アニメ 関連記事

  • (左から)『きみと、波にのれたら』声優を務める伊藤健太郎、松本穂香

    松本穂香&伊藤健太郎、湯浅政明監督『きみと、波にのれたら』出演決定

    アニメ・コミック

     GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太と女優の川栄李奈が声優としてダブル主演を務めるアニメ映画『きみと、波にのれたら』で、女優の松本穂香と俳優の伊藤健太郎がそれぞれ、主人公・港の妹と後輩の新人消防士の声を演じることが発表された。いずれも作品のテーマを体現する重要なキャラクターとなっている。@@cutter 本作は、アニメ映画『夜明け告げるルーのうた』『夜は短し歩けよ乙女』で知られる湯浅政明監督による青春ラブストーリー。サーフィンが大好きな大学生の向水ひな子(川栄)が、海の事故で命を落とした恋人で消防士の雛罌粟港(片寄)と織りなす恋模様を描く。  松本が演じるのは、港の妹でぶっきらぼうな性格の高校生、雛罌粟洋子(ひなげし・ようこ)。声優初挑戦となった松本は「アニメの声優に挑戦してみたいとずっと思っていたので純粋にすごくうれしかったです」と話し、作品について「監督もおっしゃっていたのですが、この物語は自信のない人たちの話で、それぞれが何かを感じて、気付いて、前に進んで行くお話だと思います」と語っている。  一方、伊藤が演じるのは、港の後輩で新人消防士の川村山葵(かわむら・わさび)。以前から湯浅作品の独特の世界観やストーリーにはまっていたという伊藤は、本作についても「すごく切ないお話だと思いますが、観ている人達がどこか勇気付けられたり一緒にいる人を大切にしようと思えたり、色々考えさせられることの多い作品でもあると思います」とコメントしている。  湯浅監督は2人の役どころと演技について、「洋子は感情とは裏腹に一番強がった、ともすればステレオタイプになりがちな役柄ですが、松本さんが演じることでずっと血の通った『らしい』キャラになりました。山葵の方は素直で可愛らしい役柄ですが、情けない部分も多々あるので嫌われる可能性もありました。しかし伊藤さんが演じる事でとても愛すべき『感じのよい』キャラクターになっています」と話している。  映画『きみと、波にのれたら』は6月21日より全国公開。

  • ベン・ウィショーがパディントンの声を務めるアニメ・テレビシリーズが制作へ(※映画『パディントン』の場面写真)

    『パディントン』、CGアニメベースの子ども向けテレビシリーズが制作へ

    海外ドラマ

     ロングセラー児童小説『くまのパディントン』を実写映画化した『パディントン』。2014年の1作目と2017年の2作目に続き、俳優のベン・ウィショーがパディントンの声を務めるCGアニメベースのテレビシリーズが制作されるという。DeadlineやVarietyなどの海外メディアが報じた。@@cutter テレビドラマ版は映画版を手がけるスタジオカナルと、子供向けチャンネルのニコロデオンが進めているとのことだ。映画版プロデューサーのデヴィッド・ハイマンが指揮を取り、映画版の製作陣が参加するという。  テレビシリーズは未就学児を対象にして、映画版よりも若いパディントンの日々の冒険を描くとのこと。オープニングとエンディングは、ブラウン一家と暮らすパディントンがウィンザー・ガーデンから毎日、日々の出来事や冒険、学びについて、ルーシーおばさんに手紙を書いているというスタイルを取るという。  現在、すでに制作が進められており、テレビアニメ『ミッフィーのぼうけん』のアダム・ショーが監督を務める。脚本は海外ドラマ『ウェイステッド』のジョン・フォスターとジェームズ・ラモントが執筆する。  映画版『パディントン』シリーズは第3弾企画が進行中だ。 

  • 『劇場版 トリニティセブン ‐天空図書館と真紅の魔王‐』3月29日(金)公開

    『劇場版 トリニティセブン』第2弾、バトルアクション必見の予告編公開 新キャラも解禁

    アニメ・コミック

     人気シリーズ最新作『劇場版 トリニティセブン』第2弾のタイトルが『劇場版 トリニティセブン ‐天空図書館と真紅の魔王‐』に決定し、あわせて、バトルシーン盛り沢山の本予告が公開。また、本作初登場となるアビィス・トリニティ役を前野智昭、黒皇剣ジュデッカ役を伊藤静が演じることがわかった。@@cutter 本作は、シリーズ累計330万部を超えるコミックス『トリニティセブン』を原作としたアニメの劇場版第2弾。魔王の素質を持つ主人公・春日アラタと、彼を取り巻く「トリニティセブン」と呼ばれる7人の美少女魔道士たちによる、スタイリッシュ魔道バトルアクションが描かれ、2014年にTVシリーズが放送、2017年には劇場版第1弾が公開されている。  公開された本予告では、「さよなら、リリスーー。」というキャッチコピーのもと、魔王の娘として囚われたリリスを救うべく、最強魔王のアビィス・トリニティに立ち向かうアラタと、トリニティセブンたちによるバトルアクションがふんだんに盛り込まれた。さらに、新キャラクターであり前野演じる、リリスの父と名乗る最強魔王のアビィス・トリニティと打倒アビィスの重要なアイテムとして、伊藤が演じることとなった黒皇剣ジュデッカの活躍にも注目したい。  また、お披露目されたメインビジュアルは、キャラクターデザイン・総作画監督を務める友岡新平による描き下ろしで、アビィスに囚われたリリスと、これまでになく真剣な表情を見せるアラタを筆頭とする、トリニティセブンの仲間たちが描かれている。  『劇場版 トリニティセブン ‐天空図書館と真紅の魔王‐』は、3月29日より全国公開。

  • TVアニメ『キンプリ』ゲスト声優発表

    『キンプリ』TVアニメ版、4月8日より放送開始! ゲスト声優も解禁

    アニメ・コミック

     『KING OF PRISM』シリーズ最新作『KING OF PRISM ‐Shiny Seven Stars‐』のTVアニメ版が、テレビ東京ほかにて4月8日から放送されることが決定。あわせて、第2話、第3話に出演する豪華ゲスト声優として、白石涼子、山寺宏一、久川綾、麦人らが発表された。@@cutter 本作は、同シリーズ初となるTVアニメ版。シリーズは、プリズムスタァを目指す個性豊かな男の子たちが、女の子をもっともトキめかせる“プリズムキング”を目指してさまざまな試練や困難に立ち向かっていくストーリーで、フィギュアスケート、歌、ダンス、そして心の飛躍を表現するプリズムジャンプを組み合わせた“プリズムショー”が話題となっている。  初回は、シリーズ初心者も楽しめる特別企画『「KING OF PRISM ‐Shiny Seven Stars‐」30分でわかるキンプリ』を放送。視聴者がセリフを音読して参加できるシーンとしてお馴染みの“プリズムアフレコ”など、シリーズならではの楽しみ方を岩井勇気(ハライチ)、サンシャイン池崎らと一緒に学ぶことができる。  また今回、第2話・第3話のゲスト声優と設定画も解禁。太刀花ユキノジョウと香賀美タイガの家族らも公開され、それぞれの幼少期が描かれることも明らかになった。ゲスト声優には、ユキノジョウの母・紫子(節子)を久川、祖父・雪翁を麦人、ユキノジョウの幼少期を白石、父・菊右衛門(菊也)は前シリーズから引き続き山寺が演じる。加えて、香賀美タイガの家族はタイガの出身地になぞらえて青森出身のキャストで固められており、父・広大を高橋英則、母・朗香(ほがらか)を棟方真梨子、姉・大空を山本希望が演じ、タイガの幼少期は田村睦心が務める。  TVアニメ『KING OF PRISM ‐Shiny Seven Stars‐』は、4月8日からテレビ東京、テレビ愛知、テレビ大阪にて、4月10日からBSテレ東にて放送開始。

  • (左から)山崎貴、堀井雄二

    山崎貴総監督『ドラゴンクエスト』フル3DCGアニメーション映画化

    アニメ・コミック

     日本を代表するロールプレイングゲーム『ドラゴンクエスト』が、VFXの第一人者である山崎貴の総監督により『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』として初めてフル3DCGアニメ映画化され、8月2日より全国公開される。@@cutter 『ドラゴンクエスト』は1986年の第1作発売以来、80を超える作品が発表され、シリーズ累計の出荷・ダウンロード販売本数が7800万本を突破した国民的ロールプレイングゲーム(RPG)。本作はその中で、“親子三代にわたって魔王を倒す”“結婚相手を選ぶ”等、大河ドラマのような人生を体感できる作品として愛され続ける『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』(1992年発売)のストーリーが原案となっている。映画『ALWAYS 三丁目の夕日シリーズ』や『永遠の0』の監督を務めた山崎が総監督・脚本、『ドラクエ』生みの親であるゲームデザイナー堀井雄二が原作・監修を手掛ける。音楽も『ドラクエ』でおなじみのすぎやまこういちが担当する。監督を務めるのは、『STAND BY ME ドラえもん』で山崎と共同監督を務めた八木竜一。  堀井によると、30年前に『ドラゴンクエストIII』が社会現象を巻き起こしたときにも漫画化や映画化の話があったが、当時はゲームとしての話をそのまま別の形で表現しても面白さに欠けるだろうと思って断ったという。しかし、その後ゲームの表現も増え、『ドラゴンクエストIV』以降はキャラクターを立てストーリー性をさらに重視したことで気持ちが変化。「作品に対して思い出もいっぱいあるので、追体験が出来る映画化もアリかもしれないと思っていた頃にこのお話が来た」と振り返る。  堀井は『ドラゴンクエストV』について、「一人の人間が子どもから青年へと成長し、そして親となり、自分の子どもが魔王を倒すという人生そのものを描きました」としたうえで、本作について「昔から『ドラゴンクエスト』を愛してくれているファンの方にも観てもらいたいですし、まだ『ドラゴンクエスト』を知らない人にも観てもらってゲームに触れてもらえたら嬉しいですね」と語っている。  山崎総監督は製作に当たり、“理想的な実写化”を目指して多くの『ドラクエ』ファンに取材したという。「皆さん凄く真剣に語ってくれるので、それが励みにもなりつつ、こんな熱量の人たちを相手にしなくてはいけないのか……と少し恐ろしくもなりました(笑)」としつつ、「『ドラゴンクエストV』の中には人生そのものが描かれています。ですから僕はこの作品を青春映画にしたいと思っています」と話している。  映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は8月2日より全国公開。

  • 映画『チェブラーシカ 動物園へ行く』場面写真

    『チェブラーシカ 動物園へ行く』かわいすぎ! 場面写真一挙解禁

    アニメ・コミック

     ロシア生まれのキャラクター、チェブラーシカを描く短編アニメーション映画『チェブラーシカ 動物園へ行く』より、かわいい姿が満載の場面写真が一挙解禁された。@@cutter 本作は、人一倍頑張り屋さんで優しく、思いやりたっぷりなチェブラーシカの魅力が詰まった最新短編。動物園で“ワニ”として働くゲーナが風邪をひいてしまい、人気者のワニがいなくなって困る動物園の仲間たち。そこでチェブラーシカは、友だちの代わりに“ワニ”として働くことになる。  ロシアでは1969年~1983年にかけて、合計4本のチェブラーシカの短編映画を製作。2010年、中村誠監督が27年ぶりとなる新作『劇場版 チェブラーシカ』を撮り、日本国内で30万人を動員するヒットを記録した。そして今回、中村監督が、再びチェブラーシカをオリジナルストーリーで製作したのが本作となる。主人公のチェブラーシカの声を声優の折笠富美子が担当。脚本作りの段階から、原作者のエデゥアルド・ウスペンスキーも参加している。  同作品は、2016年よりスローシネマという上映活動をスタートし、各地で上映会が行われてきたが、チケットの完売が続出するなど好評を博したことから、パペットアニメーション映画『ちえりとチェリー』の同時上映という形で、全国での公開が決定した。  今回解禁された場面写真は、チェブラーシカの最初の友だちとなるワニのゲーナが登場する場面を中心に4点。風邪で寝ているゲーナをドアから心配そうに見つめるチェブラーシカ、ゲーナが何かを語るアップ写真、ゲーナとチェブラーシカが仲良く並んで座る姿のほか、動物園の前でチェブラーシカがキリンのアニュータやライオンのレフらと一緒に立つ姿が収められている。  映画『チェブラーシカ 動物園へ行く』は全国のイオンシネマにて2月15日より2週間限定公開。

  • 『まちカドまぞく』がTVアニメ化決定!

    女子高生VS魔法少女を描く『まちカドまぞく』、TVアニメ化決定

    アニメ・コミック

     月刊4コマ漫画雑誌「まんがタイムきららキャラット」(芳文社)にて連載中の漫画『まちカドまぞく』のTVアニメ化が決定し、ビジュアルが公開された。本作は、ある日突然「魔族」の力に目覚めた主人公の女子高生が、自身と敵対する光の一族に選ばれし同級生の「魔法少女」に立ち向かう“ファンタジック系コメディ”だ。@@cutter 伊藤いづもが「まんがタイムきららキャラット」(芳文社)にて連載中の『まちカドまぞく』。闇の一族の末裔であり、ある日突然「魔族」としての力が覚醒した主人公・吉田優子は、同級生であり、ご町内に住む「魔法少女」を倒すことが任務だった。ツノと尻尾は生えたけど、力は普通の女の子以下な優子が、“月4万円生活の呪い”解除めざして奮闘する様子が描かれる。  また、TVアニメ化決定と同時に公開されたビジュアルには、「打倒 魔法少女!!」を掲げた「魔族」の少女と、彼女が戦いを挑む「魔法少女」の姿をみることができる。  TVアニメ『まちカドまぞく』は、TBS・BS‐TBSにて放送予定。

  • 『ペット2』マックス役の設楽統(バナナマン)

    『ペット2』バナナマン&永作博美&佐藤栞里の続投決定 最新映像到着

    アニメ・コミック

     飼い主の知らないペットたちの日常をユーモラスに描くアニメーション映画『ペット』の最新作『ペット2』より、前作の日本語吹き替え版で主人公マックスを演じたバナナマンの設楽統、相棒デュークを演じた日村勇紀ら声優陣が続投することが発表された。併せて、物語の始まりを描いた最新映像が公開された。@@cutter 2016年に公開された前作『ペット』は、飼い主が留守にしている間のペットたちの日常をユーモラスに描く物語と、個性豊かで愛くるしいペットのキャラクターたちが話題となり、全米公開時にはオリジナル・アニメーション映画史上最高の全米オープニング興収、そしてイルミネーション・エンターテインメント作品史上No.1の全米興収を記録。日本でも映画『ジュラシック・ワールド』を超え、ユニバーサル・ピクチャーズ作品史上No.1初日興収を叩き出し、2016年の洋画成績ランキングでは4位にランクインしている。そんな前作で大活躍した個性豊かなペットのキャラクターたちが、本作でも再び登場する。  バナナマンの2人のほか、佐藤栞里が2匹の飼い主ケイティ役、永作博美がペット仲間の太った猫クロエ役を続投することも明かされた。  設楽は、今回の続投決定に「特に家族には自慢できますから!」と喜びのコメント。前作の大ヒットを受け「(声優を務めるのは)約3年振りですが、めちゃめちゃプレッシャーですよね。まだまだこれからもどんどん感じるんじゃないかなと思いますけど、作品が素晴らしいのでその辺は大丈夫だと思います!」と作品の質には全幅の信頼をおいている様子。これからのアフレコについては「前作では、収録後半からすごくノっていって、ゾーンに入ったみたいな時があったので、今作は前半からゾーンに入れるよう、最初からマックスになりきりたい思います!」と気合い十分だ。 今回解禁された特別映像は、本作の物語の始まりとなる、マックスが飼い主のケイティと共に病院を訪れるシーンからスタート。散歩だと思って外出したマックスが連れていかれたのは、なんと行動障害の名医がいる病院。病院の待合室に入ると、強烈な個性のペットたちが次々と登場する。  「僕、行動障害じゃないんだけど」と話すマックスに「オレもだ。おかしいのは人間のほうさ」と語る情緒不安定な猫。同じ場所を走っているのに、同じ場所にいることに疑問を抱くハムスター。思い込みが激しく勝手に不安になる犬。「火、つけちゃうんだよー」と不気味に笑顔を見せる双子猫。最後には「おかしなやつばっか」「あら、もっとおかしくなるわよ」という犬と猫の会話で映像は幕を閉じる。マックスは病院でどのように診断されるのか。今回はどのような大騒動が起こるのか。新たな展開に期待がふくらむ映像となっている。  映画『ペット2』は今夏全国公開。

  • 主要マンガ賞4冠受賞の話題作『BEASTARS』が、待望のTVアニメ化!

    マンガ大賞第1位『BEASTARS』、TVアニメ化決定 ティザーPV解禁

    アニメ・コミック

     「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)にて連載中のコミックで、肉食獣と草食獣が共存する世界を描く『BEASTARS』が、TVアニメ化されることが決定し、あわせてティザーPVがお披露目となった。本PVの制作は、『宝石の国』を手掛けたオレンジが担当している。@@cutter 板垣巴留による同名コミックは、「マンガ大賞2018」第1位にはじまり、主要マンガ賞4冠と、数々の賞を総なめにした話題作。新才能が紡ぐ、差別、愛、弱さ、希望…珠玉の動物版ヒューマンドラマが描かれる。  制作は、日本最高峰のCG技術を有し、『宝石の国』でも知られるオレンジが担当。公開されたティザーPVは、原作のカットから始まり、中盤には主人公、雄のハイイロオオカミ・レゴシと、ドワーフ種の雌ウサギ・ハルとの印象的な出会いのシーンがアニメーション映像で再現され、緊迫感あふれる演出と圧倒的なクオリティで、実際の仕上がりにも期待が持てる映像となっている。

  • アニメ『ULTRAMAN』キャスト発表 ヒーロー&異星人の場面写真も公開

    アニメ『ULTRAMAN』キャスト発表 ヒーロー&異星人の場面写真も公開

    アニメ・コミック

     神山健治×荒牧伸志のダブル監督体制でフル3DCGアニメ化される『ULTRAMAN』のキャストが発表され、木村良平、江口拓也、潘めぐみ、田中秀幸、津田健次郎らが出演することがわかった。津田は「今までのウルトラマンを知っている人、ウルトラマンに触れた事の無い人、どんな人でも楽しめる作品になっていると思います」とコメント。また、本作に登場するヒーロー&異星人の場面写真も公開された。@@cutter アニメ『ULTRAMAN』は、「月刊ヒーローズ」で連載中の人気コミックスが原作。物語の舞台は、かつて、ウルトラマンが巨大な怪獣や侵略異星人から危機を救った地球。科学特捜隊の早田隊員と同化していたウルトラマンは、その使命を終え、地球を去ってから時は過ぎ、人類は繁栄の時代を迎えていた。しかし、それは表向きの平和に過ぎなかった…。そんな中、早田進の息子・進次郎は、父がかつてウルトラマンであったことを知る。そして進次郎は、科学特捜隊の井手によって開発されたウルトラマンスーツを着用し、地球で暗躍する宇宙人たちとの戦いを繰り広げようとする。  監督は、『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズで知られる神山と、『APPLESEED』の荒牧によるダブル体制。キャストには木村(早田進次郎役)、江口(諸星弾役)、潘(北斗星司役)、田中(早田進役)、津田(アダド役)のほか、諸星すみれ(佐山レナ役)、魚建(井手光弘役)、牛山茂(エド役)、竹内良太(ジャック役)、花輪英司(遠藤庸介役)、関戸博一(倉田役)、白石稔(白石役)、曽世海司(ベムラー役)が名を連ねる。  出演にあたって木村は、「音もアクションも、もちろんストーリーも、きっとみなさんに驚いていただけるはず。楽しんでもらえるはず。早くお届けしたいです!」と明かし、潘は「北斗星司役という、この言葉の重み、歴史、愛情を一身に受け止めて戦います」とコメント。津田は「僕はミステリアスな役を演じさせて頂きました。大切にしたいポイントを教えて頂き、後は自由に演じさせて貰えました。魅力的なキャラクターを演じるのは楽しいです。今までの魅力、新しい魅力、どちらも内包する新しいウルトラマン、是非観て下さい」とメッセージを寄せている。  さらに今回、「ULTRAMAN」「SEVEN」「ACE」の姿や、登場する異星人たちのカットが多数解禁。作中で繰り広げられる激闘の様子が確認できると同時に、Production I.G×SOLA DIGITAL ARTS制作によるメタリックな質感や、細やかなディテールにも期待が高まる仕上がりとなっている。  アニメ『ULTRAMAN』は、4月1日からNetflixにて世界同時配信開始。

  • SFサバイバル『彼方のアストラ』TVアニメ化決定 ディザービジュアル解禁

    SFサバイバル『彼方のアストラ』TVアニメ化決定 ディザービジュアル解禁

    アニメ・コミック

     「週刊少年ジャンプ」で連載された『SKET DANCE』の作者・篠原健太によるSFサバイバル『彼方のアストラ』が、TVアニメ化されることが決定した。併せて、宇宙を背景にしたティザービジュアルの公開とともに、篠原から「今から楽しみでなりません」と喜びのコメントが寄せられている。@@cutter 本作は、「少年ジャンプ+」で連載され、「このマンガがすごい!2019 オトコ編 第3位」を獲得した人気作品。物語は、宇宙への往来が当たり前になった近未来で、9名の少年少女たちが惑星キャンプへと旅立つ。宇宙旅行に胸を躍らせながら出発した彼らを待ち受ける、予想外の事態とは…。  アニメ化が発表された本作の監督には、TVアニメ『がっこうぐらし!』『クズの本懐』で知られる安藤正臣。シリーズ構成は『がっこうぐらし!』の原作者・海法紀光、キャラクターデザインは『あそびあそばせ』の黒澤桂子が務める。  また、アニメーション制作は『キノの旅 - the Beautiful World - the Animated Series』『このはな綺譚』などを手掛けたLercheが担当する。公開されたティザービジュアルには、メインの2人に加え、今後お披露目となるであろうキャラクターたちがシルエットで描かれている。  今回の決定に篠原は「企画を考える段階から『アニメ化されたらいいなぁ』とキャラの髪やコスチュームをカラフルに設定するなど密かな企みが見られ、アニメ化されなかったら人知れず泣いているところでした」と明かし、「微力ながら僕もシナリオや絵のチェックなどお手伝いさせていただいております。色がつき、音がつき、動きがつくことで輝きを増す彼らの冒険が今から楽しみでなりません」と仕上がりに期待を寄せている。

  • 『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』主題歌を歌うあいみょん

    あいみょんの夢かなう!『映画クレヨンしんちゃん』主題歌書き下ろし

    アニメ・コミック

     シンガソングライターのあいみょんが、『映画クレヨンしんちゃん』シリーズの最新作『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』の主題歌を務めることが分かった。『クレヨンしんちゃん』の熱烈なファンだというあいみょんは、主題歌を担当することについて「一生の宝物」と喜びを語っている。@@cutter 劇場版27作目となる本作では、新婚旅行に行ってなかったひろし&みさえが、激安新婚旅行ツアーでオーストラリアに家族旅行。しかし、ひろしが謎の仮面族にさらわれてしまう。“お宝のカギ=ひろし”を巡り、野原一家と、仮面族と、世界中から集まったトレジャーハンターたちによる、争奪戦が勃発。しんのすけは、とーちゃんを奪還し無事に春日部に帰ることができるのか…!?  子どもの頃に『オトナ帝国の逆襲』と出会って以来大のしんちゃんファンで、「女性シンガーソングライターの中で、たぶん私が一番しんちゃんを好きです!」と宣言するあいみょん。男性目線で歌詞を書くことの多いあいみょんは、今作が野原ひろしとみさえの“いまさらの新婚旅行”を描いていることから、原作やレギュラー放送の中で描かれた「ひろしのみさえへのプロポーズ」に着想を得て、「ひろし目線」で今作の主題歌「ハルノヒ」を書き下ろした。  あいみょんは「小さい頃から大好きだった。と、言いますととてもありきたりだとは思うのですが、その大好きな想いを私なりに楽曲でどうにか伝えられたらな。と心から思い、今回のテーマが『家族の愛』と聞いて、野原一家の誕生の物語を楽曲で描けたら!と考えました」と曲に込めた思いを明かす。  続けて「クレヨンしんちゃんはいつも、家族の繋ぐ糸の強さや幸せを教えてくれます。もちろん、カスカベ防衛隊のみんなとの絆も。時には間違いつまずくことも。作品から伝わるメッセージに心を打たれます」と作品の魅力を熱弁。最後に「本当に今回の映画に携われて幸せでした。一生の宝物をありがとうございます。書き下ろしさせて頂いた『ハルノヒ』が沢山の場所に届きますように」とメッセージを寄せている。  『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』は4月19日より全国公開。

  • 細田守監督『未来のミライ』、米アニー賞受賞「驚きと感謝の気持ちでいっぱい」

    細田守監督『未来のミライ』、米アニー賞受賞「驚きと感謝の気持ちでいっぱい」

    アニメ・コミック

     細田守監督の長編アニメ映画『未来のミライ』が、現地時間2日に米ロサンゼルスで開催された第46回アニー賞にて、長編インディペンデント作品賞を受賞した。授賞式に参加した細田監督は、「驚きと感謝の気持ちでいっぱい」と喜びを明かしている。@@cutter 「アニメ界のアカデミー賞」とも呼ばれるアニー賞は1972年にスタート。長編インディペンデント作品賞は2015年に創設され、45分以上の上映時間および米国での劇場公開が1000館未満の作品が対象で、同賞の日本人監督作品の受賞は初の快挙となる。  細田監督は「名前を呼ばれたときに驚きましたが、本当に嬉しかったです。この映画は私の子供をモデルにしたプライベートな作品なんですが、こんなに小さな作品が世界を網羅する大きな賞をいただき、世界中の人と手をつなぐことができた、気持ちが通じ合えたということに、驚きと感謝の気持ちでいっぱいです。日本のとある普通の家族の話が、いろんな国の人たちに届き、観ていただけたということを光栄に思います。『未来のミライ』を観てくださった人たち、スタジオ地図のみんな、そして奥さんと子どもたちに感謝しています。どうもありがとう」とコメントしている。  『未来のミライ』は、未来からやって来た妹のミライちゃんと、“小さな兄”くんちゃんの冒険と絆を描くファンタジー作品。現地時間、24日に発表される米アカデミー賞の長編アニメーション賞にもノミネートされている。  『未来のミライ』ブルーレイ&DVDは、発売およびレンタル中。

  • (左から)山崎育三郎、河北麻友子

    『名探偵コナン 紺青の拳』ゲスト声優に山崎育三郎&河北麻友子 セリフはほぼ英語

    アニメ・コミック

     俳優の山崎育三郎とモデルの河北麻友子が、劇場版第23弾『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』のゲスト声優として出演することが決定。2人は、物語の舞台となるシンガポールでコナンと敵対する重要なキャラクターを演じる。@@cutter 本作は、原作コミックスの全世界累計発行部数が2億3000万部を突破した『名探偵コナン』の劇場版第23弾。前作の劇場版第22弾『名探偵コナン ゼロの執行人』は、シリーズ最高興行収入91.8億円を記録し、第17弾の『絶海の探偵(プライベートアイ)』以降、6作品連続でシリーズ最高記録を更新している。  最新作となる本作は、劇場版史上初となる海外・シンガポールを舞台に、19世紀末に海底に沈んだとされる世界最大のブルーサファイア「紺青の拳」を巡り、コナンと、彼の宿命のライバル・怪盗キッド、さらに劇場版初登場となる400戦無敗の“最強の空手家”京極真が三つ巴のバトルを繰り広げる。  本作で山崎が演じるのは、“シンガポールの名探偵”と呼ばれ、コナンと怪盗キッドの前に立ちはだかる犯罪行動心理学者で実業家のレオン・ロー。河北はそのレオンをサポートする美人秘書のレイチェル・チェオングを演じる。2人が出演するパートの大部分は英語のセリフだという。  山崎は「謎めいている部分が多い役ですが、魅力的に演じたいと思います。コナン君と敵対するということですが、コナン君は何でも解決してしまうので、ギリギリのところまで追い込んでいきたいです」と抱負を語る。続けて「高校二年生のときに、アメリカのミズーリ州というところに一年留学していましたが、英語での演技やセリフは頑張らなければいけないので、河北さん、発音とかいろいろ教えてください!」とアフレコで河北を頼っていることを明かした。  一方、河北は「(自身が演じる)レイチェルは日本語と英語、どちらも使うので知的な役どころかなと思います」と役柄を分析。続けて「私は生まれも育ちもニューヨークで、16歳までニューヨークに住んでいました。英語には自信があります!」と胸を張るも「事務所の先輩の上戸彩さんが出演された前作がすごい(興行収入)記録なので、(スタッフの方に)めちゃめちゃプレッシャーをかけられてますけど…(笑)」と重圧を感じていることも明かした。  劇場版『名探偵コナン 紺青の拳』は4月12日より全国公開。

  • 『映画プリキュア ミラクルユニバース』

    梶裕貴&成瀬瑛美ら『映画プリキュア』メッセージ動画公開

    アニメ・コミック

     映画『プリキュアミラクルユニバース』の公式ツイッターが1日、“プリキュアの日”応援RTキャンペーンの一環ででんぱ組.incの成瀬瑛美、梶裕貴らのメッセージ動画を公開した。@@cutter 2004年のテレビアニメ『ふたりはプリキュア』放送開始以来、「困難にぶつかっても諦めずにひたむきに頑張る少女たちの物語」を紡いできた『プリキュア』シリーズ。2018年で15周年を迎え、2019年2月3日からはテレビ版の『スター☆トゥインクルプリキュア』(ABCテレビ・テレビ朝日系列)がスタートし、3月16日には劇場版最新作『映画プリキュア ミラクルユニバース』が公開される。  キュアスター/星奈ひかるを演じる成瀬は「たくさんの応援ありがとうございます!」と感謝の気持ちを述べた後、新シリーズ『スター☆トゥインクルプリキュア』について「この作品は本当にキラキラ度MAXの作品です! 皆の心を絶対にハッピーにしちゃうから、お楽しみにね!」とアピール。  一方、『映画プリキュア ミラクルユニバース』のゲスト声優として宇宙警備隊のヤンゴを演じ、シリーズ初出演となる梶は「プリキュアの日、おめでとうございます!」と元気にあいさつ。映画の応援に使用するミラクルライトをとりだし「こういうので皆さん応援できますから、特別な回に呼んで頂けてすごく嬉しい」と、こちらも感謝の言葉を口にした。また、9つ下の妹と初代プリキュアを一緒に見ていたことを明かし、「是非映画も見にきていただけると嬉しいなと思っております」と力強く語っている。  その他にもキュアミルキー/羽衣ララを演じる小原好美、キュアソレイユ/天宮えれなを演じる安野希世乃、キュアセレーネ/香久矢まどかを演じる小松未可子の動画も公開されており、シリーズファンからの大きな反響を呼んでいる。  『映画プリキュア ミラクルユニバース』は3月16日公開。

  • 唯一の女性スパイダーマンであるグウェン・ステイシー/スパイダー・グウェン

    『スパイダーマン:スパイダーバース』スパイダー・グウェンの素顔初公開 本編解禁

    アニメ・コミック

     第91回アカデミー賞の長編アニメーション賞にノミネートされた映画『スパイダーマン:スパイダーバース』から、唯一の女性スパイダーマンであるグウェン・ステイシー/スパイダー・グウェンの初登場場面を映し出す本編特別映像が解禁された。白と黒、そしてピンクに彩られたスパイダースーツを身に着け、バレリーナのような優雅さとロックスターのようなクールさを併せ持つスイングシーンとともに、マスクを外したグウェンの素顔を捉えている。@@cutter 本作は、ニューヨークを舞台に新たなCGアニメ映像で描かれる、往年の人気シリーズ“スパイダーマン”の新作。主人公は名門私立校に通う中学生マイルス・モラレス。自分自身の力をまだうまくコントロールできないマイルスが、長年スパイダーマンとして活躍するピーター・パーカーを師とし、さまざまな壁にぶつかりながら一人前のスパイダーマンとして成長していく姿を描く。  少年マイルスの住む世界には、闇社会に君臨するキングピンによって歪められた時空から、全く異なる次元=ユニバースで活躍するさまざまなスパイダーマンたちが集まる。その一人が女性スパイダーマンであるティーンエイジャーのスパイダー・グウェンだ。  特別映像では、マイルスとピーターの前に姿を現したスパイダー・グウェンがマスクを外して素顔を見せ、「別の次元から来た」と自己紹介する場面が映し出される。彼女は自分の世界ではドラマーであり、音楽やバレエを愛してきたため、スパイダーマンとしてのスーパーパワーに加え、バレリーナのような優雅さとロックスターのようなクールさでスイングや宙返りを繰り出す。悪人相手に戦っているときにはタフで勇敢なファイターだが、自分の世界でつらい別れを経験したことから、他人と親しくなることを恐れているという繊細なアイディンティーも併せ持っている。  スパイダーウーマンの突然の出現を目の当たりにして「スパイダーマンは何人?!」と戸惑うマイルスに、「コミコンで聞け!」とピーターが軽口を叩く陽気な掛け合いも見どころだ。  映画『スパイダーマン:スパイダーバース』は3月8日より全国公開。

  • Netflix オリジナルシリーズ『リラックマとカオルさん』場面写真

    『リラックマとカオルさん』ほのぼのかわいい場面写真3点解禁

    アニメ・コミック

     癒しキャラとして幅広い層から支持されるリラックマ初のストップモーションアニメ『リラックマとカオルさん』(Netflix/4月19日より配信)から、場面写真が解禁。写真は、リラックマとその仲間たち、彼らと一緒に暮らすアラサー女性・カオルさんのほのぼのとしたかわいい姿が、細部までこだわったセットの中で写し出されたものとなっている。@@cutter 『リラックマとカオルさん』は、世界最大級のオンラインストリーミングサービスを提供するNetflixが手掛ける、優しくて少しほろ苦いアニメ作品。都内の小さな商社で働くごく普通のOLで、ちょっとトボけたアラサー女性のカオルさんは、いつの間にか住み着いたリラックマ、コリラックマ、掃除が大好きなキイロイトリと暮らしている。真面目なことに少々コンプレックスを抱いているカオルさんと、呑気にだららんと生活するリラックマたちが過ごす色とりどりの12ヵ月をストップモーションで描く。カオルさんの声を、女優の多部未華子が担当する。  リラックマは、2003年の登場以来常にキャラクター人気ランキングに登場し、数々の商品化や各業界の企業キャンペーンなどにも採用されているキャラクター。背中にチャックがあるが、中身は秘密。好物はホットケーキ、オムライス、プリン、だんごなど。どこからともなく現れた白くて小さなクマの子・コリラックマと、カオルさんのペットのキイロイトリが仲間。  今回解禁された場面写真は3点。1つ目は、友人たちとのお花見にウキウキし、得意な料理の腕をふるうカオルさんと、重箱に詰められる美味しそうなおかずをじっと見つめるリラックマたちの姿を捉えたもの。コリラックマが思わずつまみ食いをしようとして、カオルさんにたしなめられている。  2つ目は、カオルさんとリラックマが、何かを真剣に探してパソコンの画面を見ている場面。3つ目は、物憂げなカオルさんと、いつも通りのんびり過ごすリラックマたちの姿を捉えたもの。窓から差し込む優しい光が、リラックマたちの柔らかい質感を際立たせている。どの写真も、光の加減や、ちょっとした首の傾げ方でセリフがないクマたちの感情を表現する一方、細部までこだわったセットからカオルさんの性格まで伝わる、製作スタッフの情熱が感じられるものとなっている。  Netflixオリジナルアニメ『リラックマとカオルさん』は、Netflixにて4月19日から全世界同時配信。

  • 『トイ・ストーリー4』キャラクタービジュアル

    『トイ・ストーリー4』19年振り初代ヒロイン再登場&キャラクタービジュアル解禁

    アニメ・コミック

     ディズニー/ピクサーのアニメーション映画最新作『トイ・ストーリー4』に、同シリーズの初代ヒロイン、羊飼い人形のおもちゃボー・ピープが19年ぶりに再登場することが分かった。声優にはシリーズで同役を務めた戸田恵子が続投する。併せて、おもちゃたちのクールなキャラクタービジュアルも解禁された。@@cutter 1995年の第1作目公開時、世界で初めてとなる長編フルCGデジタルアニメーション映像で多くの観客を驚かせた『トイ・ストーリー』。大学生になったアンディ(おもちゃたちの持ち主)とウッディやバズたちの別れが描かれた前作『トイ・ストーリー3』は、第83回アカデミー賞長編アニメ賞を含む2部門で受賞し、日本では興行収入100億円を超える大ヒットを記録した。  最新作『トイ・ストーリー4』は、新キャラクターのフォーキー、ダッキー&バニーが登場すること以外、ストーリーについては一切明かされていない。  『トイ・ストーリー』『トイ・ストーリー2』でボー・ピープ役を演じた戸田は、「前作ではレックスのセリフでしか出演が無かったので、寂しかったのですが、19年ぶりに大好きな『トイ・ストーリー』に戻ってこれて、とても嬉しいです」と、再登場について喜びのコメント。また「世界中で愛されていて、子供から大人までたくさんの人が楽しみにしている作品なので、期待を裏切らないように、ボー・ピープを演じたいと思っています」と、新作への意気込みを語った。  今回解禁となったビジュアルでは、戸田が演じるボー・ピープをはじめ、おなじみのウッディとバズ・ライトイヤー、新キャラクターで物語のキーマンと噂されるフォーキー、さらに先日公開された特別映像で『トイ・ストーリー』をいじりまくったふわふわコンビ、ダッキー&バニーが登場。ピクサーには「過去作を上回る“語るべき物語”がある場合以外は続編を作らない」という信念があるが、おもちゃたちが見せるクールな表情は、物語のドラマティックな展開を期待させる仕上がりとなっている。  映画『トイ・ストーリー4』は7月12日より全国公開。

  • 映画『劇場版シティーハンター <プライベート・アイズ>』完成披露試写会に登場した飯豊まりえ

    飯豊まりえ、『シティーハンター』での声優に喜び「親孝行です」

    アニメ・コミック

     チュートリアルの徳井義実、女優の飯豊まりえが、29日に都内で開催された『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』上映前プレスイベント&完成披露試写会に、声優の神谷明、伊倉一恵、一龍齋春水、小山茉美、北条司(原作)、こだま兼嗣監督と共に出席した。@@cutter 1985年に「週刊少年ジャンプ」で連載開始となり、発行部数が全世界で5000万部を超える北条のコミックを基にする本作は、法で裁けぬ悪と闘う「シティーハンター」こと冴羽りょう(神谷)の活躍を描く。飯豊はりょうにボディガードを依頼するモデル・女子大生の進藤亜衣を、徳井は個性的なファッションデザイナーのコニータに声を吹き込んだ。  イベントで徳井は、バブリーな雰囲気が漂う女性たちを従えて登場し「みんなでもっこりしようじゃないか!」と女好きとして知られるりょうになり切っていたものの、飯豊の「イベントの空気、読まんかい!」というツッコミとともに、おなじみの100tハンマーを喰らうことに。徳井は「もっこりー!」と絶叫して会場を沸かせた。  飯豊は20年ぶりの新作となる本作への出演について「母がもう、『シティーハンター』の大ファンです! 親孝行です。20年前に、私ちょうど生まれたんですよ。だからなんか、すごく不思議です」とニッコリ。「ワンシーン、ちょっと聞いただけで『やったぁ』と思いました」と絶賛する神谷が、隠れて収録を見守っていたことを知った際の心境については「ちょっとでも一緒の空気を吸えているということが、本当にうれしかったです。一生忘れない出来事でした」と感慨深そうに語った。  一方の徳井は役柄について「意外とね、あの~…やりやすいの。コントなんかでもしょっちゅうこうやってやっているから。すぐ入るの」と、オネエ口調で振り返り、神谷や飯豊たちを笑わせていた。  映画『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』は2月8日より全国公開。

  • あだち充『MIX』アニメ化、立花投馬役に梶裕貴! キービジュアルも解禁

    あだち充『MIX』アニメ化、立花投馬役に梶裕貴! キービジュアルも解禁

    アニメ・コミック

     4月から読売テレビ・日本テレビ系にて放送スタートするTVアニメ『MIX(ミックス)』より、キービジュアル第1弾がお披露目。さらに、立花投馬役として梶裕貴の出演が決定し、喜びのコメントが到着した。@@cutter 『MIX(ミックス)』は、『みゆき』『タッチ』『H2』をはじめ、世代を超えた不朽の名作を描き続ける漫画家・あだち充によるコミック最新作だ。「ゲッサン」(小学館月刊少年サンデー)で連載され、コミックスは既刊13巻で累計発行部数750万部以上。2月12日には、最新14巻が発売となる。  物語の舞台は『タッチ』の主人公・上杉達也が在籍していた明青学園の30年後。親の再婚により血のつながらない兄弟となった立花投馬と立花走一郎が、明青学園で甲子園を目指す様子が描かれる。  このたび梶が演じることとなった立花投馬は、13歳の右投げ右打ち投手。幼くして母を亡くし、父親が走一郎の母親と再婚したため、走一郎、音美と義理の兄弟になる。出演が決まった際、梶は「あだち充先生作品で、しかも明青のピッチャー役として出演させていただけるなんて夢のようです。昨年、とある仕事で『タッチ』の主人公・上杉達也役の三ツ矢雄二さんの生台詞を聴けたことにご利益があったのかもしれません!」と喜びを露わにしている。  さらに梶は、自身が演じる投馬について「さとり感やゆとり感のある、現代っ子らしい男の子」と語り、「どこか上杉達也に共通する飄々とした性格が憎めない、可愛らしい人だと思います」とコメント。また演技について「『青春ドラマ』と『野球』のどちらも本作の魅力。少年らしいバカっぽさやどこか抜けている愛らしさを軸に据えつつ、マウンドに立ったときの底知れない存在感をしっかりと出していければなと思っています。同時に、走一郎や音美、春夏とのリアルな思春期具合も大切にしていきたいです」と意気込みをアピールしている。最後にファンへ向けて「心を込めて投馬を演じていきたいと思います。4月の放送を楽しみにお待ちください!」とメッセージを残している。  TVアニメ『MIX(ミックス)』は、読売テレビ・日本テレビ系にて4月より毎週土曜17時30分より放送。

  • 「eSPORTS国際チャレンジカップ ~日本代表vsアジア選抜~」の様子

    「JAEPO×闘会議×JeSU 2019」来場者8万人超え! e‐Sportに観客熱狂

    アニメ・コミック

     ゲームイベントの合同展「JAEPO×闘会議×JeSU 2019」が1月26日・27日に千葉・幕張メッセで開催され、2日間でのべ84,214人が来場。国内でも注目を集めているゲーム競技e‐Sportをはじめ、ゲストを招いてのトークショーや体験コーナー、さらにコスプレイヤーたちも人気キャラクターに扮して参加し、会場を華やかに彩った。@@cutter 同イベントは、最新アーケードゲームの展示会「ジャパン アミューズメント エキスポ2019」、ゲームファンとゲーム大会の祭典「闘会議 2019」、e‐Sports大会「eSPORTS国際チャレンジカップ~日本選抜 VS アジア選抜~」の合同開催。e-Sport観戦や体験ゲーム、アナログゲームなど、ゲームを主体としたバラエティ豊かな内容で展開された  「eSPORTS国際チャレンジカップ ~日本代表vsアジア選抜~」は、ゲームをスポーツ競技として捉える「e‐Sport」の国際大会。日本選抜チームとアジア選抜チームが「オーバーウォッチ」、「鉄拳7」、「ウイニングイレブン 2019」、「ストリートファイターV」の4種目で勝負を行い、観客はプロゲーマーたちの真剣勝負を固唾を飲みながら見守っていた。 @@insert1  PlayStationブースではFPSゲーム「コール オブ デューティ ブラックオプス4」の大会が行われ、通路に溢れんばかりの立ち見客が。ほかにも、セガ・インタラクティブやコナミのブースでは最新ゲームも体験できるとあり多くの来場客が足を止め、「ゲーム実況ステージ」では安田大サーカスのクロちゃんとタレントの朝日奈央を招いたトークショーも湧きたった。 @@insert2 @@insert3  一方、アナログゲームエリアでは懐かしのカードゲームやボードゲームが設置され、親子で楽しむ姿も。企画ブースの「踊ってみたエリア」では参加者が一体となって踊っていたほか、コスプレエリアではコスプレイヤーたちがそれぞれ自慢の衣装で好きなキャラクターに扮して参加。ファンも長い列を作って撮影するなど、各々のスタイルでゲームやその世界観との触れ合いを楽しんでいた。

  • 4月放送の『フルーツバスケット』ティザービジュアル公開

    『フルーツバスケット』全編アニメ化、キャスト&ビジュアル解禁

    アニメ・コミック

     完全新キャスト&スタッフによる全編アニメ化が決定し、2019年放送予定の『フルーツバスケット』より、ティザービジュアルが公開。併せて、キャスト陣も解禁となり、石見舞菜香、島崎信長、内田雄馬、中村悠一らが発表された。@@cutter 本作は、高屋奈月が「花とゆめ」(白泉社)にて、1998年から2006年まで連載した同名の少女漫画が原作。全世界コミックス累計発行部数は3000万部を突破し、全23巻、愛蔵版は全12巻刊行しており、2001年にテレビ東京系でTVアニメ(全26話放送)が放送され、連載終了から10年経った今でも根強い人気を誇っている。  主人公・本田透は、唯一の家族だった母親を亡くしてから一人でテント暮らしをしていた。ところが、テントを張ったその場所は由緒正しい『草摩家』の敷地内だった。草摩紫呉に家事の腕を買われた透は、学校の王子様的存在の草摩由希、そして由希を敵視する草摩夾と一緒に住むことに。しかし、透はまだ知らない。『草摩家』が何百年も前からある呪いに縛られていることを…。  キャストは、石見(本田透役)、島崎(草摩紫呉役)、内田(草摩夾役)、中村(草摩紫呉役)に加え、釘宮理恵(草摩楽羅役)、潘めぐみ(草摩紅葉役)、古川慎(草摩はつ春役/※“はつ”はさんずいに發)も発表された。また、公開されたビジュアルでは、紫呉の家で透、由希、夾、紫呉の4人で楽しく食卓を囲み、ますます家族らしくなっていく様子が描かれている。    本作は、原作者・高屋による総監修のもと、監督を井端義秀、シリーズ構成は岸本卓、キャラクターデザインは進藤優が務め、アニメーション制作はトムス・エンタテインメントが担当する。  TVアニメ『フルーツバスケット』はテレビ東京・テレビ大阪ほかにて2019年4月放送開始。

  • 「闘会議2019」コスプレイヤー(左から)電脳少女シロに扮する空良檸檬さん、『バイオハザード2』のエイダ・ウォンに扮する天音ありぃさん、『ポケットモンスター』のピカチュウに扮するなまえちゃんさん(写真:ナカムラヨシノーブ)

    【写真特集】「闘会議2019」を彩った美女コスプレイヤー!

    アニメ・コミック

     ゲームファンとゲーム大会の祭典「闘会議2019」が、1月26日・27日に幕張メッセで開催された。コスプレエリアではおのおの好きなゲームキャラクターなどに扮した美女コスプレイヤーたちが登場! 会場を盛り上げていた。(写真:ナカムラヨシノーブ)

  • TVアニメ『ダイヤのA actII』、沢村栄純と御幸一也が叫ぶディザービジュアル公開

    『ダイヤのA actII』TVアニメ化、沢村栄純と御幸一也が叫ぶディザービジュアル公開

    アニメ・コミック

     漫画『ダイヤのA』の続編となる、『ダイヤのA actII』のTVアニメ化が決定。出演は、逢坂良太、櫻井孝宏らに加え、新たに由井薫役の村瀬歩、浅田浩文役の畠中祐のキャストも発表され、ティザービジュアルがお披露目となった。@@cutter 『ダイヤのA』は、週刊少年マガジン(講談社刊)にて連載され、主人公・沢村栄純が名門野球高校で甲子園出場をめざし成長していく姿を描いた高校野球漫画。2013年10月から2016年3月まで、TVアニメ版が放送された。そして、その続編として同誌で連載中の『ダイヤのA actII』では、沢村を中心とした高校球児たちの新たな物語が紡がれる。  キャストは、逢坂良太、島崎信長、櫻井孝宏、内田雄馬、浅沼晋太郎、花江夏樹、武内駿輔、山下大輝、村瀬歩、畠中祐ら豪華声優陣が集結。また、解禁となったティザービジュアルでは、ピッチャーの沢村とキャッチャー御幸の2人が汗を流し、拳を突き上げて叫ぶ、力強いビジュアルとなっている。  TVアニメ『ダイヤのA actII』は2019年放送。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access