ブルーリボン賞 関連記事

  • 「第61回ブルーリボン賞」授賞式にて

    松坂桃李、ある記者との秘話を明かす【第61回ブルーリボン賞授賞式】

    映画

     第61回ブルーリボン賞授賞式が6日に都内で開催され、俳優の松坂桃李、女優の門脇麦らが出席した。映画『孤狼の血』で助演男優賞を受賞した松坂は、とあるスポーツ紙の記者との秘話を明かした。@@cutter ブルーリボン賞では、在京スポーツ7紙の映画担当記者の投票によって賞が決定する。柚月裕子の同名小説を基に、ベテラン刑事・大上(役所広司)と新人の日岡(松坂)が、広島におけるヤクザの抗争に巻き込まれていく様を描いた『孤狼の血』で助演男優賞を獲得した松坂。スピーチでは、かつてスポーツ紙の記者が、自身のデビューから約5年が経ち、主演を張るようになった頃に「態度の違い」を指摘する内容の手紙を送ってきたことを回想。  「それを読んだときに、すごく背筋がピッとする思いだったんですね。その記者さんのお陰で、こうやっていろいろな方たちの声を聞こうと、改めて思えるようになって。それで今、こうやってブルーリボン賞の授賞式に立てているのかと思うと、本当に感謝の思いでいっぱいです。選んでいただいた記者の皆さまもそうなんですけども、そういう言葉をくれた、あるスポーツ紙の記者の方にも、お礼を言いたいです」と感慨深そうに語った。  故・若松孝二監督の映画制作を、助監督だった吉積めぐみ(門脇)の目線を通じて描いた『止められるか、俺たちを』で主演女優賞に輝いたのは門脇。「この賞が本作に関わった方、そして若松プロに関わった皆様に、少しでも良いものとして、うれしいものとして、届けば幸せだなと思います」と言い「きれいごとかもしれないけども、これからも私は映画にときめき続け、きれいごとだからこそ、より強くその一番純粋な気持ちを持って、これからも映画作りに関わっていけるように、毎作品毎作品、誠心誠意、向き合っていきたいなと思います」と語った。  当日の司会は、昨年の主演男優賞と主演女優賞をそれぞれ獲得した、阿部サダヲと新垣結衣が担当。お互いを「結衣」「サダヲ」と呼び捨てし合うなど愉快な掛け合いで会場を沸かせ、そんな二人の掛け合いを前にした門脇は「来年、司会できるのかなあ」と笑っていた。 第61回ブルーリボン賞 受賞一覧と登壇者は下記の通り。 ・作品賞 『カメラを止めるな!』上田慎一郎監督 ・監督賞 白石和彌『孤狼の血』『止められるか、俺たちを』『サニー/32』 ・主演男優賞 舘ひろし『終わった人』 ・主演女優賞 門脇麦『止められるか、俺たちを』 ・助演男優賞 松坂桃李『孤狼の血』 ・助演女優賞 松岡茉優『万引き家族』『ちはやふる ‐結び‐』 ・新人賞 南沙良『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』 ・外国作品賞 『ボヘミアン・ラプソディ』

  • 新垣結衣、『第60回ブルーリボン賞』授賞式に登壇

    新垣結衣、ブルーリボン賞「皆さんに恩返しができた」 阿部サダヲは来年司会に不安

    映画

     「第60回ブルーリボン賞」授賞式が8日、都内にて行われ、『ミックス。』で主演女優賞を受賞した新垣結衣、『彼女がその名を知らない鳥たち』で主演男優賞に輝いた阿部サダヲが出席し、喜びを語った。@@cutter 10年前に同賞の新人賞を受賞した新垣は「きっと二度とこの舞台に立たせてもらうことはないだろうと勝手に思っていたので、予想もしていなくて、実感もわいていない」と驚きを明かし、映画製作のスタッフや家族、ファンに対して「皆さんに恩返しできたということが本当に嬉しいなと思います」と受賞の喜びを語った。  新垣は近年、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の“恋ダンス”などで大きく話題に取り上げられていることに関して「自分としては実感があまりないです。でもやることはまずやらねばと思うし、そういう役や仕事のおかげで、そう言ってもらえるんだと思う」とあくまで謙虚な姿勢を見せていた。  ブルーリボン賞初受賞となった阿部は「映画にはもっと出たいですね。それにブルーリボン賞が大好きです! だってこれ以外の賞は菅田将暉とか取っているし。(管田が)取るもんだと思ったから、逆にそんなに驚いていなかった」などと冗談を交えながら、喜びを露わにした。  また、ブルーリボン賞はその年の主演男優賞、主演女優賞の2人が、次年度の授賞式の司会を行うことになっており、今回は昨年の受賞者である松山ケンイチと大竹しのぶが担当。壇上で2人と掛け合った阿部は、大竹が昨年出演した『後妻業の女』の下ネタ話に及ぶなど奔放に振る舞い、大竹に叱られる一幕も。阿部は次年度に新垣と司会を務めることについて「来年は、俺が終わらせるかもしれない…」と少し弱気にコメントした。  さらに、今後の意気込みを「いろんな映画もあるし、やったことない役もいっぱいあるから、いろんなことに挑戦していきたい」と阿部が語ると、大竹から「(そんな)当たり前の答え…」などと容赦ない突っ込みを受けタジタジの表情になり、笑いを誘っていた。  「第60回ブルーリボン賞」受賞結果は以下の通り。 ■作品賞 『あゝ、荒野 前篇・後篇』 ■監督賞 白石和彌『彼女がその名を知らない鳥たち』 ■主演男優賞 阿部サダヲ『彼女がその名を知らない鳥たち』 ■主演女優賞 新垣結衣 『ミックス。』 ■助演男優賞 ユースケ・サンタマリア『あゝ、荒野 前篇・後篇』『泥棒役者』 ■助演女優賞 斉藤由貴『三度目の殺人』 ■新人賞 石橋静河『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 ■外国映画賞 『ドリーム』 ■邦画ベスト10  『あゝ、荒野 前篇・後篇』 『アウトレイジ 最終章 』 『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 『彼らが本気で編むときは、 』 『君の膵臓をたべたい』 『愚行録』 『3月のライオン 前編・後編』 『三度目の殺人』 『帝一の國』 ■洋画ベスト10  『怪盗グルーのミニオン大脱走』 『SING/シング』 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 『ダンケルク』 『沈黙 ‐サイレンス‐』 『ドリーム』 『美女と野獣』 『ブレードランナー 2049』 『ムーンライト』 『LION/ライオン ~25年目のただいま~ 』 『ラ・ラ・ランド』

  • 新垣結衣、『ミックス。』でブルーリボン賞主演女優賞を受賞

    ブルーリボン賞、『ミックス。』新垣結衣が主演女優賞受賞

    映画

     「第60回ブルーリボン賞」の各賞が23日に発表され、女優の新垣結衣が『ミックス。』で主演女優賞に選出された。主演男優賞は『彼女がその名を知らない鳥たち』の阿部サダヲに決まり、同作は監督賞も受賞し2冠。作品賞には菅田将暉が主演を務めた『あゝ、荒野』が輝き、同作に出演するユースケ・サンタマリアが助演男優賞に選ばれ2冠となった。@@cutter 『ミックス。』は、母の特訓により卓球界で将来を期待されながら、現在は無職・独身のヒロイン・多満子(新垣)が、家族に見捨てられた元プロボクサーの荻原とミックスダブルスを組み、恋に人生にと奮闘する姿を描くラブコメディー。新垣は荻原役を演じた瑛太とともに、ダブル主演を務めた。  蒼井優が主演を務める『彼女がその名を知らない鳥たち』は、クレーマーで自分勝手な女・十和子(蒼井)と、不潔で下劣なうえ十和子に異様な執着を見せる男・陣治(阿部)、十和子の昔の恋人などが織りなす人間模様を描く。本作でメガホンを取った白石和彌監督が監督賞を受賞した。  作品賞を受賞した『あゝ、荒野』は、劇作家・寺山修司が唯一残した長編小説の実写化作品で、同じボクシングジムに通う新次(菅田)とバリカン(ヤン・イクチュン)が、ボクシングを通じてそれぞれの孤独に向き合う姿を描く。同作は邦画ベスト10のうちの1本にも選ばれている。  授賞式は2月8日、東京・イイノホールで開催。 「第60回ブルーリボン賞」受賞結果は以下の通り。 ■作品賞 『あゝ、荒野 前篇・後篇』 ■監督賞 白石和彌『彼女がその名を知らない鳥たち』 ■主演男優賞 阿部サダヲ『彼女がその名を知らない鳥たち』 ■主演女優賞 新垣結衣 『ミックス。』 ■助演男優賞 ユースケ・サンタマリア『あゝ、荒野 前篇・後篇』『泥棒役者』 ■助演女優賞 斉藤由貴『三度目の殺人』 ■新人賞 石橋静河『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 ■外国映画賞 『ドリーム』 ■邦画ベスト10  『あゝ、荒野 前篇・後篇』 『アウトレイジ 最終章 』 『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 『彼らが本気で編むときは、 』 『君の膵臓をたべたい』 『愚行録』 『3月のライオン 前編・後編』 『三度目の殺人』 『帝一の國』 ■洋画ベスト10  『怪盗グルーのミニオン大脱走』 『SING/シング』 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 『ダンケルク』 『沈黙 ‐サイレンス‐』 『ドリーム』 『美女と野獣』 『ブレードランナー 2049』 『ムーンライト』 『LION/ライオン ~25年目のただいま~ 』 『ラ・ラ・ランド』

  • 松山ケンイチ、よく喋る大泉洋にクレーム!? 「何の参考にもならない!」

    松山ケンイチ、よく喋る大泉洋にクレーム!? 「何の参考にもならない!」

    映画

     松山ケンイチが8日、第59回ブルーリボン賞授賞式に登壇。漫☆画太郎が描いた『聖の青春』の主人公「村山聖」のオリジナルイラストで会場を沸かせるも、受賞の喜びを語る際には、終始会場の笑いを取ったお喋り司会者・大泉洋に「本っ当にペラペラペラペラペラペラ」とクレームを入れた。@@cutter 同賞は2016年に発表された映画作品から優秀な作品を選出、表彰するもの。審査は東京映画記者会(在京のスポーツ紙7紙で構成)が実施した。司会は前年度に主演男優賞、主演女優賞を受賞した大泉洋と有村架純の二人がつとめた。  『湯を沸かすほどの熱い愛』で助演女優賞に輝いた杉咲花は、「(同作を)心から愛していて“このステキな映画をどうかたくさんの人々に観ていただきたいな”という思いだった。公開初日は、私たちのもとから映画が巣立っていくような感覚だった」と振り返る。  本作について「(中野量太監督から)『まず宮沢りえさんと家族になってほしい』とおっしゃられて、毎日必ずメールをして、写真を一日一枚送りあって、稽古場で話して『お母ちゃん』と呼ぶというルールがありました。それを積み重ねて現場にインできたので不安要素が全くない状態だった」と撮影当初のエピソードを明かした。  松山は、『聖の青春』や『珍遊記』の演技などが評価されて主演男優賞を受賞。ステージには『珍遊記』の原作者・漫☆画太郎が描いた“村山聖”のオリジナルイラストを手に登壇。受賞が決まってすぐ漫☆画太郎に連絡して「『珍遊記』の世界観の中にいる村山聖さんをぜひ描いて頂けないでしょうか」とオファーをしたこと告白するも、「主演男優賞の映像の中に『珍遊記』がありませんでした。ビックリしました」とチクリ。会場を沸かせた。  また主演男優賞を獲得したことで、松山は来年、本授賞式の司会をつとめる。意気込みを問われると「本っ当にペラペラペラペラペラペラ喋られているので…」と大泉を口撃。「(来年の司会に向けて)“参考になればいいな”と思って大泉さんに注目してたんですけど、何の参考にもならんじゃないですか!」とお笑い進行にクレームを入れた。  『後妻業の女』の演技で主演女優賞に選ばれた大竹しのぶも、「賞を頂いた喜びがフッ飛んで心配ばかりが立った」と来年の司会に向けて冷や汗まじり。そして大泉に「(司会者として再び)来年来てください。これ絶対、私とケンイチ君と二人ではムリです!」と訴えて、早くも白旗を揚げた。  さらに授賞式最後には、有村が「ほとんど大泉さんがずーっと喋っていた。聞きたいこともあまり聞けずに…」と不満をポロリ。集中砲火を浴びる格好になった大泉は「じゃあ今(受賞者全員に再び)聞いたらいいじゃないですか!」とふてくされて会場の笑いを誘った。 【ブルーリボン賞 受賞一覧】 ・作品賞:『シン・ゴジラ』(樋口真嗣監督) ・監督賞:片渕須直 (『この世界の片隅に』) ・主演男優賞:松山ケンイチ(『聖の青春』)など ・主演女優賞:大竹しのぶ(『後妻業の女』) ・助演男優賞:リリー・フランキー(『SCOOP!』『聖の青春』など) ・助演女優賞:杉咲花(『湯を沸かすほどの熱い愛』) ・新人賞:岡村いずみ(『ジムノペディに乱れる』) ・外国作品賞:『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』 ・特別賞:『君の名は。』

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access