尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48 関連記事

  • 『尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48』朝長美桜、兒玉遥、田島芽瑠インタビュー

    HKT48・兒玉遥、加入から5年経て「すごく変わった」責任感を感じるように

    映画

     HKT48初のドキュメンタリー映画『尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48』のブルーレイ&DVDが発売される。2011年の結成当初からメンバーのリアルな姿を追った本作。1期生として、当初から中心メンバーとして活躍している兒玉遥、そんな兒玉の後輩メンバーとして登場した2期生の田島芽瑠と朝長美桜。グループの人気を支え、センターを務めてきた3人が、それぞれ“HKT48”への思いを語った。@@cutter 1期生の兒玉は今年で加入5年。「5年ってまだそんなに経っていないように思うんですけど、改めてドキュメンタリーで自分を見ているとすごく変わったなと思います。お仕事として求められているものとか責任感を感じるようになりました。最初の頃はわからないことばかりで、めまぐるしく日々が進んでいく中でずっと突っ走ってきたような感じでした」と振り返る。  2期メンバーとして加入直後からセンターに抜擢された田島は「入ったばかりで、何も知らなかった時にセンターという場所をもらって…。今とは考え方も違いますが、これまで振り返る時間ってなくて、このドキュメンタリーを通して、『あの時ってこういう考え方をしていたな』と自分自身も成長を感じることができました」と話す。  2ndシングル『メロンジュース』で田島とともにセンターに抜擢された朝長は「最初は不安しかなくて、なんでいきなり私がセンターになるんだろうと思ったんですが、頑張って結果を残さなきゃと必死でした」と3年前の気持ちを述懐。  今回、本作で監督を務めたのは、なんと指原莉乃。誰よりも近くでメンバーたちと同じ時間を共有してきた彼女だからこそのメンバーの本音や涙する姿をとらえた場面も。メンバーを取材する姿や自身で担当したナレーションからもメンバーを思う気持ちが伝わってくる。@@separator そんな指原に対し兒玉は「一人ひとりと向き合って、その子の良いところを見つけ出して、魅力を磨いてくれます。自分は自己表現が得意なタイプではないんですが、さっしーからアドバイスをもらったり会話したりすることで、“伝えられること”を明確にできます」と感謝を表す。  田島も指原が監督を務めたことについて「いろんなメンバーにスポットライトを当てて、盛り上げてくれている。さしこちゃんだからこそできる距離感で、メンバーの心の裏側を聞き出せていると思います。さしこちゃんだからできたドキュメンタリーだと思います」と賞賛。また、朝長は指原と二人での撮影を振り返り、「『泣かないぞ!』って決めていたんですけど、お話が上手だから泣いてしまいました。撮られていることを忘れていました」と語る。  最新シングル『最高かよ』では、昨年加入の新人・松岡はながセンターに大抜擢された。そのことについて兒玉は、「悔しいという気持ちはなく、後輩を盛り立てていきたいという気持ちのほうが大きいです」と語る。そして、「後輩からたくさんセンター候補がでてくることは私の理想とするグループ像。はなちゃんはフレッシュ感があって、ステージからの輝きも肌で感じていますし、伸び伸びと頑張ってもらいたいなと思います」と、お姉さんのように微笑む兒玉。  最後に田島が本作について「HKT48っていつも楽しいイメージのグループですが、そのメンバーたちが泣いて本音を語ったりするという場面は今まであまりなかったので、この作品を通してそれぞれの本気を見てほしいなと思います」とアピールした。(取材・文・写真:田中裕幸)  ドキュメンタリー映画『尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48』のブルーレイ&DVDは、9月14日より発売。

  • ドキュメンタリー監督指名の裏側を語った指原莉乃

    HKT48 指原莉乃、ドキュメンタリー監督指名に「すごくイヤだった」

    エンタメ

     HKT48の指原莉乃が13日、NHKのトーク番組『スタジオパークからこんにちは』に出演。指原はHKT48初のドキュメンタリー映画『尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48』で監督を務めることになった経緯や、その取り組みなどを語った。@@cutter 総合プロデューサーの秋元康からの指名により、映画監督を務めたという指原。当初秋元から映画制作の話と共に、監督の適任者をたずねられ「HKT48のことをたくさん知っている人がいい」と答えたことから、指名を受けたという経緯を語りながら「最初はすごくイヤでした。女優になりたいわけでもないし、そもそも映画もそれ程見ないのに」と、乗り気ではなかった様子を振り返る。  また、秋元からは映画制作にあたって、マイケル・ムーア監督作品を参考にするようにとの助言も受けたという。さらに「HKT48を知らない人にも楽しんでもらう」という課題を受け、何度も編集したものを母に見せてはアドバイスを受けたことを語った。  この映画は指原がHKT48へ移籍してから、現在の成功を収めるまでの様子を描いた作品。指原は「私はとある事情があって移籍したので、反省はもちろんしているんですけど、悩みをあまり長く続かせないタイプ。すぐ前向きな気持ちに変えられました」と移籍の頃を振り返りながら「飛行機での移動が多くなるから、移籍が決まった次の日には、マイレージカードを作って『貯めよう』っていう気分でしたね」とすぐに気持ちを切り替えた様子を明かした。

  • 『DOCUMENTARY of HKT48』場面写真

    HKT48初ドキュメンタリー、場面写真解禁! 指原莉乃監督が紡ぐメンバーの素顔

    映画

     人気アイドルグループ・HKT48初のドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY of HKT48(仮題)』の場面写真が解禁となった。ステージで歌う姿はもちろん、舞台裏での素の表情をのぞかせている。@@cutter 48グループで唯一のプレイングマネージャー・指原莉乃の初映画監督作品として話題を呼んでいる本作。2012年にHKT48に加入した指原が、「自分がHKT48に来て本当に仲間のためになっているのか?」と自問しつつ、メガホンを取った。  今回、場面写真の解禁と共に、北は北海道から、南は指原の地元・大分県まで、全国22館での上演が決定。また、12月25日より私服生写真付き前売り券とムビチケの販売を開始。大黒柱・指原を筆頭に、メンバーの明るい表情が映し出されたデザインとなっている。  『DOCUMENTARY of HKT48(仮)』は2016年1月29日公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access