スーパーマン 関連記事

  • スーパーマン降板説が飛び出ているヘンリー・カヴィル(※映画『マン・オブ・スティール』場面写真)

    ヘンリー・カヴィル、スーパーマン降板報道に意味深な反応

    映画

     先日、米メディアThe Hollywood Reporterにより、2013年の映画『マン・オブ・スティール』から演じているスーパーマン役を降板する可能性が高いと報じられた俳優のヘンリー・カヴィル。自身のインスタグラムに、報道に対する反応と思われる謎めいた動画を投稿して話題になっている。@@cutter ヘンリーは海外ドラマ『CHUCK/チャック』の俳優ザカリー・リーヴァイがタイトルロールを演じるDCスーパーヒーロー映画『Shazam!』に、スーパーマン役でカメオ出演する予定だったが、スケジュールの都合で出演できなくなったという。契約交渉が決裂したのをきっかけに、同役を降板する可能性が高まったと報じられた。  このニュースを受け、自身のインスタグラムに動画を投稿したヘンリー。「クリプトン・リフティングチーム」と英語で表記されたTシャツに身を包み、ヨハン・シュトラウス作曲の『美しく青きドナウ』をアレンジした曲がBGMとして流れる中、うつむいていた顔を起こしてカメラを見据えたまま、下の方からパッケージに入っているスーパーマンのフィギアをゆっくり持ち上げる。そして、しばらくすると、またゆっくりと下げていくという動作をして見せた。  この間、ひと言も発しないヘンリー。キャプションには「今日はエキサイティングだった」とつづり、「#Superman」のハッシュタグを付けた。動画を見たファンからは、「スーパーマンを続けるかもしれないし、続けないかもしれないと言っているのかな」「どんな噂が流れようが、ヘンリーは永遠のスーパーマン」「どういう意味か全く分からないけど、スタジオ側が彼を手放すわけがない」など、思い思いの解釈がコメントされている。  果たして、ヘンリーのスーパーマン降板の噂はどのような結末を迎えるのか。ヘンリー本人や米ワーナー・ブラザースから明確な発表があることに期待したい。

  • スーパーマン前日譚ドラマ『Krypton(原題)』に出演するショーン・サイポス

    “スーパーマン”前日譚ドラマ『クリプトン』、アダム・ストレンジ役が決定!

    海外ドラマ

     米SyFy局が進めているスーパーマン前日譚ドラマ『Krypton(原題)』のパイロット版に、映画『リメイニング』(15)の俳優ショーン・サイポスが「ジャスティス・リーグ」や「R.E.B.E.L.S.」のメンバーとしても知られるアダム・ストレンジ役で出演するという。Deadlineが伝えた。@@cutter スーパーマン誕生前のクリプトン星が舞台となるスーパーマン前日譚ドラマ『Krypton(原題)』。クリプトン星が破壊される2世代前という時代設定のもと、エル家の汚名をそそぎ、自分の愛する世界をカオスから守るために戦うスーパーマンの祖父セグ=エルの若き日を描く。この主人公演じる俳優はイギリス出身のキャメロン・カフに決定している。  レギュラーキャストになるショーンが演じるアダム・ストレンジは地球人の考古学者。ペルーから突如、惑星ランにテレポートされてしまうが、ランを危機にさらす異星種族のモンスターと戦うことになる。『Krypton(原題)』ではクリプトン星で身動きが取れなくなったアダムが、セグ=エルの良き指導者になるとのことだ。  キャストには他に、戦士の家系に育った20代の美しい女性戦士リタ・ゾッド役で映画『キング・アーサー』(17)の女優ジョージナ・キャンベル、セグの祖父ヴァル=エル役で海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』シリーズの俳優イアン・マッケルヒニーなどが名を連ねる。

  • 「最高の歴代スーパーヒーロー映画」に選出された『スパイダーマン』

    最高の歴代スーパーヒーロー映画、『スパイダーマン』や『ワンダーウーマン』など

    映画

     現地時間7日に話題の人気アメコミヒーロー映画『スパイダーマン:ホームカミング』が公開された記念に、US Weeklyが「最高の歴代スーパーヒーロー映画」10本を発表。トム・ホランド主演の最新作もいいが、クリストファー・リーヴス主演『スーパーマン』やトビー・マグワイア主演の映画シリーズ1作目『スパイダーマン』などが選出された。@@cutter 今ほどCG技術が発達していない頃の作品からは、アメコミヒーローとして絶大の人気を誇る『スーパーマン』が登場。クリストファー・リーヴがタイトルロールを演じてスターダムに駆け上った。  ダークヒーローでは、マイケル・キートンがタイトルロールを演じた1989年の『バットマン』と、クリスチャン・ベイルがバットマンを演じた2008年の『ダークナイト』が選ばれている。両作品には共に、怪優ジャック・ニコルソンやヒース・レジャーが演じて話題になったジョーカーが登場する。  ヒロインが活躍する作品では唯一ガル・ガドッド主演『ワンダーウーマン』が選出された。日本公開は8月25日とまだ先だが、世界興行収入は7億4800万ドル(約846億円)を超え、スーパーヒーロー映画の歴代北米興行収入ランキングでは『デッドプール』を抜き、3億7100万ドル(約419億円)以上で10位にランクインしている。  Us Weekly選出、「最高の歴代スーパーヒーロー映画」10本は以下の通り。 『スーパーマン』(79) 『バットマン』(89) 『ミュータント・タートルズ』(91) 『X-メン』(00) 『スパイダーマン』(02) 『ダークナイト』(08) 『アイアンマン』(08) 『アベンジャーズ』(12) 『デッドプール』(16) 『ワンダーウーマン』(17)

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access