クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

スパイダーマン 関連記事

  • 『スパイダーマン』トム・ホランド歓喜 スパイダーマンのMCU離脱なし

    映画

     マーベル・コミックスのスーパーヒーローが活躍するマーベル映画から離脱する可能性のあったスパイダーマンが、今後もマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に登場することになりそうだ。現地時間27日、『スパイダーマン』シリーズを製作する米ソニー・ピクチャーズとマーベルの間で新しい契約で合意に至ったことが発表された。Deadlineなどの海外メディアが報じた。

  • 『スパイダーマン』、マーベルとの交渉難航でMCUから離脱か

    映画

     米ソニー・ピクチャーズが制作するトム・ホランド主演『スパイダーマン』シリーズ。映画化権を持つソニーと版権を持つマーベルが提携し、スパイダーマンのマーベル映画『アベンジャーズ』シリーズ登場が実現したが、スタジオ間での収益配分に関する新しい契約の交渉が難航し、スパイダーマンがマーベル・シネマティック・ユニバースから離脱する可能性が大きくなったという。

  • 『スパイダーマン』、新ヒーロー・ミステリオ登場の本編映像解禁

    映画

     俳優のトム・ホランドが主演を務める映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』より、スパイダーマンやニック・フューリーらと共に新たな脅威に立ち向かう謎多きニューヒーロー、ミステリオが登場する本編映像が解禁された。

  • 『スパイダーマン』最新作、“赤×黒”最新鋭スーツの秘密明らかに

    映画

     スパイダーマン最新作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』より、赤×黒スーツ誕生の秘密が明らかになる「最新鋭スーツ編」のTVスポットが解禁となった。

  • 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』日本版主題歌は凛として時雨

    映画

     映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(6月28日世界最速公開)の日本語吹替版主題歌を3人組ロックバンド「凛として時雨」が手掛けることが決定し、書き下ろし楽曲「Neighbormind」入りのTVスポットが解禁となった。

  • 『スパイダーマン』新作、“夏休みがニック・フューリーに支配される”日本版予告解禁

    映画

     俳優トム・ホランドが主演を務める映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』より、日本版予告とティザーチラシが到着した。予告編では、欧州へバカンスに出かけたピーターが、旅先で新たな敵との戦いに巻き込まれる様子が収められている。

  • 『スパイダーマン』スピンオフ&新『ゴーストバスターズ』、2020年7月に全米公開

    映画

     タイトル未定の『ゴーストバスターズ』シリーズ新作と、俳優ジャレッド・レトが主演を務める『スパイダーマン』シリーズ・スピンオフ第2弾『Morbius(原題)』。全米公開日がそれぞれ、2020年7月10日と2020年7月31日に決まったという。Deadlineなどの海外メディアが報じた。

  • ジャレッド・レト主演『スパイダーマン』スピンオフ第2弾、マット・スミスが出演か

    映画

     米ソニー・ピクチャーズが製作する『スパイダーマン』シリーズのスピンオフ第2弾『Morbius(原題)』。海外ドラマ『ドクター・フー』や映画『高慢と偏見とゾンビ』などに出演する俳優のマット・スミスが、参戦する可能性が高くなってきた。出演に向けて最終交渉に入っていると、Varietyが報じた。

  • 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』特報&海外版ティザーポスター解禁

    映画

     俳優のトム・ホランドが主演する映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』から特報映像と海外版のティザーポスターが解禁された。公開された特報映像には、サミュエル・L・ジャクソン演じるニック・フューリーや、新キャラクターの姿が収められている。

  • 『スパイダーマン:スパイダーバース』最新予告! 吹き替え版主題歌も決定

    映画

     かつてない映像表現で描かれる“スパイダーマン”の新シリーズ『スパイダーマン:スパイダーバース』から、日本版の最新予告編が解禁。公開された予告編では、ロックバンド凛として時雨のフロントマン、TKによる書き下ろし主題歌を聴くことができる。

  • 宮野真守、小野賢章ら『スパイダーマン:スパイダーバース』吹き替え!

    ゲーム・アニメ

     人気シリーズ『スパイダーマン』のCGアニメによる最新作『スパイダーマン:スパイダーバース』の日本語吹き替え版キャストとして、主人公の新生スパイダーマンの中学生役に小野賢章、その師匠であるピーター・パーカー役に宮野真守、女性スパイダーマンのスパイダーグウェン(グウェン・ステイシー)役に悠木碧が決定。宮野は「あのピーター・パーカーを演じる日が来るなんて思っても見なかったので、すごく驚きましたし、とても光栄です」とコメントしている。

  • 『スパイダーマン:スパイダーバース』躍動感あふれる日本版ポスター解禁

    映画

     かつてない映像表現で描かれる“スパイダーマン”の新シリーズ『スパイダーマン:スパイダーバース』から、日本版ポスターが解禁された。ポスターには「運命を受け入れろ。」というコピーが踊り、それぞれ個性の異なる3人のスパイダーマンが、躍動感あふれる姿で描かれている。

  • 新スパイダーマンのトム・ホランド、アイアンマンから学んだ“ひたむきさ”とは?

    映画

     スパイダーマンの新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』が日本上陸。15歳の高校生スパイダーマンのフレッシュさが弾ける本作。新スパイダーマンに抜擢されたトム・ホランドが、初々しい魅力と驚異の身体能力で見事に大役を演じきっている。「スパイダーマンになることが夢だった」というトムを直撃し、夢を叶えた秘訣。アイアンマンを演じるロバート・ダウニー・Jr.から学んだ“ひたむきさ”について話を聞いた。

  • びしょ濡れ神対応にファン700人が感激!新スパイダーマン トム・ホランドが登場

    映画

     映画『スパイダーマン:ホームカミング』のジャパンプレミアが7日、都内で行われ、新スパイダーマンを演じるトム・ホランドとジョン・ワッツ監督が登壇。台風5号の影響で強い雨の吹き付ける中、日本のファンの熱烈な歓迎を受けたトムが「こんなに雨が降ってしまって申し訳ない!これはスーパーヒーローの映画だけれど、みなさんはスーパーファン!」と大感激。「僕も濡れるよ!」と雨に打たれて、大歓声を浴びた。

  • スパイダーマン、ロード、ファンタビ…相棒はキュートなぽっちゃり男子が最強?

    映画

     アイアンマンに憧れ、アベンジャーズに入りたいと願う、スパイダーマンこと15歳の高校生ピーター・パーカー(トム・ホランド)の姿を描く映画『スパイダーマン:ホームカミング』。劇中では迫力のバトルだけでなく、ピーターとぽっちゃり体型がキュートな友人のネッド(ジェイコブ・バタロン)が見せるコミカルな掛け合いも見どころだが、実は過去に世界的ヒットを記録したハリウッド作品には、主人公とぽっちゃり男子のコンビが活躍するという意外な共通点があった。

  • 関ジャニ錦戸、『スパイダーマン』吹替版主題歌を手掛けた安田を絶賛「誇らしい」

    映画

     関ジャニ∞の横山裕、渋谷すばる、村上信五、丸山隆平、安田章大、錦戸亮、大倉忠義が、27日に都内で実施された映画『スパイダーマン:ホームカミング』の日本語吹替版特別試写会に登壇。錦戸は日本語吹替版の主題歌の作詞作曲を手掛けた安田について、「同じメンバーとして誇らしい」と語った。

  • 竹内涼真、マーベルキャラクター好きにはたまらない?スパイダーマンとツーショット

    エンタメ

     俳優の竹内涼真が、25日に自身のインスタグラムを更新。まもなく映画も公開となるマーベルコミックのキャラクター・スパイダーマンとの楽しそうなツーショットを披露した。

  • 最高の歴代スーパーヒーロー映画、『スパイダーマン』や『ワンダーウーマン』など

    映画

     現地時間7日に話題の人気アメコミヒーロー映画『スパイダーマン:ホームカミング』が公開された記念に、US Weeklyが「最高の歴代スーパーヒーロー映画」10本を発表。トム・ホランド主演の最新作もいいが、クリストファー・リーヴス主演『スーパーマン』やトビー・マグワイア主演の映画シリーズ1作目『スパイダーマン』などが選出された。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access