福山潤 関連記事

  • 「TVガイドVOICE STARS vol.9」は3月29日発売(東京ニュース通信社刊)

    福山潤、“露出度高め”でアバンギャルドな撮影に「初めて尽くし」

    アニメ・コミック

     声優・福山潤のスタイリッシュでクールな写真の数々が、「TVガイドVOICE STARS vol.9」に掲載されることがわかった。世界的写真家による撮影について福山は「露出度高め、そしてアバンギャルドな感じで撮っていただきました」とコメントを寄せている。@@cutter 福山は声優として20年ものキャリアを持ち、4月スタートのTVアニメ『真夜中のオカルト公務員』では主演を務めるなど、第一線で活躍中。さらに同アニメのOPテーマ「dis‐communicate」を歌い、4月24日にリリースを控えている。  そして今回、「TVガイドVOICE STARS vol.9」にて、世界的写真家のレスリー・キーによる撮り下ろし連載に福山が登場。同連載にはこれまで、小野賢章、梅原裕一郎、KENN、島崎信長、増田俊樹、梶裕貴、DearDream、岡本信彦らが登場し、既存の声優誌では決して見られない、スタイリッシュでクールな写真の数々が業界内外で話題を呼んでいる。  解禁されたカットは、花に囲まれた福山のスタイリッシュな姿などが収められた2枚。発売に向けて福山は「これまでの連載を見させていただいて思ったのは、『みんな濡れてるなぁ』と(笑)」とコメント。続けて、世界的写真家とのセッションに「私も露出度高め、そしてアバンギャルドな感じで撮っていただきました。何より、こんなにジャンプをしたのも初めて(笑)! 撮影としては初めて尽くしで、とてもいい経験になりました。本当に素晴らしい写真になっているので、皆さんの反響が楽しみです」と撮影を振り返っている。  また、本誌の表紙を飾るのは、主演舞台『錆色のアーマ』の新作公演を控える増田俊樹。「増田俊樹、覚醒の時。」とのタイトルで特集が組まれ、ホテルで撮影されたスタイリッシュな撮り下ろしポートレートも掲載される。  「TVガイドVOICE STARS vol.9」(東京ニュース通信社刊)は3月29日発売、価格は1200円(税別)。

  • anan特別編集『えいがのおそ松さん』OFFICIAL BOOK(マガジンハウス)表紙

    『えいがのおそ松さん』、描き下ろし満載のオフィシャルブック発売

    アニメ・コミック

     公開中の映画『えいがのおそ松さん』より、女性グラビア誌「anan」の特別編集版としてオフィシャルブックが発売されることが分かった。キャラクターデザインの浅野直之による描き下ろしイラストや6つ子のキャスト陣全員のインタビューなど、ファン必読の内容となっている。@@cutter 『えいがのおそ松さん』は、2015年10月からTVアニメ第1期、2017年10月からは第2期が放送された、TVアニメ『おそ松さん』の完全新作となる劇場版作品。赤塚不二夫の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、大人になっても定職に就かず、実家で暮らし続ける松野家の6つ子たちが描かれる。  これまで、「anan」史上初めてアニメが表紙を飾った2016年5月11日発売の「教えて、手相!」特集号は数日で完売、さらに2017年3月14日発売の特別編集本第1弾「anan 特別編集 おそ松さん SPECIALBOOK」は3刷まで至る大人気ぶりを発揮し、『おそ松さん』×「anan」のコラボレーションは、社会的にも大きな反響を巻き起こしてきた。その後、テレビシリーズ2期が放送中だった2017年11月15日発売号でも「anan」の表紙を飾った6つ子たちが、現在公開中の映画『えいがのおそ松さん』の公式本として、『anan』に4回目の登場を果たす。  キャラクターデザイン・浅野直之が表紙を含め過去最大点数である18カットを描き下ろしたイラストや、さらに“神キャスト”とも称される6つ子のキャスト陣(櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由)全員のロングインタビューとグラビアも収録。特別付録として浅野直之原画のステッカー&ポストカードが付くなど、まさにファン垂涎、完全保存版の一冊となりそうだ。  anan特別編集『えいがのおそ松さん』OFFICIAL BOOKは、マガジンハウスより4月3日発売。価格は1500円(税込)。

  • TVアニメ『ペルソナ5』第8巻、描き下ろしジャケットイラスト解禁

    TVアニメ『ペルソナ5』第8巻、描き下ろしジャケットイラスト解禁

    アニメ・コミック

     TVアニメ『ペルソナ5』より、1月30日発売となるブルーレイ&DVD第8巻のジャケットイラストが解禁され、キャラクターデザイン・石川智美描き下ろしによるの春(ノワール)のビジュアルが公開された。また福山潤、戸松遥、石浜真史監督によるオーディオコメンタリーをはじめとした特典情報も明らかになった。@@cutter 本作は、全世界累計出荷本数220万本を突破した、大人気ジュブナイルRPG『ペルソナ5』のTVアニメ化。ある出来事をきっかけに“ペルソナ”使いとして覚醒した雨宮蓮は、新たに出会った仲間達とともに「心の怪盗団」を結成。悪しき欲望に塗れた大人達の"歪んだ欲望"を盗んで改心させていく。その一方、街では不可解な精神暴走事件が次々と起こっていた。  今回、19話・20話・21話が収録される第8巻の描き下ろしジャケットイラストとアナザージャケットイラストの2種類が解禁。特典には、同作で声優を務める福山、戸松、および石浜監督によるオーディオコメンタリーに加え、「劇伴サントラCDvol.3」、アプリ『PERSONA O.A.』にて期間限定先行ペルソナ(ミラディ)と1万2000ペルソナポイントがゲットできるコードと、豪華仕様となっている。  また、5月29日発売予定の第11巻には、年末特番アニメーション「Dark Sun...」の収録および未放映話1話の収録に加え、昨年11月25日に開催されたスペシャルイベントの朗読劇映像が収録される。

  • 劇場版『えいがのおそ松さん』ティザービジュアル

    劇場版『えいがのおそ松さん』ティザービジュアル&予告編解禁

    アニメ・コミック

     『おそ松さん』待望の劇場版作品『えいがのおそ松さん』が、2019年3月15日に公開決定。予告編とティザービジュアルも公開され、ちゃんとした大人になった同級生たちと再会し、やさぐれるいつも通りの6つ子に加え、後半には学生服を着たカットも登場した。@@cutter 本作は、2015年10月からTVアニメ第1期、2017年10月からは第2期が放送された、TVアニメ『おそ松さん』の完全新作となる劇場版作品。赤塚不二夫の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、大人になってもクズでニートだけど、どこか憎めない6つ子の姿が描かれる。  新たに公開された予告編では、高校の同窓会に出かけ、ちゃんとした大人に成長した同級生たちと再会し、冴えない自分たちとのギャップに落ち込みやさぐれる、いつも通りの6つ子が描かれる。また一方で、後半には学生服を着た6つ子のカットも登場。古川登志夫による静かで抑えたナレーションと壮大な音楽も相まって、今までとは違うストーリー展開を予感させる仕上がりとなっている。  さらにキャラクターデザイン・浅野直之描き下ろしのティザービジュアルが2枚公開。6つ子が教室でたそがれる姿と、学生服を着て河原を歩く様子が描かれ、「俺たちいつから大人なの?」という青春感あふれるキャッチコピーとともに、より哀愁漂うイラストになっている。  また「特典付前売券(ムビチケカード)第2弾」が11月25日より、全国の上映予定劇場にて販売開始。特典は浅野による、描き下ろしの缶バッジ(全6種)で、1枚につき1種類がランダムでプレゼントされる。価格は1500円(税込)。  劇場版『えいがのおそ松さん』は、2019年3月15日公開。

  • 福山潤、『フリクリ プログレ』インタビュー

    新事務所を立ち上げた福山潤、原動力はつねに「楽しいという気持ち」

    アニメ・コミック

     伝説的アニメ『フリクリ』が、完全新作の劇場版『フリクリ オルタナ』『フリクリ プログレ』となって登場。『フリクリ プログレ』に出演する声優・福山潤を直撃すると「難解に見えるけれど、描いているのはド直球のドラマ。シンプルなボーイ・ミーツ・ガールの物語」と魅力を分析する。その言葉通り、思春期のピュアなパワーが溢れ出すような物語となったが、福山自身も“好き”や“楽しい”というまっすぐな想いに導かれ、ここまで歩んできたという。『フリクリ』の世界に飛び込んだ感想や、“生涯青春”ともいうべき、声優道の歩み方について話を聞いた。@@cutter 2000年から2001年にかけてリリースされたOVAシリーズ作品『フリクリ』の続編として、ヘッドフォンの少女ヒドミ(CV:水瀬いのり)と、クラスメイトの熱血少年・井出(CV:福山)を中心としたドラマを描く本作。「難解」とも言われる本シリーズだが、オーディションを経て井出役を得た福山は「シナリオと一緒に、前作から引き継がれている用語や設定が書かれた分厚い資料をいただいて。その資料を読むだけでもかなり時間がかかる」と苦笑い。  しかし、台本から感じたのは「ヒドミと井出が、どんな関係になっていくか。壮大な出来事に巻き込まれていきますが、核となるのはシンプルな少年少女の出会いの物語。ボーイ・ミーツ・ガールの物語だと思いました」とシンプルなテーマだったという。「映像としては斬新な手法を取りながらも、描いているのはド直球のドラマ。大胆に説明を省いた上で、どれだけ演出でドラマを見せていくか。『フリクリ』が生まれたのは、そういうアイディアが多くあった時代だと思うんです。僕はその時代の作品を見て、アニメが好きになりました。今回の新作にも、その部分がきちんと落とし込まれていたので、夢中になっていた当時の感覚を思い出しました」と語る。  ヒドミと井出の関係性についても「井出は常にヒドミを心配し、応援して、守ろうとする。でも実際は、ヒドミに井出が守られていたりもする。そういった関係性が言葉ではなくて、彼らの行動や起きる出来事で観ている側に提示される」と言葉で理解するものではない様子。井出を演じる上では、まっさらな気持ちで飛び込むことを大事にしたそうで「多感な思春期にいる少年。女性に興味があって、ヒドミのことが気になって、好きになっている。井出のエネルギーや、ヒドミへの一途さを表現できればと思っていました」という。@@separator アフレコでは、共演した女性陣の演技に圧倒されるばかりだったという福山。「水瀬さんの演じたヒドミは大変難しい役。でも彼女は、自分の見せなければいけないものをしっかりと理解して、堂々と演じられていて“若いのにすごいな”と思って見ていました。僕が彼女と同い年くらいの頃なんて、そんなことできなかったですよ(苦笑)。しかもラハル役の林原めぐみさんとガッツリと対峙しなければいけない。僕は出番が終わると、台本を置いて水瀬さんや林原さん、沢城(みゆき)さんのやり取りを“すごいなあ”と思いながら見ていました。アニメ好きとしては、大変シビれるものを見せていただきましたよ!」と刺激的な現場を大いに楽しんだという。  「こういう形のエンタテインメントがあってもいいということに、恐れずに向かっていく作品」と『フリクリ』の魅力を語るが、福山自身も今年、新事務所「BLACK SHIP株式会社」を立ち上げるなど、新たな道を切り開いている。いつも原動力となるのは「楽しいという気持ち」だそうで、「辛いことやキツイことを避けるための楽しさではなく、大変なことをいかに楽しさに変えていくか。それが大事だと思っています」とニッコリ。「CEO(こう書くと大企業みたいですが超絶小さな弱小企業です 笑)になって責任は増えていくと思いますが、“好き”が高じて始めたことをいまだに楽しんでやれていることに喜びを感じています。もともとは好きだった女の子が声優志望だったから、一緒に養成所に通いたくて始めたことでもあって(笑)。それこそ井出じゃないですけど、思春期のこじらせから、大好きなことに出会えたというのはものすごくうれしいことですね」と充実感いっぱいの笑顔を見せていた。(取材・文・写真:成田おり枝)  『フリクリ プログレ』は公開中。

  • 『おそ松さん』SPイベントにファン熱狂

    『おそ松さん』イベントにファン熱狂 想像を超えた“長なわとび”対決

    アニメ・コミック

     TVアニメ『おそ松さん』第2期スペシャルイベント「フェス松さん’18」が19日、パシフィコ横浜にて開催された。イベントでは特大発表として『おそ松さん』の映画化が発表されたほか、キャスト陣が体を張って“着ぐるみ”の6つ子たちと対決に挑んだ「ファン感謝デー in フェス松さん」や完全新作の朗読劇なども行われ、ファン大熱狂のイベントとなった。@@cutter 『おそ松さん』は、赤塚不二夫生誕80周年を記念して制作・放送されたTVアニメ。赤塚不二夫の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、クズでニートな大人に成長した6つ子を主人公として一話完結で描く、笑えて、泣けて、ほっこりも出来る予測不能なギャグコメディ。    櫻井孝宏(おそ松役)、中村悠一(カラ松役)、神谷浩史(チョロ松役)、福山潤(一松役)、小野大輔(十四松役)、入野自由(トド松役)、遠藤綾(トト子役)、鈴村健一(イヤミ役)、國立幸(チビ太役)、上田燿司(デカパン役)、飛田展男(ダヨーン役)、斎藤桃子(ハタ坊役)の総勢12名のメインキャストが一堂に会した同イベント。同作の脚本を手掛ける松原秀が同イベントのために書き下ろした脚本による朗読劇「なんでもない こぼれ話集」や、キャスト同士のトークショー、賞金を賭け6つ子を演じるキャスト陣VS“着ぐるみ”の6つ子で対決した「ファン感謝デー in フェス松さん」や着ぐるみによるコントなど、盛りだくさんの内容を展開。    朗読劇は、チョロ松×トト子「海」、おそ松×一松「アイス」、イヤミ×十四松×トド松「とりひき」、デカパン×ダヨーン「おっさんのラブ」、トド松×十四松×一松×カラ松「お金返して」、チビ太×ハタ坊×チョロ松「ケンカ」、カラ松「サマー仮面 in フェス松」の7エピソードを紹介。中でも「サマー仮面 in フェス松」では、朗読劇開始前にサマー仮面ver.の着ぐるみカラ松が登場していたこともあり、大盛り上がりとなった。    イベント内で1番黄色い歓声が響いたのは、キャストチームVS着ぐるみチームで競技対決を繰り広げた「ファン感謝デー in フェス松さん」。小野大輔VS十四松「十四松ダンス」、中村・福山・入野VS6つ子「6つ子ポージング」、櫻井・神谷VSおそ松・チョロ松「グルグルバットハグ」、キャスト6人VSおそ松・カラ松「長なわとび」対決を実施。「長なわとび」では、その名の通り長なわとびを何回飛べるかを対決。普段見ることのない人気声優らの体を張った対決に、会場中から笑いや歓声が上がった。    そして、イベント最後に劇場版『えいがのおそ松さん』が発表されると、ファンの興奮が最高潮に。おそ松役の櫻井が「楽しみに待っててください」とアピールし、幕を閉じた。    『えいがのおそ松さん』は2019年春公開。

  • 劇場版『えいがのおそ松さん』超ティザービジュアル

    あの6つ子が銀幕で大暴れ!劇場版『えいがのおそ松さん』公開決定

    アニメ・コミック

     2017年10月~2018年3月にかけてテレビ東京ほかにて第2期のTVアニメが放送された『おそ松さん』が、初の完全新作劇場版長編作品、劇場版『えいがのおそ松さん』として、2019年春に全国公開されることが決定した。公開決定に併せて特報映像も解禁された。@@cutter TVアニメ『おそ松さん』は、赤塚不二夫のギャグ漫画『おそ松くん』を原作に、主人公である6つ子たちが、クズでニートの大人に成長してしまった姿を描いた作品。2015年10月~2016年3月まで第1期が、2017年10月~2018年3月まで第2期が放送され、2016年には「流行語大賞」にノミネートされるなど社会現象化するほど話題となった。劇場版では6つ子たちが高校の同窓会に出かけ大騒動を巻き起こす。  このたび公開された特報は、映画になったというのに相変わらずのテンションでおどける長男・おそ松が「賞とっちゃう?」と浮かれまくっているところに、金だらいが落下。いつものダメ男らしさを披露している。  さらに解禁された超ティザービジュアルは、キャラクターデザインを手掛ける浅野直之描き下ろしのイラストがデザインされており、映画のスタッフになりきった6つ子たちがスクリーンの中で躍動する姿が描かれている。  監督には、『劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』の藤田陽一、脚本には藤田と共にTVアニメ『銀魂』シリーズを手掛けた松原秀が起用された。  また本作の前売特典には、超ティザービジュアルを使用した劇場オリジナルクリアファイル(A4)が数量限定で配布され、6つ子それぞれのイラストを用いた全6種類から選ぶことができる。  劇場版『えいがのおそ松さん』は2019年春に全国公開。

  • TVアニメ『明治東亰恋伽』ティザービジュアル

    TVアニメ『明治東亰恋伽』2019年1月放送開始&ティザービジュアル解禁

    アニメ・コミック

     明治時代にタイムスリップした女子高生と明治の偉人との恋愛を描くTVアニメ『明治東亰恋伽』の放送が2019年1月に決定。本作のキャラクターデザイン・山中純子によるティザービジュアルも公開された。@@cutter 『明治東亰恋伽』(通称:めいこい)は累計プレイヤー30万人を誇る、同名の歴史恋愛ファンタジーゲームが原作。明治にタイムスリップしてしまった主人公・綾月芽衣が歴史上の偉人たちと出会い、恋に落ちるというストーリーが描かれる。現在、新作アプリゲームのリリースをはじめ、実写ドラマ、実写映画の制作が決定している。  1月に神奈川・パシフィコ横浜で行われたイベント「明治東亰恋伽~ハイカラ浪漫劇場5~」にて、TVアニメの制作スタッフ、および森鴎外、菱田春草、綾月芽衣のキャラクターデザインが発表されて以来、ファンの間で期待が高まっていた本作。今回解禁されたティザービジュアルには、全キャラクターが勢ぞろいしている。  また、TVアニメ版のキャストには森鴎外役・浪川大輔、菱田春草役・KENN、川上音二郎役・鳥海浩輔、泉鏡花役・岡本信彦、藤田五郎役・福山潤、小泉八雲役・立花慎之介、岩崎桃介役・細谷佳正、チャーリー役・森川智之と、人気声優が集結した。さらに主人公・綾月芽衣役のキャラクターボイスは、過去に公開された劇場版アニメから引き続き、諸星すみれが務めることとなった。  TVアニメ『明治東亰恋伽』は、2019年1月より放送開始。

  • 『クライシス・オン・アースX 最強ヒーロー外伝』で吹替えを務める声優陣 (左から)江川央生、小松未可子、日野聡、福山潤

    福山潤、小松未可子ら“DCチーム”集結 クロスオーバーは「お祭り気分が最高潮になる」

    海外ドラマ

     大人気DCドラマ4作品、『THE FLASH/フラッシュ』『ARROW/アロー』『SUPERGIRL/スーパーガール』『レジェンド・オブ・トゥモロー』のクロスオーバー作品『インベージョン!最強ヒーロー外伝』の大ヒットを受け、第2弾『クライシス・オン・アースX 最強ヒーロー外伝』が8月8日にDVDリリース。それぞれの作品で吹替えを務める声優の福山潤、日野聡、小松未可子、江川央生に作品の魅力について話を聞いた。@@cutter@@insert1  本作は、バリー・アレンとアイリス・ウェストの結婚式の日から始まる。スーパーヒーローたちが集ったところをアースXからの悪党たちに攻撃され、式は中断。しかし、スーパーヒーローたちは、ザ・レイ、フェリシティ・スモークら友人の力を借りて、一丸となってこれまでで最も手強い悪党たちに立ち向かう。  キュートなスーパーガール(小松)、最速ヒーローのフラッシュ(福山)、孤高のヒーローのアロー(日野)、さらに『レジェンド・オブ・トゥモロー』の荒くれ者のヒートウェーブ(江川)が出演する『クライシス・オン・アースX』。 @@insert2 ―4作品のクロスオーバー第2弾となる『クライシス・オン・アースX』(全4話)の収録はいかがでしたか? 小松:「1話目は『スーパーガール』のエピソードだったので、これまでは皆さんの作品にお邪魔していた私が、皆さんに来ていただいたというのが嬉しかったですね。バリー(フラッシュ)の結婚式から始まるのですが、今回のクロスオーバーではそれぞれの恋愛模様が描かれているのが楽しみです」。 日野:「前回のエイリアンのドミネーターとの戦いを経て、今回は謎の黒ずくめの集団と戦うクロスオーバーです。アロー役のスティーヴン・アメルさんが『スーパーガール』に出たいと言っていて、僕もお邪魔したいと思っていたので、アメルさんと気持ちがつながっていたんだなと(笑)。『アロー』チームには『スーパーガール』ファンが多いので、代表してフェリシティと共に参加できて嬉しかったです」。 福山:「大型のクロスオーバーができるのは、お祭り気分が最高潮になりますね。第1話はお祭り感満載です。キャストが楽しそうなので、アフレコするのも面白く、見たら絶対に楽しい作品になっていると思います。バリーとアイリスは紆余曲折あって、ようやく結婚式を迎えたのに、ここでまたブチ壊しになるという(笑)。彼らは前途多難ですが幸あれと思う第1話でした」。 江川:「今後の展開が楽しみという、視聴者のみなさんと同じ気持ちですね(笑)」。 ―今回のそれぞれのキャラクターの見どころは? 江川:「第1話のミック(ヒートウェーブ)は食って飲んで寝ていたっていう状態なので(笑)、気ままなミックが今回はどこまでみんなと協力して戦うのか、そこが見どころだと思います。やる時はやる男ですからね」。 小松:「今回のスーパーガールの敵はオーバーガールというキャラクターなんですが、完全に同じ見た目なんです。これまでスーパーガールもプライベートでうまくいかない時などに心の弱さからダークヒーローに陥りそうなことがありましたが、それを乗り越えてきた彼女が自分とそっくりの悪にどう立ち向かっていくのかが見どころです。オーバーガールサイドの人間関係も気になるところです」。 日野:「もともとアローはダークヒーローではあったのですが、最近はダークな部分がなくなってきたところ、恋愛関係で心が折れることが度々ありまして(笑)。今回のクロスオーバーでも、彼の恋愛関係における心の弱さみたいなものが少し浮き彫りになるのが見どころの一つかと思います。そんな中、ダークアローという敵が登場し、彼とオーバーガールとの関係もお祭りならではの見どころになりそうです」。 福山:「『フラッシュ』チームにもダークフラッシュというのが出てくるんですが、オーバーガールは小松さんがやっているし、ダークアローは(日野)聡がやっているから俺も…と思って、香盤表を見たらダークフラッシュは宮本(充)さんの名前になっている。ということは…と思ってマスクを脱いだら、演じていたのはやっぱり(ハリソン・ウェルズ/リバース・フラッシュ役の)トム・キャヴァナーさんだった。『またお前か!』と思いましたよ(笑)」。 日野:「何度立ちはだかるんだってね(笑)」。 福山:「宮本さんとの掛け合いは楽しみなんですけどね」。 ―オーバーガールとダークアローという悪役とご自身の役を演じるにあたって、小松さんと日野さんはどのように声を演じ分けたのでしょうか? 日野:「その都度、監督の指示に従いながら、調整しながら、ダークアローという新キャラクターの役作りをしていきました。一応悪役ではありますが、特にドスを利かせるというより、むしろ淡々と冷たい感じで演じました」。 小松:「オーバーガールには彼女なりの行動理念があって、自分が悪だとは思っていないんじゃないかと思うんです。なので、“ザ・悪役”に見える演じ方ではなく、日野さんがおっしゃっていたように淡々と、感情をのせ過ぎず演じる、そういったディレクションをいただきました」。 @@insert3 ―4作品のボイスキャストが一堂に会する収録現場ですが、みなさん盛り上がりましたか? 福山:「アローは基本暗いので、『明るくていいな』って聡がね(笑)」。 江川・小松:爆笑 日野:「そうなんですよ、特に結婚式の場面は明るかった(笑)。『アロー』は夜か室内の場面が多く、人間関係も複雑だから、日の当たる青空の下、楽しく話している姿はやっぱりいいなって思いました。フェリシティが生き生きしているしね!」。 江川:「『レジェンド』は、ロマンスがないことはないけど、かなり薄いから、今回みたいに集まると、『いいなぁ、みんな楽しそう』って思っちゃうんだよね(笑)」。 福山:「その分、ミックは面白いことを全部やってくれるから!」。 江川:「コメディリリーフだからね。『レジェンド』チームは、きっと引っかき回してくれるんじゃないかと楽しみだよ!」。 ―ありがとうございます。では最後に『クライシス・オン・アースX』のオススメポイントをお願いします。 江川:「それぞれのヒーローのキャラクターが立っているところですね。日本語吹替えもそれぞれに合っているので、もし馴染みのないヒーローがいたとしても楽しんでもらえるんじゃないかな」。 福山:「日本では特撮やアニメで“頂上バトル”といった作品が多く作られた時期がありましたが、その頃に見ていた世界観がハイクオリティの実写TVシリーズで繰り広げられているのが凄いなと。ヒーローとヴィランの肉弾戦や、いろいろなアングルを使った高速戦闘など、ありとあらゆるアクションを楽しめると思います」。(取材・文:清水久美子)  海外ドラマ『クライシス・オン・アースX 最強ヒーロー外伝』は、8月8日DVD発売&レンタル開始。 @@insert4 @@insert5

  • 『真夜中のオカルト公務員』PV解禁 主人公は福山潤

    『真夜中のオカルト公務員』PV解禁 主人公は福山潤

    アニメ・コミック

     TVアニメ『真夜中のオカルト公務員』のアニメビジュアルとPV第1弾が公開された。また、主人公・宮古新を福山潤が演じることも明らかになった。@@cutter 『真夜中のオカルト公務員』は、たもつ葉子による「コミックNewtype」(KADOKAWA)で連載中の同名コミックが原作。製作には、監督を渡邊哲哉、シリーズ構成に樋口達人、キャラクターデザインは伊藤依織子が務める。アニメーション制作はライデンフィルムが担当する。  公開されたPV第1弾では、東京23区の区役所に人知れず設けられた“夜間地域交流課”に配属された、福山演じる宮古新のボイス入り。天使に悪魔、妖怪に妖精など、人ならざるもの“アナザー”が巻き起こす事件に夜間地域交流課の面々が立ち向かう、物語の概要が描かれた内容だ。  原作者・たもつ葉子は今回のアニメ化に「アニメ化のお話をいただいてから、アニメを製作される皆様とお話しする機会を沢山いただき、時々その現場を見た方が、私にそっと『スタッフさん、作品を凄く愛されてますねぇ』と仰ってくださっています」とコメント。さらに「製作現場のやりとりで『オカルト公務員のことが好きなんだな』と第三者に伝わってしまうアニメ製作陣の皆様の手によって、アニメという媒体に相応しく、めちゃくちゃカッコ良く、そして丁寧に動く作品に仕上げていただいております 」と太鼓判を押している。  TVアニメ『真夜中のオカルト公務員』は2019年放送予定。

  • 「フェス松さん’18」ビジュアル公開 来場者特典も決定

    「フェス松さん’18」ビジュアル公開 来場者特典も決定

    アニメ・コミック

     TVアニメ『おそ松さん』より、「フェス松さん’18」と題した第2期スペシャルイベントのビジュアルが公開。さらに、来場者特典として各会場ごとに「オリジナル団扇」や「オリジナル チケットフォルダー+ステッカーセット」の配布が決定した。@@cutter TVアニメ『おそ松さん』は、赤塚不二夫の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、主人公である6つ子たちがクズでニートというダメな大人になった姿を描いた作品。第2期が2017年10月より放送され、今年3月に最終回を迎えたが、以降も話題のコラボが続いている。  今回公開されたイベントビジュアルは、TVシリーズでキャラクターデザインを務めた浅野直之の描き下ろし。夏のイベントらしく夏祭りがイメージされ、色とりどりの花火を背景に、6つ子やイヤミ、チビ太ら総勢12名のキャラクターたちが思い思いの法被に身を包み、ノリノリで“ランニングマン”のポーズをとっている一枚だ。このイベントビジュアルを用いた「オリジナル団扇」はイベント本会場、「オリジナル チケットフォルダー+ステッカーセット」はライブビューイング会場での限定配布となっている。  イベント当日は、櫻井孝宏(おそ松役)、中村悠一(カラ松役)、神谷浩史(チョロ松役)、福山潤(一松役)、小野大輔(十四松役)、入野自由(トド松役)ら6つ子を含む、豪華声優陣12名が集結。また、前回に引き続き、イベント構成・脚本を本編シリーズ構成の松原秀が務め、12名によるトークショーを予定している。なお、本イベントはライブビューイングを全国96館の映画館で実施。一般発売(先着)が現在受付中となっている。  TVアニメ『おそ松さん』第2期スペシャルイベント「フェス松さん’18」は、8月19日パシフィコ横浜 国立大ホールにて開催。

  • AnimeJapan 2018 テレビアニメ『弱虫ペダル GLORY LINE』第2クール直前スペシャルステージにて

    <AJ2018>山下大輝、「もっと『弱ペダ』と走っていただければ」

    アニメ・コミック

     テレビアニメ『弱虫ペダル GLORY LINE』第2クール直前スペシャルステージが、AnimeJapan 2018にて開催され、主人公・小野田坂道役の山下大輝、鏑木一差役の下野紘、葦木場拓斗役の宮野真守、新開悠人役の内田雄馬、岸神小鞠役の福山潤が登壇。2018年1月から放送された4期「GLORY LINE」第1クールを振り返りつつ、第2クールについてトークを展開した。@@cutter 「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)に掲載中の原作マンガは今年で連載10周年、テレビアニメは放送5周年を迎える。坂道を演じて5年が経つ山下は「原作が10周年で、アニメもあっという間に5年が経ちました。皆さんの応援があって4期まで放送できて、こうやってニュージェネレーションを演じるキャストたちで舞台に立てるのが嬉しい」としみじみと語った。  現在放送中のアニメはインターハイでの激闘を描いており、初日は箱根学園の葦木場が優勝を飾った。演じる宮野は「箱根学園は王者復権を果たすべく、失うものは何もなかった。その上でしっかりとゼッケンを獲得していく姿は本当にかっこよかった」と振り返った。  また、青八木一役の松岡禎丞と、下野が『恋のヒメヒメぺったんこ』をデュエットする“ヒメヒメクライム”のシーンについても下野が回想。「もっと普通に歌うのかと思っていた…」という予想を覆し、本番では全身で叫ぶような激しい歌い方に。「ほぼほぼシャウトですよね。テストの段階で度肝を抜かれて、松岡くんが酸欠になっていましたから。『あれ、俺こんなに汗かく予定ではなかったな』と思った(笑)」と裏話を明かした。  4月からの2クール目について、福山は「2クール目はものすごいテンションでレースが繰り広げられる。酸欠になって目の前が真っ白になって見えなくなるようなバトルを楽しんでいただければ」とアピール。宮野も「(収録時)目の前で頑張っているキャストたちを後ろで見ていてすごく感動する。インターハイ2日目も怒涛の展開が待っているので皆さんに届くようにしっかり演じたい」と気合を入れた。  内田は「ゴールに向けて各々のロードに対する思いがぶつかっていく。熱いレースが待っている。箱学、頑張ります!」、下野は「熱い作品であり、現場で当たり前のように笑える素晴らしい作品。まだまだ引き続き熱いバトルをしていきたい」とコメント。最後に山下が「『弱虫ペダル』は1日目、2、3日目とヒートアップしていく作品。もっと『弱ペダ』と走っていただければ」とファンに呼びかけた。

  • AnimeJapan 2018『ペルソナ5』スペシャルステージにて

    <AJ2018>福山潤、宮野真守、水樹奈々ら登壇 『ペルソナ5』SPイベント開催

    アニメ・コミック

     TVアニメ『ペルソナ5』のスペシャルステージが25日、AnimeJapan 2018内にて開催。福山潤(雨宮蓮役)、宮野真守(坂本竜司役)、水樹奈々(高巻杏役)、大谷育江(モルガナ役)、杉田智和(喜多川祐介役)、佐藤利奈(新島真役)、悠木碧(佐倉双葉役)、戸松遥(奥村春役)、保志総一朗(明智吾郎役)に加え、プロデューサーの足立和紀が登壇。さらに本作の最新PVと新ビジュアルが解禁された。@@cutter 本作は、全世界累計出荷本数200万本を突破した同名ゲームのアニメ化。大都会“東京”を舞台に高校生として日常を送りながらも、放課後は“怪盗団”として暗躍する主人公たちの姿が描かれる。制作にはこれまでも数多くのペルソナシリーズのアニメーションを担当したA‐1 Picturesが手掛ける。  今回、原作ゲームからお馴染みの超豪華声優らが“奇跡”の集結。足立によりアフレコも順調に進んでいると明かされると、声優陣により収録時のエピソードや裏話が語られた。  会場ではPV第2弾が初公開。原作の名シーンや名言の数々がアニメで描かれた迫力あるPVには声優陣も大興奮。また、PVでは歌手・Lynが歌う『BREAK IN TO BREAK OUT』が初解禁。本作の主題歌となることが明らかになった。  さらに、新規書き下ろしとなる、キャラクターの私服姿とSDキャラクターが公開。中々見ることのできないSDキャラだが、デフォルメされてもあまり変わらないモルガナの姿には会場から笑い声が響いた。これら新規イラストは現在グッズ化が企画中とのこと。4月ごろに開始する109とのコラボショップで販売が予定されている。  また、3月28日には本作の第1話冒頭の6分強が、福山も出演するAbemaTV『PERSONA5 the Animation 純喫茶ルブラン屋根裏放送局』第2回にて放送されることが明らかになった。番組には佐藤のゲスト出演が決まっており、声優陣からエールが送られた。  TVアニメ『ペルソナ5』は、4月7日より放送開始。

  • 『おそ松さん』第24話場面写真

    『おそ松さん』第24話場面写真解禁 父・松造が倒れた…

    アニメ・コミック

     本日分含め、2回の放送を残すのみとなったTVアニメ『おそ松さん』。その日もいつも通りダラダラ過ごしていた6つ子たちだったが、トド松の携帯に母・松代から電話がが入る。電話の内容は父・松造が倒れたとの連絡だった…。@@cutter 櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由と人気声優が“大人になった”6つ子を演じ人気を博しているTVアニメ『おそ松さん』。赤塚不二夫の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、クズでニートというダメな大人に成長してしまった6つ子たちの姿を描く。    第24話の放送タイトルは「桜」。いつも通りダラダラと過ごし、6人で釣堀へ行っていたが、トド松の携帯に松代から電話がかかってくる。松代からの電話の内容は、松造が倒れたとの連絡だった。急いで病院へ向かう6人だったが…。  釣堀のほんわかした場面から、涙を浮かべたトド松や驚愕の表情を浮かべる一松など6つ子それぞれがショックを隠しきれない顔色を見せる病院と思われるシーン。6つ子と母・松代がひとつの部屋で川の字に寝ている姿など、これまでの『おそ松さん』とは一線を画す場面写真が6枚公開された。    松造の容態は果たして…。『おそ松さん』第24話「桜」はテレビ東京ほかにて3月19日25時35分放送。

  • 『おそ松さん』第23話場面写真

    TVアニメ『おそ松さん」第23話場面写真解禁 気になる“深夜の”日松屋

    アニメ・コミック

     2シーズン続いてきた第2期TVアニメ『おそ松さん』がまもなく最終回を迎える。本日放送の第23話は、ダヨーンやイヤミなど、テレビアニメ『おそ松さん』は“6つ子だけじゃない”ということを“堂々と”アピールしてきた彼らにスポットを当てたエピソードが放送される。@@cutter テレビアニメ『おそ松さん』は、赤塚不二夫の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、主人公である6つ子たちがクズでニートというダメな大人になった姿を描く。2015年10月~2016年3月まで第1期が放送され、現在第2期2クール目を放送中。櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由といった人気声優6人が第1期に続き、6つ子を演じる。    本日放送のエピソードは、「深夜の日松屋」「ダヨーンとダヨーン」「悩むイヤミさん」の3本。場面写真は6枚公開されており、マグカップにお湯を入れている様子のダヨーン、香水(!?)を付けるダヨーン、原稿を確認をしている様子のダヨーンなど、謎に包まれていたダヨーンの生活が垣間見えるようだ。また、6つ子が揃って居酒屋で飲んでいる2枚や「悩むイヤミさん」の中の1枚と思われるイヤミ、チビ太、おそ松の3人が写った場面写真など、気になるワンシーンが切り取られたものばかり。    ダヨーンの生活や、悩むイヤミ、深夜の日松屋を描くテレビアニメ『おそ松さん』はテレビ東京ほかにて毎週月曜25時35分放送。

  • 『おそ松さん』第22話場面写真

    TVアニメ『おそ松さん』第22話場面写真解禁 お酒片手に機内を満喫する6つ子たち

    アニメ・コミック

     現在、舞台第2弾『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME 2~』が上演中の『おそ松さん』。テレビアニメは、3月を迎え徐々に佳境に入ってきた模様。本日放送の第22話では、まさかの海外旅行に出発だ。@@cutter テレビアニメ『おそ松さん』は、赤塚不二夫の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、主人公である6つ子たちがクズでニートというダメな大人になった姿を描く。2015年10月~2016年3月まで第1期が放送され、現在第2期2クール目を放送中。櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由といった人気声優6人が6つ子を演じていることでも大きな話題を呼んでいる。    第22話のタイトルの1つは「海外旅行」。まさかの海外旅行へ行くことになったおそ松たちを描く同エピソードからは7枚の場面写真が公開された。    おそ松、イヤミ、チビ太、トト子、デカパン、ダヨーンがお酒片手に顔を赤らめた機内の様子や驚がくするカラ松の姿、森の中で岩に座り佇むトト子、岸壁を登り険しい表情を浮かべるおそ松とチョロ松のほか、これまであまり見たことのない表情を見せるデカパンなど、場面写真ではストーリーを予想するのがとても難しいものばかり…。    毎度ただではすまない6つ子たち。海外旅行先では何が待っているか…。テレビアニメ『おそ松さん』はテレビ東京ほかにて毎週月曜25時35分放送。

  • 『おそ松さん』第20話場面写真

    『おそ松さん』第20話、キュートな6つ子の姿に胸キュン 場面写真8枚公開

    アニメ・コミック

     舞台『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME 2~』の開幕を目前に控えるTVアニメ『おそ松さん』。ついに第2期も20話目となり、物語もどんどん佳境に…なっていくわけもなく、深夜に安定の笑いを届けてくれている。今夜放送の第20話からは8枚の場面写真が公開された。@@cutter 櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由と人気声優が“大人になった”6つ子を演じ人気を博しているTVアニメ『おそ松さん』。赤塚不二夫の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、クズでニートというダメな大人に成長してしまった6つ子たちの姿を描く。    本日放送する第20話はこぼれ話の第2弾「こぼれ話集2」。こぼれ話集ということもあり公開された場面写真もバラバラ。イヤミがマイクを手に持ち、お客さんの前に立っているものや、自室の窓をガムテープらしきもので目張りされ、慌てているおそ松、十四松、トド松の3人。不安顔のトト子やサングラスを掛けた自分を手鏡で見つめるカラ松と、その様子を冷めた目で見つめるトド松。6人揃って銭湯に向かう、もしくはその帰りを捉えた姿や、冬季競技・スケルトン風なスポーツに挑んでいるものなど、様々な場面を切り取ったものとなっている。    TVアニメ『おそ松さん』第20話は2月19日25時45分より放送。(特別編成のため放送時間が変更)

  • 『おそ松さん』第18話場面写真

    『おそ松さん』第18話、イヤミの切ないエピソード登場 「イヤミはひとり風の中」

    アニメ・コミック

     幸せ耐性がなさ過ぎた一松と十四松の「戒め!」、“ガチホラー”な内容でファンをビックリさせた「旅館」 など、第2期第2シーズンも各エピソードごとで楽しませてくれる『おそ松さん』。今夜放送の第18話は、原作『おそ松くん』に登場するエピソードを元に作られた「イヤミはひとり風の中」を放送する。@@cutter 櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由と人気声優が“大人になった”6つ子を演じ人気を博しているTVアニメ『おそ松さん』。赤塚不二夫の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、クズでニートというダメな大人に成長してしまった6つ子たちの姿を描く。    第18話で放送する「イヤミはひとり風の中」は、原作を元に制作されたエピソード。原作では、長屋に住む怠け者で知られる浪人イヤミが、盲目の花売りの少女・菊と出会い、その出会いがイヤミの行動に変化をもたらし、ある願いを叶えるために奮闘するイヤミが描かれた。    今回放送するエピソードの舞台は、古き良き昭和の雰囲気漂うハラペコ町。裕福ではないが町は活気に溢れ、そこに住む人々は一生懸命に暮らしていた。そんなハラペコ町で働きもせず、だらしない生活を送るイヤミが出会ったのは、「菊(きく)」という目の見えない少女だった…。    赤塚不二夫のお気に入りとも言われるエピソードを元に描く『おそ松さん』第18話「イヤミはひとり風の中」はテレビ東京ほかにて2月5日25時35分より放送。

  • 『おそ松さん』第17話場面写真

    『おそ松さん』第17話、今夜は何をやらかす!? 場面写真9枚を解禁

    アニメ・コミック

     トト子ちゃんが、貞子ばりの怖さでスマートフォンから出てきたり、「何のアニメを見ているんだっけ?」と、思ってしまうほど某人気SFアニメ『コ○ラ』のようなストーリーが始まったり、6つ子たちの父・松造の雰囲気が『美○しんぼ』の山岡○郎だったり…。3エピソード全てにおいて、ある意味、おそ松さんらしさ全開だった第16話。さて、本日放送の第17話はどうなるのか…。@@cutter TVアニメ『おそ松さん』は、赤塚不二夫の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、主人公である6つ子たちがクズでニートというダメな大人になった姿を描く。2015年10月~2016年3月まで第1期が放送され、現在第2期2クール目を放送中。  本日放送の第17話のタイトルは、「戒め!」「旅館」ほか。「戒め!」では、晩ご飯が焼肉と聞き、大喜びの6つ子だったが…というストーリー。居間で松造と松代を前に、嬉しそうな表情を浮かべる6つ子たちや、スーパーの袋らしきものを両手に持ち笑顔を見せるおそ松、カラ松、チョロ松、トド松の4人などの場面写真が解禁。  公開された場面写真の中で異彩を放つのが、「旅館」のエピソード写真と思われる4枚。山道を写したものや、旅館のような建物の前に止められた車、旅館の一室と思われる場所で肩を寄せ合う男女の姿、女性の横顔…など、第17話では計9枚の場面写真が公開された。    今夜は何が繰り出されるのか…TVアニメ『おそ松さん』はテレビ東京ほかにて毎週月曜25時35分放送。

  • 『おそ松さん』第16話場面写真

    『おそ松さん』第16話、松野家の隣に“かわい子ちゃん”!? 場面写真解禁

    アニメ・コミック

     “イグニッション”を連呼するタクシー運転手・カラ松を描いた「カラ松タクシー」、問題が下ネタだらけだった「トッティクイズ」など、第2クールも飛ばしに飛ばすTVアニメ『おそ松さん』。本日放送の第16話では、松野家の隣に“かわい子ちゃん”が越してきたことで6つ子たちが大興奮…!?@@cutter 『おそ松さん』は、赤塚不二夫の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、クズでニートというダメな大人に成長してしまった6つ子たちの姿を描く。櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由ら人気声優が、6つ子を演じる。  本日の放送タイトルは、「宇宙海賊」「グルメ回」「となりのかわい子ちゃん」の3本。「となりのかわい子ちゃん」では、松野家の隣に“犬山(いぬやま)キン子”というかわい子ちゃんが越してきたことで始まるエピソード。早速仲良くなろうとする6人だが、果たして…。  8枚公開された場面写真の中には、6つ子が勢揃いしているものが多く、誰かが抜け駆けをするのか、それとも6人で挑むのか、“犬山(いぬやま)キン子”ちゃんと6つ子たちのやりとりに注目だ。  テレビアニメ『おそ松さん』は、テレビ東京ほかにて毎週月曜25時35分放送。

  • 『おそ松さん』第15話場面写真

    『おそ松』第15話、場面写真8枚公開! びんを手に持ち、一松は何を思う…

    アニメ・コミック

     チョロ松が“クソダサい”茶髪デビューするという「チョロ松事変」で新年一発目を飾り、ネットをざわつかせた『おそ松さん』。本日放送の第15話では、「びん」「カラ松タクシー」「トッティクイズ」などのエピソードを放送する。@@cutter TVアニメ『おそ松さん』は、赤塚不二夫の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、主人公である6つ子たちがクズでニートというダメな大人になった姿を描く。2015年10月~2016年3月まで第1期が放送され、人気を博し、現在は第2期第2クールを放送中。    放送前に、8枚の場面写真が公開された『おそ松さん』第15話。放送エピソードのひとつ「びん」では、一松が手に取ったびんのふたが全く開かないため、6人で協力するが…というエピソードが描かれる。場面写真ではびんを見つめる一松や、びんを手に持ち、キメキメでポーズを取るカラ松の姿などが公開されている。    また、トド松が某○○生クイズを彷彿とさせる冠を頭にかぶった場面写真なども公開されており、これは「トッティクイズ」の一場面であるだろうと思われる。    公開された場面写真からも、『おそ松さん』らしさ全開の様子が伝わってくる第15話。アニメ『おそ松さん』は、テレビ東京ほかにて毎週月曜25時35分放送。

  • 映画『コードギアス』BD&DVD発売 福山潤&ゆかならが語るSP映像収録

    映画『コードギアス』BD&DVD発売 福山潤&ゆかならが語るSP映像収録

    アニメ・コミック

     人気のSFロボットアニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ』のテレビシリーズ全50話を、新作カットなどを追加して3部作の映画に再編集した『コードギアス 反逆のルルーシュI 興道』のブルーレイ&DVDの発売が決定した。ブルーレイには、本作を手がける谷口悟朗監督や、キャストの福山潤、ゆかなによるスペシャルコメンタリーも収録される。@@cutter 2000年代に放送されたオリジナルテレビアニメシリーズ『コードギアス 反逆のルルーシュ』、『コードギアス 反逆のルルーシュR2』は、主人公のルルーシュ・ランペルージ(CV:福山)やC.C.(CV:ゆかな)ら“黒の騎士団”が、日本への進攻を続ける神聖ブリタニア帝国へと立ち向かう勇姿を描いたSFロボット作品。再編集作品として、10月の『コードギアス 反逆のルルーシュI 興道』公開を皮切りに、2018年2月に「叛道」、5月に「皇道」が公開される。  ブルーレイ「特装限定版」の特典ディスクには、谷口監督、福山、ゆかなによるビジュアルコメンタリーが収録され、3人が『コードギアス 反逆のルルーシュI 興道』を観ながら、各シーンの考察や制作の裏側などを語り尽くす。  また、劇場特報や劇場予告、「ナイトメアフレーム編」「キャスト編」「女性キャラ編」のPVや第1部MV、CM集といった映像特典も収録される。  『コードギアス 反逆のルルーシュI 興道』ブルーレイ「特装限定版」&DVDは、2018年2月23日発売。価格は、ブルーレイ特装版は7800円(税別)、DVDは5800円(税別)。

  • 『おそ松さん』第13話場面写真

    年内最後の『おそ松さん』第13話、場面写真解禁 トド松の姿が…ない!?

    アニメ・コミック

     2017年も残り1週間。月曜夜に変わらぬ大笑い&シュールな笑いを届けてくれたTVアニメ『おそ松さん』も本日の第13話が年内最後の放送。そんな第13話のタイトルの1つは「年末」。年末エピソードを集めたショート集となっている。@@cutter 櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由ら人気声優が、6つ子を演じる『おそ松さん』。赤塚不二夫の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、クズでニートというダメな大人に成長してしまった6つ子たちの姿を描く。    公開された場面写真は6枚。トド松以外の5人が自室に勢揃いし思い思いの言動をしているものや、同じくトド松だけがその場におらず、松造と松代も併せ松野家が居間に集結している1枚。カラ松が被写体を手でフレームを作り確認していると思われるもの、「2018ニューイヤーフェスティバルパリピどっか~ん」と印字されたチラシを手に持つトト子など、放送タイトルの1つである「年末」を予感させるシーンが多い。    アニメ『おそ松さん』第13話は、テレビ東京ほかにて26時05分放送。(※年末年始の特別編成のため放送時間の変更&休止となっているため要確認を)

  • 『おそ松さん』第12話場面写真

    『おそ松さん』第12話、場面写真10枚一挙公開 十四松、今度は鳥になる!?

    アニメ・コミック

     戻ってきても変わらずおバカな6つ子として、様々な騒動を繰り広げるTVアニメ『おそ松さん』。本日放送される第12話から、十四松が“鳥”の姿になっているものや、トト子とにゃーの2ショットなど場面写真10枚が一挙解禁となった。@@cutter 第12話の放送タイトルの1つは「栄太郎親子」。十四松と少年が仲良く歩く姿や、なぜか“鳥”の姿になっている十四松、何かを見守っている様子の一松とトド松、互いに何かを見つめているおそ松と一松のほか、カラ松とチョロ松の2ショットなどが公開された。ほかに、毎度のことチビ太のおでん屋でキャットファイトを繰り返してきたトト子とにゃーの姿も。    TVアニメ『おそ松さん』は、赤塚不二夫の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、主人公である6つ子たちがクズでニートというダメな大人になった姿を描く。2015年10月~2016年3月まで第1期が放送され、櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由らが松野兄弟を演じ人気を博した。    アニメ『おそ松さん』は、テレビ東京ほかにて毎週月曜25時35分放送。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access