クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

4DX 関連記事

  • 劇場版『名探偵コナン』4DX版でシンガポールを満喫! 水や風を感じてコナンと一緒に“旅”体感

    ゲーム・アニメ

     大ヒットアニメシリーズ『名探偵コナン』の劇場版23作目『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』が、今年4月12日に公開されてから、およそ4ヵ月のときを経て、ついに4DX版の上映が決定。劇場版では初めての海外となるシンガポールを舞台に、巻き起こるめくるめくアクションを、コナンとともに体験できるとあり、4DXアトラクション“出国”上映とも呼ばれているほどだ。

  • 誰もが楽しめる『トイ・ストーリー4』4DX版、ウッディたちとリアルな冒険を堪能!

    ゲーム・アニメ

     ディズニー/ピクサーの人気シリーズ最新作『トイ・ストーリー4』が公開され、洋画アニメーション歴代NO.1のオープニング成績という記録を打ち立てた。また、4DXとしては2016年以降、日本国内で歴代最高の4DX興行収入をたたき出した『アラジン』が4DX興収5億9000万円(7月21日付/CJ 4DPLEX社調べ)を突破したが、『トイ・ストーリー4』では公開日から3日間で4DX興収が5000万円(同調べ)と好スタートを切った。おもちゃの世界での4DXの効果がどのような感覚か、先日オープンしたばかりのグランドシネマサンシャインにて、主人公ウッディたちとの冒険を4DX3D版で体験してきた。

  • 『ミュウツーの逆襲』4DX版、ポケモンたちの“心情”と“バトル”をリアルに体感

    ゲーム・アニメ

     1998年に公開された、ポケモン映画シリーズ1作目となる『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』が、フル3DCGとなって帰ってきた。さらに、4DX版も公開され、激しいバトルをでリアルに感じながら、ピカチュウとサトシの名シーンで胸も熱くなる、見どころ満載の作品となっている。

  • 『スパイダーマン』4DXエクストリーム版、座席に“水しぶき”が舞う巨大な敵との戦いにうれしい悲鳴

    エンタメ

     マーベルシリーズ最新作、トム・ホランド主演の『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』が遂に公開された。SNSでは早くも「最高」「めちゃくちゃ面白い!」「トムホの成長に泣ける」など絶賛の声が相次ぎ、スパイダーマンの躍動感、疾走感への興奮のコメントも止まらない。そして、頭の先からつま先までどっぷり体感するためには、「最強の演出レベル」と言われる4DXエクストリーム版が外せない。

  • 『アラジン』4DX版はアラジン&ジャスミンと空中浮遊で、魅惑の世界に仲間入り!

    映画

     ディズニー・アニメーションの名作『アラジン』が実写映画化され、公開初週では1位をマークし、大盛り上がりを見せている。通常の2Dでも十分楽しめる本作だが、劇中で繰り広げられる、壮大な歌とアクション、目にも鮮やかな王宮の世界を五感でしっかり体験できるのは、何といっても4DX版上映。アラジンとジャスミンとともに、魅惑のマジックカーペットで浮遊しているかのような感覚は、作品への一体感と多大なる満足感をもたらしてくれる。

  • 『名探偵ピカチュウ』4DX版はポケモンの魅力を倍増! “電光石火”の閃光&衝撃は迫力満点

    映画

     あの“ピカチュウ”がハリウッドで実写映画化され、現在公開中の『名探偵ピカチュウ』。通常の2D版だけでなく、4DX版上映は“ポケモン好き”の人はもちろん、“ポケモン好きだった大人”にも楽しめる作品となっている。ドキドキワクワクしながら、胸の奥にあった思い出と感情を掻き立てられること間違いなしだ。

  • 『劇場版 幼女戦記』4DX版、圧巻の空中戦と銃撃戦を“全身”でリアルに体感

    ゲーム・アニメ

     今年2月より公開され、好評を博しているアニメ映画、『劇場版 幼女戦記』。その4DX版上映が4月5日よりスタートし、早速体験。4DX版は、2D版とはまた違った新たな面白さが感じられ、座席の動きと共に、エアショットや光の効果もあり作品世界をより深く楽しむことができる。

  • 『Fate/stay night[HF]』第2章が4DXに! 座席の動き&風圧で迫力のバトルシーンを“体感”

    ゲーム・アニメ

     今年1月より公開された劇場版『「Fate/stay night[Heaven’s Feel]」II.lost butterfly』。『Fate』シリーズ待望の新作劇場版として、2月には動員数100万人、興行収入15億円突破し大きな話題を呼んだが、3月29日より同作の4DX版が上映されることに!いち早く体感できた4DX版は、“想像以上”だった。

  • 『スパイダーマン』4DX、自由自在に移動するスパイダーマンの“滑空”気分を体感!

    ゲーム・アニメ

     映画『スパイダーマン:スパイダーバース』が今月8日から公開され、大きな話題を呼んでいる。先月アメリカで開催された第91回アカデミー賞において長編アニメ映画賞を獲得、それも含めた前評判の高さから公開を待ちわびていた人も多いはずだし、必然的に観る前からのハードルも上がっていることだろう。しかし断言しよう、今作はそのハードルを軽々と超えてくる。そしてこの作品こそ、ぜひ4DXで観て欲しい。スパイダーマンがビルの谷間を自由自在に移動する“滑空”気分を体感することできるのだ。

  • 『アリータ』4DXで新たなる映画体験 サイボーグたちのスピード感あふれる戦いを体感

    映画

     木城ゆきと氏のSF漫画『銃夢』を、ハリウッド最先端のVFX技術を結集して実写化した映画『アリータ:バトル・エンジェル』が今月22日から公開。製作・脚本はジェームズ・キャメロン、監督はロバート・ロドリゲスという顔ぶれだけでも、この映画の“本気度”が伝わってくるが、今作ほど、4DX上映にふさわしい映画もないのでははいだろうか? 開幕と同時に体験することで、その思いは確信に変わった。

  • 『蒼穹のファフナー』4DX版は“作品の魅力を引き出す”相性の良さ 度肝を抜かれた戦闘シーンは必見

    ゲーム・アニメ

     2010年に公開された映画『蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH』が、1月18日から31日まで、全国19館ユナイテッド・シネマ系列にて4DX版の上映が決定した。これまで、『ガールズ&パンツァー 総集編』『名探偵コナン ゼロの執行人』などが4DX版として再上映されてきたが、本作は本編終了後に新作『蒼穹のファフナー THE BEYOND』のPVも4DXバージョンで特別上映される“特典付き”。今回、そんな『蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH』をいち早く4DXで体験することができた。

  • 劇場版『ヒロアカ』4DXを一足早く体感! 水、風、光…“立体的”演出されたヒーローの個性に大興奮

    映画

     昨年8月に公開され、大ヒットを記録したことも記憶に新しい劇場版『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~』。そんな“劇場版ヒロアカ”が、2019年早々、4DX版にて1月11日(金)より再びスクリーンに登場することが決定!今回、4DX版の試写会が実施され、一足早く体験することができたが、心の底から実感したのは“ヒロアカ”の世界観と4DXの相性の良さだ。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access