寺島拓篤 関連記事

  • TVアニメ『胡蝶綺 ~若き信長~』第2弾キービジュアル公開

    アニメ『胡蝶綺 ~若き信長~』新ビジュアル&放送情報公開

    アニメ・コミック

     『薄桜鬼』シリーズのメインスタッフによるオリジナルアニメーション『胡蝶綺 ~若き信長~』。この度、織田信長を中心に各キャラクターが描かれた新キービジュアルが公開され、放送情報も解禁となった。@@cutter 本作は、既存の織田信長を大胆に解釈した骨太歴史ドラマ。あまり語られない信長元服前後の10代前半から、弟・信勝との家督争いなどが描かれる。  明日をも知れぬ戦国の時代を駆け抜けた織田信長。彼の元には常に乳兄弟であった池田恒興が控えていた。ただ生き残るために、ひたすらにあがき続ける…。史実を点として押さえつつ、信長を中心としたキャラクターたちが、それを乗り越え新たな物語を紡ぎだしていく。  キャストは、織田信長役・小林裕介、池田恒興役・内田雄馬、織田信勝役・石川界人、帰蝶役・花守ゆみり、前田利家役・寺島拓篤、津々木蔵人役・日野聡らが出演。  スタッフは、『薄桜鬼』シリーズのキャラクターデザインを手がけた中嶋敦子をはじめ、監督は『アルスラーン戦記』の阿部記之、シリーズ構成は『青の祓魔師』の山口亮太、アニメーション制作はスタジオディーンが担当する。  TVアニメ『胡蝶綺 ~若き信長~』は、7月8日からAT‐X、TOKYO MX、BSフジほかにて放送。

  • 西川貴教、「河森正治 EXPO」メディアトークセッションに出席

    西川貴教 『河森正治 EXPO』に興奮「罠みたいなもので誰も出てこられない!」

    アニメ・コミック

     アーティストの西川貴教が31日、都内で開催されたプロデビュー40周年記念展「河森正治 EXPO」メディアトークセッションに出席した。同展応援アンバサダーを務める西川は、展示の見どころを聞かれ、「きりがないというか。(入場者は)出られないんじゃないですかね(笑)」と、独特の表現でその魅力を説明した。@@cutter 「河森正治 EXPO」は原作、監督、脚本、絵コンテ、メカデザインまでこなす“奇才”河森のプロデビュー40周年を記念して、これまで携わった作品のデザイン画、絵コンテ、アイデアノートなど、1300点を集結したもの。40年の足跡をたどる4つのパビリオンから構成されており、独創的な新作映像なども展示されている。今回のイベントには西川、河森本人のほか、声優の寺島拓篤、梶裕貴も出席した。  応援アンバサダーに就任した西川は、今回のオファーについて「本当にびっくりしました!」と目を丸くする。元々、河森のファンで企画番組などにも携わった経験はあったが、「お話をいただいて、僕でいいんですかって」と目を白黒。すると、河森が「ライブとかを見せていただいていて」と、以前から西川の活動に触れていたことを明かし、実は本人たっての希望だったことが告げられると「そうなんですよ! 全然言わないんですよ(笑)」とうれしそうにクロストークを広げていた。  すでに展示を観たという西川は「ぜひ観てほしいゾーン」を聞かれると、「エリアに、いろいろなものが詰まりすぎてる! 映像もそうですけど、奥に進むとクリエイティブパビリオンで、アイデアソースがびっしりあって」と興奮気味に説明。結果、「きりがないというか。出られないんじゃないですかね(笑)。罠みたいなもので、誰も出てこれない(笑)。気をつけてください!」と独特の表現で展示の魅力を訴え、これには寺島や梶も爆笑。河森本人も、上までびっしり展示があることに触れ「首が痛くなっちゃうよね(笑)」と同意していた。  最後に、河森本人も「自分1人では作れない作品なので、万博(※EXPO)という名前にしています。ファンの人が参加できるお祭りにしていますので、ぜひご来場ください」と呼び掛けていた。  なお、フォトセッションにはコスプレイヤーの九条ねぎ、カモミールも参加した。  プロデビュー40周年記念展「河森正治 EXPO」は東京都・Gallery AaMo(ギャラリーアーモ)にて5月31日より6月23日まで開催。

  • TVアニメ『トライナイツ』2019年夏、日本テレビほかにて放送開始!

    TVアニメ『トライナイツ』新キャスト発表 前田誠二、寺島拓篤らが出演

    アニメ・コミック

     高校ラグビーをテーマに、頭脳<タクティクス>と肉体<フィジカル>で戦う2人を描くオリジナルアニメ『トライナイツ』。出演キャストとして前田誠二、森嶋秀太、中島ヨシキ、さらに寺島拓篤、天崎滉平、高橋英則の出演が明らかになった。@@cutter アニメーション制作をGONZOが担当する本作。未来がみえないまま高校に入学した遥馬理久は、誰よりも高く跳び、早く駆け、トライを決める狩矢光と出会う。この出会いによって、理久の未来に新たな光が差し込む。  キャストは、遥馬理久役を阪本奨悟、狩矢光役にKENNが既に決定しており、今回新たに出演者が発表された。高校で初めてラグビー部に入部する宝立友未役を前田、“運動部助っ人”としてあちこちの部活に顔を出している翔谷・ピアーズ・ヴァレンタイン役を森嶋、中学時代の狩矢光にラグビーの楽しさを教えた、ラグビー部・前キャプテンの灘誠一郎役を中島が担当する。  さらに、情熱的にラグビーに取り組む、現ラグビー部キャプテンの冬原灯利役の寺島、灯利と共にラグビー部を支える2年生の蘭堂槍也役の天崎、ゆるやかな空気を保ちながらも必要な時はしっかり灯利のフォローをする縁の下の力持ちの小熊景太役を高橋が演じる。  出演について各キャストからコメントが到着し、前田は「ラグビーには今まで接する機会がなかったので、収録を前に今からワクワクが止まりません!」、森嶋は「ラグビーというスポーツを通じて、高校生達の深まる絆、青春、苦難を乗り越えた先に待つ感動を皆様に伝えられるよう、そして僕自身も成長できるよう、精一杯、翔谷くんを努めさせて頂きます!」、中島は「今年はラグビーW杯! しかも日本が舞台! さらなる盛り上がりを見せるラグビーの一助となれるよう、頑張ります!」と意気込みを露わに。  また、寺島は「試合での体のぶつかり合いに負けないくらい熱く、皆さんの心にぶつかっていきます!」、天崎は「ラグビーは高校の授業で初めてプレーしたのですが、チームでの連携がとても楽しい競技だなと思っていたので、アニメもスタッフの方々、そして共演者の方々と一緒に連携して楽しく作っていきたいと思っています!」、高橋は「この物語を通してラグビーの魅力、仲間(チーム)の絆を皆様にお伝えできればと思います」とコメントを寄せている。  TVアニメ『トライナイツ』は2019年夏、日本テレビほかにて放送開始。

  • 原作者・那波マオからのお祝いイラスト

    アニメ『3D彼​女 リアルガール』第2シーズン決定 2019年1月放送

    アニメ・コミック

     芹澤優、上西哲平、蒼井翔太らが出演する、TVアニメ『3D彼女 リアルガール』の第2シーズンが2019年1月より放送決定。原作者の那波マオからお祝いイラストとコメント、メインキャストからのコメントも到着した。@@cutter 原作コミックが電子含め累計130万部を突破した『3D彼女 リアルガール』は、二次元にしか興味のない超絶オタクの筒井光と、学校一の超絶美少女、五十嵐色葉の恋模様を描いた学園ラブコメディー。4月からテレビアニメがスタートし、9月には、中条あやみ(五十嵐色葉役)、佐野勇斗(筒井光役)が出演する実写映画版が公開される。  先日の最終回放送終了後、『3D彼女 リアルガール』第2シーズン放送決定がサプライズ発表された。原作の那波は「この物語は最後が大事だと思っていましたので、第2シーズン決定になり嬉しいです」と喜びを露わにしている。  五十嵐色葉役を演じた芹澤は「この作品は、最後まで見てこその作品だと思っていたので、本当に嬉しいです」と那波マオと同じくラストを強調している。筒井光役の上西は「つっつんをまた演じられる喜びで一杯です!」とコメント。さらに、今後も登場キャラたちの活躍を楽しみにしていると語る蒼井は「石野さん、高梨君、綾戸さんに、伊東。筒井や色葉ちゃんはもちろん、周りのキャラクター達もきっとまた輝くはず!」と語っている。  また、石野ありさを演じた津田美波は「次は石野さんにも青春が来ますように…!」と自身の演じたキャラに思い入れがある様子だ。高梨ミツヤ役の寺島拓篤は「筒井と五十嵐さんだけじゃなく、みんなの恋愛模様はまだまだ目が離せませんからね…! 引き続き見守ってください!」とアピール。綾戸純恵役の上田麗奈も「伊東くんと綾戸さんの今後も気になる…!」とコメントを寄せている。  TVアニメ『3D彼女 リアルガール』第2シーズンは、2019年1月よりAnichUにて放送。

  • 鈴村健一、人気声優12人とのアドリブ舞台『AD‐LIVE 2016』全12公演TV初放送!

    鈴村健一、人気声優12人のアドリブ舞台『AD‐LIVE 2016』全12公演TV初放送!

    アニメ・コミック

     人気声優12人による、役柄もセリフも全てアドリブで紡がれる90分間の舞台劇『AD‐LIVE 2016』全12公演を12週連続でTV初放送することが決定。総合プロデューサーを務める声優の鈴村健一は、本公演について「『AD‐LIVE 2016』は、過去の公演から劇的に“革命”が起きた公演です」とコメントを寄せている。@@cutter 声優出演舞台興行として日本屈指の人気を誇り、計7万人を動員した『AD‐LIVE 2016』。今回は「会いたい人」をテーマに、会いたい人と、会いたい理由がある人の2人が紡ぐ物語。果たして2人は本当の意味で“逢える”のか。あるいは、予想外の結末が待っているのか…。誰も知らない奇跡の瞬間、90分間、全てアドリブで紡ぐ舞台劇となっている。また、出演には総合プロデューサーの鈴村のほか、寺島拓篤、小野賢章、森久保祥太郎、梶裕貴、堀内賢雄、中村悠一、福山潤、釘宮理恵、高垣彩陽、浅沼晋太郎、下野絋、総勢12人の人気声優が登場する。  鈴村は、共演者の1人である寺島との“AD‐LIVE”舞台について「すごく刺激的でした」と振り返る。「寺島くんは僕にとって最高のパートナーだったと思います。とてつもなく相性がいいという感覚すらありましたね(笑)。すごく楽しい公演だったことは、今でも覚えています」と語る。  また、印象的だった組み合わせとして、釘宮と高垣の舞台を挙げ「女性同士でどんな化学変化が起きるか、僕としてはチャレンジしたかったことでしたし、手練れの二人なので、きっと上手くいくと思っていましたが、すごく面白い公演になりましたね」と、興味深い公演となったようだ。    加えて、『AD‐LIVE 2014』『AD‐LIVE 2015』と、これまで演出や脚本はすべて鈴村1人で行っていたが、同公演から自身のアイディアを膨らませる演出に力を入れたと明かし、「浅沼晋太郎くんと川尻恵太さんが入ってくれた初めての『AD‐LIVE』だったんです」と告白。ゆえに、「過去の『AD‐LIVE』を知っている人だと全然違ったものを見ることが出来ますし、新しい『AD‐LIVE』の“旅立ち”の公演になったと思います。『AD‐LIVE 2017』へどんな進化をしていくのか知ってもらうきっかけになる公演なので、この放送をぜひご覧いただければと思います!」とアピールした。    『AD‐LIVE 2016』は、CS放送ファミリー劇場にて2月7日21時よりスタート。

  • 佐藤聡美、寺島拓篤と結婚発表

    寺島拓篤&佐藤聡美、結婚発表!「おめでとうございます」ファンの声溢れる

    アニメ・コミック

     声優の寺島拓篤と、佐藤聡美が、6日にそれぞれのブログで結婚したことを報告。報告を受けたファンからは「アァン!なんて!素敵な!夫婦!」「てらしーおめでとうございます」など、祝福のコメントが寄せられている。@@cutter 『うたの☆プリンスさまっ♪』シリーズの一十木音也役などで知られる寺島はブログで「私事で大変恐縮ではございますが、結婚いたしましたことをここにご報告します。お相手は、青二プロダクションに所属する、声優の佐藤聡美さんです」と報告。「今後も寺島拓篤は声優として、これまでと変わらず、作品のパーツとしての仕事をしていきます。もちろん、その活動を応援してくださるファンの皆様への感謝を、たくさんの作品やキャラクターへの感謝を忘れずに」とも綴っている。  一方、『けいおん !』の田井中律役などで知られる佐藤も、自身のブログを更新。「作品やキャラクターへの想いや愛情 仕事に対する姿勢 周りの方々への接し方 ファンの皆様への向き合い方 飄々としているように見えて 実はとても誠実で真摯で、素敵な方です」と寺島の人柄を絶賛。「仕事もプライベートも 共感・尊敬できるところがたくさん有り 彼となら同じ方向を見据えて 歩いていけると思い結婚を決めました」と結婚に至った経緯を明かしている。  2人の結婚を受け、ツイッターには「アァン!なんて!素敵な!夫婦!」「てらしーおめでとうございます」「末長くお幸せに!」「てらしーと佐藤聡美さんの子供とかどう転がってもオタクに愛されそう」などの祝福のコメントが寄せられた。 引用:http://blog.livedoor.jp/terashimatakuma/    https://ameblo.jp/sato-satomi58/

  • アニメ『アトム ザ・ビギニング』試写会に出席した、中村悠一、寺島拓篤

    中村悠一&寺島拓篤、アトム前日譚にプレッシャーも「単体としても楽しめる作品に」

    アニメ・コミック

     声優の中村悠一、寺島拓篤、井上雄貴と佐藤竜雄監督が27日、NHK放送センターで行われた、アニメ『アトム ザ・ビギニング』試写会に出席。世界に誇る日本のアニメとして名高い『鉄腕アトム』の前日譚を描いた本作への思いを語った。@@cutter 本作は、月刊「ヒーローズ」で連載中の、“鉄腕アトム”誕生までを描いた同名コミックをアニメ化。企画監修を『踊る大走査線』『PSYCHO‐PASS サイコパス』の本広克行、ストーリー監修を手塚眞、ゆうきまさみ、監督を『モーレツ宇宙海賊』の佐藤が務める。  アニメ化に当たって、佐藤監督は、「原作では、AI、そしてロボットを作っているお茶の水も天馬も、本体が何を考えているのかはわからないこと、そしてその怖さが描かれていると思いますが、今回はそこまでは描かずに、2人の夢やA106の成長がメインになっている」とその構想を明かした。  その手で「神」を作り出したいと考える天才・を担当する中村は、「アトムは、リアルタイムで観ていた世代ではないけれど、小さいときから知っていた作品です。その前日譚をやらせていただけることは感じ入るところがあり、責任やプレッシャーは感じています」と本作への思いも吐露すると、自身の演じる天馬については「非常に強い人間だと思うんです、今のところは。信念を曲げないし、面白い人間。心の揺らぎがないので、演じるのはやりやすい」と語った。  一方、その手で「友」を作り出すことを夢見るお茶の水博士を演じる寺島は、「(アトムは)アニメの元祖ともいっても過言ではない作品なので、意識することはありますし、どうしても頭の中にあのアトム、あのお茶の水博士、あの天馬博士は思い浮かびます。でも、今、この作品で描かれているお茶の水、天馬、A106を演じていければ」と意気込み、「同じようで違う。違うようでやっぱり同じという不思議な部分が成立していることが成功だと思いますし、単体としても楽しめる作品になればと思っています」とアピールした。  アニメ『アトム ザ・ビギニング』は、NHK総合にて4月15日より毎週土曜23時から放送。

  • 舞台『AD‐LIVE2016』開催決定!

    鈴村健一主催の舞台『AD‐LIVE』開催決定! 寺島拓篤、中村悠一らが初出演

    アニメ・コミック

     声優の鈴村健一が総合プロデュースを務める、舞台『AD‐LIVE2016(アドリブ)』の開催決定した。それに合わせ、寺島拓篤、堀内賢雄、中村悠一、高垣彩陽、浅沼晋太郎ら初出演5名を含む、全12名の出演者が発表となった。@@cutter 舞台『AD‐LIVE2016(アドリブ)』は大まかな世界観と、舞台上で起こるいくつかの出来事が決められているのみで、出演者のキャラクターも、セリフも、全てアドリブで紡がれる90分間の舞台劇。昨年の2015年の公演では、全12公演で約6万人を動員し、声優出演舞台として高い人気を誇る。  今回開催が決定した2016年興行では、『AD‐LIVE』初参加となる寺島、堀内、中村、高垣、浅沼ら5名の他に、昨年出演した小野賢章、梶裕貴、福山潤、釘宮理恵、下野紘の5名、2年ぶりの出演となる森久保祥太郎、そして総合プロデュースを務める鈴村の計12名の出演者が発表。全12公演を予定している。    チケットは「ぴあ独占先行販売」にて、6月25日12時より発売。一般発売は7月23日10時より発売予定。また全国の映画館と香港・台湾の映画館でライブビューイングが実施決定。    舞台『AD‐LIVE2016(アドリブ)』はオリンパスホール八王子他にて、9月10日~10月30日にて全12公演で開催予定。詳しくは公式サイトにて。

  • 下野紘が表紙を飾る「Men’s Voice 2016 Vol.01」

    下野紘「Men’s Voice 2016 Vol.01」表紙&巻頭に! 大ボリュームの男性声優ムック本

    アニメ・コミック

     男性声優をフォト&インタビューで特集するムック「Men’s Voice 2016 Vol.01」(学研プラス)が、3月23日に発売される。記念すべき、2016年第1弾の表紙を飾るのは、3月16日にソローアーティストデビューを果たした下野紘だ。@@cutter 「Men’s Voice」は、男性声優をフォト&インタビューで特集するムック本。下野は、表紙のほか巻頭も飾っており、同書では20ページにわたって下野の魅力を徹底紹介する。    また、裏表紙&巻末特集には、5月にニューシングルをリリース&6月11日、12日の2日間、東京国際フォーラム ホールAでライブを開催する寺島拓篤が登場。その他にも前野智昭、小野賢章、花江夏樹&村田太志、内田雄馬などを特集でお届けするほか、宮野真守とOLDCODEXのライブレポートも大ボリュームで紹介する。    「Men’s Voice 2016 Vol.01」は3月23日発売。価格は2000円(税別)。

  • 『SUPER LOVERS』ティザービジュアル

    皆川純子、前野智昭、松岡禎丞、寺島拓篤ら出演 『SUPER LOVERS』キャスト決定

    アニメ・コミック

     あべ美幸による人気コミック『SUPER LOVERS』が、4月よりテレビアニメ放送決定し、キャスト情報・ティザービジュアルが解禁。皆川純子、前野智昭、松岡禎丞、寺島拓篤ら豪華声優陣が、“個性的な四兄弟”の織りなすトラブル・ラブを贈る。@@cutter 「母危篤」の知らせに騙されて海外に行くハメになった高校生・海棠晴は、そこで突然「お前の弟だ!」と、零という男の子に引き合わされる。野生児で誰の言うことも聞かない零を必死で世話する晴だったが、零には出生について秘密がある模様。そして、ようやく零が自分だけに懐き始めた矢先、ある悲劇が晴を襲う。そして5年後、東京で成長した零に再会した晴だったが…。  長男・晴(CV:前野)は、帰国子女のクォーターであり、お人好しかつ面倒見のよい苦労人というキャラクターだ。双子の次男・亜樹(CV:松岡)と三男・蒔麻(CV:寺島拓篤)は、晴とは異母兄弟。そして、四男・零(CV:皆川)は、カナダの路地裏で置き去りにされ施設で育ち、晴の母・春子に引き取られたという過去を持つ。全く血の繋がらない零が加わった兄弟が、どのような“トラブル・ラブ”を繰り広げるのか、期待が膨らむ。  また、日本最大級のアニメイベント「AnimeJapan 2016」にて「SUPER LOVERS スペシャルステージ in Spring」が開催決定。出演キャストによるトークや最新映像の公開などを予定している。

  • アニメスタジオ「エイトビット」初のオリジナル作品『コメット・ルシファー』10月より放送開始

    エイトビット初のオリジナルTVアニメ『コメット・ルシファー』 10月放送決定!

    アニメ・コミック

     『IS <インフィニット・ストラトス>』や『東京レイヴンズ』、『劇場版マクロスF ~イツワリノウタヒメ~』の制作で知られるアニメスタジオ「エイトビット」初のオリジナル作品『コメット・ルシファー』が10月にTVアニメ放送されることがわかった。@@cutter 本作は、青く輝く鉱石、ギフトジウムに覆われた惑星ギフトを舞台に、ソウゴ・アマギがある少女と出会うことから冒険の扉を開くSFジュブナイル冒険活劇。  主人公のソウゴ・アマギは、小林裕介、ヒロインのフィリアを大橋彩香、ソウゴのクラスメイトのカオン・ランチェスターを高橋李依、ソウゴの同級生のロマン・ヴァロフを寺島拓篤、同じく同級生のオット・モトーを諏訪彩花、謎の生物のモ・リティカ・ツェツェス・ウラを水瀬いのり、という豪華ボイスキャストも決定している。  また、監督を『IS <インフィニット・ストラトス>』の菊地康仁、原案・シリーズ構成を『交響詩篇エウレカセブン』の各話脚本を担当し、初のシリーズ構成となる野村祐一が務める。音楽は、『境界線上のホライゾン』の加藤達也が担当。TRUEがイメージソングを、fhanaがイメージソング&オープニング主題歌を、そしてヒロイン・フェリア役の大橋彩香がエンディング主題歌を歌う。  さらに、初出の映像としてTRUEが歌う「ミュージックビデオ」も公開された。本映像は、一般的なPVではなく、作品の世界観を音楽と共に楽しめる仕上がりとなっており、これを観れば作品への期待がさらに高まることだろう。雑誌「月刊ブシロード」でchisatoによるスピンオフコミックの連載も決まっている本作。メディアミックスな展開で作品を盛り上げる。  ソウゴ・アマギはギフトジウム採掘で栄える街、ガーデン・インディゴに住む純朴な少年。希少な鉱石を集めるのが趣味のソウゴは、ある日、同級生のカオン、ロマン、オットたちが引き起こす騒動に巻き込まれ、地底湖に迷い込んでしまう。そこで、不思議な少女と出会うのだった。  TVアニメ『コメット・ルシファー』は10月放送開始。

  • 『アクエリオンロゴス』 7月放送スタート

    <アニメジャパン>『アクエリオン』10周年で新発表続々!アニメ第3期、初舞台化…

    アニメ・コミック

     21日、東京ビッグサイトにて開催されたAnimeJapan 2015内の「アクエリオン10周年“超気持ちいぃ~”ステージ」にて、寺島拓篤、梶裕貴ら『アクエリオン』シリーズ第1期、2期のキャストが登壇。イベントでは本作の10周年記念にふさわしく、シリーズ第3期となる新作TVアニメ『アクエリオンロゴス』の放送決定が発表されたほか、3期の主人公となる島崎信長ほか新規キャストもサプライズ登場した。@@cutter 10周年を迎えた同シリーズは、河森正治が生み出したオリジナルSFロボット作品。「合体」を通じ、人とその関係性を探求することをコンセプトとしており、放送当時から話題を呼んだ。  今回、サプライズ登場した島崎は7月から放送スタートを予定する第3期『アクエリオンロゴス』の主人公・灰吹陽を演じる。また島崎以外にも佐倉綾音、安達勇人が登壇。第3期のキャストとして出演することが明らかとなった。また本作では、舞台を現代に移し、“文字”をテーマに“創声合体”を繰り広げ、これまでとはまったく違う『アクエリオン』を描くという。  イベントでは初代主人公・アポロを演じた寺島が10年を振り返り、「『アクエリオン』が声優のスタートに近い」と感慨深い様子で語る。また、新たに主人公を務める島崎に「楽しみにしているので頑張って」とエールを贈った。  さらに、同イベントではシリーズ初の舞台『ひと夏のアクエリオン』(7月公演予定)の公演も発表。ロボットの登場しない内容になるとのことで、1万2000年前の堕天使と人間の魂が、高校演劇部の部員たちに乗り移り、笑いあり・アクションあり・ドタバタありで展開する外伝的ストーリーになる。  発表は更に続き、第1期&2期キャラクターが勢ぞろいの新作OVA『創勢のアクエリオンEVOL』の制作決定をはじめ、10周年記念イベント「合体祭~渋公で叫べ“気持ちいぃ~”」(6月28日)、「『アクエリオンEVOL』禁断合体ブルーレイBOX」(6月24日発売)など、アニバーサリーイヤーに相応しい新情報が次々に発表され、会場では大きな歓声が上がった。  同イベントでは、そのほか第1期キャストのかかずゆみ、杉田智和、森川智之。第2期キャストの茅野愛衣、内山昂輝。第3期監督の佐藤英一、主題歌のMay’n。シリーズ原作の河森正治が登壇した。

  • 「BL処女を捧げられた回数」1位:森川智之

    森川智之、13人の初BLを奪いダントツ首位!  男性声優の“初めて”まとめが話題

    アニメ・コミック

     数あるオタク系コンテンツの中でも根強い人気を誇るBL(ボーイズラブ)。“BLは若手男性声優の登竜門”と言われることもあるが、そんなBL作品において、「男性声優がBL処女(初受け)を捧げた相手一覧」というタイトルのまとめが話題を呼んでいる。(※CDやカセットによる作品のみ。アニメやゲームは含まれていない)@@cutter 同まとめの「BL処女を捧げられた回数表」によると、13人の森川智之が断トツのトップ。捧げた声優は、『新世紀エヴァンゲリオン』(渚カヲル役)などで知られる石田彰を始め、福山潤、関智一、三木眞一郎、杉山紀彰、谷山紀章、鈴木達央、優希比呂、代永翼、鈴木千尋、興津和幸、岡野浩介、中原茂などビッグネームが並ぶ。  続いての第2位は、5人のBL処女を奪った子安武人。『うたの☆プリンスさまっ♪』(一十木音也役)の寺島拓篤、『るろうに剣心』(相楽左之助役)のうえだゆうじ、『幽☆遊☆白書』(飛影役)の檜山修之、『ヴァンパイア騎士』(一条拓麻役)の千葉進歩、『ヘタリア』(オーストリア役)の笹沼尭羅らが、初めてを捧げたそうだ。  このほか、遊佐浩二、羽多野渉、小野大輔、柿原徹也、杉田智和、下野紘、鳥海浩輔、吉野裕行など、捧げた側も捧げられた側も人気声優の名前ばかり。現在、このまとめでは66人分の男性声優のデータが掲載されているが、今後掲載が増えればランキングの変動などもあり得るので、気になる人はこまめにチェックして欲しい。

  • 『異能バトルは日常系のなかで』豪華追加キャスト発表&キービジュアル解禁!

    寺島拓篤が無職の厨二病に!? 『異能バトルは日常系のなかで』豪華追加キャスト発表

    アニメ・コミック

     文芸部員の5人が異能に目覚めるも、何も変化のない日常で異能を無駄遣いする様子を描く、新感覚の異能バトル&ラブコメアニメ『異能バトルは日常系のなかで』が、10月より放送。この度、本日12日(じゅうに)を厨二(ちゅうに)の日と定め、デザインを一新した公式サイトが公開され、寺島拓篤、福原香織、細谷佳正ら豪華追加キャストが発表に。更にキービジュアルも解禁となった。@@cutter 本作は、同名ライトノベルを原作としたTVアニメ。突如、異能に目覚めるも、世界を滅ぼす秘密結社や異能力戦争などもなく、ただひたすらその能力を無駄遣いする少年少女たちの日常を描く。  既に発表されていたキャスト陣は、厨二病を患う主人公・安藤寿来(あんどうじゅらい)役の岡本信彦。実は隠れオタクの少女・神崎灯代(かんざきともよ)役の山崎はるか。安藤の幼馴染みの天然系少女、櫛川鳩子(くしかわはとこ)役の早見沙織。博識な文芸部部長・高梨彩弓(たかなしさゆみ)役に種田梨沙。高校の文芸部に入り浸る小学生の少女・姫木千冬(ひめきちふゆ)役に山下七海の5人。  今回、追加キャストとして発表されたのは、無職の真性厨二病イケメン・桐生一(きりゅうはじめ)役の寺島拓篤。生徒会長・工藤美玲(くどうみれい)役の福原香織。安藤の中学からの“知り合い”・相模静夢(さがみしずむ)役に細谷佳正。文芸部の顧問・里見詩春(さとみしはる)役に名塚佳織。千冬の友人・九鬼円(くきまどか)役に加藤英美里、という豪華声優陣だ。  人気・実力を兼ね備えたキャストに加え、『キルラキル』で一躍名を馳せた注目の制作スタジオ「TRIGGER」が贈る本作に、今から期待が高まる。  『異能バトルは日常系のなかで』は10月からテレビ東京他にて放送。

  • テニスアニメ『ベイビーステップ』放送日&ボイスキャスト決定!

    テニスアニメ『ベイビーステップ』声優発表、村田太志・寿美菜子らが出演

    アニメ・コミック

     NHK Eテレの新作TVアニメ『ベイビーステップ』のメインとなるボイスキャスト4人が発表となった。@@cutter 『ベイビーステップ』は、プロテニスプレイヤーを目指す少年・少女の青春物語。頭脳明晰な主人公がデータに基づいた戦略でプロを目指す、リアルなスポーツアニメとなる。  発表されたメインキャスト4人は、主人公・丸尾栄一郎役に村田太志、鷹崎奈津役に寿美菜子、影山小次郎役に寺島拓篤、江川逞役に浪川大輔という人気声優陣が顔を揃えた。  勉強にしか興味のなかった高校生・栄一郎(15歳)は、運動不足解消のため参加したテニススクールでテニスの奥深さに目覚める。全くの素人だった栄一郎は、身体面での不利を、持ち前の観察・分析力と徹底して身に付けたボールコントロールで補っていくことに。初めは栄一郎のことを相手にしていなかったジュニアテニス界の強豪選手たちも、彼のひたむきな姿勢に触発され、少しずつ意識を変化させていく…。  『ベイビーステップ』は、4月6日17時30分より放送開始。

  • “感じるLOVE”シリーズ最新作『声感☆ラブメッセージ』

    柿原徹也、福山潤らが胸キュンラブメッセージを囁く!“感じるLOVE”シリーズ新作

    エンタメ

     スマートフォン向け定額制動画配信サービス『dビデオ powered by BeeTV』及び『BeeTV』にて配信され、人気を博してきた“感じるLOVE”シリーズの最新作『声感☆ラブメッセージ』が9月20日より配信開始されることが決定した。『声感☆ラブメッセージ』は、柿原徹也、福山潤など計12人の人気声優が囁く留守番電話が重なるという新感覚の映像で、女性の妄想をかきたてるストーリー構成となっている。@@cutter 「見るだけで女性ホルモンアップが期待できる」と、監修を行った恋愛科学研究所の所長・荒牧佳代氏も太鼓判を押す本作。  江口拓也、柿原徹也、岸尾だいすけ、杉山紀彰、立花慎之介、寺島拓篤、鳥海浩輔、羽多野渉、平川大輔、福山潤、前野智昭、水島大宙(五十音順)と人気声優が出演していることもあり、「もともとイメージング能力の高い女性にとって、素敵な男性の声を聞くだけで脳がときめきを感じ、ドーパミンや女性ホルモンであるエストロゲンが分泌され、女性をより女らしくさせる効果があります」と保証済み。  本編に、“声”で出演する柿原は、“婚約中である同期の女の子との恋で、ちょっと強引な男性”を演じており、「何があってもお前の笑顔守ってみせる!」や「わかるだろ? いや、わかるよな。俺にしかお前のこと幸せにできないって」など、女性の心をキュンとさせてしまうセリフを披露している。  本作について柿原は「今回は実写の役者さんたちの体全体を使っているお芝居と、僕ら声優の声だけを使っているお芝居のコラボというのがどうなるのか、すごく楽しみです。いい経験をさせていただいたと思います」とコメント。人気声優の柿原からみても、本作のコラボレーションは気になるようだ。  12人の人気声優が“声”で出演し、BoAが絶妙な歌詞で女性心を歌い上げるミディアムバラードが主題歌となる『声感☆ラブメッセージ』は9月20日から毎週金曜配信。配信数は全12話。

  • 岸尾だいすけ 1stシングル『0F~Love Forever~』発売!

    岸尾だいすけ、1stシングル発売!PVに平川大輔、前野智昭、寺島拓篤が友情出演

    アニメ・コミック

     人気声優・岸尾だいすけが、待望のファーストシングル『0F~Love Forever~』を10月2日にリリースすることを決定。“声優史上初”となるワンコインシングル(税込500円)での発売であり、なおかつファーストアルバム発売時に伝説となった「ハイタッチ会」の参加券も封入されているという。@@cutter ファーストシングル『0F~Love Forever~』は、岸尾自身も出演するゲームアプリ『家政婦さんっ!トキメク☆イケメン男子寮』の主題歌であり、自ら作詞を手掛けた爽やかなアッパーソング。  また、ジャケットは「2次元ver.」、「2.5次元ver.」、「3次元ver.」と3種類あり、3曲目に収録されるボイストラックもそれぞれ別バージョンを収録する。  さらに、本楽曲のミュージックビデオ(short ver.)には、同じく人気声優の平川大輔、前野智昭、寺島拓篤が友情出演。岸尾自身も「4人のカルテッティングパワーがぶつかり合い、弾けて混ざるナイスでトラディショナル かつハイパーメディアクリエイティブ4KなPV映像をお楽しみ下さい」とコメント。ファンにはたまらないPV映像となっている。  『0F~Love Forever~』は10月2日リリース。価格は500円(税込)。

  • 江口拓也と寺島拓篤にインタビュー!

    いじられキャラの江口拓也に「ニク生」発案の寺島拓篤、2人が語る『魔界王子』の魅力

    アニメ・コミック

     現在、テレビ東京ほかにて絶賛放送中のTVアニメ『魔界王子 devils and realist』。「コミックZERO‐SUM」(一迅社)にて連載中の人気コミック『魔界王子』のアニメ化であり、19世紀末のイギリスを舞台に主人公ウイリアムと、ダンタリオンを含む魔界の代理王候補である数人の悪魔たちが織りなすハイテンションファンタジーである。@@cutter 今回、本作の主人公ウイリアムを演じる江口拓也と代理王候補の悪魔・ダンタリオンを演じる寺島拓篤の単独ツーショットインタビューを敢行。本作についてやキャラクターに声をあてる際に参考にする事柄、自身が高校生だった頃のエピソードなど様々な話を聞くことができた。  まず、江口に主人公となる自身演じるキャラクターについて簡単に説明してもらった。「ウイリアムは、頭脳明晰な名門貴族の子息です。普通の学園生活を送っていたある日、悪魔がやってきて、『お前はソロモン王の末裔だ』と言われ…。それが幸か不幸かは、このあとの展開次第でございます」と抑揚を付けて巧みに話す江口。寺島は「簡単な説明が面白いな! 」と江口を絶賛。和気あいあいとした雰囲気の中、インタビューは始まった。  江口演じるウイリアムというキャラクターは、潔癖過ぎるほどの超絶リアリスト。寺島演じる悪魔・ダンタリオンも“悪魔”と認めず、この世に存在する物はみな“原子”と一括りにしてしまうほどだ。そのウイリアムに対し「うるせー奴だなーって思いましたね(笑)」と正直に話すのは、ダンタリオンを演じる寺島。当初、うるさい奴と思っていたという寺島だが「それが彼の唯一の武器であって、まだ成長過程にあるウイリアムという少年が強がっている部分なのかなぁと思うと可愛い奴だなと思いますね」とも。  また江口と寺島に、自身に置き換えた場合、超絶リアリストとその反対である超絶ロマンチストどちらであるか尋ねると「僕はリアリストかなぁ」(江口)、「僕もなんだかんだいって、リアリストかなぁ」(寺島)とお互いリアリストのほうであるとの答えが。さらに寺島は「現実を見て生きてますからね(笑)。現実を見たうえでロマンをみる! 」とのこと。この発言に江口も同調「そうそうそう! そういうことですね」。  「ぽやぽやロマンばかり見てられないのです…。時にはみますけどね(笑)」と現実的なことを語る寺島に対し、江口は「でも作品でロマンを見させてもらっていますね! 」とコメント。この江口の発言には寺島も「良いこと言った!」と納得。@@separator これまでにも様々キャラクターを演じわけてきている江口と寺島。1番初めにキャラクターに声をあてる時は何を基準にして声を作っていくのかを尋ねると「まずは見た目から始めます」と即答する寺島。「お芝居についても考えますが、声の作りを考える時は見た目です」とのことだ。江口もそうだと言う。  基本はオーディションを受けて、それに受かって初めてキャスティングされるという声優業界。本作でも江口、寺島ともにしっかりオーディションを受けて、本作の出演を勝ち取ったとのこと。  本作は、19世紀末のイギリスのとあるパブリックスクールが舞台となっている。パブリックスクールとは13歳~18歳の子供を教育する私立校のことであり、その中でもとくにエリート校のことを言う。作品にちなみ、江口と寺島はどのような高校生活を送ってきたか尋ねてみた。  「中学の頃は、バリバリ部活をやっていたのですが、高校の時は…ボーっとしてました(笑)」と語る江口。横から寺島が「なんだそりゃ」とツッコミを入れるも「何にも記憶がない…。空見てました」とコメント。「自分の世界に浸っていたということだね…。今はこんなにコミュニケーション能力があるのに」と不思議そうに江口を見つめる寺島。一方、寺島は「僕は演劇部に入っていたのですが、もう部活ばかりでしたね」と振り返る。演劇部ということは、そのままの流れでこの業界にきたということだろうか。「そうですね。そもそも演劇もやろうと思って入ったわけではないので、奇跡の流れだと思っています」と語る。  本作は男性キャラクターが多い作品であるため、必然的に男性の声優キャストのほうが多い。アフレコ現場も男性ばかりということだが「真ん中に江口くんがいてくれるので安心します」と話す寺島。「彼(江口)は、心配とかそういう意味ではないのですが、ほっとけない人なので、構いたくなるんです。それに割と誰しもがそう思っているので、現場で彼が真ん中にいることで話が広がる。もちろんみんな仲は良いんですけど、いわゆるいじられポジションの人が真ん中にいることでより楽しくなっていると思います(笑)」。  “いじられポジション”とのことだが、江口自身「複雑ですね(笑)」と話す。「ですが、可愛がってもらっているという点は嬉しいことですね。僕はあまり積極的に話しかけていくタイプではないので、そうやって話しかけてもらうことで、話しやすい雰囲気を作ってもらっているのかなと思うとありがたいです」。  最後に本作が掲げているマニフェストについて聞いてみた。“ツイッターフォロワー数30000人いったら王子たちが焼肉を食べながらニコ生やります!”とのことだが、そもそもなぜ焼肉なのだろうか。  「たまたまです。ある取材を受けている時に『どんなニコ生をやりたいですか?』と聞かれて『焼肉食べたいです』って言ったら…」と寺島の発言だったことが発覚。江口も「寺島さんが『ニク生だ! ニク生だ!』って言ってたから」と証言。寺島自身も「割と僕等の会話がそのまま使われているんですよ! けっこうアイディア出してます(笑)」。ちなみに現時点でツイッターフォロワー数は27835人(8月19日時点)。これはニク生が現実味を帯びてきたようだ。  物語もラストに向けて更なる盛り上がりを見せる『魔界王子』。ニク生も含めて、まだまだ目が離せない。(取材・文:鈴木沙織)  『魔界王子 devils and realist』はテレビ東京ほかにて絶賛放送中。

  • 『ログ・ホライズン』の魅力を語ったキャストと監督(左から前野智昭、加藤英美里、寺島拓篤、中田譲治、石平信司監督)

    『ログ・ホライズン』声優・前野智昭「オンラインゲームに1万時間以上費やしてきた」

    アニメ・コミック

     5日、東京の某収録スタジオにおいて、10月5日よりNHKのEテレにて放送予定の新作アニメ作品『ログ・ホライズン』のアフレコが行われ、アフレコを終えたばかりのキャスト陣への直接取材の機会を得ることができた。  取材に応じたのは、主人公の「シロエ」を演じる寺島拓篤、「直継」役の前野智昭、「アカツキ」役の加藤英美里、「にゃん太」役の中田譲治といったキャスト陣と、本作の監督を務める石平信司の、計5名。それぞれが、本作に対する思い入れなどを語ってくれた。@@cutter アニメ『ログ・ホライズン』は、橙乃ままれが執筆する同名のファンタジー小説を原作としたアニメ作品だ。橙乃ままれと言えば、最近では、同じくエンターブレインから刊行されている『まおゆう魔王勇者』における原作小説の作者でもあり、記憶に新しい人も多いだろう。  『まおゆう』は、いわゆるファンタジー世界を舞台とした作品だったが、本作『ログ・ホライズン』は、オンラインゲームの世界が現実世界と融合した、ややSF的な要素を含む作品となっている。  そんな『ログ・ホライズン』の原作について、監督の石平は「オンラインゲームが題材の作品ではあるのですが、いわゆる“戦って敵を倒す!”という事ではなく、人と人とのコミュニケーションを主題に置いた作品です」とコメント。さらに「新たな環境の中で、少しずつコミュニケーションを構築していく。その中で色々な人物と出会い、キャラクターたちが抱える問題や、葛藤を解決していくことになります」といった発言も見られ、人と人の関係によるドラマ性をアピールしていた。  監督のコメントを受けた寺島は「この『ログ・ホライズン』という作品の中では“考える”という事柄が、非常に大切な意味合いを持っています。キャストである僕達も、キャラクターたちが考えていることをよく考えて、収録に臨んでいます」と、さらなる意気込みを語った。その後の加藤や中田の言を聞く限りでは、キャスト陣はかなり原作を読み込んでいるようだ。  また、アフレコの話題が上った際には、中田が「必ず(収録の)1週間前には絵が完成して、台本も送られて来るから。演技に言い訳は効きません(笑)」と漏らしており、スケジュール的にも余裕を持って、順調に製作が行われている事が見て取れる。  オンラインRPGという題材を扱うことに関しては、やはりキャストによって知識に差があるようで、受け入れられ方が違うようだ。特に「過去に1万時間以上をオンラインゲームに費やしてきた」と語った前野や、同じくゲーム好きで知られる加藤は、特に意気込みが強い様子。前野はこの後も「この作品を観て、(オンラインゲームを)始めてくれたらうれしいです! 」と、鼻息も荒く語っていたほどである。  取材の最後に寺島は、放送を待つファンへむけてのメッセージとして「色々とお伝えしたいことはありますが、まずは何かの取っ掛かりを見つけて楽しんで下さい。最後まで見終わった後に“人が社会の中で生きる”という事柄の意味や意図を、何かしらの形で感じ取ってくれたら、と思っております。どうぞお楽しみに! 」とコメント。作品のストーリーを予感させるような発言とともに、今回のアフレコ取材は終了となった。  アニメ『ログ・ホライズン』は、NHKのEテレにて10月5日より放送が開始。公式サイトでは高垣彩陽や下野紘といった、本作に登場するキャスト陣なども公開されており、各種新情報もそちらで公開されている。    『ログ・ホライズン』は10月5日よりNHKのEテレにて放送予定。

  • 「ムシブギョー」トークイベント

    お色気シーン満載?胸が桃のよう?ACE2013「ムシブギョー」トークイベント開催

    アニメ・コミック

     アニメ コンテンツ エキスポ 2013にて、30日、テレビアニメ「ムシブギョー」放送開始直前イベントが行われ、明坂聡美(お春役) 、大久保瑠美(火鉢役)、寺島拓篤(無涯役)、江口拓也(恋川春菊役)、芹澤優(一乃谷天間役)、宮野真守(松ノ原小鳥役) 、福山潤(長福丸役)、潘めぐみ(蟲奉行役)が登壇。キャストトークや先行映像の公開、エンディングテーマ「イチズ」を歌うi☆Risのライブが行われた。@@cutter 「ムシブギョー」は、現在「週刊少年サンデー」(小学館)にて連載中の福田宏による人気漫画。蟲奉行所に勤める月島仁兵衛が、個性的な仲間達と共に、江戸の平和と人々の笑顔を蟲から守るため命がけで戦う、大江戸蟲斬りバトルアクション。  8人もの豪華声優陣が登壇した本イベント。ステージではキャスト同士の和気あいあいとしたトークが繰り広げられる。お春役の明坂は、本作について「お色気シーンが見所(笑)」と語る。「(お春は)胸が桃のようで(笑)。胸が揺れるシーンは要チェックです」とアピール。明坂のコメントを聞いた福山は「実はまだ僕は出番がなくて収録に参加していないのですが、お色気シーンがあると聞いてドキドキしています(笑)」と笑みを浮かべた。    また、イベントでは、この場に来ることができなかった主役・月島仁兵衛役のKENNからビデオメッセージが流れた。KENNは「会場に行きたかったなぁ! みなさんホント行けなくてスミマセン。今、別のイベントに出演させていただいております、申し訳ない」とコメントを寄せた。  さらに、会場内には全長11メートル、幅9.5メートル、高さ3.6メートル、推定体重17トンの超巨大蟲が展示されており、来場者の注目の的となっていた。    テレビアニメ「ムシブギョー」は、テレビ東京系6局ネットにて4月8日(月)夕方18時から放送開始。

  • 「ムシブギョー」4月8日(月)より放送スタート

    「ムシブギョー」ボイスキャスト決定!KENN、明坂聡美、寺島拓篤など人気声優勢揃い

    アニメ・コミック

     テレビ東京系6局ネットにて毎週月曜日夕方6時から放送されるテレビアニメ「ムシブギョー」の初回放送が、4月8日(月)に決定した。また、主要キャラクターのボイスキャストも発表。主人公・月島仁兵衛には声優、俳優、歌手として大活躍中のKENNが抜擢された。@@cutter 「ムシブギョー」は、現在「週刊少年サンデー」(小学館)にて連載中の福田宏による人気漫画。享保六年、八代将軍徳川吉宗の命によって設けられた「目安箱」により、通称“蟲奉行所”が新設された時代。“死ぬまで勝ち続ける武士”を目指す月島仁兵衛は、この蟲奉行所に勤めることとなる。個性的な仲間達と共に、江戸の平和と人々の笑顔を蟲から守るため命がけで戦う、大江戸蟲斬りバトルアクション。  主要ボイスキャストは、KENNのほか、茶屋の看板娘・お春役に明坂聡美、発破のくノ一・火鉢役に大久保瑠美、さらに、寺島拓篤、江口拓也、芹澤優、宮野真守、小山力也、福山潤、潘めぐみなど豪華キャストが勢揃い。  また、オープニングテーマはガガガSPが本作のために制作した「友よ」に決定。エンディングテーマは、一乃谷天間役で出演する芹澤優が所属するアニソン・ヴォーカル・アイドルユニット、i☆Risが歌う「イチズ」となる。  さらに、3月30日(土)の「アニメ コンテンツ エキスポ 2013」WHITEステージで開催する「TVアニメ『ムシブギョー』放送開始直前イベント」の登壇者も決定。明坂聡美、寺島拓篤、江口拓也、芹澤 優、宮野真守、潘めぐみ、i☆Risが登壇する。  「ムシブギョー」は、テレビ東京系6局ネットにて4月8日(月)夕方6時から放送開始

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access