古谷徹 関連記事

  • 古谷徹

    古谷徹が『あした世界が終わるとしても』ナレーター 新場面写真も解禁!

    アニメ・コミック

     劇場長編アニメーション『あした世界が終わるとしても』の冒頭ナレーションを、『名探偵コナン』の安室透役などで知られる声優・古谷徹が担当することが明らかになった。併せて、各登場キャラクターが描かれた新しい場面カットも解禁された。@@cutter 本作の制作は、独自のアニメーション技法「スマートCGアニメーション」など、最新のデジタル技術を活用したアニメを制作するクラフタースタジオが担当。監督・脚本を務めるのは先月17日から放送がスタートしたアニメ『イングレス』でテレビシリーズ初監督を務める櫻木優平。本作が、櫻木監督初のオリジナル長編アニメーション映画となる。主題歌と挿入歌は、シンガー・ソングライターのあいみょんが担当し、アニメーション映画の主題歌は初めてだ。  物語の主人公は心を閉ざしがちな真と、彼をずっと見守ってきた幼なじみの琴莉。2人が高校3年生になり、ようやく一歩踏み出そうとしていた矢先、もう1つの日本から、もう1人の「僕」が現れることから始まる。真を梶裕貴、琴莉を内田真礼が担当することなどがすでに決定している。  そして今回、本作の冒頭ナレーションをテレビアニメ『名探偵コナン』の安室透(降谷零)役、『機動戦士ガンダム』シリーズのアムロ・レイ役などで知られる古谷が担当することとなった。古谷は新世代のクリエイター・櫻木監督の若き才能に出会い、長編映画デビュー作に参加することを快諾。映画冒頭アニメーションのナレーションによって、作品に新たな生命を吹き込む。  また本作は作品の情報解禁と同時に「TRUNKオーディション #004 映画『あした世界が終わるとしても』声優オーディション」を開催。約600人の応募の中から、男性役:秋山諒、女性役:西島梨央が櫻木監督に選ばれた。  映画『あした世界が終わるとしても』は、2019年1月25日公開。

  • 『BULL/ブル 心を操る天才』シーズン1、2018年6月20日よりDVD発売&レンタル開始

    『NCIS』俳優が心を操る天才役に!心理エンターテイメント『BULL』DVD発売

    海外ドラマ

     人気海外ドラマ『NCIS ネイビー犯罪捜査班』のトニー・ディノッゾ役で知られるイケメン俳優マイケル・ウェザリーが主演する、新TVドラマ『BULL/ブル 心を操る天才』のDVDが6月20日に発売。本作のリリースを記念して、日本語吹き替えを担当する東地宏樹らからコメントが到着した。@@cutter 『BULL/ブル 心を操る天才』は、ちょっと風変わりな心理学者とそのチームが、独自の視点から事件に向き合い、法廷で無実の被告を救う全く新しい心理エンターテインメント。製作総指揮にはスティーヴン・スピルバーグや、2度のアカデミー賞ノミネート歴を持つ脚本家のポール・アタナシオが名を連ねる。  日本語吹き替えには、主人公で心を読み解くスペシャリストのジェイソン・ブル役に東地宏樹、チームの弁護士ベニー・コロン役に古谷徹、ブルの右腕マリッサ・モーガン役を竹内順子が担当。  東地は、本作の魅力を「各分野のスペシャリストたちが集まって、みんなで力を合わせて解決していくところが見どころ」と明かすと、古谷も「本当にすごいチームですよ」と続け、「マリッサは元国土安全保障省で、元FBI捜査官のダニー、ハッカーのケイブル、ペニーも元々は検事局の検察官というすごいエキスパートたちが揃っていて、彼らの活躍が面白いですよね」と熱弁。  竹内は「女性3人の考え方の違いや衣装などに注目して欲しいです」と女性ならではの目線で本作をアピール。「この作品の中では毛色が違うところですが、3人が話しているシーンはちょっと女子会みたいな、ホッとする素敵なシーンになっています。そんなところも楽しんで頂けたらと思います」とコメントを寄せた。  『BULL/ブル 心を操る天才』DVDは、6月20日発売&レンタル開始。

  • 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』× 『名探偵コナン ゼロの執行人』コラボポスター

    アムロ×安室がついに共演『ガンダム』&『コナン』コラボポスター完成

    アニメ・コミック

     映画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』と『名探偵コナン ゼロの執行人』両作品の大ヒットを記念して制作された“大ヒット御礼!コラボポスター”が公開。アムロ・レイと安室透、古谷徹が演じる両キャラのコラボがついに実現した。@@cutter 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』は、ファーストガンダムの本編では詳細に語られていなかった、“一年戦争”開戦時の苛烈な戦い、巻き込まれた人々の葛藤、そして残酷な戦渦とその傷跡といった、一年戦争の始まりが描かれる作品。最新作「誕生 赤い彗星」は上映2日間の興行収入が9476万4100円を記録。35館の上映劇場数ながら、観客動員も同日初日作品第2位にランクインするなど、大ヒットを記録している。  今回のコラボは、『名探偵コナン』原作者の青山剛昌がガンダム・ファンであること、両作品に古谷が関わっていることから、それぞれの作品の制作会社がキャラクターを描き下ろすことで『機動戦士ガンダム』がつないだ絆として、エール交換をすることが実現。ポスターには、アムロと安室を始め、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』の主人公シャア・アズナブルや『名探偵コナン ゼロの執行人』の主人公江戸川コナンが描かれ、伝説のキャラクターたちが一枚に収まる貴重なポスターとなっている。  青山は「まさかコナンがシャアとアムロと同じ画面に入る日が来るなんて!(笑)大感動です!!」と歓喜のコメント。『THE ORIGIN』総監督&キャラクターデザインの安彦良和は「コナンとコラボ!? いいなぁー、あやかりたいなぁ! 大ヒット!! 興収○○億!!!」とメッセージを寄せている。また、両作品でメインキャラクターを演じる古谷は「素晴らしいコラボイラストが公開されて、こんなに嬉しいことはない!」とガンダムファンには嬉しいコメントを届けている。  『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』と『名探偵コナン ゼロの執行人』は、それぞれ現在公開中。

  • 『名探偵コナン ゼロの執行人』公開記念舞台挨拶に登壇した博多大吉、江戸川コナン、上戸彩

    博多大吉、福山雅治の歌催促を拒否! 音痴仲間コナンにつっかかる

    アニメ・コミック

     お笑い芸人の博多大吉が14日都内で、映画『名探偵コナン ゼロの執行人』の公開記念舞台挨拶に女優の上戸彩と共に登壇。本作の主題歌『零‐ZERO‐』を担当する福山雅治から、ビデオメッセージで同曲の歌唱を催促されるも「あんなバトン受け止めるわけないじゃないですか」と笑いながら拒否し、同じ音痴のコナンにつっかかった。@@cutter 同作は、劇場版『名探偵コナン』シリーズの第22作目。東京サミットの開催地となる新施設「エッジ・オブ・オーシャン」で、大規模な爆破事件が発生。事件をめぐって、コナンが警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室透らとぶつかる様を描く。  今回のイベントには上戸や大吉のほか、高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、古谷徹が出席した。  弁護士・橘境子を演じた上戸は、本シリーズの出演が約12年ぶり。「私もコナンを見て育ってきた年代」と挨拶し、「こうして同じステージに、豪華な皆さんと立てることを嬉しく思います」と笑顔を見せた。  司法修習生・羽場二三一役の大吉は、本作における声優としての巷の評判を聞いた時を回想。「『予想通り“下手くそだった”というのと“そこまで下手じゃなかった”の2つに分かれてます!』と言われた。よく考えたら下手だということじゃないか」と自虐的に話した。  会場では、本作のカギを握る安室、羽場、毛利を演じた各キャストが、劇中のセリフをもとに、上戸に公開告白を決行。安室になりきって告白をカッコよく決め、上戸から1番に選ばれた古谷は「後でスマホの番号教えてください」とお辞儀。コナン役の高山から「コラコラコラ~! 先輩コラ~!」と叱られていた。  イベント終盤には、主題歌を担当する福山のビデオメッセージを展開。福山は、3月20日に実施された本作の公開アフレコイベントで、音痴ながら同主題歌を披露した大吉に「今日も歌声が聞けるんでしょうか? 『福山の歌を歌った』と記事になった時から大分時間も経っている。相当練習も積まれて、舞台挨拶に臨まれていると思う。期待しています」とムチャぶりした。  大吉は「あんなバトン受け止めるわけないじゃないですか」と笑いながら歌唱を拒否。作中で音痴と知られるコナンに「コナン君も人のこと言えないからね」とつっかかった。するとコナンは「僕は歌を歌えませんって皆知ってる。だからそういう(福山のような)ムチャぶりは誰もしてこない」と断言して会場の笑いを誘った。  映画『名探偵コナン ゼロの執行人』は、全国公開中。

  • 『名探偵コナン ゼロの執行人』完成披露舞台挨拶に登壇した上戸彩

    上戸彩、博多大吉の秘密を暴露「歯がずっと抜けてた」 青山剛昌も登場

    アニメ・コミック

     上戸彩、博多大吉、高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、古谷徹、青山剛昌、そして江戸川コナンが、3日に都内で開催された映画『名探偵コナン ゼロの執行人』の完成披露舞台挨拶に出席。 かつてアニメ放送10周年の応援スペシャルサポーターとして本人役を務めた経験がある上戸は、取材時の大吉について「インプラントの治療をされていて、歯がずっと抜けてた」と暴露した。@@cutter 劇場版22本目となる本作は、東京サミットの会場を狙った大規模爆破事件を発端に、コナンと公安警察が真っ向から衝突する姿を描く。12年ぶりの『コナン』シリーズ声優として、弁護士の橘境子を演じる上戸は、「このお話を頂いたときに、ある一人の男の子に自慢したくて。友達の子供なんですけど、その子供が今日見に来てくれているので、今日という日に来てもらえたこと、見てもらえること、すごくうれしく思います」と誇らしげ。  一方、司法修習生・羽場二三一に扮する大吉は、主題歌を担当している福山雅治に触れ「皆様の『ここにいるのが大吉じゃなくて、福山さんだったら完璧だったのに』という、そういった声が聞こえ、熱く届いております」と自嘲。そして自身が4月からの新MCを務める『あさイチ』(NHK)にも言及し、「一回目のオープニングでも言いましたけども、僕もくれぐれも悪気があってここにいるわけではございません」と続けて上戸を笑わせた。  上戸は大吉との取材について「インプラントの治療をされていて、歯がずっと抜けてたんです。奥歯が」と暴露。続けて「それでも大きな口を開けて、『コナン見てね!』ってやってる大吉さんが、すごく隣で見ていて清々しいなって」と称賛した。これを受けた大吉は「上戸さんが言わなかったら、僕は一生お墓まで持っていこうと…」と明かし、「今回の映画、僕、奥歯2本無いです」と告白して会場を沸かせた。当日は、原作の連載を再開することが発表された青山剛昌もサプライズで登場し、ファンに向かって「見ての通り、元気です」と呼びかけていた。  映画『名探偵コナン ゼロの執行人』は4月13日より公開。

  • 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』予告第2弾&新場面写真解禁

    『THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』予告第2弾&新場面写真解禁

    アニメ・コミック

     映画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』の予告編第2弾と場面写真、そして劇場前売券特典の詳細などが一挙解禁となった。予告映像や場面写真では、シャアやザビ家を始めとしたジオンのキャラクターたちのほか、少年アムロ・レイの姿のなども映し出されている。@@cutter 映画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』は、『THE ORIGIN』シリーズの第6弾。ルウムを舞台に、ジオン、地球連邦の雌雄を決する戦いが描かれ、地球連邦に圧倒的劣勢に追い込まれたジオンの秘策である人型兵器「モビルスーツ」が登場し、戦況を一気に逆転させ、大勝利を収める。  本作でジオン軍のシャア・アズナブルは、赤いモビルスーツ「ザクII」で戦果を上げ少佐に昇進、“赤い彗星”の異名をとるが、ルウム会戦後、地球連邦軍はジオンに反撃すべく“V作戦”を計画。その裏側で、サイド7の少年アムロ・レイは自ら行動し、新兵器「ガンダム」の秘密を探っていた。一方、地球の南極大陸でのジオン、地球連邦の両軍の高官がそろう早期和平交渉の場でルナツーから世界中にある声明が発信される…。  映画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』の劇場前売券にはEXCEED MODEL ZAKU HEAD シャア専用ザクII(メタリックVer.) が第1弾特典となり、1月27日より発売の第2弾にはアムロ・レイ リール付きIDストラップが特典として付属する。  また、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI 誕生 赤い彗星』Blu‐ray Disc Collector’s Editionが上映劇場&バンダイビジュアルクラブ限定での発売が決定。漫画原作・総監督を務める安彦良和描き下ろしの飾れる収納箱、絵コンテ集&設定資料集等が付いた豪華特典仕様となっており、5月5日より上映劇場で最速先行販売が開始。バンダイビジュアルクラブ(BVC)では7月13日に発売。  『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』は5月5日より全国35館にて劇場上映(4週間限定)。

  • 22作目の劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』に公安・安室透も登場

    映画『名探偵コナン』、最新タイトル決定!“謎の男”安室透がメインキャラで登場

    アニメ・コミック

     2018年4月に公開される人気アニメ『名探偵コナン』の劇場版タイトルが『名探偵コナン ゼロの執行人』に決まった。また、劇場版22作目となる本作のティザービジュアルも解禁され、ファンからの人気が高い “謎の男”安室透がメインキャラクターとして登場することも発表された。@@cutter 本作で描かれるのは、東京サミット開催の地「エッジ・オブ・オーシャン」を狙った大規模爆破事件を巡り、コナン(CV:高山みなみ)と公安警察が真っ向から衝突する物語。現場の証拠物に毛利小五郎(CV:小山力也)の指紋が残されていたという“陰謀”の影には、警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室透(CV:古谷徹)の影があった……。  本作のキーマンとなる安室透は、あるときは毛利小五郎に弟子入りした私立探偵の「安室透」として、またあるときは黒ずくめの組織のメンバー「バーボン」として登場するも、その正体は公安警察の降谷雫という“トリプルフェイス”を駆使する謎めいた人物。正義の味方であるはずの彼が、果たして敵なのか味方なのか、その行く末もストーリーをさらに盛り上げる。  さらに、解禁された原作者・青山剛昌直筆のティザービジュアルには、黒ずくめの組織のナンバー2「RUM」ではないかとささやかれる警視庁管理官・黒田兵衛(CV:岸野幸正)も登場。アニメ『いぬやしき』の演出などで知られる立川譲が劇場版『名探偵コナン』での初監督を務めることも発表され、どのような物語が描かれるかも注目される。  映画『名探偵コナン ゼロの執行人』は、2018年4月13日より全国公開。

  • 劇場版『エウレカセブン』最新作、予告編&ポスタービジュアル解禁!

    劇場版『エウレカセブン』最新作、予告編&ポスタービジュアル解禁!

    アニメ・コミック

     テレビシリーズの放映から12年、2000年代を代表するロボットアニメ『交響詩篇エウレカセブン』が、劇場版3部作『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』として新たに描かれることが決定。そして、本作の予告編とポスタービジュアルが解禁された。@@cutter 本作は、鬱屈とした日々を送る少年・レントン(CV:三瓶由布子)と少女・エウレカ(名塚佳織)の出会いを中心に描かれるSF作品。地球上を覆う情報生命体・スカプコーラルと人類の戦いが巻き起こした世界の危機“サマー・オブ・ラブ”から10年、地方都市ベルフォレストで暮らすレントンであったが、やがて、様々な人々との出会いや別れを経験することに…。  レントンの「これから始まるのは出会いと別れについてのあれこれ」という語りから始まる予告編では、「あの時のこと、あの子のこと」というセリフとともにエウレカも登場。約1分半にわたる映像の中では、“サマー・オブ・ラブ”から人類を救うべく戦ったレントンの父・アドロック(CV:古谷徹)の熾烈な戦い、そして、息子との絆を感じさせるシーンも収録されている。  予告編でも流れる本作の主題歌「Glory Days」を担当する尾崎裕哉は「すごく力強いサビができたので、それを組み立てるまでのメロディを何度も繰り返し考えました」と制作中のエピソードについてコメント。また、尾崎豊さんの息子であることから「僕はレントンと境遇が似ているところがあって、その葛藤とか『ああ、こういったことあったなぁ』と重ねる部分もありました」と思いを吐露している。  さらに、ポスタービジュアルには「あの時のこと、あの子のこと…」「オレの見つけた大切なもの」というキャッチコピーと共に、切ない表情で空を見るレントンの姿が。バラバラになったバイクやパソコンなどのガラクタに囲まれて、何かに思いを巡らす彼の表情からは劇場版への期待もふくらませられる。  映画『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』は、9月16日より全国ロードショー。

  • 『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』レントン役三瓶由布子とエウレカ役名塚佳織

    劇場版『交響詩篇エウレカセブン』三瓶由布子、名塚佳織&古谷徹の出演決定

    アニメ・コミック

     映画『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』の公開日が決定し、メインキャストが解禁となった。主人公レントン役三瓶由布子やエウレカ役名塚佳織などお馴染みのキャストが『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』以来、8年ぶりに集結。さらに、レントンの父アドロック・サーストン役を古谷徹が演じることがわかった。古谷は「2日ほど思考回路が作動しませんでした」と役に全力投球したことを述懐している。@@cutter 三瓶は「この映画が作られたのは、ひとえに皆さんの“エウレカ愛”のおかげです。本当にありがとうございます。私もまたエウレカに出会うことができて幸せです。会うたびに彼女に恋をしています。世界中のレントンたちへまた一緒に恋をしましょう」とファンに呼びかけ、名塚は「大好きなチームで作品が作れること、本当にうれしく思っております。それもこれも応援し続けてくださった皆様のおかげです。1人でも多くのお客様に楽しんでいただけるよう、懸命に取り組みますので、どうぞ最後まで見守っていただけますと幸いです」とアピールしている。  『交響詩篇エウレカセブン』は2005年放送。少年レントンが、ヒロイン・エウレカと出会い、世界を知る旅に出るというストーリーは多くの視聴者の共感を呼び、2009年に公開された劇場版『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』がわずか公開館数6館のスタートながら興行収入1億円のヒットを記録した。新劇場版ではテレビアニメシリーズのすべてのセリフを再構築し、これまで正面から描かれることはなかった大事件「ファースト・サマー・オブ・ラブ」の物語も展開する。  劇場版新3部作の第1作『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』は9月16日より全国ロードショー。5月20日発売の前売券特典にはオリジナルクリアファイルがついてくる。

  • 『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』池田秀一×古谷徹インタビュー

    池田秀一×古谷徹「ついに来たか!」 『ガンダム』×『コナン』唯一無二の関係性

    アニメ・コミック

     『名探偵コナン』で人気を誇るキャラクターのFBI捜査官・赤井秀一と公安警察官・安室透。劇場版第20弾『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』では、2人の対決シーンが描かれる。演じる池田秀一と古谷徹も「ついに来たか!」と喜びを隠せない。『機動戦士ガンダム』と『名探偵コナン』の関係性。そして「こうして共演できて本当に幸せ」という唯一無二の絆について聞いた。@@cutter 『名探偵コナン』には『機動戦士ガンダム』へのオマージュがたっぷり。赤井は、“赤い彗星”シャアを、安室はアムロを想起させるキャラクターだ。それをシャア役の池田、アムロ役の古谷が演じてしまうのだから、ニヤリとせずにはいられない。テレビ版への登場は赤井が先だったが、池田はこう振り返る。「赤井秀一として15年くらい前から作品に出させてもらっていて。最初はね、どこかで聞いた名前だなと思ったんです。でも偶然なのかなと、深くは詮索しなかった。やっていくうちに薄々わかったんですが、安室くんまで出てくるとは思わなかったのでね。僕としては懐かしいというか、お友達ができたみたいな感じがしてうれしかったです」。  古谷は「赤井秀一が出ているのは知っていましたから、いつか来るだろうという思いはあって。いただいた役名が安室透ですからね!」と大きな笑顔。両作品の繋がりについては、「めちゃくちゃうれしいです」とコメント。「赤井と安室の名前にしたってそうですし、2人は確執があって対立している間柄。青山剛昌先生がガンダムファンだというのはわかっていたんですが、鳥取にある先生の記念館に行ったら、学生時代の先生がシャアのコスプレをしている写真が飾ってあって。ここまで好きだったのか!と。アムロじゃなくて、シャアなのでちょっと嫉妬しました(笑)」。  37年前から伝説的キャラとしてライバル関係を演じてきた2人。本作での赤井と安室の格闘シーンのアフレコでは、「ずっとライバル関係として対峙させてもらっていますから、もう気心もしれていて。どんなパンチも受けてくれると分かっているのでやりやすいですよ。赤井に右ストレートを出すときに思わず“シャアー!”って言っちゃいました」と古谷。一方の池田も「パンチが当たるとね、なんかイラっとしちゃうところがあって。昔のことを覚えているのか、こいつには当たらせたくない!みたいなのがちょっとあるんですよね」と茶目っ気たっぷりに語る。@@separator さらに池田は「ゲームやなんかのお仕事もありますが、今は別録りが多いので、実際に絵を見ながら一緒にアフレコをするというのは本当に久しぶりのこと。ぶつかり合って共同作業をするというのは、新鮮でいいものでしたよ」と古谷との共演はやはり特別な思いがある様子。古谷は「池田さんと一緒だと、終わった後に飲めるなって思う。でも僕は『ガンダム』の当時は全く飲めなかったんです。池田さんがブライト役の鈴置(洋孝)さんと歌舞伎町に消えていくのをいつも見送っていました」。  すると池田は「アムロとシャアの距離感を演じる上ではそれもちょうどよかったんです。それから15年、20年と経ってから一緒に飲むようになって色々な話もできるようになった。2人にとっても新たな時期を迎えているときだったので、今回の対決は“よし、やっちゃうぞ。このやろう!”ってね」と、まさに機が熟した時だったと話す。古谷は「『ガンダム』から派生して、こうしてまた共演できたことに感謝しています。『ガンダム』はまだ続いていて業界でも稀有な作品になっているし、声優界の中でも僕たちの関係が唯一のものになりつつある」と心を込める。  古谷が「僕たちは強運なんです」というと、池田は「“私はよくよく運のある男だと思います”という感じがします。切磋琢磨していきたいですよ」とシャアの名台詞をもじりつつ、同意。穏やかな微笑みが絶えない姿からも、築いてきた絆がひしひしと伝わるインタビューだった。(取材・文・写真:成田おり枝)  『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』は4月16日(土)より公開。

  • 天海祐希、古谷徹&池田秀一におねだり「私を口説いて」

    天海祐希、声優の古谷徹&池田秀一におねだり「私を口説いて」

    アニメ・コミック

      女優の天海祐希が4日、映画『名探偵コナン 純黒の黒夢(ナイトメア)』の完成披露試写会に登壇。高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、池田秀一、古谷徹とトークを繰り広げ、天海が大ファンという安室透(バーボン)役の古谷と赤井秀一役の池田に「私を口説いて」とおねだりするなど、終始ご満悦の様子だった。@@cutter 本作は、『名探偵コナン』シリーズの劇場版の第20弾。コナン VS 宿敵・黒ずくめの組織 VS FBI VS 公安という、四つ巴のロイヤルミステリーが展開される。天海は今回、ゲスト声優初の黒ずくめの組織の一員である“謎の女性”を演じた。  試写会には、倍率185倍をくぐり抜けた招待客450名が、タイトルの“純黒”にちなんで黒色のドレスコードで来場。「週刊少年サンデー」(小学館)の黒表紙発売、さらには日本一の高層ビル「あべのハルカス」の展望台「ハルカス 300」の夜景ジャックに続く“ブラックプレミア”となった。  天海は豪華声優陣に囲まれて「天にも昇る気持ち」と感慨深げ。レギュラー声優陣が収録した後にアフレコしたという天海は「大感激しました。『私、コナンくんに話しかけられている!』とか。ハッと我に返って、自分が喋らなければならないタイミングを逃したりしました」と、ドギマギしてNGを出してしまったと振り返る。  また、あるシーンでは「出演されている方の声に心を奪われた」と話し、『池田さんと古谷さんと…私!?』と思ったら声が出なくなってしまいました」と、憧れの2人の声に言葉を失ったと明かす。  さらに天海は、ここぞとばかりに古谷と池田の二人に「私を口説いて頂いてもよろしいですか…!? 」とおねだり。宝塚・月組時代から夫婦で天海のファンだったという古谷は、天海あこがれの声で、「ボクは、あなたを、ずっと想っていました。ゆりちゃ~~ん!」と、宝塚時代の天海の愛称を大絶叫。一方、池田は低音ボイスで「いいオンナになるのだな」と、古谷、池田ともに某大人気アニメーションの声で天海を口説いた。  念願が叶った天海は「役得ですみません!一生忘れられない日になりました」と観客に平謝り。「(本作に)出して頂けて本当に幸せ……!」と大感激した。  映画『名探偵コナン 純黒の黒夢』は、4月16日より全国公開。

  • 『Mr.タスク』 7月18日より新宿シネマカリテ、渋谷シネクイント(レイト)ほかにて公開

    古谷徹、人体改造ホラー『Mr.タスク』で予告ナレーション ジョニデの娘も登場

    映 画

     『ザ・フライ』(ハエ人間)、『ムカデ人間』、そして『武器人間』に続く、禁断の“人間コラボ”映画最新作『Mr.タスク』(7月18日公開)の予告編が遂に解禁。声優・古谷徹がナレーションを務め、狂った人体改造を夢見る謎の老人によって、セイウチへ改造される主人公の気持ちを代弁している。@@cutter 悲劇は、ポッドキャストを運営する主人公ウォレスが、元船乗りの老人の取材のためにカナダを訪れるところ始まる。老人はハワードと名乗り、ウォレスを手厚く歓迎し、壮絶な航海の記憶を語り始める。しかし、出された紅茶に手を出したウォレスは眠りに落ちてしまい、気が付いたときには足が切断されていた。さらに、ハワードから「これから君はセイウチになるんだ。“Mr.タスク(キバさん)”」と告げられ…。  “人間”と“セイウチ”という前代未聞のコラボを実現させたのは、アメリカの人気コミック作家であり、映画監督としても活動を見せるケヴィン・スミス。主人公ウォレス役にはジャスティン・ロング、狂気の老人ハワード役にはマイケル・パークス、さらにウォレスと共にポッドキャストを運営するオタクのテディ役にはなんと『シックス・センス』など子役として一世を風靡したハーレイ・ジョエル・オスメントが名を連ねる。  予告編では、老人ハワードから「君はセイウチになるんだ」と告げられ、ナレーター・古谷徹が「アシカやアザラシじゃなくて、何でよりによってセイウチなんだ!?」と主人公の気持ちを熱く代弁。また、完全モザイクになったセイウチ人間の姿も映し出されており、本編への想像を掻き立てる。さらに、ジョニー・デップの娘、リリー・ローズ・デップの銀幕デビュー姿も本予告でちらりと公開されている。

  • 『ナイトシフト 真夜中の救命医』特別試写会に登壇した古谷徹

    『ガンダム』アムロ役・古谷徹、幻の名ゼリフを使用 「壁に打ち当たったときに観て」

    海外ドラマ

     夜間に働くドクターたちを描く海外ドラマ『ナイトシフト 真夜中の救命医』の特別試写会が23日、都内で開催され、同ドラマで吹替を担当する声優陣、津田英佑、古谷徹、佐古真弓らが登壇し、本作に対する意気込みや見どころを語った。@@cutter 『ナイトシフト 真夜中の救命医』は、テキサス州サンアントニオ記念病院を舞台に、元軍医TCを中心とした夜間勤務のドクターたちの活躍を描く全米で話題の医療ドラマ。全米NBCネットワークで昨年放送され、早くも第2シーズンへの継続が決定している。  最近では『アナと雪の女王』ハンス王子役の声を担当し、本作ではTC・キャラハン役の津田が「白衣をイメージして着た」と輝く白いコートで登場。「台本の一番最初に名前が来る仕事は初めて」と挨拶して観客から拍手を受けた。  星飛雄馬役やアムロ・レイ役で知られる古谷は「アメリカドラマのレギュラーは40年以上前に遡らないといけないほど久しぶり」とコメント。主人公と対立するラゴーサ役の演じることについて「少年声なのでいつも少年キャラが多い。大人の渋さがあり僕にとってはチャレンジです」と意気込みを語る場面も。  さらに古谷は、収録済みの第4話で「納得できる設定があったので活かされた」という古谷ならではの幻の名ゼリフを使ったシーンがあると明かした上で、「疲れたとき、壁に打ち当たったときに観てほしい」とアピールした。  作品の見どころについて、津田はキャラクターのサイドストーリーの充実ぶりをプッシュ。「“よく連れてきたな”と思う、面白い変わった患者さんがいっぱい登場します。画面の端まで見逃せません」と熱弁。  また、『アイアンマン2』などでスカーレット・ヨハンソンの声を担当している佐古は「医療ドラマなのに筋肉モリモリのキャラがいっぱい出てくるのが毎回の楽しみです。病院なのに喧嘩するところも面白くて。ERならではのスピード感や成長を見てほしいです」と、女性ならではの視点と他とは一味違うテイストについて言及した。  『ナイトシフト 真夜中の救命医』は、1月27日23時よりWOWOWプライムで放送開始。

  • TVアニメシリーズ『ワンピース』にサボが登場!声優は大ベテラン・古谷徹が担当

    『ワンピース』サボ役に古谷徹! 原作・尾田栄一郎も「この人しかいない」と太鼓判

    アニメ・コミック

     大人気作品『ワンピース』の中で、最大級の重要キャラクターであり、ルフィとエースの義兄弟の“サボ”が、遂にTVアニメシリーズに登場する。サボ役の声優には、『機動戦士ガンダム』アムロ・レイ役、『聖闘士星矢』星矢役などで知られる大ベテラン古谷徹が抜擢された。@@cutter 麦わらの一味がドレスローザを舞台に、王下七武海・ドンキフォーテ・ドフラミンゴとその海賊団であるドンキフォーテファミリー、さらには海軍大将にも挑んでいることで話題の『ワンピース』TVアニメシリーズ。その白熱するドレスローザ編に、遂にサボが現れる。  8月30日に放送された特別作品 『ワンピース“3D2Y” エースの死を越えて!ルフィ仲間との誓い』のラストカットで、エースと白ひげの墓前に立っている姿が放送されたことでファンの間では話題沸騰となっていたサボ。TVアニメシリーズでは、9月28日に、正体を隠した“謎の男”として初登場する。  原作者・尾田栄一郎が「サボ役にはこの人しかいない」と太鼓判を押すキャスティングに、古谷自身は「非常に人気のあるカッコいいキャラクターを演じられる事になり、とってもうれしい思いでいっぱいでした。それと共に大きな責任を感じました」と話す。  そして、「実はアニメオリジナルキャラで一話だけ『ワンピース』に出演した事があるのですが、国内だけでなく世界的にも超人気のこの作品に再び、しかも、サボというこれからの展開に恐らく麦わらの一味レベルで重要になってくるであろう役で、参加できる事になって大変光栄に思います。世界に誇れる作品を支えるクルーの一員として、多くのファンの皆さんの期待に応えるよう、声優生命を賭けて全力で演じるつもりです」と意気込みを語った。  『ワンピース』は、毎週日曜日9時30分から放送中。

  • ツイッターをはじめた古谷徹

    『ガンダム』アムロ役でおなじみの人気声優・古谷徹、「ツイッターやりま~す!」

    アニメ・コミック

     ベテラン声優・古谷徹が3月31日よりツイッターを開始。すでにフォロワーは1万人を超え、仲間やファンとの交流を楽しんでいるようだ。@@cutter 古谷の記念すべき初ツイートは「蒼月 昇くんがTwitterにハマってて、あまりに面白そうなので、僕も始める事にしました。みなさん、よろしくお願いしますm(__)m」。蒼月昇とは『機動戦士ガンダム00』出演時に使われた古谷の別名だが、古谷とは自称“別人”なのだとか。そんな蒼月の影響でツイッターをはじめた模様。  プロフィールには、自身の画像と「青二プロダクション所属の声優です!星 飛雄馬/アムロ・レイ/ペガサス星矢/春日恭介/ヤムチャ/タキシード仮面/安室 透など、いっぱいやってます」と自身が演じた、誰もが知るそうそうたるキャラクター名を掲載。  早速のリツイートにも「セーラームーンで初めて声を意識して聴きました」「聖闘士星矢楽しかったです」など、各世代のファンが見受けられる。さらに、蒼月からも「ついに古谷先輩もTwitter を始めたのですね! これで代理で呟かずにすみます(笑)」とリツイートを受けている。  「フォローとかお気に入りとかで、色んな人に繋がっていくシステムが面白い」という古谷。「毎日は厳しいかもしれませんが、頑張ります!」と意気込みは十分。今後どんな呟きが聞けるか、楽しみだ。 

  • 剛力彩芽、「全日本美声女コンテスト」特別審査員

    剛力彩芽「自分の声に自信がなかった」 全日本美声女コンテスト出場者に脱帽

    エンタメ

     女優の菊川怜、剛力彩芽、声優の野沢雅子、古谷徹は、26日、都内で行われた「全日本美声女コンテスト」本選大会に特別審査員として出席した。@@cutter 大手芸能事務所オスカープロモーションと人気声優が数多く所属する青二プロダクションが、容姿も声も美しいニュータイプのヒロインを発掘するために発足したプロジェクト「blue oscar project(ブルーオスカープロジェクト)」。  特別審査員を務めた剛力は「みんな生き生きしていて、審査するのは難しかったです」と感想を述べると菊川も「すでにプロなんじゃないかと思うぐらいレベルが高かった。(ニュータイプのヒロインというのは)こういう人たちなんだなって思いました」と本選大会に残った12人の健闘を称えた。  一方、大ベテラン声優である野沢も「わたしたちの時代はまずは演技だった。今の子たちはモデルだったり歌ったり、キャラクターになったり……本当に素晴らしかった」と脱帽すると、古谷も「みんなフレッシュで可愛かった。スタジオで共演したいと思う子ばかりでした」と発言し、場内を笑わせた。  またトークショーでは「魅力的な声とは」というテーマが議題にあがると剛力は「昔は自分の声に自信がなかったのですが、ありのままの自然体で出てくる声は素敵なのかなって思うようになりました」と語ると、野沢も「その人個人の自然な声というのは、人間性をあらわしていて素敵ですよね」と追随。一方の古谷は「一声聞いただけでゾクっとするような声の人ってたまにいますよね。自分もそういう声を目指しています」と今もなお、向上心に溢れていることを明かした。  その後も「美を保つ秘けつ」や「デビュー当時の苦労話」など次代を担うスター候補生たちには有意義な話を展開し、場内を沸かせた。

  • 「ジオニックトヨタ」スペシャルトークショーに登壇した池田秀一(左)と古谷徹(右)

    古谷徹、アムロ専用車のため根回し?『シャア専用オーリス』イベントに池田秀一と登壇

    アニメ・コミック

     31日、幕張メッセで行われている「キャラホビ2013」で、「ジオニックトヨタ」のスペシャルトークショーが開催され、声優の池田秀一(シャア・アズナブル役)、古谷徹(アムロ・レイ役)が登壇した。@@cutter 本イベントは、「キャラホビ2013」にて『シャア専用オーリス』市販モデルが一般に初公開されたことを記念して行われたもの。池田と古谷は、昨年の「キャラホビ2012」に引き続き、登壇となった。  昨年の同イベントにて、『シャア専用オーリス』の開発を発表し、この1年で市販車の発売まで至ったことに池田は「ビックリです! ジオニックトヨタの熱い社員のみなさまのおかげですね」と喜ぶ。「ジオニックトヨタ」とは、『シャア専用オーリス』開発のためトヨタとジオニック社が手を組み設立されたバーチャル会社。一般から、TOYOTA Web Passportを使用して新規社員も募集した。  ちなみにこの「ジオニックトヨタ」の設立は、昨年の「キャラホビ2012」で古谷が冗談で話したことがきっかけだったという。「(シャア専用オーリスの)ボディにジオンのマークがついていたじゃないですか。ジオンのマークが付いているモビルスーツといえばジオニック社が開発していたので、トヨタ社ではマズイなと。そしたら、新会社として『ジオニックトヨタ』を設立してもらおうと、提案したら…まさかね」と驚きを隠せない古谷。「ま、それもいずれはアムロ専用車を作ってもらいたいなということへの根回しですから(笑)」とのことだ。  また今回、お互いが長きに渡り演じることとなった、シャア・アズナブル、アムロ・レイというキャラクターについて話が及ぶと、池田はシャアについて「息子のような、恋人のような感じ」と表現。古谷はアムロについて「僕にとっては、大切なライフワークのキャラクター」とコメントした。  『シャア専用オーリス』は10月1日に発売。現在先行予約受付中。

  • 「全日本美声女コンテスト」説明記者会見にて 左から剛力彩芽、菊川怜、野沢雅子、古谷徹

    剛力彩芽、タキシード仮面役の古谷徹に「月に代わってお仕置きよ! 」

    アニメ・コミック

     女優の剛力彩芽が31日、都内で行われた特別審査員を務める「全日本美声女コンテスト」の概要説明記者会見に出席し、人気アニメ『巨人の星』の星飛雄馬役などで知られる声優・古谷徹と対面した。@@cutter 星飛雄馬とは携帯電話のCMで共演済の剛力だったが、声を務める古谷との対面はこの日が初。星の声を披露する古谷に剛力は「やっと初対面できて嬉しい。本物に会えて、直接聞けて良かった」と大喜び。さらに『美少女戦士セーラームーン』のファンという剛力は、同作品でタキシード仮面役を務めた古谷にセリフをおねだりし、自身も「月に代わってお仕置きよ! 」の声マネに挑戦した。出席者の菊川怜や野沢雅子から「可愛い、可愛い」と絶賛されるも「緊張しますよ、先輩もいるし。次にやるときは予習をしておきます」と赤面していた。  同コンテストは、「全日本国民的美少女コンテスト」を行うオスカープロモーションと声優プロダクションの老舗・青二プロダクションによる、日本の美を生み出すことを目的とした「blue oscar project」企画第1弾で、女優の輝きと声優の魅力を併せ持つニュータイプのヒロインを決定する。グランプリ受賞者には賞金100万円のほか、劇場版アニメでのスクリーンデビュー、文化放送でのラジオレギュラー番組出演などの特典が用意される。応募資格は15歳から30歳までの女性で、一次・二次・最終審査の後、来年1月26日に本選大会が行われる。剛力のほか、菊川、野沢、古谷らが特別審査委員を務める。  歌手活動も行っている剛力は「声の仕事をさせてもらう中で、声はとても大事だと思うし、いい声の人は聞いていて心地がいい」と話し「低い声だと言われてきたので、高い声や女の子らしい可愛い声に憧れますね」と自身の理想を挙げる。全日本国民的美少女コンテストでは2次で落選したが「挑戦することが大事。書類が受かっただけでも自信につながるし、自分をどれだけ出せて、楽しむかが大切だと思う」と応募者へエールを送った。サプライズのバースデーケーキで還暦を祝われた古谷は「ニュータイプとして覚醒する要素のある人が未来の業界を変える。ニュータイプ同士、共感し合えるのですぐにわかるはず。先輩を立ててくれる人がいい」と声を務めたアムロ・レイになぞられて持論を展開していた。

  • マコ・モリ(菊地凛子)役の林原めぐみ

    林原めぐみ・古谷徹・浪川大輔ら 『パシフィック・リム』日本語吹替キャストに

    映 画

     ハリウッド最先端のVFXを駆使して描いたSFスペクタクル超大作『パシフィック・リム』 (8月9日公開)に、日本のアニメ界を代表する豪華声優陣が日本語吹替キャストとして出演していることがわかった。@@cutter 本作は、太平洋(パシフィック)の深海から突如出現し、地球を絶滅の危機に陥れる未知なる巨大生命体と、人類の英知を結集し生み出された人型巨大兵器“イェーガー”との壮絶な戦いを描いた、ギレルモ・デル・トロ監督(『パンズ・ラビリンス』『ヘル・ボーイ』)の最新作。  デル・トロ監督は、テレビを通じて日本のアニメや特撮作品本編に慣れ親しんだとされ、本作に登場する巨大生命体(モンスター)を“怪獣 “と呼ぶだけでなく、菊地凛子、芦田愛菜ら日本人俳優を起用するなど、日本へのリスペクト、そして深い愛情をもってやまない。  そんな親日家の監督がメガホンをとる『パシフィック・リム』の日本語吹替を、『新世紀エヴァンゲリオン』綾波レイ役の林原めぐみ、『機動戦士ガンダム』アムロ役の古谷徹さんとシャア役の池田秀一、『タッチ』上杉達也役の三ツ矢雄二ら豪華声優陣が担当することが発表された。 <『パシフィック・リム』日本語吹替キャスト> ■ローリー・ベケット(チャーリー・ハナム) 杉田智和 「銀魂」坂田銀時役、「ジョジョの奇妙な冒険」ジョセフ・ジョースター役など ■マコ・モリ(菊地凛子) 林原めぐみ 「新世紀エヴァンゲリオン」綾波レイ役、「らんま 1/2」女らんま役、「名探偵コナン」灰原哀役など ■スタッカー・ペントコスト(イドリス・エルバ) 玄田哲章 「トランスフォーマー」オプティマス・プライム役、アーノルド・シュワルツネッガー日本語吹き替えなど ■Dr.ニュート・ゲイズラー(チャーリー・デイ) 古谷徹 「機動戦士ガンダム」アムロ役、「巨人の星」星飛雄馬役、「美少女戦士セーラームーン」タキシード仮面など ■Dr.ハーマン・ゴッドリーブ 三ツ矢雄二 「超電磁ロボ コン・バトラーV」でデビューにして主役葵豹馬に抜擢、「タッチ」上杉達也役、「バック・トゥー・ザ・フィーチャ」シリーズの吹き替えなど ■ハーク・ハンセン(マックス・マーティーニ) 池田秀一 「機動戦士ガンダム」シャア役、「ONE PIECE」シャンクス役、「るろうに剣心」比古清十郎役など ■テンドー・チョイ 千葉繁 「北斗の拳」ナレーターを担当。「機動警察パトレイバー」シバシゲオ役、「ハイスクール奇面組」一堂零役など ■チャック・ハンセン(ロブ・カジンスキー) 浪川大輔 「君に届け」風早翔太役、「ルパン三世 東方見聞録」の石川五ェ門役、「機動戦士ガンダ UC」リディ・マーセナス役など

  • 月野うさぎ(セーラームーン)を演じた三石琴乃と、地場衛(タキシード仮面)を演じた古谷徹が揃って登場!

    「セーラームーン」新作アニメ、13年夏に登場! 三石琴乃と古谷徹は裏話を披露

    アニメ・コミック

      6日、「美少女戦士セーラームーン」の20周年記念トークイベントが、ニコファーレで開催された。1992年の連載開始と同時にアニメ化され、爆発的なヒットとなった「美少女戦士セーラームーン」。今回のイベントには、アニメで月野うさぎ/セーラームーン役の声優・三石琴乃、地場衛/タキシード仮面役の声優・古谷徹、講談社の担当編集者が参加した。@@cutter  担当編集者は、「『コードネームはセーラーV』という作品を東映アニメさんに気に入ってくださり、原作の武内直子先生に広げていただいたのが『美少女戦士セーラームーン』です。本当は別のアイドルものを連載に向けて用意していましたが急遽変更になり、決まってから半年でアニメと連載が同時に始まり、本当に死ぬかと思いました」と、意外な誕生秘話を披露。   三石が、「スタジオに呼ばれると、セーラームーンの表情がいくつか書いてあるキャラ表と、寝坊するシーンと変身するシーンがありましたが、佐藤順一監督が内股気味で動きを見せてくれました。その時には、うさぎちゃんは元気な普通の女の子だと思いましたが、子供の頃から変身の掛け声に憧れていたので、その気持ちを全て込めました」とオーディションを振り返れば、古谷は、「タキシード仮面には、何じゃこれは、マジシャンかと思いました。出演者は若手の女優さんばかり、男子は僕一人なのでスタジオはハーレム状態。美味しい番組だなと思いました」と答え、笑いを誘った。   中盤では、パリで開催されている日本文化を紹介するイベント、ジャパン・エキスポの会場からは、ももいろクローバーZが中継で参加。セーラームーンのコスプレで「美少女戦士セーラームーン」のテーマ曲などを熱唱し、新作アニメが来年夏に製作され、彼女たちが新しい主題歌を歌うことを発表した。原作者の武内からも、「連載開始20周年らしいです。新しい出版やアニメの話をいただき、とにかく驚いています。今も世界中からセーラームーンが大好きですというお話を聞く度、いつも飛び上がって喜んでいます。これからどんな展開をしていただけるのか何も知りませんが、キャラクターたちがまた暴れてくれたら面白いかもと密かに思っています。『思い切り懐かしんでくれないと、月に代わってお仕置きよ!』と、うさぎ役の琴チャンが言うでしょう」と、熱いメッセージが届いた。

  • タキシード仮面様の声を担当する古谷徹

    ももクロも参戦!「美少女戦士セーラームーン」20周年トークイベント開催決定

    アニメ・コミック

     今年、20周年を迎えたアニメ「美少女戦士セーラームーン」が、六本木・ニコファーレにて20周年トークイベントを行うことを発表した。またフランスで開催の「Japan Expo」会場と連動し、フランス現地にいる“ももクロ”ことももいろクローバーZと生中継を結ぶという。 @@cutter  本イベントでは、フランスから生中継で出演するももクロのほか、「美少女戦士セーラームーン」シリーズで月野うさぎ/セーラームーン役を務める声優の三石琴乃と、池場衛/タキシード仮面役を務める古谷徹の出演が決定。シリーズ20周年を記念して「美少女戦士セーラームーン」についてのトークを繰り広げるとのことだ。  「美少女戦士セーラームーン」は、ドジで泣き虫な中学2年生、月野うさぎが愛と正義の美少女戦士セーラームーンに変身し、仲間の美少女戦士たちと共に活躍する変身美少女アクション。決めゼリフは“月に変わって、おしおきよ!”。原作は武内直子。1991年12月に少女漫画雑誌「なかよし」で連載スタートし、翌年3月には全国テレビ朝日系でアニメ放映も開始され、5年に及ぶ大ヒットとなった。  イベントの模様は、ニコニコ生放送での全編生中継が決定している。

  • 世界初!懐かしの「ラジカセ」ビジュアルDVD発売!ナレーターはアムロでおなじみ古谷徹

    気になる

      おもちゃ業界ではミニ四駆やビックリマンチョコ、アニメ業界では「ひみつのアッコちゃん」や「聖闘士星矢オメガ」、音楽業界では80年代に一世を風靡した松田聖子や中森明菜らのベスト盤などが発売されるなど、リバイバルブームな昨今。昭和を代表する“ラジカセ”に注目が集まっている。このブームを受け、世界初となるラジカセのDVD「ラジカセのデザイン!」の発売が決定した。@@cutter 1975~1985年に黄金期を迎えたまさに昭和を代表するメカ=ラジカセ。レトロが人気の今だからこそ魅了されるスタイリッシュなデザインや、ユニークで個性あふれる魅力。6月27日に発売される「ラジカセのデザイン!」は、いまだかつてなかったラジカセの映像作品であり、もはや二度と見られない109機種ものラジカセが一挙に収録されている。   また、首をかしげたくなるほど意味のないギミックや取っ手があるにも関わらず、持ち運ぶにはバランスが悪く、重すぎたり、アウトドアで使えるとは言え、単一電池10本があっという間に消費されてしまうほど燃費が悪かったりといった愛すべきラジカセの魅力を存分に楽しめる1枚となっている。   監修・解説には累計1万部を売り上げた書籍「ラジカセのデザイン!」の著者で、1970年代以降の家電製品(主にラジカセ)を蒐集し、整備・カスタマイズ・アートピース制作等をおこなっている松崎順一。大人気アニメ「機動戦士ガンダム」のアムロ・レイ役で知られるカリスマ声優・古谷徹がナレーションを務めている。   世界初のラジカセビジュアルDVD「ラジカセのデザイン! JAPANESE OLD BOOMBOX DESIGN CATALOG」は2012年6月27日(水)発売。6980円(税込)。発売・販売元 ユニバーサル ミュージック合同会社

  • 「聖闘士星矢」がふたたび世界を席巻!?  「TV Bros.」4月11日発売号

    四半世紀ぶりの新作「聖闘士星矢オメガ」に「この年になって星矢を演じられるなんて…」と古谷徹感無量!

    アニメ・コミック

      1986年から89年に放送され、男子はもちろん女子も虜になったTVアニメ「聖闘士星矢」が、約四半世紀ぶりに新作オリジナルTVアニメとして帰ってきた。4/11発売の「TV Bros.」(東京ニュース通信社刊)では新作「聖闘士星矢オメガ」でコスモが燃えるワケ、そして人気声優=緑川光、古谷徹にインタビューを敢行。ますます気になる「オメガ」の魅力が余すところなく明かされている。@@cutter  前作「聖闘士星矢」の、正義のために命をかけ戦う少年たちのアツイ友情劇は、日本だけでなくヨーロッパ、南米など諸外国でも人気を呼び、ワールドワイドなメガヒット作品となった。新作「オメガ」では、そんな前作の世界観を踏襲しつつも、ストーリーは完全オリジナルとなっている。   「オメガ」では新世代の天馬座の聖闘士=光牙が新たな主人公となり、地上の平和をつかさどる女神アテナを守るため、巨悪マルスに立ち向かうひたむきな姿を描いている。これまでの主人公=星矢は、射手座の黄金聖闘士に成長し、登場しているという。   今回「TV Bros.」では、光牙役の緑川光、そして前作から星矢の声を担当している古谷徹の対談が掲載されている。まず、本作への意気込みを語った緑川。「光牙という魅力的な主人公を、僕が演じることでもっともっと魅力的にしていきたいですね」と気合い十分。続いて「機動戦士ガンダム」シリーズのアムロ・レイ役などでも有名な古谷は、「まさかこの年になって星矢を演じられるなんて思いもよらなかったです」と旧友との再会を喜んでいた。   4/11発売号の「TV Bros.」では「聖闘士星矢オメガ」の魅力を徹底解析。緑川&古谷の対談もまだまだ続いている。そのほか80年代を彩る“アイドル映画”特集や「坂道のアポロン」菅野よう子×渡辺信一郎の対談などを掲載。    「聖闘士星矢オメガ」は毎週日曜あさ6:30からテレビ朝日系列にて放送中。

  • 潘恵子、古谷徹、山内重保監督

    古谷徹「小宇宙全開!」、声優人生をかけた「聖闘士星矢」をアテナ役・潘と共に振り返る

    アニメ・コミック

      「聖闘士星矢」劇場版が初めてBlu-ray化され、声優の古谷徹と潘恵子、3本の劇場公開作を手掛けた山内重保監督が記者会見を行った。 @@cutter   1985年に少年ジャンプで連載が開始され、今日でも世界各国で全く衰えない人気を誇る「聖闘士星矢」。今回はTVアニメ化25周年を記念し、劇場公開版全5作品をBlu-ray BOXとしてリリースするものだ。この日数年ぶりに顔を合わせたという3人は、特典映像の収録のあとで取材陣の前に現れただけにハイテンション。   星矢役の古谷は、「熱血ヒーローアニメの王道をゆく作品ですが、バックにあるスケールの大きいロマンのある世界観も大きな魅力です。今では顔合わせがなかなか実現できないような業界の巨匠の皆さんが集まり、そしてちょっとおこがましいですが(笑)、才能あふれる声優陣も、それぞれの役に本気で声優人生をかけていました。そういった情熱から発するエネルギーの塊がこの作品の中で生きていたから、25年たった今でも、世界中の人達から支持されていると思います」と、熱く語る。アテナ役の潘は、「熱血ヒーローモノにしてはすいぶん神秘的なので、男女とも楽しめると思います。先ほど見せてもらいましたが驚くほど新鮮で、アニメーションでここまでの作品が作られることは2度とないのではないでしょうか? とても荘厳でドラマチックなので、ぜひ見てください!」と嬉しそう。   BOXに収録される特典映像には、2人がキャスティングに至る秘密も明かされている模様(?)。「最新の技術で、映像もサウンドもグレードアップされています。誰もが小宇宙(コスモ)全開に燃やして情熱をかけて作りました。ぜひ味わってください!」と、最後に古谷がPRした。

あわせて読みたい

ビデオ人気ランキング

コミック人気ランキング

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access