BoA、全盛期と変わらぬダンス&歌声が話題に! 韓国では“レジェンド”な彼女のすごさとは

特集・レポート
2022年1月16日 08:00
BoA、全盛期と変わらぬダンス&歌声が話題に! 韓国では“レジェンド”な彼女のすごさとは
BoA(2018年撮影)  (C)Zeta Image

 今年でデビュー22周年を迎える韓国の歌手BoA。14歳で初々しくデビューした彼女も、35歳になりすっかり大人の女性になりました。韓国でデビュー後、2001年に日本デビューを果たした彼女は、4thシングル『LISTEN TO MY HEART』がヒットし、日本では人気歌手に。その後、レコード大賞の受賞や紅白歌合戦の出場、東京ドームでのコンサートなど、日本で大きな成功を収めてきました。彼女の成功により日本でのK‐POPの土台が作られていったのです。昨年末に放送された『2021FNS歌謡祭』(フジテレビ系)では、日本でクリスマスソングとしてヒットした「メリクリ」を披露。当時と変わらない歌声を聞かせてくれたのも記憶に新しいですね。大人になったBoAが歌う「メリクリ」は、また違ったテイストで私たちに新しい姿を見せてくれました。日本での活動は減った彼女ですが、韓国では“レジェンド”的存在で、最近ではガールズグループの参加も話題に。全盛期と変わらぬ実力を見せる彼女のすごさに迫ります。(文=西門香央里)


■新旧メンバーの中でも輝きを放つカリスマ性

 世界各国でK-POPブームが盛り上がっていく中で、大先輩であるBoAの存在は大きいものです。彼女をロールモデルにした後輩たちも多くおり、所属するSMエンターテインメントでは取締役まで務めるほど。そんな彼女が、SMエンターテインメントが新しく始める新プロジェクト「Girls On Top(GOT)」の第1弾であるユニット、GOT the beatに参加し、話題になりました。


 「Girls On Top」は、SMエンターテインメントに所属する女性メンバーが、テーマ別に新しいユニットを披露するプロジェクト。GOT the beatに参加するメンバーはBoAのほかに、少女時代のテヨン、ヒョヨン、Red Velvetのスルギ、ウェンディ、新人グループaespaのカリナ、ウィンターの7人。K-POP界のアベンジャーズと言われた同事務所のグループユニット、SuperMの女性版のような豪華メンツで結成されました。ミュージックビデオの中でBoAは全盛期と変わらない歌声と、キレキレのダンスを見せてくれます。

 SMエンターテインメントがここまで大きく成長したのにはBoAは欠かせない存在。参加しているメンバーの中で一番年上である彼女ですが、新旧の女性メンバーを集めたGOT the beatでも輝きを放っており、そのカリスマ性を大きく感じることができます。

次ページ:やっぱりすごい ”K-POP女王”BoAの存在感

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

イチオシ!

BoA

西門香央里(ライター)

K-POP

音楽

韓国

カルチャー

特集・レポート

あわせて読みたい

「クランクイン!」「クランクイン!トレンド」で働いてみませんか?
編集スタッフ/外部ライター/動画編集

おすすめフォト

行きたい!ランキング

欲しい!ランキング

イチオシ!ランキング