クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1 関連記事

  • 9月16日~17日全国映画動員ランキング1位:『エイリアン:コヴェナント』

    【映画ランキング】『エイリアン:コヴェナント』初登場1位!『エウレカ』は8位にランクイン

    映画

     9月16~17日の全国動員ランキングが興行通信社より発表され、リドリー・スコット監督が手掛けた1979年公開『エイリアン』の20年前を舞台に、エイリアン誕生秘話を描いた最新作『エイリアン:コヴェナント』が、初週土日動員13万8300人、興収1億9400万円をあげ、初登場1位に輝いた。@@cutter 近年の同監督作品のオープニング成績は『オデッセイ』(最終興収35.4億円)が動員33万200人、興収4億9600万円、『エクソダス:神と王』(最終興収7.7億円)が動員14万1800人、興収1億8500万円、『プロメテウス』(最終興収18.1億円)が動員20万100人、興収3億200万円という数字だった。当面は10億円が目標か。  2位は先週の1位からワンランクダウンした『ダンケルク』。週末土日動員13万8200人、興収2億500万円という結果で、興収では『エイリアン:コヴェナント』より高い数字を叩き出した。累計では動員59万8000人、興収8億5000万円を突破。20億円を十分狙える数字となっている。  3位から5位までは、先週の2位から4位の『三度目の殺人』『関ヶ原』『怪盗グルーのミニオン大脱走』がそのままワンランクずつ数字を下げた形でスライド。『関ヶ原』は累計興収19億円、『怪盗グルーのミニオン大脱走』はついに70億円を突破した。  6位は、初週土日動員5万2000人、興収7500万円をあげた『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』が初登場ランクイン。大根仁監督作品のオープニング成績は『モテキ』が動員17万6500人、興収2億4500万円、『バクマン。』が動員18万4200人、興収2億5100万円、『SCOOP!』が動員12万7000人、興収1億5600万円という数字。やや物足りない数字となったが、今後の巻き返しに期待だ。  その他、SFロボットアニメ『交響詩篇エウレカセブン』の劇場版3部作の第1部『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』が初登場で8位にランクインしている。  9月16日~17日全国映画動員ランキングは、以下の通り。 第1位:エイリアン:コヴェナント 第2位:ダンケルク 第3位:三度目の殺人 第4位:関ヶ原 第5位:怪盗グルーのミニオン大脱走 第6位:奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール 第7位:君の膵臓をたべたい 第8位:交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1 第9位:ワンダーウーマン 第10位:打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

  • 名塚佳織、三瓶由布子、『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』完成披露舞台挨拶に登壇

    三瓶由布子&名塚佳織、TVシリーズから12年 再び臨んだ『エウレカセブン』への思い

    アニメ・コミック

     アニメーション映画『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』(9月16日公開)の完成披露舞台挨拶が5日、都内の劇場で行われ、主人公・レントン役の三瓶由布子、ヒロイン・エウレカ役の名塚佳織、京田知己総監督が出席した。@@cutter 英雄を父に持つ14歳の少年レントンが、美しい少女・エウレカを守るために奮闘する姿を描いた『交響詩篇エウレカセブン』。2005年にテレビアニメとして放送された本作が、劇場版3部作として新たに製作される。  テレビアニメ終了後も、ゲームや2009年に公開された劇場版でキャラクターに声をあててきたが、本作はこれまでのシーンやセリフも再構成される。レントン役として再びアフレコに臨んだ三瓶は「自分への挑戦ではないですが、当時20歳だった自分がどんな風に演じたのかを考えつつ、新たに2017年の私が演じるということで、緊張であり、楽しみであった」と心境を振り返った。  今日の舞台挨拶を控え、昨晩は「ソワソワして、あまり眠れなかった」という名塚は、「新たなエウレカセブンを楽しんでもらえると思いながらも、どう受け止めてもらえるのか不安でもある」と素直な気持ちを吐露。収録は「エウレカセブンとして会うは久しぶりだったのにも関わらず、スッとあの時の空気感に入れた」としたが、「12年経つと声質も段々年をとり、経験が増えると芝居にのってしまう。当時の感覚を断片的に思い出していく作業をやっていたので、幸せな1日だったけど長かった1日だった」と苦労を明かした。  新作では、これまで描かれなかった、10年前に世界を揺るがせた大事件「ファースト・サマー・オブ・ラブ」を映像化し、新たな物語を紡いでいく。京田総監督は「手描きのロボットアニメのアクションシーンを作るのが1番こだわった。手描きのロボットアニメではなかなか観ることのできない描写と尺ですね」と胸を張った。  会場には主題歌「Glory Days」を歌う、歌手の尾崎裕哉がサプライズ登壇。京田総監督が「主題歌を悩んでいた時、たまたまiTunesを聞いたのが尾崎さん。聞いて『あ、ここにいた』と思った」と起用理由を話すと、尾崎は「とてもうれしかったです。ついに自分の時代がきたと思ってしまった」と喜んだ。

  • エウレカ最新作主題歌『Glory Days』のアニメ版MV解禁

    映画『エウレカセブン』、アニメ版MV解禁! 初お披露目の劇中映像も収録

    アニメ・コミック

     感動のテレビシリーズから12年の時を経て、新たに描かれるレントンとエウレカの物語『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』が劇場3部作としてファン待望の映画化。公開に先駆けて、アーティスト・尾崎裕哉による主題歌『Glory Days』のアニメ版ミュージックビデオが解禁された。@@cutter 映画『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』は、2005年4月からテレビ放送され大ヒットを記録したSFロボットアニメの最新シリーズ。地球上を覆う情報生命体・スカブコーラルと人類の戦いが巻き起こした世界の危機“サマー・オブ・ラブ”から10年。英雄アドロックの残された息子・レントン(CV:三瓶由布子)に、新たな運命の転機が訪れることになる……。  伝説のアーティスト・尾崎豊を父に持つ尾崎裕哉は、レントンと同様に「父の成し遂げられなかったことを果たしたい」という思いを胸に本作の主題歌を担当。レントンの気持ちを投影したという解禁されたミュージックビデオでは、最新作のレントン、アドロック、エウレカたちが登場。  映像では「PLAY BACK」と「PLAY FORWARD」というキーワードが繰り返し浮かび上がり、過去を振り返りつつも未来へと踏み出そうとするキャラクターたちの躍動が描かれ、始めてお披露目されるシーンも多数収録されており期待の膨らむ仕上がりとなっている。  映画『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』は、9月16日より全国公開。

  • 劇場版『エウレカセブン』最新作、予告編&ポスタービジュアル解禁!

    劇場版『エウレカセブン』最新作、予告編&ポスタービジュアル解禁!

    アニメ・コミック

     テレビシリーズの放映から12年、2000年代を代表するロボットアニメ『交響詩篇エウレカセブン』が、劇場版3部作『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』として新たに描かれることが決定。そして、本作の予告編とポスタービジュアルが解禁された。@@cutter 本作は、鬱屈とした日々を送る少年・レントン(CV:三瓶由布子)と少女・エウレカ(名塚佳織)の出会いを中心に描かれるSF作品。地球上を覆う情報生命体・スカプコーラルと人類の戦いが巻き起こした世界の危機“サマー・オブ・ラブ”から10年、地方都市ベルフォレストで暮らすレントンであったが、やがて、様々な人々との出会いや別れを経験することに…。  レントンの「これから始まるのは出会いと別れについてのあれこれ」という語りから始まる予告編では、「あの時のこと、あの子のこと」というセリフとともにエウレカも登場。約1分半にわたる映像の中では、“サマー・オブ・ラブ”から人類を救うべく戦ったレントンの父・アドロック(CV:古谷徹)の熾烈な戦い、そして、息子との絆を感じさせるシーンも収録されている。  予告編でも流れる本作の主題歌「Glory Days」を担当する尾崎裕哉は「すごく力強いサビができたので、それを組み立てるまでのメロディを何度も繰り返し考えました」と制作中のエピソードについてコメント。また、尾崎豊さんの息子であることから「僕はレントンと境遇が似ているところがあって、その葛藤とか『ああ、こういったことあったなぁ』と重ねる部分もありました」と思いを吐露している。  さらに、ポスタービジュアルには「あの時のこと、あの子のこと…」「オレの見つけた大切なもの」というキャッチコピーと共に、切ない表情で空を見るレントンの姿が。バラバラになったバイクやパソコンなどのガラクタに囲まれて、何かに思いを巡らす彼の表情からは劇場版への期待もふくらませられる。  映画『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』は、9月16日より全国ロードショー。

  • 『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』レントン役三瓶由布子とエウレカ役名塚佳織

    劇場版『交響詩篇エウレカセブン』三瓶由布子、名塚佳織&古谷徹の出演決定

    アニメ・コミック

     映画『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』の公開日が決定し、メインキャストが解禁となった。主人公レントン役三瓶由布子やエウレカ役名塚佳織などお馴染みのキャストが『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』以来、8年ぶりに集結。さらに、レントンの父アドロック・サーストン役を古谷徹が演じることがわかった。古谷は「2日ほど思考回路が作動しませんでした」と役に全力投球したことを述懐している。@@cutter 三瓶は「この映画が作られたのは、ひとえに皆さんの“エウレカ愛”のおかげです。本当にありがとうございます。私もまたエウレカに出会うことができて幸せです。会うたびに彼女に恋をしています。世界中のレントンたちへまた一緒に恋をしましょう」とファンに呼びかけ、名塚は「大好きなチームで作品が作れること、本当にうれしく思っております。それもこれも応援し続けてくださった皆様のおかげです。1人でも多くのお客様に楽しんでいただけるよう、懸命に取り組みますので、どうぞ最後まで見守っていただけますと幸いです」とアピールしている。  『交響詩篇エウレカセブン』は2005年放送。少年レントンが、ヒロイン・エウレカと出会い、世界を知る旅に出るというストーリーは多くの視聴者の共感を呼び、2009年に公開された劇場版『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』がわずか公開館数6館のスタートながら興行収入1億円のヒットを記録した。新劇場版ではテレビアニメシリーズのすべてのセリフを再構築し、これまで正面から描かれることはなかった大事件「ファースト・サマー・オブ・ラブ」の物語も展開する。  劇場版新3部作の第1作『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』は9月16日より全国ロードショー。5月20日発売の前売券特典にはオリジナルクリアファイルがついてくる。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access