ザッカリー・リーヴァイ 関連記事

  • 『シャザム!』の続編企画が進行中か(※『シャザム!』場面写真)

    『シャザム!』すでに続編企画が進行中か 1作目の脚本家が続投

    映画

     日本では今月19日に公開予定の最新DCヒーロー映画『シャザム!』。本国アメリカでは現地時間5日に公開されて初週末の北米興行収入で1位に輝いたが、すでに続編企画が動いているようだ。1作目の脚本を執筆したヘンリー・ゲイデンが、再起用されたという。@@cutter The Wrapによると、デヴィッド・F・サンドバーグ監督と製作のピーター・サフラン氏も続投することが見込まれるとのことだ。  公開された初週末に北米興行収入約5350万ドル(約59億3850万円)を達成した『シャザム!』。謎の魔術師から“選ばれし者”としてスーパーパワーを授かった14歳の少年ビリーは、「シャザム!」と唱えるとゴールドの稲妻が目印の赤いボディスーツを着たスーパーヒーローに変身するようになる。最初はスーパーパワーと大人の外見を利用して悪ふざけをしていたが、Dr.シヴァナという強力な敵が現れ、スーパーパワーを狙われることに…。  見かけは大人、中身は子供の異色スーパーヒーローの活躍をコメディタッチに描き、映画批評サイトのRotten Tomatoesなどで90%以上の高評価を得ている。  海外ドラマのスパイコメディ『CHUCK/チャック』の俳優ザッカリー・リーヴァイがシャザムを演じ、Dr.シヴァナ役を映画『キングスマン』シリーズの俳優マーク・ストロングが務める。続編が制作される場合、シャザム役のザッカリーが再び赤いボディスーツを身に着けることが期待される。

  • 映画『シャザム!』場面写真

    『銀魂』福田雄一、『シャザム!』吹き替え監修&演出を担当 90秒の解説映像も公開

    映画

     映画監督の福田雄一が、DC映画最新作『シャザム!』の日本語吹き替え監修と演出を担当することが決定。併せて声優の杉田智和がナレーションを務める90秒の特別映像も公開された。福田監督は「猛烈なアメコミファンで、アメリカンギャグコメディが大好物! なところに! ワーナーさんから、こんなお話頂いたらやらないわけにはいきません!」と喜びのコメントを寄せている。@@cutter アメコミ史上初となる“悪ガキ”ヒーローをユーモラスに描く本作。主人公のビリー・バッドソン(アッシャー・エンジェル)はある日、謎の魔術師からスーパーパワーをゲットし、見た目は筋肉ムキムキのおじさん、中身は子どものままのシャザム(ザッカリー・リーヴァイ)に変身。悪ガキ仲間のフレディ(ジャック・ディラン・グレイザー)と一緒に、スーパーパワーを無駄遣いしまくる。そんなビリーの前に、謎の科学者Dr.シヴァナが現れ魔法の力が狙われることに。さらに、“7つの大罪”と称するクリーチャーたちが召喚され、相棒のフレディもさらわれてしまう。  洋画の日本語吹き替えの監修・演出の両方を日本の映画監督が担当するのは今回が初の試みとなる。実写映画『銀魂』シリーズやテレビドラマ『今日から俺は!!』など、独自のコメディセンスで幅広く活躍する福田監督は「弱い者が強く変身して活躍するという王道がたまらない! しかも今回、子供ですからね! 子供! その変身の振れ幅がガチ大きいわけです!」と今作の魅力を語る。  配給のワーナー・ブラザース映画は、福田監督の起用について「福田監督からは、声優陣のアイデアを頂き、吹替版“アベンジャーズ”?! 的に史上最大級に豪華なキャストを揃えることができました。吹替版をご覧になって『くだらねぇ~』って言って頂くことが最高の褒め言葉かと思っております(笑)」と自信を見せている。  特別映像は、コミカルなシャザムの映像と、「GW必見の悪ノリコメディ、シャザムを90秒でご紹介!」という杉田のナレーションからスタート。身よりがなく新しい家族と暮らし始めたビリーが、シャザムに変身を遂げ、仲間のフレディとスーパーパワーを遊び半分にテストしてみる様子を映した後、杉田の「ヤバい!時間がなくなってきた!」というナレーションに続き、Dr.シヴァナとのバトルシーンほか迫力満載の映像が展開する。  最後には、ザッカリー、アッシャー、ジャックの3人のキャストが登場し、日本に向けてコメント。ジャックが「“見た目はオトナ、中身はコドモ”がこの映画の魅力!」と語ると、アッシャーが「日本には有名なキャラクターがいるって聞いたよ。“見た目がコドモで中身がオトナの…”」と続ける。そして、ザッカリーが「その通り!『シャザム!』は『名探偵コナン』の逆、だから『逆コナン』ってあだ名が付いているんだ」と語り、日本の人気アニメシリーズを引き合いに出して本作を和気あいあいと宣伝している。  映画『シャザム!』は4月19日より全国公開。

  • 映画『シャザム!』場面写真

    『シャザム!』悪役の名手マーク・ストロングと対峙する場面写真初公開

    映画

     DC映画最新作『シャザム!』より、悪役の名手マーク・ストロング演じる謎の科学者Dr.シヴァナが主人公シャザムと対峙する姿などを捉えた場面写真が解禁された。@@cutter DCユニバースを背景に展開しつつ、独特のユーモアとファミリー向けのトーンを持つヒーロー、シャザム(ザッカリー・リーヴァイ)を描く本作。  主人公の少年ビリーはある日、魔術師から世界の救世主に選ばれ、「シャザム!」と叫ぶと、スーパーマンをしのぐほどの絶対的強さを秘めたスーパーヒーロー「シャザム」に変身できるようになる。しかし、身体はスーパーヒーローでも心は少年のまま。最初は楽しんでいたビリーだが、彼にはある使命が課せられていた…。  スーパーパワーを授かったビリーと、悪ガキ仲間でヒーローオタクのフレディの前に登場するのが、いまだ謎に包まれているがシャザムの宿敵にして強力なヴィラン(悪役)、科学者Dr.シヴァナだ。演じるのは映画『キングスマン』シリーズの教官兼メカ担当のマーリン役で知られるマーク・ストロング。マークは2011年の映画『グリーン・ランタン』でヴィランのシネストロ役を演じており、DC映画への出演は本作で2度目となる。また、『キック・アス』(2010年)ではマフィアのボス役を好演し、イギリス人俳優が演じる悪役をテーマにしたジャガーのCMにも出演するなど、ヴィラン役に定評がある俳優でもある。  解禁された場面写真には、スキンヘッドにサングラス、レザーコートと悪そうな雰囲気満載のDr.シヴァナが登場。対するシャザムはトボけた表情でシヴァナを指さし、まだ身の危険を感じていない様子。ほかにも、打って変わって真剣な表情で向かい合うシャザムとDr.シヴァナの姿や、フレディのヒーローグッズだらけの部屋でのワンシーンを捉えた場面写真も公開された。  マークはヒーロー映画におけるヴィランの役割について「スーパーヒーローには同様に強力なヴィランが必要で、そうでないと上手くいかないものだ。(アイザック・)ニュートンの言葉を借りると、どんな行動にも必ずそれと等しい反対の反応があるということだよ」と話し、「クリスチャン・ベールのバットマンにヒース・レジャーのジョーカーを思い浮かべるように、ヒーローに匹敵するヴィランが対峙しなければならないものなんだ」と指摘する。「本作ではヴィランの背景も描かれる」と明かしており、“悪役のプロ”であるマークの名演に期待したい。  映画『シャザム!』は4月19日より全国公開。

  • 『シャザム!』ポスタービジュアル

    『シャザム!』スーパーパワーをムダ使い!? 悪ノリ全開の新予告到着

    映画

     DC映画最新作『シャザム!【仮!】』の正式タイトルが『シャザム!』に決定し、併せて60秒の新予告編が解禁された。予告映像には、見た目は大人で中身は子どものヒーロー、シャザムの活躍がユーモアたっぷりに描かれている。@@cutter DCユニバースを背景に展開しつつ、独特のユーモアとファミリー向けのトーンをもつヒーロー、シャザムを描く本作。シャザム役を、海外ドラマ『CHUCK/チャック』シリーズのザッカリー・リーヴァイ、シャザムに変身してしまう少年ビリー・バットソン役をアッシャー・エンジェルがそれぞれ演じる。監督は映画『アナベル 死霊人形の誕生』のデヴィッド・F・サンドバーグが務める。  主人公の少年ビリーは、ある日、魔術師から世界の救世主に選ばれてしまい、ある言葉を叫ぶと、大人のスーパーヒーローに変身できるようになる。その言葉こそが「シャザム!」。その言葉を唱えれば、あのスーパーマンを凌ぐほどの絶対的強さを秘めたスーパーヒーロー「シャザム」に変身できるのだ。しかし、身体はスーパーヒーローでも、心は少年のまま。最初は楽しんでいたビリーだが、彼にはある使命が課せられていた…。  新予告編は、孤児院で育ったビリーが新しい家族と出会う場面からスタート。ビリーは謎の魔術師に言われるまま「シャザム!」と唱え、見た目は筋肉ムキムキのおじさん、中身は子どものままのシャザムに変身。稲妻パワーをスマートフォンの充電に使ったり、怪力を試したり、強盗を撃退したり、パワーを使ってやりたい放題のシャザム。そのほか「僕、スーパーヒーローです」と街の人にアピールする場面や、ヒーローにもかかわらず空を飛べないダサい姿も映し出されている。さらに、映像内に登場する文字『シャザム!(仮)』の(仮)が、爆発して無くなる演出も加えられている。  予告編と併せて解禁されたポスタービジュアルは、シャザムが口からガムをふくらませながら、スマートフォンを手に寄りかかるように立っている姿を捉えたもの。横に大きく書かれた「見た目はオトナ 中身はコドモ」のヒーローらしく、ギャップのあるルックスが笑いを誘うビジュアルとなっている。  映画『シャザム!』は4月19日より全国公開。

  • 映画『シャザム!【仮!】』ビジュアル

    DC映画最新作『シャザム!【仮!】』 笑いで世界を救う新ヒーロー、特報解禁

    映画

     DC映画最新作『シャザム!【仮!】』の公開が決定し、日本版特報が解禁された。映像では、見た目は大人だが中身は子どもというスーパーヒーロー・シャザムが、その能力で街を救おうとする姿が映されている。@@cutter DCユニバースを背景に展開しつつ、独特のユーモアとファミリー向けのトーンをもつ本作のヒーロー・シャザム役を、米ドラマ『CHUCK/チャック』シリーズのザッカリー・リーヴァイ、ヒーローに変身してしまう少年ビリー・バットソン役をアッシャー・エンジェルがそれぞれ演じる。監督は映画『アナベル 死霊人形の誕生』(2017)のデヴィッド・F・サンドバーグが務める。  主人公の少年ビリーは、ある日、魔術師から世界の救世主に選ばれてしまい、ある言葉を叫ぶと、大人のスーパーヒーローに変身できるようになる。その言葉こそが「シャザム!」。その言葉を唱えれば、あのスーパーマンを凌ぐほどの絶対的強さを秘めたスーパーヒーロー「シャザム」に変身できるのだ。しかし、身体はスーパーヒーローでも、心は少年のまま。最初は楽しんでいたビリーだが、彼にはある使命が課せられていた…。  今回解禁された日本版映像では、ビリーがスーパーヒーロー・シャザムへと変身する過程を描いているほか、道行く他人のスマホを超能力で勝手に充電してしまうおちゃめな一面も。また、自身のスーパーパワーで強盗を撃退し、「君たち! ボク、スーパーヒーローです!」と街の人々にアピールする姿も描かれている。  映画『シャザム!【仮!】』は、2019年4月19日より全国公開。

  • チャック役ザカリー・リーヴァイが『CHUCK/チャック』映画化への思いを語る(※『CHUCK/チャック』シーズン3の場面写真)

    ザッカリー・リーヴァイ『CHUCK/チャック』映画化に対する思いは健在

    海外ドラマ

     家電量販店で働く心の優しいオタク青年チャックが、ひょんなことから自分の脳に国家機密がぎっしり詰まったデータをダウンロードしてしまい、スパイとして悪と戦う羽目になる人気海外ドラマ『CHUCK/チャック』。主役のチャックを演じたザッカリー・リーヴァイが、本国アメリカでは2012年に放送が終わった同作の映画化を諦めていないという。E!Onlineが伝えた。@@cutter 今秋に放送される日本でも人気を博した海外ドラマ『HEROES/ヒーローズ』の新シリーズ『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』に出演するザッカリーだが、チャックへの愛は今も持ち続けているようだ。「どのエピソードもちょっとした映画のようだった」と当時を振り返り、「チャックはいつだって風変わりなジェームズ・ボンドみたいだった。毎週、任務があって悪い奴がいて、僕達は世界を救う必要があったからね」と語り、映画化への思いを明らかにしたそうだ。  数年前にもクラウドファンディングなどで資金を集め、『CHUCK/チャック』映画化を果たしたいと話していたザッカリー。『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』ではチャックとは似ても似つかない役を熱望したそうだが、「2年か1年おきくらいに2時間ほどの映画ができたらいいなと思っている。自分達のためという勝手な理由で、あの連中を再集結させるためだけに映画化できたら、すごく楽しいだろうね」と、機会があればまたチャックを演じてもいいと思っているそうだ。  美人の敏腕CIAエージェントでチャックの恋の相手だったサラ(イヴォンヌ・ストラホフスキー)と、チャックはどうなったのか。2人のその後が気になるシリーズフィナーレだったゆえに、映画化で掘り下げるのもいいかもしれない。

  • 『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』新予告編が解禁!

    『ヒーローズ』新シリーズ、コミコンで新予告編解禁 オリジナルキャスト達の姿も

    海外ドラマ

     米NBC局で9月24日(現地時間)より放送が始まる人気海外ドラマ『HEROES/ヒーローズ』新シリーズ『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』。日本でもアメリカから約1ヵ月遅れのリリースが予定されているが、7月12日(現地時間)のサンディエゴ・コミコンで、最新シリーズの長尺予告編が公開された。@@cutter 6月に公開された1分弱の映像に、さらなるフッテージが加わった約3分半の予告編。氷一面に覆われた地の果てで囚われの身となったアジア系の男性が、重り付きの鎖に繋がれた手首を自ら切断し、空高く飛び去っていく姿など、超人的な能力を持つ“普通の人々”が他にも大勢いることが明らかになる。  衝撃なのは、サポートグループのような集会に来ているザッカリー・リーヴァイ演じるルーク・コリンズ。「こうした力。自然ではない。安全ではない。彼らは信用できない。だから俺が思うに解決策は1つしかない」と言うと、カットが変わり立ち上がった彼がもう1人の女性と共に、その場にいた全員を撃ち殺す。彼は「EVO=Evolved Humans(進化した人間たち)」と名付けられ、人類の脅威に分類されたヒロたちを脅かす存在になるのか。  過去を封印したノア・ベネット(ジャック・コールマン)がハイチ人(ジミー・ジャン=ルイ)から封筒に入ったメガネを渡され、「メガネの男」が復活。成長したマイカ(ノア・グレイ=ケイビー)や長くなった髪を一つにまとめた、以前とは様相の違うヒロ、見事な刀裁きを披露する新キャラクター=日本人のミコ(祐真キキ)などの活躍が楽しみだ。  コミコンでは一番人気のヒロを演じるマシ・オカがスケジュールの都合で出演できず、メッセージ映像が流れるという展開だったが、マシが途中、映像から姿を消すと、ステージ脇から走ってきて登場するという演出で会場から拍手喝采を浴びたという。また企画・製作総指揮のティム・クリングいわく、登場が確認されていないサイラーとクレア・ベネットがどうなったかは「第13話のフィナーレが放送されるまでに、その答えの大部分が明らかになっている」らしい。

  • 『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』 今秋、日本上陸決定!

    『ヒーローズ』新シリーズ、今秋日本上陸決定!米国放送後、1ヵ月以内にHuluで配信

    海外ドラマ

     大ヒット海外ドラマシリーズ『HEROES/ヒーローズ』の新シリーズ『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』が今秋、日本初上陸が決定した。動画配信サービス「Hulu」にて、米国でのテレビ放送後、1ヵ月以内に字幕版でのスピード配信を予定している。@@cutter 本作は、全米で2006年からスタートし、大ヒットを巻き起こした伝説的ドラマ『HEROES/ヒーローズ』の生みの親ティム・クリングが、13話で構成した新シリーズ。スーパーヒーローのような特殊能力を突然授かった“ごく平凡な人々”による、生まれ変わった(Reborn)ストーリーが展開される。  物語は、1年前にテキサス州オデッサの街がテロリストの攻撃を受けたことで、その責任を超能力者(ヒーローズ)たちが問われているところから始まる。世間の目から身を隠している者、そして新たに能力に目覚める者…やがて彼らは過去の偉大なるヒーローズたちと出会い、地球と人類を救うために立ち上がる。  前作から引き続き、ヒロ・ナカムラ役のマシ・オカ、マット・パークマン役のグレッグ・グランバーグ、モヒンダー・スレシュ役のセンディル・ラママーシー、“ハイチ人”役のジミー・ジャン=ルイ、Mr.ベネット役のジャック・コールマンらお馴染みキャストたちが今回も登場。  さらに、テロ攻撃が生んだ悲劇への復讐計画を進める超能力者ルーク役に『CHUCK/チャック』のザッカリー・リーヴァイ、ジョアンヌ役に『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart2』のジュディス・シェコーニ。桁外れの力を隠しながら東京で失踪中の父を探す風変わりな女性ミコ役に『デス・ヤンキー3』の祐真キキ。その他、新たなヒーロー達とキャスト陣の出演も決定している。

  • 『HEROES/ヒーローズ』新シリーズにザッカリー・リーヴァイが出演!

    『HEROES/ヒーローズ』新シリーズ、『チャック』ザッカリー・リーヴァイが出演

    海外ドラマ

     ニューヨークや東京、インドなどを舞台に、突如、スーパーパワーを手にした普通の人々が、己の力や運命に翻弄されながら世界の終焉を招きかねない宿敵サイラーに挑む姿を描く『HEROES/ヒーローズ』。今年、13話構成のミニシリーズとして新シリーズが放送される予定だが、アクションと笑い満載の海外ドラマ『CHUCK/チャック』のチャック役で知られるザッカリー・リーヴァイの出演が決まった。@@cutter E!Newsによると、テレビ批評家協会が主催する「TCAウィンター・プレスツアー」にて、同ドラマを放送するNBCのロバート・グリーンブラット社長が明かしたという。「ザック・リーヴァイが数ヵ月前に発表のあったジャック・コールマンと共にキャストに加わることを喜んで発表いたします」とグリーンブラット。「新シリーズの詳細は秘密のベールに包まれていますので、ザックが演じる役柄についてはまだふせておきます」と出演決定の発表のみとなったが、今後数ヵ月のうちに他のキャストの発表があることを明かした。  オリジナルシリーズのファンだったというザックは声明の中で、「あの『HEROES』の世界を『Heroes:Reborn(原題)』でさらに展開できることを光栄に思っています」と語っている。  現在のところ明らかになっている出演者は、不死身のチアリーダー=クレア・ベネットの育ての親ノア・ベネット役のジャックとザッカリーの2人のみ。この数ヵ月のうちにキャストについてさらなる発表があるとのことだが、当初の計画ではミニシリーズ放送前にオンライン配信のデジタルシリーズでキャストやあらすじが紹介されるとのことだった。  新シリーズのプレミア放送日は明かされていないが、近々大きな進展が見られるのか。続報が届き次第お伝えしたい。

  • ザッカリー・リーヴァイがエヴァ・ロンゴリアと新ミュージカルドラマ製作へ

    『チャック』ザッカリー・リーヴァイと『デス妻』エヴァ・ロンゴリアが新ドラマ製作へ

    海外ドラマ

     海外ドラマ『CHUCK/チャック』のチャック役で知られる俳優ザッカリー・リーヴァイと、海外ドラマ『デスパレートな妻たち』のガブリエル役でお馴染みのエヴァ・ロンゴリアが、米NBC局の新ミュージカルドラマを共同プロデュースするそうだ。@@cutter Deadlineによると、ザッカリーは主演も兼ねる可能性があるという。ドラマのタイトルは『Tuned(原題)』。シングルカメラで撮影される30分のミュージカルドラマでコメディタッチだという。エヴァの製作会社UnbeliEVAble EntertainmentとユニバーサルTVが製作する。  舞台はニューヨーク。エリート・ニューヨーカーが、突然何もかもがミュージカルになるという幻覚に襲われ、人生が180度変わるというストーリーになるそうだ。脚本は映画『近距離恋愛』のデボラ・カプランとハリー・エルフォントのコンビが担当とのこと。  すでにディズニー・アニメ『塔の上のラプンツェル』のフリン・ライダー役で歌声を披露しているザッカリー。『CHUCK/チャック』でもコメディタッチの演技をこなしているとあり、主演することに決まれば、新たなハマリ役になりそうだ。

  • 海外ドラマ「CHUCK/チャック」ザッカリー・リーヴァイ

    ザッカリー・リーヴァイ、「CHUCK」映画化を熱望!「ヴェロニカ・マーズ」に続け?

    海外ドラマ

     先日、ファンの募金のおかげで製作資金が集まり、見事、映画版が製作されることになった人気海外ドラマ「ヴェロニカ・マーズ」。同作品の映画化実現を受け、人気海外ドラマ「CHUCK/チャック」で主役を演じたザッカリー・リーヴァイが、「ヴェロニカ・マーズ」に続いて、自作の映画化を熱望していることを明らかにした。@@cutter そもそも「ヴェロニカ・マーズ」の映画化が実現したのは、資金調達を行うサイト「Kickstarter」で、クリエイターのロブ・トーマスが資金の募集を呼びかけたことがきっかけだ。  ザッカリーは、13日にツイッターで「このニュースは僕の信念を支持するものになると信じている。僕は君たちに#ChuckMovieをもたらすことができるかもしれない。気長に待っていてくれ。乞うご期待」とファンに向けツイート。  またビバリー・ヒルトン・ホテルで行われたチャリティー・イベントに出席したザッカリーは、「前からずっと『CHUCK』が映画になったら楽しいだろうなと想像していた」とコメント。「もしテレビ放送中に収益が上がっていて、ファンのみんなにダイレクトにアピールすることが出来ていたら、まだ番組は続いていたかもしれないしね」と語った後、さらに「実際にはいろいろと話し合わないといけないことがたくさんあるんだ。僕は、クリエイターのジョシュ・シュワルツ、クリス・フェダクと実際、話しているんだよ。二人ともどれだけ映画を作りたがっているか、わかるだろう。もちろん、僕だって映画に参加したいよ。それも二人のためにね。だって彼らが番組のクリエイターだし、また製作してくれたワーナー・ブラザースのためにもね」  「ヴェロニカ・マーズ」映画化成功の方法について尋ねられたザッカリーは「常に、僕も、作品がこの先どこまで進むのかについてずっと考えながら、情熱を持って演じてきた。だからやりたいことを何でもダイレクトにファンに伝えて可能にする方法というのは純粋なことだと思う」とも話している。「クリステン(・ベル)とロブが成し遂げたのは素晴らしいと思うし、彼らがどれほどファンを大切に思っているかも素敵なことだと思うんだ。二人が頭を駆使して、ファンに呼びかけ、誰も成し遂げたことがない方法で、『ヴェロニカ・マーズ』の旅を終わらせたいと思ったのも素晴らしいよね。だから早く彼らの映画を見たいな。待ちきれないよ」  ファンからの募金によって製作資金を募集し、映画を製作するというのは非常に稀な例だが、「ヴェロニカ・マーズ」の成功は、今後のドラマの映画製作に新たな方向を示したようだ。

  • 初来日を果たしたザッカリー・リーヴァイ

    “世界一セクシーなオタク”がアキバ初上陸!「チャック」Z・リーヴァイ「刺激が強すぎた(笑)」

    海外ドラマ

     家電量販店で働くコンピューター・オタクの青年チャックが、“時給11ドルで世界を救う”第一級スパイ・アクション「CHUCK/チャック」。このたび、サード・シーズンがリリースされたことを記念して、“世界一セクシーなオタク”こと主演のザッカリー・リーヴァイが初来日を果たした。“世界一セクシーなオタク”は本当のなのか?ザッカリーの素顔に迫るためインタビューを行った。 @@cutter 世界一セクシーなオタク”と言われているザッカリー。それについて当の本人は「ありがたく頂戴するよ♪」と満面の笑み。チャック同様、自身もオタクだと明かし「ビデオゲームが大好きだったり、漫画が大好きだったり、メカオタクだったり…。子供ころからずっと変わらないよ」と筋金入りのオタクだと告白する。日本のアニメも好きなのだろうか?「『AKIRA』には衝撃を受けたね(笑)。アメリカでは、アニメは子供に見せるものっていう認識があるんだけど、大人向けのアニメがあるってことを知ったからね、すごく驚いたよ」とのこと。秋葉原にも行ったらしく「本当に色々あって、刺激が強すぎた(笑)。色んなメカを見たり、クラブ セガで古いゲームや新しいゲームをして遊んだよ」。  サード・シーズンでは、前シーズンまでのスパイ仲間から守ってもらう立場とは大きく違い、チャック自身が優秀なスパイとしてアクションを披露している。「小さい頃からジェームズ・ボンドに憧れてたから、嬉しかったよ!スパイとしても一人前に成長したチャックの姿も見れるしね」。だが、スパイとして多くを身に付けなければならないため「とにかく新しいことをやらなきゃいけなくて、カンフーだったり、サルサだったり、外国語をしゃべらないといけなかったり…。どれもやるにも練習する時間がすごく限られてたから、時間という面で難しかったよ。でも、やりがいもあったし、楽しかったね」と撮影を振り返る。  “オタク=草食系男子”であるチャックだが、自身の場合は草食系、肉食系どちらのタイプなのだろうか。「僕は中間かなぁ。引くときもあれば積極的に攻める時もあるし。割と外交的だからね…でもやっぱり中間かな」とのことだ。  本国では、すでにフィニッシュを迎えている本作。今後の予定を聞くと「今のところまだ何も決まってないんだ。『チャック』はとにかく重労働でそれが5年も続いたから、ここで一休みしようと思ってるんだ」。だが、完全にオフを満喫するようでもなく「BREAK.comと僕が運営しているthe nerd machine.comというサイトがあるんだけど、そこで3本の短編を撮ったんだ。サンディエゴで開催されるコミコン用になんだけど、その3本が今月末頃にリリースされるよ」と明かした。ザッカリー・リーヴァイ好きには、見逃せない情報である。(取材・文:鈴木沙織 写真:佐藤裕美子)  「CHUCK/チャック<サード・シーズン>」コンプリート・ボックス発売中/DVDレンタル&オンデマンド配信中

  • 優木まおみとザッカリー・リーヴァイ

    優木まおみ、三十路過ぎのコスプレは正直キツい?海ドラ「チャック」ウエイトレス姿でツインテールを披露

    海外ドラマ

     11日、海外ドラマ「CHUCK/チャック<サード・シーズン>」のプレミア試写会が都内にて開催され、主人公チャック役のザッカリー・リーヴァイと優木まおみが登壇。 ドラマ内でキャストが着用するウエイトレスのコスプレで登場した優木は「着ているだけでテンションが上がります」とまんざらでもなさそう。だが、今年32歳という年齢にふれ「キツイです!キツイですけど、まだまだイケるという気持ちで(笑)」と語った。@@cutter 海外ドラマ「CHUCK/チャック」は、家電量販店“バイ・モア”のパソコン修理コーナーに勤めるコンピューター・オタクの青年チャックが、“時給11ドルで世界を救う”第一級スパイ・アクション。  本ドラマのファースト・シーズン発売時に宣伝隊長をしていた優木。このたび初対面したザッカリーについて「すごくフレンドリーで明るい。それに『チャック』の時とは違って、実際はダンディーでカッコイイ」と絶賛する。  今回、初来日となったチャック役を演じるザッカリー。覚えたての「コンニチワー!」「アリガトー!」を連発し、終始ゴギゲンな様子。会場に集まった満員の観客を見て「みなさんに熱いサポートをして頂いて…感極まって泣きそうです」と漏らす。また、コスプレをした優木を見て「似合ってますよ」と褒めるも、「実は僕も着てみたかったんだけどね」とオドけた。  すでに、日本に数日滞在しているというザッカリーは「昨日は京都でサイクリングをしていたんだ」と明かし「スカイツリーにも行きたいって言ったんだけど、ダメだって言われたんだ」とコメント。今後の予定についても「カラオケに行きたい。あとディズニー・シーにも行きたいね」と満面の笑みで語った。  海外ドラマ「CHUCK/チャック<サード・シーズン>」は2012年6月6日(水)より、コンプリート・ボックス好評発売中

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access