クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

リトル・マーメイド/人魚姫 関連記事

  • 「Disney DELUXE 作品愛アワード2019」結果発表イベントに登壇した(左から)ダチョウ倶楽部、山寺宏一、神田沙也加

    神田沙也加、『アナと雪の女王』のアナ役で「人生変わった」

    映画

     歌手で女優の神田沙也加が25日、都内で「Disney DELUXE 作品愛アワード2019 Supported by JCB」の結果発表イベントに山寺宏一、ダチョウ倶楽部とともに出席。笑いまじりのトークを展開し、ディズニー作品への愛を語った。@@cutter 本イベントは、ディズニーの公式エンターテイメントサービス「ディズニーデラックス」で視聴可能なディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベルの長編190作品を対象。約9万件のオンライン投票から、ファンに最も愛されているディズニー作品を選出した。  山寺は、お気に入りの作品を問われて「やはり『アラジン』『美女と野獣』『シュガー・ラッシュ』、それから『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』などなど声で出演させて頂いているので、軒並み投票させて頂いた」と明かした。中でも「イチオシは『アラジン』。今年、実写版も公開されて非常にたくさんの人に見て頂いた。アニメーション版の『アラジン』は、僕にとってターニングポイントとなった作品。これがやっぱり一番」と語った。  これまで数々のディズニー作品で声優をつとめてきたことにも言及し、「たくさんの数をやらせて頂いて、声優の方たちには『ズルい、ズルい』と言われてきた。本当に幸せなこと」と感慨深げに言った。  大ヒット映画『アナと雪の女王』でアナを演じた神田は、「小さい頃からどのディズニーのアニメーションも見させて頂いてきた。ミュージカルが自然に自分の血の中に息づいたきっかけ」とディズニー愛を吐露。「人生が変わったという意味で『アナと雪の女王』に投票しました」と述べた。  『アナと雪の女王』が総合第5位に入ったことが分かるや「10位以内に入れただけで嬉しい」とニコリ。「私は『リトル・マーメイド』も大好き。(『アナ雪』へ出演する)前は『パート・オブ・ユア・ワールド』をずっと歌っていた」と話した。  また、ダチョウ倶楽部の肥後が「『アナ雪』が大好き。だから沙也加ちゃんと一緒に出られて本当に光栄」と話すと、寺門は『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を引き合いに「ダチョウ倶楽部もフォースでつながっていますから。熱湯で押すときも『どうぞどうぞ』のときも、フォースの気持ちで『だいたいこのへんだ』と分かる。普通の人間は分からないですから。おでんもフォースでつながっていますから」と“解説”した。  総合ランキングのトップ3を、ドミノ倒しの演出で発表する際には、最初のドミノを倒す大役を上島が担うことに。上島が「山寺さんや神田さんでしょ…」渋ると、出席者全員でダチョウ倶楽部の「どうぞ、どうぞ」で共演。山寺は「『どうぞどうぞ』に参加できて嬉しい」と言うと、神田も「私もです…!」と賛同した。 @@insert1  ドミノは、上島が「押すなよ、絶対に押すなよ!」のギャグで押される形でスタート。ドミノの雪崩の中から3作品のビジュアルが登場。第1位が『アラジン』(1992)、第2位が『美女と野獣』(1991)、第3位が『リトル・マーメイド』であることが明らかに。出演作がトップ3に複数入った山寺は、ジニーなどの声を発して喜びを表現した。 「Disney DELUXE 作品愛アワード2019 Supported by JCB」最終結果 第1位:アラジン(1992) 第2位:美女と野獣(1991) 第3位:リトル・マーメイド 第4位:塔の上のラプンツェル 第5位:アナと雪の女王 第6位:リメンバー・ミー 第7位:アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー 第8位:トイ・ストーリー3 第9位:美女と野獣(2017) 第10位:ディセンダント

  • 「Disney DELUXE 作品愛アワード 2019 Supported by JCB」中間順位発表

    一番愛されているディズニー映画は? 「中間発表」TOP3はプリンセス登場作品が独占

    映画

     ディズニー公式エンターテイメントサービス「Disney DELUXE(ディズニーデラックス)」が実施している、興行成績や知名度に左右されず“ファンの愛の深さ”で最も愛されている作品を決定する「DisneyDELUXE 作品愛アワード2019 Supported by JCB」の中間順位上位15作品が発表された。暫定1位は今年、実写版の公開でも話題になった、あのアニメーション映画となった。@@cutter■トップ3はディズニープリンセスの登場作品が独占!  「Disney DELUXE 作品愛アワード2019 Supported by JCB」は、Disney DELUXEで視聴可能なディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベルの多数の作品の中から選りすぐりの長編190作品を対象として、最も愛されている作品を決定するもの。  投票は1時間ごとに1回することが可能で、Disney DELUXEに加入していなくても作品への愛がある人なら誰でも参加可能。中間結果1位はアニメーション映画『アラジン』。今年公開された実写版が大ヒットを記録し、再び注目されたこともあり、多くの票が集まっている。  2位はアニメーション映画『美女と野獣』。アニメーション映画として史上初のアカデミー賞作品賞にノミネートされた作品で、エマ・ワトソン主演の実写版も9位にランクインしている。3位には、今年公開30周年となる『リトル・マーメイド』がランクイン。  今後の投票によって、まだまだ結果が変わっていく可能性が大いにあるので、あなたも愛するディズニー作品に投票してみては。    「Disney DELUXE 作品愛アワード 2019 Supported by JCB」は、9月23日(月)23時59分まで投票可能。投票すると『東京ディズニーランドホテル「ウォルト・ディズニー・スイート」ご一泊プレゼント』に応募することができる。 「Disney DELUXE 作品愛アワード 2019 Supported by JCB」中間順位 1位:アラジン(1992) 2位:美女と野獣(1991) 3位:リトル・マーメイド 4位:塔の上のラプンツェル 5位:アナと雪の女王 6位:トイ・ストーリー3 7位:アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 8位:リメンバー・ミー 9位:美女と野獣(2017) 10位:ディセンダント 11位:ズートピア 12位:ライオン・キング(1994) 13位:ベイマックス 14位:トイ・ストーリー 15位:ナイトメアー・ビフォア・クリスマス

  • “悪役”アースラにそっくり!ウクライナの裁判官が話題 ※海外メディア「MirrorOnline」のスクリーンショット

    激似!この裁判官って、ディズニーのあの悪役じゃない?

    気になる

     ウクライナ人の裁判官が、ディズニー映画『リトル・マーメイド』の悪役アースラにそっくりだとネット上で話題になっている。彼女の名前はアラ・バンドゥラ。強く鮮やかな赤い口紅と、大胆いはね上げたアイラインが印象的だ。海外メディアMirrorOnlineが報じた。@@cutter アースラは『リトル・マーメイド』に登場する海の魔女で、ふくよかな体型で下半身はタコの女性である。海中でなびくような立ち上がった白髪のショートヘアに、濃いメイクアップをほどこしている。  バンドゥラのプロフィール写真がネットで話題になり、中には意地の悪いコメントを残す人がいるのに対し、ウラジミール・ペニャックは「見た目で判断するのはフェアじゃない」「化粧がお粗末なこの女性だって、誰かの妻であり母親なんだ。みんなもっと思いやりを持つべきだよ」とコメント。一方アレクセイ・ゴルボツキーは「自由の国なんだから、笑いたいだけ彼女の写真を笑っていい」とコメントしている。  バンドゥラは2006年に暗殺の標的となり、未遂に終わったものの背中を2人から12回刺されるという被害に遭っている。

  • “ディズニー・プリンセス”にインスパイアされたビキニ ※「Enchanted Bikinis」インスタグラム

    この夏はディズニー・プリンセスに変身! インスパイアされたビキニが海外で発売

    気になる

     白雪姫や『アナと雪の女王』のエルサなど、ディズニー・プリンセスからインスパイアされたデザインのビキニが発売され、ネットを中心に話題を呼んでいる。海外メディアUs Weeklyが報じた。@@cutter 同サイトによれば、「Enchanted Bikinis」(魅惑のビキニ)と名付けられた水着のラインは、ディズニーとの公式なコラボレーションを行ったものではないそう。しかし、モデルたちが身に着けている水着からは、白雪姫、アリエル、ジャスミン、ベル、ポカホンタス、ラプンツェルにインスパイアされたデザインであることが伺える。  気になるお値段だが、Enchanted Bikinisサイトによると、トップスは45ドル、ボトムスは35ドル。水着のほかにも、人魚をイメージしたスカート、貝殻の形をしたハンドバッグやスマホケースなどがラインナップされており、それぞれ30ドルかそれ以下の値段で販売されている。 引用:https://www.instagram.com/enchanted_bikinis/

  • アニメーション版『リトル・マーメイド/人魚姫』

    『リトル・マーメイド』、ディズニーで実写企画が浮上か

    映画

     エマ・ワトソン主演『美女と野獣』実写版の予告編が『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』予告編の初日再生回数を塗り替えて話題になっている米ディズニーが、1989年のアニメーション映画『リトル・マーメイド/人魚姫』を実写化する企画を検討しているとDeadlineが伝えた。@@cutter ディズニーでは現在、ディズニーアニメーション『眠れる森の美女』(60)の悪い魔女マレフィセントを主人公にしたアンジェリーナ・ジョリー主演のヒット『マレフィセント』続編、1941年の『ダンボ』や1960年の『101匹わんちゃん』の悪女クルエラを主人公にする『Cruella(原題)』などの実写映画化を進めている。それに加えて現在、上層部が『リトル・マーメイド/人魚姫』実写企画を進めるか検討しているとのことだ。詳細は不明だが当初の協議では大物プロデューサーの名前も挙がっていたという。  アニメーション『リトル・マーメイド/人魚姫』はアンデルセン童話『人魚姫』をベースに、人魚のアリエルが人間の王子エリックに恋をし、悪役アースラに邪魔されながら仲間に助けられ恋を成就するという原作とは異なるハッピーエンディングになっている。  ディズニーはアニメーションの実写映画化で成功を収めており、本国アメリカでは4月に公開された『ジャングル・ブック』(日本公開は8月11日より)が5月31日現在、世界興行収入約8億7900万ドル(約975億9500万円)を叩き出す大ヒットとなっている。  『リトル・マーメイド』の実写化が決まれば、公開時期や配役も気になるところだろう。現在、米ユニバーサル・ピクチャーズのもと『人魚姫』実写版が制作されている。同作では映画『キック・アス』シリーズのクロエ・モレッツがヒロインを演じる。監督は降板したソフィア・コッポラに代わり、映画『エレクトリック・チルドレン』(未・15)で注目されたレベッカ・トーマスがメガホンを取る。

  • 『人魚姫』実写版で主演するクロエ・モレッツ

    クロエ・モレッツ、『人魚姫』実写化でヒロインに

    映画

     映画『キック・アス』シリーズや映画『イコライザー』(14)に出演する人気若手女優クロエ・モレッツが、米ユニバーサル・ピクチャーズと英ワーキング・タイトル製作の『人魚姫』実写化でヒロインを演じることが決まったそうだ。@@cutter 1836年に発表されたアンデルセン童話の『人魚姫』は、ディズニーアニメ『リトルマーメイド/人魚姫』(91)にもなった人気ファンタジー。人間の王子に恋をした人魚の悲恋を描く。実写映画化では原作の物語にどのようなひねりが加えられるかは不明。映画『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズや『戦火の馬』(12)などのリチャード・カーティスが、脚本を執筆すべく契約交渉に入っているとVarietyが伝えた。  同作は2014年にソフィア・コッポラ監督がメガホンを取ると伝えられたが、今年6月にはソフィア監督が「創造上の見解の相違」を理由に降板していた。ソフィア監督が作品に携わっていた時からクロエは主演候補として名前が挙がっており、ある関係者は、ソフィア監督がクロエの起用に乗り気でなかったことが降板に繋がった可能性を示唆しているという。  製作は映画『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズや『レ・ミゼラブル』(12)などのティム・ビーヴァンとエリック・フェルナー。映画『博士と彼女のセオリー』(15)のライザ・チェイシンとアメリア・グレインジャーが製作総指揮を務める。現時点で監督は決まっていない。

  • 憧れの“ディズニー・プリンセス”がアイウェアとして登場!

    ディズニープリンセス、メガネになって登場! 雪の女王エルサをイメージした商品も

    アニメ・コミック

     メガネショップZoffが展開するアイウェア「Disney Collection created by Zoff(ディズニーコレクション クリエイティッド バイ ゾフ)」第3弾のプレミアムラインとして、“ディズニー・プリンセス”がモチーフのメガネ「プリンセスシリーズ」が登場。さらに、雪の女王エルサをイメージした「アナと雪の女王シリーズ」も発売となった。@@cutter 女性の憧れ“ディズニー・プリンセス”をイメージした「プリンセスシリーズ」は、シンデレラ(『シンデレラ』)、ベル(『美女と野獣』)、オーロラ(『眠れる森の美女』)、アリエル(『リトル・マーメイド』)、ラプンツェル(『塔の上のラプンツェル』)がラインナップ。それぞれのプリンセスのイメージカラーを取り入れた全5種で展開する。  また、テンプルに配された繊細なモチーフパーツとラインストーンが程よいゴージャスさを添え、プリンセス気分もアップ。さらにフレームのシェイプは全3種で展開。オーバル型(シンデレラ、ベル)は正統派、フォックス型(ラプンツェル、アリエル)はおちゃめで現代的、ウェリントン型(ベル)は知性派のプリンセス…と、シェイプごとにそれぞれのキャラクターを表現している。  そして、2014年に大旋風を巻き起こした雪の女王エルサがモチーフの「アナと雪の女王シリーズ」は、これからの季節にぴったりな雪の結晶模様をメタルパーツに配したクールな雰囲気のフレームだ。ティアラをイメージしたフェミニンなメガネケースには、陽気なゆきだるまオラフのアイコンも。  プレミアムライン「プリンセスシリーズ」「アナと雪の女王シリーズ」は、どちらも9000円(税別/標準レンズ代込)で好評発売中。

  • キム・カーダシアンよりも凄いでしょ!?

    『リトル・マーメイド』アースラ、キム・カーダシアンに迫るセクシーヒップを披露

    セレブ&ゴシップ

     何かと話題を振りまいてくれるアメリカの人気リアリティー・スター=キム・カーダシアン。先日も雑誌「Paper」でヌードになり、自慢のセクシー・ヒップを披露すると、数々のコラ画像がネット上に噴出したが、そのキムを真似たディズニー・アニメ『リトル・マーメイド/人魚姫』に登場するアースラのイラストが評判になっている。@@cutter キムのヒップが話題になった「Paper」誌の表紙のデザインを真似たイラストでは、アースラが「Water」(=水)という雑誌の表紙でヌードを披露。キムと同じ後ろ姿でヒップを強調するように立ち、得意げな笑みを浮かべて豊満なヒップとボディを“公開”した。  イラストの作者は、ドイツを拠点にするアーティストのオルガ・“アスロック”・アンドリイエンコ(Olga “AsuRocks” Andriyenko)。自身のフェイスブックで作品を公開すると、たちまちE!NewsやPerez Hiltonなどに取り上げられ話題になった。  ディズニー・キャラクターのアースラは『リトル・マーメイド』に登場する海の魔女。人魚姫アリエルにその美しい声と引き換えに、3日間だけ人間にしてあげると持ちかける邪悪な心の持ち主だ。オルガは現在、一種のアースラ・フェチになっているそうで、『リトル・マーメイド』を見直していた時に、キムのヒップ写真が話題になり、アースラを描かずにはいられなくなったと、フェイスブックにコメントしている。

  • ディズニーアニメーションのヒロインたち<フォト特集>

    ディズニーアニメーションのヒロインたち<フォト特集>

    アニメ・コミック

    『アナと雪の女王』が世界中で大ヒットとなっているディズニーアニメーション映画。エルサとアナのWヒロインということも話題となっている本作。しかし、ディズニー映画には、この2人以外にも魅力的なヒロインがいっぱい!ということで今回はディズニーヒロイン達(ディズニー/ピクサー作品含む)をフォト特集としてご紹介します。

  • エマ・ワトソン、実写版『人魚姫』出演の可能性は?

    実写版『人魚姫』、エマ・ワトソンとソフィア・コッポラ監督が再タッグ?

    映画

     映画『ロスト・イン・トランスレーション』(04)や『マリー・アントワネット』(07)などで人気の映画監督ソフィア・コッポラ。デンマークのハンス・クリスチャン・アンデルセン原作『人魚姫』の実写化で、メガホンを取るべく交渉に入っていることが明らかになり、ソフィア監督の『ブリングリング』(13)で主演したエマ・ワトソンとの再タッグが囁かれているそうだ。@@cutter Deadlineによると、『人魚姫』の実写化は米ユニバーサル・ピクチャーズと英ワーキング・タイトル・フィルムズのもとで企画が進んでいるという。『レ・ミゼラブル』(13)のティム・ビーヴァンとエリック・フェルナーらが製作を務める予定とのこと。  実写化の企画は以前より進められており、『ウォルト・ディズニーの約束』(14)のケリー・マーセルと『SHAME―シェイム―』(12)のアビ・モーガンが手掛けた脚本を、『シザーハンズ』(91)のキャロライン・トンプソンが引き継いでいたそうだ。今回、ソフィア監督に決まれば、脚本にも手を加えることになるという。  この話を受け、ソフィア監督の『ブリングリング』に主演したエマ・ワトソンが主役の人魚を演じるのではとウワサになっており、Varietyが映画『ノア 約束の舟』のプレミアでエマに直撃した。  「実は5歳の誕生日の時にアリエルの格好をしたわ」と、アリエルの衣装を持っていたことを明かしたエマ。役のオファーはまだ受けていないとして「まず(脚本を)読んでみないと。でもソフィアは大好きよ」と回答したそうだ。  アンデルセン童話として子供にも親しまれている『人魚姫』。ディズニーがアニメ化した『リトル・マーメイド』シリーズも有名だが、原作はやはり、人間の男性に恋をした人魚が報われない愛の末、悲運を辿るという「悲恋」がテーマ。既存の脚本のあらすじは不明だが、ディズニー映画ではない本作。ソフィア監督に決まれば、原作により近い悲恋が描かれることも考えられる。最終的にヒロインの人魚を誰が演じるかも含めて、ソフィア流のアレンジに注目が集まりそうだ。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access