Infini‐T Force 関連記事

  • 『Infini‐T Force』舞台化決定

    『Infini‐T Force』舞台化決定!3D映像、ダンス、アクロバットで魅せる

    アニメ・コミック

     現在、『劇場版Infini‐T Force/ガッチャマン さらば友よ』が公開中であり、2017年10月にテレビアニメ『Infini‐T Force』の舞台化が決定した。企画・制作をStage Project ILLUMINUSが行い、3Dデジタル映像、最新の映像技をコラボレートし、ダンスやアクロバット、イリュージョンを取り入れ、『Infini‐T Force』の世界がダイナミックに描かれる。@@cutter 『Infini‐T Force』は、タツノコプロの55周年の記念作としてタツノコレジェンズの4大キャラが集結。世界に誇る1970年代を代表するヒーロー作品『科学忍者隊ガッチャマン』『宇宙の騎士テッカマン』『破裏拳ポリマー』『新造人間キャシャーン』が最大限にリスペクトしつつリデザインされ、新たな装いで蘇った。  現在公開中の劇場版は、TVシリーズで完結したかに見えた物語の続編が描かれる。TVシリーズからの4大ヒーローはガッチャマン(関智一)、テッカマン(櫻井孝宏)、ポリマー(鈴村健一)、キャシャーン(斉藤壮馬)、そしてヒロインの笑(茅野愛衣)は健在。劇場版から登場する健の盟友“コンドルのジョー”に鈴木一真が、科学忍者隊の生みの親、南部博士には船越英一郎が演じ、抜群の存在感を見せる。3DCG制作には『デスノート Light up the NEW world』や『GANTZ:O』で世界的評価の高いデジタル・フロンティア。監督は緻密で大胆な演出で名高い松本淳が務める。    このたび発表された同作の舞台は、8月29日から9月2日までIMAホールで上演する。企画・制作は「インパクトのあるステージを世の中へ」をモットーに先進的な舞台の企画を行っていくプロジェクトStage Project ILLUMINUSが行う。また、脚本・演出には、多数の舞台作品を手がける吉田武寛を迎え、3Dデジタル映像、最新の映像技をコラボレートし、ダンスやアクロバット、イリュージョンを取り入れ、『Infini‐T Force』の世界をダイナミックに描く。  舞台版『Infini-T Force』は、8月29日から9月2日までIMAホールにて上演。

  • 『劇場版Infini‐T Force/ガッチャマン さらば友よ』初日舞台挨拶にて

    関智一、櫻井孝宏、鈴村健一、まさかのぶっちゃけ発言にファン爆笑 “顔キャス”の真相

    アニメ・コミック

     『劇場版Infini‐T Force/ガッチャマン さらば友よ』初日舞台挨拶が24日、都内にて行われ関智一(ガッチャマン/鷲尾健役)、櫻井孝宏(テッカマン/南城二役)、鈴村健一(ポリマー/鎧武士役)、斉藤壮馬(キャシャーン/東鉄也役)、茅野愛衣(界堂笑役)が登壇。ついに公開初日を迎えたこの日、主人公・ガッチャマン役の関は「続編をやりたい」と次なる目標を掲げた。@@cutter 本作は、タツノコプロ55周年を記念して“タツノコレジェンズ”の4大キャラクター『科学忍者隊ガッチャマン』『宇宙の騎士テッカマン』『破裏拳ポリマー』『新造人間キャシャーン』を集結させ、悪に立ち向かう姿を描くアクションアニメ。昨年10月から12月に掛けTVシリーズを放送し、興奮覚めやらぬ中、今回、ストーリーや世界観をパワーアップさせ劇場版として彼らの活躍を描く。    関は「僕はこの劇場をよくデートに使っていました。そんな思い出のスクリーンでガッチャマンが上映されることを誇りに思っています」と、冒頭挨拶から関節全開。そんな関のコメントを受けて櫻井、鈴村からは「関さんみたいなコメントはできないですからね(笑)」と会場に集まったファンに呼びかけた。    暴走しかける関を、櫻井、鈴村筆頭に何とか押しとどめるという形式で進行した同イベント。途中、同作のオーディションについて話が及び、鈴村が「ガッチャマン以外は全ての役のオーディションを受けた」と発言。さらに実は“テッカマン”を演じたかったという驚きのコメントも。すると関は「俺はポリマーをやりたかった」と続き、櫻井も「僕はガッチャマンをやりたかった」、斉藤も「僕はダミアン(TVシリーズの敵)」とまさかのぶっちゃけ展開に。そして、テッカマンが櫻井に決まったと聞いた鈴村は、テッカマンの変身前の姿が櫻井の雰囲気に似ていたことをいじり「なんだ顔キャス(ティング)かと思いました」と発言し、会場は大爆笑。櫻井も「そうです、顔キャスです」と乗っかり、さらなる笑いを呼んだ。    メインキャストがオーディションによって役をつかんだ『劇場版Infini‐T Force/ガッチャマン さらば友よ』は公開中。

  • 『劇場版Infini-T Force/ガッチャマン さらば友よ』鈴木一真インタビュー

    鈴木一真、「俳優を続けてよかった」憧れのヒーロー“コンドルのジョー”を演じた衝撃

    アニメ・コミック

     「ガッチャマンの中で誰が好き?」正確にいうと“科学忍者隊の中で”なのだが、多くのファンが「コンドルのジョー」と答えるはずだ。科学忍者隊のナンバー2であり、どこか影を背負う人物、それがジョーだ。『劇場版Infini‐T Force/ガッチャマン さらば友よ』でジョーを演じる俳優・鈴木一真もジョーが好きなひとり。「子供の頃に憧れたヒーローを演じるチャンスに恵まれるなんて、想像していなかった」と話し、自身へのオファーに衝撃を受けたという。その衝撃度はどれほどだったのか? 鈴木に直撃した。@@cutter 本作は、タツノコプロ55周年を記念して“タツノコレジェンズ”の4大キャラクター『科学忍者隊ガッチャマン』『宇宙の騎士テッカマン』『破裏拳ポリマー』『新造人間キャシャーン』を集結させ、悪に立ち向かう姿を描くアクションアニメ。昨年10月から12月に掛けTVシリーズを放送し、興奮覚めやらぬ中、今回、ストーリーや世界観をパワーアップさせ劇場版として彼らの活躍を描く。  鈴木が演じるコンドルのジョーは、劇場版の新キャラクターとして登場。ガッチャマン(大鷲の健)と共に、悪の組織ギャラクターと戦い続けた「科学忍者隊」のサブリーダーであり、ジョーと同じく新キャラクターとして登場する科学忍者隊の生みの親・南部博士と共に物語に大きく関わる人物だ。  「俳優を続けていてよかったなと思いました」。鈴木はジョー役のオファーを振り返り、二つ返事で引き受けたという。嬉しくもあり、びっくりしたという鈴木だが、いざアフレコが始まると「自分がうまくできているのか不安でした。アフレコ時は、絵が完成版ではなかったので、想像ができなくて…」と、心配が頭をもたげた。だが、その心配は圧倒的なリアリティを持つアニメーションを前に杞憂に終わる。「それぞれのキャラクターにモーションアクターが付き、口の動きも自分が話した通りの動きになっていて、本作に関わるすべての人の熱い思いを感じました」と、完成版を観て胸がいっぱいになったようだ。@@separator アフレコは、「悩む間もなく、多くの演出がありました。それに助けられました」と苦笑する。距離感や声の張り方、息遣いなど、細かい演出を受けたそうで「実写と違い、息遣い1つが大きな意味を持ってしまうので、息遣いだけを何度も撮り直したりもしました」と明かした。    本作では、科学忍者隊の生みの親であり、健とジョーの前に立ちふさがる人物・南部博士を船越英一郎が演じていることも大きな話題となっている。鈴木自身、数多く作品で共演している船越について「いつも事件を解決している方なのに…という意外性を感じほしいです(笑)」と茶目っ気たっぷりにコメントした。    最後に、溢れんばかりのジョー愛を鈴木に聞いた。「『Infini-T Force』を世界に向けて発信するときの英語版は、僕がやりたいです。そしてこの先、『ガッチャマン』の作品を制作するときは、またジョーを演じたいです。(他の方に)渡したくないですね」。(取材・文・写真:ほりかごさおり)    『劇場版Infini-T Force/ガッチャマン さらば友よ』は全国公開中。

  • 『劇場版Infini‐T Force/ガッチャマン さらば友よ』完成披露上映会にて

    関智一、船越英一郎のアフレコを絶賛「ちびりますよ」 南部博士役で声優挑戦

    アニメ・コミック

     タツノコプロ創立55周年を記念した劇場版アニメ『劇場版Infini‐T Force/ガッチャマン さらば友よ』の完成披露上映会が15日、都内で行われ、俳優の船越英一郎、鈴木一真、声優の関智一、茅野愛衣が登壇した。@@cutter 幼少期にタツノコプロ作品に多く触れ「一緒に育ってきた」という船越は、同作で科学忍者隊ガッチャマンの生みの親である・南部博士の声を担当している。  見どころについて船越は「ガッチャマンのお父さんみたいな存在なのに、今回はそれぞれが信じる正義が変わってしまう。南部博士とガッチャマンたちが対峙していく構造になるわけです」と紹介。関が「ネタバレギリギリですが、今回は南部博士のあんな姿も見えちゃう」と言うと、船越も「皆さん、びっくりしますよ。ヒントは“わたくし、夢が叶いました”。以上です」と意味深な発言で沸かせた。  船越のアフレコについて、ガッチャマン/鷲尾健役の関は「船越英一郎さんは別の作品でご一緒したこともあるのですが、まぁ素敵ですよ。まぁちびりますよ!」とべた褒め。褒め言葉に船越も笑顔を浮かべ「本当にありがとう、本当に健も素晴らしい」と互いを称え合った。  「もしヒーローが力を貸してくれるなら?」という話題では「よく朝寝坊して現場に行くのがギリギリになる。そういうときに助けてほしい」と関。船越は「関くんは本当に我欲の塊ですね~」と呆れつつ、自身は「もしヒーローがいてくれるなら、今ここで舞台挨拶を一緒にしてほしい。日本中湧き上がりますよ」とお願いした。  また女子高生の界堂笑を演じた茅野は「(劇中で)笑はヒーローと同居しているので、私も同居したい。あんなにかっこいいとドキドキしちゃいそう」とうっとり。すると関が「ちなみに、今同居されてる方はいらっしゃるんですか?」と一歩踏み込んだ質問をすると、茅野は「母と(同居している)…」と回答。やり取りを見ていた船越は「冷や汗が…」とタジタジだった。  創立55年を記念した映像プロジェクト『Infini‐T Force』。『ガッチャマン』『テッカマン』『ポリマー』『キャシャーン』の4大ヒーローの活躍を描くテレビアニメが2017年10月から12月に放送された。今回の劇場版は、テレビアニメの続編。追加キャラクターとして「南部博士」「コンドルのジョー」が登場し、新たな闘いを繰り広げる。  『劇場版Infini‐T Force/ガッチャマン さらば友よ』は2月24日より公開。

  • 『劇場版 Infini‐T Force/ガッチャマン さらば友よ』メインビジュアル解禁

    『劇場版 Infini‐T Force』予告編解禁! 南部博士役に船越英一郎

    アニメ・コミック

     タツノコプロの55周年を記念して、“タツノコレジェンズ”から4大ヒーローが集結する話題の映画『劇場版 Infini‐T Force/ガッチャマン さらば友よ』の予告編映像とメインビジュアルが解禁された。また、キャストも発表され、俳優の船越英一郎や鈴木一真、人気声優・遠藤綾らがキャラクターの声を担当することが分かった。@@cutter 本作は、1970年代を代表するタツノコプロのヒーロー作品『科学忍者隊ガッチャマン』『宇宙の騎士テッカマン』『破裏拳ポリマー』『新造人間キャシャーン』のキャラクターたちが集結する3DCGアニメ。2017年10月から放送されたテレビシリーズ『Infini‐T Force』に続き、関智一、櫻井孝宏、鈴村健一、斉藤壮馬らが各ヒーローたちの声を担当する。  予告編映像は、ガッチャマン率いる科学忍者隊を組織した“ガッチャマン生みの親”である南部博士(CV:船越)と、ガッチャマンこと鷲尾健(CV:関)らヒーローたちが敵対する構図を中心に展開。健のかつての友・コンドルのジョー(CV:鈴木)が戦場へと降り立つ姿も描かれ、世界の歪みとすべてを滅ぼすエネルギー“特異点”の存在も明らかにされている。  さらに、メインビジュアルでは「正義を見失うな」というキャッチコピーの間で、中心に南部博士、映像と同じくガッチャマンとコンドルのジョーが対になる存在として描かれているほか、テッカマン、ポリマー、キャシャーンが駆け抜ける姿も写し出されている。  タツノコプロ作品に思い入れがあるという船越は「タツノコプロの作品をシャワーにみたいに浴びて育った世代ですね。だからタツノコプロにはいろんな啓蒙・教育も含めて、育まれたといっても過言ではないんじゃないかと思います」とコメント。オリジナル版の声優・大平透への思いも込めながら「モノマネをするわけにもいきませんし、南部博士そのものも、現代風に洗礼されてダンディさが増しています」とアフレコを振り返っている。  また、作中である目的を持って南部博士に接近する政府関係者・佐々岡を担当する遠藤も「私の役どころはさて置き、ヒーローの格好良さ、そして筋肉に惚れ惚れしてしまいました。収録の段階でも素敵だったのですから、スクリーンで観る彼らはどれだけ格好良いのでしょう!」と本作の感想を伝えている。  『劇場版 Infini‐T Force/ガッチャマン さらば友よ』は、2月24日より全国公開。

  • 『Infini‐T Force』鈴木清崇監督(右)、春名和道プロデューサー(左)にインタビュー

    なぜこの4人?“タツノコレジェンズ”の活躍描く『Infini‐T Force』、監督とPに直撃

    アニメ・コミック

     ガッチャンマン、テッカマン、ポリマー、キャシャーン…“タツノコレジェンズ”と呼ばれる4人が集結するTVアニメがスタートする。その名は『Infini‐T Force(インフィニティ フォース)』。本作についてプロデューサーの春名和道は「“1つの作品”として立って欲しい」と言い、タツノコ55周年記念作品という「お祭り的な映像企画だけで終わらせたくはない」と力強い言葉を寄せる。鈴木清崇監督と共に、本作に掛ける熱い思いを語ってもらった。@@cutter 『Infini‐T Force』は、タツノコプロが誇るヒーロー『科学忍者隊ガッチャマン』『宇宙の騎士テッカマン』『破裏拳ポリマー』『新造人間キャシャーン』が共闘し、悪に立ち向かう姿を描くアクションアニメ。オリジナルを最大限にリスペクトしつつリデザインされ、3DCGとして新たな装いで生まれ変わる。    1970年代を代表する人気ヒーロー4人が集結した本作。なぜこの4人だったのだろうか。「企画自体が“タツノコヒーロー集結”ということでしたので、ヒーローといえばこの4人!というイメージでした」と春名プロデューサー。だが、いざヒーローが決まると「多くの方から『あのヒーローはでないの?』と聞かれました(笑)」と語る。「(キャラクターを)多く出しても、エピソードの内容が薄くなってしまいますから」と理由を説明。人気キャラを多数輩出してきたタツノコプロだからこその悩みといえる。    一方、ヒーロー4人が決まった段階でオファーをもらった鈴木監督は、“この4人だろう”ということは予測していたと語るものの、個人的に秘めた思いはあったようだ。タツノコプロで活躍し、その後独立。『PSYCHO‐PASS サイコパス 2』シリーズディレクターや、『ガッチャマン クラウズ インサイト』で助監督を務め、本作が初監督作となる鈴木監督は「『鴉 ‐KARAS‐』というOVA作品があるのですが、そのキャラクターに思い入れがありました。あと『電光石火ヴォルター』というキャラクターもいるのですが、僕がタツノコプロに入社した時に作っていたので…」と話す。春名プロデューサーが多くの人に聞かれたという“あのヒーローはでないの?”が、思わぬ形で裏付けられた。@@separator 本作は、ヒーロースーツのデザインは昔とさほど変更箇所はないものの、変身前の姿が現代風に変わり、注目を集めている。春名プロデューサーは「オリジナルのヒーローを現代に集結させ、敵を倒して終わり、だと“企画もの”という扱いだけになってしまう。本作も“企画もの”ではありますが、1つの新しい作品として立ってほしい」と語る。春名プロデューサーの言葉に深く頷いた鈴木監督は「元のキャラを蘇らせて、“今”の人に見てもらおうというコンセプトもありましたので、オリジナルに縛られず、(キャラクター原案の)大暮(維人)さんに自由にデザインしてもらいました」。“成長した姿”というオーダーをしたと話す鈴木監督は「4ヒーローはオリジナルの設定より年齢を重ねているんです」と明かし、ちなみにオリジナルでは18歳だった健(ガッチャマン)は本作では24歳という設定になっているのだという。    レジェンドヒーロー集結やリデザインもさることながら、本作は1キャクターに1人のモーションアクターが存在する。エンディングでは、ボイスキャストのほか、モーションアクターも一人ひとり紹介している。「エンディングテロップにはすごくこだわりました」と明かした鈴木監督。「モーションアクターの方々を、キャラクター別できちんと役名と共に紹介したいという思いがありました」。春名プロデューサーも「最初から最後まで一人一役で演じてもらっているので、アクターさんの演技と声優さんの演技で、合わせて一役」という鈴木監督の意見を尊重したとのことだ。    視聴者、キャスト、スタッフ…それぞれが個々のキャラクターに思い出を持つタツノコレジェンズのヒーローたち。その中でも並ばれたガッチャンマン、テッカマン、ポリマー、キャシャーンという単独でも十分映像化可能な人気キャラクターたちを 『Infini‐T Force』として集結させ、どのような形で共闘するのか。当時を知る者、知らない者関わらず、胸の高鳴りを感じずにはいられない1作になりそうだ。(取材・文・写真:ほりかごさおり)    アニメ『Infini‐T Force(インフィニティ フォース)』は、日本テレビほかにて毎週火曜日25時59より放送中。

  • 『おそ松さん』が始まったぞ!“藤田陽一くくり”もアリ 2017年秋アニメの楽しみ方

    『おそ松さん』が始まったぞ!“藤田陽一くくり”もアリ 2017年秋アニメの楽しみ方

    アニメ・コミック

     あっという間に終わってしまった感のある2017年、夏。気づけば10月に突入し、『おそ松さん』第2期が始まっている!そう、すでに秋アニメがスタートしています。「まだチェックしきれていない」という人、「何を観たらいいのか悩み中」という人も多いはず。そこで「こんな楽しみ方もできるかも…」というポイントを探ってみたい。@@cutter まず2017年秋アニメの最注目作品にあげられるのが、前述の『おそ松さん』第2期。2015年10月から翌年3月まで放送された『おそ松さん』第1期は、豪華声優陣が6つ子を演じるというキャスティングも話題となり、自虐ネタ、パロディ、下ネタありのチャレンジングな展開が大ウケ。おそらく製作陣も予想しなかったほどの社会現象を巻き起こした。満を持して2日深夜にスタートした第2期では、その人気ぶりを自虐ネタとしていじってみたり、6つ子のダメっぷりなど、うれしくなるほど相変わらずの内容で、ファンを喜ばせている。  第1期に引き続き『おそ松さん』の監督を務めるのは、藤田陽一。はっちゃけたギャグやテンポ感に定評のある藤田監督だが、今季は彼がストーリー監修として関わる『銀魂』新シリーズ、『クラシカロイド』第2シリーズもお目見え。実写化の成功も記憶に新しい『銀魂』は、「ポロリ篇」というクスッとしてしまうようなタイトルで、取りこぼした様々な“ポロリ”を新作短編集として届けてくれる。  ベートーヴェンやモーツァルトなど実在の音楽家たちと同じ名前の登場人物たちが大暴れする『クラシカロイド』では、第2シリーズから声を松岡禎丞が担当するワーグナーが参戦。一層、賑やかになること必至。“藤田陽一くくり”として3作品を堪能し、お腹を抱えながら秋の夜長を過ごすのも楽しそうだ。@@separator これまでにあげた作品もそうなのだが、シリーズものが多いのも今季の特徴。『ラブライブ!サンシャイン!!』(第2期)、『鬼灯の冷徹』(第2期)、『3月のライオン』(第2期)、『干物妹!うまるちゃんR』(第2期)、『Wake Up,Girls! 新章』『結城友奈は勇者である』(第2期)などなど「待ってました!」と声をかけたくなるシリーズものが登場。前期を観ていなかったとしても、人気があってこその続編スタートなので観てみる価値アリ。ぜひ人気の秘訣を感じてみてはいかがだろう。  また創立55周年を迎えたタツノコプロは、『Infini‐T Force(インフィニティ・フォース)』と『タイムボカン 逆襲の三悪人』を世に送り出す。『Infini‐T Force(インフィニティ・フォース)』には、『科学忍者隊ガッチャマン』『宇宙の騎士テッカマン』『破裏拳ポリマー』『新造人間キャシャーン』のヒーローが集結。フル3DCGで迫力の戦いを描き出す。  一方の『タイムボカン 逆襲の三悪人』は、40年以上続く「タイムボカンシリーズ」をもとにした最新作。憎めない三悪人が主役の座を奪うべく大奮闘。KinKi Kidsが担当するオープニングテーマも見逃せない。世代を超えて愛されるキャラクターを生み出しているタツノコプロ。この秋はその魅力をたっぷりと味わう、絶好の機会となりそうだ。2017年も残り3ヵ月。それぞれの楽しみ方を見つけて、アニメで明日への活力を養おう!

  • タツノコプロ55周年記念アニメ『Infini‐T Force』界堂笑(CV:茅野愛衣)

    タツノコ新作『Infini‐T Force』、芽野愛衣、花澤香菜ら出演決定!

    アニメ・コミック

     日本でアニメーションが誕生してから100周年を迎える今年。歴史の礎を築いてきたタツノコプロの創立55周年を記念したアニメ『Infini‐T Force』の放送が話題を集めている。そして、本作の追加キャストが発表され、芽野愛衣、斧アツシ、安元洋貴、平川大輔、花澤香菜ら豪華キャスト陣の出演が決定した。@@cutter アニメ『Infini‐T Force』は、タツノコプロが手がける『科学忍者隊ガッチャマン』『宇宙の騎士テッカマン』『破裏拳ポリマー』『新造人間キャシャーン』が集結したオリジナル作品。ガッチャマン(G‐1号)/鷲尾健役に関智一、テッカマン/南城二役に櫻井孝宏、ポリマー/鎧武士役に鈴村健一、キャシャーン/東鉄也役に斉藤壮馬の出演が発表されていた。  今回発表された追加キャストの一人、現代の渋谷に暮らす女子高生のヒロイン・界堂笑役の芽野は、タツノコプロの創立55周年を記念した作品でもあることから「このような記念作品に出演できることを光栄に思います!」とコメント。「ヒーローたちを愛するすべての方々の期待を裏切らないよう、しっかりと笑を演じていきたいです」と意気込みを語っている。  このほか敵キャラとして、3メートルを超える巨漢で醜悪な怪物のような姿をしたラシャ・カーン役に安元。ビジュアル系のような派手なファッションに身を包み、外国語交じりの特徴的な言葉で話すダミアン・グレイ役に平川。非常に高い戦闘力と美貌を兼ね備えたベル・リン役に花澤。全世界で起こる異変の裏で暗躍する謎の男・Z役に斧の出演が決定した。  アニメ『Infini‐T Force』は、10月より日本テレビほかにて放送スタート。

  • ガッチャマン(G‐1号)/鷲尾健『Infini‐T Force』

    タツノコ55周年記念『Infini‐T Force』ガッチャマンほかビジュアル解禁!

    アニメ・コミック

     今年で創立から55周年を迎えるタツノコプロが贈る、新作テレビアニメーション『Infini‐T Force』のキャラクターデザインとキービジュアルが解禁された。1970年代を代表する4作品『科学忍者隊ガッチャマン』『宇宙の騎士テッカマン』『破裏拳ポリマー』『新造人間キャシャーン』の主人公たちが集結する。@@cutter 本作は、タツノコプロのヒーローたちが作品の枠を超えて共闘し、悪に立ち向かうファン垂涎のフル3DCG作品。『PSYCHO‐PASS 2』のシリーズディレクターを務めた鈴木清崇が初監督として、『TIGER & BUNNY』のさとうけいいちがヒーローデザインを担当するなど、アニメ界屈指の豪華スタッフが結集する。  今回、キャラクターデザインが解禁されたのは、特殊部隊・科学忍者隊のリーダーであるガッチャマン(G‐1号)/鷲尾健(CV:関智一)。肉体を強化された装甲の超人・テッカマン/南城二(CV:櫻井孝宏)。特殊粒子スーツに身を包み“転身”するポリマー/鎧武士(CV:鈴村健一)。反乱するロボットと戦うためみずから最新鋭のアンドロイドとなったキャシャーン/東鉄也(CV:斉藤壮馬)の主要4キャラ。  また、キャラクターデザインが公開されたほか、北米最大のアニメイベント「アニメエキスポ2017」(7月1日~7月4日開催)にてワールドプレミア、フランス・パリで開催される日本文化の総合博覧会「ジャパンエキスポ2017」(7月6日~9日開催)にてヨーロッパプレミアを行うことも発表された。  アニメ『Infini‐T Force』は、10月から日本テレビほかで放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access