『トクサツガガガ』【反響】 関連記事

  • ドラマ『トクサツガガガ』に出演する倉科カナ

    倉科カナ、再びの“尻好き”発言に反響 『トクサツガガガ』第5話

    エンタメ

     女優の小芝風花が主演を務めるドラマ『トクサツガガガ』(NHK総合/毎週金曜22時)の第5話が15日に放送され、倉科カナ演じる特撮オタクの吉田が、小学生のダミアン(寺田心)に特撮ヒーローの魅力を語るシーンに、視聴者から「熱い尻推し」などの声がSNSに殺到した。@@cutter 叶(小芝)は、カメラに詳しい吉田(倉科)や北代(木南晴夏)たちオタク仲間と共に、撮影会と称して海に出かける。叶は、幼い頃絶対に特撮趣味を認めなかった母・志(松下由樹)への悔しさを皆に打ち明ける。数日後、ファストフード店で男の子用のオマケを欲しがる女の子を見た叶は、自分の子ども時代を思い出し、女の子を応援しようとある行動に出る。  撮影会当日、公園で待ち合わせていた叶と吉田の前に、叶のオタク仲間の小学3年生の“ダミアン”こと拓(寺田心)が通りかかる。吉田のカバンに『獅風怒闘ジュウショウワン』のトライガーのスイングキーホルダーが付いているのを発見したダミアンは「ボク、ジュウショウワンの中でトライガーが1番好きなんです!」と話すと、吉田は笑顔で「私も1番好きだよ」と一言。これにときめいてしまった拓は「トゥクン…」と心の声が漏れてしまう。このシーンに対してネット上には「ダミアン…ガチ恋じゃん」「トゥクンって言葉を人の口から発せられるの初めて聞いた」などの声が寄せられた。  ダミアンが吉田に「トライガーのどこが好きですか?」と笑顔で質問すると、吉田は一瞬間を置いて「尻?」と回答。第2話で「スーツは尻が命」との名ゼリフを放った彼女が特撮ヒーローの魅力を子ども相手に率直に言ってしまうこのシーンに、視聴者からは「熱い尻推し」「尻て答えてたのが、ブレてなくて好きです」「吉田さん分かるよ…」「ダミアンに尻は上級すぎる」などのツイートが殺到。一方でSNSには「尻と即答やめなさいw」「自重してw」などのツッコミも寄せられていた。

  • 『トクサツガガガ』でキレキレのダンスを披露した木南晴夏

    『トクサツガガガ』第4話 木南晴夏のキレッキレダンスに視聴者「神回」

    エンタメ

     女優の小芝風花が主演を務めるドラマ『トクサツガガガ』(NHK総合/毎週金曜22時)の第4話が放送され、木南晴夏扮するアイドルオタクの北代優子が歌とダンスを披露するシーンに視聴者から「素晴らしい!」「神回」「フリがキレてる…」などの声がSNSに殺到した。@@cutter 丹羽庭による同名コミックをドラマ化する本作は、特撮をこよなく愛するオタク、通称“特オタ”でありながらも、それを周りにひた隠しにして暮らしているOL・仲村叶(小芝)の日常を、コミカルに描いていく。  叶(小芝風花)は北代(木南晴夏)に嫌われたとしょげていた。しかし北代は、自分のオタク趣味をバラされて前の会社を辞めた過去があり、その経験から叶を敵視していたのだ。その後、叶は誤解が解けた北代と仲良くなる。北代はオタク趣味をバラした当人でケンカ別れしたみやび(吉田美佳子)と仲直りしたいと思っていた。そこで叶は、吉田(倉科カナ)や任侠さん(竹内まなぶ)を巻き込んで一肌脱ぐことに…。  北代から“ケンカ別れしたみやびとの再会に同席してほしい”と頼まれた叶は、吉田や任侠さんを誘ってみんなでカラオケに行こうと提案。全員が合流したもののカラオケ店の廊下でみやびと北代は不穏な空気に。部屋に残された叶と吉田、任侠さんが心配そうに2人を待っていると、部屋が暗くなり軽快な音楽とともに北代とみやびが「う〜みゃ~~!!」と叫びながら登場。2人は劇中に登場するアイドルグループ「Bee Boys」の楽曲『なごやめしのうた』を歌い踊る。  これまで終始ぶ然とした表情だった北代が笑顔で見事なダンスと歌を披露すると、ネット上には「いい!素晴らしい!」「北代さんのフリがキレてる…」「北代さんのキャラぶっこわれたなあ」「北代さんかわいーー」などの声が殺到。  北代とみやびと『なごやめしのうた』で仲直りすると、次は5人で『獅風怒闘ジュウショウワン』の主題歌を歌うことに。5人の一体感溢れる歌唱シーンに視聴者からは「めちゃくちゃアツいなこのカラオケ」「もう今日が最終回でいいんじゃないかな」「いや〜神回」などのツイートも寄せられていた。

  • 倉科カナ

    声に出して言いたい!? 倉科カナの“オタク名言”4選『トクサツガガガ』

    エンタメ

     特撮番組をこよなく愛する特オタ女性の日常をリアルに描き話題を集めているのが小芝風花主演のドラマ『トクサツガガガ』(NHK総合/毎週金曜22時)だ。中でも視聴者を楽しませているのが、ヒロインの同志として登場する倉科カナ演じる吉田が発する胸熱なセリフの数々。これまで吉田が放ってきたさまざまな至言の中から、思わず声に出したくなる4つの名フレーズをピックアップしたい。@@cutter■名言その1「スーツは尻が命ですから」(第2話)  ヒーローショーの会場で運命的な再会をはたした叶(小芝)に、吉田が撮りためていた推しキャラ「トライガー」の写真を見せるシーンで飛び出した名言。スーツであらわになったヒップラインへの偏愛を打ち明ける言動は、特オタ・叶への信頼の証にも読み取れる。 ■名言その2「そういうのもっとください!」(第3話)  特撮番組「獅風怒闘ジュウショウワン」に追加戦士・セロトルが登場したことで叶と吉田は大興奮。セロトルについて「ボクっ子の少年ポジって珍しいですよね」と分析する叶に、ボルテージが最高潮に達した吉田が放ったのが上の名言だ。“同好の士”を見つけた吉田の喜びがひしひしと伝わるエモいセリフ。 ■名言その3「いいシーンを狙ってもダメです! とにかくガシガシいかないと!」(第2話)  ヒーローショーをスマートフォンで撮影する叶に対して、カバンから巨大な望遠レンズ付きの一眼レフカメラを取り出し、シャッターを切りまくる吉田が言い放った言葉。普段の穏やかなトーンから一転、若干オラついた口調になるあたりに、彼女の“本気”が感じられる。 ■名言その4「関係ないと思います。好きなものに年齢とか性別とか。それはきっと自分が決めていいことだと思います」(第2話)  思いがけず美少女アニメオタクであることが判明し「キモオタでほんとサーセン!」と頭をさげる“任侠さん”こと昌明(竹内まなぶ)に、吉田が穏やかに投げかけたのがこの一言。特オタ卒業を考えていた吉田にとって、自分自身を肯定する言葉にもなるこの名言は、趣味や指向と社会の関係に悩む全ての人を励ます言葉であり、このドラマの本質を端的に表すキーワードといっても間違いない。(文:スズキヒロシ)

  • ドラマ『トクサツガガガ』で共演中の(左から)小芝風花、倉科カナ

    小芝風花&倉科カナのオタトークに「リアルすぎ」と大反響『トクサツガガガ』第3話

    エンタメ

     女優の小芝風花が主演を務めるドラマ『トクサツガガガ』(NHK総合/毎週金曜22時)の第3話が放送され、叶(小芝風花)と吉田(倉科カナ)が熱いオタトークに興じるシーンに視聴者から「反応がリアルすぎて」「言い方がガチ」「喋り方すごいリアル」などの声がSNSに殺到した。@@cutter 丹羽庭による同名コミックをドラマ化する本作は、特撮をこよなく愛するオタク、通称“特オタ”でありながらも、それを周りにひた隠しにして暮らしているOL・仲村叶(小芝)の日常を、コミカルに描いていく。  叶はオタク趣味が会社の誰かにバレたのではと不安な日々を送っていた。会社の同僚ユキ(武田玲奈)が特撮に登場した俳優のファンだと知って、叶と吉田は彼女を仲間に引き込もうと画策する。ある日、ヒーローショーに行った叶は、同僚の北代(木南晴夏)に遭遇、いい年をした大人が見苦しいとなじられてしまう。だがそんな北代には実は人に言えない秘密の趣味があった。  叶と吉田のお気に入りの特撮番組『獅風怒闘ジュウショウワン』に“追加戦士”のセロトルが登場したことから、二人はカフェでオタトークを白熱させる。叶が「やっぱり追加戦士は派手じゃないとですね!」と語ると、吉田は力強く「それ! 思いました!!」と応答。さらに叶が早口で「しかも細身でボクっ子の少年ポジって珍しいですよね?」とまくし立てると、吉田は興奮した様子で「うんうんうん!! そういうのもっとください!!!!」と一言。視聴者からは、このやりとりに対して「反応がリアルすぎて『わかるぅぅぅ!』ってなる」「『それ思いました』『そういうのもっとください』の言い方がガチwwww」「オタ女の喋り方すごいリアルww」などのツイートが殺到。  さらに叶は、セロトルが武器である弓を引くシーンを指しながら「ここも最高じゃなかったですか!? 弓!!」と笑顔で語ると、吉田は我が意を得たりといった表情で「弓!!!!」と言い放つ。このシーンに対してSNS上には「『弓』の言い方草」「『弓!!』力強すぎて笑ってしまう」「吉田さん最高」「弓キャラ最高わかるっっ」などの反響も寄せられていた。

  • 倉科カナ

    倉科カナ「スーツは尻が命」 名言連発に感動の声 『トクサツガガガ』第2話

    エンタメ

     女優の小芝風花が連続ドラマ初主演を務めるドラマ『トクサツガガガ』(NHK総合/毎週金曜22時)の第2話が放送され、倉科カナ演じる特撮オタクの女性が放った名言の数々に視聴者からは「なんという名言」「あんた神だよ!」「尊い…」などの声がSNSに殺到した。@@cutter 丹羽庭による同名コミックをドラマ化する本作は、特撮をこよなく愛するオタク、通称“特オタ”でありながらも、それを周りにひた隠しにして暮らしているOL・仲村叶(小芝)の日常を、コミカルに描いていく。  ある日突然やって来た母・志(松下由樹)から結婚について聞かれたり、ショッピングに付き合わされたりと、振り回されてしまう叶。気を取り直して、休日にヒーローショーに出かけた彼女は、電車の中で出会った年上の女性・久美(倉科カナ)と再会。特撮オタクという共通点から意気投合する2人だったが、そこに会社の同僚・チャラ彦(森永悠希)が現れ、2人はオタバレの危機に陥ってしまう…。  ヒーローショーを堪能した2人は、カフェでお茶をすることに。叶は、久美がこれまでにヒーローショーで撮影した大量のトライガーの写真を見せてもらう。写真を見ている叶が「お尻の写真ばっかり…」と指摘すると、久美は、りりしい声で「スーツは尻が命ですから」とキッパリ。このセリフに対してネット上には「なんという名言」「尻が命!」「吉田さん尻フェチだった…」などの声が多数寄せられた。  カフェを出た2人は、キャラクターグッズが充実しているものの、コワモテの店員のいる菓子店「おかしのまつもと」へ。いかつい風ぼうから、これまで叶が敬遠していた店員の昌明(竹内まなぶ)が、実は美少女アニメオタクであることが判明。動揺した昌明が「ヤバいっすよね…キモオタで…ほんと、サーセン!」と恐縮しながら頭を下げると、その姿を見た久美は真剣な表情で「関係ないと思います! 好きなモノに、性別とか、年齢とか」と噛みしめるように言葉をつむぐ。このセリフに対して視聴者からは「吉田さん、名言連発している」「あんた神だよ!」「吉田さん尊い…」「吉田さんのセリフしびれた」などのツイートが殺到した。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access