50回目のファーストキス 関連記事

  • プライベートでも仲が良い山田孝之とムロツヨシがハワイを巡るスペシャル映像の一部が公開!

    山田孝之&ムロツヨシがハワイを散策!『50回目のファーストキス』スペシャル映像到着

    映 画

     『斉木楠雄のΨ難』「勇者ヨシヒコ」シリーズなどで知られる福田雄一監督初の本格ラブストーリー作品で、山田孝之と長澤まさみが主演した映画『50回目のファーストキス』のブルーレイ&DVDが11月2日にリリースされる。リリースに先駆け、豪華版のみに封入される特典ディスクに収録の映像特典「大輔&ウーラの休日!山田孝之とムロツヨシのハワイゆる~り旅」スペシャル映像の一部が解禁された。@@cutter 本作は、天文学者になる夢を抱きながらハワイでツアーガイドとして働く大輔(山田)と、事故の影響で記憶が1日しかもたない瑠衣(長澤)の、笑って泣ける、最高にハッピーなラブストーリー。山田、長澤のほか、ムロツヨシや勝矢、太賀、山崎紘菜、大和田伸也、佐藤二朗ら豪華キャストも出演している。  今回、一部が公開されたスペシャル映像には、本作で親友役の山田とムロが撮影の合間にハワイを散策する模様に密着した映像が収められている。プライベートでも仲が良い2人は、終始リラックスムードだ。 @@insert1  車中では、山田演じる大輔の恋人・瑠衣を演じた長澤の愛称を決めることに。「ハニー」という山田に対し、ムロは長澤の名前の頭文字をとって「まー」と提案。山田も「“まー”いいな!今日は“まー”でいきますか」と賛同し、長澤の愛称が“まー”決定した。  さらに、山田はムロに即興で『まー』というタイトルの曲を作るよう無茶ぶり。撮影したシーンを思い返しながらムロが「一緒に食べたかった ガーリックシュリンプ♪まー♪まー♪まー♪」と歌いだすと、山田もムロの歌に合わせてリズムをとる。実に楽しそうな、素顔満載の“男2人旅”の様子が伝わってくる映像だ。 @@insert2  特典ディスクには、今回公開された映像をはじめ、約100分の映像特典を収録。瑠衣がカフェで朝食にワッフルを食べる象徴的なシーンでのNGシーンや未公開映像など、ファン必見の映像が多数収録されている。さらに、劇中で瑠衣が毎日書き続ける「瑠衣の日記」(中面90ページ)も初回生産限定特典として封入される。  『50回目のファーストキス』のブルーレイ&DVDは、11月2日(金)発売、同時レンタル開始。デジタル先行配信中。 @@insert3

  • 『50回目のファーストキス』ブルーレイ&DVDリリース!デジタル配信!

  • 映画本編でカットされた山田孝之&長澤まさみの未公開シーンを解禁!

    長澤まさみが山田孝之を誘惑!?『50回目のファーストキス』未公開シーン解禁

    映 画

     山田孝之と長澤まさみが主演した映画『50回目のファーストキス』のブルーレイ&DVD発売に先駆け、豪華版の特典ディスクに収録される「未公開映像&NGシーン」の中から、映画本編でカットされた山田と長澤の未公開シーンの一部が解禁された。ゴルフ中の大輔(山田)を甘い言葉で誘惑する肉食系の瑠衣(長澤)の姿に注目だ。@@cutter 本作は、プレイボーイから一転、一人の女性を想い続けるようになった大輔と、交通事故の後遺症により新しい記憶が1日で消えてしまう瑠衣の、笑って泣けるハッピーなラブストーリー。映画『斉木楠雄のΨ難』や「勇者ヨシヒコ」シリーズなどで知られる福田雄一監督が初の本格ラブストーリーに挑んだ作品としても話題となった。  今回公開された映像は、長澤演じる瑠衣が山田演じる大輔を甘い言葉で誘惑するという、本編ではカットされた未公開シーンの一部。2004年に公開されたアダム・サンドラーとドリュー・バリモア主演の『50回目のファースト・キス』にも類似したシーンがあり、オリジナル版を彷彿とさせる。 @@insert1  映像は、大輔、ウーラ(ムロツヨシ)、和彦(勝矢)、すみれ(山崎紘菜)の4人がゴルフ場をラウンドするシーンからスタート。ウーラは自身が経営するレストランを訪れた女性客を大輔に紹介しようとするが、大輔には気になる女性がいるようで、新たな出会いに乗り気ではない様子だ。大輔に密かに想いを寄せるすみれは「もしかしてそれ、灯台下暗し的な?」と自分のことだと勝手に思い込む。そんなすみれに対し、ウーラが「どうした?なんでお前が照れてるんだよ!」とつっこむ場面もあり、福田組ならでの掛け合いが続く。  そんなウーラたちを横目にボールを打つ大輔だが、ボールはグリーンを超えて崖下へ…大輔がボールを拾いに崖下へ向かうとそこに瑠衣が現れる。驚きながらも「ずっと君のことを考えてた」という大輔に、瑠衣は「あなたを食べちゃいたい。明日も、明後日も…」とささやきながら誘惑。映画本編の瑠衣とは一味違う、セクシーで肉食系の瑠衣が見られる。  実はこのシーンは、ゴルフ中に気絶した“大輔の夢”という設定。そんな設定だけに「こんなことあったらいいな」という男性の妄想を実現したような展開となっている。 @@insert2  豪華版ブルーレイ&DVD セットのみに封入される特典ディスクには、今回公開された映像をはじめ、瑠衣がカフェで朝食にワッフルを食べる象徴的なシーンのNGや、山田とムロが撮影の合間にゆる~くハワイを散策する「大輔&ウーラの休日!山田孝之とムロツヨシのハワイゆる~り旅」スペシャル映像など、ファン必見の映像が約100分も収録されている。さらに、劇中で瑠衣が毎日書き続けた「瑠衣の日記」(中面90ページ)も初回生産限定特典として封入される。  映画『50回目のファーストキス』ブルーレイ&DVDは11月2日(金)発売&レンタル開始。デジタル先行配信中。 @@insert3

  • 「ハワイなので気持ちはすごく良いですね」と笑顔を見せる山田孝之

    山田孝之と長澤まさみが意気込みを語る!『50回目のファーストキス』映像特典公開

    映 画

     『斉木楠雄のΨ難』「勇者ヨシヒコ」シリーズなどで知られる福田雄一監督初の本格ラブストーリー監督作品で、山田孝之と長澤まさみが主演した映画『50回目のファーストキス』のブルーレイ&DVD が11月2日にリリースされる。リリースに先駆け、山田と長澤が全編完全ハワイロケの意気込みや役作りについて語る映像特典の一部が公開された。@@cutter 本作は、プレイボーイから一転、一人の女性を想い続ける大輔と記憶が1日しか持たない瑠衣を、山田と長澤が魅力的に演じ、ムロツヨシ、勝矢、太賀、山崎紘菜、大和田伸也、佐藤二朗ら豪華キャスト陣の出演も話題となった、笑って泣けるラブストーリー。2004年に公開されたドリュー・バリモア主演の『50回目のファースト・キス』と同じく、全編ハワイで撮影が行われた。 @@insert1  今回公開された映像は、豪華版ブルーレイ&DVDセットの特典ディスクに収録されているメイキング&インタビュー映像の一部。「ハワイなので気持ちはすごく良いですね」と笑顔を見せる山田は、「でも、1ヵ月間もハワイなんて絶対だらけちゃうので、それが大丈夫なのか…」とハワイでの撮影について率直な気持ちを語る。また、自身が演じた大輔について「キャラクターとしてはガチガチに作り込むキャラクターではないので、割とフラットに自分に近い感じで出来るんじゃないかと思います」と演じたポイントを明かす。 @@insert2  一方で長澤は、キスシーンが多い本作について「恥ずかしいなって(笑)。恥ずかしさが出ないように、撮影で少しずつ山田さんに慣れたらなと思います」と、率直な気持ちを告白。さらに、「もともと人気のある作品なので、原作のファンの方にも受け入れてもらえる作品にしなくちゃいけないなというプレッシャーはありますけど、日本の笑いに変えて新しく生まれ変わると思うと楽しみなところが多いので、楽しく面白いものを作れたらなと思います」と、笑いが絶えない福田組ならではの撮影に参加する意気込みを語っている。 @@insert3  豪華版ブルーレイ&DVDセットのみに封入される特典ディスクには、今回公開された映像のほかに、未公開映像やNGシーンはもちろん、山田とムロが撮影の合間にゆる~くハワイを散策する「大輔&ウーラの休日!山田孝之とムロツヨシのハワイゆる~り旅」スペシャル映像など、ファン必見の映像特典が収録されている。さらに、劇中で長澤演じる瑠衣が健気に毎日書き続けるあの「瑠衣の日記」も初回生産限定特典として封入される。  映画『50回目のファーストキス』のブルーレイ&DVDは、11月2日(金)発売、同時レンタル開始。デジタル先行配信中。 @@insert4

  • 長澤まさみ演じる瑠衣の“想い”が明らかに!「瑠衣の日記」の一部が公開

    『50回目のファーストキス』長澤まさみ演じる瑠衣の“想い”が明らかに! 日記の一部公開

    映 画

     山田孝之、長澤まさみが主演を務め、『斉木楠雄のΨ難』「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一監督がメガホンをとった映画『50回目のファーストキス』。同作の公式ツイッター(@50kissjp)が更新され、記憶が1日しか持たない瑠衣(長澤)が毎日の出来事を書き残していた日記の一部が公開された。@@cutter 本作は、ハワイのオアフ島を舞台に、ツアーガイドとして働きながら天文学の研究をしているプレイボーイの大輔(山田)と、明るくて魅力的な地元の女性、瑠衣との恋愛模様を描くラブストーリー。劇場公開後は女性を中心にSNSで口コミが広がり、興行収入12.5億円超えの大ヒットを記録した。  今回、同作の公式ツイッターで一部が公開された「瑠衣の日記」は、11月2日発売の『50回目のファーストキス』豪華版ブルーレイ&DVDセットに封入されるもの。事故のことを知った日のページには、「私は彼と付き合ってるみたい。全然覚えてないけど」「大輔は日本人。私より少し年上。ハワイには結構前から住んでる」「一緒にいると楽しい」など、大輔について細かく書かれており、瑠衣の想いの全てを知ることができる。 @@insert1  映画『50回目のファーストキス』のブルーレイ&DVDは、11月2日(金)発売。 引用:https://twitter.com/50kissjp

  • 山田孝之、長澤まさみ主演の話題作『50回目のファーストキス』ブルーレイ&DVD発売決定!

    山田孝之、長澤まさみ主演『50回目のファーストキス』11月2日BD&DVD発売決定

    映 画

     山田孝之、長澤まさみが主演を務め、『斉木楠雄のΨ難』「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一監督が初の本格ラブストーリーに挑んだ映画『50回目のファーストキス』のブルーレイ&DVDが11月2日に発売されることがわかった。豪華版は、本編ブルーレイとDVDに、未公開シーンやNGシーンなど貴重な映像が収録された特典ディスク(DVD)がついた3枚組となっている。@@cutter 劇場公開後は女性を中心にSNSで口コミが広がり、興行収入12.5億円超えの大ヒットを記録した本作。毎日の出来事を健気に記録し、純粋に生きる瑠衣(長澤)の姿と、毎日何度でも瑠衣を思い、彼女を純粋に愛する大輔(山田)の姿に感動の声が続出した。  さらに、2004年に公開されたドリュー・バリモア主演の『50回目のファースト・キス』と同じく全編完全ハワイロケを敢行したことや、ムロツヨシ、勝矢、太賀、山崎紘奈、大和田伸也、佐藤二朗ら豪華キャストの共演、平井堅が本作のためだけに書き下ろした主題歌「トドカナイカラ」も大きな話題を呼んだ。 @@insert1  今回、発売日が発表された本作のブルーレイ&DVD 豪華版には、メイキング&インタビュー、未公開映像やNG シーンはもちろん、山田とムロが撮影の合間にゆる~くハワイを散策する「大輔&ウーラの休日!山田孝之とムロツヨシのハワイゆる~り旅」スペシャル映像など、貴重な映像の数々が初収録されている。  また、福田監督、山田、長澤、太賀によるオーディオコメンタリーも新録。さらに、劇中で瑠衣が健気に毎日書き続けるあの「瑠衣の日記」も封入もされている。  『50回目のファーストキス』ブルーレイ&DVDは、11月2日(金)発売。同時レンタル開始。9月26日(水)より順次デジタル先行配信。

  • 7月14日~7月15日全国映画動員ランキング1位:『ジュラシック・ワールド/炎の王国』

    【映画ランキング】『ジュラシック・ワールド』新作が首位発進 公開4日間で20億超!

    映 画

     7月14~15日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が、初週土日動員83万3190人、興収12億1654万円をあげ、初登場1位に輝いた。これは、2015年に公開され、年間興行収入ナンバーワンとなった『ジュラシック・ワールド』のオープニング興収対比144.1%という高い数字。さらに7月13日~16日までの公開4日間で、動員145万3273人、興収21億677万円という圧倒的な数字を叩き出した。@@cutter 2位も初登場の『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』が、初週土日動員44万人、興収5億円をあげランクイン。公開初日から4日間では、動員73万人、興収8億3000万円という結果だった。  公開から2週連続首位だった『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は、週末土日動員12万8000人、興収1億7000万円で3位にランクイン。累計では動員122万人、興収16億9000万円を突破した。  4位は、公開6週目を迎えた『万引き家族』が週末土日動員10万3000人、興収1億3000万円をあげランクイン。累計では動員317万人、興収38億円を超えた。  その他、公開5週目の『空飛ぶタイヤ』が5位、公開7週目の『50回目のファーストキス』が9位に。それぞれ累計で『空飛ぶ~』が動員120万人、興収15億円、『50回目の~』が動員87万人、興収12億円を突破している。  7月7日~7月8日全国映画動員ランキングは、以下の通り。 第1位:ジュラシック・ワールド/炎の王国 第2位:劇場版ポケットモンスター みんなの物語 第3位:ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー 第4位:万引き家族 第5位:空飛ぶタイヤ 第6位:虹色デイズ 第7位:それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星 第8位:名探偵コナン ゼロの執行人 第9位:50回目のファーストキス 第10位:パンク侍、斬られて候

  • 7月7日~7月8日全国映画動員ランキング1位:『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』

    【映画ランキング】『ハン・ソロ』がV2!『虹色デイズ』は3位発進

    映 画

     7月7~8日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』が、週末土日動員19万6965人、興行収入2億9265万円を記録し、公開から2週連続で1位に輝いた。累計では89万7104人、興収12億4939万円を突破した。@@cutter 2位は、公開から5週目の『万引き家族』が、週末土日動員12万6000人、興収1億6800万円をあげランクイン。累計では動員285万人、興収34億円を突破している。  3位は初登場の『虹色デイズ』が、初週土日動員8万7000人、興収1億1000万円をあげランクイン。原作は、累計発行部数335万部突破の水野美波による同名コミック。少女コミックでありながら、主人公が4人の男子高校生という斬新な設定で、佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、中川大志、高杉真宙、横浜流星が主演を務める。  4位は、週末土日動員7万6000人、興収1億円をあげた『空飛ぶタイヤ』がランクイン。先週からワンランクダウンしたが、累計で動員100万人、興収13億円を突破。30~50代の男性を中心に、息の長い興行が期待される。  5位は公開2週目の『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』、6位には公開6週目の『50回目のファーストキス』、7位には公開2週目の『パンク侍、斬られて候』がそれぞれランクイン。『50回目~』は累計興収11億円を超えた。  公開から13週目を迎えた『名探偵コナン ゼロの執行人』は8位。累計興収は85億円を突破し、『世界の中心で、愛を叫ぶ』を抜き、歴代興収55位となった。  7月7日~7月8日全国映画動員ランキングは、以下の通り。 第1位:ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー 第2位:万引き家族 第3位:虹色デイズ 第4位:空飛ぶタイヤ 第5位:それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星 第6位:50回目のファーストキス 第7位:パンク侍、斬られて候 第8位:名探偵コナン ゼロの執行人 第9位:ワンダー 君は太陽 第10位:デッドプール2

  •  6月30日~7月1日全国映画動員ランキング1位:『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』

    【映画ランキング】『ハン・ソロ』が『万引き家族』のV4を阻止してトップに!

    映 画

     6月30~7月1日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』が、初週土日動員37万5293人、興収4億9938万円をあげ、初登場1位に輝いた。公開初日からの3日間では、動員48万6380人、興行収入6億 5825万円という結果だった。配給によると、『スター・ウォーズ』ファンはもちろん、親子連れやカップル、小中学生の男子グループ、年配の方々など、幅広い層が劇場には足を運んでおり、今後も数字をさらに伸ばす可能性が大だ。@@cutter 公開から3週連続で1位をキープしていた『万引き家族』は、2位とワンランクダウンしたものの、週末土日動員19万人、興収2億2400万円という安定した数字を残している。日曜日の前週動員比は115%と、まだまだ勢いは続きそうだ。累計では興収30億円を突破している。  3位は『空飛ぶタイヤ』が、週末土日動員13万2000人、興収1億5500万円という数字でランクイン。先週より順位を1つ落としたが、累計では11億円を超えた。  4位は初登場の『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』が、初週土日動員11万2116人、興収1億2108万円をあげランクイン。このオープング興収は、昨年公開された『それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』との動員比140%で、シリーズ最高。絶好のスタートを切ったといえるだろう。また、同じく初登場の芥川賞作家・町田康の時代劇を、石井岳龍監督が手掛けた『パンク侍、斬られて候』は、5位にランクインした。  既存作品では、公開5週目の『50回目のファーストキス』が6位、公開12週目の『名探偵コナン ゼロの執行人』が7位にランクイン。『50回目~』は累計10億円、『名探偵コナン~』が、累計84億5000万円を突破している。  6月30日~7月1日全国映画動員ランキングは、以下の通り。 第1位:ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー 第2位:万引き家族 第3位:空飛ぶタイヤ 第4位:それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星 第5位:パンク侍、斬られて候 第6位:50回目のファーストキス 第7位:名探偵コナン ゼロの執行人 第8位:ワンダー 君は太陽 第9位:デッドプール2 第10位:焼肉ドラゴン

  • 6月23日~6月24日全国映画動員ランキング1位:『万引き家族』

    【映画ランキング】『万引き家族』がV3達成! 動員200万人を突破

    映 画

     6月23~24日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『万引き家族』が週末土日動員20万2000人、興収2億6400万円をあげ、公開から3週連続で首位を獲得した。上映劇場のうち半数近い劇場で前週興収比80%以上を保ち、そのうち37劇場では前週興収比100%を超えるなど、まだまだ勢いは衰えることがない。累計では、動員200万人、興収25億円を突破している。@@cutter 2位は先週同様、『空飛ぶタイヤ』が週末土日動員14万9000人、興収1億9300万円をあげランクイン。3位は公開4週目の『50回目のファーストキス』が、先週からワンランクアップ。前週比89%という高稼働を見せている。  4位は、公開4週目を迎えた『デッドプール2』がランクイン。順位こそ1つ落としたものの、累計では動員100万人、興収15億円を突破した。5位は先週の7位から2ランクアップした『名探偵コナン ゼロの執行人』。累計では83億円を突破している。  新作は、数々の演劇賞を受賞した鄭義信の同名舞台を、自身がメガホンをとり映画化した『焼肉ドラゴン』が、7位にランクイン。高度経済成長に沸く昭和40年代の関西の地方都市を舞台に、小さな焼き肉店を営む家族を、真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋ら豪華キャストで描いた物語だ。  そのほか、エリート森林火災消防隊ホットショットを目指し、巨大山火事と戦う男たちの姿を描いた『オンリー・ザ・ブレイブ』は、惜しくもトップ10を逃したが、11位というスタートを切った。  6月23日~24日全国映画動員ランキングは、以下の通り。 第1位:万引き家族 第2位:空飛ぶタイヤ 第3位:50回目のファーストキス 第4位:デッドプール2 第5位:名探偵コナン ゼロの執行人 第6位:ワンダー 君は太陽 第7位:焼肉ドラゴン 第8位:終わった人 第9位:羊と鋼の森 第10位:メイズ・ランナー:最期の迷宮

  • 6月16日~6月17日全国映画動員ランキング1位:『万引き家族』

    【映画ランキング】『万引き家族』がV2達成!『空飛ぶタイヤ』は2位発進

    映 画

     6月16~17日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『万引き家族』が週末土日動員27万人、興収3億4400万円を記録し、公開から2週連続で首位を獲得した。前週動員対比で77%をキープするなど、非常に高い稼働率を記録している。先行上映を含む累計は動員146万人、興収17億円を突破した。@@cutter 2位は池井戸潤のベストセラー小説を映画化した『空飛ぶタイヤ』が、初週土日動員21万人、興収2億6600万円をあげランクイン。6月15日からの公開3日間では、動員26万6810人、興収3億3534万8800円という数字を残した。配給によると、メインターゲットの40代以上のカップルをボリュームゾーンに、20代後半~シニアまで、幅広い層が劇場に足を運んでいるという。  先週2位だった『デッドプール2』、3位だった『50回目のファーストキス』はそれぞれワンランクダウンしたが、『デッドプール2』が累計14億円、『50回目のファーストキス』が累計7億円を突破している。  5位は、全世界800万部突破の小説『ワンダー』を映画化した『ワンダー君は太陽』が、6位には、サバイバルアクション『メイズ・ランナー』のシリーズ3作目にして完結編『メイズ・ランナー:最期の迷宮』が、それぞれ初登場でランクインした。  既存作品では、公開10週目を迎えた『名探偵コナン ゼロの執行人』が7位、公開5週目の『ピーターラビット』が10位にランクイン。『名探偵コナン~』は累計82億円を突破し歴代興収58位に、『ピーターラビット』は累計10億円を突破した。  6月16日~17日全国映画動員ランキングは、以下の通り。 第1位:万引き家族 第2位:空飛ぶタイヤ 第3位:デッドプール2 第4位:50回目のファーストキス 第5位:ワンダー 君は太陽 第6位:メイズ・ランナー:最期の迷宮 第7位:名探偵コナン ゼロの執行人 第8位:終わった人 第9位:羊と鋼の森 第10位:ピーターラビット

  • 6月9日~6月10日全国映画動員ランキング1位:『万引き家族』

    【映画ランキング】カンヌ効果!『万引き家族』が初登場V

    映 画

     6月9~10日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門の最高賞パルムドールを受賞した『万引き家族』が初週土日動員35万人、興収4億4500万円をあげ初登場1位を獲得した。本作は6月2~3日に先行上映を行っており、そちらを含む5日間で動員61万人、興収7億7000万円という好スタートを切った。@@cutter 先週1位だった『デッドプール2』は、週末土日動員15万5000人、興収2億4000万円をあげ2位。累計興収は早くも11億円を突破した。先週2位だった『50回目のファーストキス』は、週末土日動員9万2000人、興収1億3200万円をあげ3位。  初登場組は、舘ひろし主演の『終わった人』が、初週土日動員8万5000人、興収9800万円をあげ4位、第13回本屋大賞を受賞した宮下奈都の同名小説を山崎賢人主演で映画化した『羊と鋼の森』は6位、榮倉奈々と安田顕出演の『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』は惜しくも11位スタートという結果となった。  既存作品では、5位の『名探偵コナン ゼロの執行人』が、公開9週目で累計興収80億円を突破し、歴代興収63位にランクインされた。  6月9日~10日全国映画動員ランキングは、以下の通り。 第1位:万引き家族 第2位:デッドプール2 第3位:50回目のファーストキス 第4位:終わった人 第5位:名探偵コナン ゼロの執行人 第6位:羊と鋼の森 第7位:ピーターラビット 第8位:OVER DRIVE 第9位:妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII 第10位:恋は雨上がりのように

  • 6月2日~6月3日全国映画動員ランキング1位:『デッドプール2』

    【映画ランキング】『デッドプール2』がコナンのV8を阻止し、初登場1位!

    映 画

     6月2~3日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『デッドプール2』が初週土日動員23万9000人、興収3億7500万円をあげ初登場1位を記録した。本作は、R指定作品にもかかわらず120カ国でナンバー1を獲得するなど世界中で大ヒットしたアクションコメディ『デッドプール』の続編。@@cutter 2位も初登場の『50回目のファーストキス』が、初週土日動員9万6000人、興収1億4100万円をあげランクイン。2005年公開のアダム・サンドラー&ドリュー・バリモア出演の同名作品のリメイクした本作は、『銀魂』の福田雄一監督がメガホンをとり、新たな魅力として蘇った。  公開から7週連続トップをキープしていた『名探偵コナン ゼロの執行人』は、週末土日動員8万7000人、興収1億2000万円という数字を残したものの、3位に後退。それでも累計動員602万人、興収78億円を突破し、80億円も射程圏内に入れた。  その他、初登場組は『海猿』シリーズの羽住英一郎監督がメガホンをとった『OVER DRIVE』が6位にランクインした。  既存作品では、惜しくもトップ10から落ちてしまったが11位に粘っている公開6週目の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が、累計興収36億円を突破。2012年公開の『アベンジャーズ』の興収を抜き、“マーベル・シネマティック・ユニバース”史上最高興収記録を更新した。  6月2日~3日全国映画動員ランキングは、以下の通り。 第1位:デッドプール2 第2位:50回目のファーストキス 第3位:名探偵コナン ゼロの執行人 第4位:妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII 第5位:ピーターラビット 第6位:OVER DRIVE 第7位:恋は雨上がりのように 第8位:さらば青春、されど青春。 第9位:友罪 第10位:のみとり侍

  • 久々にインスタグラムを更新した長澤まさみ

    長澤まさみ、約8ヵ月ぶりのインスタ更新にファン祝福の嵐

    エンタメ

     女優の長澤まさみが4日、自身のインスタグラムを約8ヵ月ぶりに更新し、ファンから祝福のコメントが相次いでいる。@@cutter 「皆さまお久しぶりです」と書き出した長澤。その言葉どおり、前回の更新は2017年9月26日。今月1日に公開初日を迎えた『50回目のファーストキス』の感想や、3日の31歳の誕生日への祝福もそちらの投稿に書き込まれていた。  久々の投稿となった今回は「“50回目のファーストキス”公開になりました。私は1人で映画館へ行こうと思ってます」「1人で観ても大笑いして、じんわりくる映画。。。あー笑いに行ってこよっーと」とこれまでと変わらず至って飾り気のない文章。写真はサプライズで誕生日を祝われた『50回目のファーストキス』公開御礼舞台挨拶舞台裏での一枚のようだ。  これに対し、ファンは「久しぶりの更新だ~!!」「A surprise for me!(びっくりした!)」「おかえりー」「miss you so so so much!!(めちゃくちゃ寂しかったよ!!)」「誕生日おめでとうございました 久々の投稿 嬉しいです」と大喜び。  「まあちゃんが1人で行くなら私も1人で行こうかなあ」と“1人映画”に同調するコメントや、映画を観たファンの熱い感想、さらには映画化が発表されたばかりの主演ドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系/毎週月曜21時)への期待も長文で多数寄せられている。  ほかに、さまざまな言語で誕生日を祝うファンや、「まさみちゃんが、一瞬、子役くらいに見えた」「顔小ちゃいですね」「ムロ(ツヨシ)さん顔」「福田(雄一監督)ふぁみりー本当好きですー!」と写真にツッコミを入れて楽しむファンも見られた。 引用:https://www.instagram.com/masami_nagasawa/

  • 「超キュート」な壁ドンを披露した長澤まさみ

    長澤まさみが“超絶キュートな壁ドン”を披露 「かわいい」の声が殺到

    エンタメ

     女優の長澤まさみが4日、自身が主演を務める映画『50回目のファーストキス』の福田雄一監督のツイッターで“壁ドン”を披露。ファンからは「超絶キュートな壁ドン」といった反響が届いている。@@cutter 1日に全国公開となった『50回目のファーストキス』。本作でメガホンを取った福田監督は「50回目のファーストキス、おかげさまで素晴らしいスタートを切ることが出来ました」とコメントしながら、長澤の動画を投稿した。  「『おい!50FK、一緒に観に行こうよ』って、まさみに壁ドンされてるなう」とのコメントとともに投稿された動画。カメラ目線の長澤の表情が、右手を突き出した瞬間にグッとアップに。いわゆる“壁ドン”のポーズを披露している。動画には長澤の壁ドンの迫力に驚いたのか、「おー!」といった周囲の声も入っている。  ファンからは「まさみちゃん かわいい。 究極かわいいです」「超絶キュートな壁ドン」「まさみ嬢の壁ドンヤバいっす! 可愛すぎます!」といった興奮の声が殺到。また映画についても、鑑賞したファンから「本当にいい映画でした」「すでに3回観ちゃいました」といった感想が届いている。 引用:https://twitter.com/fukuda_u1/

  • (左から)長澤まさみ、福田雄一監督

    長澤まさみ、“大好きゆえにテンパる相手”として意外な女優を告白

    映 画

     山田孝之と長澤まさみがダブル主演を務める映画『50回目のファーストキス』の公開御礼舞台挨拶が3日都内で行われ、山田、長澤、さらにサプライズで福田雄一監督が登場した。@@cutter ハワイ・オアフ島を舞台に、事故による後遺症で新しい記憶が1日で消えてしまう短期記憶障害を抱える瑠衣(長澤)と、そんな彼女に一目惚れした元プレイボーイのツアーコーディネーター・大輔(山田)との一生に一度の恋を描く大人のラブストーリー。  この日を含め、2日で12回の舞台挨拶を行った山田と長澤がその感想を話している途中、バースデーソングと共に大きな花束を持った福田監督がサプライズ登壇。本作に登場する黄色い車があしらわれたバースデーケーキも用意されると、この日31回目の誕生日を迎えた長澤は「目頭が熱くなった」とウルウル。現在、映画『銀魂2』の仕上げ作業で多忙という福田監督だが「忙しくてもまさみのためなら来る。小栗旬をほっぽり出してやって来た!」との冗舌で場内を爆笑させた。  山田は「おめでとうございます。これからも元気に生きてください。心身ともに元気に生きていただければそれで十分」と祝福。福田監督から「これからも日本の男性の希望として生きてほしい」と願われた長澤は「大丈夫かな? 頑張ります」と苦笑いも「楽しく元気に生きていきたい」と今年1年間の抱負を述べた。  また長澤は、一般ファンから「大好きゆえに失敗したことは?」と聞かれると「好きな人の前に行くと失敗する」と明かし、「憧れの人に会うと照れちゃう。何を喋ったか覚えてないくらい」と告白。福田監督から「例えば誰?」と水を向けられると「宮崎あおいちゃん。若い頃に仕事をしたことがあって、その後も会ったことはあるけれど、いつもテンパる。上手く喋れないし、緊張する」と意外な人物の名前を挙げて、山田や福田監督を驚かせた。

  • 『50回目のファーストキス』公開記念舞台挨拶に登場した長澤まさみ

    長澤まさみ、ハワイでセクシー大解放!白シャツに透け水着で悩殺

    映 画

     女優の長澤まさみが2日、都内にて行われた映画『50回目のファーストキス』の公開記念舞台挨拶に、ダブル主演を務める山田孝之、共演のムロツヨシ、佐藤二朗、太賀、山崎紘菜、福田雄一監督と共に参加した。一番の思い出を聞かれたムロが、ハワイのロケで、長澤のセクシーな姿に悩殺されたことを明かす一幕があった。@@cutter 本作は、ハワイ・オアフ島を舞台に、事故による後遺症で新しい記憶が1日で消えてしまう短期記憶障害を抱える瑠衣(長澤)と、そんな彼女に一目惚れした元プレイボーイのツアーコーディネーター・大輔(山田)との一生に一度の恋を描いた大人のラブストーリー。撮影はハワイで行われた。  一番の思い出を聞かれたムロは、ホテルのプールサイドでスタッフを含めて食事をしていた際に「まさみちゃんが水着で来た。しかもその上に大きめな白いシャツを着て。それって男子が一番好きなヤツ」と思わず見とれたことを告白。さらに「しかもそのままプールに入って、出てきて…(濡れたシャツから水着が透ける)男子が一番好きな女子の姿になった。その後ろ姿…いい酒でした」と詳細に報告。福田監督は「水着だけだとみんながドキドキしてしまうと思って、いわゆる忖度だね」と長澤の行動心理を分析していた。  また、理想のキスのシチュエーションの話になり、長澤が語り出そうとすると、福田監督が「プライベートのやつね。これタマラン!ってやつね」と前のめりでおねだり。その圧に長澤が「特にないですね…」と言葉少なになると、福田組常連の佐藤とムロがタッグを組んでしつこく追及。  ムロから「唐突キスなのか、それともキスされるのがわかっている方がいいのか?」と二択を迫られた長澤は「唐突キス。さりげなく唐突がいい」と白状し、「振り向いた瞬間、キスされる間があるのがいい。急にやられるのは野蛮」と話し、「振り向いたときの間がほしい。急に、突然じゃない。彗星みたいのはイヤ」と続けた。見事に長澤の理想のキスを聞き出した佐藤は「はは~ん、いわゆるスムージーねぇ」と満足そうだった。  映画『50回目のファーストキス』は公開中。

  • コメディシーンも満載!? 映画『50回目のファーストキス』場面写真

    長澤殴る!山田感電!『50回目のファーストキス』コメディシーン解禁

    映 画

     山田孝之と長澤まさみが共演した映画『50回目のファーストキス』より、最新映像が解禁となった。映像には、長澤がムロツヨシを「バットを持って追いかける」シーンのほか、山田の感電シーン、さらには佐藤二朗の物まねなど、笑える場面の数々が収められている。@@cutter ハワイのオアフ島を舞台に、記憶障害によって前日の出来事を全て忘れてしまうヒロインの瑠衣(長澤)と、そんな彼女に一目惚れしたプレイボーイの主人公・大輔(山田)が織りなすロマンスを描く本作。キャストには、勝矢、太賀、山崎紘菜らも名を連ねており、福田雄一監督がメガホンを取った。  解禁となった最新映像には、先日行われたレッドカーペットセレモニーでの各キャストのコメントとともに、福田監督節が炸裂するコメディシーンが盛り込まれている。太賀が笑ったと明かしたシーンでは、長澤がムロをバットを持って追いかけつつ、「まだやんのか、この野郎!」と、ガニ股になって怒号を飛ばす姿が。  また、長澤が山田に対して「面白すぎて負ける!って思いました」と告白した「感電しちゃう」シーンでは、車を通じて感電した山田が白目を剥きながら絶叫。一方、山田が「すごすぎて、本人超えちゃってる」と語った佐藤のシーンでは、派手なコスチュームにパイナップルを持った佐藤が、「とある人」の物まねを行う様子が収められている。  映画『50回目のファーストキス』は6月1日全国公開。

  • 『50回目のファーストキス』レッドカーペットセレモニーに登場した山田孝之、長澤まさみ

    長澤まさみ、山田孝之の白熱の“感電演技”を絶賛「面白すぎ」

    映 画

     女優の長澤まさみと俳優の山田孝之が22日、都内でダブル主演映画『50回目のファーストキス』のレッドカーペットセレモニーに登場。長澤は劇中で山田が演じた感電シーンが「本当に面白すぎて『どうしよう笑っちゃうかも!(山田の演技に)負ける!』と思いながら、なんとか持ちこたえました」と笑顔で振り返った。@@cutter 同作は、ハワイ・オアフ島を舞台にしたラブロマンス映画。旅行コーディネーターでプレイボーイの弓削大輔(山田)はある日、カフェで藤島瑠衣(長澤)と出会い、恋に落ちる。しかし彼女は交通事故の後遺症により、新しい記憶が1日で消えてしまう体質だった。事情を知った大輔は、翌日から毎日彼女に告白をし続ける…というストーリー。  テレビドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズで福田雄一監督と旧知の仲である山田は、現場は「いつも通り楽しかったです」とコメント。一方、映画『銀魂』などで福田組に参加経験のある長澤は「わりと現場は穏やかで楽しい感じだけど、一発本番が多いので気が抜けない。ピリッとしている。そういうところが意外だった」と述べた。  劇中のオススメシーンを問われた長澤は「山田さんのシーンはどれもおかしかった」と前置きし、中でも車のバッテリーが上がるシーンをチョイス。「(山田が)ボンネットを開けて、エンジンを動かそうと触っているうちに感電しちゃう。(自身が)悲鳴を上げて怖がるシーンなんですけど、そこが本当に面白すぎて『どうしよう笑っちゃうかも!(山田の演技に)負ける!』と思いながら、なんとか持ちこたえました」と笑いながら振り返った。  今回のイベントには山田や長澤のほか、共演者のムロツヨシや佐藤二朗、勝矢、太賀、山崎紘菜が出席した。  映画『50回目のファーストキス』は、6月1日より全国公開。

  • 長澤まさみ&山田孝之の“二度と撮れない写真”が話題 ※『50回目のファーストキス』ツイッター

    長澤まさみ&山田孝之の“二度と撮れない写真”が話題

    エンタメ

     女優の長澤まさみと俳優の山田孝之が主演を務める映画『50回目のファーストキス』公式ツイッターが11日、虹をバックに二人が寄り添った写真を投稿した。ファンからは「ロマンチックですね」「お似合いな二人」といったコメントが集まった。@@cutter 同アカウントが投稿したのは、長澤と山田が虹をバックに微笑んでいる写真だ。以前、撮影中に偶然虹が現れて撮影したとして投稿し、好評だった一枚だが、今回「#二度と撮れない写真を貼れ」とのハッシュタグにあわせて、再投稿したようだ。    ファンからは今回の投稿にも「ロマンチックですね」「お似合いな二人」といったコメントのほか、山田のタンクトップからちらりと見える「胸毛」についても「相変わらずいい胸毛!」といったコメントが寄せられていた。   引用:https://twitter.com/50kissjp

  • 映画『50回目のファーストキス』本ポスタービジュアル

    山田孝之×長澤まさみがキス『50回目のファーストキス』主題歌MV到着

    映 画

     山田孝之と長澤まさみがダブル主演を務める映画『50回目のファーストキス』から、平井堅が書き下ろした主題歌『トドカナイカラ』の映画版MVが届けられた。映像には二人が何度もファーストキスを交わすシーンが収録されている。@@cutter 本作は、ハワイのオアフ島を舞台に、事故による後遺症で新しい記憶が1日で消えてしまう短期記憶障害を抱える瑠衣(長澤まさみ)と、そんな彼女に一目惚れした元プレイボーイのツアーコーディネーター大輔(山田孝之)との一生に一度の恋を描いた大人のラブストーリー。脚本・監督を、自身も撮影や編集をしながら泣いたという福田雄一が務めている。  この度、平井堅が書き下ろした主題歌『トドカナイカラ』の映画版MVが解禁された。「愛とは継続するものだけれど、実は日々忘れて思い出しての繰り返しの中で構築され、磨かれていくものなのかもしれない」という思いで書かれた本楽曲は、本作の切なさに寄り添った甘美なラブソングに仕上がっている。  MVは映画のシーンを使用した特別映像。1日で記憶が消えてしまう瑠衣に必死にアプローチする大輔と、毎日“初対面”として大輔に出会いながら何度も恋に落ちる瑠衣。幸せと悲しみの狭間で揺れる2人が幾度も「ファーストキス」を交わす姿が、平井堅の情緒豊かな歌声と共に鮮やかに映し出されている。  映画『50回目のファーストキス』は6月1日より全国公開。

  • 『50回目のファーストキス』より

    長澤まさみのキュートな姿がいっぱい 『50回目のファーストキス』

    映 画

     女優の長澤まさみと俳優の山田孝之が主演を務める映画『50回目のファーストキス』から、長澤が演じるヒロインの場面写真が届いた。ラフ装いでキュートな姿を笑顔を見せる長澤の姿が収められている。@@cutter ドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系/毎週月曜21時)に出演中の長澤。3人の信用詐欺師(コンフィデンスマン)が欲にまみれた悪人から大金をだまし取る姿を描いたこのドラマでは、天才詐欺師を演じる長澤が見せるキュートな“変装”の数々を見せている。キャビンアテンダントやくノ一、果ては“伝説の女優”マリリン・モンローまで。演技の振れ幅と同時に抜群のスタイルが改めて注目を集めている。  そんな長澤が出演する映画『50回目のファーストキス』。ハワイを舞台に、山田演じるプレイボーイの大輔と、事故で短期記憶障害を負ってしまったヒロイン・瑠衣の運命的な出会いと恋模様をつづっていく。  今回、解禁された場面写真では、Tシャツ姿でリラックスした笑顔を見せる場面や、オフショルダーのトップスを見にまとい、切なげな表情を浮かべる姿など、長澤の魅力に触れられる仕上がりになっている。  映画『50回目のファーストキス』は6月1日より全国公開。

  • 『50回目のファーストキス』完成披露舞台挨拶にて

    山田孝之、長澤まさみとのキスが多い作品に満足「やっとご褒美が来た」

    映 画

     山田孝之と長澤まさみが、30日に都内で開催された映画『50回目のファーストキス』の完成披露舞台あいさつに、福田雄一監督らと出席した。山田は全編ハワイロケで、長澤とのキスシーンが多い本作について「やっとご褒美が来たなと思いました」と語った。@@cutter ハワイのオアフ島を舞台に、記憶障害によって前日の出来事を全て忘れてしまう瑠衣(長澤)と、そんな彼女に一目惚れしたプレイボーイの大輔(山田)が織りなすロマンスを描く本作。山田はオファーを受けた時のことを「18年くらい俳優をやってた状態だったんですけど、やっとご褒美が来たなと思いました」と回想。「結構、ずっと仕事してて。大変なことも色々あったんですよ。そんな中で、福田組で、ハワイで…長澤さんとチューをいっぱいする」と、作品の内容に満足した様子だった。  これを聞いた福田監督は、山田にメールで出演オファーを出したことに触れ、「『どうですか? 山田君』って言ったら、一番最初の山田君の答えが、『断る理由がありません』って」と暴露。山田は「一応、探したんですよ、断る理由を。いくら考えても出てこなかったですね」と白い歯を見せた。  一方、「自信をもって、2回、3回と見てもらいたいなと思う映画になりました」と作品の仕上がりに自信をのぞかせた長澤は、ハワイでの撮影について「ハワイに行ってから、ずーっと浮かれちゃって。ハワイって浮かれますよね? それで、私何やってんだろ? ってちょっと反省したりとか(笑)」と照れながら振り返っていた。  当日は、登壇が叶わなかったムロツヨシがビデオ出演したほか、主題歌を手掛けた平井堅がサプライズで登場する一幕も。以前にスペイン料理屋で平井と遭遇したという山田は、平井の起用について「普通だったら素直に喜べるんですけど、やっぱり福田組なので…。この題材で書いてもらったのが、本当に一回損した気分ですね。どうせ平井堅さんに書いてもらうんだったら、もっとちゃんとした場で書いてもらいたかった」と残念そうに明かして、会場を沸かせていた。  この日の舞台挨拶には、勝矢、太賀、山崎紘菜、佐藤二朗も出席した。  映画『50回目のファーストキス』は6月1日より全国公開。

  • 山崎まさよしの代表曲が『50回目のファーストキス』の挿入歌に

    山崎まさよしの代表曲が『50回目のファーストキス』の挿入歌に

    映 画

     山崎まさよしが1997年にリリースした代表曲『One more time,One more chance』が、山田孝之と長澤まさみが共演する映画『50回目のファーストキス』の挿入歌として使用されることが明らかになった。@@cutter ハワイのオアフ島を舞台とする本作は、記憶障害によって前日の出来事を全て忘れてしまう瑠衣(長澤)と、そんな彼女に一目惚れしたプレイボーイの大輔(山田)が織りなすロマンスを描く。福田雄一監督がメガホンを取り、共演にはムロツヨシ、勝矢、太賀、山崎紘菜、大和田伸也、佐藤二朗が名を連ねた。  挿入歌として起用された山崎の『One more time,One more chance』は、新海誠監督の連作短編アニメーション『秒速5センチメートル』の主題歌だったことから、2018年4月7日より映画の舞台となったJR小山駅構内のBGMに起用されたほか、2017年には星野源と吉岡里帆が出演した「日清のどん兵衛」のテレビCMでも使用されている。本作では、大輔が1日で記憶が消えてしまう瑠衣に毎日愛を告白し続けるなか、毎日彼女を想って行うアプローチシーンで使用されており、心温まる感動的なシーンを構成している。  山崎は楽曲の起用を受け、「20年以上前の作品がまた、こうして映画の挿入歌として使用していただけることを光栄に思います」と喜びを明かす。さらに「長澤さんが口ずさんでくれたり、この『One more time,One more chance』という楽曲が、映画のストーリーに寄り添っているような、とても印象的に使っていただけているので、ご覧になった方の記憶に残ってくれたら嬉しいです」とコメントを寄せている。  映画『50回目のファーストキス』は6月1日より全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access