クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

ベイマックス 関連記事

  • 『ベイマックス ザ・シリーズ』は4月21日(土)より毎週土曜・日曜18時から「ディズニーXD」にて放送スタート!

    『ベイマックス』続編アニメ放送に歓喜の声!『ベイマックス』が長く愛される理由とは?

    アニメ・コミック

     2014年に劇場公開され、日本で興行収入90億円を超える大ヒットを記録した映画『ベイマックス』。劇場公開から3年以上経った現在でも高い人気を誇る本作の続編がテレビシリーズとなって帰ってくる。この続編放送決定のニュースを受けて、SNS上ではファンから歓喜の声が多数上がっている。『ベイマックス』が長きに渡り日本で高い人気を誇る理由はどこにあるのか?続編の放送前に改めて『ベイマックス』の魅力をひも解いていきたい。@@cutter 『ベイマックス』は、日本とサンフランシスコからインスピレーションを得た架空都市・サンフランソウキョウを舞台に、14歳の天才少年ヒロと心優しいロボット・ベイマックスの絆や冒険を描いた作品。ヒロは自ら開発したロボットを使い、アンダーグラウンドのロボット格闘技に夢中になっていた。ヒロの兄・タダシは愛する弟を案じ、ある日、自身の通う大学へヒロを連れていく。タダシの研究仲間やロボット工学の第一人者であるキャラハン教授と出会ったヒロは、大学で最先端の科学を学ぶことを決意。しかしその矢先、タダシが不慮の事故で亡くなってしまう。ヒロは悲しみのあまり、殻に閉じこもるが、そんなヒロの目の前に、タダシが開発したケアロボットのベイマックスが現れ…。  2017年に発表された「Amazonユーザーが選ぶもう一度観たいディズニーアニメーション、ピクサー作品」では、『美女と野獣』に続いて、堂々の2位に輝いた本作(3位は『塔の上のラプンツェル』)。最大の魅力は、なんといってもベイマックスの抱きしめたくなるようなかわいさにあるだろう。むっちり、プニプニした(と思われる)体つきと、ちょこちょこと歩く姿、「天然なの?」と思われるような抜けた発言など、癒し効果抜群。どんな仕草も愛らしく、ベイマックスが側にいれば、深い悲しみも乗り越えられるかもしれないと、実感させられる。  本作がそんな癒しキャラを使っていながら、本格的なヒーロー・アクション作品であることも人気が高い理由の一つ。そもそも、本作の原作は『アベンジャーズ』シリーズや『アイアンマン』シリーズなどで知られる、マーベル・コミックだ。映画化に際し、作品の舞台やベイマックスの容姿や設定などの変更はあるものの、基本となるストーリーはコミックスから継承している。そのため、本作はただ単に「主人公・ヒロが心の傷を乗り越え、再生していく話」にとどまらず、「ヒロを中心とした“BIG HERO 6”が強大な敵から街を守る」アクション満載のこれまでにないディズニーアニメーションになったのだ。これによって、普段はアニメーションを観ない男性層からも高い支持を獲得し、まさに老若男女から愛される作品となった。  4月21日から放送が始まるテレビシリーズでは、映画よりもさらにパワーアップしたバトル、アクションが繰り広げられる。先日、ディズニーXDで放送された映画とテレビシリーズを繋ぐ、特別エピソード『ベイマックス/帰ってきたベイマックス』でも、“BIG HERO 6”が街中で暴れる凶悪ロボットたちとハイスピードなバトルを繰り広げるシーンや、ヒロとベイマックスが飛行しながら、暴走する列車に近づくアクションシーンが描かれており、その迫力に引き込まれた人も多いのではないだろうか。  また、忘れてはならないのが本作には“日本を思わせる要素”がたくさん登場するということ。「ヒロ」「タダシ」「ワサビ」といった登場自分たちの名前はもちろんのこと、背景として描かれている街並みにも日本らしい建物や看板がいたるところに登場する。ベイマックスが日本の「鈴」をモチーフにデザインされたという話は有名なので知っている人も多いだろう。テレビシリーズでも、作品の中には“日本的な要素”が多数登場する。ヒロが通う名門サンフランソウキョウ工科大学の構内や街の中など、様々なシーンに“日本らしさ”が隠されており、それを見つけるのも楽しみ方の一つになりそうだ。  そんな『ベイマックス』の続編となるテレビシリーズでは、誰もが気になる映画のその後が描かれている。ヒロとケアロボットのベイマックスが、科学を悪用して街に危機をもたらす悪者から人々を守るために、“BIG HERO 6”とともに再び大活躍を見せる。さらに、映画『ベイマックス』を観ている人なら誰しも心が躍るお馴染みのシーンも登場。「嬉しいことや何かを成功させたときに交わされる“グータッチ”」「痛みを表す10段階評価」など、ファンならテンション上がること間違いなしだ。  ベイマックスの癒し系のかわいさ、本格的なアクションシーン、そして日本的な要素。この3つこそが日本で長く愛される理由ではないだろうか。是非、続編のテレビシリーズでもう一度ベイマックスの優しさとヒロの勇気に触れて欲しい。  『ベイマックス ザ・シリーズ』は4月21日(土)よりディズニーXDで放送スタート。

  • 『ベイマックス ザ・シリーズ』キャス役の菅野美穂とタダシ役の小泉孝太郎にインタビュー

    菅野美穂&小泉孝太郎、『ベイマックス』声優続投への思いを語る「純粋に嬉しかった」

    アニメ・コミック

     2014年に劇場公開され、興行収入90億円を超える大ヒットを記録した映画『ベイマックス』。同作の続編となるテレビシリーズ『ベイマックス ザ・シリーズ』が、4月21日より「ディズニーXD」にて放送される。本作で、映画『ベイマックス』同様、主人公・ヒロの心優しい兄・タダシの日本語吹替えを担当する小泉孝太郎と、ヒロとダダシのよき理解者である叔母・キャス役を演じる菅野美穂が、作品への思いや、意気込みなどを語った。@@cutter――『ベイマックス』の続編に再び出演することが決まったときのお気持ちは? 菅野:映画のラストは、続編がありそうな終わり方だったので、期待はしていましたが、テレビシリーズで放送されるというのは驚きでした。しかもまた私にお話をいただけるのはとてもありがたかったです。全部で20話以上あると聞いて「結構長いな…」と思ったのですが、よく考えたら、大変なのはビッグ・ヒーロ6の方ですよね(笑)。 小泉:続編を作ることができる世界観だったし、登場人物たちのキャラクターも個性的だったので、その後を見てみたいなという思いはずっと持っていました。なので、続編ができると聞いたときは、ファンとして純粋に嬉しかったですね。でもタダシはすでにこの世にいない人物なので、自分は出るわけがないと思っていたので、結構他人事でした(笑)。オファーをいただいて驚きました。 ――久々のアフレコはいかがでしたか? 小泉:実際やるとなってからは、数年前の収録を思い出しながら、タダシという人物に寄り添っていきました。声優の仕事って、日常生活で使わないエネルギーが必要なので、いい意味で緊張感はありました。ただ、一度経験していたので、映画よりはテイク数が少なくて済んだと思います。 菅野:"感覚を取り戻す"ことが自分にはわからなかったので、とにかく監督のアドバイスを信じてやりました。いろいろな神経を声だけに集中させるので、小泉さんもおっしゃったように、普段と全然違う緊張感とエネルギーが必要なんですよね。ワンシーンで30回ぐらいテイクを重ねることもあるので「自分は下手くそなんだ」と精神的に追い詰められることも多々ありました。この年になると、あまりそういう経験がないので、初心者として作品に臨めるというのは、新鮮な気分になります。 ――吹替えをする上で気をつけたことはありますか? 菅野:身をゆだねるというか、なにも考えないようにしています。その方がうまくいくことが多いです。 小泉:僕も、意識して高い音とか低い音とか声質は変えようとしないで、瞬発力を大事にしています。吹替えをして、改めて台本のセリフがこんなにも少ないんだと実感しました。刑事ドラマなどは、セリフがいっぱいありますからね。逆にいうと、ディズニー・アニメーション作品は、簡単な言葉だけでも、しっかり物語の世界を表現できていてすごいと思います。@@separator――お二人にとって『ベイマックス』とは、どんな作品なのでしょうか? 菅野:お預かりした、大事に育てられたよそのお家の子かな(笑)。私はそこまで出演している時間は長くないのですが、作品を観たときに感動しましたし、たくさんの人に観てもらいたいと思ったんです。普段の作品では、あまりこういった感情になったことがなかったので、少し特別な感じもします。あとは、ディズニー映画に参加したことで家族も喜んでくれました。 小泉:ベイマックスって「いたらいいな」と思える存在ですよね。人間にとって、もっとも幸せな形のロボットなのかもしれません。僕も、ひとさまの子どもとか、可愛がっているペットのような気持ちになることがあります。 ――みんなのヒーロー「ベイマックス」ですが、お二人にとってのヒーローは? 菅野:幼稚園のころ、後楽園球場で『太陽戦隊サンバルカン』のショーが行われていたのですが、そのとき、パンサー(スーツカラーはイエロー)が紳士的にやってきて、私の手にチューをしたんです。それまでパンサーはあまり好きではなかったのですが、一瞬で好きになっちゃいました。それからオンエアでパンサーがカレーを食べているのを見るたびに「カッコイイ」って胸をときめかせていました(笑)。 小泉:僕は子どものころ着ぐるみが怖かったんです。戦隊ヒーローは、テレビの画面のなかで観たいと思っていたので、どちらかというと漫画のキャラクターの方への憧れが強かったです。小さいころだと、やっぱり「ドラゴンボール」が好きで、特に初期の亀仙人や悟空、クリリンたちが大好きでした。 ――最後に、テレビシリーズの見どころを教えてください。 菅野:テレビシリーズでは、映画で描かれた先をすごく丁寧に描いています。6人のキャラクターも魅力的に描かれていますし、テレビシリーズでさらに好きになると思います。ベイマックスはほんわかしていて癒し系なのに、戦闘シーンは迫力があるというギャップが魅力ですし、友達と協力して目標に向かっていく意味では、素敵な青春ものとしても見られます。幅広い世代に楽しんでいただける作品だと思います。 小泉:タダシは現実世界にはいませんが、ベイマックス、ヒロ、タダシは、それぞれがそれぞれの心のなかで常に一緒だということが作品を通じて伝わってきます。いなくなってしまった人を思い続けるような世界観って素敵ですよね。これからも、そんなシリーズでいてほしいと思っています。  新番組『ベイマックス ザ・シリーズ』は4月21日(土)より毎週土曜・日曜18時から「ディズニーXD」にて放送スタート。映画とTVシリーズを繋ぐ、1時間の特別エピソード『ベイマックス/帰ってきたベイマックス』は4月11日(水)18時30分から再放送。 (取材・文:磯部正和/写真:中村好伸)

  • 菅野美穂&小泉孝太郎、声優続投 TVアニメ『ベイマックス』出演

    菅野美穂&小泉孝太郎、声優続投 TVアニメ『ベイマックス』出演

    アニメ・コミック

     2014年に劇場公開され、大ヒットを記録した映画『ベイマックス』のその後を描いたテレビシリーズ『ベイマックス ザ・シリーズ』に、前作でも声優を務めた菅野美穂、小泉孝太郎が続投することが明らかになった。@@cutter 本作は、架空都市サンフランソウキョウを舞台に、映画のその後を描くアクション・アドベンチャーシリーズ。天才的な科学の才能を持つ少年ヒロとケア・ロボットのベイマックスが、科学を悪用して街に危機をもたらす悪者から人々を守るため、ビッグ・ヒーロー6の仲間とともに大活躍する内容となっている。  映画に引き続き、主人公ヒロの叔母・キャスを演じる菅野は「ビッグ・ヒーロー6のみんなはもちろんですが、悪役のキャラクターも楽しんで頂けると思います」と見どころを語る。また、物語について「丁寧に描写された物語が1話20分程度に凝縮されていて、テンポよく進んでいくので、是非お楽しみに」とアピールした。  続編を心待ちにしていたと話す、ヒロの兄・タダシを演じる小泉は「映画公開の時は、父が作品を観て映画館で泣いたと言っていて、理屈じゃなく世代を超えて感動させる力を持った作品だと感じました」と父・小泉純一郎元首相も前作に感涙したことを明かし、「是非子どもから大人まで、家族みんなでご覧いただきたいです!」と熱を込めた。  加えて、『ベイマックス ザ・シリーズ』の序章となる特別エピソード『ベイマックス/帰ってきたベイマックス』が4月5日より日本初放送が決定。大学生になったヒロがベイマックスを復活させるまでの物語が描かれる。 映画『ベイマックス』のその後を描いたテレビシリーズ『ベイマックス ザ・シリーズ』は、ディズニーXDにて4月21日より放送。

  • シーズン1の放送前にシーズン2の制作が決定したという『ベイマックス』TVアニメ版(※劇場アニメ版『ベイマックス』の場面写真)

    『ベイマックス』TVアニメ、シーズン1放送前にシーズン2の制作決定

    アニメ・コミック

     亡き兄が遺した優しすぎるケア・ロボット“ベイマックス”と天才少年“ヒロ”が繰り広げるアドベンチャーを描き、大ヒットした2014年のディズニー・アニメ『ベイマックス』。ディズニーのアニメ専門チャンネル、ディズニーXDでテレビアニメ版『Big Hero 6 The Series(原題)』のシーズン1が今秋に全米放送予定だが、既にシーズン2の制作が決定したという。DeadlineやIGNなどが伝えた。@@cutter テレビアニメ版は劇場アニメ版の最後からの流れを受け継ぎ、14歳の天才少年ヒロと、思いやりに溢れる最先端ロボットのベイマックスが、ハニー・レモンやゴーゴー、ワサビといった仲間と共に近未来の架空都市“サンフランソウキョウ”の平和を脅かす悪と戦うハイテクアドベンチャー・ストーリーだ。  ボイスキャストは劇場版のスコット・アツィット(ベイマックス)やライアン・ポッター(ヒロ)、ジェイミー・チャン(ゴーゴー)やマーヤ・ルドルフ(キャスおばさん)など、多くのオリジナルキャストが続投している。  劇場版は世界興行収入6億5780万ドル(約754億8200万円)以上を上げ、2015年のアカデミー賞で最有力候補だった『ヒックとドラゴン2』を抑えて長編アニメーション賞に輝いた。 

  • 『ベイマックス』がアニメシリーズ化(※劇場アニメ版『ベイマックス』より)

    大ヒットアニメ『ベイマックス』、テレビアニメシリーズ製作へ 2017年米放送開始

    アニメ・コミック

     東京とサンフランシスコを融合した架空都市“サンフランソウキョウ”を舞台に、亡き兄が遺した優しすぎるケア・ロボット“ベイマックス”と天才少年“ヒロ”が繰り広げるアドベンチャーを描くディズニー・アニメ『ベイマックス』。ディズニーのアニメ専門チャンネル・ディズニーXDでテレビアニメ・シリーズ化されるという。@@cutter TV Lineによると、現地時間2日に同局より発表があったテレビアニメ・シリーズ化は『Big Hero 6:The Series(原題)』として、2017年より放送が始まるそうだ。米ディズニー・チャンネルのアニメ『キム・ポッシブル』シリーズを手掛けたマーク・マッコークルとロバート・スクーリーが製作総指揮を務める。   「『ベイマックス』のキャラクター達を再び、世界級のアニメシリーズで掘り下げられることに興奮しています。マーク、ボブ、ベイマックスだけがもたらすことのできる、楽しさとアクションに溢れた魅力的なストーリーを語るシリーズとなります」と、同チャンネルの代表ゲイリー・マーシュは声明の中でコメントしたという。  マーベル・コミック『Big Hero 6(原題)』のキャラクター達をアニメ映画化した『ベイマックス』は2014年に公開。世界興行収入6億5700万ドル(約747億円)以上を上げる大ヒットとなり、昨年の第87回アカデミー賞で長編アニメ映画賞を受賞した。

  • 大ヒット作『ベイマックス』の脚本家ダニエル・ガーソンが死去

    『ベイマックス』『モンスターズ・インク』脚本家ダニエル・ガーソンが死去

    映画

     日本文化へのオマージュとなっているディズニーのヒットアニメ『ベイマックス』(14)や、モンスター達と少女の触れ合いを描いたピクサーアニメ『モンスターズ・インク』シリーズの脚本家として知られるダニエル・ガールソンが、脳腫瘍のため死去した。享年49歳。@@cutter New York Times紙によると、ガーソンは現地時間6日、米カリフォルニア州ロサンゼルスの自宅で安らかに息を引き取ったそうだ。遺族はガーソンへの追悼にUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)脳腫瘍研究プログラムへの寄付を呼びかけているという。  ガーソンは2015年に手掛けた『ベイマックス』がアカデミー賞長編アニメ映画賞を受賞。2001年の『モンスターズ・インク』、2013年の続編『モンスターズ・ユニバーシティ』で脚本を執筆し、1作目の『モンスターズ・インク』ではニードルマンとスミティのボイスキャストも務めた。ほか、2005年のディズニーアニメ『チキン・リトル』など、家族が一緒に楽しめるハートウォーミングな作品を得意とした。

  • ハロウィンには『スター・ウォーズ』キャラクターが続出?

    ハロウィン・コスチューム、人気は『スター・ウォーズ』キャラクター

    気になる

     日本でも人気を得ているハロウィン。何ヵ月も前からコスチュームや飾りに考えを巡らせる人が少なくないイベントだが、アメリカのコスチューム通販サイトBuyCostumesによると、2015年は12月に不動の人気SFシリーズ『スター・ウォーズ』最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が全米公開されるとあり、今年は『スター・ウォーズ』系のコスチュームの人気が高いそうだ。@@cutter BuyCostumesでは、成人男女、子供、グループのカテゴリー全てにダースベイダーやレイア姫、ストームトルーパーなど『スター・ウォーズ』系のコスチュームが上位に入っているとのこと。ほか、バットマンやキャットウーマンなどが相変わらずの人気の模様。ヒーロー系やプリンセス系の人気も根強く、ベイマックスやマレフィセントのコスチュームが売れているらしい。  ちなみにペット(犬)版では『スター・ウォーズ』シリーズのイウォークや、今年の世界的ヒット作『ジュラシック・ワールド』の影響を受けて恐竜、または『ミニオンズ』のミニオンなどのコスチュームが人気のようだ。  BuyCostumes「男性ハロウィンコスチューム・トップ10」は以下の通り(順不同)。 バットマン ベイマックス(赤) Tレックス アイアンマン デッドプール ダースベイダー ストームトルーパー ベイマックス(白) キャプテン・アメリカ ジョーカー  BuyCostumes「女性ハロウィンコスチューム・トップ10」は以下の通り(順不同)。 レイア姫 ブラック・ウィドウ ダースベイダー女性版 ワンダーウーマン ミニオン マレフィセント ハートのクイーン・トランプ ストーム・ストームトルーパー女性版 キャットウーマン ハーレークィン

  • 辻希美が公開した『ベイマックス』鍋

    辻希美、『ベイマックス』のおろし鍋披露 「楽しい夜でした!」誕生会を満喫

    エンタメ

     モーニング娘。OGとして知られ、現在ママタレントとして活躍する辻希美が、自身のブログで映画『ベイマックス』をモチーフにした鍋を披露。「今日は友達ファミリーの一人のいつもお世話になっている息子さん誕生日会なので、ベイマックスのおろし鍋を作りました」と説明している。@@cutter 辻は「ベイマックスみたいな人なので、ベイマックスにしました笑」と綴り、さらに「他にも姉達とパスタやハンバーグや唐揚げを作り友達の実家にてお祝いしました!」と賑やかな食卓の様子を写真で公開。  「子ども達は子ども達でワイワイ遊び汗だく!楽しい夜でした!」と、誕生日会を満喫した様子だ。

  • 『キングダム ハーツ』にベイマックスが参戦決定!

    『キングダム ハーツ3』に “ベイマックス”登場決定!  映画の“その後”を描く

    アニメ・コミック

     スクウェア・エニックスより発売される『キングダム ハーツIII』に、人気長編アニメ『ベイマックス』が登場することが、米カリフォルニア州のアナハイム・コンベンションセンターにて開催されたディズニーファンイベント「D23EXPO 2015」にて、正式に発表された。@@cutter 『ベイマックス』は架空の街「サンフランソーキョー」を舞台に、心を閉ざした主人公ヒロと癒しロボット“ベイマックス”の友情と戦いを描いたストーリー。2014年末に公開され人気を博した。  ゲーム開発者のラリー・スパークスは、ゲームでは映画の“その後”の出来事を描くと発表。会場で公開された映像では、『キングダム ハーツ』主人公のソラがベイマックスの上に乗り、“黒いベイマックス”と戦うシーンが映し出されたという。  映画プロデューサーのロイ・コンリは今回の決定に「『キングダム ハーツ』と『ベイマックス』はとても相性が良いです。両作品は“友情”がストーリーの大切な要素であり、同時に光と陰を描いています」とコメントした。映画のほかのキャラクターの登場は明らかとなっていない。

  • 『ベイマックス MovieNEX』TVCMにハリセンボンが出演

    ハリセンボン「ベイマックスじゃねーよ!」純白ナース姿で“本物”を当てろ! 映像公開

    アニメ・コミック

     本年度アカデミー賞受賞のディズニー最新作『ベイマックス』のMovieNEXが、4月24日に発売される。その発売を記念し、お笑いコンビ「ハリセンボン」が出演するTVCMが23日よりオンエア開始。お決まりの「ベイマックスじゃねーよ!」のセリフが冴えわたる内容だ。@@cutter 本作の主人公は、ひとりぼっちの天才少年ヒロ。亡き兄が、人々の心と体を守るために作ったケア・ロボットのベイマックスと共に兄の死の真相を探るうち、世界の脅威となる悪の存在に気づき、戦い決意をする。人を傷つけることを禁じられたベイマックスは、大切なヒロを守り切れるのか…。  今回のTVでは、ヒロとベイマックスのように“深い絆の2人”を代表してハリセンボンが出演。ベイマックスと共通の“ケア”や“癒し”をキーワードに、純白のナース姿で登場するも、近藤春菜は「(箕輪)はるかは、ナースというよりも患者かナースなのか分からないよね。むしろ、ナースの亡霊にも見えるよね」と早速イジる。  また、箕輪から「最近は、ベイマックスを意識して白いジャケットを着ている」と指摘を受けた近藤は「流行で着ているだけで、ベイマックスは意識してねーよ」と返答。CM内でも、「ベイマックスはどれ?」という質問に対し、近藤が「ベイマックスじゃねーよ!」とお決まりのセリフでツッコミを入れるという、ハリセンボンらしい和気あいあいとした雰囲気になっている。  『ベイマックス MovieNEX』は4月24日発売(4000円・税別)。現在デジタル先行配信中。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access