パディントン 関連記事

  • ベン・ウィショーがパディントンの声を務めるアニメ・テレビシリーズが制作へ(※映画『パディントン』の場面写真)

    『パディントン』、CGアニメベースの子ども向けテレビシリーズが制作へ

    海外ドラマ

     ロングセラー児童小説『くまのパディントン』を実写映画化した『パディントン』。2014年の1作目と2017年の2作目に続き、俳優のベン・ウィショーがパディントンの声を務めるCGアニメベースのテレビシリーズが制作されるという。DeadlineやVarietyなどの海外メディアが報じた。@@cutter テレビドラマ版は映画版を手がけるスタジオカナルと、子供向けチャンネルのニコロデオンが進めているとのことだ。映画版プロデューサーのデヴィッド・ハイマンが指揮を取り、映画版の製作陣が参加するという。  テレビシリーズは未就学児を対象にして、映画版よりも若いパディントンの日々の冒険を描くとのこと。オープニングとエンディングは、ブラウン一家と暮らすパディントンがウィンザー・ガーデンから毎日、日々の出来事や冒険、学びについて、ルーシーおばさんに手紙を書いているというスタイルを取るという。  現在、すでに制作が進められており、テレビアニメ『ミッフィーのぼうけん』のアダム・ショーが監督を務める。脚本は海外ドラマ『ウェイステッド』のジョン・フォスターとジェームズ・ラモントが執筆する。  映画版『パディントン』シリーズは第3弾企画が進行中だ。 

  • 『パディントン3』企画が進行中(※『パディントン2』場面写真)

    『パディントン』第3弾の企画が浮上 プロデューサーが明言

    映画

     ロングセラー児童小説『くまのパディントン』を実写映画化した『パディントン』。2014年の1作目『パディントン』が本国イギリスでは『アナと雪の女王』を超えるオープニング成績を記録するヒットとなり、世界でも好評を得て2作目『パディントン2』が製作・公開されたが、第3弾の企画が動いていると、Colliderが報じた。@@cutter プロデューサーのデヴィッド・ハイマン氏が明かしたとのことだ。しかし、世界興行収入約2億6800万ドル(約303億6100万円)を上げた1作目、世界興行収入約2億2680万ドル(約256億9400万円)を上げた2作目でメガホンを取ったポール・フェイグ監督は、第3弾に関わっているものの、ハイマン氏いわく「続投しないと思う」とのことだ。  第3弾の進捗については「脚本はまだ完成していない。現在、トリートメント(あらすじよりも長い物語の概略)を作成中だ」と、ハイマン氏。フェイグ監督が2作目の脚本を担当したサイモン・ファーナビーと、アニメ『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』のマーク・バートンと共に、第3弾の構想をまとめているという。  ハイマン氏いわく、第3弾は前2作と同等のいい作品になるという確信がなければ、先に進めないとのこと。「実現することを願うよ。とても楽しいアイデアがある。どうなるかはまだ分からないがね。いいと思わなければ、やりたくない」と語っているという。

  • 『パディントン2(原題)』の撮影がスタート!

    『パディントン』続編、クランクイン! ヒュー・グラントが新たに参加決定

    映画

     ロングセラー児童小説の実写映画『パディントン』の続編となる『パディントン2(原題)』が、10月18日にイギリスでクランクインしたことがわかった。また、本作には、パディントンを狙う敵フェニックス・ブキャナン役で、英国の人気俳優ヒュー・グラントが出演することも明らかとなった。@@cutter 世界40ヵ国語で翻訳され、全世界3500万部の売り上げを誇るロングセラー児童小説を初めて実写化したとあって、本国イギリスでは『アナと雪の女王』を超えるオープニング成績を記録した前作。日本でも2016年1月に公開され、松坂桃李が声優を務め話題となった。  そんなヒット作の続編となる本作では、パディントンが大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日プレゼントとして見つけた、ユニークな飛び出す絵本が盗まれたことで始まる騒動を描く。  ヒューが演じるブキャナンは、虚栄心が強く、チャーミングで、かつては人気だったが最近は落ち目の俳優という役柄。大スターのヒューがどのように演じるのか注目される。また、アイルランドの演技派俳優、ブレンダン・グリーソンが、パディントンの新たな仲間になる伝説的な怪力男“ナックル”マギンティ役を務める。さらに、パディントンの声を担当するのは、前作同様、『007』シリーズで知られる実力派ベン・ウィショー。ブラウン一家役も、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンスを始め、全員が前作に続いて再結集する。  前作に引き続きメガホンを取るポール・キング監督は、「ヒューとブレンダンがパディントンの次なる冒険に参加してくれることに、これ以上ないほどワクワクしています。彼らと共に、この類稀なクマたちにふさわしい映画を作りたいです」と意気込みを語った。  映画『パディントン2(原題)』は、2018年公開。

  • 『パディントン』松坂桃李インタビュー

    松坂桃李「クマといえば有吉さん」 パディントン吹き替えオファーに驚く

    映画

     ドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』の鬼気迫る演技も記憶に新しく、映画では『マエストロ!』『ピース オブ ケイク』『日本のいちばん長い日』『劇場版MOZU』など幅広い役柄にトライ。松坂桃李の2015年の飛躍には目を見張るものがあった。2016年は『パディントン』で洋画吹き替えに初挑戦する彼に、役者として様々な作品を重ねて見えてきた景色。2016年への意気込みを聞いた。@@cutter 『パディントン』は、ロングセラー児童小説「くまのパディントン」シリーズを初めて実写映画化する全世界320億円超えの大ヒットを記録したハートフルな物語。ロンドンにやってきたパディントンが、慣れない都会で大騒動を巻き起こしながらも、ある一家と絆を育んでいく姿を描く。松坂はパディントン役への抜擢に「やっぱりクマというと、有吉さんのイメージが強かったので(笑)。“僕ですか?”と何度も確認しました」と驚きを隠せなかった様子。  もふもふの愛らしい風貌。紳士的な振る舞いの一方、ドジっ子な一面を見せてくれるパディントンが愛らしいが、松坂は「彼は放っておけない存在。何事に対しても一生懸命だから、周りの人たちがついつい関わりたくなってしまう。何事にも真摯に向き合う姿というのは、やっぱり周りを惹きつけるものですね」とパディントンの一番の魅力を「一生懸命さ」だと話す。  とりわけ好きなのが、パディントンを捕獲しようと付けねらうミリセント(ニコール・キッドマン)が、ガスマスクをして襲撃しに来るシーンだそうで、「パディントンはガスマスクをした人を見るのなんて初めてだから、その姿を見て“象だ!”って言うんですよね。もう、すごい面白くて(笑)!これって、普通の人間の役をやっていたら味わえないような感情ですよね。自分で演じていてもすごく新鮮で、面白かったです」と、好奇心旺盛なパディントンを通して、新たな感情を演じる面白さも経験した。@@separator 2015年は、『エイプリルフールズ』でのセックス依存症の男役、『ピース オブ ケイク』でのオカマ役、『劇場版MOZU』での殺人鬼役など、演技の振り幅の広さを見せつけた。松坂は「本当に色々な挑戦ができた一年」と2015年を述懐。「自分の中でもまだ開けたことのない扉を開けることもできたし、その分、色々な作品、色々な役によってたくさんのプレゼントももらえた。今まで見ることができなかった景色を見ると、より一層この仕事の楽しさが深まってきて、今、その色がものすごく濃くなっている感じがあります」。  さらに「その経験をちゃんと自分のものにするために、伸ばしたバネをしっかりと縮める作業をしたいと思っています。2015年はとにかく本数が多かったので、2016年は1本1本、より濃厚に、深くえぐるような感じでやっていきたいなという思いはあります」と先を見据えるが、「とにかく現場が楽しいというのをすごく実感したんです」と晴れやかな笑顔で語る姿からは、充実感と頼もしさが滲み出す。  2016年にプライベートでやってみたいことを聞いてみると、「おいしいものをたくさん食べたいです。2015年はありがたいことに現場が多かったので、ロケ弁を食べることが多くて。おいしいラーメンとか、お寿司とか、ロケ弁以外のものが食べたいですね」と笑う。彼と対峙してみて感じるのは、いつでも気取らない雰囲気と、懐の深さ。なるほど、彼にあらゆる役を任せてみたいと思う作り手が多いのも納得だ。2016年も松坂桃李の快進撃から目が離せない。(取材・文・写真:成田おり枝)  『パディントン』は1月15日より公開。

  • 松坂桃李、菅田将暉とパディントンニットでペアルック

    松坂桃李、菅田将暉とペアルック “パディントンニット”に「可愛すぎ。なんてこった」

    エンタメ

     俳優の松坂桃李が、菅田将暉とのペアルック写真をツイッターに掲載した。青と赤の色で胸元にワッペンのついたこのセーターは、松坂が日本語吹替え声優を務める映画『パディントン』のグッズのようで、松坂は「菅田もパディントンニット着てくれました。優しいね。ありがとう」とキャプションを添えている。@@cutter 最近では映画『ピース オブ ケイク』で共演した2人。プライベートでも交友があるようで、この日は『パディントン』のPRのため、菅田が松坂とお揃いで黒タートル&ニットを着用。松坂が2人の間にパディントンのぬいぐるみを持っている。  ペアルックで微笑む2人の姿に「可愛すぎです。なんてこった」「癒されます~可愛すぎ!」「二人とも素敵」「殿とフィリップの並びは堪らんです」と興奮の声が続々。また、17日に行われた映画の完成披露試写会に参加したファンからは「パディントンにデレっとしていた桃李くん、見ていてとても微笑ましかった」「パディントンと桃李くんが並んでるとホントに可愛くて癒されました」とのコメントが寄せられた。

  • 映画『パディントン』日本語吹替版完成披露試写会に登壇した松坂桃李

    松坂桃李、クリスマスデートはショッピングと遊園地!?「パディントン」と妄想デート

    映画

     俳優の松坂桃李が17日、映画『パディントン』日本語吹替版の完成披露試写会に出席。松坂は、自身が吹き替えを担当した主人公のクマ・パディントンと終始イチャイチャした様子を見せ、終盤には、クリスマスにちなんで観客席にクリスマスプレゼントを投げ込んで会場を盛り上げた。@@cutter 本作は世界40ヵ国語以上で翻訳されるロングセラー児童小説「パディントン」の実写映画版。監督・脚本はポール・キング、製作は「ハリー・ポッター」シリーズのプロデューサー、デヴィッド・ハイマンが手がけ、全世界興行収入は320億円を突破している。同イベントには松坂ほか、ブラウンさん一家の長女ジュディを演じるモデル・三戸なつめもに登壇した。  洋画吹替初挑戦の松坂は、冒頭からご満悦の様子。横にいるパディントンを見て「かわいいぜ」とニコリ。アフレコ当初から「(本作の)映像を見た時にかわいくてしょうがなかった。終始かわいいなぁと思って、そのままアフレコせずに見ていたかった。幸せな時間でした」と収録当時を振り返り、イベント中もパディントンとじゃれ合った。  パディントンを家族に招くブラウンさん一家の長女でしっかり者の勉強家ジュディの吹替えを担当した三戸は、初挑戦だったアフレコに関して「すごい難しかった」と語るも、「小さい頃からパディントンが大好きだったので、関われて幸せでした」と、三戸も松坂同様パディントンにメロメロ。  クリスマスをパディントンと一緒に過ごすなら、松坂は「大きいショッピングモールに連れて行きたい。その後遊園地とか行って、凄い絶叫マシンに乗せてやりたい。『(富士急ハイランドの)ええじゃないか』とか。あと、お化け屋敷とかどんなリアクションするのか見てみたい」とウキウキで回答。三戸は「自分の家でまったりデートをしようかな。一緒にクリスマスケーキを作って、鍋とかも一緒につつきたい」と答え、モコモコした毛皮のお腹を「枕にして寝ます」と願望を明かした。  映画『パディントン』は、2016年1月15日より全国ロードショー。

  • 映画『パディントン』アフレコ会見に登壇した松坂桃李

    松坂桃李、“クマ役”アフレコに困惑「有吉さんじゃないかと…」

    映画

     俳優の松坂桃李が26日、実写映画『パディントン』のアフレコ会見に登壇。主人公・パディントン役のボイスキャストに決まった当初を振り返り、「有吉(弘行)さんじゃないかと思った」とジョーク交じりで困惑と不安を明かし、笑いを誘った。@@cutter 本作は、世界40ヵ国語以上で翻訳、全世界3500万部以上の売り上げを誇るロングセラー児童小説『パディントン』の実写映画版。ロンドンへ家探しにやってきた紳士なクマのパディントンが、街中でドタバタを繰り広げる様を描く。英語版の声は『007』Q役でおなじみのイギリス人俳優ベン・ウィショーが演じる。  パディントンの日本語吹き替えを担当する松坂は、英国紳士風なスーツに「(パディントンの)帽子の色に合わせた」という赤ネクタイの姿で登場。公開アフレコでは、クマ特有のうなり声を表現するために右手中指で左頬をおさえ、必死に声を出す場面も見せた。  アフレコについて「クマの口の動きが非常に複雑で、アドリブのところが多い」と苦労を吐露。声優初挑戦でクマ役と聞いて当初困惑して不安だったという松坂は、「色々な役をやってきたが、今度はクマか…」と漏らし、「クマと言ったら有吉さんじゃないかと思ったんですけど」とクマ役の先輩の名をあげ、報道陣の笑いを誘った。  自身が演じるパディントンについては「パディントンは好奇心旺盛。ジャングルから出てきたこともあり、見るもの全てが新鮮。その好奇心旺盛なパディントンの動き一つ一つがかわいい」と話す松坂。会見終盤、実物大の着ぐるみのパディントンが登場すると、モフモフした手触りを味わい「やわらかい」と終始ご機嫌の様子だった。   映画『パディントン』は、2016年1月15日より全国ロードショー。

  • 松坂桃李、『パディントン』で洋画吹替え初挑戦

    松坂桃李、『パディントン』で洋画吹替え初挑戦! “世界一紳士なクマ”役に

    映画

     俳優・松坂桃李が、ロングセラー児童小説の実写映画『パディントン』(2016年1月15日全国公開)のパディントン役として洋画吹替えに初挑戦することがわかった。松坂は「最初にこのお話をいただいた時、“え?クマってどんな声?”と困惑しました」と、オファー時を心境を明かした。@@cutter 真っ赤な帽子を被った小さな紳士が、家を探しにはるばるペルーからイギリス・ロンドンにやってきた。丁寧な言葉づかいで道行く人に話しかける彼だったが、なぜか誰からも相手にしてもらえない。それは…彼が“クマ”だから。やっと出会った親切なブラウンさん一家に“パディントン”と名づけられ、屋根裏に泊めてもらうことになった日から、ドタバタの都会暮らしがスタート。果たしてパディントンは無事に家を見つけることができるのか…。  映画史上もっとも紳士なクマと言われるパディントンは、本国では『007』のQ役でお馴染みのイギリス人俳優ベン・ウィショーが声優を担当。日本では、礼儀正しく好青年でありながらチャーミングな印象がパディントンにピッタリという理由で松坂が吹替え声優に決定した。  当初、“クマ”役ということで、困惑したという松坂。だが「本編を拝見し、愛らしく、繊細な心のひだをもつパディントンにすっかり魅了されてしまいました。単にクマを演じるのではなく、パディントンを演じること」と、本編を観たことで役へのイメージが膨らんだ様子。また初の洋画吹替えについて「不安もあります。その分、新鮮な刺激にワクワクしてもいます。一つ一つの言葉を大切にパディントンの魅力が伝わるように演じられたらと思っています」と意気込みを明かした。

  • 『パディントン』2016年1月15日全国公開

    実写『パディントン』2016年公開決定! 映像解禁でひょっこり顔出し

    映画

     全世界大ヒットのロングセラー児童小説を原作とした実写映画『パディントン』が2016年1月15日に全国公開が決定した。今回、主人公であり“映画史上もっとも紳士なクマ”のパディントンがひょっこり顔出しする特報映像が解禁となった。@@cutter 舞台は、イギリスの首都・ロンドン。真っ赤な帽子を被った小さな紳士が、ペルーのジャングルの奥地からパディントン駅にやってきた。丁寧な言葉づかいで道行く人に話しかけるが、なぜか誰からも相手にしてもらえない。それは、彼が“クマ”だったから…。  本作は、世界40ヵ国語で翻訳、全世界3500万部以上の売り上げを誇る同名ロングセラー児童小説の初実写映画化作品。本国イギリスでは『アナと雪の女王』を超えるオープニング成績を記録し、アメリカをはじめ全世界で321億円を超える大ヒット。アメリカ映画批評サイトRottenTomatoでは「98%Flesh!」という驚異の支持を集めた。  特報映像では、“パディントン”がひょっこり顔出す愛らしい姿が解禁。やっと出会った親切なブラウン一家に “パディントン”と名づけられた彼が、スクリーンの中でどんな心躍る冒険を繰り広げるのか…。この冬、映画史上もっとも紳士なクマがハッピーと笑顔をお届けする。  パディントンの声を担当したのは、『007 スペクター』のベン・ウィショー。ブラウン一家として、『ダウントン・アビー』の英国伯爵グランサム役でお馴染みのヒュー・ボネヴィルをはじめ、サリー・ホーキンス、ジュリー・ウォルターズ、ジム・ブロードベントも出演。さらに、パディントンをつけ狙う謎の美女・ミリセント役でニコール・キッドマンも登場している。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access