クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY- 関連記事

  • 5月6日~7日全国映画動員ランキング1位:『美女と野獣』

    『美女と野獣』V3達成! 岡田准一主演『追憶』は4位発進

    映画

     5月6~7日の全国動員ランキングが興行通信社より発表され、週末土日動員62万9000人、興収8億9300万円をあげた『美女と野獣』が公開から3週連続で1位を獲得した。累計動員473万1000人、興収は66億9600万円に達しており、公開から16日間での興収60億円突破は、最終興収116億円をあげた『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』と並ぶ記録。『美女と野獣』公開から3週間の週末動員は72万9000人→68万3500人→62万9000人。歴史的ヒットを記録した『アナと雪の女王』が60万2300人→68万800人→69万1300人と、徐々に数字を挙げていったように、来週以降どこまで数字をキープできるかがビッグヒットの鍵となりそうだ。@@cutter 『美女と野獣』にトップを奪われているものの『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』が3週連続で2位をキープ。こちらも累計53億円を突破しており、依然シリーズ最高興収63億3000万円超えも可能な数字だ。3位も先週同様『ワイルド・スピード ICE BREAK』がランクイン。こちらも公開2週目で累計興収25億円を超えており、大ヒットと言えるだろう。  4位には、降旗康男監督×木村大作カメラマンという日本映画のレジェンドがタッグを組んだ『追憶』が初登場でランクイン。初週土日動員18万人、興収2億2700万円をあげた。主演の岡田准一をはじめ、小栗旬や柄本祐、安藤サクラといった実力派俳優たちが顔をそろえ、重厚な人間物語が展開される本作。往年の映画ファンも興味を持つ組み合わせであり、平日の稼働も期待できるため、ゴールデンウィーク後も数字を伸ばす可能性は大いにある。  7位にも初登場の『ラストコップ THE MOVIE』がランクイン。週中の公開だったにも関わらず、初週土日動員8万1000人、興収9600万円という数字は好結果と言えるだろう。また、真島ヒロの人気コミックをアニメ化した『FAIRY TAIL』の劇場版第2弾『劇場版 FAIRY TAIL ‐DRAGON CRY‐』が10位に初登場。  その他、公開8週目の『SING/シング』は9位にランクイン。累計興収は49億2600万円を超えており、同スタジオ作品の『ミニオンズ』の持つ52億円を射程圏内に入れた。  5月6日~7日全国映画動員ランキングは、以下の通り。 1位:美女と野獣 2位:名探偵コナン から紅の恋歌 3位:ワイルド・スピード ICE BREAK 4位:追憶 5位:帝一の國 6位:映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ 7位:ラストコップ THE MOVIE 8位:無限の住人 9位:SING/シング 10位:劇場版 FAIRY TAIL ‐DRAGON CRY‐

  • 『劇場版FAIRY TAIL ‐DRAGON CRY‐』柿原徹也インタビュー

    柿原徹也、役者として・人としての「幅が広がった」8年間共に歩んだ『FAIRY TAIL』

    アニメ・コミック

     「“いつ”終わるとかではなくて、最高の終わり方に興味がある」。声優・柿原徹也は、自身が主人公を務める人気シリーズ『FAIRY TAIL』について、キッパリとこう答えた。公開を迎えた『劇場版FAIRY TAIL ‐DRAGON CRY‐』は、原作者・真島ヒロが自ら描き下ろした約200ページに及ぶ渾身のネームを基に創られたオリジナルストーリーであり、『FAIRY TAIL』最終章の幕開けを担う。だからこそ柿原は、“終わり”について自身の考えを語ったのだ。@@cutter 物語の舞台は、断崖絶壁に囲まれた孤島・ステラ王国。世界を滅ぼすほどの力を秘めるという魔法の杖・ドラゴンクライがフィオーレ王国の反逆者・ザッシュによって、奪われステラ王国の国王・アニムスの手に渡ってしまう。魔導士ギルド・フェアリーテイルのナツ、ルーシィ、ハッピー、グレイ、エルザ、ウェンディ、シャルルは、ドラゴンクライ奪還の依頼を受け、ステラ王国に潜入する。そして、ドラゴンクライを巡る攻防の中で、フェアリーテイルの面々は、アニムスに仕える魔導士・ソーニャと出会う…。  「役者にとって、映画化されるということは、すごく嬉しいこと」と、満面の笑みで喜びを語った柿原。「ドラマCDやゲームが次に求めることはTVアニメーション、そしてTVアニメーションが次に求めることが劇場版。だから、劇場版になるということはすごく嬉しいことだし、多くの人に求められているんだなと思います」と口にする。ゆえに、求められているのがわかるからこそ、「力も入っちゃうよね」と照れ笑いを浮かべる。  壮大なクライマックスへの“始まり”として描かれるという本作。柿原自身もこれまでにTVアニメ全277話と、劇場版1作で主人公ナツを演じてきた。「役者として生活している僕がナツにマッチした」という柿原は、ナツを演じる際の声はほぼ地声だと言う。その理由は、オーディション時の、「おはようございます!柿原です!よろしくお願いいたします!」という挨拶の声で、関係者一同「あ、ナツだ」と思ったから…ということらしい。そう思われていたとは露知らず、当時「ナツの声が全然浮かばなくて…、“グレイ狙っていこう”って思ってたんです(笑)」と、茶目っ気たっぷりに振り返った。@@separator 本シリーズで演じるナツも同じく、演じるすべての役柄で「『この役は、カッキーのほうがわかってる』と言われたい」と、力を込める。そう言われたいからこそ「中途半端なことや生半可なことはできないです。誰にでもできる役にはしたくない」と強い口調で続ける。  ナツというキャラクターを自身の力で掴み取った印象の柿原だが、「僕は役に恵まれているんです」と思いがけない言葉が返ってくる。「役者陣も同世代が多くて、他の作品で主役を演じていたメンバーが当時集まったのがこの作『FAIRY TAIL』だったんです。そういうメンバーと巡り会って、僕の芝居の核になるようなことを教わりました。そこから作り上げてきたのがナツです」と自信をみせる。  だが、「ナツに会わなかったら、地声で芝居をするということはなかったかもしれない。『おはようございます』の挨拶ひとつで、役が決まるという経験もなく、カッコつけた芝居しかしない役者になっていたかもしれない。本当にナツと出会ったことで、役者としての幅や人としての幅が広がったなと思います。8年間、ナツと一緒に歩んで来たんだなぁと思いますね」。(取材・文:ほりかごさおり)  『劇場版FAIRY TAIL ‐DRAGON CRY‐』は5月6日より公開中。

  • 『劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』場面写真

    『劇場版 FAIRY TAIL』予告解禁 ナツの正体がいよいよ明らかに…!?

    アニメ・コミック

     全世界累計発行部数6,000万部を超えるベストセラーコミックの映画版『劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』の予告編・場面写真・チラシが到着した。予告編では「竜の墓。それは破れていったドラゴンたちの終焉の地」というナレーションから切り出し、この地に眠っているといわれるドラゴンクライを巡る戦いをテンポよく見せていく。@@cutter 今回の劇場版は原作者・真島ヒロが自ら描き下ろした約200ページに及ぶ渾身のネームを基に創られたオリジナルストーリー。断崖絶壁に囲まれた孤島・ステラ王国を舞台に、ナツやルーシィら、おなじみのメンバーに加え、魅力的な劇場版オリジナルキャラクターたちがスクリーンを彩っていく。  フィオーレ王国の神殿に祀られた魔法の杖・ドラゴンクライは世界を滅ぼすほどの力を秘める。しかし、この杖が王国の反逆者・ザッシュによって奪われ、ステラ王国の国王・アニムスの手に渡ってしまう。ドラゴンクライ奪還の依頼を受けた魔導士ギルド・フェアリーテイルのナツたちはザッシュを追ってステラ王国へと潜入。さまざまなな思惑が交錯する中、フェアリーテイルは世界の危機に立ち向かうことになる。  原作の真島ヒロは本作について「『DRAGON CRY』は、『FAIRY TAIL』の最終章につながるエピソードのひとつです。今回はエンターテインメントに特化した作品にしたいと思い、前回の劇場版とはまた違ったアプローチでネームを描きました。映画を見てくれたファンの皆さんに楽しんでいただきたいので、たくさんのサプライズも用意しています。ぜひスタッフロールが終わる最後まで、妖精たちの活躍を観てください」とアピールしている。  『劇場版FAIRY TAIL ‐DRAGON CRY‐』は5月6日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access