挨拶に出席した志尊淳

    志尊淳、中学時代の思い出はダイエット「2ヵ月で18キロ痩せた」

    映画

     俳優の志尊淳が、浅香航大、小越勇輝、堀井新太らと、15日に都内で開催された映画『劇場版 ドルメンX』の公開記念舞台挨拶に出席し、中学三年生のときに「2ヵ月で18キロ痩せた」ことを明かした。舞台挨拶には、ほかに玉城ティナ、桐山漣、徳井義実、音楽プロデューサーを務めた野性爆弾・くっきー、小室直子監督が出席した。@@cutter 雑誌「ヒバナ」で連載された高木ユーナの漫画『ドルメンX』を基にする本作は、「地球侵略」を目指してアイドルを始めたイケメン宇宙人たちが、人間の心に触れ、やがて本物のアイドルを目指す姿を描く。隊長役の志尊は「初日の幕を上げることができて、感謝の気持ちでいっぱい」としみじみ。  物語に絡めて、過去に打ち込んだことを聞かれると「中学三年生のときなんですけど、2ヵ月で18キロ痩せたことがある」と述懐。「野球少年だったので、結構がっちりしていました」と当時の体型を振り返り、「部活を辞めて、少し体重が落ちたのが楽しくなって。『あ、痩せよう』って決めました」とダイエットを行った理由を明かした。  当日は、キャストがお互いの良いところを発表し合う一幕も。サイ役の堀井は、今回で三度目の共演を果たしたという志尊に「愛してんぜ」とニッコリ。続けて「久しぶりに会うごとに、すっごいたくましくなって。すごいなって。尊敬する域に行っちゃって。周りのことを見てるし、なおかつ優しい」と絶賛し、「男として、ほれるような男性になっている」とも語った。  一方の志尊は、イチイ役の浅香との初対面が17歳のときだったと明かし、「2歳しか離れていないんですけど、すごく大人な雰囲気だった」と回想。「尊敬していて、近寄りがたいなと個人的に思ってた」と告白するも「(本作では)作品のことをたくさん共有でき、そしてまだまだ遠い背中でいてくださったことが、すごく素敵で。大人な魅力が増されているなと思った」とも。そして「ふざけるときの抜き感に、すごく色気を感じて。いやあ、かっこいいっすよ航大さん」と続け、これを受けた浅香は「ありがとう」と照れ笑いを見せていた。  映画『劇場版 ドルメンX』は全国公開中。

  • 『劇場版ドルメンX』「特別試写会ファン感謝デー」にて

    志尊淳、4人組アイドルとして生歌披露「楽しめたらいいなと」

    映画

     俳優の志尊淳が29日、都内にて行われた『劇場版 ドルメンX』のイベント「特別試写会ファン感謝デー」に、ともに“イケメン宇宙人”役を演じた浅香航大、小越勇輝、堀井新太らと共に登壇。冒頭には、劇中4人で歌う主題歌『参上!!ドルメンX』を生披露し、息の合ったパフォーマンスを見せ、観客から大きな歓声を浴びた。@@cutter 本作は、雑誌「ヒバナ」にて連載された高木ユーナの人気漫画『ドルメンX』が原作。イケメン宇宙人たちが、「地球侵略」を目指しアイドルを始めたものの、地球で出会った人たちを巻き込みながら、人間の心を知っていき、やがて本物のアイドルを目指し奔走する“スポ根系アイドル青春コメディー”。劇場版では、3月にテレビ放送された1話~4話に加え、15年後の姿まで描かれた完全版となっている。  主題歌のパフォーマンスからスタートしたこの日のイベント、4人は息が荒い状態で舞台挨拶に臨んだ。イチイ役の浅香は「この作品のスタッフさんはドSですね。一番最初に踊るべきじゃないよね」と息を切らしながら語った。  主題歌の披露は先日の「GirlsAward 2018 SPRING/SUMMER」に続いて2回目となるが、“隊長”役の志尊は「今日はファンのみなさんだけに披露する初めての場だったので、楽しめたらいいなと思って。掛け声などをしてくださって楽しかったです」とファンに感謝をあらわした。  撮影前には歌とダンスをみっちり練習したというが、サイ役の堀井は「ダンス練習の時間があったからこそ、この4人の個性が磨かれていったと思う」と、有意義だったことを明かした。  最後に志尊は「11日間しか撮影期間がない中で、ドラマと映画を撮っていたんですけど、チームワークとみんなの作品に対する愛でできあがりました。とにかく観ていただいて笑顔になって帰っていただければ、僕らも作ったかいがあります!」とメッセージを送った。  なお舞台挨拶には、玉城ティナ、桐山漣、音楽プロデューサーを務めたお笑いコンビ、野性爆弾のくっきー、小室直子監督も登壇した。  映画『劇場版 ドルメンX』は6月15日より全国公開。

  • ドラマ25『宮本から君へ』記者会見に登壇した池松壮亮

    池松壮亮、坊主&声枯らして熱演「高校球児みたいで大変でした」

    エンタメ

     俳優の池松壮亮が、1日に東京・六本木のテレビ東京本社で開催された新ドラマ『宮本から君へ』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)の記者会見に、共演の星田英利、華村あすか、古舘寛治、浅香航大、真利子哲也監督と共に出席。本作で坊主になったり声を枯らせたりしたという池松は「高校球児みたいで大変でした」と撮影を振り返った。@@cutter 新井英樹の名作漫画を基にする本作は、文具メーカー・マルキタの新人社員で、恋にも仕事にも不器用な宮本浩(池松)が、営業マンとして、人間として成長していく姿を描く青春ドラマ。池松は、役柄について「例えば、サラリーマンの方が見てくれたときに、明日飯田橋ですれ違うような実存感といいますか、そういうものをどう出していくかっていうことが、非常に難しかった」と語る。  また、宮本を「すごく誠実なんですよ。言葉が難しいですけど、美しい人だと思う」と評しつつ「自分に宮本浩をやれるだけの人間性と器があるのかどうか…。『宮本から君へ』というタイトルですけど、『宮本から池松へ』宮本浩に問われている感じがした2ヵ月でしたね」と撮影を回想。「(テレビ東京では)今までの深夜ドラマらしくないものができたんじゃないかなと思っていますし、くたびれた金曜日に観てもらって、『明日頑張ろう。明日、何か一個踏み出してみよう』と思ってもらえるんじゃないかと思っています」と手応えをのぞかせた。  「こんなにワーワー吠える役を今までやってこなかった」という池松は、「割とすぐ声が枯れるんですね。テストで吠えすぎて声が枯れるっていう経験を何回かしまして。その辺が苦労しましたね。坊主になって声枯れてると、高校球児みたいで大変でした」とも話して会場を沸かせた。一方の星田は、池松とのサウナのシーンで現実味を出すためにパンツを履かなかったことに触れ「パンツ以上のものが写ってしまうNGが何回もありまして」と明かし、池松や浅香を笑わせていた。  ドラマ25『宮本から君へ』は、テレビ東京系にて4月6日より毎週金曜24時52分放送。

  • 『オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~』完成試写会&会見の様子

    『オー・マイ・ジャンプ!』、週刊少年ジャンプとのコラボに「いちいち懐かしい」の声

    エンタメ

     伊藤淳史が主演を務めるドラマ『オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)の第1話が12日深夜、放送された。SNS上では、「いちいち懐かしい」「アラフォーの超黄金期のジャンプ知ってるおばちゃん的に懐かしいジャンプ」など、かつてのファンから称賛の声が寄せられている。@@cutter 「週刊少年ジャンプ」(集英社)が今年創刊50周年を迎えたことを記念し、その全面協力を得て製作された本作。主人公は、かつて「ジャンプ」を愛読し、ヒーローを夢見ていた月山浩史(伊藤)。今はことなかれ主義の営業マンだが、「ジャンプ」を愛する者だけが集まる会員制クラブ「オー・マイ・ジャンプ!」に足を踏み入れたことを機に成長していく。  第1話は、月山が営業回りから帰ってくると、同僚・水戸愛実(最上もが)が、課長の阿久(浅香航大)から怒られているところから始まる。月山は水戸を守りたいと思いつつ、社長の甥っ子である阿久に何も言えずにいた。  そんなとき、謎の男・土屋跳躍(斉木しげる)に「オー・マイ・ジャンプ!」に案内された月山。店内には「NARUTO」の格好をした女子大生・火村智子(生駒里奈)、「アラレちゃん」のコスプレをした女医・木暮美樹(佐藤仁美)、「聖闘士星矢」の“紫龍”のいでたちをしている会社員・水川康介(寺脇康文)などがいた。そこで月山は、土屋から、店の会員になるためには「1日1回ヒーローらしいことをしてください」と告げられるのだが…。    オンエア後の感想としては、主役の伊藤には「面白さも真面目さも両方持ってる」「こうゆう弱いキャラ似合うよね」と評価の声があがった。さらに「生駒ちゃんのコスプレかわええなあ」「佐藤仁美のアラレちゃんが、じわじわと来てる」「寺脇さんの紫龍すごい破壊力」といった意見も殺到。  また、「キン肉マン」の声を務めていた声優・神谷明のナレーションによるオープニングや、その「キン肉マン」が連載1年後、大人向けのタッチにした影響で人気が落ち、打ち切りの話も出ていた話など細かいネタが満載。当時のファンを熱狂させた。

  • ドラマ『オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~』ポスタービジュアル

    『オー・マイ・ジャンプ!』全員コスプレの表紙風ビジュアル公開 ケンコバも出演決定

    エンタメ

     伊藤淳史が主演する新ドラマ『オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)より、豪華出演者が全員コスプレをしている衝撃のポスタービジュアルが解禁となった。併せて、ケンドーコバヤシの出演と、第1話に最上もが、浅香航大がゲスト出演することが発表された。@@cutter 人気漫画誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)が全面協力する本作は、主人公の月山浩史(伊藤)が、「週刊少年ジャンプ」好きな人々が集まる秘密クラブに出会ったことをきっかけに、悩みや葛藤を抱えながら生きる人々の人生に触れながら、少しずつ影響されていき、やがて地球規模の災いに巻き込まれる(?)姿を描く  今回公開されたポスタービジュアルは、「週刊少年ジャンプ」本誌のデザインを手掛ける「バナナグローブスタジオ」が担当し、本物そっくりな仕上がりに。月山が『ONE PIECE』のモンキー・D・ルフィに変身、生駒里奈演じる火村智子は『NARUTO‐ナルト‐』のうずまきナルトのコスプレで登場している。ほかにも、馬場徹が演じる黒塚朝日は『北斗の拳』のケンシロウ、柳俊太郎が演じる金城真治は『ろくでなしBLUES』の前田太尊、斉木しげる演じる土田跳躍は『僕のヒーローアカデミア』のオールマイト、佐藤仁美演じる木暮美樹は『Dr.スランプ』の則巻アラレの姿に。寺脇康文が演じる水川康介は『聖闘士星矢』のドラゴン紫龍(龍星座の紫龍)として登場し、全員がノリノリな姿を見せている。  また、新キャストとして出演が発表されたコバヤシは、後に月山の上司となる、飲料メーカー太陽ドリンコ営業4課の課長で、『魁!!男塾』の江田島平八を彷彿させる大嵐寿三郎にふんする。一方、最上は月山の同僚である水戸愛実役を、浅香は「ハラスメント将軍」と呼ばれている阿久課長役を務める。  自身が「週刊少年ジャンプ」の大ファンであるコバヤシは、出演について「『何故俺を呼ばないんだ!!』と現場に乗り込む準備をしていた時なんで、ギリギリで助かりました。あわや、凶器準備集合罪でした」と冗談交じりにコメント。「常に読んでます。今も昔もこれからも。ケンドーコバヤシ先生がずっと読んでいるのはジャンプだけ」とジャンプ愛を語り、役作りについては「宇宙空間を宇宙服なしで泳げるようにしておきます」と意気込み(?)を見せている。  ドラマ24 第50弾特別企画『オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~』は、テレビ東京系にて2018年1月12日より毎週金曜24時12分放送。

  • ドラマ『世にも奇妙な物語’17秋の特別編』に出演する岩田剛典

    岩田剛典、『世にも奇妙な物語』初出演&初主演!運命の恋テーマに「あったらいいな」

    エンタメ

     岩田剛典が、人気ミステリードラマ『世にも奇妙な物語’17秋の特別編』(フジテレビ系/10月14日21時)の第1弾出演者として決定。EXILE/三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEのメンバーでもある岩田は、俳優としても活躍。今作で、本ドラマシリーズの初出演、初主演となる。@@cutter 岩田が出演する作品は“運命の恋”をモチーフにした「運命探知機」。『世にも奇妙な物語』ならではの究極のラブストーリーで、運命の恋を信じきれない独身男性の不器用な心の動きを岩田が演じる。また、主人公の“運命の人”となるヒロインには、女優の石橋杏奈が決定。浅香航大、玄理、丸山智己ら個性派俳優も名を連ねている。  “運命の人、運命の恋、永遠の愛”を信じきれない29歳の独身男性・和泉涼平(岩田)は、ある日、腕時計のような機械を拾う。音が鳴りやまないその不思議な機械。思わず装着しようと腕に当てると、ベルトが勝手に巻き付きロックされ、「運命探知機ヲ、起動シマス」と機械音が…。  「小さい頃から、その季節が来ると楽しみにしてきた風物詩的なシリーズでした」とこのシリーズの印象を語る岩田は「子供心をとてもくすぐられた記憶があって、そういう作品に携われるチャンスをいただけたのは本当にうれしいです」と出演の喜びを明かす。  撮影に充実感も覚えた一方で、“運命の人、運命の恋、永遠の愛を信じられますか?”と問われ、「あるわけないとは思わないです。あったらいいなっていう思いはありますし、心のどこかで“運命の恋”があったらすてきだと思います。もしも“運命探知機”があったら、その指示に従って“運命の人”に出会ってみたいですね」と返答。ロマンチストな一面ものぞかせている。  『世にも奇妙な物語’17秋の特別編』は、フジテレビ系にて10月14日21時放送。

  • 『ひよっこ』第21週「ミニスカートの風が吹く」

    『ひよっこ』、漫画家コンビが失踪!? 自分がモデルの漫画をみつけたみね子は不満

    エンタメ

     NHK連続テレビ小説『ひよっこ』。みね子(有村架純)の乙女寮時代の仲間があかね荘に集まり、テレビのクイズ番組に出た豊子(藤野涼子)を見て一同大盛り上がり。奥茨城では実(沢村一樹)が美代子(木村佳乃)に「自分がいなくなってからのことを教えてほしい」と告げ、美代子は語り始める。由香(島崎遥香)はみね子をバー・月時計に連れ出し元恋人・島谷(竹内涼真)とのことを問いつめようとすると、後から来た早苗(シシド・カフカ)、時子(佐久間由衣)、店主の邦子(白石美帆)も加わりガールズトーク。みね子が島谷と別れるまでの思いを明かすと、由香は家を出た真意や恋人のこと、家族のことなどを語る。@@cutter みね子たちが漫画家の部屋に行くと、啓輔(岡山天音)と祐二(浅香航大)の姿はなかった。何日も帰っていない二人を「夜逃げしたのでは?」と心配する一同。みね子も早苗も、自分たちの接し方がひどかったかなと反省する。時子は夢を追う者として、彼らの気持ちが理解できて切なくなる。  漫画家の部屋で、自分がモデルになった漫画を見つけたみね子。時子や愛子に、教えてくれなかったことへ不満を漏らす。そんなとき、何も知らない啓輔と祐二が、のんきにあかね荘へ帰ってくる。偶然会ったヤスハル(古舘佑太郎)のギターに合わせて歌っていると、歌声に気づいた女性たちが広場に下りてくる。みね子は、漫画のことを問いただすが…。  世の中にはミニスカートブームが到来し、みね子の周りでもミニを着用する人が。あるとき、みね子は実を引き取って以来で女優の世津子(菅野美穂)と再会する…。  NHK連続テレビ小説『ひよっこ』は総合テレビにて月曜~土曜あさ8時放送。

  • 竹内涼真、『ひよっこ』新キャスト発表スタジオ取材会に登場

    竹内涼真、『ひよっこ』で朝ドラ初出演!「僕の身長に合わない…」衣裳で苦労明かす

    エンタメ

     俳優の竹内涼真が、26日に都内で行われたNHK連続テレビ小説『ひよっこ』の新キャスト発表スタジオ取材会に、有村架純、島崎遥香らとともに出席。竹内は撮影中の苦労について「東京オリンピックの時代の設定のつくりなので、基本的に僕の身長に合わないんですよ(笑)」と明かした。@@cutter 『ひよっこ』は、東京オリンピックが行われた1964年に、集団就職で茨城から上京してきた谷田部みね子(有村)が、様々な困難を乗り越えながら成長していく姿を描く。東京編の新キャストには、竹内、島崎、シシド・カフカ、白石加代子、浅香航大、岡山天音、三宅裕司、光石研、生田智子、古館佑太郎、白石美帆、伊藤沙莉、斉藤暁が名を連ねた。  みね子の隣室に住む御曹司の大学生・島谷純一郎を演じる竹内は、「ちょっと喋り方が癇に障る部分もあるかもしれないですけど、そういう部分が憎めないなとか、かわいいなって思ってもらえるように、頑張りたいなって思ってます」とにっこり。朝ドラ初出演については、「セットがすごい!」と感動したようだが、「東京オリンピックの時代の設定のつくりなので、基本的に僕の身長に合わないんですよ(笑)。体もでかいし、衣装とかもけっこう古着を着てるんですけど、なかなかサイズが合わなくて…」と苦労を明かした。  赤坂の洋食屋「すずふり亭」の料理長・牧野省吾(佐々木蔵之介)の娘・由香役の島崎は、「初登場のシーンからみね子ちゃんに対して、ものすごく嫌味を言う子でして…」と申し訳なさそうに役柄を紹介。“根はいい子”とのことで「初めて見たときは『何だこの嫌な女!』と思うかもしれないですけれど、どうか最後まで温かい目で見ていただけたら嬉しいです」とコメント。一方、有村は新キャストとの共演に向けて「私もまだ先のことはわからないので、楽しみに。これから新しい皆さんと、『ひよっこ』というお話を作っていけたらと思います」と期待を込めた。  NHK連続テレビ小説『ひよっこ』は総合テレビにて月曜~土曜あさ8時放送。

  • 人気コミック『南瓜とマヨネーズ』が臼田あさ美主演で実写映画化

    臼田あさ美、『南瓜とマヨネーズ』実写化で5年ぶりの主演 共演は太賀&オダジョー

    映画

     女優の臼田あさ美が、『blue』『strawberry shortcakes』などで知られる魚喃キリコの代表作『南瓜とマヨネーズ』の実写映画で5年ぶりの主演を務めることがわかった。また、臼田演じる主人公ツチダの恋人・せいいち役を太賀、ツチダが再会する忘れられない昔の恋人・ハギオ役をオダギリジョーが演じる。@@cutter 本作は、不朽の恋愛マンガの金字塔として呼び声の高い同名コミックを、『パンドラの匣』『ローリング』で知られる鬼才・冨永昌敬監督が実写化する恋愛映画。昨今の青春恋愛映画を象徴するような「壁ドン」や「顎クイ」といった演出は一切排除し、夢を追うミュージシャン志望の恋人と自由奔放で女好きな昔の恋人の間で揺れ動く、繊細な女心を描く。  臼田、太賀、オダギリのほか、清水くるみ、光石研、浅香航大、若葉竜也、大友律、岡田サリオらが脇を固め、音楽監修・劇中歌は、唯一無二の活動を続ける音楽家・やくしまるえつこが担当する。  原作を初めて読んだ時から出演を熱望していたという臼田は、「映画を作りました。と、こうして皆様に伝えられること、ツチダとして過ごした時間、せいちゃんが太賀さんだったこと、ハギオがオダギリさんだったこと、すべてが尊くて、大切で、嬉しいです。1999年の魚喃キリコさんが誕生させたツチダが2017年の今も相変わらず元気でやってます」とコメント。  一方、太賀は「自らの感情のわからなさに立ち止まる登場人物に強烈に共感を抱きました。当たり前の事なんて何一つもない、男女の平凡な奇跡と葛藤。この原作のもつ普遍的な尊さがどうか映画に宿ってくれと、撮影に臨みました。原作ファンの方にも映画ファンに方にも納得して頂ける作品になっていると思います」とアピールした。  映画『南瓜とマヨネーズ』は、11月全国公開。

  • 三浦翔平、『カノ嘘』連載終了を労う 

    三浦翔平、『カノ嘘』連載終了を労う 「青木先生、お疲れ様でした」

    エンタメ

     俳優の三浦翔平が25日、自身のインスタグラムを更新。2013年に佐藤健らとの共演で制作された映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の原作漫画の連載終了に関し、映画の共演メンバーとの集合写真をアップし、原作者へねぎらいの言葉を送っている。@@cutter 『カノジョは嘘を愛しすぎてる』は、青木琴美による人気漫画。2009年から8年に渡って「Cheese!」(小学館)にて連載、2017年4月号にて幕を閉じた。映画では佐藤を主演に、三浦のほかにもヒロインの大原櫻子を始め、窪田正孝、水田航生、浅香航大、谷村美月、相武紗季、反町隆史、吉沢亮らが出演している。  この日三浦が公開した写真では、青木を囲むように佐藤、三浦、大原、窪田、水田、浅香らの仲睦まじい集合ショットを披露するとともに「青木先生、お疲れ様でした」と青木へのねぎらいの言葉が綴られている。また、同写真は大原のインスタグラムでも同日に公開され、大原も三浦同様に「琴美さん、心からお疲れ様でした」とのメッセージを青木に送っている。  同写真には「やっぱりね カノ嘘は このメンバーじゃないとダメだね。翔平くんとたけるの本当の仲良さが映画でも出ててそれと原作がリンクしてすっごい好き」「カノ嘘はほんとマンガも映画もいい!! 漫画の実写は反対派だったけど、カノ嘘は最高!」「豪華すぎる!青木琴美先生本当お疲れ様でした!」「思い出す、カノ嘘好きすぎて何回も観ました」と写真を絶賛する声や映画を懐かしむ声、青木へのねぎらいの声が多く寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/shohei.63/    https://www.instagram.com/sakurako_ohara/

  • 相武紗季、吉岡里帆、吉田羊、浅香航大

    吉田羊、相武紗季ら『レディ・ダ・ヴィンチ』チーム、『コード・ブルー』パロディ撮影

    エンタメ

     12日、放送中のドラマ『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』の公式ブログ上で、吉田羊や相武紗季らキャスト陣が、『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』のパロディ撮影に挑んだことが明かされた。@@cutter 『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』は、かつて脳神経外科医だったものの、手術中に幻覚を見たことがきっかけで診断医に転身した橘志帆(吉田)と、彼女が所属する解析診断部のメンバーの活躍を描く作品。今回投稿された写真には、ヘリポートに佇んで遠くを見つめる、吉田、相武、吉岡里帆、浅香航大の姿が収められている。  公式ブログによれば、劇中で優秀な研修医の田丸綾香を演じる吉岡の希望からヘリポートで写真を撮影することになり、吉田が「『コード・ブルー』な感じで目線を外しましょうか」と提案したのだとか。これを受けたファンからは、「本家よりカッコ良いかも?!」「その他のドラマ風のも見たいです」「コードブルー!! 懐かしい!」といった声が寄せられている。  今回パロディとなった『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』は、山下智久主演でフライトドクター候補生の姿を描き、人気を博した医療ドラマ。吉田は、2010年に放送されていたシリーズ第2弾『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 2nd season』にゲスト出演していた。

  • 映画『サマーソング』場面写真

    吉沢亮、映画初主演『サマーソング』、浅香航大、赤澤燈らと“ひと夏の青春”描く

    映画

     吉沢亮が『サマーソング』で映画初主演することが決定した。さえない男たちのひと夏の青春を描き、共演に浅香航大、赤澤燈、筧美和子ら若手らが顔を揃える。@@cutter TVドラマ『ROOKIES』『とんび』『天皇の料理番』などを手掛け、映画でも『サンゴレンジャー』『がき☆ロック』の監督を務めた中前勇児がメガホンをとる本作。吉沢演じる主人公・市原健一と親友4人の友情、アイドルのおっかけ、女の子との出会いなど、青春時代の甘酸っぱい想いを繊細に描く。    吉沢は、「青春を謳歌出来なかった人。周りの環境がどんどん変わって、自分だけが置いてけぼりな気がする人。あと一歩が踏み出せない人。そんな人たちの背中を押す力の1つになれれば嬉しいかなと思います」と。本作に込めた思いを口にする。また「男ってどこまでもバカで愛おしい生き物だなと、感じてもらえる作品です」と表現した。    中前監督は、本作の吉沢は「これまでの吉沢さんとは違う」と言い「男の色気と垣間見せる少年の可愛さが魅力」と自信を見せた。    サーファーの父親に憧れ、サーフィンに明け暮れていた市原(通称:イッチー)だが、父親を不慮の事故で亡くして以来、サーフィンを絶ってしまう。友人たちと彼女探しをたりアイドルの追っかけなどで日々を明け暮れるイッチー。ある日、友人たちと一緒に海に行くことになったが、2人の女性にお金をスラれてしまう。海の家に到着するとその女性と再会。果たして、女性たち、親友たちとの関係はどうなるのか。イッチーは再び、サーフィンを始めることになるのか。  映画『サマーソング』は 9月17日より、シネマート新宿ほか全国順次公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access