クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

駆込み女と駆出し男 関連記事

  •  

  • 大泉洋、樹木希林に感銘を受けた理由を語る

    大泉洋「面白い人でありたい」 そのポリシーの真意とは

    映画

     日本を代表する名優でありながら、非常に親しみやすいキャラクターで多くの人々を魅了して止まない俳優・大泉洋。最新作『駆込み女と駆出し男』では、戸田恵梨香や満島ひかりという演技派女優相手に柔軟な演技を披露し、俳優としての引き出しの多さを見せる一方、舞台挨拶等では共演者からいじり倒され、良い意味で“主演”らしからぬ軽やかさも見せている。そんな大泉に、本作の魅力や「面白い人でありたい」というポリシーを持つ真意を聞いた。@@cutter 原田眞人監督、大泉洋主演で時代劇を撮る──。このニュースを聞いたとき「いったいどんな作品になるのか」と胸を躍らせた映画ファンは多かっただろう。「原田監督の現場は、ワンシーンを止めずに撮るという撮影方法。ルールは、どんなに間違っても芝居を止めないということだけ。特殊と言えば特殊ですが、この撮り方は(大河ドラマの)『龍馬伝』の大友(啓史)監督で経験していましたから」。  こういった撮影方法について「芝居を止めないから感情がつながりやすいし、気持ちよく演じられる。やっていて楽しいですよ」と大泉。一方で「一つのお芝居を何回もやるので体力的にはきついですけれどね」と苦笑い。出来上がった作品は、江戸時代後期の文化を色濃く映し出しつつ、軽快なテンポで綴られ、一風変わった時代劇に仕上がっている。「きれいに見せるところは美しくみせて、テンポが速いところは畳み掛けるように……。完成したものを見てびっくりしました。やはり原田監督は、天才だなと」。  劇中、離縁を求める女性を手助けする信次郎を演じた大泉は、駆け込み女である戸田や満島と対峙するシーンで絶妙な受け芝居を披露する。「特に満島さんだから、戸田さんだからということを意識して立てたわけではなく、映画としてシーンを成立させるためにどうすればいいかを考えていました。満島さんや戸田さんが演じた役柄と対峙した時、どう感じるかを大事にしました」と本能的な部分を強調。  そんな大泉だが「演じる上で根っこにあるものは感情」と前置きしつつも「シーンごとに自分が表現したいことを考えて『だったらこの芝居かな』と方針を決めていく」というテクニカルな一面も持ち合わせていることを明かす。@@separator 俳優として、貪欲に役に向き合う真摯な態度の一方、バラエティー番組や舞台挨拶などで見せる、いい意味での“軽さ”も大泉の魅力の一つだ。「僕は常に人前に出た時は、“笑わせたい”って思うんですよね」と真顔で語る。その真意を問うと「舞台挨拶にしてもイベントにしても、わざわざ足を運んできてくれたんだから、笑顔で帰ってもらった方がうれしいでしょ?」という答えが返ってきた。  大泉の振る舞いの根本にあるもの──。それはサービス精神というものではなく、ただ『人を笑わせたい』という純粋な想いなのだ。「面白いから人前に立っている。そういう人でありたいんです。そこは役者とは考え方が違うかもしれませんけどね(笑)」。  その意味では、本作で共演した樹木希林には大いに感銘を受けたという。「本当にすごいというか、人間国宝を見ているみたいでした(笑)。何を言っても面白いし、おかしみがある。それでいて、決めるところではバシッとすごくシリアスなお芝居もなさる。何て面白い方なんだろうって思いますね」。  大泉洋、戸田恵梨香、満島ひかり、樹木希林……挙げればきりがないほどの演技派俳優たちが、離婚やドメスティックバイオレンス、妊娠、再出発など、現代にも通じるようなテーマのもとに演じた笑って泣ける新感覚の時代劇。作品の内容はもちろん、大泉の初日舞台挨拶の立ち振る舞いも要チェックだ。(取材・文・写真:磯部正和)  映画『駆込み女と駆出し男』は5月16日より全国公開。

  • 『駆込み女と駆出し男』プレミア試写会に出席した大泉洋

    大泉洋、共演女優へのセクハラ問われタジタジ「ジェントルじゃないですか」と応酬

    映画

     映画『駆込み女と駆出し男』のプレミア試写会が27日、都内で開催。主演の大泉洋をはじめ、戸田恵梨香、内山理名、陽月華、神野三鈴、武田真治、橋本じゅん、原田眞人監督が艶やかな着物姿で登壇した。@@cutter 本作では、離縁を求める女たちを手助けしていく駆出しの離縁調停人を演じた大泉。監督から厳しい演技指導の有無を問われ「割と自由に演じさせていただいた」とコメント。だが、唯一厳しかったエピソードととして「私が首を吊られるシーンで、監督が止めてくれなくて、本当に首を吊って苦しかった」と暴露し会場を沸かせる。また、その首吊りシーンは「スタントマンなしでやれたので、首を吊られるということに関しては自信が持てましたね」と胸を張る。  加えて、現場では大泉がムードメーカーかとおもいきや「樹木希林というものすごい方がいらっしゃって、私のムードはぶち壊れるムードを持った方なので、(ムードメーカーは)樹木希林さん」だと明かす大泉。現場での会話についても「割とブラックな話が多くて、ここでは話せない」とし、胸に秘めた。  陽月は大泉との思い出を聞かれ、「(なぎなたを持たずに)なぎなたの練習をしていたら、大泉さんが“僕の腕を使うかい?”って言ってくれて、自分の腕をなぎなたにしてくださって、練習させていただきました」と告白する。  この陽月の告白に「セクハラだ」と責め立てられる大泉。大泉は「何がセクハラですか。ジェントルじゃないですか」とタジタジになりつつも応酬。陽月には「バカじゃないの本当に。あるでしょ、もっと何か」と聞き返した。  同作は、江戸時代の幕府公認の縁切寺を舞台に、離縁調停人が奇抜なアイディアと戦術で男と女のもつれた愛の糸を解きほぐし、ワケあり女たちの人生再出発を手助けする、笑いと涙の人情エンターテインメント作品。5月16日より全国ロードショー。

  • 『駆込み女と駆出し男』舞台挨拶で札幌へ来た戸田恵梨香・大泉洋・原田眞人監督

    戸田恵梨香、大泉洋と弾丸舞台挨拶ツアーへ、3分で「ラーメン無理矢理食べた」

    映画

     女優の戸田恵梨香が、出演する映画『駆込み女と駆出し男』(5月16日公開)の舞台挨拶のため共演の大泉洋、原田眞人監督らとともに福岡、北海道に行ってきたことをインスタグラムにて報告。弾丸ツアーのようなスケジュールでの舞台挨拶だったと明かしている。@@cutter まず、先に訪れた福岡での舞台挨拶では「楽しかった~いっぱい美味しいの食べた!」と満喫できた様子の戸田。しかし、18日に投稿された北海道・札幌での3人が並ぶ写真のコメントには「札幌の滞在時間3時間! 食事時間3分。ラーメン無理矢理食べた」と驚きの過密スケジュールを告白した。  そんな過酷(?)なPR活動の甲斐あってか、コメント欄には「また来てください」と地元への訪問を喜ぶ声や、映画公開を楽しみにするファンのコメントが多く寄せられている。  映画『駆込み女と駆出し男』は、井上ひさしの著書「東慶寺花だより」をもとに、江戸時代の駆込寺・東慶寺を舞台に医者見習いで戯作者志望の主人公(大泉)と、夫との離縁を求める訳ありな女性たちが繰り広げる人情ドラマ。『クライマーズ・ハイ』『わが母の記』の原田監督が、初めて時代劇に挑戦する。

  • 戸田恵梨香×大泉洋、ツーショットをインスタグラムで披露

    戸田恵梨香、大泉洋に謝罪!「そんな笑うつもりなかったんだけど…」

    映画

     女優の戸田恵梨香が、17日に行われた映画『駆込み女と駆出し男』(5月16日公開)の完成披露試写会にて、共演の大泉洋の顔を見て笑いが止まらなくなった珍事を自身のインスタグラムで謝罪。和解(?)後のツーショットを公開した。@@cutter 堤真一、内山理名らとこの日の試写会に登場した戸田は、会見を振り返り「ずみ様がね、(絵文字)って顔でこっちを見ててね、ツボってしまった」と経緯を説明。  「そんな笑うつもりなかったんだけどね…ごめんなさいね…」と反省した様子を見せた。テレビなどでその様子を見たファンも多く、「2人ともかわいかった」「自分も爆笑してしまった」とのコメントが多く届いている。  本作は、江戸時代の駆込み寺を舞台に、夫との離縁を求める訳アリな女たちと彼女たちを手助けする駆け出しの医者で戯作者見習いの男が織り成す人情エンタテインメント。満島ひかり、樹木希林、堤真一、山崎努ら豪華俳優陣も出演している。

  • 『駆込み女と駆出し男』完成報告会見に出席した大泉洋

    大泉洋、樹木希林からバッサリ「印象的なものはない」 自由奔放な姿勢にタジタジ

    映画

     映画『駆込み女と駆出し男』の完成報告会見が18日都内で行われ、大泉洋、戸田恵梨香、満島ひかり、内山理名、樹木希林、原田眞人監督が出席。壇上で「(劇中では)ここにいるほど役立ってない」「題名が覚えられない。なんだったっけ?」ととぼける樹木だったが、会見中は大泉もたじろぐ“希林ショー”を展開した。@@cutter 大泉との共演の印象を聞かれた樹木は「やり取りで印象的なものは何もない」と断言すると、原田監督に「大泉さんに決めたのはどういう趣旨で?」といきなり質問。さらに「私的なところで何も収穫がなかった。もう少しワイドショー的なものがあるかと思ったらなかったから、印象的には何もないですね」と言いたい放題で、大泉を喋らせる隙を与えなかった。  それでも樹木は「足を引っ張るような事を言ったけれど、大泉さんをはじめ、若い人たちが自分の技量以上の力を発揮していると感心しました」とキャスト陣の熱演を報告。大泉は「嬉しい限りで」と喜びつつも「信次郎(大泉)と源兵衛(樹木)の印象的なシーンはありますので、ぜひ観て!」と必死に作品をアピールしていた。  樹木の自由奔放さは現場でも発揮されたようで、大泉は「帰る時間も自分で決めるんですよ。その後に出演シーンがあるのに“もう来ないわよ”と帰ってしまう。そこまでの役者に自分もなりたい」と常識にとらわれない姿勢をリスペクト。さらに「出なくていいとなったら、“今日はね、宿に夕食はいらないといったのよ。だからここで食べていく”と言って残る。すべてを自分で決めていくんです」とマイペースを突き詰めた振る舞いに目を丸くしていた。  そんな自由すぎるエピソードを大泉から暴露された横で、樹木は「撮影所の控室で橋爪功さんに会ったら“男の役もやるようになったの?僕らの役を取らないでね”という目で見られました」と撮影中の出来事を振り返るも「(大泉との)2人のやりとりは印象に残らなかったわね」と最後まで自らの道を歩んでいた。  本作は、作家・井上ひさしが11年もの歳月をかけて完成させた時代小説『東慶寺花だより』が原案。江戸時代の駆込み寺を舞台に、駆出し医師であり戯作者にも憧れている信次郎(大泉)と御用宿の主人・源兵衛(樹木)が、離縁調停人よろしくワケアリ女たちの人生再出発を手助けしていく様を描く。  『駆込み女と駆出し男』は、5月16日より公開。

  • 『駆込み女と駆出し男』 2015年5月16日より全国ロードショー

    大泉洋、女性に殴られ気絶!?『駆込み女と駆出し男』特報映像&場面写真解禁

    映画

     大泉洋主演、ヒロインに戸田恵梨香、満島ひかりを迎える『駆込み女と駆出し男』(2015年5月16日公開)の特報映像と場面写真が公開された。公開された映像は、逃げてきた女性に殴られ気絶する大泉から始まる。 @@cutter 本作は、国民的作家・井上ひさしが晩年11年をかけて紡いだ時代小説『東慶寺花だより』を原案に、『クライマーズ・ハイ』『わが母の記』の原田眞人監督が初めて時代劇に挑戦。江戸時代の駆込寺である東慶寺を舞台に、離縁を願う女たちの手助けをする駆け出しの医者で戯作者見習いの男と、さまざまな事情を抱えて駆込んでくる女たちの織り成す人情エンタテインメントだ。  女性に殴られ気絶する大泉の姿から始まる映像では、顔にやけどの痣を持つ戸田の姿や、優しい笑みを浮かべる満島など、本作への想像が膨らむシーンがふんだんに盛り込まれている。  さらに樹木希林、堤真一、山﨑努ら日本を代表する俳優たちも集結。映像と同時に公開された場面写真でも、大八車に乗せた満島を戸田が駆込み寺へと引く姿なども解禁となった。  豪華キャスト陣が織りなす笑あり涙ありの人情エンタテインメント『駆込み女と駆出し男』は2015年5月16日より全国ロードショー。

  • 『駆込み女と駆出し男』2015年5月公開

    原田眞人×大泉洋タッグで時代劇!戸田恵梨香、満島ひかりが離縁を求める訳アリ女に

    映画

     井上ひさし著書「東慶寺花だより」をもとに、監督に『クライマーズ・ハイ』『わが母の記』の原田眞人、主演に大泉洋を迎えた映画『駆込み女と駆出し男』が2015年5月に公開が決定した。@@cutter 本作は江戸時代の駆込寺・東慶寺を舞台に、駆け出しの医者であり戯作者見習いの男と、さまざまな事情を抱え離縁を求め駆け込んでくる女たちが織り成す人情ドラマ。  医者見習いで戯作者志望のどっちつかず、東慶寺門前に建つ御用宿の主人・源兵衛と共に駆け込み女たちの人生リセットをお手伝いする、とんちきな主人公に大泉洋。ろくでもない放蕩三昧の亭主に愛想をつかし寺に駆け込む浜鉄屋のおかみさん・じょご役に戸田恵梨香。惚れて惚れて惚れぬいた男の元から何故か離れて駆け込む謎の美女・お吟に満島ひかりが挑戦する。  大泉は、「憧れの原田監督のもとで巨匠・井上ひさしさんの作品に、個性豊かな俳優陣に囲まれながら出演することが出来、大変光栄に思っております。女性の『駆込み』という事件を通して、その時代に生きる人々を時に切なく、時にコミカルに描いた娯楽作品です。恐らく皆さんが今まで観たことがないくらいスピーディーでエネルギッシュな時代劇だと思います」と期待のコメント。  戸田は「時代劇に参加することを少し恐れていたのですが、じょごを演じ、完成を観て、参加できたことを改めて幸せに思いました」と喜びを語る。  本作で初の時代劇に挑戦する原田監督は「本作の打診があったとき、『やっとラストサムライに繋がった!』と思いました。12年前、あの作品に出演したときぼくは初めて書写山円教寺と出会いました。あの壮大な寺院空間での撮影を見学したとき、いつかここで、自分の手で、日本時代劇映画の歴史を継承する作品を作るのだ、と心に誓ったわけです。」と作品への並々ならぬ思い入れを語る一方、主演に抜擢した大泉について「井上ひさし世界の戯作者を見事に演じ切っている。唯一無二です」と称賛を送っている。  『駆込み女と駆出し男』は2015年5月全国ロードショー。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access