クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

母と暮せば 関連記事

  • <日本アカデミー賞>二宮和也、最優秀主演男優賞!

    <日本アカデミー賞>二宮和也、最優秀主演男優賞!先輩・岡田准一から「次はお前だ」と激励

    映画

     第39回日本アカデミー賞授賞式が4日、都内で行われ、『母と暮せば』二宮和也(嵐)が最優秀主演男優賞を受賞した。二宮は、感情の高ぶりを必死に抑え「先輩の岡田(准一)くんから次はお前田と言われた」と、舞台裏のエピソードを興奮気味に語り、感無量の様子を見せた。@@cutter 発表前のトークでは、「山田(洋次)監督と吉永(小百合)さんって、UFOのような存在で、『本当にいるんだ!』という感じ」と茶目っ気たっぷりに語っていたが、最優秀主演男優賞の発表で名前が呼ばれると、「ビックリ」と思わず言葉に出るほど驚いた表情で、スピーチへ。    「あのー、昨年、お酒を飲みながら(授賞式を)観ていたんですが、岡田くんが受賞した時に凄くうれしくて…ところがそのうちに、凄く悔しくなってきた」と述懐。「その後、岡田くんに会った時、『次はお前だ』と言われたんですが、そこまでは僕の中ではピントは合ってなかったんですが…(興奮する気持ちを抑えながら)…凄くうれしいですね。『獲ったな!』って思います。今日はいい酒が飲めそうです」と噛み締めるように喜びを爆発させる。また、嵐のメンバーに対して、「この姿を絶対に観てくれていると思うし、喜んでくれていると思います」とこみ上げる気持ちを言葉にした。 <日本アカデミー賞優秀主演男優賞:男優一覧(★は最優秀賞受賞者)> 内野聖陽『海難1890』 大泉洋『駆込み女と駆出し男』 佐藤浩市『起終点駅 ターミナル』 ★二宮和也『母と暮せば』 役所広司『日本のいちばん長い日』

  • 黒木華、日本アカデミー賞で2年連続最優秀助演女優賞!

    <日本アカデミー賞>『母と暮せば』黒木華、2年連続最優秀助演女優賞!「この場に立てるとは思ってなかった」

    映画

     第39回日本アカデミー賞授賞式が4日、都内で行われ、『母と暮せば』の黒木華が昨年に続き、最優秀助演女優賞を受賞した。信じられないといった表情を浮かべながら、「2回もこの場に立てるとは思ってなかった」と、途中、声を詰まらせながら受賞の喜びをかみしめていた。@@cutter 昨年、『蜩ノ記(ひぐらしのき)』で最優秀助演男優賞を受賞した岡田准一からブロンズ像を受け取った黒木は、昨年『小さいおうち』、今年は『母と暮せば』と2年連続で山田洋次監督作品での受賞となったが、これについて黒木は、「山田監督と(主演の)吉永小百合さんから戦争の話をたくさん聞く事ができて、とても勉強になりましたし、お芝居する上で助けになりました」と感謝をコメント。    これに対して、司会を努める西田敏行は、黒木を「木綿のような肌触り」と表現すると、山田監督も同調。「そんな黒木さんをどう捉えれば活かせるかなと、そればかり考えていました」と微笑みながら祝福した。また、撮影の合間に主演の二宮和也(嵐)とけん玉で遊んでいたことを明かすと、それを聞いていた二宮が「端っこで監督に隠れながらやっていたので、ここでバラされるとは…」と苦笑いしていた。 <日本アカデミー賞優秀助演女優賞:女優一覧(★は最優秀賞受賞者)> 黒木華『母と暮せば』★ 夏帆『海街diary』 長澤まさみ『海街diary』 満島ひかり『駆込み女と駆出し男』 吉田羊『ビリギャル』

  • 山田洋次監督最新作『母と暮せば』クランクアップ記者会見

    二宮和也、吉永小百合は「ぼくの初めての人」“和也さん”と呼ばれドキドキ

    映画

     山田洋次監督最新作『母と暮せば』クランクアップ記者会見が12日、都内にて行われ、吉永小百合、二宮和也、黒木華、浅野忠信、山田監督が出席した。山田監督は「戦後70年にあたってこの作品を作ったのは運命的なもの」と思い入れの強さを語った。@@cutter 終戦から70年―。長崎を舞台に、原爆で一瞬にして人生を失った息子とその母親の物語を描いた、優しくて悲しいファンタジー作品。助産師の伸子(吉永) の前に、3年前原爆で失ったはずの息子・浩二(二宮)が突然現れる。楽しかった思い出やかつて将来を約束した恋人・町子(黒木華)の話をして過ごし、その日々は長く続くようにみえた…。  本作が、吉永と二宮は初共演となり親子役。二宮が「小百合さん」と呼びかけ、吉永が「和也(かずなり)さん」と呼ぶことでぐっと距離が縮まったという。二宮は、「和也と書いてかずなりと読むのですが、吉永さんから『かずなりさん』とよんでいただいて、ドキドキしました。かずなりと呼んでくれる人は身内にもいなくて、ぼくの初めての人になりました」と語る。吉永も「小百合さんと呼んで下さったのでとても嬉しくて距離がぐんと縮まった気がしました。今ではテレビで危険なことをしていると、『大丈夫かしら、うちの息子』と心配しながら見ています」と満面の笑み。  吉永は『おとうと』以来、5年ぶり5度目の山田作品への参加。二宮は山田組初参加となる。「前日に緊張したのを覚えています。現場に入ってみると、独特の空気を感じました。監督から紙とペンを渡されて『自分の名前を書いてごらん』と言いわれたような気がしました。今までの自分をかなぐり捨てて、全力で初日の現場立たせてもらいました」と初日を振り返る。  本作では二宮が寮歌を歌うシーンも含まれており、山田監督は「とても良かった。素敵なショットでしたね」と歌手・二宮和也の歌いっぷりを絶賛。二宮は「監督につきっきりで歌い方とかも教えてもらって撮影したのを覚えています」と述懐した。  作品の根底には戦争や原爆といったテーマとともに、どこにでもある日常も丁寧に描かれている。他の共演者に山田組初参加となる人気子役・本田望結をはじめ、広岡由里子、小林稔侍、辻萬長、橋爪功が出演する。 また、2014年7月から中咽頭がん治療のため活動を休止していた音楽家の坂本龍一が、音楽を担当する。  映画『母と暮せば』2015年12月12日より全国公開。

  • 『母と暮せば』で音楽を担当する坂本龍一

    坂本龍一、山田洋次監督の最新作で復帰 初タッグを繋いだのは吉永小百合

    映画

     昨年より中咽頭がんのため療養中だったミュージシャン・坂本龍一の復帰第1作目が、山田洋次監督最新作『母と暮せば』(12月12日公開)に決定。山田監督との初タッグとなる本作で、坂本は音楽を担当する。@@cutter 『母と暮せば』の舞台は長崎。1948年8月9日、助産婦をして暮らす伸子(吉永小百合)の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二(二宮和也)がひょっこり現れ、その日を境に時々顔を出すようになる。たくさんの話をして過ごすふたりの時間は、奇妙だが楽しく、その幸せは永遠に続くようにみえたが…。  今回の企画が立ち上がってすぐに、山田監督から坂本の名が挙がり、映画音楽の仕事をオファー。『男はつらいよ』シリーズの大ファンだという坂本はすぐさま快諾し、初タッグの実現に至った。また、企画発足直後の昨年4月、山田監督と主演・吉永が坂本のコンサートを訪れ、以前から親交のある吉永が両者を繋いだことが今回の話のきっかけになったという。  坂本は「『男はつらいよ』は、歳をとるほどに味わい深く感じられます。最近などはタイトルバックの江戸川が見えるだけで、涙目になってしまいます」と、山田監督作への熱い気持ちを明かし、「その山田監督から、次回作の音楽を頼まれました。しかも吉永さんが同席しています。この二人に何かを頼まれて断れる日本人がいるでしょうか。このような大作が、病気からの復帰後第一弾の仕事なのですから、ぼくは本当に幸せ者です」と喜びを語る。  一方、山田監督は「本作の企画で先ず念頭にあったのは、主役は吉永小百合、音楽は坂本龍一、このお二人しか考えられないということでした」と告白。「彼から快い承諾の返事を聞いたときは本当に嬉しかったものです。坂本さんと組んで仕事をするのは長年の夢でした。ぼくの頭の中にはすでに坂本龍一の美しい音楽が鳴り始めています」と作品への自信を覗かせた。

  • 『母と暮せば』制作発表記者会見に出席した吉永小百合

    二宮和也、吉永小百合と親子役「ファンににらまれないように」 山田洋次監督最新作

    映画

     映画『母と暮せば』製作発表記者会見が17日、都内で行われ山田洋次監督、出演者の吉永小百合、二宮和也、黒木華らが登壇した。本作は、井上ひさしの“戦後命の三部作”の最後の1作、長崎をテーマにした作品。山田監督は、「こういう企画に巡り合えるとういうことは、不思議な縁というか幸運だったなあと、運命のようなものすら感じています」と語る。@@cutter 広島の『父と暮せば』、沖縄の『木の上の軍隊』に続き、“戦後命の三部作”の3作目に取り掛かる前に亡くなった井上。山田監督は「長崎が舞台で、タイトルが『母と暮せば』に決まっていたと聞いた時に、映画にできないかなと思った」と経緯を振り返る。その後、井上氏の娘と話してこの映画のイメージが浮かんだそうで、今回遂に製作が発表となった。  吉永が演じるのは、3年前に原爆で失った息子を思い続ける母。本作への出演に「また、山田組に帰ってくることができて、とても嬉しく思っております」と挨拶し、「二宮さんと親子ということで、全国の二宮さんファンからにらまれそうな気もしていますが、素敵な親子になりたいと思います」と笑顔を見せた。  二宮が演じるのは、母の元に突如現れる“亡くなったはず”の息子。重鎮たちと同じ現場に立つことに対し、「すごく緊張していますが、ここいる意味を自分なりに問い詰めながら、監督の指導の元、色んなものを吸収していきたいと思います」と真摯にコメントする。一方で「全国の吉永さんファンににらまれないように、私も気を付けたいと思います」と会場を沸かせる場面も。  また、長崎に行ったことがないという二宮は、「今回見る景色や感じるものがイメージになっていくのかなと思っております。今は、ハウステンボス、長崎ちゃんぽんくらいの深さです」と告白。そして、「文字や写真・教科書でしか戦争を知ることができませんでしたが、この映画に触れることによって、戦争を風化させないことが使命かなと思っています」と熱い思いを語った。  映画『母と暮せば』は、2015年12月12日全国ロードショー。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access