クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

レッドタートル ある島の物語 関連記事

  • スタジオジブリ『レッドタートル ある島の物語』再上映が決定!

    米アカデミー賞ノミネート『レッドタートル ある島の物語』1週間限定で再上映

    映画

     昨年9月に公開されたスタジオジブリ長編最新作『レッドタートル ある島の物語』が、米国アカデミー賞「長編アニメーション映画部門」にノミネートされたことを受けて、全国5都市5劇場で1週間限定の記念上映が行われることがわかった。@@cutter 同作は、マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督による長編映画。嵐の中、荒れ狂う海に放り出され、九死に一生を得て無人島へたどり着いた一人の男。島からの脱出を試みるも見えない力により何度も島へ引き戻される絶望の中で、ある日、一人の少女が男の前に現れる。  アニメーション制作のほとんどがフランスで行われたという同作は、構想10年、制作8年という大作。わずか8分30秒で丹念に父と娘の絆を描いた、マイケル監督の短編『父と娘』(旧邦題『岸辺のふたり』/2000年)を観たスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーみずから「監督の長編を観たい」と2006年に提案。マイケル監督も尊敬する高畑勲監督から助言を受けることを条件に快諾し、実現したという。  同作はすでに第69回カンヌ国際映画祭で「ある視点」部門特別賞、第44回アニー賞でインディペンデント長編アニメーション映画賞を獲得。日本時間の2月27日午前に行われる米アカデミー賞では「長編アニメーション映画部門」の受賞も期待される。  映画『レッドタートル ある島の物語』は2月25日から3月3日に、札幌シネマフロンティア、TOHOシネマズ 日本橋、TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ、TOHOシネマズ 梅田、TOHOシネマズ 天神で上映。

  • アニー賞、『レッドタートル ある島の物語』が受賞!

    アニー賞、ジブリ『レッドタートル』が受賞! 『君の名は。』受賞逃す

    アニメ・コミック

     “アニメのアカデミー賞”と称される第44回アニー賞の授賞式が現地時間4日にカリフォルニア州ロサンゼルスで開催。スタジオジブリの新作『レッドタートル ある島の物語』がインデペンデント最優秀長編作品賞を受賞した。@@cutter マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットがメガホンを取った『レッドタートル ある島の物語』は、遭難した男が無人島からの脱出を試みるも、見えない力によって何度も引き戻されてしまう姿を描く作品。『Long Way North(原題)』『百日紅 Miss HOKUSAI』『My Life as a Zucchini(原題)』『君の名は。』を退けての受賞となった。  日本で大ヒット中の『君の名は。』は同賞を逃したほか、メガホンを取った新海誠監督がノミネートされていた長編監督賞も惜しくも落選。こちらは『ズートピア』のバイロン・ハワード監督とリッチ・ムーア監督が受賞している。『ズートピア』は他にも作品賞、キャラクターデザイン賞、絵コンテ賞、声優賞、脚本賞を獲得し、最多となる6部門を制した。 第44回アニー賞の主な受賞結果は下記の通り。 インデペンデント最優秀長編作品賞『レッドタートル ある島の物語』 作品賞『ズートピア』 監督賞『ズートピア』 キャラクターデザイン賞『ズートピア』 絵コンテ賞『ズートピア』 声優賞『ズートピア』 脚本賞『ズートピア』 キャラクターアニメーション賞『Kubo and the Two Strings(原題)』 美術賞『Kubo and the Two Strings(原題)』 編集賞『Kubo and the Two Strings(原題)』

  • 最多14のノミネーションを獲得した『ラ・ラ・ランド』

    アカデミー賞『ラ・ラ・ランド』が最多!ジブリ『レッドタートル』ノミネート

    映画

     第89回アカデミー賞のノミネーションが日本時間24日に発表され、映画『セッション』(15)で注目を集めたデイミアン・チャゼル監督の『ラ・ラ・ランド』が、作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、脚本賞、撮影賞、作曲賞、歌曲賞(2曲)などを含む最多14のノミネーションを獲得した。また、長編アニメ賞ではスタジオ・ジブリが仏ワイルド・バンチと共同プロデュースしたマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督の『レッドタートル ある島の物語』は、同部門で他の4作品と受賞を争うことになる。『君の名は。』と『百日紅~Miss HOKUSAI~』は惜しくもノミネート入りを逃した。@@cutter 1950年の『イブの総て』と1997年の『タイタニック』に並ぶ最多14のノミネートを獲得した『ラ・ラ・ランド』。LAを舞台に、愛と夢の狭間で揺れ動く女優とジャズピアニストの関係を描くミュージカルだ。デイミアン・チャゼル監督が初の監督賞に輝くか、注目されるところだ。主演男優賞にノミネートされたライアン・ゴズリングと主演女優賞にノミネートされたエマ・ストーンは、共にゴールデン・グローブ賞に輝いているが、同部門にはそれぞれ誰が受賞してもおかしくない強豪が揃っている。  海に投げ出され無人島に漂流した男がその島で体験する不思議な出来事を描く『レッドタートル ある島の物語』は、大ヒットしたディズニーの『ズートピア』や『モアナと伝説の海』などとオスカー像を争うことになる。  作品賞は今年、『ラ・ラ・ランド』を始め、メル・ギブソン監督の『Hacksaw Ridge(原題)』、ケネス・ロナーガン監督の『マンチェスター・バイ・ザ・シー』、バリー・ジェンキンズ監督の『ムーンライト』など、9作品の秀作が揃っており、デッドヒートを繰り広げそうだ。  授賞式は日本時間2月27日にアメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターにて開催。第89回アカデミー賞主要部門のノミネーションは以下の通り。 ■作品賞 『メッセージ』 『Fences(原題)』 『Hacksaw Ridge(原題)』 『最後の追跡』 『Hidden Figures(原題)』 『ラ・ラ・ランド』 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 『ムーンライト』 ■主演男優賞 ケイシー・アフレック『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 アンドリュー・ガーフィールド『Hacksaw Ridge(原題)』 ライアン・ゴズリング『ラ・ラ・ランド』 ヴィゴ・モーテンセン『はじまりへの旅』 デンゼル・ワシントン『Fences(原題)』 ■主演女優賞 イザベル・ユペール『ELLE(原題)』 ルース・ネッガ『ラビング 愛という名前のふたり』 エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』 ナタリー・ポートマン『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』 メリル・ストリープ『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』 ■助演男優賞 マハーシャラ・アリ『ムーンライト』 ジェフ・ブリッジス『最後の追跡』 ルーカス・ヘッジズ『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 デヴ・パテル『LION/ライオン ~25年目のただいま~』 マイケル・シャノン『Nocturnal Animals(原題)』 ■助演女優賞 ヴィオラ・デイヴィス『Fences(原題)』 ナオミ・ハリス『ムーンライト』 ニコール・キッドマン『LION/ライオン ~25年目のただいま~』 オクタヴィア・スペンサー『Hidden Figures(原題)』 ミシェル・ウィリアムズ『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 ■監督賞 ドゥニ・ヴィルヌーヴ『メッセージ』 メル・ギブソン『Hacksaw Ridge(原題)』 デイミアン・チャゼル『ラ・ラ・ランド』 ケネス・ロナーガン『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 バリー・ジェンキンズ『ムーンライト』 ■長編アニメ賞 『Kubo And The Two Strings(原題)』 『モアナと伝説の海』 『My Life As A Zucchini(原題)』 『レッドタートル ある島の物語』 『ズートピア』 ■外国語映画賞 『ヒトラーの忘れもの』(デンマーク) 『幸せなひとりぼっち』(スウェーデン) 『セールスマン』(イラン/フランス) 『Tanna(原題)』(オーストラリア) 『ありがとう、トニ・エルドマン』(ドイツ)

  • ロサンゼルス映画批評家協会賞のアニメーション映画賞に輝いた『君の名は。』

    『君の名は。』ロサンゼルス映画批評家協会賞アニメ映画賞受賞 新海誠「マジですか」

    アニメ・コミック

     米ロサンゼルス映画批評家協会が現地時間4日、優れた作品や映画人に贈る2016年ロサンゼルス映画批評家協会賞を発表。日本では8月26日公開後、空前のロングランヒットを続ける新海誠監督の『君の名は。』(16)が、アニメーション映画賞を受賞した。@@cutter アニメ『君の名は。』は飛騨の山奥に暮らす少女・三葉と東京の都会に暮らす少年・瀧が、彗星の接近により不思議な巡り合わせを体験するさまを描く。  同賞の発表時にロサンゼルスにいたという新海監督は、自身のツイッターに「LAで取材中に嬉しいニュース。『君の名は。』がロサンゼルス映画批評家協会賞、アニメ部門受賞だそうです。なんと。マジですか……。」とコメント。受賞の喜びを表した。  同部門ではスタジオジブリがプロデュースしたマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督のアニメ『レッドタートル ある島の物語』(16)が次点に選出されている。また日本の作家・遠藤周作の小説『沈黙』原作、マーティン・スコセッシ監督がメガホンを取った映画『沈黙 ‐サイレンス‐』(2017年1月21日公開)で井上を演じた俳優イッセー尾形が、助演男優賞の次点に選ばれた。  ロサンゼルス映画批評家協会賞の作品賞はバリー・ジェンキンス監督の『Moonlight(原題)』が受賞した。

  • 『君の名は。』が第44回アニー賞にノミネート

    『君の名は。』アニー賞で2部門にノミネート 『ズートピア』は最多10部門

    アニメ・コミック

     “アニメのアカデミー賞”と称される第44回アニー賞のノミネート作品が発表となり、新海誠監督の『君の名は。』、原恵一監督の『百日紅~Miss HOKUSAI~』、マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督の初の長編アニメとなるスタジオジブリ作品『レッドタートル ある島の物語』がインデペンデント最優秀長編作品賞にノミネートされたことが明らかになった。@@cutter 受賞者・受賞作品は、現地時間2017年2月4日にUCLAで開催される授賞式で発表される。インデペンデント最優秀長編作品賞のその他の候補は、フランスとデンマークの共同制作作品『Long Way North(原題)』と、スイスのストップモーションアニメ『My Life as a Zucchini(原題)』。計5作品の闘いとなる。  『君の名は。』はまた、新海監督が監督賞にもノミネートされ、『レッドタートル ある島の物語』は他に、脚本賞、視覚効果賞、音楽賞、そしてデュドク・ドゥ・ヴィット監督が監督賞候補に名を連ねる。  最多ノミネーションは、最優秀長編作品賞を含む10部門11ノミネートとなったディズニーの『ズートピア』。続いて同じく10部門でのノミネートを獲得したフォーカス・フィーチャーズ/ライカによる日本を舞台にした『Kubo And The Two Strings(原題)』となった。  最優秀長編作品賞にノミネートされたのは、『ファインディング・ドリー』『Kubo And The Two Strings(原題)』『カンフー・パンダ3』『モアナと伝説の海』、そして『ズートピア』の5作品となっている。

  • ファン必見の『ジブリの大博覧会』に行ってみた!超巨大猫バスに空飛ぶ飛行船も

    ファン必見の『ジブリの大博覧会』に行ってみた!超巨大猫バスに空飛ぶ飛行船も

    アニメ・コミック

     六本木ヒルズ展望台の東京シティービュー内スカイギャラリーで、スタジオジブリの30年間の歩みを膨大な資料と共に展示する、『ジブリの大博覧会~ナウシカから最新作「レッドタートル」まで~』のプレス向け内覧会が6日、実施された。会場には、最新作の『レッドタートル ある島の物語』から『風の谷のナウシカ』などの代表作にまつわる品々が展示されたほか、超巨大な猫バスや空飛ぶ飛行船まで登場し、訪れた人々を驚かせた。@@cutter 『風の谷のナウシカ』などの代表作のポスターに彩られた入り口をくぐった来場者が最初に目にするのは、最新作『レッドタートル ある島の物語』展。同作は、『岸辺のふたり』で米国アカデミー賞短編アニメーション映画賞を受賞するなど、世界中から注目を集めるマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督の最新作。    ゴーギャンら芸術家の作品と共に並ぶ同作の絵コンテや劇中カットの数々は、温かみのある色調と、無駄のない画面構成が印象的だ。さらに進むと、若かりし日の宮崎駿監督や鈴木敏夫プロデューサー、そして高畑勲監督の写真が登場。大きなトトロのぬいぐるみや、天井に住み着いている(?)まっくろくろすけも来場者を出迎えてくれる。  続いては、「ジブリの大博覧会」展。ここでは、ジブリ作品がどのように生み出されていったのか、そしてどのように宣伝されたのかといった制作の軌跡が、数多の資料と共に紹介されている。世界に一枚しかないといわれる『風の谷のナウシカ』の第1弾ポスターや、1枚しか制作されなかった『ギブリーズ episode 2』のポスター、そして敏腕プロデューサー・鈴木敏夫直筆の筆文字や同氏が使った机、さらには宣伝案の覚書、各種グッズ、巨大なポニョ、『紅の豚』に登場する飛行艇などが所狭しと並ぶ様は圧巻。    プレスも撮影禁止の秘蔵エリアでは、スタジオジブリの何気ない日常や打ち上げ風景を収めた写真や、『千と千尋の神隠し』で第75回アカデミー賞長編アニメーションを受賞した時のオスカー像、第52回ベルリン国際映画祭の金熊賞トロフィー、さらには海外版ポスターなどの貴重な品々を見ることができる。@@separator秘蔵エリアを抜けると現れるのは、超巨大な猫バス。行き先が六本木になっているほか、靴を脱げば中に入って腰かけることも可能なので、ぜひ記念撮影をしてほしい。爽やかな風を感じさせる廊下を進むと、ジブリ作品に登場した飛行機や機械達が展示されている「空飛ぶ機械達」展が登場。この展示は、本展で初公開となった特別企画で、なんといっても注目なのは、実際に上下に動く飛行船。その精密な動きには、目を奪われること必至だ。他にも、都市や飛行機の模型、そして『天空の城ラピュタ』のビジュアルなども、海抜250メートルの高さを誇る会場と、見事な調和を見せている。  「空飛ぶ機械達」展を抜けてエスカレーターで降りると、オフィシャルショップが見えてくる。ここではこれまでに発売された商品から、『レッドタートル ある島の物語』関連商品まで、多くのジブリグッズが勢ぞろい。「バルス!」という文字がインパクト大なTシャツや、涼やかな音色を聞かせてくれる風鈴などのグッズは、夏の思い出として買っておきたい。    さあ、盛りだくさんの大博覧会もこれで終わり…ではない!案内員の指示に従って、うっかり出口に向かわないよう気を付けよう。というのも、スカイギャラリーに併設されているカフェ「THE SUN」では、ジブリ作品をイメージした料理が提供されているのだ。『天空の城ラピュタ』に登場する料理をイメージした「目玉焼きトースト」&「肉団子のスープ」などのオリジナルメニューは、ジブリファンなら絶対に味わっておきたい。  『ジブリの大博覧会 ~ ナウシカから最新作「レッドタートル」まで~』は六本木ヒルズ展望台 東京シティビューにて2016年7月7日から9月11日まで開催。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access