ザ・シークレットマン

リーアム・ニーソンがFBI副長官を熱演

【解説/みどころ】
リドリー・スコット製作、リーアム・ニーソン主演の実話を基にしたサスペンス。リチャード・ニクソン大統領辞任の引き金となった“ウォーターゲート事件“の全容を白日の下に晒し、ニクソン政権の不法行為や腐敗を暴いた内部通告者、FBI副長官マーク・フェルトの姿と、事件の全貌を描く。監督は『コンカッション』のピーター・ランデズマン。


【ストーリー】
FBI副長官マーク・フェルトは、“ウォーターゲート事件“の捜査を指揮していたが、進まない捜査に苛立っていた。やがてフェルトは、ホワイトハウスがCIAを通じ捜査を妨害していることを察知し、事件そのものがホワイトハウスの陰謀によるものだと悟る。

キャスト
リーアム・ニーソンダイアン・レインマートン・ソーカストニー・ゴールドウィンアイク・バリンホルツジョシュ・ルーカスマイカ・モンローマイケル・C・ホールトム・サイズモアジュリアン・モリスブルース・グリーンウッドノア・ワイリーエディ・マーサン
スタッフ
監督: ピーター・ランデズマン 脚本: ピーター・ランデズマン 原作: ジョン・D・オコナー
原題
MARK FELT THE MAN WHO BROUGHT DOWN THE WHITE HOUSE
上映時間・制作年
103分/2017年
制作国
公式サイト
http://secretman-movie.com/
配給
クロックワークス

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access