海外 関連記事

  • ※海外メディア「SkyNews」のスクリーンショット

    クリスマス・デコレーション・パニック! 本物の人間と勘違いして通報

    気になる

     テキサス州オースティンで、地域のクリスマスイルミネーションコンテストで優勝を狙ったハーレイン家の作品が、通行人の誤解を招きパニックを呼ぶことになった。デコレーションの一部として屋根からぶら下げた人形を、通行人が本物の人間と勘違いしてしまったのだ。海外メディアSkyNewsが伝えた。@@cutter このデコレーションをする上で一家が参考にしたのが、1990年公開のコメディ映画『ナショナル・ランプーン/クリスマス・バケーション』だ。主人公のクラーク・グリスウォルドが宙ぶらりんになるシーンを再現しようと、デコレーションとして人形を屋根からぶら下げたのだ。  しかし、これが通行していた退役軍人のアルフレッド・ノーウッド・ジュニアさんを驚かせてしまった。彼は、同じくデコレーションとして宙ぶらりんになっていた梯子をどかして救助を開始。さらには警察に通報し、通り過ぎる車を止めようとするなどした。彼が必死に助けようとする様子が、ハーレイン家の監視カメラに映されていたのだった。  ノーウッドさんは、ABC13に対し「どんな方法でも彼を降ろそうとしていました。でも話かけても彼が何も言わなかったんです!」「そこで、『どうしよう、死んでいませんように』とも思いながら911に電話しました」。警察によると、ハーレイン家のクリスマスデコレーションに関する通報は彼が最初ではなかったという。  その後、ハーレイン家はノーウッドさんを見つけ出し、迷惑をかけたお詫びにギフトカードを渡した。そしてデコレーションに、警察に通報しないようにお願いする表示を加えたという。

  • ※海外メディア「SkyNews」のスクリーンショット

    「息子にデートを…」母親のおせっかいツイート拡散で散々な思いをする息子

    気になる

     海外メディアSkyNewsによると、デートに出かけない息子を心配したある母親のツイートが拡散し、息子が散々な思いをしている。現在は削除されているその母親のツイートでは、海軍の制服に身を包んだ息子が爽やかな笑顔でポーズをとった写真とともに下記のような文章が投稿されていた。@@cutter 「これは私の息子です。ブートキャンプを1番で卒業しました。女性を尊重する紳士です」「急進派フェミニストによる、昨今の嘘のセクハラ告発の潮流を受けて、彼は一人でデートに出かけようとしません」。そして「#HimToo」のハッシュタグで、母親はツイートをしめくくった。  そのツイートが投稿され拡散していたとき、当の息子ピーター・ハンソンは、セントラルフロリダ大学でマーケティングの試験を受けていたという。その後友人から、母親によってうっかり彼がツイッターの話題になっていることを知らされた。「#HimToo」は、男性に対する性被害や、性的暴行の偽の告発により被害を受けた男性のためのムーブメントで使用されるハッシュタグだ。  話題になってしまった息子のピーターはその後、ツイートで「あれは僕の母です。時に、僕たちが愛する人が気づかずに僕たちを傷つけることがあります。方向転換してみましょう。僕は#BelieveWomenを尊重しています。#HimTooを支持したことはありませんし、これからも支持しません」とコメント。母親のツイートに同意しないことを語り、冷静な対応をみせた。その後、ツイッターでは母親のツイートをアレンジしたネタツイートが飛び交っている状況だ。

  • ※海外メディア「SkyNews」のスクリーンショット

    病院の屋根に6万匹の蜂が! 巣の撤去は「ハチミツの海で泳ぐ」状態に

    気になる

     イギリス、ケンブリッジにあるフルボーン病院で、ポーチの屋根に約6万匹の蜂が住み着いているのが発見された。建物付近で蜂が数匹飛んでいるのが目撃されており、病院スタッフが専門家に調査を依頼して発見に至った。海外メディアSkyNewsが伝えた。@@cutter 蜂の巣の除去には12時間を要したとのこと。ポーチの屋根の隙間から蜂蜜が垂れてくるほどでの蜂の巣は、過去数年間その場所にあったと思われる。  蜂の巣を除去した養蜂家コミュニティのTree Bee Societyがフェイスブックに投稿した動画では、屋根裏に密集した蜂の巣の様子が映されている。投稿された蜂の巣の写真の紹介文では「アビとアンディ(ともに養蜂家コミュニティのディレクター)は、この巨大な蜂の巣から出た蜂蜜でほとんど泳いでいる状況でした。病院の建物のポーチ屋根で発見しました」と記載されている。  同コミュニティのディレクター、アビゲイル・リードによると、そこに住んでいた蜂は現在、同養蜂家コミュニティが拠点を置くランカシャーに移動し「幸せに」暮らしているとのことだ。

  • ※「Texas Department of Criminal Justice」フェイスブック

    政府機関に寄付されたバナナの箱の中に、20億円相当のコカインが!

    気になる

     テキサスの政府機関、Texas Department of Criminal Justice(TDCJ)に寄付されたバナナ入りのダンボール箱の中から、大量のコカインが発見された。その量は、末端価格でなんと1782万ドル(約20億724万円)分もあったという。海外メディアSkyNewsが伝えた。@@cutter バナナは、テキサス州の港Freeport のPort of Americaで「熟してしまった」という理由から無料で同署に提供されたものだった。TDCJのフェイスブックページによると、Scott部の巡査部長2人がバナナの箱を受け取りに来たところ「何かががおかしいことがわかった」「箱のうち1つが、ほかの箱と違う感じがした」とのこと。  箱を開けてみたところ、バナナの束の下に白い粉の入った袋の束が見つかったため、港の管理者に報告。税関調査官が到着しその白い物質を検査したところ、コカインであることが分かったという。同フェイスブックの投稿のコメントでは「全く予想外のものが入っていることもあるものです!」と続いた。

  • ※「エイボン&サマセット警察」ツイッター

    麻薬入りの袋を拾って枕にしていた猫に飼い主ビックリ 警察もスカウト

    気になる

     イギリス西部の都市ブリストルのセントポールで飼われるにゃんこが月曜、コカインとヘロインが入った袋を持ち帰っていたことが判明した。その猫は前日の日曜の夜に街をうろつく中でその袋を拾ったようで、発見されるまでの一晩はどうやら薬物と寄り添い寝ていたようだ。海外メディアSkyNewsが伝えた。@@cutter エイボン&サマセット警察が、白色と薄紫色の粉が小分けにして詰められている袋の画像をツイッターで投稿。コメントでは「警察犬はもうやめです。我々は猫の訓練を開始すべきです。どうやら飼い主は猫のベッドの中でこれを見つけ、猫はこの横で丸まっていたそうです!」と語っている。  アシュリー警察もこの画像をツイートし「こんなものを猫が運んできました。住人の猫が夜にこれを持ってくるなんて、セントポールには素晴らしいことが起こりました。飼い主は少し衝撃を受けていましたが、すぐに我々に連絡してくれました!」とコメントしている。現地メディアBristol Liveによると、発見された薬物の末端価格は数百ポンドに相当するという。

  • ※海外メディア「SkyNews」のスクリーンショット

    尻尾が絡まっちゃった5匹のリスを救助!

    気になる

     アメリカ、ウィスコンシン州で、5匹の幼いリスが尻尾が絡まった状態で発見された。5匹の尻尾は、母親リスが巣作りに使った草やプラスチックが混ざった状態で絡まっていた。尻尾は傷つかないよう、20分程で丁寧に切り離された。海外メディアSkyNewsが伝えた。@@cutter Wisconsin Humane Societyの野生生物リハビリセンターはフェイスブックページに、尻尾がバラバラに解かれた5匹のリスの画像を投稿。「この5匹の幼いトウブハイイロリス兄弟姉妹の尻尾は、母親リスが巣作りに使った長い草や細長いプラスチックで絶望的に絡まり合っていました!」と紹介した。  処置前にリスには麻酔が施され、すべてのリスの尻尾には絡まっていたことによる損傷があるとのこと。「どの尻尾がどのリスのものかを判断することができず、どのリスも循環系の損傷で尻尾の組織が傷ついていたため非常に心配でした」と加えた。  また「注意深く迅速な処置がなければ、最低でもリスの大切な尻尾(バランスをとり暖をとるために必要)、もしくは命までもが失われるところでした」と続けた。リスは処置後すぐに麻酔から目覚めたとのことだ。

  • アボカド ※イメージ画像

    アボカドを毎日食べるだけ? アメリカの大学で“おいしい”求人情報

    気になる

     カリフォルニアのロマリンダ大学が、アボカドを食べる人材を250名募集した。参加者は2つのグループに分けられ、1つ目のグループは6か月間毎日アボカドを1個食べることが任務。2つ目のグループは1か月にアボカド2個のみを食する。この調査結果は研究に使用される。海外メディアMirrorOnlineが伝えた。@@cutter 参加者には期間終了後にそれぞれ230ポンド(約3万2940円)の報酬が支払われる。美味しくアボカドを食べているだけでもらえるなら全く悪くない金額である。ウェブサイトで発表されている研究の理由は「アボカドはフルーツの中で脂肪含有量が最大であるにもかかわらず、人々はアボカドがお腹の脂肪を減らすと考えているのは筋が通りません」「とは言ってみたものの、それが今回の研究の仮説です」とのこと。  この仕事の条件としては、実際に体重が減っているか否かの検査を受ける必要があるため、大学近くに住んでいること。ほかに、年齢25歳以上で、男性なら腹囲が101.6cm以上、女性なら腹囲88.9cm以上であること。そしてもちろん、アボカドを大量に食べる意思があることだという。

  • ※海外ドラマ「SkyNews」のスクリーンショット

    ヒヒがフロスで歯間ケア!? 素材はほかのヒヒの抜け毛やほうきの毛か

    気になる

     イギリスのペイントン動物園で、ヒヒが他のヒヒの毛やほうきの毛を使って歯間フロスをしている様子が撮影された。撮影したのはエクスター大学で動物の行動を学んでいるシャーロット・モーガンさん。人間のような行動に「ほかのヒヒの毛を抜いてフロスするなんて、とてもワクワクする」と語る。海外メディアSkyNewsが伝えた。@@cutter モーガンさんによると「この動物園における過去の調査では、何頭かのヒヒが自分の毛やほうきの毛を使ってフロスしているのが確認されています」。また「私が観察したのは、ほかのヒヒの毛を抜いてフロスにする事例です」と続けた。  ペイントン動物園では、2、3年前にマントヒヒのメスがほうきの毛を使ってフロスしている様子が初めて目撃された。過去の研究によると、ヒヒがフロスをするのは衛生管理及び社交が目的とのことである。  モーガンは、群れの中での性格とフロス行動に何らかの関係があるかを研究しており、「幾つかの性格的特徴とフロスには何らかの関係があるように見受けられます」と語る。  どのようにヒヒがフロスの方法を習得するかについては推測は難しいとしながらも、「おそらく社会的学習の要素でしょう」「特定のハーレムではほかのハーレムより多くフロスをすることが確認されているので、周囲の仲間から学んでいる可能性があります」と加えた。

  • ※「Basilica of St. Patrick's Old Cathedral」インスタグラム

    迷える? 子羊をニューヨークの教会がリアルに預かる

    気になる

     マンハッタンにあるザ・バシリカ・オブ・セント・パトリックス・オールド大聖堂は、毎年、3匹の羊たちを預かる。素朴な雰囲気を醸し出すこの羊たちは、ニューヨークの大都会で6週間にわたり世話される。これは2014年に始まった恒例行事なのだという。海外メディアHUFFPOSTが伝えた。@@cutter 普段はニューヨーク州エリザヴィルにある農場「Buckwheat Bridge Farm」で生活している3匹の羊たち。名前はそれぞれ、ヒューストン、プリンス、スプリングだ。  同教会が羊たちを迎えるようになったのは冗談がきっかけだった。同教会の司祭、モンシニョール・ドナルド・サカノは、敷地の管理人が退職する際、彼と交わした話からアイディアを得たという。  「私は彼に『これからどうしたらいいんだ、羊でも飼えっていうのか』と冗談で言ったんです」「言った瞬間に、『あ、これは良いアイディアかも』と思いました。ニューヨークで羊を飼うことについては何も知らなかったんですが」。  同教会は、今年羊を預かるための資金としてクラウドファンディングで5561ドル(約61万5769円)を調達。教会での滞在中は5、6名のスタッフにより大切に世話されるという。 引用:https://www.instagram.com/oldcathedral/

  • ※海外メディア「HUFFPOST」のスクリーンショット

    元気な80代ワニ! 第二次大戦勃発時からセルビアの動物園で生き抜く

    気になる

     セルビアのベオグラード動物園では、世界一高齢と思われるワニがいる。ムジャという名のそのワニは80代で、動物園にやってきたのは第二次大戦当初。現在でも食欲は旺盛で、健康状態は優良だという。海外メディアHUFFPOSTが伝えた。@@cutter 数世代の観客たちを見送ってきたムジャは、ほとんど動き回ることはない。ただ、ネズミやウズラなどのエサの時間には、敏捷さが見られるという。しかし歳のせいで最近は食べようとする時に狙いを外すこともあるそうだ。これまでの唯一の健康上の問題は前右脚の爪の壊疽で、2012年に切断し処置している。  1937年にドイツから同動物園に到着した際には、ムジャはまだ2歳だった。その後ベオグラードに対し、1941年にはドイツによる爆撃、1944年には連合国による爆撃があったが、生き延びて今に至る。  動物園館長のスルボルジュブ・アレクシクは「ムジャは元気で健康で、よく食べますし、年齢を考慮すると良い状態です。何年もこのようにいてほしいと願っています」とコメントしている。

  • ※海外メディア「SkyNews」のスクリーンショット

    くり抜かれたパイナップルからコカイン67kg! スペインの市場で発見

    気になる

     スペイン、マドリッドの市場で、パイナップルの中からコカイン67kgが発見された。コカインが入ったパイナップルは、野菜果物の卸売市場MercaMadridで押収された。押収されたコカインの末端価格総額は約23万5000ポンド(約3391万2576円)。海外メディアSkyNewsが伝えた。@@cutter コカインは円筒状に包装され、パイナップルの果肉色の黄色のワックスで包まれていた。そして、きれいにくりぬかれた複数のパイナップル一つ一つの中に丁寧に入れられていた。警察によると、ワックスはコカインの化学物質の臭いを消し、捜査を避ける目的でも使用されたとのこと。  パイナップルは「完璧に空洞になっており、コンパクトな円筒が詰められていた」と警察官は表現する。パイナップル一つには、約800g〜1000gのコカインが詰められていた。捜査のため警察はパイナップルを1つひとつ割る必要があったとのこと。  コスタリカからポルトガルのSetubal港を経由しスペインに輸送された果物の積荷の数十件が、これらの円筒状のコカインを含んでいたという。

  • ※海外メディア「SkyNews」のスクリーンショット

    パグ限定50m走! パグ界のウサイン・ボルトが3年連続優勝

    気になる

     ウサイン・ボルト引退の穴を埋めるのは、この犬かもしれない。パグ界のウサイン・ボルトと呼ばれるパグのエマくん4歳だ。ベルリンで8月18日に開催されたパグ限定50m走において、5.866秒の速さで堂々の3年連続優勝を果たした。海外メディアHuffington Postが伝えた。@@cutter 今回のパグ50m走に参加したパグは全部で60匹。その中で、前回まで2年連続優勝を飾ってきたエマが今年も素晴らしい走りを見せた。  晴天のもと開催されたレースに出場したパグはさまざまで、まっすぐ走りきるパグもいれば、歩幅が小さくゆったりした走りを見せるパグ、飼い主が前を走って初めて走り始めるパグ、またゴール直前で引き返してしまうパグなども。それぞれの個性が光る大会となったようだ。  3度目の優勝を果たしたエマには、パグの顔がついた青い枕が授与された。当日は暑い天気となってたが、たっぷりの水が用意され快適な環境が保たれていたという。

  • ※海外メディア「SkyNews」のスクリーンショット

    フランス人“スパイダーマン”、イギリスで逮捕 ビル登りを禁止される

    気になる

     フランスの“スパイダーマン”として知られるアラン・ロベールさん56歳が、イギリスでビル登りを禁止された。ロベールはロンドンで最も高い202mのヘロンタワーに安全装置なしで違法に登頂し逮捕されていたところだった。海外メディアSkyNewsが伝えた。@@cutter セールスフォースタワーとの別名でも知られるヘロンタワーにロベールが登っているとの知らせを受けた警察は、近隣の道路を即座に封鎖したという。45分ほどで登頂に到達した彼は、観衆からの喝采を受けた後、即座に警察にパスポートを手渡し、彼の弁護士の電話番号を手渡したという。  今回の件で、ロベールは20週の懲役、執行猶予2年、そしてロンドン市警察への罰金5500ポンド(約80万5,008円)の支払いが命じられ、またイギリスでのいかなる建物に登ることを禁止された。裁判長のエドワード・マクミュラン氏は「あなたは明らかに成功した登頂者ではありますが、そこまで熟練していない人によりあなたの行動が真似され、致命的な結果を導く危険をはらんでいます」とこ語った。この登頂の前、ロベールは今回の目的を「登頂すること」ではなく「生きていること」だと話していた。  ロベールは以前にもドバイのブルジュ・ハリファやニューヨークのエンパイア・ステート・ビツディングに登り、公衆を妨害した罪で有罪となっていた。

  • ※イメージ画像

    チキンウィングを巡り、77歳父親が息子の胸に発砲 まもなく量刑決定

    気になる

     アメリカ、アラバマ州の都市セルマで、NFLの試合をテレビで一緒に観戦していた親子の父親が、息子に向けて拳銃を発砲した。理由はなんとチキンウィングを巡っての口論だという。海外メディアSkyNewsが伝えた。@@cutter 第1級家庭内暴力の判決を受けたのは77歳のジョン・ルイス・ケイバーさん。2年前に息子とテレビでNFLの試合を観戦中に、食事に出ていたチキンウィングを巡り息子と口論になり、ついには息子の胸部を拳銃で撃ったという。ケイバーの妻は二人を引き離すことができなかったとのこと。  有罪判決の後の8月21日、地方検事のマイケル・ジャクソンは地元メディアAL.comに対し「相当美味しいチキンだったにちがいない」とコメント。ケーバーの量刑は11月19日に宣告される予定で、懲役20年程度が課せられる可能性がある。

  • ※海外メディア「SkyNews」のスクリーンショット

    看護師16人が立て続けに妊娠! ベビーブームの病院、産休中のシフトは?

    気になる

     アメリカ、アリゾナ州の病院に局地的なベビーブームが到来した。その病院に勤務する16人の看護師が現在妊娠中で、数ヶ月の間に出産を予定しているのだ。海外メディアSkyNewsが伝えた。@@cutter その病院はフェニックスから約32km離れた都市メサにある「バナー砂漠メディカルセンター(Banner Desert Medical Center)」だ。看護師たちが出産の時期を迎えるのはこの10月から来年1月にかけてとのこと。  取材当時妊娠約8か月だった看護師ロシェル・シャーマンさんは「フェイスブックグループを立ち上げるまで、私たちは何人が妊娠中か気づいてなかったと思います」とコメント。同じく妊娠中の看護師ジョリーン・ギャロウさんは「休暇を取る計画を一緒に練っています」と笑顔だ。  彼女たちは、妊娠していない看護師たちの手厚い協力に触れ、妊婦には危険な放射線治療などの処置や病気の患者の処置をカバーしてくれていると加えた。  現在妊娠していない看護師たちが、大量の妊婦トークにやや疲れ気味のようだと話すのはアシュリー・アドキンスさん。「みんな目を回して、『また赤ちゃんの話?』という感じです」と語った。16人が産休に入る12週間の間は、自由契約の看護師らが代わりに勤務するという。

  • サグラダ・ファミリア ※海外メディア「SkyNews」のスクリーンショット

    136年遅れでサグラダファミリアがとうとう建築許可もらう!

    気になる

     スペイン、バルセロナにある世界遺産の教会サグラダファミリアが136年の時を経て建築許可を得ることになった。同教会は代わりに3600万ユーロ(約45億8700万円)を支払う。各海外メディアが報じている。@@cutter アントニオ・ガウディによるこの教会は136年間にわたり建築中だったが、地方自治体、地域政府のどちらからも公的な許可を得ていなかった。スペイン紙El Paisによると、この教会は不動産としての登録もされておらず、1995年からはバルセロナ教区に属する空き地としてのみ記録されていた。  2015年に建築委員会とバルセロナ市長のアダ・クラウが同建築に対する規制と権利料についての交渉を始めていた。同市長は、来年中には同建築は公式に認可されると加えた。なお今回の教会による支払いは、今後10年間にわたり同建物までの公共交通機関の改善や近隣地域の支援に充てられる。  世界遺産登録されている同教会は、ガウディの没後100年を迎える2026年に完成予定。訪問者は年間約450万人で、1日の平均は約1万2000人にも上る。

  • ※海外メディア「SkyNews」のスクリーンショット

    コカインの密輸に選ばれたのは…ロールパン!? メキシコの空港で発覚

    気になる

     メキシコのグアダラハラにある国際空港で、数千ドル相当のコカインがロールパン15個に挟まれた状態で発見された。薬物取締官と麻薬捜査犬により発見されたコカインは、120gずつロールパンに挟まれていた。海外メディアSkyNewsが伝えた。@@cutter コカインの市場価値は1gあたり約150ドル(約1万6800円)。つまり、今回ロールパンの中で発見されたコカイン総量の価値は、およそ27万ドル(約3000万円)ということになる。メキシコ産のコカインは一般的に米国向けに持ち込まれることが多く、空港では少量ずつの密輸の増加に対応する必要に迫られている。  メキシコでは麻薬関連の争いによる殺人が未曾有の件数を記録している。昨年は2万5000人が殺人事件により殺され、2018年はそれをさらに上回る勢いだという。非政府機関Semaforo Delictivoによる報告では、今年前半の殺人件数はおよそ1万6000件で、そのほとんどが麻薬取引により引き起こされたものだとしている。

  • リス ※イメージ画像

    リスに追われ、助けを求めて通報した男性にドイツ警察「確かに結構怖い」

    気になる

     ドイツの都市カールスルーエで、「リスに追われている」と言う内容で男性から警察への通報があった。警察官がその男性の元に駆けつけると、男性はまだリスに追いかけられている状態だったという。海外メディアSkyNewsが伝えた。@@cutter その後、警察はリスを無事捕獲。リスは眠ってしまったという。カールスルーエ警察署はその後ツイッターで捕獲したリスの写真を投稿。3300以上の「いいね!」と1000件を超えるコメントが寄せられている。そのリスは警察署の新しいマスコット的存在となり、現在は動物保護施設で世話をされているという。  警察署のスポークスウーマンによると、母親を亡くしたリスは、その代わりを人間に求めることがよくあるという。また、そうして追いかけられると「結構怖い」ものであり、通報者は「間違いなく脅えている」様子だったと加えた。  リスによる攻撃は深刻な被害をもたらすこともある。2017年7月には、ニューヨーク当局によりプロスペクト公園での攻撃的なリスに対する注意が呼びかけられていた。同公園では1週間でリスの攻撃による5人の被害者が出ていた。

  • ※海外メディア「SkyNews」のスクリーンショット

    驚がく! バンクシー作品が100万ポンドで落札後、勝手にシュレッダーに

    気になる

     サザビーズのオークションで、バンクシーの作品『風船と少女』が104万2000ポンド(約1億5474万9449円)で落札された直後、勝手にシュレッダーにかかり切れ切れになるという珍事が起こった。海外メディアSkyNewsが伝えた。@@cutter 『風船と少女』は、ハートが他の赤い風船に少女が手を伸ばしている絵で、スプレーとアクリルで描かれている。バンクシーの作品の中で最もよく知られているものの一つ。オークションの目玉作品の一つだった。  今回シュレッダーにかかってしまったた作品は、2006年に同販売会社がバンクシーから入手したもの。オークション前には落札額は200ポンドから30万ポンド(約2万9702円から4455万3584円)と予想されていた。  しかし、同作品は落札後すぐにシュレッダーで切れ切れに。額縁に内蔵されていたシュレッダー機能が遠隔操作されたと考えられている。後にバンクシーの公式インスタグラムは、ピカソの「破壊しようとする衝動は創造的衝動でもある」というの言葉を添えて、額縁にシュレッダーを仕込む様子とオークションでのその瞬間を動画でアップしている。  オークションハウスの管理下で作品に損傷があった場合、バイヤーの購入は期待されない。しかし今回のケースでは、シュレッダーにかかった状態の作品に、より高い価値がつくのではとの声も上がり、期間限定で行われた一般公開も長い行列を作った。バンクシーのこの1件が、アートの世界に強いインパクトを与えたことは間違いなさそうだ。 引用:https://www.instagram.com/banksy/

  • 6匹のカラス、ゴミ拾いの研修中(※イメージ画像)

    6匹のカラス、ゴミ拾いの“職業”訓練中 フランスのテーマパークで

    気になる

     フランスの歴史テーマパーク、ピュイ・デュ・フーでは、カラスに園内のゴミ拾いをさせる訓練を行っている。現在カラス6羽が訓練を受けており、吸い殻やゴミを拾う代わりに食べ物を受け取る仕組みだという。海外メディアSkyNewsが伝えた。@@cutter 同テーマパークの主宰者、ニコラ・デ・ヴィリエは「目標はただ掃除することだけではありません。なぜなら、来場者は概してきれいな状態を維持することに配慮してくれるからです」と語る。同氏はこの取り組みによって、自然の仕組みを使って環境への配慮が可能であることを示せるとしている。  選ばれた「特に知的な」6羽は訓練を開始。カラスが箱の中にゴミもしくは吸い殻を入れるたび、食料の小さな塊を報酬として受け取る仕組みだ。  フランス西部のヴァンデ県にあるピュイ・デュ・フーは、同国で最も人気のあるテーマパークの一つ。異なる歴史的設定に基づくショーが20種以上用意されており、その内容は海賊からフラメンコダンスまでさまざま。猛禽類のショーも人気演目のひとつである。

  • ※「ヌテラ」公式サイトのスクリーンショット

    チョコ風味ペースト「ヌテラ」が“味チェック係”募集の求人広告

    気になる

     広く親しまれているチョコレート風味のスプレッド、ヌテラの本社が人材を募集した。募集職種は「味利き役」。味をチェックしながら、ヘーゼルナッツの香りとチョコの風味が特徴のヌテラをおいしくすることである。海外メディアMirrorOnlineが伝えた。@@cutter その「味利き係」に求められるのは、ココア、ヘーゼルナッツ、またその他の材料を味わうことだ。海外メディアGet Surreyによると、応募者から選ばれた場合には3か月のトレーニングが与えられ、感覚について、またコミュニケーションスキルについて学ぶことができるという。  なお、トレーニング後の勤務は週2日、計4時間のため、おそらく副業という位置付けになるだろう。魅力的な仕事内容だが、応募にあたり唯一の課題かもしれないのは、職場がイタリアの小都市アルバだということだ。選ばれた際にはアルバに転居する覚悟が必要な募集だった。

  • ※海外メディア「SkyNews」のスクリーンショット

    水族館でサメの盗難事件発生 ベビーカーに入れて赤ちゃんに見せかける

    気になる

     アメリカ、テキサス州にあるサンアントニオ水族館で、水槽からサメが盗まれた。監視カメラには、男性2人、女性1人の3人組の容疑者が、入場者が魚に触れることを許されている水槽からサメを持ちあげている様子が映されていた。3人組はベビーカーにサメを入れ、赤ちゃんに見せかけて持ちだしたという。海外メディアSkyNewsが伝えた。@@cutter 盗難されたサメの愛称はミス・ヘレンで、体長は約45cm。盗難に気づいた水族館のスタッフが止めようとしたものの、失敗に終わったという。その後、目撃者の証言により警察は使用されたトラックを特定。2人が自供し、38歳の男を逮捕した。ミス・ヘレンは現在、無事取り戻され回復しているという。  その週が米国では「サメ週間」とされていたため、地元警察のジョセフ・サルヴァッジオ署長は当初この件をいたずらだと考えていたそうだ。  「容疑者はこの種の動物の扱い方を明らかに知っていたようだ」「容疑者宅のガレージに我々が入った時、中はほとんど水族館の模型のようだった」「容疑者宅にはさまざまな海洋生物がいた。扱い方は詳しいのだろう。サメを生きたまま保っていたのを目にした時は、みんなが衝撃を受けていた」と続けた。

  • ※海外メディア「SkyNews」のスクリーンショット

    ワインでもトリコロール達成!? 自然製法の“青いワイン”発売 フランス

    気になる

     フランスで青い色のワインが発売された。この青ワインは「Vindigo」という名で、色も含め全て自然の製法で作られているという。海外メディアSkyNewsが伝えた。@@cutter 赤、白に青が加わり、フランスがとうとう国旗のトリコロールをワインでも達成する日が来た。「Vindigo」は現在南フランスのリゾート都市・セットで出荷販売されている。  この鮮やかなターコイズブルーは、完全に天然の白いシャルドネを、赤いブドウの皮を細かくしたパルプを通過させることで実現できるという。なお、ブドウの皮に含まれるアントシアニンも天然の色素で、クロスグリや赤キャベツ、ラズベリーにも含まれる。  「Vindigo」製造の責任者はフランスの起業家、レネ・ル・バイュさん。現在ワインはスペインのアルメニアで製造されている。フランス人のチームを率いるバイュさんは、当初はスペインでの足がかりを作るのに苦労したそうだ。  バイュさんは「Vindigo」について「ビーチやプールの脇で飲むのにぴったりだと思う」と仏紙Les Echosに対しコメントしている。

  • ※海外メディア「HUFFPOST」のスクリーンショット

    かわいい! かっこいい! 犬のサーフィン世界選手権開催 アメリカ

    気になる

     アメリカ、カリフォルニア州のパシフィカでこの夏、犬たちのサーフィン世界選手権「ワールド・ドッグ・サーフィン・チャンピオンシップ」が開催された。大会には45匹のサーファー犬が出場し、素晴らしい技術を披露したと海外メディアHUFFPOSTが伝えている。@@cutter 3年目となったこの大会にはさまざまなカテゴリーがあり、1匹でサーフィンする部門、飼い主もしくは仲間の犬と一緒にサーフィンする部門などに分かれている。全45匹の犬たちは熱戦を広げ、観客は大いに沸いたのであった。  数あるカテゴリーの中、スピリット・オブ・サーフィン賞を受賞したわんこの名前はアビー・ガール。犬種はオーストラリアン・ケルピーだ。卓越したそのスキルと、熱心なサーフィンへの取り組みが評価された。また、アビー・ガールは中型犬部門では3位に入賞している。  また、小型犬部門で優勝したパグ犬のギジェットはインスタグラムで7万人のフォロワーを有するわんこ。ギジェットはほかにもパートナー犬と一緒の部門で2位に入賞。また犬のおもちゃブランドGoughnutsから、Goughnutsトップ・ドッグ賞にも輝いた。  そのほかにも飼い主と同じモヒカンヘアなど、個性豊かな犬たちが楽しそうに波乗りを披露した。なおこのイベントの収益は2つの動物向け慈善事業に寄付されている。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access