ペット 関連記事

  • 『ペット2』クロエ役の永作博美

    『ペット2』永作博美演じる太っちょ猫・クロエの映像解禁 沢城みゆきの続投も決定

    アニメ・コミック

     飼い主の知らないペットたちの日常をユーモラスに描くアニメーション映画『ペット』の最新作『ペット2』より、女優の永作博美が声優を担当するクロエが、猫ならではの行動をみせるトレーラー映像が公開された。併せて、沢城みゆきがポメラニアンのギジェット役を続投することも発表された。@@cutter ペットたちの裏側の日常をユーモラスに描く物語と、個性豊かで愛くるしいペットのキャラクターたちが話題となり、オリジナル・アニメーション映画史上最高の全米オープニング興収No.1を記録した『ペット』。本作はその続編にあたる。日本語吹き替え声優には、永作と沢城のほか、バナナマン・設楽統と日村勇紀が主人公マックス役とその相棒デューク役、モデルの佐藤栞里が2匹の飼い主ケイティ役を続投することが明らかになっている。  今回解禁されたトレーラー映像では、クロエがベッドで眠る飼い主を起こすべく、顔面に猫パンチを食らわせたり、大きな鳴き声を耳元で上げるシーンからスタート。ついには毛玉を吐き出し、ようやく目覚めた飼い主をうんざりさせてしまう様を描いている。  また、ギジェットにランプの傘を被っている理由を尋ねられ、酔っ払ったようなクロエが「飼い主がマタタビちょっとくれ過ぎちゃったかも~」と絡むシーンも収録。そのまま4パターンの異なる鳴き声をけたたましく披露するも、ギジェットに「気がすんだ?」と呆れられてしまう姿が捉えられている。  永作は「またクロエを演じられてとても嬉しいです。家族を含めて『ペット2』が公開されることに喜んでいます」と、今回の続投決定を家族も喜んでいることを明かす。自身の演じるクロエについて、「かわいらしいふくよかさとキレッキレの頭脳。複雑でたくさんの表情があるので、仲間たちとの会話が楽しいです」とコメント。  さらに、「前作からグレードアップしているのは間違いありません。あらゆるペットたちの真意が明らかになるはずだし、想像を超える発言や行動や出来事が沢山起こると思いますので、是非楽しみにしていただければと思います」とファンに語りかけている。  映画『ペット2』は今夏全国公開。

  • 『ペット2』マックス役の設楽統(バナナマン)

    『ペット2』バナナマン&永作博美&佐藤栞里の続投決定 最新映像到着

    アニメ・コミック

     飼い主の知らないペットたちの日常をユーモラスに描くアニメーション映画『ペット』の最新作『ペット2』より、前作の日本語吹き替え版で主人公マックスを演じたバナナマンの設楽統、相棒デュークを演じた日村勇紀ら声優陣が続投することが発表された。併せて、物語の始まりを描いた最新映像が公開された。@@cutter 2016年に公開された前作『ペット』は、飼い主が留守にしている間のペットたちの日常をユーモラスに描く物語と、個性豊かで愛くるしいペットのキャラクターたちが話題となり、全米公開時にはオリジナル・アニメーション映画史上最高の全米オープニング興収、そしてイルミネーション・エンターテインメント作品史上No.1の全米興収を記録。日本でも映画『ジュラシック・ワールド』を超え、ユニバーサル・ピクチャーズ作品史上No.1初日興収を叩き出し、2016年の洋画成績ランキングでは4位にランクインしている。そんな前作で大活躍した個性豊かなペットのキャラクターたちが、本作でも再び登場する。  バナナマンの2人のほか、佐藤栞里が2匹の飼い主ケイティ役、永作博美がペット仲間の太った猫クロエ役を続投することも明かされた。  設楽は、今回の続投決定に「特に家族には自慢できますから!」と喜びのコメント。前作の大ヒットを受け「(声優を務めるのは)約3年振りですが、めちゃめちゃプレッシャーですよね。まだまだこれからもどんどん感じるんじゃないかなと思いますけど、作品が素晴らしいのでその辺は大丈夫だと思います!」と作品の質には全幅の信頼をおいている様子。これからのアフレコについては「前作では、収録後半からすごくノっていって、ゾーンに入ったみたいな時があったので、今作は前半からゾーンに入れるよう、最初からマックスになりきりたい思います!」と気合い十分だ。 今回解禁された特別映像は、本作の物語の始まりとなる、マックスが飼い主のケイティと共に病院を訪れるシーンからスタート。散歩だと思って外出したマックスが連れていかれたのは、なんと行動障害の名医がいる病院。病院の待合室に入ると、強烈な個性のペットたちが次々と登場する。  「僕、行動障害じゃないんだけど」と話すマックスに「オレもだ。おかしいのは人間のほうさ」と語る情緒不安定な猫。同じ場所を走っているのに、同じ場所にいることに疑問を抱くハムスター。思い込みが激しく勝手に不安になる犬。「火、つけちゃうんだよー」と不気味に笑顔を見せる双子猫。最後には「おかしなやつばっか」「あら、もっとおかしくなるわよ」という犬と猫の会話で映像は幕を閉じる。マックスは病院でどのように診断されるのか。今回はどのような大騒動が起こるのか。新たな展開に期待がふくらむ映像となっている。  映画『ペット2』は今夏全国公開。

  • 『ペット』最新作

    『ペット』最新作が来年夏に公開! 日本オリジナル版特報が解禁

    アニメ・コミック

     飼い主の知らないペットたちの日常をユーモラスに描くアニメ映画『ペット』の最新作『The Secret Life of Pets 2(原題)』が、2019年夏に公開されることが決まり、日本オリジナルの特報が解禁された。前作でも活躍した雑種犬マックスがなぜか首にエリザベスカラーを巻いていたり、ウサギのスノーボールがスーパーマンに変身したりする姿が映し出されている。@@cutter 2016年に公開された前作『ペット』は、飼い主が留守にしている間のペットたちの日常をユーモラスに描く物語と、個性豊かで愛くるしいペットのキャラクターたちが話題となり、全米公開時にはオリジナル・アニメーション映画史上最高の全米オープニング興収、そしてイルミネーション・エンターテインメント作品史上No.1の全米興収を記録。日本でも映画『ジュラシック・ワールド』を超え、ユニバーサル・ピクチャーズ作品史上No.1初日興収を叩き出し、2016年の洋画成績ランキングでは4位にランクインしている。そんな前作で大活躍した個性豊かなペットのキャラクターたちが、本作でも再び登場する。  特報では、テリア混ざりの雑種犬マックスが、首にエリザベスカラーを巻いていることを気にするふうもなくボールに夢中。姉御的存在である猫のクロエと、元気でかわいいポメラニアンのギジェット、そして自称色男だけどちょっぴりおバカなメルたちは、飼い主の猫耳と靴下で猫になって遊ぶ。さらには前作で、とある少女に飼われることになったウサギのスノーボールは、スーパーマンのスーツを着て「俺様もパワーアップだ!」と叫ぶ。新たなペットの仲間も顔を見せ、またもや飼い主がいない間に巻き起こる秘密の大騒動を予感させる映像となっている。  映画『ペット』最新作は2019年夏全国公開。

  • 現在も公開中であり、2016年映画界をけん引した『君の名は。』

    2016年映画興収、前年比108.5%で2355億円 『君の名は。』けん引か

    映画

     一般社団法人 日本映画製作者連盟発表による2016年の「全国映画概況」が発表された。全体の入場人員は前年比108.1%増の1億8018万9000人。さらに、興行収入は前年比108.5%増の2355億800万円となり、同連盟による2000年以降の統計では最高の数値を記録した。@@cutter 2016年の公開本数は全体で前年比101.1%増の1149本。その内訳は洋画が539本で前年比97.1%と2.9ポイント下げた一方、邦画の作品数は610本と前年比105%で5ポイント上回っていた。  作品ごとの興行収入をみると、昨年8月に公開され現在もロングランを続ける新海誠監督による長編アニメ映画『君の名は。』が235億6000万円(今月22日時点/150日間での成績)を記録し、2016年の映画界をけん引したことがうなずける。また、同時期に話題を集めた7月公開の『シン・ゴジラ』は82.5億円で同作に続いて2位に。以降、63.3億円を数えた『名探偵コナン 純黒の悪夢』など、邦画の上位10作品のうち8作品が東宝配給の作品となった。  一方、洋画では2015年12月に公開された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が116.3億円を売り上げトップに。続いて、76.3億円の『ズートピア』、68.3億円を数えた『ファインディング・ドリー』と、ディズニー作品が上位で存在感をみせる形となった。 2016年邦画興行収入(単位:億円) 1位:『君の名は。』235.6 2位:『シン・ゴジラ』82.5 3位:『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)63.3 4位:『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』55.3 5位:『ONE PIECE FILM GOLD』51.8 6位:『信長協奏曲 ノブナガコンツェルト』46.1 7位:『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』41.2 8位:『暗殺教室~卒業編』35.2 9位:『orange‐オレンジ‐』32.5 10位:『映画 聲の形』23.0 ※『君の名は。』1月22日時点 2016年洋画興行収入(単位:億円) 1位:『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』116.3 2位:『ズートピア』76.3 3位:『ファインディング・ドリー』68.3 4位:『ペット』42.4 5位:『オデッセイ』35.4 6位:『007 スペクター』29.6 7位:『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』27.8 8位:『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』26.6 9位:『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』26.3 10位:『ジャングル・ブック』22.1

  • 『ペット』佐藤栞里インタビュー

    佐藤栞里、吹き替え初挑戦は「びっくりするくらい楽しかった」“ペット愛”も告白

    アニメ・コミック

     バラエティ番組で引っ張りだこの人気モデル・佐藤栞里が、映画『ペット』で吹替え声優に初挑戦している。「演じていて自分でもびっくりするくらい楽しかったです」と語るほど充実していた初アフレコ体験とともに、大の愛犬家でもある佐藤が“ペット愛”についても熱く語った。@@cutter バラエティ番組で引っ張りだこの人気モデル・佐藤栞里が、映画『ペット』で吹替え声優に初挑戦している。「演じていて自分でもびっくりするくらい楽しかったです」と語るほど充実していた初アフレコ体験とともに、大の愛犬家でもある佐藤が“ペット愛”についても熱く語った。  『ペット』は2015年に公開され、全世界で大ヒットした映画『ミニオンズ』を生み出したイルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・スタジオが再びタッグを組んだ作品。飼い主が留守にしている時、ペットたちは一体どんなことをしているのだろう…。ペットたちの裏側の日常をユーモラスに描き出している。  佐藤が演じるのは、主人公の犬・マックスとデュークの飼い主・ケイティ。愛犬への深い愛情をもつキャリアウーマンで、「ショートカットで、身長が高くて、年齢も同じくらいで、ワンちゃんも飼っていて、お仕事もしていて…。自分と近い役柄だったのがありがたいなと思いました」と語る。実際、キャスティングにあたって佐藤とルックスが似ていることも大きかったという。  マックスとデュークを演じるのはバナナマンの二人。先にバナナマンが収録したあと、それに合わせて佐藤が録音を行ったという。「お二人ともすごく表現力が豊かで、日村さんであり、設楽さんなんですけど、それを忘れてしまうくらい、マックスとデュークとして存在されていたので、だから私もケイティになり切ってこの中に入ろうとすると、すごく感情を乗せやすかったし、初めてだったので感謝しています」とやりやすい環境で収録に臨めたようだ。  初アフレコということで、とまどいも少なくはなかった。「演技用の声の出し方をしたことがなかったので、自分では大きな声を出しているつもりでも、アニメになると観ている人には全然伝わらない。監督さんから『遠くの人に向かってしゃべっているつもりで声を出して』と教えていただいたので、自分にできる最大限の声で表現しました。『これちょっとやり過ぎなんじゃない』と思うくらいがちょうどよかったりしたのが、すごくびっくりしました」とエピソードを明かす。@@separator 初のアフレコを終えて、「最初は緊張感のほうが勝ってたんですけど、進むに連れて『楽しい!もっと頑張りたい』という気持ちのほうが自然と強くなりましたね。とにかくマックスとデュークが可愛くて、ほんとに我が子のように思えたし、だからこそ感情を乗せられたのかなと思います」という。  本作では、小さくて可愛い間は愛情を注ぐのに、成長すると捨ててしまう人間に動物たちが復讐を企む場面もあるが、自分の愛犬については「もちろん大きくなっても飼い続けたいです」と力強く語る。「捨てられてしまったり、傷ついている動物が多くいることにびっくりして悲しくなります」と心から残念そうな表情に。「ワンちゃんは家族同然なので、一生かけて守るべきだと改めて思いました」と述懐した。  最後に『ペット』について、「動物たちの毛並み、瞳、仕草、すべて一秒一秒見逃してほしくないくらい可愛いです。可愛さがいっぱい詰まってるので、楽しんだり、癒されたりしてもらえたら」とオススメするとともに、『ケイティのペットに対する愛がみなさんに伝わればと思います!」とアピールした。  映画『ペット』は8月11日より全国ロードショー。

  • 『ペット』未公開シーン含む予告解禁! “山ちゃん”に凄む沢城みゆきが必見

    『ペット』未公開シーン含む予告解禁! “山ちゃん”に凄む沢城みゆきが必見

    アニメ・コミック

     映画『ペット』の未公開シーンを含んだ予告映像が解禁となった。映像では、これまで明かされてきたペットたちのおかしなお留守番中の様子に加え、飼い主や仲間たちとのユルくも強い“絆”を感じさせられる内容に仕上がっている。@@cutter 全世界で大ヒットとなった『ミニオンズ』を生み出したイルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・スタジオが再びタッグを組んだ本作。アメリカではオープニング3日間の成績がオリジナルアニメーション作品歴代1位という驚異的な記録をたたき出した。  公開された映像では、ダンボール箱に入れられていた仔犬時代のマックスがケイティと運命的な出会いを果たす瞬間から、愛情にあふれた幸せそうな日々までを捉える。しかし、マックスはひょんなことから新入りのデュークと共にNYの街中で迷子になってしまう。奮闘する仲間のペットたち。真っ白でフワフワなポメラニアンのギジェットが、愛しのマックスの居場所を吐かせるためにドスのきいた声で野良猫オゾンを脅すシーンは必見だ。  声優には、テリア混ざりの雑種犬マックス役を設楽統(バナナマン)、ずんぐりむっくりしたのろまな犬・デューク役を日村勇紀(バナナマン)、マックスの飼い主で思いやりに溢れたケイティ役を佐藤栞里、マックスとデュークを救うために仲間たちを一つにまとめる姉御肌の猫・クロエ役を永作博美が演じるほか宮野真守、梶裕貴、沢城みゆき、銀河万丈、山寺宏一、中尾隆聖と豪華キャストも出演する映画『ペット』は、8月11日より全国ロードショー。また、短編アニメーション『ミニオンズ:アルバイト大作戦』も同時上映されることも決定している。

  • 『ペット』吹替え版完成報告会見の様子

    宮野真守&梶裕貴、“誰にも見せていない姿”を告白 映画『ペット』会見に登壇

    アニメ・コミック

     映画『ペット』の吹替え版完成報告会見が12日に都内で行われ、ボイスキャストの宮野真守、梶裕貴、お笑いコンビ・バナナマンの設楽統、日村勇紀の2人、佐藤栞里、永作博美、そして主題歌を担当した家入レオが登壇。宮野は自身が演じたタカのキャラクターが平泉成に似ていると言われ、「それ言っちゃいます?」と笑顔を見せた。@@cutter 本作は、飼い主が留守にしている時に、ペットたちがどんな暮らしを送っているのかという素朴な疑問に着目して制作されたアニメ作品。劇中では、飼い主の元を離れて迷子になってしまった犬のマックスやデュークといったペットたちが繰り広げる大冒険が描かれる。  マックスやデュークらに手を貸すこととなるタカのタイべリアス役を務めた宮野は、かなり低い声でのアフレコを振り返り、「ここまでチャレンジしたのは初めてで、完成するまで僕もドキドキだったんです。でも、意外とできますね。これから役の幅が広がるかな?」と役柄の声のまま話し、設楽に「平泉成さん?」といじられると「それ言っちゃいます?」とにっこり。  タイべリアスに食べられかけるモルモットのノーマンを演じた梶は、ストーリーに絡めて、誰にも見せていない姿を質問されると、実家で飼っているシーズーの肉球を嗅ぐのが好きだと回答。「焼いたそら豆みたいな匂いがするんです。すごくいい香りというわけではないですけど、一回嗅ぐと病みつきになる」と笑顔でコメント。  一方の宮野は、昔飼っていたヤドカリとのエピソードを披露。「(貝の)入口に息を吹きかけると、(渇くのを嫌がって)出てくるんです。それをまた(貝の)中に入れるっていうことをやっていたんですけど、最終的には一生取れないだろっていう力で下唇を挟まれて、一人でのたうち回ってました」と話して、会場を沸かせていた。    映画『ペット』は、8月11日より全国ロードショー。

  • 映画『ペット』でアニメ声優初挑戦の永作博美

    永作博美、『ミニオンズ』スタッフ最新作でアニメ声優初挑戦

    アニメ・コミック

     映画『ミニオンズ』のイルミネーション・スタジオと、ユニバーサル・スタジオが再びタッグを組んだ最新アニメ『ペット』(8月11日公開)。その日本語版吹き替えの追加キャストとして、女優の永作博美が発表された。永作は仲間たちを一つにまとめる姉御肌の猫クロエの役を担当、アニメーション声優は初の挑戦となる。@@cutter 本作は「飼い主がいない時、ペットたちは一体どんなことをしているのか」と言う興味深いテーマで、ペットたちの日常の裏側をユーモラスに描いたアドベンチャー。これまでお笑い芸人・バナナマンの設楽統と日村勇紀、初声優となる佐藤栞里をはじめ、バラエティに富んだ日本語吹替キャスト陣が発表されている。  自身も幼少期にも様々な動物を飼っていて、ペットとともに過ごす生活に慣れ親しんでいたという永作は「ペットの世界という異空間を体験できるのかとワクワクしました」と今回のオファーを喜んだという。  クロエというキャラクターについては「無愛想さがかわいいです。おいしいものに目がなく、いくらでも食べたい気持ち分かります」と自身との共通点を認識している様子で、「すこしオーバーめなお芝居?が出きそうで、楽しみです!」と出演の意気込みを語っている。

  • 映画『ペット』と同時上映となる短編アニメ『ミニオンズ:アルバイト大作戦』場面写真

    ミニオンズ、今度は“アルバイト”で大騒動!? 短編アニメ場面写真初公開

    アニメ・コミック

     飼い主が家を留守にしている時のペットたちを描いたアニメ『ペット』と同時上映される短編アニメーションの邦題が『ミニオンズ:アルバイト大作戦』に決定し、ミニオンたちが大集合した可愛い場面写真が初公開となった。@@cutter 映画『ペット』は2015年に公開され、全世界で空前の大ヒットとなった映画『ミニオンズ』を生み出したイルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・スタジオが再びタッグを組んだ作品。飼い主が留守にしている時、ペットたちは一体どんなことをしているのだろう…。ペットたちの裏側の日常をユーモラスに描き出す。  そんな作品と同時上映される『ミニオンズ:アルバイト大作戦』では、ミニオンたちが最高の“あるもの”を手に入れるためにお小遣い稼ぎに奮闘する姿が描かれる。公開された場面写真では左からカール、ケビン、フィル、スチュアート、ジュリーのミニオン達。フィルの手には「19ドル95セント」と書かれた紙、他のミニオンたちもそれぞれシャベルやほうきを持ち、その後ろではペットの犬が不思議そうにその姿を見守っているという、ミニオンズのゆる~いかわいさが垣間見れる写真となっている。  一体ミニオンズは何が欲しいのか?そのためにどんなアルバイトに挑むのか?そして、いつでもどこでも大騒動を巻き起こす彼らが、果たして無事に仕事を終えることができるのか…。  映画『ペット』と、同時上映短編アニメ『ミニオンズ:アルバイト大作戦』は8月11日より同時上映。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access