TBS 関連記事

  • 7月期TBS日曜劇場『ノーサイド』(仮)に主演する大泉洋

    大泉洋×池井戸潤、7月期日曜劇場で初タッグ ラグビー題材の新作書き下ろし

    エンタメ

     俳優の大泉洋が、7月期放送のTBS日曜劇場で主演を務めることがわかった。原作は池井戸潤が今夏刊行予定の「ノーサイド」で、ラグビーワールドカップ2019日本大会開催に合わせて、ラグビーを題材にした新作が書き下ろされる。@@cutter TBS連続ドラマ初主演となる大泉が演じるのは、大手製造メーカー「トキワ発動機」の中堅サラリーマン・君嶋隼人。出世レースの先頭に立ち、幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、地方の工場に総務部長として左遷される。  やるせない思いで赴任先に赴いたところ、成績不振に陥っているトキワ発動機のラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼任するよう命じられることに。ラグビーの知識も経験もない君嶋に課せられたのは「チーム再建」という重荷。低迷するラグビー部と、出世の道を断たれたサラリーマンの再起をかけた戦いに挑む。  大泉が所属する演劇ユニット「TEAM NACS」のなかで、森崎博之、安田顕、戸次重幸は『下町ロケット』、音尾琢真は『陸王』にと、池井戸作品への出演歴があるが、大泉は今回が初となる。大泉は、「私自身も今まで放送されてきた、数々の池井戸作品のファンでありましたので、その池井戸さんの新作ドラマで、主演させていただくのはとても嬉しく、光栄であります」とコメント。  さらに、「日本ラグビーのワールドカップが開催されるという年に描き下ろされる池井戸さんのラグビーを題材にした新作を読者として、純粋に楽しみにもしています。絶対面白いでしょ!」と期待している。  日曜劇場『ノーサイド』(仮)はTBS系にて7月より毎週日曜21時放送。

  • 武田真治

    武田真治、20代の横柄な態度を懺悔「トンデモなかったですよ、勘違いぶりが」

    エンタメ

     俳優の武田真治が14日、『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系/毎週木曜22時)に出演。俳優としてアイドル的に人気を博していた20代の頃の“勘違い”エピソードを披露する一幕があった。@@cutter 武田は2018年に出演した『みんなで筋肉体操』(NHK)が話題となり、年末には『第69回NHK紅白歌合戦』にも出演し、天童よしみとのステージで自慢の筋肉とサックスを披露し話題に。  トークの中で『第69回NHK紅白歌合戦』でのステージが話題にあがり、ステジオにいたゲストの島崎和歌子が「なんで天童さんの時に出て来たの?」と質問。すると武田は「説明が本当はあったはずなんです。すでに放送が10分ぐらい押していたんですよ」と話すと、続けて「天童さんの歌が『ソーラン祭り節』。去年いろいろあった北海道を応援する歌だと。ということで北海道出身で『筋肉体操』で話題になった私が一緒にエールを贈るという流れだったんです」と告白。さらに武田は「そのトークのくだりを丸々カットされて…」というと、MCの有吉弘行はじめ、ゲスト陣の爆笑を誘った。  また中性的なファッションで“フェミ男”と称されていた20代前半の頃の写真が紹介されると、有吉が「自分から服装の提案を?」と質問。すると武田は、20代前半でお金がない時代に面倒をみてくれていた人物が、女性向け洋服店の店員であったことを明かすと“テレビに出る時、汚い服着ないでこういうのを着ろ”と提供してくれていたのが、当時の個性的なファッションであったことを明かした。  そして俳優としてデビューしブレイクした20代の頃を振り返って武田は「どこに行ってもチヤホヤされてトンデモなかったですよ、勘違いぶりが」と懺悔。ドラマの撮影現場に遅刻をして行って、待機しているカメラに車を横付け。助監督に“車回しといて”と横柄な態度をとっていたことを告白。このエピソードにスタジオから驚きの声が上がると武田は「ヤバくない?いる?そんな人!?」と当時の勘違いぶりを恥ずかしがっていた。

  • 常盤貴子主演『グッドワイフ』第6話に秘書役で出演する今泉佑唯

    今泉佑唯、欅坂46卒業後初ドラマ出演 今夜放送『グッドワイフ』

    エンタメ

    昨年11月に欅坂46を卒業した今泉佑唯が、今夜17日放送の常盤貴子主演ドラマ『グッドワイフ』(TBS系/毎週日曜21時)第6話に秘書役で出演する。@@cutter ドラマ『グッドワイフ』は、2009年から7年間米国で放送されたドラマ『The Good Wife』が原作。常盤演じる主人公・蓮見杏子が、夫を逮捕されて専業主婦から16年ぶりに弁護士に復帰し、困難に立ち向かう姿を描いた作品。  今回今泉が演じるのは、ある会社の女性秘書。主人公・蓮見(常盤)と小泉孝太郎演じる多田、そして北村匠海演じる朝飛が、交渉の行方を左右する、ある重要なシーンで登場する。CG合成を行う撮影ではスタッフから難しい指示が飛んだが、勘の良さを生かし難なくこなし、現場ではスタッフや共演者とも笑顔で話したという。  今回演じた秘書役について、「なかなか普段、秘書の方とお会いすることがなくて」と明かすも、「テレビで見たことを思い出して、自分なりに考えながら演じました」と振り返る。  欅坂46卒業後初となるドラマ出演に「ドキドキというか・・・今まではずっと周りにメンバーの誰かがいたのですが、それがなくなったので不安な気持ちもあります。でもお芝居が好きですし、これからどんどん演技をやっていきたいと思っています」と意気込んでいる。  今泉は欅坂46の1期生で、ファッションモデルとしても活躍。3月には舞台『熱海殺人事件 LAST GENERATION 46​』で主演を果たす。

  • 『グッドワイフ』第6話場面写真

    今夜『グッドワイフ』、車いすの弁護士・春風亭昇太に常盤貴子は翻弄され…

    エンタメ

     女優の常盤貴子が主演を務める日曜劇場『グッドワイフ』(TBS系/毎週日曜21時)の第6話が今夜放送される。今回は、巨額の賠償金が見込める集団訴訟の原告代理人の座をめぐり、杏子(常盤)と多田(小泉孝太郎)が、突然現れた車いす姿の弁護士・三栗谷(春風亭昇太)と対決することに…。@@cutter 本作は、2009年から7年間米国で放送されたドラマ『The Good Wife』が原作。夫を逮捕され、専業主婦から16年ぶりに弁護士に復帰した蓮見杏子(常盤)が困難に立ち向かう姿を描く。  多田(小泉)が賠償金15億円を見込める健康被害に対する集団訴訟の代理人をすることになる。多田が3年かけて無料相談にのり、満を持して臨む案件だった。  杏子(常盤)と共に正式契約を結びに行く日、そこにはもう一人の弁護士が呼ばれていた。車いすに乗った弁護士・三栗谷剛(春風亭昇太)だ。人づてに聞きつけて、首を突っ込んできたのだ。病気により車いす生活を送っている立場を巧みに利用して「みなさんの気持ちが分かる」と被害者たちに取り入っていく一方で、次々と用意周到な手を打ち、杏子と多田のペースは乱されていく。結局、どちらが代理人になるかは、被害者たちの多数決で決まることに。しかし、訴える相手企業と三栗谷がつながっている可能性が浮上する。  一方、ついに保釈され、帰宅が決まった壮一郎(唐沢寿明)。佐々木(滝藤賢一)と共に、南原(三遊亭円楽)を決定的に追い込める証拠を探していた。そんな中、南原と脇坂(吉田鋼太郎)が接触するところを目撃。南原に自ら接触をはかる―。  日曜劇場『グッドワイフ』第6話は、TBS系にて今夜2月17日21時放送。

  • (左から)深田恭子、中村倫也

    中村倫也が深田恭子の胸にタッチ? 視聴者騒然の『初めて恋をした日に読む話』第5話

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)の第5話が12日に放送され、中村倫也扮する高校教師が深田演じるヒロインの胸に触れているシーンに、視聴者から「手どこに入れてるの!!」「な、な、なんだこれ!これなんだ!?www」などの反応がSNSに殺到した。@@cutter 模擬試験が近づき、匡平(横浜流星)の勉強法を模索する中、順子(深田)は理系を強化すべく、雅志(永山絢斗)に協力を求めようとマンションを訪ねる。複雑な気持ちの雅志は、2人を応援することを決意する。一方、順子を飲みに誘うか迷っていた山下(中村)は、偶然にも彼女と出くわし、強引に飲みに連れていく。すっかり泥酔した順子を山下は家まで送るのだが…。  偶然コンビニで順子に出くわした山下は「ちょっと今から付き合えガリ勉女」と一言。焼鳥屋のカウンターですっかり酒に酔った山下は、左ひじを順子の右肩に乗せて「学年トップの高嶺の花が30過ぎて未婚実家ぐらし…」と悪態をつく。酒に酔い順子との距離が近い山下に対してネット上には「酔っ払ってるのやばいしんどい」「肩にひじ!!!!」「可愛いんだけど山下先生!」「肩に手置かれてるだけで落ちますけど」などのコメントが殺到。  その後、泥酔した順子を家まで送り届けた山下。まともに歩けない彼女をお姫様抱っこで担ぎ上げると、寝室のベッドへ。順子はベッドの上で眠りについてしまう。翌朝、順子が目覚めると隣には山下の姿が。しかも彼の手は順子のシャツの胸のあたりに…。  このシーンに対して視聴者からは「山下先生、え?」「手どこに入れてるの!!」「な、な、なんだこれ!これなんだ!?www」「おっぱい触ってたの!?wwww」などのツイートが殺到。山下は順子に対して特に悪びれる様子もなく「おっぱい触ってたら朝になったっていうか…」と話すと、続けて真顔で「そこにパイがあったから?」と一言。このセリフに「山下先生最高かよwww」「山下くんおもしろい好き」などのコメントもSNSに寄せられていた。

  • 『まちカドまぞく』がTVアニメ化決定!

    女子高生VS魔法少女を描く『まちカドまぞく』、TVアニメ化決定

    アニメ・コミック

     月刊4コマ漫画雑誌「まんがタイムきららキャラット」(芳文社)にて連載中の漫画『まちカドまぞく』のTVアニメ化が決定し、ビジュアルが公開された。本作は、ある日突然「魔族」の力に目覚めた主人公の女子高生が、自身と敵対する光の一族に選ばれし同級生の「魔法少女」に立ち向かう“ファンタジック系コメディ”だ。@@cutter 伊藤いづもが「まんがタイムきららキャラット」(芳文社)にて連載中の『まちカドまぞく』。闇の一族の末裔であり、ある日突然「魔族」としての力が覚醒した主人公・吉田優子は、同級生であり、ご町内に住む「魔法少女」を倒すことが任務だった。ツノと尻尾は生えたけど、力は普通の女の子以下な優子が、“月4万円生活の呪い”解除めざして奮闘する様子が描かれる。  また、TVアニメ化決定と同時に公開されたビジュアルには、「打倒 魔法少女!!」を掲げた「魔族」の少女と、彼女が戦いを挑む「魔法少女」の姿をみることができる。  TVアニメ『まちカドまぞく』は、TBS・BS‐TBSにて放送予定。

  • 『グッドワイフ』第5話にゲスト出演する松本まりか

    松本まりか『グッドワイフ』ゲスト出演 ロックスター・宇崎竜童の愛人に

    エンタメ

     女優の常盤貴子が主演を務める日曜劇場『グッドワイフ』(TBS系/毎週日曜21時)の第5話に、宇崎竜童と松本まりかがゲスト出演することが分かった。宇崎は破天荒なロックスター役、松本は莫大な財産を巡り正妻と争う愛人役で登場する。@@cutter 本作は、2009年から7年間アメリカで放送されたドラマ『The Good Wife』が原作。夫が逮捕され16年ぶりに弁護士に復帰した蓮見杏子(常盤)が、子どもたちを守るため困難に立ち向かう姿を描く。夫役で唐沢寿明が出演するほか、小泉孝太郎、水原希子らが共演している。  毎回、豪華ゲストが登場することも本作の特徴のひとつだが、第5話のゲストには、宇崎、松本のほかに、銀粉蝶、芦名星も登場する。宇崎は、誰もが知るロックスター・東城数矢を演じる。数矢を長年支えてきた糟糠の妻・ちなみ役を銀粉蝶、数矢の若い愛人・唯奈役を松本が務める。さらに、数矢と唯奈の弁護士で多田(小泉孝太郎)の元彼女・栗山美咲を芦名が演じる。  資産20億のロックスター・東城数矢は、長年連れ添った妻のちなみと別れ、若いモデルの小川唯奈と一緒になるべく離婚協議をすることに。しかし、財産分与の件で話し合っている矢先に、数矢は不慮の事故に遭ってしまい意識不明の重体となってしまう。命の危機に瀕する数矢を前に、妻と愛人の間で数矢の命と莫大な財産を巡りバトルが起きる。女たちのそれぞれの言い分とは? さらに、多田の元彼女である美咲は、多田の気になる相手が杏子ということに気付き、ある行動に出る…。  日曜劇場『グッドワイフ』第5話は、TBS系にて2月10日21時放送。

  • 『初めて恋をした日に読む話』第4話場面写真

    今夜『初めて恋をした日に読む話』、深田恭子と横浜流星は塾の合宿へ…

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)の第4話が今夜放送される。第4話では、順子(深田)と匡平(横浜流星)が塾の合宿へ出かける姿が描かれる。@@cutter 本作は、隔月刊「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきによる同名コミックを原作に、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田)が、自分の人生を取り戻すべく奮闘し、かつタイプの違う3人の男性からアプローチされるラブストーリー。順子を取り巻くタイプ違いの男性3人を、永山絢斗、横浜流星、中村倫也が演じる。  今までの自分を振り払うように、順子を抱きしめ告白する雅志(永山)。しかし超鈍感な順子はそれが告白だと気がつかない。だが、その現場を目撃してしまった匡平(横浜)は、雅志も順子のことが好きなのだと知り複雑な心境に。匡平はそのことを振り払うように一層勉強に励む。  時は流れ、2018年4月。匡平は高校3年生の春を迎えた。山下(中村)から匡平の学校での成績が驚くほど良くなったことと匡平の家庭環境のことを聞き、順子は今まで以上に匡平を気にかけるように。一方で匡平は、順子からいつまでも子ども扱いされることにイライラが募っていた。  GWに入り、三泊四日で塾の強化合宿が行われることに。合宿初日、偶然にも近所にある会社の保養所に研修で来ていた雅志が合宿所に顔を出す。二人の親し気な様子に嫉妬する匡平は、順子に冷たい態度をとってしまう。そしてその夜、食事の時間になっても現れない匡平がロッジでたばこを吸っていたと目撃情報が。 慌ててロッジへ駆け出す順子だったが、雨上がりのぬかるんだ山道で転んでしまい…。  ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第4話は、TBS系にて今夜2月5日22時放送。

  • 『グッドワイフ』第4話場面写真

    今夜『グッドワイフ』、北村匠海は常盤貴子に代わり事件を担当するが…

    エンタメ

     女優の常盤貴子が主演を務める日曜劇場『グッドワイフ』(TBS系/毎週日曜21時)の第4話が今夜放送される。第4話では、杏子(常盤)のかつての親友の息子が容疑者となっている傷害事件をきっかけに、杏子が過去と対峙する姿が描かれる。@@cutter 本作は、2009年から7年間アメリカで放送されたドラマ『The Good Wife』が原作。夫が逮捕され16年ぶりに弁護士に復帰した蓮見杏子が、子どもたちを守るため困難に立ち向かう姿を描く。夫役で唐沢寿明が出演するほか、小泉孝太郎、水原希子らが共演。第4話では、杏子のかつての親友役として須藤理彩、その息子役で浅野忠信の長男・佐藤緋美が登場する。  杏子が以前住んでいた家の近所の男子高校生・荻原翔平(佐藤)が傷害致死容疑で逮捕された。翔平の母・奈津子(須藤)は、かつて杏子の親友だったが、杏子の夫である壮一郎(唐沢)の逮捕後、真っ先に杏子との連絡を絶った人物だった。杏子は、奈津子のことを考えて、この事件を朝飛(北村匠海)にメインでやってもらうようにお願いする。翔平は容疑を否認するが、指紋や目撃証言があり、無実を証明する手がかりが見つからない。朝飛は早々と情状酌量にすべきだと主張するが、本人が否認している限り裁判で争うべきだという杏子と対立する。そんな中、朝飛が隠していたある事実が発覚する…。  一方、勾留中の壮一郎の起訴が決まる。脇坂(吉田鋼太郎)は、壮一郎を何としても有罪にすべく、さらに追い込みをかける。そんな時、壮一郎のもとにある男が会いにやってくる。それは杏子を想う多田(小泉)だった…。  日曜劇場『グッドワイフ』第4話は、TBS系にて今夜2月3日21時放送。

  • 『グッドワイフ』第4話にゲスト出演する佐藤緋美

    浅野忠信長男・佐藤緋美、『グッドワイフ』でドラマデビュー

    エンタメ

     女優の常盤貴子が主演を務める日曜劇場『グッドワイフ』(TBS系/毎週日曜21時)の第4話で、俳優の浅野忠信の長男・佐藤緋美がドラマデビューすることが発表された。@@cutter 本作は、2009年から7年間アメリカで放送されたドラマ『The Good Wife』が原作。夫が逮捕され16年ぶりに弁護士に復帰した蓮見杏子(常盤)が、子どもたちを守るため困難に立ち向かう姿を描く。  佐藤は2018年に、初出演にして初主演となる舞台で俳優デビューを果たしていた。今回彼が演じるのは、野球部所属の高校生・荻原翔平。翔平は杏子のかつての住まいの近所に住んでいて、彼の母・奈津子(須藤理彩)と杏子は大親友といえるほど仲が良かったという設定。  杏子の夫・壮一郎(唐沢寿明)の事件以降、奈津子の方から連絡を絶っていたのだが、第4話では、翔平は近所のマンションの屋上で隠れて喫煙していたところを管理人に見つかってしまう。野球部が大会に出られなくなることを恐れた翔平は、杏子を頼って神山多田法律事務所を訪ねる。杏子に諭され、親である奈津子に説明するため二人で翔平の自宅に行くが、そこへ警察がやってきて翔平を連行してしまう。ある傷害致死事件の重要参考人だというのだ。身に覚えのない罪を翔平は否認するが、指紋や目撃証言など次々と有罪となるべき証拠が出てきてしまう…。  ドラマでの初演技について佐藤は「自分では苦手だと思っていました。舞台とはまったく違うし、人見知りな性格なので緊張しましたが、無事に撮影を終えることができてよかったです」とコメント。さらに常盤との共演については「すごく優しくて、緊張している僕の気持ちを和らげようと、たくさん会話をしてくださり、 リラックスして撮影に参加できたのがとてもうれしかったです」と語っている。また目標としている俳優について聞かれると「そうですね・・・一番近くに大先輩がいるし、役者として尊敬している人もたくさんいますが、やっぱり目標は自分自身。佐藤緋美という役者でありたいです」と明かした。  また今話には、ほかに漫才コンビ「まえだまえだ」の前田旺志郎、お笑いコンビ「馬鹿よ貴方は」の平井“ファラオ”光も出演する。  佐藤緋美がゲスト出演する日曜劇場『グッドワイフ』第4話は、TBS系にて2月3日21時放送。

  • 『初めて恋をした日に読む話』第3話場面写真

    『初めて恋をした日に読む話』、深田恭子は中村倫也と2人きりで飲みに出かけ…

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)の第3話が今夜放送される。第3話では、深田演じるヒロインと、中村倫也扮するかつての同級生が2人きりで会うことに…。@@cutter 本作は、隔月刊「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきによる同名コミックを原作に、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田)が、自分の人生を取り戻すべく奮闘し、かつタイプの違う3人の男性からアプローチされるラブストーリー。順子を取り巻くタイプ違いの男性3人を、永山絢斗、横浜流星、中村倫也が演じる。  順子(深田)は教え子・匡平(横浜)の勉強法について悩んだ末、親友の美和(安達祐実)に相談することに。美和は仕事も大事だけど婚活もすべき、と昔からの知り合い男子はどうかと順子に提案をする。  その帰り道、順子は山下(中村)と遭遇、2人で飲みに行くことに。“昔からの知り合い男子”との美和の言葉を思い出しひとりドキドキする順子。しかしある事実が発覚する…。  後日、順子が山下と2人で飲んでいた事を知り、嫉妬する匡平。いつも子供扱いを受ける匡平は順子にいら立ち、授業中に教室から出て行ってしまう。匡平がこのまま授業に来なかったらどうしようと嘆く順子。そんな中、月末に順子とデートがしたくて仕事で無理を重ねた雅志(永山)は、ついに過労で倒れてしまう。  偶然にも匡平たちが雅志を見つけ救急車を呼ぼうとするが、仕事を理由に雅志はそれを拒否。順子も慌てて駆けつけ、雅志のピンチを救おうと奮闘する中、ついに雅志が動き出す。  ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第3話は、TBS系にて今夜1月29日22時放送。

  • 『グッドワイフ』第3話場面写真

    今夜『グッドワイフ』、常盤貴子は相手側弁護士・江口のりこに翻弄され…

    エンタメ

     女優の常盤貴子が主演を務める日曜劇場『グッドワイフ』(TBS系/毎週日曜21時)の第3話が今夜放送される。第3話では、主人公・杏子(常盤)が、過重労働による鉄道事故をめぐる交渉で、妊婦の相手側弁護士(江口のりこ)に翻弄される姿が描かれる。@@cutter 本作は、2009年から7年間アメリカで放送されたドラマ『The Good Wife』が原作。夫が逮捕され16年ぶりに弁護士に復帰した蓮見杏子(常盤)が、子どもたちを守るため困難に立ち向かう姿を描く。夫役で唐沢寿明が出演するほか、小泉孝太郎、水原希子らが共演。第3話では江口のりこが杏子を翻弄する弁護士役で出演する。  回送列車の脱線事故が発生。杏子、多田(小泉)、朝飛(北村匠海)は、死亡した運転士の遺族代理人として担当することになる。相手の東神鉄道の代理人を務めるのは河合映美(江口)。杏子たちは過重労働による事故で1億円の賠償金を提案するが、映美たちは運転士の居眠りだとして50万円の見舞金を提案。真っ向から主張が対立する。さらに、妊婦である映美は、形勢が悪くなると打ち合わせ中でも体調不良を理由に交渉を中断してしまう。そんな映美に翻弄され、杏子たちは窮地に追い込まれていく。  一方、杏子は拘置所にいる壮一郎(唐沢)と面会し、過去の幸せだったころの話をする。壮一郎の逮捕後、初めて笑顔になった杏子は、もう一度前向きな気持ちになっていく。そんな杏子を見て多田ははがゆい思いをするが、気持ちを抑えながら過重労働を証明すべく、勤務実態を調べていく。その過程で、杏子はある違和感に気づき…。  日曜劇場『グッドワイフ』第3話は、TBS系にて今夜1月27日21時放送。

  • 『メゾン・ド・ポリス』第3話場面写真

    今夜『メゾン・ド・ポリス』、おじさまたちは橋本マナミの捜査に協力

    エンタメ

     女優の高畑充希が主演を務める金曜ドラマ『メゾン・ド・ポリス』(TBS系/毎週金曜22時)の第3話が今夜放送。第3話では、高畑演じるヒロインの新人刑事が、元刑事のおじさんたちと、美人編集者(橋本マナミ)が被害を受けた猫にまつわる事件の解決に奔走する。@@cutter 本作は、柳町北署の新人刑事・牧野ひより(高畑)が、退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れ、何やらワケありのおじさまたちに振り回されながらも事件を解決していく姿を、一話完結で描く刑事ドラマ。メゾンの雑用係・夏目役で西島秀俊、オーナーの伊達役で近藤正臣も出演する。    ひよりの所属する柳町北署管轄内にあるマンション建設予定地で、猫が殺害される事件が相次いで発生。猫の死体に青いペンキがかけられていたため、通称「青猫事件」と呼ばれていた。  刑事課長の新木幸司(戸田昌宏)から、この事件の捜査を、メゾンに回すよう指示されたひよりは、事件のあらましを元刑事のおじさんたちに説明。だが、当のおじさんたちは全くやる気を示さない。そこに、区の広報誌編集者・大槻仁美(橋本)がやってくる。「青猫事件」を誌面で取り上げたところ、犯行予告が編集部に届いたのだが、警察が取り合ってくれず、メゾンに相談に来たのだった。するとメゾンの住人、藤堂雅人(野口五郎)らの態度が一変、全力で「青猫事件」の捜査に協力することになる。  あきれながらもひよりはその夜、事件現場を訪れる。そこには、なんと青いペンキがかけられた人間の死体が倒れていた。遺体発見の報を受け、臨場した新木課長は、居合わせたメゾンの先輩たちを露骨に煙たがる。そして嫌味を言われた夏目(西島)は、殺人事件は任せるが、青猫事件のホシはこちらで追うと宣言する。  しかし、署に戻ったひよりは、新木からメゾンのおじさまたちを監視するよう命じられてしまい…。  金曜ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第3話は、TBS系にて今夜1月25日22時放送。

  • 吉高由里子、TBSドラマ初主演!

    吉高由里子、4月期TBSドラマ初主演 “働き方”新時代に生きるニューヒロイン誕生

    エンタメ

     女優の吉高由里子が、4月スタートのドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系/毎週火曜22時)でTBSドラマ初主演を飾ることが発表された。吉高は本作について「お仕事されている方もそうでない方も、見終わった後には心が少し軽くなって明日が前向きになれるような作品になっていくと思います」と語っている。@@cutter 本作は、作家の朱野帰子による同名小説を映像化した心温まるワーキングドラマ。“残業ゼロ、定時で帰る”がモットーのヒロインが、曲者の同僚社員たちが抱える様々なトラブルを解決していく様を描いていく。  WEB制作会社でディレクターとして働く東山結衣(吉高)は、過去のトラウマから入社以来、残業ゼロ生活を貫いてきた。仕事中は誰よりも効率を追求し、定時になるときっぱり退社。行きつけの中華料理屋でビールを楽しむという生活を送っている。しかし会社に新任の部長が赴任してきたことをきっかけに、結衣の前に次々と曲者社員たちが立ちはだかる…。  働き方新時代に生きるワーキングガールの結衣を演じる吉高は、自身の役柄について「ドラマに出てくる役柄の中で一番偏っていないキャラクターなんじゃないかなと感じています」と語ると、続けて「いい意味で“普通” の女性。一般的な会社に勤めているという、共感しやすいキャラクターを頑張って演じられたらなと思っています」とコメント。  結衣の元婚約者で、ひょんな事から彼女の勤める会社に入社してくるワーカホリックなプロデューサー・種田晃太郎を向井理が演じるほか、結衣の先輩のWEBディレクター・賤が岳八重役を内田有紀が務める。  さらに結衣の同僚社員・吾妻徹役に柄本時生、WEBディレクター見習いの来栖泰斗役には泉澤祐希、結衣の同期社員・三谷佳菜子役をシシド・カフカ、結衣の会社に部長として転職してくる福永清次役をユースケ・サンタマリアが演じる。  新ドラマ『わたし、定時で帰ります。』は、TBS系にて4月より毎週火曜22時放送。

  • 『V6の愛なんだ2019』に出演するV6

    『V6の愛なんだ2019』放送決定 3年連続スペシャル番組

    エンタメ

     V6が出演するバラエティ番組『V6の愛なんだ2019』(TBS系)が、今年も放送されることが決定した。メンバーは、「私たちと最高の青春の思い出を作りましょう!」と視聴者にアピールしている。@@cutter 同番組は、2017年放送の『V6の愛なんだ2017 史上最高の夏まつり!』、2018年放送の『V6の愛なんだ2018』に続く、3年連続のスペシャル番組。1997年から2005年まで放送されたバラエティ番組『学校へ行こう!』の中の人気コーナー「未成年の主張」のほか、さまざまな企画が登場する。番組公式ホームページでは、「青春の思い出を作りたい学生」の募集が開始された。  V6は、「昨年は『未成年の主張 全国大会』を開催し、その中で『レディー・ガガに会いたい』という熱き思いを叫んだ学生さんが実際に対面を果たすなど、私たちにとっても非常に思い出深い番組になりました」と振り返る。そして、「今年も『愛なんだ2019』を放送できることになりました! 様々な学生さんを大募集しますので、私たちと最高の青春の思い出を作りましょう! ご応募、お待ちしています!」と呼びかけている。    また、総合演出の江藤俊久は、「6人と出会った頃の『ワクワク』を忘れることなく、今の学生たちと本気で向き合っていきたいと思います。どうぞご期待ください!」と意気込みを見せている。  『V6の愛なんだ2019』は、TBS系にて放送。

  • 『初めて恋をした日に読む話』第2話場面写真

    『初めて恋をした日に読む話』、深田恭子は同級生・中村倫也と再会し…

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)の第2話が今夜放送される。第2話では、深田演じるヒロインが、中村倫也扮する、かつて自身に唯一告白をした同級生である高校教師と再会する。@@cutter 本作は、隔月刊「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきによる同名コミックが原作のラブストーリー。恋も受験も就職も失敗し、やる気も希望もなくクビ寸前な三流予備校「山王ゼミナール」で講師をする日々を送る32歳のアラサー女子・春見順子(深田)が、自分の人生を取り戻すべく奮闘し、かつタイプの違う3人の男性からアプローチされる姿を描く。順子を取り巻くタイプ違いの男性3人を、永山絢斗、横浜流星、中村倫也が演じる。  「俺を東大に入れてくんない?」と順子のいる山王ゼミナールにやって来た不良高校生・匡平(横浜)は、順子の話を聞いて、父親への反発心だけでなく自らの意志で東大受験をすると決意。かつて、東大受験に失敗してから前へ進めなかった順子も、匡平の真っ直ぐで熱い思いに惹かれ授業に熱を込める。東大受験を経験しているからこそ分かる知識を、時折自虐も加えながら話す順子を匡平も信頼し、いつしか順子に対する気持ちも変わり始める。  そんなある日、塾長の梅岡(生瀬勝久)が、順子を含む塾講師を集めて近隣の高校への出張講師のチラシを配布する。給料減額の可能性もあると脅され慌てて行く事にした順子だったが、残っているのはみんなが嫌がっている、匡平が通うおバカ学校と言われる南高校だけ。給料減額だけは避けたい順子は気合を入れる。  早速、打ち合わせのため南高校へ出向いた順子は、偶然にも匡平を見つけ担当の先生を訪ねる。すると、担当の先生は順子と雅志(永山)の高校時代の同級生で、かつて順子に唯一告白をした山下一真(中村)だった。運命的な再会が、さらに波乱を呼ぶ展開となり…。  火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第2話は、TBS系にて今夜1月22日22時放送。

  • 『メゾン・ド・ポリス』に出演する高畑充希

    高畑充希、おじさまとの“笑撃”ツーショット連発に「笑うしかない」

    エンタメ

     女優の高畑充希が19日、自身のインスタグラムに俳優の小日向文世とのツーショット写真を投稿。コミカルな二人の姿に「笑うしかないわぁ」「最高!」などのコメントが殺到した。@@cutter 「昨日、メゾン・ド・ポリス2話見てくれた方、ありがとう」といったコメントと共に投稿された写真は、スーツ姿にパーティーメガネをかけておどける高畑と、頭にウサギの耳をつけた笑顔の小日向のツーショット。ラメ入りのジャケットを着た小日向は、オレンジ色のファーを肩からかけており、強烈なインパクトを放っている。  このドラマでは事件解決後、メゾン・ド・ポリスに暮らす警察官OBたちと高畑演じる新人刑事が“スナック完落ち”と称して盛大な打ち上げを行うのが恒例。今回投稿された写真で高畑や小日向が身につけているものも、打ち上げシーンの小道具を思わせるものばかり。  撮影現場の楽しげな雰囲気が伝わる“笑撃”写真に、ファンからは「笑うしかないわぁ」「可愛すぎ」「コヒさん、最高!」「オジきゅんですね!」などのコメントが殺到した。  またドラマの初回が放送された11日には、高畑と共演者の角野卓造のツーショット写真もアップ。こちらもパーティーグッズの“鼻メガネ”をつけて笑顔の高畑と、鬼のツノを付けて表情を作る角野の姿が。コメントには#渡る世間は(鬼の絵文字)ばかり? と、角野の出演するドラマにかけたお茶面なハッシュタグも付けられている。この投稿にも「可愛いツーショット」「現場の楽しい雰囲気がむちゃんこ伝わってきます」「まるで親子みたいです」などの声が寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/mitsuki_takahata/

  • 金曜ドラマ『インハンド』に主演する山下智久

    山下智久がロボットハンドの天才科学者に 4月スタート『インハンド』主演

    エンタメ

     歌手で俳優の山下智久が、4月スタートの金曜ドラマ『インハンド』(TBS系/毎週金曜22時)で主演を務めることが決定。山下のTBS連続ドラマでの主演は『アルジャーノンに花束を』以来4年ぶり。ロボットハンドの義手を持つ変わり者の天才科学者を演じる山下は本作について「自然を科学でしっかりと証明しながらも、事件だけではなく人の心も紐解いていく作品です」と語っている。@@cutter 本作は、青年漫画誌『イブニング』(講談社)で連載中の朱戸アオによる同名コミックを実写化したヒューマンサイエンスミステリー。右手にロボットハンドのような義手を装着している天才科学者・紐倉哲を主人公に、彼が助手や仲間たちと共に最新科学で摩訶不思議な事件を解決していく姿を1話完結形式で描いていく。  寄生虫学者・紐倉哲(山下)は、箱根の巨大な植物園を改造した自宅兼研究室に引きこもり、気のむくままに研究をしている。右手が義手で、人嫌いでドSな変わり者だが 、博識で天才的な頭脳を持つ男。そんな紐倉と助手の高家春馬のもとに、内閣官房サイエンス・メディカル対策室から牧野巴が訪れる。好きな研究だけしていたい紐倉は役人への協力などまっぴらごめんだったが、ある事件にまつわる謎の生物や感染症には興味を示し、首をつっこみ始める。  山下は自身が演じる役柄について「ひょうひょうとしていて人間味があるようでないような、ミステリアスな人物」と評すると、続けて「でも実は人の心をしっかり分かっているところが紐倉の一番の魅力だと思います」とコメント。  また本作について「一緒に事件を解決していく助手たちとのチーム力、描かれる人間愛、小が大を負かす『弱きを守る』という3つのバランスを大切に描いていきたいです」と意気込みを明かしている。  金曜ドラマ『インハンド』は、TBS系にて4月より毎週金曜22時放送。

  • 『メゾン・ド・ポリス』に出演する西島秀俊

    西島秀俊のプロポーズに胸キュン視聴者続出 『メゾン・ド・ポリス』2話

    エンタメ

     女優の高畑充希が主演を務めるドラマ『メゾン・ド・ポリス』(TBS系/毎週金曜22時)の第2話が18日放送され、捜査のために夫婦を装う際、夏目(西島秀俊)がひより(高畑)に突然言い放ったプロポーズの言葉に胸キュンする視聴者が続出した。@@cutter 本作は、主人公の若手刑事・牧野ひより(高畑)が、退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れ、何やらワケありの“おじさま”たちに振り回されながらも事件を解決していく姿を、一話完結で描く刑事ドラマ。  ある日、独居老人の平松祥恵(内田尋子)が自宅で死亡しているのが発見された。現場は密室状態で遺書も発見されたため、柳町北署では自殺として捜査が進むが、ひよりは違和感を覚え他殺を疑う。遺体発見現場では藤堂雅人(野口五郎)がクローゼットに残された謎の毛を見つけ、署の鑑識には任せず自分で解析すると宣言。仕方なく鑑識係の杉岡沙耶(西田尚美)をメゾンに呼んだところ、なんと二人は元夫婦であったことが判明。  数日後、ひよりは夏目と共に第一発見者の三上絵里花(中山エミリ)を訪ねていた。そこにはなぜか、三上の娘が通う小学校のPTA会長や渉外広報担当の森元妙子(白羽ゆり)らが同席していた。小学校の見守り隊員を務めていた祥恵とPTA役員の三上には面識があったのだが、どうやら三上が犯人だという噂が出回ってしまい、これ以上あらぬ噂が立たない様、PTAとして事情を聞かれたことにしたいと言う。変に動揺している3人に対し、違和感を覚えるひよりと夏目。  “ママ友”の情報を聞き出したいと思った夏目は、なんと小学校付近の公園でいきなり「牧野、結婚するぞ!」とひよりに告げる。突然のプロポーズに目を見開くひよりをよそに、夏目は「今度こっちに引っ越してくる者なんですけど、ちょっと学校の事とか聞いていいですか?」と近所の住人に接近。「おーいひより!」「久しぶりに妻と二人きりなんですよ、なぁひより?」と夏目は仲の良い夫婦を装う。  夏目の唐突なプロポーズに、SNSでは心を奪われる視聴者が相次いでおり、「偽装結婚いいなぁ~」「私も言われたい」「夫婦漫才キュンとした」といった羨望の声や「いちいち女心に豪速球で飛び込んでくる」「捜査のためでも嬉しいだろ」等のツイートが多数寄せられていた。

  • 『グッドワイフ』に出演する村上佳菜子

    村上佳菜子、『グッドワイフ』で女優デビュー「アクセル成功くらいの達成感」

    エンタメ

     プロフィギュアスケーターの村上佳菜子が、常盤貴子が主演を務める日曜劇場『グッドワイフ』(TBS系/毎週日曜21時)第2話にゲスト出演することが決定。今作で女優デビューを果たした村上は、自身の演技を「70点くらいかな(笑)?」と評し「私はダブルアクセルが苦手なのですが、アクセルが決まったときくらいの達成感はありました(笑)」とコメントを寄せている。@@cutter 2009年から7年間アメリカで放送されたドラマ『The Good Wife』を原作とする本作。かつて優秀な弁護士として活躍していたが、結婚後16年間専業主婦として家庭を守ってきた蓮見杏子(常盤)。しかしある日突然東京地検特捜部長の夫・壮一郎(唐沢)が汚職疑惑で逮捕されたうえに女性問題が発覚する。杏子は子どもたちを守るために16年ぶりに弁護士に復帰し、困難に立ち向かっていく。  今回、第2話に出演する村上が演じるのは宝飾店の店員。常盤演じる杏子が、夫の汚職容疑に対して疑いを深める大事なシーンで登場する。役を演じるにあたって、知り合いを通じて宝飾店店員の所作や言葉遣いなどのリサーチをするなど入念に準備したという村上が、渾身の芝居を披露する。  「フィギュアスケートも演技をするのですが、言葉を発して表現するのは本当に初めてだったので、同じ“表現する”ということでも全く違うなと感じました」と、演技後に語った村上。 ドラマ初出演にとても緊張したそうで「フィギュアスケートとはまた全然違う緊張でした。やってきたことが1回のチャンスの中でできるかというスケートの緊張とは全然違ったもので。でも通じるところもあって」と振り返る。そして「自分にとってはすごくいい経験になりましたし、今後のスケートにつなげられたらいいなと思いました」と充実感をにじませた。  また、共演を果たした常盤の印象について「目力がすごくて、何回か吸いこまれそうになりました」とコメント。続けて「初めてのドラマ撮影なのでそわそわしながら現場に入ったのですが、優しく声をかけていただいて、リラックスしてできました」と撮影当時の様子を明かしている。  日曜劇場『グッドワイフ』第2話は、TBS系にて1月20日21時放送(20分拡大)。

  • 『メゾン・ド・ポリス』第2話場面写真

    今夜『メゾン・ド・ポリス』、高畑充希は独居老人の死に違和感を覚え…

    エンタメ

     女優の高畑充希が主演を務める金曜ドラマ『メゾン・ド・ポリス』(TBS系/毎週金曜22時)の第2話が今夜放送。第2話では、高畑演じるヒロインの新人刑事が、元刑事のおじさんたちと、独居老人の死亡事件に隠された二重の密室の謎を追う姿が描かれる。@@cutter 本作は、柳町北署の新人刑事・牧野ひより(高畑)が、退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れ、何やらワケありのおじさまたちに振り回されながらも事件を解決していく姿を、一話完結で描く刑事ドラマ。メゾンの雑用係・夏目役で西島秀俊、オーナーの伊達役で近藤正臣も出演する。    ある日、独居老人の平松祥恵(内田尋子)が自宅で死亡しているのが発見された。現場は密室状態で遺書も発見されたため、柳町北署では自殺として捜査が進むが、ひよりは違和感を覚え他殺を疑う。前回の事件がきっかけで、メゾンのおじさまたちのリーダーにされてしまったひよりは、藤堂雅人(野口五郎)と迫田保(角野卓造)らと遺体発見現場を訪れる。藤堂はクローゼットに残されたコートに謎の毛を見つけ、署の鑑識には任せず自分で解析すると息巻く。ひよりは仕方なく鑑識係の杉岡沙耶(西田尚美)をメゾンに呼ぶが、それが思わぬ事態に発展する。    数日後、ひよりは夏目と共に、第一発見者の三上絵里花(中山エミリ)を訪ねる。すると、そこにはなぜか、三上の娘が通う小学校のPTA会長や渉外広報担当の森元妙子(白羽ゆり)らが同席していた。小学校の見守り隊員を務めていた祥恵とPTA役員の三上には面識があったのだが、どうやら三上が犯人だという噂が出回ってしまい、これ以上あらぬ噂が立たないよう、PTAとして事情を聞かれたことにしたいと言う。そんな三上は、夏目のある発言に明らかな動揺を示す。一方、祥恵の周辺を調べていた迫田は、彼女の意外な一面を発見するのだが…。    金曜ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第2話は、TBS系にて今夜1月18日22時放送。

  • 『初めて恋をした日に読む話』第1話場面写真

    深田恭子がしくじり鈍感女子に 『初めて恋をした日に読む話』今夜スタート

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)が今夜スタート。第1話では、深田演じるヒロインが、横浜流星扮するピンク髪のイケメン不良高校生と出会う。@@cutter 本作は、隔月刊「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきによる同名コミックを原作に、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田)が、自分の人生を取り戻すべく奮闘し、かつタイプの違う3人の男性からアプローチされるラブストーリー。順子を取り巻くタイプ違いの男性3人を、永山絢斗、横浜流星、中村倫也が演じる。  恋も受験も就職も失敗した32歳のアラサー女子・春見順子は、やる気も希望も何もなくクビ寸前な三流予備校「山王ゼミナール」で講師をする日々を送っていた。  そんな順子に、いとこで東大出のエリート商社マン・八雲雅志(永山)は、ひそかに想いを寄せているのだが、恋愛方面には全く免疫がなく、スーパー鈍感な順子は雅志の気持ちに全く気付いていない。ある日、ひょんなことから知り合ったピンク髪のイケメン不良高校生・由利匡平(横浜)が「俺を東大に入れてくんない?」と順子のいる山王ゼミナールにやって来る。  名前を書けば入れるおバカ高校の生徒が東大合格なんて…ましてや東大受験に失敗した私が人を東大に合格させるなんて、絶対に無理!と断る順子だったが…。  火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第1話は、TBS系にて今夜15日22時放送。

  • 『グッドワイフ』第1話場面写真

    常盤貴子、19年ぶり日曜劇場主演! 『グッドワイフ』今夜スタート

    エンタメ

     女優の常盤貴子が主演を務める日曜劇場『グッドワイフ』(TBS系/毎週日曜21時)が今夜スタート。第1話では、専業主婦から弁護士に復帰した主人公・杏子(常盤)が、人気キャスターと表現の自由を巡り対決する姿が描かれる。@@cutter 本作は、2009年から7年間アメリカで放送されたドラマ『The Good Wife』が原作。夫が逮捕され弁護士に復帰した蓮見杏子(常盤)が困難に立ち向かう姿を描く。夫役で唐沢寿明が出演するほか、小泉孝太郎、水原希子らが共演。第1話には武田鉄矢が人気キャスター役でゲスト出演する。  蓮見杏子は、かつて優秀な若手弁護士として活躍していたが、出産を機に引退。専業主婦として、2人の子供や夫である東京地検特捜部長の壮一郎(唐沢)と幸せな日々を送っていた。だが、壮一郎の汚職疑惑、さらに女性スキャンダルまで発覚し、法曹界を揺るがす大スキャンダルに。記者会見で壮一郎は汚職を否定する一方、女性との関係は認めて謝罪するが、逮捕されてしまう。杏子は夫の裏切りに深いショックを受けるが、家族のために16年ぶりの弁護士復帰を決意する。  そんな杏子に手を差し延べたのが、司法修習で同期だった法律事務所代表の多田征大(小泉)だった。杏子の能力を高く評価する多田は、採用に反対する共同経営者・神山佳恵(賀来千香子)を何とか説き伏せた。ただ、あくまでも仮採用。杏子は、半年後までにたった1席の本採用を賭け、若手弁護士の朝飛光太郎(北村匠海)と競うことになる。  杏子の最初の対決相手となるのは人気キャスターの日下部(武田)。ネット配信している日下部の番組で幼女行方不明事件を取り上げた際、犯人は母親の可能性が高いと放送。風評に追い詰められた母親は自殺し、日下部を名誉毀損で訴えるべく父親が依頼にきたのだ。多田とこの事件を担当することになった杏子は、日下部が裏取りをせずに発言したという証拠を調べ始めるのだが…。  一方、新たに特捜部長に就任した脇坂(吉田鋼太郎)は、壮一郎の腹心だった検事の佐々木(滝藤賢一)を担当に指名するが、壮一郎側もある策を講じていた。  日曜劇場『グッドワイフ』第1話は、TBS系にて今夜1月13日21時放送(初回25分拡大)。

  • 『メゾン・ド・ポリス』に出演する(左から)高畑充希、西島秀俊

    高畑充希『メゾン・ド・ポリス』初回  西島秀俊ら“イケおじ”の活躍に反響

    エンタメ

     女優の高畑充希が主演するドラマ『メゾン・ド・ポリス』(TBS系/毎週金曜22時)の第1話が11日、放送された。西島秀俊をはじめ個性豊かな中年俳優を多数起用した本作に、視聴者の間では「まさにおじキュン」「なんでこのイケおじだらけのドラマは」「おじさんの可愛いが大渋滞」と話題になっている。@@cutter 本作は、主人公の若手刑事・牧野ひより(高畑)が、退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れ、何やらワケありの“おじさま”たちに振り回されながらも事件を解決していく姿を、1話完結で描く刑事ドラマ。  念願かなって刑事課に配属された新人刑事・牧野ひより(高畑充希)。そんなある日、所轄内で人が焼かれる動画が投稿サイトにアップされる事件が発生。捜査本部は5年前に起きた焼殺事件の模倣犯と見て捜査を開始。ひよりは事件の手がかりを探るべく、5年前の事件を担当していた元刑事・夏目惣一郎(西島)から話を聞くため、高級住宅街にある古びた洋館「メゾン・ド・ポリス」を訪れる。  そこには、オーナーで元警察庁のキャリア・伊達有嗣(近藤正臣)、元所轄の熱血刑事・迫田保(角野卓造)、元科学捜査のプロ・藤堂雅人(野口五郎)、元警務課勤務・高平厚彦(小日向文世)、そして高平の下で雑用係をしている元警視庁捜査一課の敏腕刑事・夏目が暮らしていた。  自由奔放なおじさんたちに圧倒されつつも、事件の説明をするひより。昔の血が騒いだのか、彼らは事件解決に向けてやる気満々。元警察官とはいえ今や一般人が捜査に介入しようとすることに慌てるひよりをよそに、次々と事件解決へのヒントが明るみになっていく…。  その後、犯人に拘束されたひよりを身を挺して助ける夏目(西島)や、現場に落ちていた花粉から真犯人を突き止めた藤堂(野口)、そして刺されそうになった夏目を「夏目、何ぼさっと突っ立ってんだ! お前死にてぇのか!」と間一髪のタイミングで助ける迫田(角野)など、“超一流のくせ者おじさん”たちにより解決されていく事件に視聴者は大興奮。「謎っぽい変なおじさんたちサイコー」「正におじキュン」「急におじさんたちかっこいい」などの声が寄せられた。  また、警察官になった理由を上司の杉岡沙耶(西田尚美)に問われたひよりが「それは、ドラマに憧れて…」と答えた際「あれか! 『ストロベリーナイト』か! 竹内結子か!」というやり取りに「局もちがうのにまさかストロベリーナイトって出てくるとは」「まさかのストロベリーナイトwww」など、西島の出演作を小ネタに使うコミカルさに大きな反響が寄せられた。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access