エディ・レッドメイン 関連記事

  • 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』初出し場面写真

    ジュード・ロウの魅力満載『ファンタビ』ダンブルドア先生のカット公開

    映 画

     エディ・レッドメインが主演を務め、ジョニー・デップらが共演する映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』から、ジュード・ロウ演じる若かりし頃のダンブルドア先生の姿を捉えた場面カットが解禁された。@@cutter ハリー・ポッター魔法シリーズ最新作となる本作では、シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュート(エディ)に最強の敵が登場。ある日、ニュートは魔法界と人間界を脅かす「黒い魔法使い」グリンデルバルド(ジョニー)が逃げ出したことを知る。ホグワーツの恩師ダンブルドア先生から彼を追うことを託されたニュートは、仲間や魔法動物たちとともにパリへ向かうが、グリンデルバルドは言葉巧みに賛同者を増やし、勢力を広げていた。果たしてニュートたちはこの最大の危機から世界を救えるのか。  ジュードは端麗な容姿と才能で一躍名を馳せたイギリス出身の俳優。“セクシーなダンブルドア”と言われることについて、ジュードは「僕が女性だったとして、みんなに『セクシーな誰々だ』とか、『デリシャスだ』とか言われたら…。きっと裁判沙汰にしているよ。権利は平等に! セクシーでデリシャスはやめよう。僕の演技については話してくれないじゃないか(笑)」とジョークを交えてコメント。  続けて、リチャード・ハリスやマイケル・ガンボンらによる過去のダンブルドア像を少しずつ取り入れつつ、“これまでに経験したさまざまな出来事をかみ締めながら生き、他人の支配を受けない人物”という新たなダンブルドア先生を作り上げたと語る。ジュードは「これはどのキャラクターにも言えることだけど、最終的には彼が素晴らしいキャラクターであるということに尽きるね。そして原作やこれまでの映画に出てくるから、彼についてはかなり知られている。これこそが大変興味深い点だ。彼は複雑で、さまざまな側面がある。彼にはさまざまな色彩が見られるんだ」と、役柄の魅力を明かしている。  解禁された全5点の場面カットでは、ホグワーツの教え子の前で杖を使った魔法を披露するダンブルドア先生、教え子に茶目っ気のある顔をみせるダンブルドア先生、真剣なまなざしの横顔や英国紳士らしいハット姿など、ジュード演じるダンブルドア先生のさまざまな表情を捉えている。  映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は全国公開中。

  • 映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ワールドツアーファイナルプレミアinJAPAN レッドカーペットイベントに登場したエディ・レッドメイン

    エディ・レッドメイン、気になるニュートの恋の行方は「複雑なんだ」

    映 画

     『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の公開を前に、主演のエディ・レッドメイン、ジュード・ロウら主要キャストがそろって来日。21日に都内でレッドカーペットイベントが開催された。@@cutter 来日したのはエディ、若き日のダンブルドアを演じるジュード、先日のUKプレミアで第一子妊娠をサプライズで発表したキャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、クローディア・キム。  さらに日本からゲストとして、ハリー・ポッター魔法ワールド公式アンバサダーを務める桐谷美玲、本シリーズのアンバサダー・芦田愛菜、吹替版声優の宮野真守、森川智之、さらに同シリーズのファンを公言している小関裕太、ダンテ・カーヴァーらも来場した。  大歓声に迎えられたエディは「アリガトウ!」と日本語でファンに語りかけ「前作から2年間、秘密をずっと守り続けてようやく日本のみなさんにそれを明かせる時が来ました」と満面の笑みを浮かべた。ニュートとティナの恋の行方も気になるところだが、エディが口を開こうとすると、キャサリンが「シー!」と制し、これにはエディも「ちょっと複雑なんだ」と肩をすくめた。キャサリンは「みなさん、いつか2人が結ばれるだろうと想像していると思うけど、(原作者の)J.K.ローリングはそこに到る旅路をゆっくりと共有してくれているの」と説明した。  ジュードも「コンバンハ!」と日本語で挨拶し、本シリーズへの出演を「僕のキャリアにおけるハイライトになったと思う」と満足そうにうなずいた。さらに客席を見渡し「コスプレをしてくれている人が多いけど、次の機会にはぜひダンブルドアのようなひげを生やしてほしいな。いまから生やせばきっと間に合うよ!」と茶目っ気たっぷりに語り、笑いを誘っていた。  桐谷も芦田も、魔法ワールドの本物の住人たちを前に大興奮。2人は造形美術監督ピエール・ボハナの手による世界にひとつだけの杖を手にしていたが、桐谷は「犬に向かって『アクシオ!(※遠くのものを引き寄せる呪文)』とやってみました。来なかったですけど(笑)」と語り、会場は笑いに包まれていた。  映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は、11月23日公開。

  • 桐谷美玲とエディ・レッドメインが2ショット! 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ロンドンプレミアにて

    桐谷美玲、『ファンタビ』ロンドンプレミアでE・レッドメインと2ショット

    映 画

     『ハリー・ポッター』シリーズの最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のUKプレミアが14日(日本時間)、魔法ワールドのお膝元であるロンドンで開催。公式アンバサダーの桐谷美玲も特別招待で参加し、主人公ニュート役のエディ・レッドメインと念願の初対面を果たした。@@cutter 海外プレミアへの参加は初めての桐谷は「エディとお話できて、写真を撮ってもらえて、宝物です。ものすごく紳士で優しくて、飾らない感じがニュートそのものでした」と、夢のひとときを振り返った。間近を通るダンブルドア先生役のジュード・ロウにも「スタイリッシュでカッコ良かった!」と感動。黒い魔法使いグリンデルバルド役のジョニー・デップには会えなかったが、「作品の中で堪能しているので! 悪役だけど、やっぱりカッコいいなあと思います」と魅了されたようで、「思っていた以上でした! 楽しかったです!」とプレミアを満喫した様子だった。  エディは世界を飛び回るニュートのように、パリに続いてのプレミア。「(原作者の)J.Kローリングがロンドン出身だからか、いつも情熱的でエネルギッシュで素晴らしいよ。アメージングだね」と、パリとはまた違うプレミアの雰囲気を楽しんでいた。共演のジョニーについては「僕にとって、彼と共演する一番大きなシーンは、最後に彼が魔法使いの集会で何千人もの前でスピーチをするシーン。大胆なパフォーマンスをすると同時に、誘惑的で魅力的なキャラクターを演じているんだ。俳優の視点として、ここに感動したね」と敬意を表した。  レッドカーペットではエディらキャスト陣がファンたちと握手をしたりサインをしたり、観客とともにカウントダウンをしたりと、キャストと観客が一体となって盛り上がりを見せた。  『ハリー・ポッター』シリーズ最新作の本作では、シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュートに最強の敵が登場。ある日、ニュートは魔法界と人間界を脅かす「黒い魔法使い」グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。ホグワーツの恩師ダンブルドア先生から彼を追うことを託されたニュートは、仲間や魔法動物たちとともにパリへ向かう。  映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は11月23日より全国公開。

  • 『ファンタビ』最新作、“3面スクリーン”ScreenX版公開決定 270度視界の迫力映像公開

    『ファンタビ』最新作、“3面スクリーン”ScreenX版公開決定 270度視界の迫力映像公開

    映 画

     エディ・レッドメインが主演を務め、ジョニー・デップやジュード・ロウが共演する映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が、公開初日となる11月23日より、3面マルチスクリーンScreenXシアターにて上映されることが決定し、併せて予告映像が公開された。3面ワイドスクリーンでの約2分20秒間の予告映像では、いち早く迫力の映像を観ることができる。@@cutter ハリー・ポッター魔法シリーズ最新作となる本作では、シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュートに、最強の敵が登場する。ある日、ニュートは魔法界と人間界を脅かす「黒い魔法使い」グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。ホグワーツの恩師ダンブルドア先生から彼を追うことを託されたニュートは、仲間や魔法動物たちとともにパリへ。しかし、パリではグリンデルバルドが言葉巧みに賛同者を増やし、勢力を広げており、その手はついに仲間たちにまで…果たしてニュートと仲間たちはこの最大の危機から世界を救えるのか。 @@insert1  ScreenX版では、ニューヨーク、ロンドン、パリまで行き来するシーンが、正面スクリーンを超えて左右にも広がっていき、3面スクリーンで“まるごと”楽しむことができる。また、収監中のグリンデルバルドが移送されるシーンは、雨の夜空の背景はもちろん、馬車の外側や内側までが3面スクリーンで映写される。  さらに集会の場面では、詰めかけた数百人の魔法使いが、観客を取り囲んでいるかのように映し出され、魔法を使った対決シーンでは、グリンデルバルドが放つ炎が3面から迫ってくる。  CGV ScreenXスタジオのクリエイティブ・ディレクターは「独創的な魔法動物の姿と魔法ワールドの背景を3面スクリーンを通して華やかに表現するという、難易度の高い作業を行いました。ファンタジージャンルの作品とScreenXのコラボネーションによって誕生した数々の名シーンをぜひ楽しんでいただきたいです」とコメントしている。  映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は11月23日より全国公開。  3面スクリーンで270度の視界すべてで鑑賞することができるScreenX版は、ユナイテッド・シネマアクアシティお台場(東京)、ユナイテッド・シネマ福岡ももち(福岡)、シネマサンシャインかほく(石川)、シネマサンシャイン下関(山口)にて上映。

  • 映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』メインカット

    エディ・レッドメイン&ジュード・ロウら『ファンタビ』キャスト来日決定

    映 画

     ハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の日本公開を前に、主役ニュートを演じるアカデミー賞受賞俳優のエディ・レッドメインら主要キャストが来日することが決定。エディとダンブルドア先生を演じるジュード・ロウからグリーティング映像が届いた。@@cutter 来日するのはエディをはじめ、ダンブルドア先生役のジュード・ロウ、ニュートに惹かれる魔法使いティナ役のキャサリン・ウォーターストン、ティナの妹で美しい魔法使いクイニー役のアリソン・スドル、クイニーと心を通わせるパン屋を営む人間のジェイコブ役のダン・フォグラーの5人。  5人は東京都内で11月21日に開かれるジャパンプレミアと、翌22日の公開前夜祭ファンイベント「スペシャルファンナイト」に、それぞれ出席する。「スペシャルファンナイト」では、ファンからの質問にキャストが答える時間も設けられる。  前作以来、約2年ぶり4回目の来日となる主演のエディ。グリーティング映像では、エディが「11月に日本に行くのを楽しみにしています! 今回はダンブルドア先生を連れて行きます!」と話すと、隣に座っているジュードが「ダンブルドアです!」とカメラ目線であいさつ。さらにエディは、「日本のみなさん 杖の準備はいい? 日本中に魔法をかけに行きます!」と語りかけている。  映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は11月23日より全国公開。

  • 映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ティザーポスタービジュアル

    『ファンタビ』最新作、“魔法動物”“新キャラ”登場の日本版予告公開

    映 画

     エディ・レッドメイン主演、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ共演の映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』から日本版予告編映像が到着。公開された予告編では、新たな魔法動物や豪華キャストの活躍を確認することができる。@@cutter 『ハリー・ポッター』の新シリーズとして、全世界約900億円の興行収入を叩き出した『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。最新作となる本作では、ロンドンとパリを舞台に、魔法動物学者のニュート(エディ・レッドメイン)が、ダンブルドア(ジュード・ロウ)と共に、強大な敵の魔法使い・グリンデルバルド(ジョニー・デップ)に立ち向かっていく。  このたび解禁になった日本版予告編では、前作でも活躍したキラキラしたものを集めるのが大好きなニフラーや、ニュートの相棒ボウトラックルのピケットほか、水中を駆け抜けるケルピーやフクロウのような姿をしたオーグリーなど、新たな魔法動物たちの活躍をフィーチャー。  さらに前作で出会った仲間であるティナ(キャサリン・ウォーターストン)、ジェイコブ(ダン・フォグラー)、クイニー(アリソン・スドル)に加え、ニュートとともに戦う若き日のダンブルドアや、生きていたクリーデンス(エズラ・ミラー)の姿も収められている。そして“史上最強の黒い魔法使い”ことグリンデルバルトが圧倒的な存在感を発揮。全員主役級の豪華キャストの活躍に、本編への期待が高まる予告編に仕上がっている。  予告編の解禁と併せて映画のティザーポスタービジュアルも公開。背中合わせに立つ、険しい表情のニュートとダンブルドアの姿を大胆に配置したポスターは、グリンデルバルトとの激しい戦いを予感させるデザインに。また8月1日からは「魔法動物“ニフラー”のふわふわコインポーチ」付き前売り券の発売も開始される。  映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は11月23日より全国公開。

  • 『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』メイン写真

    アードマン・アニメーションズ最新作『アーリーマン』、7月公開決定

    アニメ・コミック

     『ひつじのショーン』などで知られるアードマン・アニメーションズが手がける最新アニメ映画『EARLY MAN(原題)』が、『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』の邦題で7月に公開されることが決定。ティザーポスタ―ビジュアルとメイン写真が併せて解禁となった。@@cutter 本作は、『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』等の作品でアカデミー賞に4度輝いたアードマン・アニメーションズが制作する新作ストップモーション・アニメーション。  先史時代の昔、原始人(アーリーマン)の少年・ダグと相棒のブタ・ホグノブたちが暮らす小さな谷間を、ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿率いる軍隊が生産物の青銅を奪うべく強襲。故郷を追われたダグたちは、ブロンズ・エイジ・シティで崇拝されている“サッカー”というスポーツでヌース卿に対抗しようとする。  『リリーのすべて』のエディ・レッドメインが主人公・ダグの声を演じるほか、『マイティ・ソー バトルロイヤル』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のトム・ヒドルストンがヌース卿の、本作のメガホンを取るニック・パーク監督自身がホグノブの声をそれぞれ担当する。加えて、メイジー・ウィリアムズ、ティモシー・スポールらも出演している。  今回解禁されたポスタービジュアルでは、サッカーボールを小脇に抱えたダグがホグノブを引き連れ、太古のサッカースタジアムと思しき場所に立つ姿を活写。メイン写真では、ダグが石槍を手に、ホグノブと森の中で何かを探す様子をとらえている。  ニック監督は「脚本だけでも3年以上かかっています」と、本作が大変な難産だったと告白。「まるで映画を2回作っているような気持ちになります!」と嘆息しつつも、「でもそれだけの価値があるのです」と出来栄えに太鼓判を押していた。  映画『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』は7月より全国公開。

  • 長男が誕生したエディ・レッドメインと妻のハンナ

    エディ・レッドメイン、第2子の男児が誕生 ルークと命名

    セレブ&ゴシップ

     映画『レ・ミゼラブル』や『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の人気俳優エディ・レッドメインが、2児のパパになった。現地時間10日に2人目の子供となる長男が誕生したことを新聞で公表したという。@@cutter 2014年に結婚した妻ハンナとの間に、2016年6月に誕生した現在1歳9ヵ月の長女アイリスちゃんがいるエディ。Us Weeklyによると、婚約を発表した英紙London Timesに「2018年3月10日、ハンナ(・バグショー)とエドワードに息子、ルーク・リチャード・バグショーが誕生。アイリスの弟です」と、息子の誕生を知らせる案内を掲載して報告したという。  エディは代理人を通じて2017年11月に、ハンナが第2子を妊娠したことを公表していた。アイリスちゃんの時も生まれるまで性別を知らなかったというエディとハンナ。2月に米トーク番組『Live With Kelly and Ryan(原題)』に出演したエディは、「(第2子の性別は)分からないんだ。先に知るつもりもないよ」と話しており、生まれてくる子供のために男の子と女の子の名前を1つずつ、ハンナと一緒に選んだことを明かしていた。

  • スティーヴン・ホーキング博士が死去

    スティーヴン・ホーキング博士が死去、エディ・レッドメインら追悼

    セレブ&ゴシップ

     「車いすの物理学者」として世界的に知られているイギリスの宇宙物理学者スティーヴン・ホーキング博士が現地時間14日、ケンブリッジの自宅で死去した。享年76歳。ホーキング博士の訃報を受け、映画『博士と彼女のセオリー』で若き日の博士を演じた俳優エディ・レッドメインやベネディクト・カンバーバッチなど、多くのハリウッドセレブから追悼メッセージが寄せられている。E!NewsやBBCなどの海外メディアが伝えた。@@cutter 「ホーキング放射」や「ブラックホール蒸発理論」などで知られるホーキング博士は、20代の時に難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症しながらも、宇宙の謎を解明する研究に生涯を捧げた。ホーキング博士の3人の子供は、共同声明の中で「親愛なる父が本日、死去したことを深く悲しんでいます。父は偉大な科学者であり、素晴らしい人でした。彼の功績とレガシーはこれからも刻まれ続けるでしょう」とコメントした。  ユーモアにあふれるホーキング博士はハリウッドでも人気を博し、人気アニメ『シンプソンズ』や海外ドラマ『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』などに本人役でゲスト出演した。  映画『博士と彼女のセオリー』で若き日のホーキング博士を演じ、アカデミー賞主演男優賞に輝いたエディは「僕たちは美しい心を持った素晴らしい科学者を失いました。彼は僕が出会った人の中でも最高に面白い人でした。彼の素晴らしいご家族にお悔やみ申し上げます」と声明を発表。テレビ映画『ホーキング』で博士を演じたベネディクトも声明の中で、「彼は大衆科学という新たな出版ジャンルの立役者でした。博士とマルガリータを飲んだ日々を恋しく思いますが、あなたの人生とあなたのおかげで私たちが理解できた事を祝して、星に向かって献杯したいと思います」とコメントし、ホーキング博士を偲んだ。  他にも、バラク・オバマ元米大統領が「星に囲まれて楽しんで下さい」とツイート。『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』のキャストや、歌手ケイティ・ペリー、映画『ホーム・アローン』シリーズの元子役マコーレー・カルキンなど、多くのセレブがSNSを通じて追悼メッセージを送っている。

  • 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』

    あの魔法学校も登場!『ファンタビ』新作の初映像解禁

    映 画

     11月23日公開の映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』から、初映像となる予告編が世界一斉解禁された。そこには若き日のダンブルドア先生やホグワーツ魔法魔術学校などが初登場し、約2分ながら壮大な冒険の始まりを予感させる映像となっている。@@cutter 『ハリー・ポッター』の新シリーズとして、全世界約900億円の興行収入を叩き出した『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の最新作の舞台は、ロンドンとパリ。イギリスに戻った魔法動物学者の主人公ニュート(エディ・レッドメイン)は、強大な敵の魔法使い・グリンデルバルド(ジョニー・デップ)が逃げ出したことを知る。魔法界、そして人間界をも脅かしかねない彼を追い、ニュートはダンブルドア先生(ジュード・ロウ)と共に、魔法動物(=ビースト)たちを引き連れてパリに向かう。  今回の映像は、前作に登場しなかったハリー・ポッターたちの学び舎・ホグワーツ魔法魔術学校に、魔法省の魔法使いたちがやってくるシーンから始まる。彼らが進む先にいたのは、若き日のダンブルドア先生。ニュートの行方を問いただされたダンブルドア先生の回答と態度から、二人の信頼関係がうかがえる。  さらに、ニュートの相棒の魔法動物“ボウトラックル”が走るかわいらしい姿や、ほうきで空を飛ぶ魔法使い、魔法学校の生徒たちなど、シリーズのファンにはおなじみのシーンも。前作でニュートが出会ったニューヨークの魔法使いティナ(キャサリン・ウォーターストン)、ティナの妹の魔法使いクイニー(アリソン・スドル)、魔法が使えない普通の人間ジェイコブ(ダン・フォグラー)ら仲間たちの姿もしっかり映っている。  今作でダンブルドア先生を演じるのは、アカデミー賞に2度ノミネートされた経歴を持つイギリスの名優ジュード・ロウ。物語の鍵を握るグリンデルバルド役のジョニー・デップの怪演にも期待が集まる。  『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は11月23日より全国公開。

  • 映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』エディ・レッドメインの特別メッセージ映像上映決定

    『ファンタスティック・ビースト』E・レッドメインからの特別メッセージを劇場上映

    映 画

     『ハリー・ポッター』に続く魔法シリーズの最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の特別映像が、12月1日から劇場で上映されることが分かった。主人公“ニュート・スキャマンダー”演じるエディ・レッドメインから日本のファンにだけ向けたスペシャルメッセージとなっている。@@cutter 本作は、『ハリー・ポッター』シリーズの生みの親であるJ・K・ローリングが脚本を務め、同じ世界観で描かれるファンタジーアドベンチャー。シリーズ1作目『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は世界中で約900億円の興行収入を記録し、日本でも73.5億円の大ヒットとなった。第2弾となる本作の舞台は、前作のニューヨークからロンドンの魔法界へと移り、さらにはパリへ展開される。  キャストは、前作に続き闇払いのティナを演じるキャサリン・ウォーターストン、妹クイニーのアリソン・スドル、シリーズ初の人間ジェイコブに扮するダン・フォグラーが続投するほか、新たに“若き日”のダンブルドア先生役でジュード・ロウ、ニュートの兄テセウス・スキャマンダー役に抜擢されたカラム・ターナーらが加わる。  今回到着した特別映像には、ロンドンで撮影中のエディが、劇中の衣装を着てニュートの姿で登場。日本のためだけに向けたメッセージとなっており、詳細はベールに包まれているが、「2018年の冬、一緒に冒険しましょう!」というコメントのみ明かされている。    映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』特別予告は、12月1日より全国劇場(※一部劇場除く)で上映。映画は2018年冬に全国公開。

  • エディ・レッドメイン&フェリシティ・ジョーンズ、新作で再共演か

    『博士と彼女のセオリー』エディ・レッドメイン&フェリシティ・ジョーンズ、再共演か

    映 画

     2014年の映画『博士と彼女のセオリー』で共演した俳優エディ・レッドメインと女優フェリシティ・ジョーンズが、『ウーマン・イン・ブラック2 死の天使』のトム・ハーパー監督最新作『The Aeronauts(原題)』で再タッグを果たす可能性が出てきた。Deadlineが伝えた。@@cutter 米Amazonスタジオズ製作の『The Aeronauts(原題)』は、実話に基づくアクションアドベンチャー。1862年に熱気球に魅せられた女性パイロットのアメリア・レンと気象学者のジェームズ・グレーシャーが、気球で当時人類史上初めてという高度まで到達するも、命を危険にさらす状況に陥る。  エディとフェリシティは出演交渉に入っており、出演が決まればエディがジェームズ、フェリシティがアメリアを演じることになる。J・K・ローリングの『ハリー・ポッター』シリーズのその後を描く『ハリー・ポッターと呪いの子』の舞台劇の脚本を執筆したジャック・ソーンが、脚本を担当。  撮影は2018年春にロンドンで予定されているという。

  • 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』最新ビジュアル解禁

    『ファンタスティック・ビースト』続編、日本公開決定 ビジュアルも解禁

    映 画

     世界中で約900億円の興行収入を記録した人気シリーズの最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が、2018年冬に公開されることが決定した。併せて、エディ・レッドメイン演じる主人公の魔法使いニュート・スキャマンダーや、主要キャストが集結した最新ビジュアルが解禁された。@@cutter 本作は、人気作『ハリー・ポッター』シリーズの生みの親であるJ・K・ローリングが脚本を務め、同じ世界観で描かれるファンタジーアドベンチャー。舞台を前作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のニューヨークからロンドンの魔法界、さらにはパリへと移し、ニュートたちが新たな脅威へと立ち向かうことになる。  解禁された最新ビジュアルではニュートをはじめ、闇払いのティナ(キャサリン・ウォーターストン)、妹のクイニー(アリソン・スドル)、シリーズ初となる人間のジェイコブ(ダン・フォグラー)らおなじみの仲間たちが登場。  さらに、前作で未確認の結末を迎えた、謎めいた人物クリーデンス(エズラ・ミラー)と魔法動物に変えてしまう呪いの血の運び屋マレディクタス(クラウディア・キム)、新キャストのダンブルドア先生(ジュー ド・ロウ)、巨大な敵グリンデルバルド(ジョニー・デップ)、謎の女性リタ・レストレンジ(ゾーイ・クラビッツ)、ニュートの兄テセウス・スキャマンダー(カラム・ターナー)らもお披露目され、スケールアップした“ファンタビワールド”への想像をかき立てる。  映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は、2018年冬に全国公開。

  • エディ&ハンナ・レッドメイン夫妻に第2子

    エディ・レッドメイン、2児のパパに! 妻ハンナが妊娠を発表

    セレブ&ゴシップ

     映画『博士と彼女のセオリー』(14)でアカデミー賞主演男優賞を受賞したエディ・レッドメインが、2児のパパになるという。エディの代理人が、エディの妻ハンナが第2子を妊娠していると発表。Us WeeklyやE!Onlineなどの海外メディアが伝えた。@@cutter エディの代理人は「エディ&ハンナ・レッドメインは第2子を授かったことを喜んで発表します」と声明を通じて報告した。第2子の出産時期や性別については明らかになっていない。  エディとハンナは現地時間1日、英ロンドンで開催されたリー・アレキサンダー・マックイーン財団の「ジュエリー・シリーズ・プレビュー」イベントに出席。ハンナのお腹がほんの少し膨らんでいるのが分かるような感じだったらしい。  学生時代からの知り合いだったエディとハンナは2012年に交際をスタート。2014年12月に結婚し、2016年6月に第1子のアイリス・メリーちゃんが誕生している。

  • スパイダーマン、ロード、ファンタビ…相棒はキュートなぽっちゃり男子が最強?

    スパイダーマン、ロード、ファンタビ…相棒はキュートなぽっちゃり男子が最強?

    映 画

     アイアンマンに憧れ、アベンジャーズに入りたいと願う、スパイダーマンこと15歳の高校生ピーター・パーカー(トム・ホランド)の姿を描く映画『スパイダーマン:ホームカミング』。劇中では迫力のバトルだけでなく、ピーターとぽっちゃり体型がキュートな友人のネッド(ジェイコブ・バタロン)が見せるコミカルな掛け合いも見どころだが、実は過去に世界的ヒットを記録したハリウッド作品には、主人公とぽっちゃり男子のコンビが活躍するという意外な共通点があった。@@cutter その先駆けとなったのは、長年愛され続けている不朽の名作『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの主人公・フロド(イライジャ・ウッド)と親友のサム(ショーン・アスティン)だ。サムは『ロード・オブ・ザ・リング』で“影の功労者”との呼び声も高い、重要なキャラクターのひとり。冒険が終わるその時まで、精神も肉体も蝕まれたフロドを、自らの疲労はお構いなしに全力で救い続けた。  昨年公開され、日本でも話題を呼んだ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』でも、主人公とぽっちゃり男子の名コンビが誕生。劇中では、人見知りで控えめな魔法使いニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)と、ノー・マジ(魔法使いでない人)で根っからのお人好しなジェイコブ・コワルスキー(ダン・フォグラー)がともに冒険を繰り広げ、一見すると真逆な雰囲気を感じさせる二人は、物語の最後に大きな絆で結ばれることになった。  一方の『スパイダーマン:ホームカミング』では、ピーターとネッドが学校でも遊びでも、常に行動を共にしている。スパイダーマンの正体がピーターだという衝撃の事実を知ってしまったネッドは、誰にも言わないという約束を守りつつも、ピーターが想いを寄せるリズ(ローラ・ハリアー)が「スパイダーマン好き」であることを知ると、彼女が主催するパーティで「ピーターがスパイダーマンを連れてくる」と爆弾発言をしてしまうことも…。しかしこの発言は、ピーターとリズの仲がどうにか発展するよう願ったためで、不器用ながらも心優しい一面が垣間見える。さらにネッドは、時にスパイダーマンのピンチを助けることもある。果たして、高校生スパイダーマンとぽっちゃり男子のコンビは、どんな活躍を見せるのか?2人の関係にも注目だ。  映画『スパイダーマン:ホームカミング』は8月11日より全国ロードショー。

  • 撮影が始まったという『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』続編(※『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』場面写真)

    『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』続編、あらすじが明らかに

    映 画

     J・K・ローリング原作の人気映画『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の続編の撮影が始まり、米ワーナー・ブラザースがタイトル未定の続編のあらすじを発表した。1作目での出来事から数ヵ月経ったところから始まるという。また、『ハリー・ポッター』の原作と映画シリーズのファンを喜ばせるオマージュのようなサプライズがあるとのことだ。PeopleやEntertainment Weeklyなどが伝えた。@@cutter 逃亡したゲラート・グリンデルバルド(ジョニー・デップ)が彼に賛同する仲間を増やし、人間を貶めて魔法使いの世界を築くことを企てる。彼を止められる者がいるとしたら、それはグリンデルバルドのかつての親友アルバス・ダンブルドアだけ。ダンブルドアと彼のかつての教え子ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は新たな脅威に立ち向かうが…。  若きダンブルドア役は映画『シャーロック・ホームズ』シリーズのジュード・ロウが演じる。続編にはもちろん、ティナ・ゴールドスタイン役のキャサリン・ウォーターストン、クリーデンス・ベアボーン役のエズラ・ミラー、ジェイコブ・コワルスキー役のダン・フォグラー、クイニー・ゴールドスタイン役のアリソン・スドルらが続投する。また1作目では写真だけだったリタ・レストレンジ役の女優ゾーイ・クラヴィッツも出演する。  続編の舞台はニューヨークからロンドン、パリへと移るという。2018年11月16日より全米公開予定。

  • 『ファンタスティック・ビースト』続編で若きダンブルドア役に決まったというジュード・ロウ

    『ファンタスティック・ビースト』続編、ジュード・ロウがダンブルドア役

    映 画

     J・K・ローリング原作の人気映画『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』シリーズ。若き日のアルバス・ダンブルドアが登場すると伝えられて以来、キャスティングに注目が集まっていたが、映画『シャーロック・ホームズ』シリーズの俳優ジュード・ロウに決まったという。Varietyが報じた。@@cutter 『ハリー・ポッター』シリーズから70年ほど遡る1920年代のニューヨークが舞台だった『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』を皮切りに、五部作になるという新シリーズ。すでにジョニー・デップが悪役の魔法使いゲラート・グリンデルバルド役で出演することが明らかになっていた。  映画『ハリー・ポッター』シリーズではホグワーツ魔法魔術学校の校長で、ハリーの良き保護者だったダンブルドア。リチャード・ハリスが最初の2作で演じ、彼の死後3作目からはマイケル・ガンボンが引き継いだ。『ファンタスティック・ビースト』第2弾では変身術教授時代のダンブルドアが描かれるという。  Varietyによると、ワーナー・ブラザースはダンブルドア候補として他に、クリスチャン・ベイルやベネディクト・カンバーバッチ、マーク・ストロング、そしてハリスの息子で映画『コードネーム U.N.C.L.E.』の俳優ジャレッド・ハリスなどを検討していたという。  スピンオフシリーズの脚本を担当する原作者のローリングは、既に2作目の脚本を完成させているとのこと。舞台は別の場所に移り、暗黒の時代に突入した魔法界でニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)と彼の仲間たちは忠誠心を問われることになるという。  1作目に引き続き、デヴィッド・イェーツ監督がメガホンを取る第2弾は2018年11月16日より全米公開予定。今夏に撮影が始まるとのことだ。

  • エディ・レッドメインとの学生時代の共演秘話を語ったトム・ヒドルストン

    トム・ヒドルストン、学友エディ・レッドメイン主演の学校劇で“象の足” 役

    セレブ&ゴシップ

     映画『マイティ・ソー』シリーズのロキ役でお馴染みの人気俳優トム・ヒドルストンが、イギリスの名門イートン校に通っていた頃の秘話を語った。学校の劇で学友だった俳優エディ・レッドメインと共演したが、エディが主役を務めた一方でトムは“象の足”を“演じた”そうだ。@@cutter イギリスの人気トーク番組『The Graham Norton Show』で自虐エピソードを披露したトム。オスカー俳優エディについて「彼は当時も素晴らしい役者だったよ。彼はスターで人気があった」とべた褒めし、「僕達はE・M・フォースターの『インドへの道』の劇に出演した」と語り出した。  トムはイートン校は男子校のため、エディが演じたのは女性の主人公アデラで、劇の中にアデラが象に乗りマラバー洞窟に向かう場面があったと説明し、笑みをこぼしながら「喜んで明かすが、僕はエディが乗った象の右の前足を演じたよ」と語って観客の爆笑を誘った。  ほかの3人の生徒と一体となり、象の足となったトムは、象の胴体となるテーブルを担いだことを説明し、テーブルクロスで顔が出ていなかったことを明かしている。今やトムも押しも押されもしない大スターだ。今度はぜひ、顔の見える役でエディとの共演を果たしてほしい。

  • 2016年来日したハリウッドスターは日本で何をしていた?

    2016年来日したハリウッドスター、日本で何をしていた? 滞在中の過ごし方が判明

    映 画

     300人以上の熱烈ファンに成田空港で出迎えられた『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』御一行、羽田空港で150人のファンから歓声を浴びた『ハドソン川の奇跡』トム・ハンクスとアーロン・エッカート、息子ジェイデンと来日し、親子ともども丁寧なファンサービスが話題となった『スーサイド・スクワッド』のウィル・スミス、寿司の美味しさを熱弁した『ターザン:REBORN』のアレキサンダー・スカルスガルドなど、2016年も多くの映画スターが来日した。もちろん、メインは出演映画のPRだが、空いた時間は何をやっていたのだろうか?関係者に話を聞いた。@@cutter まずは2016年の来日傾向だが、関係者は「全盛期や東日本大震災後と比べると、かなり減っていますが、日本はまだ重要なマーケットなので、作品のキャンペーン時は必ず日本が入っているように思います」と口にし、こう付け加える。「ただ、滞在時間は確実に短くなっています。そのぶん、お忍びで行動するというより、近場で一般の人とフレンドリーに接するスターが増えてきたように感じます」。  代表的な例が、『ハドソン川の奇跡』のトム&アーロンだ。かつてのトムは青山の無印良品へショッピングに出かけたり、日本の雰囲気が味わえると評判の「六本木 炉端や」で食事をしたりと、ハリウッドスター御用達の店を訪れることが多かったが、今回は意外にも、有楽町界隈の居酒屋へ。なんと、サラリーマンと一緒に飲んでいたというのだから、一緒に飲めた人はかなり幸運な人物といえるだろう。  また、インスタグラムやツイッター、フェイスブックなどをやっているスターは、積極的に来日時の模様を公開。なかでも、『バイオハザード:ザ・ファイナル』のミラ・ジョヴォヴィッチは、インスタグラムで約150万人のフォロワーを有し、注目度は抜群。ミシュランにも載る「鮨 とかみ」、昔からデザイナーと親交のある「プラダ」での1枚のほか、数々のオフショットをアップ。ほかにも、取材で餅や銀鱈の西京焼きを食べたり、娘と一緒にネイルをしたりと、東京を楽しんだそう。@@separator 一方で、『キャロル』のPRで来日し、舞台挨拶時には「相撲レスラーの人生を演じてみたい」とジョークを飛ばしていた名女優ケイト・ブランシェットは、ちょうど大相撲1月場所が両国国技館で開催されていたこともあって、1人で観戦へ。さらに、前述の「六本木 炉端や」へ予約せずに訪れ、カウンターでひっそりと食事。静かに東京を満喫したようだ。  この他にも、日本の筆ペンが大好きなJ・J・エイブラムスは『スター・トレック BEYOND』での来日の際に筆ペンを大量買いし、『ジェイソン・ボーン』のマット・デイモンとアリシア・ヴィキャンデルは別々の来日タイミングながら、2人とも新宿のロボットレストランへ。『ジャングル・ブック』のニール・セディは初来日ということもあって、しゃぶしゃぶ、寿司、炉端焼きなど、日本食を堪能。取材を23本のほか、ジャパンプレミア、ファンイベントと大忙しだった『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のエディ・レッドメインはなかなか時間が取れず、共演者のキャサリン・ウォーターストンと談笑しながらカップケーキを食べていたのが印象的だったとのこと。  このように、様々な形で日本を楽しんでくれたハリウッドスタースターたち。来年も誰が日本を訪れ、どう過ごしてくれるのか楽しみだ。

  • ローブ姿の川島海荷と小熊美香アナウンサー

    川島海荷、ハリポタのローブ姿を披露!ファンからは「魔法をかけられたい」と反響

    エンタメ

     女優の川島海荷が20日、自身のインスタグラムを更新。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを訪れたことを明かし、『ハリー・ポッター』シリーズに登場するローブをまとった姿を公開。ファンからは「魔法をかけられたい」などの反響があった。@@cutter 川島は「明日のZIP!うみナビin USJです ご覧あれ~~」とレギュラーを務める日本テレビの情報番組「ZIP!」の収録だったことを明かしながら、同局の小熊美香アナウンサーと一緒に撮影したローブ姿を公開。  写真を見たファンからは、「海荷ちゃんに魔法をかけられたい!」「楽しそうな海ちゃん見ると幸せ」「こういうの着せたら世界一似合うわ」「可愛い!似合いすぎる」などの声が寄せられている。  先月には同番組を通じて、『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ作品で、公開中の『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』に出演している、エディ・レッドメインとダン・フォグラーに取材を行っていた川島。インスタグラムに笑顔の記念写真を投稿した川島は、「魔法世界に飛び込んだ気分でした」と振り返っていた。

  • 『ファンタビ』特別映像で“魔法学校対決”が勃発!

    『ファンタビ』魔法学校対決で火花散る!? 独占映像入手

    映 画

     ハリー・ポッターと同じ“魔法世界”を描き、大ヒットを記録している新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。初日から満席になるほどの話題作として公開中の本作だが、主人公のニュート・スキャマンダー(エディ・レッド・メイン)たちが登場する特別映像が到着した。@@cutter 同作は、おっちょこちょいで人見知りの魔法使いで、魔法動物(ビースト)学者でもあるニュートを中心に描かれるファンタジー。調査、保護を目的にビーストでいっぱいになったトランクを片手にニューヨークを訪れたニュートであったが、人間界と魔法界を股にかける事件へと巻き込まれてしまう。  今回、解禁された特別映像では、魔法力を持たないノー・マジのジェイコブ(ダン・フォグラー)が発する「魔法使いの学校があるの?」という何げない一言から“魔法学校対決”が展開。ハリーたちの先輩でもあるニュートは「世界一の学校はホグワーツだ」と応戦。しかし、クイニー(アリソン・スドル)から「ホグワーシュ(それ冗談でしょ?)」とからかわれる様子が描かれている。  映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は公開中。

  • 川島海荷、『ファンタビ』俳優エディ・レッドメインらと3ショット

    川島海荷、『ファンタビ』俳優エディ・レッドメインらと3ショット

    エンタメ

     女優の川島海荷が自身のインスタグラムに、「ハリー・ポッター」シリーズ最新作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(公開中)で主演を務めるエディ・レッドメインと、共演のダン・フォグラーとの3ショットをアップした。川島は日本テレビ系の情報番組『ZIP!』で2人に取材したそうで、「魔法世界に飛び込んだ気分でした」と振り返っている。@@cutter 新シリーズとなる『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』はハリー・ポッターと同じ魔法界が舞台。エディ演じるニュート・スキャマンダーの魔法のトランクから魔法動物たちが逃げ出すことで起こる大騒動を描く。ダンは工場労働者で、スキャマンダーと出会ったことで魔法界に深くかかわっていくジェイコブ・コワルスキー役を務める。  写真で川島は、エディに肩をがっちりと抱かれ緊張しているように見える。ファンからは「すごーい」「いいなあ」「肩組まれてる。うらやましいなあ」「エディさん、かっこよくて好き」「エディさん、会いたいっす」など羨望の声があがった。

  • 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』エディ・レッドメイン来日!

    エディ・レッドメイン来日!「“ファンタビ”のファンになって!」と熱いメッセージ

    映 画

     映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 のジャパンプレミアが21日、都内・六本木ヒルズアリーナにて行われた。主人公ニュートを演じるエディ・レッドメインをはじめ、新ヒロインのキャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラーの主要キャスト、さらにデイビッド・イェーツ監督、プロデューサーのデイビッド・ヘイマン、本作の宣伝大使を務めたDAIGOが出席した。エディは「僕らメンバー全員『ハリー・ポッター』シリーズのファンですが、この映画を観たあとは『ファンタスティック・ビースト』のファンになってください」とファンに向けて熱いメッセージを送っていた。@@cutter プレミアイベントに先駆けて行われたレッドカーペットには、エディら出演メンバーをはじめ、日本語吹替え版でニュートを務めた声優の宮野真守、ジェイコブ役の間宮康弘をはじめ、内山信二、ぐでたま、ざわちん、動物戦隊ジュウオウジャー(戦隊ヒーロー)、高橋愛、谷花音、永野(芸人)、メンタリストのDaiGo、JOY、IMALUらが参加。雨が降りしきるなか、ファンからの声援に答え、丁寧にサインや写真に応じる姿が印象的だった。  そんな熱狂的なファンの歓迎に、エディは「こうやって日本に来られてワクワクしています。日本は『ハリー・ポッター』ファンがたくさんいてくれるので大好きです。こうして雨の中、僕らを待っていてくれたことが証明していますよね」と感謝の意を述べる。  さらに、エディは壇上でキャサリンやアリソンの手をとり中央までエスコートすると「このメンバーが私たちのチームです」と挨拶。本作の魅力を聞かれると「(原作者である)J.K.ローリングの作品はスリラー、ロマンス、コメディ、温かいハートがいっぱいの作品なんです」と語っていた。  キャサリンとアリソンの女優陣は共に「東京に来ることができて光栄」と語ると、アリソンは「日本に来ることは少女の時からの夢でした。『ファンタスティック・ビースト』は私にとって特別な作品。魂を込めて演じました」と胸を張っていた。  本作は、世界的に大ヒットを遂げたファンタジー映画『ハリー・ポッター』シリーズ最新作。エディ・レッドメイン演じる魔法動物学者ニュートたちが、トランクから脱出してしまった魔法動物たちを捕獲するために奔走する姿を描く。    映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は11月23日より全国公開

  • 『ファンタビ』の杖をアメリカに持参して税関で説明に困ったというエディ・レッドメイン

    『ファンタビ』エディ・レッドメイン、“魔法の杖”を持参して税関でしどろもどろ

    セレブ&ゴシップ

     人気映画『ハリー・ポッター』の新シリーズ映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の宣伝のため、来日間近の人気俳優エディ・レッドメイン。主役の魔法物理学者ニュート・スキャマンダーがハマリ役と評価する声が高いが、プレスツアーで各国を回る中、アメリカに劇中で使用した“魔法の杖”を持参し、税関で説明に困るという墓穴を掘ったそうだ。@@cutter エディは海外サイトAOL Buildとのインタビューで、ニュートが持っているようなスーツケースを所有していることを明かした。「僕のは、つまらない物で詰まっているけどね。メモとかノートとか」と語ったエディ。「でも今は旅行の時にスーツケースを持ち歩くか迷っている。“ニュート・スキャマンダーがスーツケースを持っているから君も持ち歩くことにしたんだ”と思われてしまうかもしれないし」と、スーツケースを持ち歩くことを躊躇しているという。  それで「このプレスツアーには杖を持ってきたんだ」とエディ。「ニュートの杖を持っていれば安心できるような気がして…。でも税関を通る時、とっさに杖がすごく鋭利で危険な物体に見えることに気づいた。それを持って税関の人に説明しようとしたけど、“あの映画…見たこと…ないよね”みたいな感じになっちゃって。ちょっと悲惨だったよ」と杖を持ってきて後悔したことを打ち明け、周囲の笑いを誘った。  来日の際には舞台挨拶も予定されているというエディだが、ニュートの杖を持参してお披露目してくれるのか、併せて楽しみにしたい。

あわせて読みたい

ビデオ人気ランキング

コミック人気ランキング

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access