クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル 関連記事

  • 『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』

    女子フィギュアの問題児が起こした“史上最大のスキャンダル”とその人生

    映画

     90年代、全世界をにぎわせたスポーツ界の問題児が、今、映画でよみがえる。マーゴット・ロビーが主演とプロデューサーを兼任する『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(5月4日公開)は、アメリカ人女性として初めてトリプルアクセルを成功させたフィギュアスケート選手トーニャ・ハーディングの伝記映画だ。だが、現在27歳のロビーも、脚本を読むまで彼女について知らなかったという。“史上最大のスキャンダル”とは何だったのかを、振り返ってみよう。@@cutter 1994年1月に起きたその出来事は、やはり有名なフィギュアスケートの選手だったナンシー・ケリガン(当時24歳)が、練習の直後、何者かに棍棒で脚を殴られたというもので、しばしば“ナンシー・ケリガン襲撃事件”と呼ばれる。怪我のせいで、ケリガンはアメリカ代表としてリレハンメル・オリンピック出場を諦めることになるかと思われたが、順調に回復し、無事出場を果たして、見事、銀メダルを獲得した。  犯人として逮捕されたのは、シェーン・スタントという名の男性。まもなく、彼を雇ったのがケリガンのライバルであるハーディング(当時23歳)の元夫ジェフ・ギルーリーと、ギルーリーの友達でハーディングのボディガードを自称するショーン・エッカードだったことが判明する。  ハーディングは関与を否定したが、メディアはすぐさまこのスキャンダルに飛びついた。ハーディングとケリガンは、仲良しとは呼べなかったものの、狭い世界で、同年代の、長年にわたる知り合いだ。そんな相手を、自分がアメリカ代表としての枠を得るために、こともあろうに“元”夫を使って襲撃させたとは、フィギュアという美しい世界といかにも不釣り合いな安っぽい話ではないか。ハーディングは育ちが悪い人、ケリガンはお姫様というイメージがあったことも(実際には、ケリガンの家も裕福とはほど遠かったのだが)、このドラマに輪をかけた。当時、アメリカのテレビのコメディアンは、大喜びでハーディングをジョークのネタに使ったものである。  しかも、そこまでして出た肝心のオリンピックで、ハーディングは、トリプルルッツが1回転となる失敗をおかし、演技を中断して、ジャッジに「靴紐のせいだ」と訴える醜態を見せることになってしまった。そしてオリンピック終了後の同年3月、ハーディングは、懲役を逃れるために罪を認め、500時間の社会奉仕活動、16万ドルの罰金を受け入れる。これを受けて全米フィギュアスケート協会は、ハーディングに生涯追放を命じた。貧しい家に生まれ、スケートだけをひたすらやってきたハーディングは、こんな形で自分を定義するものを失ってしまったのだ。@@separator その後、ハーディングは女性ボクサーとしてデビューするが、そのキャリアは短くして終わり、次にはカーレースにも挑戦している。映画『アイ,トーニャ』の成功のおかげか、4月30日に新シーズンを迎える人気リアリティ番組『Dancing with Stars』に、挑戦者として出演することも決まった。彼女の人生は、次のステップを迎えたようである。  私生活では、最初の夫ギルーリーと離婚後、2番目の夫と結婚するも2年で破綻。2010年に、現在の夫ジョセフ・プライスと結婚した。『アイ,トーニャ』の監督クレイグ・ギレスピーは、映画が完成した時、この夫婦ふたりだけのために、彼らが住むオレゴン州ポートランドの映画館の1スクリーンを貸し切り、プライベートの試写を行っている。映画の出来にハーディングは満足したと監督は語っている。(文:猿渡由紀)  映画『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』は、5月4日より全国公開。

  • 映画『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』場面写真

    『アイ,トーニャ』実際の衣装を完コピ! フィギュア写真解禁

    映画

     映画『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』より、実際の衣装を完コピしたコスチュームをまとう主人公トーニャ・ハーディング(マーゴット・ロビー)の姿を収めた場面写真が一挙解禁となった。@@cutter フィギュアスケート史上最大のスキャンダル<ナンシー・ケリガン襲撃事件>。この事件の渦中にあった実在のフィギュアスケーター、トーニャ・ハーディング(マーゴット)の波乱万丈な半生を描く本作。キャストにはセバスチャン・スタン、アリソン・ジャネイ、マッケナ・グレイスも名を連ねている。メガホンを取ったのは、『ラースと、その彼女』のクレイグ・ギレスピー監督だ。  解禁となった場面写真には、胸元を中心に黄色と紺色が交わったものや、黒いタイツに花柄デザインのもの、1989年のスケートアメリカ大会で着用していた紫色ベースに波のようなシルバーのデザインが印象的な衣装などをまとい、練習や試合に挑むトーニャの様子が収められている。  また、1992年のアルベールビルオリンピックで身にまとっていた白ベースにゴールドの飾りが印象的なものや、ブラックベースにゴールドの飾りの競技衣装も完コピ。バーガンディをベースにゴールドとシルバーの飾りが散りばめられている衣装は、1994年の“靴紐ハプニング”が記憶に新しいリレハンメルオリンピックで着用していたものだ。どの衣装も忠実な再現ぶりに驚かされる。  映画『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』は、5月4日より全国ロードショー。

  • 『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』アリソン・ジャネイがアカデミー賞助演女優賞

    <アカデミー賞>助演女優賞は『アイ,トーニャ』のアリソン・ジャネイが初受賞

    映画

     日本時間5日、第90回アカデミー賞授賞式がアメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターにて開催され、マーゴット・ロビー主演、クレイグ・ギレスピー監督作『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』のアリソン・ジャネイが、助演女優賞を初受賞した。@@cutter テレビドラマの分野では、ゴールデン・グローブ賞やエミー賞といった賞レースの常連だったアリソン。アカデミー賞では初めてのノミネートとなり、ゴールデン・グローブ賞や英国アカデミー賞に続く助演女優賞受賞となった。  『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』は、米フィギアスケート界を揺るがしたナンシー・ケリガン襲撃事件を中心に、本事件に関わったアメリカの五輪フィギアスケート選手トーニャ・ハーディングの半生を描く。アリソンはトーニャに大きな影響を与えた母親のラヴォーナ・ゴールデンを演じる。 ■第90回アカデミー賞助演女優賞ノミネート一覧 (★が受賞者) ★アリソン・ジャネイ『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』 メアリー・J・ブライジ『マッドバウンド 哀しき友情』 レスリー・マンヴィル『ファントム・スレッド』 ローリー・メトカーフ『レディ・バード』 オクタヴィア・スペンサー『シェイプ・オブ・ウォーター』

  • 映画『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』に出演するマーゴット・ロビー

    マーゴット・ロビー主演、実在のスケート選手になり切る『アイ,トーニャ』5月公開

    映画

     フィギュアスケート史上最大のスキャンダルといわれる「ナンシー・ケリガン襲撃事件」の実話を基に、渦中にあったフィギュアスケーター、トーニャ・ハーディングの波乱万丈な半生を描く『I,Tonya(原題)』が、邦題を『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』として5月に全国公開されることが決定した。@@cutter 本作は、一度は栄光を掴みアメリカ中から愛されたトーニャの、フィギュア界からの追放、プロボクサーへの転進と波乱万丈な半生を描いた物語。『スーサイド・スクワッド』のマーゴット・ロビーが、スケーティングのみならずその話し方や立ち振る舞いまで完全にコピーしてトーニャを熱演する。現地時間1月7日に発表された第75回ゴールデングローブ賞では3部門にノミネートされ、強烈な個性を持つトーニャの母を演じたアリソン・ジャネイが助演女優賞を獲得した。  貧しい家庭で、幼いころから厳しく育てられたトーニャは、その才能と努力によりアメリカ人初のトリプルアクセルを成功させ、92年アルベールビル、94年リレハンメルと2度のオリンピック代表選手となった。しかし、彼女の夫ジェフ・ギルーリー(セバスチャン・スタン)の友人がトーニャのライバルである代表候補、ナンシー・ケリガンを襲撃したことで、トーニャのスケート人生は転落を始める。  本作の元となった「ナンシー・ケリガン襲撃事件」は、1994年1月6日にフィギュアスケートのリレハンメルオリンピック選考会となる全米選手権大会の会場で、練習を終えたナンシーが何者かに襲われた事件。ナンシーは怪我を負い大会を欠場、トーニャが優勝を果たすが、事件発生から2週間後にナンシー襲撃の容疑でトーニャの元夫らが逮捕され、トーニャにも疑惑の目が向けられた。その後、トーニャはリレハンメルオリンピックに出場するも、靴紐の不具合などで振るわず8位入賞に終わっている。  映画『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』は5月4日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access